専業主婦OKキャッシングランキング

王冠と女性

「専業主婦」申込み可能で厳選調査!収入のない主婦でも安心キャッシングランキング!

収入のない専業主婦でも銀行系のカードローンなら利用可能です!ただ、専業主婦の場合限度額は30万円から多くても50万円なのでその点だけご注意を!ここで紹介しているのは専業主婦の借入申込みに理解のあるサービスのみです。夫の収入証明書、住民票も不要で申込み可能なところもあるので、安心して申し込んでください!

専業主婦OKキャッシングランキング

家庭に入っている女性(自分の安定収入があることが条件)のキャッシングについて、ポイントをまとめると下の通りです。

  • 消費者金融では融資不可
  • 銀行カードローンならOK(一部不可)
  • 夫・旦那の同意書はなしでOK
  • 夫の収入証明書も不要
  • 大抵は「住民票」が必要
  • しかし「住民票」もなしでOKな銀行もある
  • 限度額は「30~50万円」が基本

以下、詳しくまとめます。

消費者金融では、専業主婦は借入不可

アコム・プロミス・アイフル・SMBCモビットなどの大手の消費者金融―。これらでは「収入のない既婚者の女性は借入不可」となっています。一応、貸金業法的には「配偶者貸付」というルールを使えば借り入れできるのですが、大手の消費者金融は自主的に、家庭に入っている女性には融資しないようにしています。

(わざわざ家庭に入っている女性に貸付しなくても、利用者は山程いますからね)

ということで、SMBCモビット・アコムなどの大手の消費者金融では、残念ながら収入がない既婚女性の方は借り入れできません。そのため、下のように言えます。

  • 銀行カードローンで借りる
  • 信販系・中小業者など、他の消費者金融で借りる

という選択肢になります。ただ、後者についてはあまりおすすめできません。信販系・中小業者は、審査に時間がかかるし、借入・返済も不便なことが多いからです。ということで、収入のない既婚者の女性の方がキャッシングするのなら、「銀行カードローンで借りる」のが一番でしょう。

銀行カードローンはほとんど借入可能

銀行カードローンの場合、家庭に入っている女性(自分の収入があることが条件)でもほとんど借入可能となっています。大手の銀行カードローンで「専業主婦が借入不可」となっているのは―。

  • 三井住友銀行
  • オリックス銀行
  • 新生銀行カードローン レイク

など、ごく一部のみです。後はほとんど家庭に入っている女性(自分の収入があることが条件)でも借入審査に通ります(もちろん、実際に借りられるかは、その人の借入状況などによりますが)。

家庭に入っている女性(自分の安定収入があることが条件)のキャッシングで必要な書類は?

家庭に入っている女性(自分の安定収入があることが条件)のキャッシングで必要となる書類は、基本は下の通りです。

  • 配偶者の同意書(夫・旦那の同意書のこと)
  • 婚姻関係の証明書(住民票など)
  • 身分証明書(自分の。運転免許証など)

身分証明書・住民票については問題ないでしょう。厄介なのは「配偶者の同意書」です。同意書を偽造するわけにはいきませんから、「夫・旦那の同意書をもらう」=「夫バレ・旦那バレ必至」ということですからね。

夫・旦那にキャッシングがバレて問題ない…という家庭に入っている女性はいないでしょう。ということで、「配偶者の同意書が必要」という条件の場合、実質借入不可と考えるべきです。

そのため、専業主婦がお金を借りる場合は、銀行カードローンの中でも「夫・旦那の同意書不要」の銀行を選ぶ…ということですね。

夫・旦那の同意書不要でキャッシングできる銀行は?

では、どの銀行カードローンだったら「夫・旦那の同意書なし」でOKなのか。一覧にすると下のようになります。

  • 三菱東京UFJ銀行
  • イオン銀行
  • 楽天銀行
  • みずほ銀行
  • 東京スター銀行
  • 横浜銀行

などが、「配偶者の同意書なしでOK」となっています。ということで、まずこれら6つの銀行に絞ってください。さらにこの中で申し込みやすい銀行カードローンを絞っていきます。

楽天銀行・横浜銀行だったら「住民票」だけでOK

この6つの銀行の中でも、一番審査が簡単なのは「楽天銀行・横浜銀行」です。理由は住民票も不要で、必要書類は「自分の本人確認書類だけ」ということです。つまり「自分の収入で借りる」時と、何ら変わらないんですね。

むしろ「自分の収入で借りる」時よりも簡単でしょう。自分の収入で借りる場合は「自分の勤務先への在籍確認」がありますからね。家庭に入っている女性の場合はそれもない(仕事をしていない)ので、「自分の収入で借りる」場合よりも楽…ということです。

ということで、あくまで「審査が甘い・緩い」ということではありませんが、「審査の手続きが一番簡単」という点では、横浜銀行・楽天銀行が一番でしょう。

イオン銀行・楽天銀行は50万円まで借入可能

家庭に入っている女性の借入可能金額は、どの銀行カードローンでも「一律30万円」…というのが基本です。夫・旦那の収入証明書などは必要なく「一律で決まる」ということですね。

なぜ所得証明書なしで融資枠を決められるのかというと下のようになります。

  • 奥さんが家庭に入っている時点で、夫・旦那の職業は安定している、とわかる
  • だから、年収確認資料を見るまでもない
  • また、専業主婦がいる普通の家庭だったら、30~50万円は余裕で返済できる

また、逆に夫・旦那の年収証明書を見ても―。

  • その年収のうち、どれだけを自分の収入がある女性本人が使えるのかわからない
  • 使える割合によって変わるので、「年収」だけではあてにならない
  • また、審査の手間を削減するためにも「一律」で限度額が決まる方が便利

だから、家庭に入っている女性の融資限度額は「夫・旦那の収入証明書もなしで、一律で30万円に決まる」わけですね。しかし、イオン銀行・楽天銀行だけは、これが「一律50万円」となるのです(なることが多いです)。

本業がショッピングなので、自分の収入がある女性層を取り込みたい

なぜ、楽天銀行・イオン銀行だけこのように、家庭に入っている女性に対して大きめの限度額を融資するのか。これは、これらの銀行カードローンの「本業」に理由があります。知っての通り―。

  • 楽天銀行…楽天
  • イオン銀行…イオンモール

が、それぞれの母体となる会社です。そして、どちらも「ショッピング」を扱う会社なので、専業主婦を取り込むと、本業の利益につながるわけですね。「イメージがよくなる」というのもありますし、もっと直接的に言えば「融資したお金で、彼女たちが楽天・イオンモールで買い物してくれる」…ということも多いわけです。

その利益まで考えれば、50万円くらい融資しても「全然問題ない」わけですね。このくらいの金額なら、一般的な日本の「専業主婦がいる家庭」だったら、返済もそれほど難しくはないですし。

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP