学生のキャッシングの利用用途と、親バレなしの借入方法・まとめ

学生のキャッシングの利用用途と、親バレなしの借入方法・まとめ

親バレしないでお金を借りる方法

■参考リンク

若年層への融資で親バレは防げる?家族に内緒で借りたい!

学生の借り入れで親バレを防ぐことは簡単です。アコム・アイフル・SMBCモビット・ノーローンなどの大手の消費者金融で借りれば、その時点で家族に内緒でキャッシングすることは可能と確定しているようなものです。

理由を箇条書きすると下のようになります。

  • 消費者金融の審査では、自宅の電話はない
  • 自宅への郵送物もない
  • 悪質な遅延・延滞をしない限りは、その後の連絡も一切ない

つまり、キャッシング業者と家族の接触が一切ないので、家族バレすることも、親バレすることもないというわけですね。

銀行カードローンも条件は同じだが…

この「自宅への電話連絡や郵送物がない」というのは、消費者金融だけではありません。大手の銀行カードローンでも同じ条件になっています。郵送物については、ローンカード・キャッシュカードが送られる…という銀行カードローンもありますが。

このように「電話・郵送」についての条件は同じなのですが、銀行カードローンは、そもそも若年層のキャッシングがしにくい審査条件になっているんですね。

「学生は借入不可」とハッキリ商品説明書に明記している銀行カードローンもありますし、明記はしていなくても、事情上借入不可と言われている銀行カードローンも多くあります。

親権者の同意書が必要という銀行カードローンも

また、学生が借入可能と明記されていても若年層のキャッシングでは親権者の同意書が必要という条件になっている銀行カードローンもあります。たとえば大手では三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」などがそうです。

他にも、状況・条件によっては親権者の同意書が必須になる銀行カードローンもあるようですが、何はともあれ、このように学生がキャッシングする時、銀行カードローンではかなり借りにくくなっているんですね。そのため同様に親バレしないで借りられるにしても、より借り入れ自体がしやすい消費者金融を選んだ方がいいというわけです。

消費者金融の方がローンカードの発行がしやすい

さらに、親バレしないでキャッシングするために「ローンカードの受け取りをどうするか」という点が重要です。はじめに「自宅に郵送されるものもない」と書きましたが、それはあくまで郵送以外の方法でローンカードを受け取ったという場合であり、郵送でしか受け取れない借入先の場合は、必ず郵送でローンカードが送られて来るわけですね。

消費者金融だったら自動契約機・無人契約機があるので、そこでローンカードの発行ができます。また、三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・新生銀行カードローン レイクもローン契約機があるので、やはりここで発行ができます。

その他、みずほ銀行カードローンはキャッシュカード一体型のローンカードを発行できるので、手元のキャッシュカードがそのままローンカードになるということで、これもやはり郵送は不要です。(みずほ銀行の側で設定をいじり、あなたのキャッシュカードで、そのままカードローンの利用ができるようにする…ということですね)

つまり、一覧にすると下の2通りの方法が使えたら、ローンカードの郵送は必要ないわけです。

  • ローン申込機で発行
  • キャッシュカード一体型で発行

逆に、この両方とも使えない銀行カードローンの場合は、どうしてもローンカード(キャッシュカード)が郵送されてきてしまう…というわけですね。大手の消費者金融はすべてローン申込機が使えるので、このようなことはありません。

こうした点からも、やはり学生が親に内緒でキャッシングをするには、銀行カードローンよりも消費者金融の方がいいというわけです。


学生が銀行キャッシングをする理由

■参考リンク

学生がキャッシングする理由は「自動車学校」「卒業旅行」が一番多い

学生がキャッシングでお金を借りる理由としては、自動車学校の学費、卒業旅行の費用などが多くなっています。これらの理由でのキャッシングが多い理由は、下のように言えます。

  • これらが一番「数十万円が、一気に必要になる」から
  • これらの理由だと、審査に通りやすいから

こうした2つです。前者は真面目な理由。後者は少々不真面目な理由ですね。

一応自動車学校の学費は分割払いもありますが、手数料がかかるのでいやだ、という方もいます。また自動車学校によっては分割払いやローンに対応していないので、現金が一括で必要になるということもあるようです。最近は、分割払いやローンに対応していない自動車学校というのは、かなり減っているとは思いますが…。この業界も競争が非常に激しいですからね。

真面目な利用用途だと、審査に通りやすい?

これは事実です。「真面目な資金使途だと審査に通りやすい」というよりは「不真面目な理由だと、確実に審査に落ちる」ということ。つまり「まじめな資金用途を答えるしかない」ということですね。

他に大学生や専門学校生の場合は「学費のため」というキャッシングの理由も多くあります。実際、本当に学費のためにお金を借りる人もいるでしょうし、実は私も学費を使い込んでしまった時に、これが理由でキャッシングをしたことがあります。消費者金融から借りました。

しかし、よく考えて見ると奨学金もあるし、教育ローンもあるのに、何で学費で消費者金融からの借り入れが必要なのか?ということを、審査するキャッシング業者の側は間違いなく不思議に思いますよね。

実際、私の場合は下のような理由で学費を借りるしかなかったのです。(不真面目な理由です)

  • 留年したので、親が学費を出してくれなかった
  • 親の収入が一定以上だったので、奨学金はもらえなかった
  • 教育ローンの審査は親に申し込んでもらわないといけなかったので、ダメだった
  • 稼いだお金を、別のことに使ってしまった

別のことというのはレーシックの手術ですが、それで数十万円をまとめて使ってしまい、学費が半分ほど足りなくなったんですね。その半分を消費者金融から借りた…という形です。数十万円だけだったし、その頃はかなりアルバイトもしていたので、数ヶ月で返済できました。

にしても、やはり「学費のためにキャッシングでお金を借りる」というのは、よほどの事情がある学生さんを除けば、当時の私のように「何か、他の部分で間違っていたのでは?」ということが多いんですね。

卒業旅行の費用のキャッシングについて

年配の方などは「学生の身分で贅沢に海外旅行などに行くから、お金が必要になるんだ」というかも知れませんが、若いうちに海外を見ておくというのはそれなりに大事です。できればあまりお金を使わないバックパッカーのような「旅行というより旅」がいいとは思いますけどね。

何はともあれ、お金が必要かどうかは本人が決めることです。それがたとえ不要な出費だったとしても、やって初めてわかる、体で実感して初めてわかる…ということも多いので、決して無駄ではないでしょう。

銀行が提供する旅行ローンもある

卒業旅行の費用のキャッシングについては、銀行が提供する旅行ローン・トラベルローンを利用する…という方法もあります。文字通り利用用途が海外旅行・国内旅行であればOKというものですが、当然ながら卒業旅行でも利用することができます。

銀行の目的別ローンは他でも言えることですが、「資金使途を証明する書類が必要になる」という点に注意が必要です。つまり、本当に旅行に行くにしても、そのフライトの請求書、ホテル代金の見積もり…というような書類を用意する必要があるということです。

もちろん、実際に旅行に行くのであればこれらは用意できるか、あるいはすでに手元にあるでしょう。ただ、何にしても「一式揃える」という手間はあるので、その点は考慮しておく必要があります。つまり、申し込みにもそれなりの時間がかかるということです。

旅先での買い物の領収書はどうするのか?

旅行にかかる費用というのは、当然ながら「現地での買い物」もあります。おみやげもあるし、飲食店に入る料金もあるでしょう。あるいはお寺などに入る拝観料など、現地での支出の方がむしろ多いという人もいるかと思います。

そのような場合、トラベルローン・旅行ローンで借りることはできるのか。これは提供する金融機関にもよりますが、基本的に可能です。事前に必要と思われる金額を借りて旅行に出かけ、帰ってきたあとで、現地での買い物の領収書を提出するというやり方を採用している銀行・信用金庫もあります。

この辺のやり方やルールはその金融機関によって違うのですが、中には「現地での買い物分は領収書も請求書も、その他の証明書類も一切必要ない」というルールを設定している所もあります。常識の範囲内の金額であればOKということですね。卒業旅行だったら、大学生でこの場所の旅行で、現地で使うお金はこのくらいが相場だろう…というのが大体あります。そのくらいの金額であれば、特に証明書類を提出することもなく借入可能…ということです。

あくまで「現地で使う」という分だけですけどね。ホテル代や飛行機代など「事前に書類を提出できるもの」については、事前の証明が必要です。証明しなくていい場合もありますが、旅行ローン・トラベルローンの審査に通りたいと思うなら、出した方がいいでしょう。

旅行会社が提供するトラベルローンもある

トラベルローン・旅行ローンにはもう一つのパターンがあって、銀行などの金融機関が提供するものではなく、旅行会社みずからが提供する…というものもあります。いわば商品の分割払いですね。たとえば脱毛器や美顔器などを買う時でも、その販売会社が「分割払いで購入可能」というサービスを提供していますが、それと同じです。旅行という自社商品を、分割払いで売るということですね。

この場合、銀行などの金融機関の旅行ローンよりも、より低金利で借りられるという可能性もあります。というのは、旅行会社としてはパッケージやツアーが売れている時点で、ある程度の利益が出るからです。つまり、旅行ローン・トラベルローンの利息によって強引に利益を得る必要がない…ということですね。

なので、もし利用したいトラベルエージェンシーが決まっているなら、その旅行会社を利用してトラベルローンを組むというのもいいでしょう。自社商品を売る分、低金利というだけではなく限度額も大きくなりますし、審査も通りやすくなります。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP