最短即日融資でお金を借りるランキング

王冠と女性

「今すぐ借りたい」で厳選調査!即日審査&即日融資はどこに申し込むのがおすすめ?

今すぐお金が必要!即日審査&即日融資を希望するならモビット・アイフル・プロミスなどの消費者金融系のサービスを利用しましょう!審査に通るかなぁと不安な方も安心してください。審査は申し込んだ順番に行われるので、とにかく早く申し込んで審査をしてもらうようにしましょう!スピーディに借り入れを成功させたい人は、ここでおすすめする「今すぐ借りたい」おすすめサービスから選びましょう!

最短即日融資でお金を借りるランキング

最短即日融資は、今のキャッシングでは当たり前

まず、最短即日融資というのは現代のキャッシングでは「完全に当たり前」です。銀行カードローンはともかく、消費者金融だったら下のようになります。

  • 特定の銀行口座を事前に持っている必要もない
  • 平日でも土日・祝日でも、20時頃までに申し込めばいい

ということで「よほど審査条件の悪い人でなければ、誰でも最短即日借入できる」という状態になっています。借入状況が悪い人などは審査に落ちることもありますが、時間的にはとりあえず「最短即日キャッシングは簡単」と考えてください。

消費者金融なら毎日20時までに申し込めば最短即日融資可能?

消費者金融の大手は、それぞれ下の時間まで、毎日最短即日審査しています。

  • プロミス・アコム…22時
  • SMBCモビット・アイフル・ノーローン…21時

という風です。で、それぞれ審査時間は「最短30分」なので、「1時間前までに申し込めば、ややギリギリだけど間に合う」ということですね。

で、余裕を持って間に合うことを考えると「2時間前」に申し込めばいいわけです。「21時」「22時」の2つのグループがあるので、「2時間前に申し込む」という条件で逆算すると、「19時~20時」に申し込む…ということになるんですね。

なので、消費者金融の最短即日キャッシングの申し込みは―。

  • ギリギリの時間…20時~21時
  • 余裕のある時間…19時~20時

となります。この時間までに申し込めば最短即日借入できるということで、「消費者金融の最短即日借入は、かなり簡単」なのです。(これは「時間的に簡単」という意味であり、審査が甘い・緩いということではないので、注意してください)

夜間・土日・祝日の場合は「自動契約機」に行く

消費者金融で最短即日融資を受けるときに注意すべきことは、土日・祝日や夜間の審査の場合、自動契約機でカード発行する必要があるということ。

「審査」自体は「自宅でネット」でも、もちろんOKです。ただ、そうして審査に通った後「振り込み」ができないわけですね。土日・祝日や夜間は銀行が閉まっているので。

振り込みができないので、カード発行をする

振り込みができない以上、「提携ATMから直接借りる」必要があります。そして、提携ATMを動かすにはローンカードが必要です。

そのローンカードの発行は、最短即日融資しようと思うと「郵送で受け取る」わけにはいかないので、「無人契約機での発行」となるわけですね。

無人契約機というのは、街中で見かけるそれぞれの会社の名前が入った看板の建物です。あの中にテレビ電話のようなマシンがあり、それで映像・音声を使って審査します。

審査自体もできますし「審査は自宅でして、カード発行だけする」ということも可能です。というより、現代ではほとんどの人がこうして使っています。

(ネットの方が断然便利だし、人に会う心配もないですからね)

ということで、土日・祝日・夜間の最短即日融資の場合「自動契約機に行く」ことが必須なので、「自動契約機が営業している時間に、足を運べる距離」である必要があります。たとえば山間部などに住んでいる方の場合、よほど早い時間に申し込みしないと、最短即日借入ができないことがあるので、この点は注意してください。

(もっとも、山間部に住んでいるような人のキャッシングは、ほとんどないとは思いますが…)

銀行カードローンでも最短即日融資はできるのか

消費者金融だけでなく、銀行カードローンでも最短即日融資はできます。ポイントをまとめると、下のようになります。

  • 「その銀行の口座」が必要なことが多い
  • 「その銀行の口座なし」でもOKな銀行カードローンもある
  • 三菱東京UFJ銀行など早いところは「最短30分」で審査できる

以下、それぞれ詳しく解説します。

「その銀行の口座」が必要なことが多い

銀行は「自行の口座を利用してほしい」ので、「その銀行の口座を持っていること」を要求することが多いです。「その銀行の口座が必要」という条件の銀行カードローンは、下の通りです。

  • みずほ銀行
  • イオン銀行
  • 横浜銀行

みずほ銀行・横浜銀行については「最短当日口座開設する」「それからカードローンの申し込みをする」という方法もありますが、それだと間に合わないことも多いです。

ということで、「確実にその日中に借りたい」という場合には「その銀行の口座なしでOK」というカードローンで申し込みしましょう。

「銀行口座なしでOK」の銀行カードローンは?

下の銀行カードローンは「その銀行の口座なし」でも最短即日借入できるようになっています。

  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • 楽天銀行
  • オリックス銀行

ただ、これらも「土日・祝日の審査の場合は、その銀行の口座が必要」となることもあります。

*オリックス銀行カードローンは、カード発行後、最短即日融資可能
  • 楽天銀行
  • オリックス銀行

…この2つの銀行は「土日・祝日の場合は、それぞれの銀行口座が必要」という条件なので、注意してください。

*オリックス銀行カードローンは、カード発行後、最短即日融資可能

「土日・祝日でも銀行口座なしでOK」のカードローン

つまり、土日・祝日でも平日でも「その銀行の口座なしでOK」の銀行カードローンを一覧にすると下のようになります。

  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • 新生銀行カードローン レイク

「3つだけ」ということですね。選択肢が少ないですが、逆に迷わなくていいとも言えます。

新生銀行などは、最短30分で審査可能

で、この3つの銀行は「審査が早い」ことでも、消費者金融に近いレベルです。それぞれの審査時間は―。

  • 三菱東京UFJ銀行…最短40分
  • 三井住友銀行…最短30分
  • 新生銀行カードローン レイク…最短30分

となっています(三菱東京UFJ銀行はたまに「最短30分」とも言われますが)。この「最短30分」という時間は、プロミス・SMBCモビットなどの大手の消費者金融の審査時間と同じなので、銀行カードローンなのに、消費者金融と同レベルのスピード審査をできるということです。

最短即日融資で何万円まで借りることができるのか

最短即日キャッシングの場合、金額はいくらまで借りられるのか―。大体の目安としては―。

  • 消費者金融…10万円~50万円
  • 銀行カードローン…10万円~100万円

初めてのキャッシングの場合、サラリーマンでもその他の職業・属性の方でも「50万円を超えることは、ほぼない」と思ってください。


以上、キャッシングの最短即日融資に関するポイントをまとめました。もう一度最後に整理すると、下のようになります。

  • 消費者金融なら毎日20時~21時まで、ギリギリOK
  • 土日・祝日・夜間の場合「無人契約機でカード発行」が必要
  • 銀行カードローンだと「口座が必要」なことがある
  • 土日・祝日でも「口座なしでOK」な銀行は3つ
  • 限度額は、大体10万円~50万円が目安

冒頭に書いた通り、最短即日キャッシング自体は現代では全然難しくありません(ネットなどの技術が進化したので)。

ということで、「ブラックリスト入りしている」などの問題がない限りは、「普通に最短即日借入できる」と安心してください。

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP