キャッシング・クレジットカードの用語 ~還元率・保有枚数・平均年収など~

キャッシング・クレジットカードの用語 ~還元率・保有枚数・平均年収など~

この記事のまとめ

この記事では、下のようなキャッシングの用語・トピックスについて書いています。キャッシングの知識の一端として、参考にしていただけたら幸いです。

キャッシング関係
「目的別ローン」関係
「クレジットカード」関係
「生活」関係

キャッシングの「歴史」

キャッシングの歴史は古く、日本では「弥生時代」から始まっています。箇条書きすると、

  • お金を貸すのではなく「稲貸」から始まった
  • 稲作をしたいけど、種籾がないという農民に対し、
  • 神社が「種籾を貸す」ことから始まった
  • これを「貸稲(いらしのいね)」という

というのが、スタート。で、

  • そうして収穫ができた農民は、
  • そのお米を「数倍」にして、神社に返す
  • お米は一粒の種籾から40粒ほど取れるので、
  • 別に数倍にして返済しても、全然苦しくない

というのが「利息」の始まりです。で、

  • その時、取れたお米は真っ先に神社に持っていくので、
  • これを「初穂」といった

つまり初穂という女の子の名前は、神道の用語でもあり、農業の用語でもあり、貸金業の歴史も隠れていたわけですね(笑)。

鎌倉時代に「現金の融資」が始まる

そして、鎌倉時代に入ると、キャッシングの原型となる「現金での融資」が始まります。

  • 利銭出挙(りせんすいこ)というもの
  • 出挙というのが「融資」のことで、
  • 弥生時代同様「物品」での融資もあったが、
  • それを「金銭」でするのが「利銭出挙」

ということです。その後、金融を重視した足利尊氏の「室町時代」などを通過して、貸金業は徐々に現代に近い形になっていきます。


…と、キャッシングの歴史は書き始めると非常に長いので、この辺で区切りますが、また後日別の記事で、しっかり書かせていただきます。

借入審査と「在住・在勤」エリア

大手の消費者金融・銀行カードローンでお金を借りる分には、まったく関係ないのですが、

というような、協同組織金融機関のカードローンでお金を借りる…という場合には、在住・在勤エリアが影響します。(地方銀行は協同組織金融機関ではありませんが、エリア制限はあります)

たとえば地方銀行でも、しずぎんカードローン「セレカ」のように、

  • 「インターネット支店」であれば、
  • 全国各地どこに住んでいても借入可能

という設定になっている銀行カードローンもあります。ただ、静岡銀行は横浜銀行と並んで、地方銀行の中でもかなり経営規模が大きい金融機関です。普通の地方銀行だと、やはりこうはいかないんですね。

まして信用組合や信用金庫となるともっと規模が小さくなるので、基本的にはそこに在住・在勤している人でないとダメなのです。ただ逆に言えば、

ということです。あまり知られていませんが、借り入れにも、実は「競争」があるんですね。銀行などもあくまで「ビジネス」としてやっているので、

  • その月の融資目標が達成できたら、
  • それ以上融資はしないし、
  • 逆に「目標に届いていない」という場合は、
  • 少々審査基準を柔軟になする

ということもあるわけです。これはあくまで、

ので、この点は注意してください。(要は「厳しくならない」ということです。融資件数が少ない月は)

「自動車ローン」とは

自動車ローンとは、「クルマ関連全般で、使えるローン」のことです。別名として、

などと呼ばれることもあります。また、販売店(ディーラー)が直接ローンを提供することもあり、この場合は「ディーラーローン」と呼ばれます。

直接ディーラーが提供するといっても、

と考えていいです。そして、

  • ディーラーはその信販会社に対して、
  • 手数料、つまり「マージン」を払うので、
  • ディーラーローンはその分「金利が高い」

というデメリットがあります。ただ、ディーラーローンにもメリットがあり、

  • 車を「買う」手続きと、
  • 「ローン」の手続きが、
  • 一度で済むので楽

というのが利点です。一方、クレジット会社などでマイカーローンを組んで、それで自動車を買う場合は、

  • 自動車を買う手続きと、
  • マイカーローンの手続きを、
  • それぞれ別でするので、面倒

というデメリット・短所があります。ただ、その分低金利になると考えれば、人によっては「その方がいい」と思うことも多いでしょう。

(大体どのくらいの金額の車を買うのかなどにもよるので、この辺は完全にケースバイケースです)

「購入費」のキャッシング

自動車・バイク・結婚指輪…など。どんな商品の購入費でも、銀行が提供する目的別ローンだったら、安い金利でお金を借りることができます。利用用途が自由なフリーローンよりも、こうした「資金用途が限定されている、特定のローン」の方が、低金利になっているのです。

理由は、

  • 資金使途を書類で証明しないといけないので、
  • それだけ審査が厳しいが、
  • その分、銀行からしたら信用できる

ということ。特に教育ローンなどは、

  • 子供がいないといけないし、
  • 入学金学費の請求書など、
  • 「本当にその学校に入学した・通っている」という事実がある
  • 変な借り入れのために、そこまで演技するのは無理なので、
  • 確かに学費に使うんだろう、とわかる

ということ。もちろん、「教育ローンや奨学金で子供に借りさせて、使い込む」という親御さんもいるかも知れませんが、割合としては相当低いです。

なので、教育ローンでもその他の目的別ローンでも、こういう「使い道が制限されているカードローン」は、破産のリスクがかなり低くなるわけです。

といった、射幸行為ギャンブルのこと)にも使えないですし、投資全般(株式投資FXなど)にも利用不可ですからね。こういう「特に自己破産しやすい借り入れに使えない…というだけでも、貸し手の側からしたら、安心できる融資となるわけです。

「入学金」の借り入れ

入学金の借り入れというのは、

  • 奨学金
  • 教育ローン

のメリット・デメリットが分かれる所。というのは、

  • 奨学金は「入学後」に申し込み
  • その数カ月後に融資される
  • つまり「入学金」には間に合わない

ということです。一方、

  • 教育ローンの借入審査の場合、
  • 入学金の請求書など、金額を証明できるものがあれば、
  • 大学生になる前でも、借り入れできる

という風になっています。もちろん、審査通過するだけのクレジットスコアは必要ですが、それでも審査通過さえすれば「入学する前でも、入学金を借りられる」ということなのです。

なので、実質年率が安いのは奨学金の方ですが、入学金を借りたい場合は、実は教育ローンの方がいいんですね。

「学生ローン」とは

学生ローンには2つの意味があります。

ということ。要は「専用」か「そうでないか」です。で、ポイントをまとめると、

となっています。なので、「学生でも借りられるローン」というのは、特に変わったものでもないんですね。(未成年・10代でも融資可能…といったら、少々変わっていますが)

で、後者の学生専用ローンについては、

  • 学生専用だからといって、低金利になるわけではない
  • もちろん、審査が甘くなるわけでもない
  • コンビニATM・銀行ATMが使えなくて不便なので、
  • 基本的には大手の消費者金融で借りた方がいい

となります。私自身、学生専用ローンでお金を借りていたことがあるので、実感としてそう思います。(臨時返済追加返済をするたびに、事前に電話連絡をしないといけないですからね。少額の返済では電話しにくい…というのが、少々厄介でした)

「コンビニATM・銀行ATM」での借入・返済

大手の消費者金融・銀行カードローンやクレジットカードでキャッシングする場合、借入・返済はコンビニATM・銀行ATMですることができます。

  • 銀行のキャッシュカードと同じ要領で、
  • ローンカードをATMに挿入し、
  • 自動的に起動された「借入・返済・残高照会」のメニューで、
  • 自分のしたいこと・金額を選択するだけ

という風です。銀行預金の引き出しや預け入れとまったく同じなので、初めてキャッシングする人でも、すぐにできます。

で、上の学生専用ローンの部分でも書きましたが、このコンビニATM・銀行ATMでの返済ができないと、任意返済一部繰り上げ返済)が、非常にやりにくいんですね。

  • 事前に「今からいくら返済します」という電話連絡をしないといけない
  • その電話連絡も、あちらが借入残高を確認したりするので、
  • 早くても5分はかかる
  • だから、たとえば「3000円」などの少額で臨時返済しようとすると、
  • 何となく申し訳なくなって、ついつい先延ばしにしてしまう
  • (せめて5000円貯まってからにしよう、などと考える)

ということ。で、大体想像がつくと思いますが、

  • そうやって追加返済を先延ばしにすると、
  • 大体その数千円を買い物などで使ってしまい、
  • 結局完済が伸びていく
  • 結果、利子総額も増える

となるわけです。なので、基本的にコンビニATMや銀行ATMで借入・返済ができるモビットノーローンなどの大手で借りた方がいい…ということなんですね。

キャッシングの「完済」

完済というのは、借金を抱えているすべての方にとって、ゴールです。あの爽快感は、多重債務者だった私もよく覚えています(笑)。

借金完済することを「綺麗な体になる」とよく表現しますが、本当にそういう気分になりましたね。借金がないというだけで、こんなに世界が輝いてみえるのか、と(笑)。←これは大げさですが、とにかく嬉しかったです。

で、そんな完済ですが、

  • もう借りるつもりがないなら、
  • そのカードローンやクレジットカードを、早く解約した方がいい

ということが言えます。クレジットカードは「ポイント・マイルの還元率」が高いなら、そのまま解約せずに使うべきですが、そうでないなら、解約しましょう。

というのは、クレジットカードの保有枚数は、少ない方がクレジットスコア信用度が高まるからです。

クレジットカードの「保有枚数」

クレジットカードの保有枚数…つまり「持っている枚数」は、少ないほどいいです。というのは、

ということ。「いや、もうキャッシング審査とか受けないから良いよ」という人もいるでしょう。もちろん、それはOKです。ただ、

ということ。もちろん、真面目な借り入れの究極は「住宅ローン」ですが、こういう借り入れの審査を受ける時でも、クレジットカードの保有枚数が多いと、不利になるかも知れないんですね。

ただ、誕生月だけポイント・マイルの還元率が圧倒的に高くなる「ライフカード」のようなクレジットカードもあるので、こういうのを複数サブで持っている…という人はいるでしょう。この場合、解約はしたくないでしょうから、

というのがいいでしょう。これだったら、

として信用してもらえるので、新たな借入審査に申し込んだ時も、審査通過をしやすくなります。

クレジットカードの「還元率」とは

クレジットカードの還元率とは、「買い物した金額の一定割合を、ポイント・マイルとして、利用者が使える率」です。高還元率と言われるのが、大体「1%」以上です。つまり、

  • 100万円買い物したら、
  • 1万円分、ポイント・マイルが貯まる

ということですね。人によっては「それ、多いの?」と思われるかも知れません。ただ、

ということです。そう考えると、結構得でしょう。さらにいうと、

  • オリコカードなら、Amazonで「3%」になるなど、
  • 「特定の場所での買い物」だったら、
  • かなりの高還元率になる

という特徴もあります。なので「自分が買い物する場所やサイトが決まっている」という人だと、ものすごく得をするわけです。極端な話「Amazonで年間200万円買い物したら、6万円得する」という風になるわけですね。

ただ、この「高還元率のクレジットカードで、ポイント・マイルを貯める計算」をしてみるとわかりますが、すればするほど「節約するのが一番」という結論になります。

普通の生活をしている人の場合は)

なぜ「高還元率」より節約が重要なのか

よほどのお金持ちでなければ、一枚のクレジットカードに集中させられる買い物の金額は「年間200万円」が最高です。で、これで貯まるポイント・マイルは「2万円~6万円」です。

で、これを「月あたり」の支出で計算すると、大体「2000円~5000円」になるわけです。つまり、

  • 年間200万円買い物する中で、
  • 月「3000円~6000円」の節約をすれば、
  • 「貯まるポイント・マイル」を追い抜ける

ということ。年間200万円使っている人だったら、「月6000円」支出を減らす、なんて楽勝ですよね。これだけショッピングをしている人だと、大体「もう買わなくていいかな」と飽きているジャンルが、あるはずなので。そこの買い物を削ればいいだけです。

冷静に考えたら、

  • 還元率1%~3%というのは、
  • 100の買い物対して、1か3
  • この「1か3」の金額を増やそうとしたら、
  • 「100」の方を、「150」「200」と、
  • 莫大に増やしていかなければいけない

ということ。つまり本末転倒なんですね。

人間は、クレジットカードの還元率でも何でも、

  • 一つのことにハマると、
  • それしか見えなくなってしまう

という傾向があります。脳科学的には「命令が少ない方が、脳の負担が軽くて楽」だからです。

「ハードロックを聞きながら、英語をしゃべりつつ、日本語の本を読む」というのが、絶対に不可能なのを想像すれば「一つのことだけ考える」のが、脳にとって快適であることは、わかるでしょう。

だから、何を考えるにしても、人間は「木を見て森を見ず」になってしまいがちだけど、

  • クレジットカードの還元率に関しては、
  • 実は買い物しないで、支出を減らすのが一番

となるわけです。ただ、贅沢を一度もしたことがない普通の人がやっても、ストレスがたまる部分もあるので、ある程度自由に買い物して「もう飽きた」という人がやるのが、一番いいのですが。

返済のための「節約」

借金返済をするには、当然で節約する必要があります。よほど収入が多いい人であれば別ですが、普通の人だったら、やはり節約するのが一番です。

私が思うに、一番効果的な節約の方法は「ひたすら働く」ことです。

  • 働いていれば、遊ぶ時間がない
  • 買い物する時間もない
  • 買い物や遊びの快楽を「脳が忘れる」
  • だから「遊びたい」という気持ちも起きない

ということ。「それ、幸せなのか?」と思われるかも知れませんが、もちろん、その辺はケースバイケースですし、人それぞれです。ただ、

  • 仕事ばかりしていると、
  • 仕事が楽になって、
  • 仕事の中で「遊び」を見つけられるようになる

ということも言えます。「習慣は、第二の天性である」という言葉もありますが、

  • 起きている間ずっと仕事をすることも、
  • 習慣になってしまえば、むしろ快適になる
  • 逆に、休むと気分が悪くなる

というくらいです。これは比叡山や大峯山の荒行として知られる「千日回峰行」をしている行者の方なども言われていることです。「続けるうちに、最初はハードだったことが、すんなりできるようになる」「体が覚える」ということです。

(ちなみに、彼らの場合は「休むと気分が悪くなる」どころか「休んだら、短刀で自決しなければいけない」というルールなので、休むという発想すら、そもそもないわけですが…)

と、ここまではいかなくてもいいですが、要するに「遊ばない」というのは、一番お金が貯まる方法なのです。姉の友達の看護婦さんも、「お給料は高いけど、忙しくて遊べないので、お金が貯まって仕方ない」と言っていました。もちろん、看護師さんは大変だと思いますが「お金を使えない状態に身を置く」というのは、借入超過者の方々にとって、何らかのヒントになるのではないかと思います。

「サラリーマン」の借金

消費者金融は昔は「サラ金」と言われていましたが、これは「サラリーマン金融」の略です。もともと、消費者金融というのは「サラリーマンがお金を借りるもの」だったんですね。

(最近は、自営業個人事業主の方々もよく借りていますが)

で、サラリーマンの借金についてポイントをまとめると、

  • 新入社員(新卒)でもキャッシングはできる
  • その場合、まだ「前年度年収」は確定していないが、
  • 「見込み」の年収で、一応審査に通る
  • (もちろん、実際に融資可能になるかどうかは、その人次第)

というのが、まず「新入社員」についてのポイントです。そして、

という風になっています。融資枠はあくまで目安ですが、大体このくらいの借入枠がもらえる割合が高い…と思って下さい。

もちろん、同じ

  • 平均年収
  • 勤続数年

という審査条件だったとしても、

  • 勤務先の会社の規模
  • 業界自体の安定性

などによって大幅に変わってきます。また、そもそも個人信用情報で見る、その人の借入・返済の履歴が何よりも影響するわけですから、やはり最終的には「人それぞれ」という結論になります。

投資でも何でも、人生のすべての情報が、そういうものかも知れませんが)

なので、ここまで書いてきた与信枠などの数字は「完全に目安」ですが、何らかの参考にしていただけたら幸いです。

「平均年収」とキャッシング

キャッシングをするにしても、完済を目指すにしても、「自分の経済レベルがどのくらいか」は知っておいた方がいいでしょう。「他人との比較」ではなく、要は「現在地の確認」です。どのくらいの収入を目指すにしても「今の自分の年収月収がどのくらいの水準なのか」は、必ず知っておく必要があります。

で、2016年5月時点で、最新の日本人の平均年収のデータは、「415万円」です。

  • 2014年のデータ(2015年のデータは、2016年の9月頃出るので)
  • 民間給与実態統計調査(国税庁)から出たもの

ということです。会社代表者法人経営者などの方々が「節税」した分もあるので、実際の平均年収はもう少し多いかも知れませんが、とりあえず「450万円」程度だと思っていいでしょう。

で、これは1997年の「467万円」と比較すると、「52万円」も下がっています。約20年間の間に、日本人の平均年収は約50万円下がったわけですね。

月収に換算すると「4万3000円低い」ということで、これはかなり深刻です。たとえていうなら、

  • 20年前は、新卒のサラリーマンが「20万円」の月給をもらっていたのに、
  • 今は「16万円」

というわけですね。「日本人は貧しくなった」と言われますが、これは本当にそうだなと、あらためて実感しました。

平均年収の地域格差も激しい

地域格差もかなりのもので、

  • 全国…415万円
  • 東京…613万円
  • 沖縄…339万円

…となっています。ちなみに、北海道は「400万円」です。全国平均より、やや下ですね。(沖縄よりはだいぶ高いです)

私が借金返済のためにパチンコ店で働いていた頃、スタッフさんの半分程度が沖縄出身者でした。愛知県の店舗ですが「ここは一体何県だ?」といつも思っていたものです(笑)。

(みんな明るくて面白い人でしたけどね。笑)

「沖縄は仕事が無い」というのは聞いていたけど、平均年収もこれほど違うとは思っていませんでした。これだったら確かに、トヨタ自動車などがあって、仕事がいくらでもある愛知県に来るだろうな…というのは納得です。

余談ですが、北海道の方が平均年収は高いのに、アパート・マンションの家賃は、沖縄より札幌の方が、断然安いとなっています。札幌の方が供給が多いからでしょうが、札幌は多分「日本で一番、アパート・マンションの家賃が安い」場所です(便利な都市の中では)。

私はカンボジアやインドの田舎など、生活費の安い場所で暮らしてきましたが、カンボジアと札幌は、そんなに変わらないくらいのレベルです。(治安や医療費・生活の便利さなども考慮すると)

…と、少々話が膨らみましたが、これだけ平均年収の地域格差があると、「どこへでも自由に移動できる人生」というのは、さらに有利になるのだな、とあらためて感じました。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP