三菱東京UFJ銀行・バンクイックは土曜日・日曜日でも最短即日審査・融資が可能?

三菱東京UFJ銀行・バンクイックは土曜日・日曜日でも最短即日審査・融資が可能?

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、土曜日・日曜日・祝日でも最短即日借入可能です。最初に重要なポイントをまとめると、下のようになります。

  • 土曜日は「18時まで」最短即日審査している
  • 日曜日と祝日は「17時まで」最短即日審査
  • これよりギリギリでも「1時間前」には申し込むべき
  • 三菱東京UFJ銀行の口座は必要ない

以下、詳しくまとめていきます。

バンクイックは土曜日・日曜日・祝日でも夕方~夜間まで最短即日審査

土曜日・日曜日・祝日は最短即日審査・最短即日キャッシングができない銀行カードローンが多いのですが、この点、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は有利。土曜日・日曜日・祝日でも、上に書いたような時間で、最短即日審査をしています。

そして、これらの締切時間はあくまでその日中に「受付」をしてもらえるだけであり、その日中に結果が出るとは限りません。(これはバンクイックだけでなく、どの銀行カードローン・消費者金融でも同じです)

なので、確実にその日中にお金を借りたいという場合、これらの締切時間の1時間前には申し込む、というスケジュールで動くようにしておきましょう。これもやはり、三菱東京UFJ銀行カードローンだけでなく、どの借入先でお金を借りる時でも同じですが、早め早めの行動が大事です。

バンクイックの審査にかかる時間は?

バンクイックの審査の所要時間は「最短30分」となっています。これは、アイフル・モビットなどの大手の消費者金融と同じ時間で銀行カードローンとしては異例の早さといえます。

他の銀行カードローンで、バンクイックと同様に最短30分で最短即日審査できるのは―。

  • 三井住友銀行カードローン
  • 新生銀行カードローン レイク
  • 静岡銀行カードローン「セレカ」

ただ、この中で「しずぎんカードローン」は土曜日・日曜日・祝日は最短即日キャッシングができないというデメリットがあるので、この点、三菱東京UFJ銀行・バンクイックも含めて、三井住友銀行・新生銀行カードローン レイクと合わせた「3つの銀行カードローン」が、一番土曜日・日曜日の借り入れ…と言っていいでしょう。

実際の融資までは、1時間ほどかかる

これは「最短30分」と審査の所要時間が明記されている大手の消費者金融・銀行カードローン、すべてに共通することですが、バンクイックの実際の融資時間も、1時間程度はかかる場合が多いです。

つまり、審査自体は確かに「最短30分」で終わるのですが、これはあくまで「審査作業が終わる」だけであり、土曜日・日曜日・祝日の融資に必要な、すべての手続きを入れると1時間程度はかかる…ということが多いわけですね。

なので、土曜日・日曜日・祝日にバンクイックで最短即日借入をしたいという人は、こうした「実際の融資までの時間」も計算して、申し込むようにして下さい(土曜日・日曜日・祝日だなく平日でも、というよりバンクイック以外でも共通することですが)

最短30分で審査完了するとは限らない

これも土曜日・日曜日・祝日の最短即日審査に限らず、平日でも、そして、バンクイックではない他の銀行カードローン・消費者金融でも言えることですが、最短30分と書かれていても、必ずしも30分で審査完了するとは限らないという点に注意してください。

これは別に「バンクイックが、誇大広告をしている」ということではありません、当然ですが。例えばモバイルWi-Fiの速度でも「最大○○Mbps」というようなデータを出していますが、「常にそのスピードで利用できる」というわけではありません。

どうように、「最高」とか「最短」というのはあくまで一番いい状態の時であり、そうでない時も多いわけですね。

貸し倒れにならないよう、多重債務者を出さないように融資と審査をしていったら、どうしてもそうなるわけです(ある程度、審査が厳しくなるし、審査時間も長くなるわけです)。

そのため、「最短30分と書かれていたのに、50分も待たされた!」などと怒らないようにしましょう。三菱東京UFJ銀行・バンクイックのように、低金利で提供されている銀行カードローンの場合、それなりに時間をかけて、しっかり審査する必要があるのです。

ただ、そうは書いたものの実際に30分で終わることは多いので、急ぎでお金が必要な方々でも安心して大丈夫です。少なくとも、「他の銀行カードローンで最短即日融資するよりは、だいぶ申し込みやすい」というのは確かでしょう。

(これも当然、三菱東京UFJ銀行・バンクイックの審査が甘いと言うわけではなく、大手の銀行カードローンの中でも最大手なので、それだけ審査スピードを早くできる態勢が整っている…ということです)

土曜日・日曜日・祝日は、三菱東京UFJ銀行のローンカードの発行が必要

三菱東京UFJ銀行・バンクイックで、土曜日・日曜日・祝日などの休日に最短即日融資を受ける場合、基本的にテレビ窓口というローン契約機で、ローンカードを発行する必要があります。

ローンカードというのは、普通の銀行の預貯金でいう「キャッシュカード」と同じようなもの。これをコンビニの提携ATM・提携銀行の提携ATMに挿入して、借入・返済等の操作をします。

そして、なんで土曜日・日曜日・祝日に最短即日融資する場合、このローンカードを発行しなければいけないのか、ということを説明します。

なぜ土曜日・日曜日・祝日の融資だとローンカードの発行が必要なのか?

バンクイックの土曜日・日曜日のキャッシングで、ローンカードの発行が必要になる理由。これは土曜日・日曜日・祝日は銀行が営業していないので、振り込みで借りることができないということ。振り込みで借り入れできないということは、下のように言えます。

  • 来店して直接
  • コンビニなどの提携ATMから

このような2通りの方法になります。しかし土曜日・日曜日・祝日は銀行の店舗も閉まっているので、当然「来店」はできないわけですね。となると「コンビニなどの提携ATMから現金で直接借りる」という方法になるわけです。

そして、そうして「提携ATMを操作する」ためには、ローンカードが必要…という理由なんですね。

なぜ「自動契約機」で発行する必要があるのか?

三菱東京UFJ銀行・バンクイックの自動契約機は「テレビ窓口」といいますが、なぜここで発行する必要があるのか。理由をまとめると、下のようになります。

  • ローンカードを発行する方法は、「銀行の店舗で直接」か、「郵送」か、「ローン契約機」のどれか

そして、先ほどと同じく土曜日・日曜日・祝日なので、銀行の支店は閉まっているわけですね。そして、さらに「最短即日キャッシング」を希望するので、当然「郵送で受け取る」という選択肢も使えません。

なので、消去法で「ローン契約機・自動契約機」だけが残るわけです。この理由は他の大手の消費者金融・銀行カードローンでも同じで―。

  • 無人契約機・自動契約機を持っている借入先は、土曜日・日曜日・祝日の最短即日キャッシングの場合―。
  • 大抵、自動契約機でのローンカードの発行が必要

このようなルールになっています。なので、もしかしたら「カード発行が面倒」と感じる人もいるかも知れませんが、これは三菱東京UFJ銀行・バンクイック以外の銀行カードローン・消費者金融で申し込んでも、土曜日・日曜日・祝日の融資では必要になることなので、耐えて下さい(耐えてくれというのも大げさですが)。

ローンカードの発行は、テレビ窓口での審査が必要?

これは必要ありません。あくまでカード発行を、テレビ窓口でするだけでOKなのです。なので、下のようになります。

  • 審査は自宅や出先で「ネット申込み」でする
  • 審査結果が出る
  • 審査に通ってから、ローンカードの発行だけテレビ窓口でする

このような流れでいいわけですね。個人的に、この流れをおすすめします。つまりテレビ窓口で、審査まで受けるのはおすすめしないということです。その理由を説明します。

テレビ窓口での土曜日・日曜日の審査がおすすめできない理由

なぜ、バンクイックの最短即日キャッシングの審査を、テレビ窓口でするのはおすすめできないのか。理由を箇条書きすると下のようになります。

  • テレビ窓口は、誰かに遭遇する可能性がある
  • テレビ電話の向うのオペレーターさんに、自分の顔を見られる
  • ↑(めったにないが、知り合いの可能性もある)
  • 誰か先客がいたら、急ぎでお金が必要な時に借りられなくなる
  • 身分確認資料などの必要書類を忘れたら、審査できない
  • ↑(審査できないだけでなく、再審査でも不利になる)

特に補足が必要なのは身分証明書を忘れたら、審査で不利になるという点でしょう。この理由を説明します。

なぜ、本人確認資料を忘れると不利になるのか

まず、運転免許証・パスポートなどの本人確認資料がなければ、キャッシング審査を受けられない…というのはいいでしょう。そして、それだけ重要なものだとわかっていながら忘れる…ということは、下のように言えます。

  • 相当「抜けている」人である
  • あるいは、「相当焦っている」
  • あるいは「バンクイックをなめている」

このような3通りのいずれかになるわけですね。そして、どれにしても―。

  • 抜けている…しっかり返済できるのか心配
  • 焦っている…金銭的に相当ヤバい状況かも知れない
  • なめている…問題外

どの場合でも融資する相手として、不的確となるわけですね。もちろん、これは借入先が三菱東京UFJ銀行・バンクイックであろうと、その他の銀行カードローン・消費者金融であろうと、同じことです。

こうした理由で、無人契約機・自動契約機で最短即日審査を受ける時「身分証明書を忘れる」というのは、時間をロスする以上のデメリットがあるわけです。そして、ローン契約機まで出かけて審査を受ける以上、こういうミスはあり得るので、やはりできるだけ避けた方がいいわけですね。(少なくとも、自宅だったらこのミスは絶対にないわけですから)

テレビ窓口は、審査情報の記入が面倒

もう一つテレビ窓口(ローン契約機)での土曜日・日曜日の審査がおすすめできない理由―。これは審査情報を、すべて申込書に手書きで記入するのが面倒ということです。ポイントをまとめると、下のようになります。

  • ローン契約機での審査は、「簡単な審査項目」だけ、タッチパネルで入力し、「詳しい審査情報」は、申込書に手書きする
  • ↑(それをスキャンして、送信する)

このようなやり方で審査するわけです。そして、この審査情報をすべて手書きするというのが、かなり面倒なんですね。面倒といっても、もちろん三菱東京UFJ銀行・バンクイックなどの業者・銀行の側は、「できるだけ簡単に最短即日借入できるように」工夫してくれています。

しかし、やはりお金を融資するという重要なタスクですから「しっかり審査する」必要があるわけですね。そうして最低限必要な審査項目を書いてもらうようにすると、さすがに、全部手書きだと少し大変な量になるのです。

なので、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」だけではなく、どの銀行カードローン・消費者金融で申し込む場合でも、すべての審査を、自動契約機やローン契約機だけでやる、というのは大変なのです。「別にそのくらい楽だから良いよ」という人もいるかも知れませんが、「ネット申込みの方がもっと楽」なのは確かです。

ローン契約機・テレビ窓口の審査は、誰におすすめか?

そのように「ネット審査の方が断然いい」なら、テレビ窓口や自動契約機での審査は、一体どういう人のためにあるのか―。これは、基本的にネットを使えない(携帯電話含む)人のため、と思ってください。つまり、簡単に言うと「高齢者の方」ですね。

若い人でも、たとえば一人暮らしのフリーターの方など「パソコンは持っていない」ということもあるでしょう。しかし、そうした方でも「スマホかガラケー(携帯電話)」は持っているはずです。そして、こうしたモバイル端末だけでもあれば、バンクイックやその他のキャッシングのネット審査は、問題なく受けられるようになっているんですね。

なので、自動契約機・無人契約機でないと最短即日審査を受けられないというのは、携帯電話などのモバイル端末すら持っていないという人だけなのです。つまり、若い人でこれは、基本的にあり得ないわけですね。高齢者の人でも、最近はほとんどいないと思いますが、そうした「モバイル端末・ネット環境を一切持っていない」という人に限り、ローン契約機がおすすめ、ということです。

(バンクイックでも、その他の銀行カードローン・消費者金融でも)

三菱東京UFJ銀行・バンクイックの土曜日・日曜日の融資は、在籍確認が鍵

これも三菱東京UFJ銀行・バンクイックだけでなく、ありとあらゆる借入先の審査で共通することですが、土曜日・日曜日の借り入れをしたいと思う場合、勤務先への在籍確認が障害になるということがしばしばあります。というのは「職場が、土曜日・日曜日・祝日は閉まっている」ということがよくあるからです。

「いや、うちの職場は土曜日・日曜日・祝日でも営業しているから」という人だったら、もちろん問題ありません。しかし、特に区役所・市役所などに勤めている方など土曜日・日曜日・祝日は勤務先が開いていないとうことも、しばしばあるでしょう。

そういう場合、本当にその職場に勤務している人であっても「在籍確認がとれなかった」というだけの理由で、土曜日・日曜日のキャッシングの審査に落ちてしまう…ということがたまにあるわけです(たまにと言うか、結構あります)。

なので、土曜日・日曜日・祝日の融資の審査では「会社への在籍確認が鍵」になるわけですね。そして、この点三菱東京UFJ銀行・バンクイックはどうなのか。

バンクイックでは、在籍確認が省略されることも

この点、三菱東京UFJ銀行・バンクイックはよく心得ています(心得ているというと偉そうですが、しっかり配慮してくれています)。

バンクイックの在籍確認は、その申込者の状況・条件によって消費者金融でなしで借りられることもあるんですね。簡単にまとめると、下のようになります。

  • クレジットスコアが高く、在籍確認できない、やむを得ない事情がある

このような人に限って在籍確認の電話を省略して、そのまま最短即日融資するということが、ごく稀ではありますが、あるんですね。

では、具体的にどういう人だったら、このようにしてもらえるのか、それぞれのケースを説明します。

クレジットスコアが高い人の条件

クレジットスコアというのは、簡単に言うと「信用度」のこと。年収・職業・勤続年数などの、キャッシング審査の諸条件をすべて点数化し、そのスコアが高い人に融資する…というものです。

この手法を「スコアリング」といい、プロミスなどを中心に、大手の消費者金融・銀行カードローンが長い時間を書けて開発してきた手法なのですが、何はともあれ、このクレジットスコアが高い人であれば、バンクイックの土曜日・日曜日の審査でも「在籍確認が省略される」ことが多くなります。

そして、どういう人がクレジットスコアが高くなるのかは、多くの人の想像通りです。一般的な―。

  • 年収が高い
  • 勤続年数が長い
  • 勤務先が信用できる(安定している)
  • 他社借入がないか、少ない
  • これまでに返済事故を起こしていない

このようなものです。その他、自宅情報なども―。

  • 持ち家か、借り家か
  • 家族名義か、自分名義か
  • アパート・マンションか、一軒家か
  • ローンや家賃の支払いはいくらか
  • 居住年数は何年か
  • 同居家族の人数は何人か

このような細部にわたって審査されます。これらのありとあらゆる審査項目を齟齬して、そのクレジットスコアが高い人の場合は、職場への電話連絡なしでキャッシングできる…という確率が高くなるわけです(絶対ではありませんが、確率は高くなります)。

「やむを得ない事情」とは?

もう一つ、バンクイックで職場への電話連絡なしで借りられる(ことがあるとしたら)、その条件は在籍確認の回避をしなければいけない、やむを得ない事情があるというもの。これは、バンクイック以外で在籍確認を回避する時でも、やはり同じです。

そして、やむを得ない事情とはどのようなケースかというと、下の通りです。

  • 土曜日・日曜日・祝日・夜間なので、会社が閉まっている
  • 外部からの私用電話は、受け付けないルールになっている
  • 職業のジャンル的に、少しでも職場バレのリスクがあるとまずい

このようなもの。上の2つについては、特に説明する必要はないでしょう。ここでは、三つ目について説明します。

職場バレするとやばい職業とは?

キャッシングでお金を借りていることが、勤務先にバレると困るという職業。これは簡単に一覧にすると下の通りです。

  • 個人信用情報機関の社員
  • 消費者金融の従業員
  • 銀行員
  • 信用金庫・労働金庫の職員
  • その他、金融系の会社の社員
  • 警察官
  • 弁護士事務所などの従業員

要するに、下のように言えます。

  • 「お金を扱う」職業
  • 「お堅い」職業

これらののいずれかですね。「警察は別にいいんじゃない?」と思う人もいるかも知れませんが、実は警察も、職場にキャッシングがバレるとかなりまずいのです。

『ナニワ金融道』『闇金ウシジマくん』の描写

借金を扱った漫画のヒット作といったら―。

  • 『ナニワ金融道』
  • 『闇金ウシジマくん』

の2作品が、特に有名でしょう。そして、どちらも職場に、お金を借りていることがバレたくない警察官が登場します。

たとえば『ナニワ金融道』の方では、マルチ商法に手を出している「浴田」という警察官が、主人公の灰原から、「もし返済しないで逃げたら、職場にばれてとんでもないことになりますよ」というような脅しを、たまに受けています。(これは別に灰原が悪いわけではなく、金銭的にルーズな浴田が悪いのです)

そして、『闇金ウシジマくん』の方では警察官だけではなく銀行員も、職場にキャッシングがバレるとまずいという理由で、主人公のウシジマの事務所「カウカウファイナンス」からお金を借りています。(トゴ=10日で5割という、圧倒的な暴利で)

わざわざトゴのヤミ金から借りるという点を見ても、これらの職業の方々が、職場にキャッシングがバレるといかにまずいか、ということがわかるでしょう。三菱東京UFJ銀行・バンクイックなどの融資する側も、それはよく知っているので、こうした職業・属性の人に対しては、「やむを得ない事情がある」と判断してくれる(ことがある)わけですね。

ということで、職業・属性についての説明がやや詳しくなりましたが、こうした条件の申込者の方々であれば在籍確認を省略する確かな理由があるので、「職場への電話連絡なしでキャッシングできる」こともあるわけです。(あくまで可能性にすぎませんが)

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の土曜日・日曜日・祝日の融資の必要書類は?

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」で土曜日・日曜日のキャッシングを受ける時、提出する必要書類は何か?これは本人確認資料(身分証明書)だけでOKです。

  • パスポート
  • 運転免許証
  • 各種健康保険証
  • 印鑑証明書
  • 個人番号カード
  • 住基カード
  • 在留カード

などを提出すればOK、ということですね。(住基カードは、2016年からはもう廃止されていますが、一応「このレベルの身分確認資料を用意すればいいという参考として書きます)。

そして、これらのどれかを提出するのですが、基本的にはパスポート・運転免許証・保険証のどれかになります。そして、その中でも一番信用度高いのは「運転免許証」なので、迷ったらとりあえず運転免許証を提出しておいてください。

運転免許証が一番信用度が高い理由

身分確認資料として、運転免許証が一番信用される…というのは、未バンクイックだけでなく、どの銀行カードローン・消費者金融で申し込む場合でも同じです。そして、その理由は下の通りです。

  • 顔写真がついている
  • 持ち歩く割合が、一番高い
  • よく持ち歩くということは、紛失した時に気づきやすい
  • つまり「誰かのなりすまし」ということが少ない

「顔写真がある」というだけだったら、パスポートや個人番号カードでもいいのですが、これらの身分証明書は、盗まれても気づかないので、なりすましのリスクがあるということですね。実際、自分のパスポートや個人番号カード(以前なら住基カード)を、最後に確認したのがいつか、覚えている人は少ないでしょう。

ということで、運転免許証が一番信用できるし、実際に持っている人が多いわけです。なので、三菱東京UFJ銀行・バンクイックの土曜日・日曜日の審査でも、提出する身分確認資料で迷ったら、ひとまず運転免許証を出す…と考えておいて下さい。

(余談ですが、モビットなどの審査では、審査項目に「運転免許証の有無」があるくらい、運転免許証はキャッシング審査で重要となる書類です)

収入確認資料は提出しなくてもいい?

土曜日・日曜日・祝日の最短即日融資でも、平日のキャッシングでも、バンクイックの審査で「収入証明書を提出する」必要はありません。正確に言うと融資希望金額が100万円をオーバーする場合は必要になるのですが、下のように言えます。

  • それだけ借りたい人が、めったにいない
  • 借りたいとしても、借りられる人は少ない

このようなことで、多くの人には関係ないわけですね。実際、ほとんどの人は「10万円~30万円」キャッシングできれば十分、という状態でしょう。

(ちなみに、キャッシングで一番ニーズが多い金額は3万円・5万円・10万円です)

なので、多くの人が希望するキャッシング金額だったら、三菱東京UFJ銀行・バンクイックの審査で、年収確認資料を提出する必要はないということ。なので、運転免許証・パスポートなどの本人確認資料だけ提出すればいいんですね。

会社経営者・自営業の場合は、収入証明書が必須

しかし、申込者が個人事業主・自営業・法人代表者などの、いわゆる独立系の職業の方々の場合、バンクイックでの借入金額が100万円以下であっても、収入確認資料の提出が必須となっています。

これはもちろん、土曜日・日曜日・祝日だけではなく平日でも同じ。そして、バンクイックだけではなく、どの銀行カードローン・消費者金融でも共通のルールとなっています。

ただ、これも特に難しい条件ではありません。要は収入証明書さえ提出すれば、それで融資しますよと言ってくれているわけですから、決して融資不可とか借入不可ということではないのです。

その収入さえしっかりあれば、むしり三菱東京UFJ銀行カードローンの側も安心して融資してくれるでしょう。普通の人だったら、収入証明書を確認せずに融資する分、不確定要素がありますが、この場合は、その不確定要素が消えているわけですからね。

個人事業主・自営業で、収入確認資料を出せないわけがない

私も自営業(フリーランス)なので、その立場から言わせていただくと、個人事業主・自営業の方々が、所得確認資料を提出できないということはあり得ません。理由は下の通りです。

  • まじめにビジネスをしていたら、一定の収入はある
  • 一定の収入があったら、最低限の節税が必要になる
  • そのためには、確定申告をしないといけない
  • だから、確定申告書だけは、必ずある

そして、仮に、その確定申告書に書かれている個人所得の金額が少なかったとしても―。

  • 本当に稼いでいる人だったら、事業経費をかなり使ったとしても、年収200万円などの最低限の個人所得はある
  • それすらないのは「脱税」をしているか、単純に「全然稼げていない」可能性が高い
  • どちらにしても、銀行からしたら融資には値しない

「脱税」の方は、儲けているのでいいと思われるかも知れませんが、儲けていても、こういう違法なことをする人というのは、「かなりの確率で、その銀行カードローンのルールも破る」はずなので、銀行カードローンにしても消費者金融にしても、こういう人に融資はしないんですね。

(当然のことですが)

余談ですが、ショーペンハウアーという哲学者の言葉で、下のようなものがあります。

「自分のコミュニティのルールを平気で破るものは、罰則を受けないと知るや、国の法律も平気で破るようになるだろう」

「脱税している可能性がある個人事業主」という場合、このショーペンハウアーの名言の逆バージョンですが、何にしても「一ヶ所で違法なことをする人は、他でもする」ということなのです。

と、少々迂遠な話になりましたが、こうした理由からも自営業・個人事業主の方々が、収入確認資料を提出できないというのはおかしいと私は断言します。なので、提出できないにしても、提出した確定申告書などの収入が低いにしてもどちらにしても、今は借りるべきではなかったという天の声だと思った方がいいでしょう。

土曜日・日曜日・祝日の融資は、バンクイックより消費者金融の方がやりやすい

ここまでは三菱東京UFJ銀行・バンクイックの土曜日・日曜日・祝日の融資について書いてきましたが、もし本当に、休日にお金が必要で急いでいる時は、大手の消費者金融で借りるというのも一つの手です。

もともと、大手の消費者金融の方が最短即日キャッシングはしやすいのですが、土曜日・日曜日・祝日の最短即日借入のしやすさでは、断然銀行カードローンより上になっています。消費者金融の方が、土曜日・日曜日・祝日に最短即日融資を受けやすい理由は下の通りです。

  • 指定の銀行口座を持っている必要がない
  • 21時~22時まで最短即日審査している
  • 審査時間が、実際に30分で終わることが多い
  • 審査自体も通りやすい
  • プロミス・モビットなら「在籍確認の代替措置」もある

などです。以下三菱東京UFJ銀行・バンクイックよりも確実に土曜日・日曜日の借り入れができる所がいいという人のために、これらの消費者金融の土曜日・日曜日・祝日の融資のメリットも書いていきます。

指定の口座を持っている必要がない

これは三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の場合はあまり関係ないことですが、「指定の口座なしでも土曜日・日曜日の借り入れができる」というのは、消費者金融のメリットです。

実は、三菱東京UFJ銀行カードローン以外の銀行カードローンでは土曜日・日曜日・祝日の最短即日借入では、その銀行の口座が必要という条件のことが多いのです。たとえば、例を出すと下の通りです。

  • 楽天銀行スーパーローン(カードローン)
  • オリックス銀行カードローン

などの銀行カードローンが、その条件でやっています。楽天銀行スーパーローン(カードローン)・オリックス銀行カードローンは普段は口座なしで最短即日融資可能という条件なのですが、土曜日・日曜日・祝日のみ条件が変わるんですね。

*オリックス銀行カードローンは、カード発行後、最短即日融資(可能)

そして、土曜日・日曜日・祝日だけでなく、平日の最短即日借入でも口座が必要という条件の銀行カードローンは、一覧にすると下の通りです。

  • イオン銀行カードローンBIG
  • ソニー銀行カードローン
  • みずほ銀行カードローン
  • 横浜銀行カードローン

などとなっています。これらも含めると、実に大手銀行約10のうち、6つの銀行カードローンが、土曜日・日曜日・祝日の最短即日キャッシングで口座が必要という条件になっているんですね。

もちろん、口座を持っているという人であればいいのですが、そうでない人の場合、これらの銀行カードローンでは借り入れできないわけです。

なので、選択肢は自然と狭くなります。これに対して、大手の消費者金融はすべて、指定の口座なしで土曜日・日曜日・祝日の融資できるという条件ですから、断然こちらの方が申し込みやすく、わかりやすいんですね。

21時から22時まで最短即日審査している

大手の消費者金融の方が、バンクイックよりも土曜日・日曜日の借り入れをしやすいポイントとして最短即日審査の受付時間が長いという点も挙げられます。バンクイックの土曜日・日曜日・祝日の最短即日審査の受付時間は―。

  • 土曜日…18時(夜6時)まで
  • 日曜日・祝日…17時(午後5時)まで

このようになっています。そして、おすすめの土曜日・日曜日・祝日の最短即日審査の締切時間は、下のようになっています。

  • モビット・アイフル・ノーローン…21時まで
  • プロミス・アコム…22時まで

どちらのグループも「土曜日でも、日曜日・祝日でも変わりない」という条件です。

こうして締切時間を比較すると、大手の消費者金融の方が、断然長い時間、土曜日・日曜日の審査しているということがわかるでしょう。もちろん、受付時間が長ければ長いほど、最短即日借入のチャンスは増える…ということ。

なので、特に夜間ギリギリで申し込む人など、三菱東京UFJ銀行・バンクイックでも土曜日・日曜日の借り入れはできますが、プロミス・アイフル・アコムなどの大手の消費者金融の方が、より土曜日・日曜日のキャッシングがしやすい…といえます。

審査時間が、実際に最短30分で終わりやすい

これは先にも書きましたが、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」にしても、大手の消費者金融にしても―。

  • 最短30分とはいうもの、すべての人が30分で審査完了するわけではない

のです。なので、よりスピードキャッシングをしたいのであれば、実際に30分で審査が終了する借入先で申し込んだ方がいい…ということなんですね。その点でも、三菱東京UFJ銀行・バンクイックより大手の消費者金融の方が(金利が高い分、当たり前ですが)有利といえます。

実際に審査に通る割合が高い

もう一つ「30分で終わる」ということより重要なのがそもそも、キャッシング審査に通るということ。どれだけ土曜日・日曜日の審査に対応していても、どれだけ審査の所要時間が短くても、審査落ちしたら意味が無いからです。

そして、そうした「実際に審査に通る確率」…つまり「審査通過率」を比較すると、下のようになります。

  • 消費者金融…42%程度
  • バンクイック…30%程度

このようになっています。バンクイックの審査通過率については、大手の消費者金融と違って公表されていないので、正確な数値ではないのですが、大体このくらい違うと思ってください。アバウトですが「大手の消費者金融の方が、1.5倍くらい、審査に通りやすい」ということです。

クレジットスコアに自信がない人は、消費者金融で

この「実際に審査に通る」という部分は重要で、土曜日・日曜日のキャッシングだけではなく、平日の最短即日借入でも本当にお金が必要な方は、これを一番重視すべきといえます。

急ぎでお金が必要な時は、確かに「時間」も重要ですが、何より「借りられる」ことが一番大事。もし審査通過できなかったら―。

  • また新たな借入先を探して、申し込み手続きをもう一度ゼロからして、また審査結果を待ち、在籍確認もして、それでも再度、審査に落ちるかも知れない

このようなことなのです。特に厄介なのはもう一度勤務先への在籍確認をされるということでしょう。

職場への在籍確認によって、職場の人にキャッシングがバレるということは、基本的にめったにありません。しかし、それは「1回だけ」だった場合。短期間で何度も謎の電話がかかって来る場合、「キャッシング」とは気づかれなくても「何か変だな」とは思われます。

そうなったら、特に経理などお金を預かる仕事をしている方だと、部署の移動を命じられることもありますし、何かと不利です。

というように、職場バレは非常に怖いものですが、この点でも、消費者金融のように「申し込みやすい」借入先の方が、土曜日・日曜日・祝日の最短即日借入では有利だといえます。

(あくまで、三菱東京UFJ銀行・バンクイックの難易度だと審査落ちするかもしれないという、クレジットスコアが低い人の場合の話です)

モビット・プロミスでは、在籍確認の代替措置もある

さらに大手の消費者金融が土曜日・日曜日・祝日の融資で有利な点として、モビット・プロミス限定ですが、在籍確認の代替措置をとることができるという点があります。ポイントをまとめると、下のようになります。

  • あくまで「一定条件」を満たした人で、「会社の保険証・給与明細書」などの書類を提出すれば、プロミス・モビットの判断によって、職場への電話連絡なしで借りることができる

このようなもの。あくまでモビット・プロミスがそれでOKと判断した人のみなので、確実に希望に添えるとは限りません。しかし、平均的な信用度を満たしている人だったらOKなので、ハードルはそれほど高くありません。

(現時点で多重債務者だったり、他社借入が多かったりしたら、少々厳しいかも知れませんが…)

また、モビットの在籍確認の代替措置については、もう少し提出書類が多くなる…というケースもあります。たとえば、例を出すと下の通りです。

  • 収入確認資料
  • 身分証明書の指定(パスポート・運転免許証のどちらか)
  • 指定の口座(「三菱東京UFJ銀行」か「三井住友銀行」の口座のどちらか)

このようなものです。モビットの在籍確認の代替措置については諸説があるので、実際の所はどうなのかわかりませんが、何にしても、大手の消費者金融(モビット・プロミス)だったら、こういう選択肢があるというのも、土曜日・日曜日のキャッシングにおいては強みと言えるでしょう。

(先に書いた通り、土曜日・日曜日・祝日に勤務先が休みの人だと、在籍確認の有無が、審査に通るためにかなり重要なので)

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の土曜日・日曜日のキャッシング・まとめ

以上、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の土曜日・日曜日・祝日・週末などの最短即日借入について、多方面から詳しく書いてきました。最後にまとめると、下のようになります。

  • 土曜日・日曜日・祝日でもバンクイックは最短即日借入できる
  • 土曜日は18時まで最短当日中に審査している
  • 日曜日・祝日は、17時まで
  • テレビ窓口でローンカードを発行する必要がある
  • 在籍確認は、状況・条件によっては省略される
  • ↑(しかし、基本的には必須)
  • 確実にその日中に借りたい場合、大手の消費者金融の方がいい

より申し込みやすさを重視するなら大手の消費者金融ですが、審査に通る自信さえあれば、低金利なバンクイックの方がおすすめです。なのでそうした方は、休日にお金が必要な時には、ぜひバンクイックでキャッシング審査を申し込んでみて下さい。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP