銀行カードローンで完済した後は、解約すべきか契約維持すべきか?

銀行カードローンで完済した後は、解約すべきか契約維持すべきか?

銀行カードローンで完済した後は、どうするか―。解約するか、それとも契約を維持するか―。ここで悩む人は結構いるでしょう。

結論は「どちらでもいい」のですが、そのまま銀行カードローンを解約するメリット、維持するメリットを、それぞれ書いていきましょう。

完済後に解約するメリット

まず、全額返済した後にすぐ解約するメリット。これは箇条書きすると下のようになります。

  • その後の借入審査に通りやすくなる
  • 借りすぎる心配がなくなる

このようなもの。それぞれの理由を書くと下の通りです。

  • 借入審査…与信枠が残っている限り「借りているもの」と判断されるから
  • 借りすぎる心配…これはそのまま

融資枠が残っていると、借りていることになるというのがわからないと思うので、これについて説明します。

借入枠が残っていると、借りている扱いになる

これは銀行カードローンだけでなく、消費者金融でも同じなのですが、下のように言えます。

  • 「実際に借りている」のでなくても、「借入可能な枠」が残っているだけで、「その金額を、借りている」のと同じ扱いになる

これが、キャッシングのルールなんですね。「なんで、借りていないのに借りていることになるのか」と思う人も多いでしょう。この理由を書くと下の通りです。

  • 業者・銀行は、一度融資枠を与えたら、それを途中で停止することはできない
  • 少なくとも「この人が、他でも借入審査に申し込んだから」という理由で、後から限度枠を削る…ということはできない

これが前提です。つまり一度決まって限度額は、業者・銀行の側は取り消せないのです。ということは、「その利用者は、借りようと思えば、その借入枠の分だけ、いつでも借り入れできる」ということなんですね。

自分たちの後から借りて、破産されるリスクがある

そして、そのように以前の借り入れの限度額が固定されているという状態では、下のようなことが起こります。

  • 山田さんは、楽天銀行から「50万円」の融資枠をもらっている
  • しかし、実際には楽天銀行からは1円も借りていない
  • しかし、借りようと思えば、いつでも50万円まで借りられる

このような状態で、この山田さんが、三菱東京UFJ銀行カードローンに審査を受けに来たとします。そして、皆さんが三菱東京UFJ銀行の側だったら、どう思うでしょうか。

  • 確かに、山田さんの現時点での借入総額はゼロだ
  • しかし、借りようと思えば、いつでも借りられる
  • うちが融資した後、楽天銀行からすぐに50万円借りたらどうする?
  • そのリスクを考えると、山田さんは「すでに50万円借りている」と、考えた方がいい
  • それだと、この人にはあと20万円なら融資してもいい

このように考えるはずです。これが実際に借り入れしてなくても、借りていると判断されるという理由なんですね。説明すると、納得していただけるでしょう。

契約が残っている限り、追加の借入審査に通らない

そして、このように「以前の銀行カードローンや消費者金融の契約が残っている」というだけで、追加の借入審査に申し込んだ時、その審査通過率がかなり下がるんですね。審査通過率が落ちることはなくても借入可能金額が小さくなるなどのデメリットは当然あります。

先の例え話でいえば、この山田さんは、本当なら三菱東京UFJ銀行カードローンで「70万円」借りられるはずだったのです。しかし、楽天銀行スーパーローン(カードローン)での「50万円」の借入枠が残っていたので、三菱東京UFJ銀行では「20万円」で終わってしまったわけですね。

実際に借りているよりは、多少まし

もちろん、実際に50万円借りている…という状態よりは当然マシです。ここでの山田さんはあくまで借りる「かも知れない」と警戒されているだけだからです。

「実際に借りている人」というのは、もうそのリスクが「確定」したわけですから、当然そっちの方がNGなんですね。なので「本当に借りている」よりはマシなのですが、それでも「それに近い扱いを受ける」ということは、知っておいた方がいいでしょう。

解約しないと、返済後にまた借りてしまうことがある

こういう話は聞き飽きた…と思う人もいるかも知れません。しかし、これが心理学の法則で説明できる、と言ったらどうでしょうか。

心理学ではパーキンソンの法則というものがあります。これは、ありとあらゆる場面で適用できるのですが、たとえば下のような法則です。

  • 仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する(第一法則)
  • 支出の額は、収入の額に達するまで膨張する(第二法則)

このようなもの。もっと簡単にいうと下のようになります。

  • 「やるべき仕事」は、時間がある限り永遠に増え続ける
  • 「必要な出費」は、お金がある限り増え続ける

このようなもの。どちらも心当たりがあるという人が多いでしょう。で、これを応用すると、「借金は、限度額いっぱいまで増える」などのバリエーションが作れるのです。

(ちなみに、コンピューターの世界では、「データ量は与えられた記憶装置のスペースを満たすまで膨張する」というものもあります)

という「パーキンソンの法則」のような心理学的な裏付けもあり、限度枠が残っている限り、人間はいつかまた追加のキャッシングをする可能性が高いと言えるわけですね。もちろん、これはキャッシング自体が悪というわけではないのですが、借金を卒業したいと思っている人にとっては、それが遠のく…というのは確かです。

(借り入れ状態を卒業したいから、全額返済したのでしょうし)

追加の借り入れをできないようにする方法

実は、限度枠を残していても、追加のキャッシングをできないようにする方法はあります。貸付自粛制度というものですが、箇条書きすると下のようになります。

  • 「日本貸金業協会」が採用しているシステム
  • 「もう、私のこれ以上融資しないでください」と申請する
  • 申請すると、その後どこでも借り入れができなくなる
  • ↑(日本貸金業協会が、根回しをしてくれる)
  • 少なくとも3ヶ月は、新規の借入審査に通らなくなる
  • 自分で希望すれば、3ヶ月以上の期間に延長することもできる

このようなものです。この貸付自粛制度を利用すれば、銀行カードローンの融資枠を残していても、借りすぎる心配はありません。

ただ、貸付自粛制度まで適用するのは少々大げさですし、クレジットカードなどの、有益な借り入れまでできなくなるという欠点がありますから、あまりおすすめはできません。

「限度枠を縮小してもらう」という方法も

たとえば「解約」するのではなく「借入枠を小さくしてもらう」という方法もあります。これだったら、借りている扱いになっても、その影響が小さくなるということ。つまり、その小さくできた分だけは、追加の借入審査も通りやすくなる、ということです。

たとえば先程の山田さんだったら、「楽天銀行スーパーローン(カードローン)の融資枠を、30万円まで減らしてもらう」というやり方。こうすれば、現時点で「借りている」扱いをされる金額が「50万円→30万円」まで縮小されます。

これなら、この20万円の分だけ―。

  • 「審査通過率も上がる」し、「借入可能金額も増える」となる

…わけです。(絶対そうというわけではありませんが、そうなる確率が高いです。)

借入枠の減額は、どうやればいいのか?

これは簡単で、銀行カードローン側にお願いするだけです。お願いといっても方法は主に2通りあり―。

  • 電話
  • ネット

詳しく書くと下の通りです。

  • 電話…お客様問い合わせ窓口にかけて、相談する
  • ネット…会員ページに「融資枠の変更」などのメニューがある

このようなもの。ネットの会員ページの方については下の通りです。

  • 信用度が高い人だったら、これで増額もできる
  • 減枠は、信用度(クレジットスコア)が高い人でも、「そもそもできない設定」になっている場合もある

なぜ「減枠だけできない」のかというと「売上が減る」からですね。その銀行カードローンでの借入枠が減った分、その人は「他の消費者金融・銀行カードローンで借りる可能性もある」ということです。

この逆で「他の消費者金融・銀行カードローンの売上をすべて奪える」のが「返済計画支援のための融資」ですが、とにかく「減枠」というのは「自行の売上を減らす」ということになってしまうんですね。なので「できない設定」になっている銀行カードローンも多いのです。

ということで、会員ページからの減枠はできない銀行カードローンも多いですが、少なくとも問い合わせ窓口からは、受付だけはしてもらえるので、その場合はまず、問い合わせ窓口に電話するようにしましょう。

解約せずに契約維持するメリット

もう一つの選択肢である、解約しないで、契約維持することのメリットについても書きましょう。これは箇条書きすると下のようになります。

  • お金が必要になった時、いつでも借りられる
  • 銀行によっては、逆に住宅ローンなどの審査で有利になることも

このようなものです。お金が必要になった時、自由に借りられるというのは、特に説明する必要はないでしょう。まったくそのままです。

もう一つのメリットである「住宅ローンなどの審査で、逆に有利になることがある」という点が不思議だと思うので、これについて詳しく説明します。

銀行も「お得意さん」を優遇する

当然ですが、銀行も非営利組織ではなく、普通の株式会社です。なので、お得意さんに対しては、当然あらゆる優遇をしてくれます(特にしない銀行もありますが、大体はします)。

そして、たとえフリーローンであっても、それまで返済の延滞・滞納をしていないという条件であれば、カードローンで借り入れをしてきたことは「むしろプラスの要素」となり、住宅ローンなどの審査でも有利になる…ということがしばしばあるわけです。

どのように「有利になる」かは、大体2通りあり―。

  1. 審査自体に通りやすくなる
  2. 住宅ローンかカードローンの金利が安くなる

というどちらかのメリットが発生します。もちろん、両方ということもあります。

ただ、これは先に書いた通りあくまで返済の遅延・延滞がないという条件。当然ですが、延滞・滞納していれば当然「逆に不利」となります。

なので、「これまで、遅延・延滞せずに銀行カードローンを利用してきた」という人の場合、そのまま契約を継続するのがいいでしょう。逆に「数回、遅延してきた」という人の場合、契約維持してもメリットは小さいので、解約してしまってもいいかも知れません。

解約しても、必要になったら新規で借りればいい

そもそも、今の銀行カードローンを解約したら、もう二度とキャッシングができなくなる…という話ではありません。当然ですが、また必要になった時、どこか別の銀行カードローンで借りればいいだけの話なのです。

なので、「いざという時に備えて」という理由で今の銀行カードローンの契約を維持しようと考えている方は、それだけの理由だったら、別に解約してしまっても、構わない…ということなんですね。

「いや、銀行カードローンで借りたいから、最短即日キャッシングはできないんだ」と思っている人もいるかも知れませんが、銀行カードローンでも当日キャッシングは簡単なので、この点は心配する必要はありません。

昔の銀行カードローンでは、確かに最短即日融資は難しくなっていました。しかし、今の銀行カードローンはもう、当日キャッシングが当たり前になっているので、急ぎでお金を借りたい時でも問題なく借り入れできます(もちろん、クレジットスコアに問題ないという条件ですが)。

ということで、そうした「いざという時の備え」として今の銀行カードローンを維持しようと考えている方がいたら、その場合は「解約してしまってもいい」と言えます。

(こう言うと、その銀行カードローンに対して失礼かも知れませんが…)

銀行カードローンの最短即日借入は、どれくらいしやすいのか?

実際、銀行カードローンの当日キャッシングというのは、どのくらい申し込みやすいものなのか。要点をまとめると、下のようになります。

  • 三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・新生銀行カードローン レイクが申し込みやすい
  • この3つの銀行カードローンなら、「口座なし」で借りられる
  • また、土曜日・日曜日・祝日でも最短即日借入できる

こういう条件です。それぞれの銀行カードローンの「申し込みやすい点」をまとめていくと、下のようになります。

  • 三井住友銀行…土曜日・日曜日・祝日でも平日でも「21時まで」最短即日審査できる
  • 新生銀行カードローン レイク…最短即日審査は21時までだが、ローンカードの発行は「24時まで」

さらに補足していくと、下の通りです。

  • 三菱東京UFJ銀行は、三井住友銀行・新生銀行カードローン レイクよりも、最短即日審査の時間が少々短くなっている
  • 平日は「20時まで」、土曜日・日曜日・祝日は「17時~18時」まで

なので最短即日審査の受付時間だけ見たら、、三菱東京UFJ銀行は不利で、新生銀行・三井住友銀行が有利ということですね。三井住友銀行・新生銀行カードローン レイクはどちらも、「毎日21時まで」となっています。

借入可能な職業・属性は、三菱東京UFJ銀行が一番有利

最短即日審査の受付時間では少々不利な三菱東京UFJ銀行カードローンですが、借入可能な職業・属性では、3つの銀行カードローンで一番有利となっています。簡単にまとめると、下のようになります。

  • 三井住友銀行は、家庭に入っている女性・若年層両方融資不可
  • 新生銀行カードローン レイクは、収入のない既婚者の女性が借入不可
  • 三菱東京UFJ銀行は、どちらもキャッシング可能

つまり「借入可能な職業・属性」の広さでランキングにすると下のようになります。

  • ①三菱東京UFJ銀行
  • ②新生銀行カードローン レイク
  • ③三井住友銀行

このような順番になる、というわけですね。なので、家庭に入っている女性・若年層の方々などは、最短即日キャッシングが一番しやすいのは三菱東京UFJ銀行、と考えていいでしょう。

一番審査に通りやすいのは、新生銀行カードローン レイク

この3つの銀行カードローンの中で、一番審査通過率が高いのは、新生銀行カードローン レイクとなっています。あくまで大体の目安ですが―。

  • 三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行…20%~30%ほど
  • 新生銀行カードローン レイク…30%~37%ほど

このようになっています。あくまで口コミ・評判などから判断した、大体の目安です。これだけ審査通過率が違うのには理由があって、新生銀行カードローン レイクは、消費者金融に近いレベルに金利が高いというのが原因です。

金利が高いと審査通過率が高くなる理由を書くと下の通りです。

  • 誰でも「高金利」の銀行カードローンでは借りたくない
  • なので、できるだけ「低金利」の銀行カードローンで申し込む
  • クレジットスコアが高い人たちは、ここで「低金利な銀行」の審査に通る
  • 残りは「クレジットスコアが低い人」だけになる
  • そういう人たちが集まって新生銀行や消費者金融の審査を受ける
  • だから、低金利な銀行カードローンの審査よりも、通りやすくなる

「需要と供給」のような考え方dすが、こうしたメカニズムによって、「高金利な銀行カードローンほど、審査に通りやすくなる」という法則が生まれるわけです。


このように、これら3つの銀行カードローンで申し込めば、最短即日融資は消費者金融に近いレベルくらいの条件で問題なくできます。(消費者金融に近いレベルといっても、もちろん審査が甘い・緩いというわけではありません)

というように、いざお金が必要となった時には、新しい銀行カードローンで最短即日融資することも簡単なので、「いざという時の備え」というのは、別に必要ありません。

なので、それを抜きにして、ここまで書いてきたメリット・デメリットを比較し、解約するか、契約維持するかを、決めていただけたらと思います。

まとめ「全額返済した後、銀行ローンを解約すべきか」

以上、銀行カードローンで全額返済した後、解約すべきか契約維持すべきかを書いてきました。要点を整理すると、下のようになります。

  • 実際に借りていなくても、借入枠が残っていると、その融資枠の分だけ借り入れしている、と判断される
  • そのため、その後の新規の借入審査で不利になる(ことがある)
  • 今後、新しいクレジットカードなどの審査を受ける予定の人は、全額返済をしたら解約した方がいい
  • しかし、遅延・延滞しなかった人の場合―。
  • その銀行での住宅ローンなどの審査で有利になる(こともある)ので、契約維持するメリットもある

何はともあれ、全額返済できたというのは、それ自体がめでたいことなので、この点は喜んでいいでしょう。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP