三菱東京UFJ銀行・バンクイックの金利(実質年率)は高い?低い?

三菱東京UFJ銀行・バンクイックの金利(実質年率)は高い?低い?

三菱東京UFJ銀行・バンクイックの金利は、実質年率で「1.8%~14.6%」。これについて詳しくまとめると、下のようになります。

  • 銀行カードローンの金利としては、平均的
  • 無利息期間はない
  • 400万円~500万円の時の適用金利では、銀行カードローンの中で特に安い

もっとも、言うまでもなく400万円~500万円というような高額キャッシングは、ほとんどの人はできないし、必要ないでしょう。

ということで、重要なのは上限金利、つまり「14.6%」の方ですが、これは銀行カードローンの中で平均レベルなので、三菱東京UFJ銀行カードローンは特に「低金利でも高金利でもない」ということです。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の金利は、標準的

三菱東京UFJ銀行・バンクイックの実質年率は、先に書いた通り、主要な銀行カードローンの中では、平均的な金利となっています。多くの人のキャッシングは「100万円未満」の借入金額なので、適用金利は「上限金利」になるのですが、その上限金利を大手の銀行カードローンの中で一覧にすると、下のようになります。

三井住友銀行カードローン 14.5%(実質年率)
楽天銀行スーパーローン(カードローン) 14.5%(実質年率)
静岡銀行カードローン「セレカ」 14.5%(実質年率)
横浜銀行カードローン 14.6%(実質年率)
東京スター銀行カードローン 14.6%(実質年率)

そして、先に書いた通り三菱東京UFJ銀行カードローンの上限金利は「14.6%」なので、これら5つの銀行カードローンと、ほぼ同じということです。

そして、これは具体的に、利息の金額にしたらどのくらいになるのか書きましょう。

バンクイックの1ヶ月当たりの利息は?

バンクイックの月々の利息は、大体の目安として1万円につき、1ヶ月120円となります。借入金額がもっと増えた場合でも、これを単純計算で掛け算すればいいので、借入金額ごとに下のような金利になります。

  • 1万円…120円
  • 3万円…360円
  • 5万円…600円
  • 7万円…840円
  • 10万円…1200円

10万円までの少額借り入れだと、このように利息も非常に小さくなります(これはバンクイックだけでなく、どの銀行カードローンでも同じですが)。

そして、さらに高額の借り入れをした場合は、キャッシング金額ごとに下のような利息になります。

  • 20万円…2400円
  • 30万円…3600円
  • 50万円…6000円
  • 80万円…9600円
  • 100万円…1万2000円

これを見て高いと思うか低いと思うかは、人それぞれでしょう。ただ、参考までに書いておくと「50万円を超えたら、三菱東京UFJ銀行カードローンでもかなり大変になる」と考えて下さい。

50万円を超えると、返済が大変になる

これは三菱東京UFJ銀行・バンクイックに限った話ではなく、どの消費者金融・銀行カードローンで借りても同じなのですが、50万円以上の借り入れをすると、返済がかなりきつくなるという一種のボーダーラインがあります。

「50万円以上からきつくなる」という根拠は下の通りです。

  • 「毎月1万円」払ったとしても、50万円だと、元金は「4000円」しか減らない
  • 一年間それを続けて、ようやく「4万8000円」元本が減るだけ
  • まだ元本が「45万2000円」ある
  • つまり、最初の2年程度は「ずっとこの状態が続く」

もう一度整理すると、下のようになります。

  • 最初の二年間は「毎月1万円」を払っても、元本がほとんど減らない(2年間でようやく40万円まで減る程度)

毎月1万円というのは、年間に換算すると「12万円」ですが、それを2年間なので「24万円」を払うということ。「24万円」払って、ようやく「10万円」の元本が減っただけなんですね。

まだそこから「40万円」を返済する必要があるので、さらにもう2年間、これに近い状態が続くということ。それでようやく「30万円」まで減るんですね。

ここまで来たらだいぶ楽になるのですが、ここに至るまでがいかに大変か、こうした返済シミュレーションをすると、非常によくわかるでしょう。

こう書くと「バンクイックで50万円借りると大変」というようですが、そうではなくどの消費者金融・銀行カードローンで借りても、50万円以上のキャッシングは危険ということです。この点は、ぜひ注意して下さい。

50万円以上から収入証明書が必要になる理由

三菱東京UFJ銀行・バンクイックでは100万円までの借り入れなら所得証明書は不要というルールですが、プロミス・アコム・アイフルなどの大手の消費者金融では、「50万円から」となっています。

これは、各消費者金融が個別に決めたものではなく、貸金業法のルールで決まっていることなんですね。貸金業法では―。

  • その借入先での借入金額が50万円を超えるか
  • 他社も含めた借入総額が100万円を超えるか

このどちらかで、収入確認資料の確認を義務付ける…という規則になっているんですね。なので、モビット・アイフル・ノーローンなどの大手の消費者金融は、こうした金額から所得証明書の提出が必須になる…ということです。

そして、このルールを見ても50万円以上のキャッシングは返済が大変になるというのを、金融庁も認めていることがわかります。こうした根拠からも、「たとえ三菱東京UFJ銀行カードローンが低金利でも、50万円はキャッシングしない方がいい(できるだけ)」と言えるのです。

50万円以下なら、まったく問題なし

「まったく」と言うと言い過ぎかも知れませんが、50万円以下の少額借り入れだったら、バンクイックでもどこでも、基本的に問題はありません。

それぞれの金額での1ヶ月当たりの利息は、先に一覧にした通りです。「大した金額じゃないな」と思った人が多いでしょう。むしろ「これだけ?」と拍子抜けしたくらいではないでしょうか。

実際、30万円までの借り入れだったら、返済できない方がおかしいというくらい、完済するのは簡単なのです。ただ―。

  • 多くの人はここで油断する
  • 追加でもっと借りてしまう
  • 50万円借りたあたりからきつくなり、「返済のための借金」をするようになり、それで「雪だるま式」にキャッシングしていく

このような流れになるわけですね。(コピペしたかのように、よくあるパターンです)

なので、50万円以下の少額融資だったら、何も問題ないのです。そこで調子に乗って、どんどん借入金額を増やすということに、問題があるわけですね。

ということで、そうした借り方をしない限りは、バンクイックで借りようが、他の銀行カードローン・消費者金融で借りようが、返済不能に陥るということは、めったにないのです。なので、少額借り入れをする方は、バンクイックでもどこでも安心して借りて下さい。

三菱東京UFJ銀行・バンクイックは、下限金利が特に低い

下限金利というのは「安い方の金利」です。これは最高限度額まで借り入れした時に、適用されやすい金利です。「されやすい」というのは「実際に適用されるかどうかは、その人の総合的な信用度によるからです。

そして、そのように「最高借入金額と、関係ある金利」なので、比較する時は、最高融資枠とセットで比較する必要があるわけですね。

そして、そうした「最高限度額」と合わせて比較すると、「400万円~500万円」あたりでは、三菱東京UFJ銀行・バンクイックの適用金利が、一番安くなる可能性が高いのです。

それは「バンクイックと下限金利が同じか近い」銀行カードローンを「最高融資枠とセット」で見てみるとわかります。まず、三菱東京UFJ銀行カードローンと下限金利が似ている銀行を、一覧にしてみましょう。

バンクイックと下限金利が近い銀行カードローン

まず、下限金利が三菱東京UFJ銀行カードローンに近いレベルである銀行カードローンを、一覧にすると下のようになります。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」 1.8%(実質年率)
三井住友銀行カードローン 4.0%(実質年率)
楽天銀行スーパーローン(カードローン) 1.9%(実質年率)

そして、それぞれの「最高借入枠」を一覧にすると下の通りです。

  • 三菱東京UFJ銀行…500万円
  • 三井住友銀行…800万円
  • 楽天銀行…800万円」j

となっているわけですね。

  • 三菱東京UFJ銀行…「500万円」借りて「4.6%」
  • 三井住友銀行…「800万円」借りて「4.0%」
  • 楽天銀行…「800万円」借りて「1.9%」

まず、楽天銀行スーパーローン(カードローン)は、ここでは勝負にならないというのがわかるでしょう。もちろん、これは「楽天銀行は高金利」ということではなく、あくまで「400万円~500万円」レベルの高額借入の場合です。

そして、三井住友銀行カードローンは少々微妙ですが、もう一度並べると下の通りです。

  • 三菱東京UFJ銀行…500万円、4.6%(実質年率)
  • 三井住友銀行…800万円、4.0%(実質年率)

このようなことで、おそらく、400万円~500万円では三菱東京UFJ銀行カードローンの方が低金利になると考えていいでしょう。これは絶対そうなるというわけではないのですが、それでも客観的に考えて、この数字なら「誰が見ても、そうなりやすい」と思うはずです。

というわけで、繰り返しますが―。

  • 最終的な適用金利は、その人の状況・条件によるものの、単純に実質年率と限度額の関係だけを見ると、400万円~500万円の適用金利では、三菱東京UFJ銀行カードローンはかなり安くなる

実際、三井住友銀行カードローンより低金利にならなかったとしても「楽天銀行スーパーローン(カードローン)に大差をつけている」以上主要な銀行カードローンの中でも、下限金利が安い部類ということは、間違いなく言えます。

しかし、下限金利はあまり関係ない

ただ、少々水を差すようなことをいうと下限金利は、ほとんどの人のキャッシングには無関係なのです。これは少しでもキャッシングの知識がある人なら、よく知っているでしょう。

下限金利とは、先に書いた通り「最高限度額近くまで借りた時の金利」です。ということは、三菱東京UFJ銀行カードローンの場合、500万円借りないといけないということなんですね。

当然ですが、これだけの高額融資を受けられる人はいません。「年収の3分の1まで」という総量規制のルール(銀行は関係ないけど)に従うと、「年収1500万円」が必要なのです。これだけの高額所得者の人が、いくら銀行カードローンとはいえ、キャッシングに手を出すことは少ないでしょう。

そして、これは「500万円」まで借りない場合も同じです。200万円や300万円でも、それぞれ大体の目安として、下のような年収が必要なのです。

  • 200万円…年収600万円
  • 300万円…年収900万円
  • 400万円…年収1200万円

「200万円」はギリギリなんとかなるかも知れませんが、300万円以上の借り入れは絶望的…ということがわかるでしょう。(もちろん、これらの年収は大したことないと感じる人もいるでしょうが、そうした人にキャッシングは必要ないはずです)

そして、200万円の段階では適用される金利は、下限金利より上限金利に近くなるので、「下限金利はほとんど関係ない」わけですね。しかも―。

  • 「200万円」も、実際にはほとんど借りられない
  • ほとんどの人は「100万円」が限界
  • なので、上限金利しか関係ない

これが実際の所なのです。こうした理由から、バンクイックでも他の借入先でも上限金利以外の金利は関係ないと言えるわけですね。

下限金利は何のためにあるのか?

補足としての知識ですが、では、消費者金融でも銀行カードローンでも、下限金利は何のために書いているのか。これは、下の通りです。

  • 一応、たまに高額借入する人がいるため
  • 一部「下限金利の安さで宣伝する」という目的のため

こうした理由が考えられます。後者については推測ですし、もちろん、三菱東京UFJ銀行・バンクイックは違います。中には「そういう目的で、下限金利を低くしてるんじゃないかな」と思える銀行カードローンもあるのですが、私の勘違いかも知れません。

また、仮にそうだとしてもほとんどの人には関係ない以上、実害はないので、別に問題ないでしょう。

ということで、下限金利が存在する理由は上の2通り(片方は推測)ですが、一応こうした意味はあるのです。

三菱東京UFJ銀行カードローンに無利息期間はある?

無利息期間というのは、「初回30日間無利息」「何度でも1週間無利息」というような「一定期間、利息をゼロにする」というサービスのこと。これは残念ながら、三菱東京UFJ銀行・バンクイックでは用意されていません。

ということで、無利子期間でお金を借りたいという人がいれば、バンクイック以外の銀行カードローンや消費者金融で借りる…という選択肢になります。その場合、どこで借りるべきか、無利息期間を提供している消費者金融・銀行カードローンを一覧にしましょう。

無利息期間がある消費者金融・銀行カードローン

無利息期間がある銀行カードローンと消費者金融を一覧にすると、下のようになります。

  • プロミス…初回30日間無利息
  • アコム…初回30日間無利息
  • アイフル…初回30日間無利息
  • 新生銀行カードローン レイク…5万円まで180日間無利息、初回30日間無利息
  • ノーローン…何度でも1週間無利息
  • しずぎんカードローン…最大45日利息キャッシュバック

大手の消費者金融では、モビット以外は、何らかの無利息期間があるということですね。(ノーローンだけ、初回30日間無利息ではなく「何度でも1週間無利息」というものですが)

こうして無利息期間だけで比較すると、一番有利なのは、やはり新生銀行カードローン レイクでしょう。ここでは、レイクの無利息期間について、詳しくまとめていきます。

新生銀行カードローン レイクの無利息期間

新生銀行カードローン レイクの無利息期間を、もう一度一覧にすると下の通りです。

  • 初回30日間無利息
  • 5万円まで180日間無利息

このような2種類になっています。つまり、高額借入の時も、1ヶ月利息ゼロになるし、少額だったら半年間、無利息になるということです。

なので、極端な話―。

  • 1ヶ月目でほとんど返済して、残り「5万円」だけになったら、「そこから5ヶ月間」利息ゼロ
  • そして、5ヶ月でその5万円も返済したら、最初から最後まで利息ゼロ

もっとも5万円まで減らしたら、全額返済はすぐにできるので、無理に5ヶ月間も借りている必要はないでしょうが…。

何はともあれ、これだけの長期間、新生銀行カードローン レイクは無利息で借りることができる、ということですね。このように、無利息期間であれば、新生銀行カードローン レイクは、すべての消費者金融・銀行カードローンの中で最強と言っていいでしょう。

ノーローンの「何度でも1週間無利息」も便利

三菱東京UFJ銀行・バンクイック以外の話が続いていますが、ノーローンの無利息期間である「何度でも1週間無利息」というシステムも、非常に便利です。これは他の無利息期間と違い、初回でなくても適用されるというのがメリット。たとえば、例を出すと下の通りです。

  • 自営業で、一時的に事業資金が必要になることが多い
  • サラリーマン・OLで、給料日前に毎月苦しくなる

このようなケースで、このノーローンの無利息期間は役立ちます。こういうケースでは、特に「給料日前」の場合、1週間あれば返済できるということが多いでしょう。そういう時に使える無利息サービスはノーローンだけなので、この点でノーローンは他の大手の銀行カードローン・消費者金融にはない個性を持っている…と言えます。

ただ、当たり前と言えば当たり前ですが、そもそも、それだけ頻繁にお金が足りなくなること自体がまずいというのは、確かです。なので、ノーローンの「何度でも1週間無利息」も確かに便利ですが―。

  • これに頼りきりになるのではなく、自分の収支のバランスを、根本的に見直す

このようなことも、同時に必要です。当然のことではありますが、こうしたことも、キャッシングを利用しながら並行して考えていってください。(自分の人生なので)

アイフルは最近、無利息期間を導入

アイフルの「30日間無利息」というのを見て、驚いた人もいるかも知れません。というのは、アイフルはもともと、無利息期間を持っていなかったからです。2015年終盤から導入が始まり、2016年から本格スタートしたんですね。

この「無利息期間がない」というのは、アコム・プロミス・ノーローンと比較した時乃、アイフルの弱点だったのですが、これが無事に解消された…という形になります。

なので、これまでアイフルでのキャッシングに興味を持っていたけど「無利息サービスがないから、他の消費者金融で」と思っていた人の場合、今後はアイフルでお金を借りることもおすすめと言えるでしょう。

しずぎんカードローンの「利息キャッシュバック」について

先に書いた大手の消費者金融・銀行カードローンの無利息期間の中で、少々変わっているのは、静岡銀行のもの。最大45日利息キャッシュバックというものですが、このシステムは少々複雑なので、説明します。箇条書きすると下のようになります。

  • 「借りた日」から、「最初の返済日」までの日数が、「15日以上」だったら、その日までが無利息
  • しかし「14日以下」だったら、「二度目の返済日まで」無利息になる
  • つまり「最初の14日」と、次の1ヶ月の「31日」で、「合計45日」が、無利息になる

さらに補足すると―。

  • 2ヶ月目が「30日」の場合も当然ある
  • その時は「44日」になる
  • また、2ヶ月目が「2月」だったら「28日」までしかないので、最長でも「42日」になる

このように少々計算が複雑ではありますが、ベストのタイミングで借りれば、他の消費者金融・銀行カードローンの「初回30日間無利息」よりも15日間有利という点は、見逃せません。

無利息期間が「15日長い」ということは、初回30日間無利息と比較して「1.5倍」ということです。これはかなりの「出血大サービス」(古い)と言えるでしょう。

総合的に一番低金利なのは楽天銀行スーパーローン(カードローン)?

これらの無利息サービスも合わせて、総合的に低金利な消費者金融・銀行カードローンを考えると、ベストの候補は、楽天銀行スーパーローン(カードローン)となります。理由は下の通りです。

  • もともとの金利が安い
  • ↑(プロミス・アコム・アイフル・ノーローンより、当然低金利)
  • ↑(新生銀行カードローン レイクも、金利は消費者金融と同じなので、楽天銀行の方が低金利)

これで残るライバルは「しずぎんカードローン」だけになるわけですね。そして、両者を比較すると、下のようになります。

楽天銀行スーパーローン(カードローン) 1.9%~14.5%(実質年率)
静岡銀行カードローン「セレカ」 4.0%~14.5%(実質年率)

こういうことで、上限金利はまったく同じです。そして「下限金利はほとんど関係ない」というのは、先に書いた通りです。

つまり「通常金利はほぼ同じ」ということですね。あとは「無利息期間の比較」になるのですが、下のように言えます。

  • 「最大の日数」だったら、静岡銀行が上
  • しかし、静岡銀行はタイミングによっては「15日」になる
  • 一方、楽天銀行スーパーローン(カードローン)は「必ず30日」

こういうことで、結論は申し込むタイミングによるわけですが―。

  • あれこれ複雑なことを考えなくていい
  • 借りたい時に借りて、必ず30日間無利息になる

このような2つの理由から、総合的に、楽天銀行スーパーローン(カードローン)の方が上と言えるでしょう。ただ、もし「偶然、借りたい時にしずぎんカードローンでベストのタイミングになった」ということであれば、その場合はしずぎんカードローンの方が有利です。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の金利・まとめ

以上、三菱東京UFJ銀行・バンクイックの金利について、実質年率・無利息期間・他の銀行カードローン・消費者金融との比較など、ありとあらゆるポイントからまとめてきました。最後に整理すると、下のようになります。

  • バンクイックの実質年率(金利)は「1.8%~14.6%」
  • 上限金利は「銀行の平均」である
  • 100万円以下のキャッシングでは、この上限金利が適用される
  • なので、ほとんどの人にとって「銀行カードローンの平均レベル」
  • 400万円から500万円の借り入れでは、銀行カードローンの中で特に安い
  • ただ、ほとんどの人はそれだけ借りられないので、関係ない
  • 30日間無利息などの無利息期間はない
  • 1ヶ月の利息は「1万円あたり120円」

つまり金利については普通なのですが、「即日借入のしやすさで、特に有利な銀行カードローン」なので、急ぎでお金を借りたいという人には、銀行カードローンの中ではバンクイックをおすすめします。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP