キャッシング審査の在籍確認は、本当に回避できる?代替措置の方法・条件のまとめ

キャッシング審査の在籍確認は、本当に回避できる?代替措置の方法・条件のまとめ

キャッシング審査の在籍確認は、本当に回避できるのか。一般的には―。

  • プロミス
  • モビット
  • アコム

ならできる、と言われています。それぞれ「信用度が高く、在籍確認できないやむを得ない事情がある人」という条件で、条件を満たしても「絶対回避できるわけではない」という前提です。

その前提の上で、それぞれの回避の条件・代替措置を書くと、下のようになります。

  • プロミス…ネット申込み後、電話による在籍確認以外の方法が可能か確認する
  • モビット…収入証明書・在籍の証明書・指定口座・指定の身分証が必要
  • アコム…在籍確認は必ずするが、確認が取れなくても10万円なら融資OK

これらは、いずれも公式にアナウンスされているわけではありません。調査した結果「ほぼ正しい」ことはわかりましたが、その調査結果を、最後の「参考サイト一覧」で記します。

ここでは、先にそれぞれの代替措置・回避の方法について詳しく書きます。

プロミスの在籍確認の代替措置

「信用度が高く」「事情がある」のが絶対条件

プロミス(現:SMBCコンシューマーファイナンス)は三井住友フィナンシャルグループの消費者金融ということもあり、審査が厳しい…ということはありませんが、「かなりしっかり」しています。そのため「職場バレが嫌だ」というような適当な理由では、回避は認められません。

というわけで、代替措置を取る前の絶対条件として―。

  • 電話連絡なしでも融資できるくらい、信用度が高い人
  • ↑(信用度だけでなく、希望金額とのバランスもある)
  • 「在籍確認できない事情」が、納得できるものである

こういうことが必要です。「納得できる理由」というのは、下のように言えるからです。

  • 土曜日・日曜日・祝日・夜間で、職場が閉まっている
  • 外部からの私用電話を、取り次がない職場である
  • 銀行員・金融会社勤務などで、万が一にもバレてはいけない

…などです。これらの理由を電話などの口頭でしっかり説明して、プロミスの審査部のスタッフさんが納得してくれれば、それで「代替措置」が認められます。

  • モビットで電話連絡をなしにする

    • モビットの回避方法は、諸説がある
    • プロミスよりも回避がしやすい?
    • 条件を満たせば、一番早く回避できる

    モビットの回避方法は、諸説がある

    モビットの在籍確認の回避の方法は、諸説があります。まず「一番厳しい」説(条件)を書くと―。

    1. 『在籍』の証明…職場の保険証・給与明細書のどちらか
    2. 『収入』の証明…確定申告書・源泉徴収票・納税証明書・所得証明書のいずれか
    3. 『身分』の証明…運転免許証・パスポートのどちらか
    4. 『銀行』の口座…三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行のどちらか

    …という4つの条件です。そして、この4つの条件について「どこまで満たすか」について諸説があります。

    1. 厳しい…『全部』満たさないといけない
    2. 普  通…『銀行口座』は不要
    3. ゆるい…『在籍証明』以外、不要

    …という諸説です。どれが正しいのかは、正直わかりません。その人の信用度や希望金額に応じて、使い分けているという可能性もあります。

    とりあえず「4つの条件を全部満たした方が、回避しやすい」のは間違いないでしょう。そのため、モビットで「電話連絡なしで借りたい」という場合、上の4つの条件を全部満たすようにしてください。

    プロミスよりも回避がしやすい?

    先の条件の「保険証か、給与明細」という部分に注目すると、「プロミスより回避しやすい」とも言えます。理由は下の通りです。

    • 社会保険証は、アルバイトだと発行されにくい
    • しかし、給与明細書は、アルバイトでも余裕でもらえる

    もし「保険証か、給与明細のどちらか」という情報が正しかった場合ですが、その場合は「プロミスよりモビットの方が、電話確認なしで申し込みやすい」という結論になります。

    条件を満たせば、一番早く回避できる

    プロミスと比較して、モビットの代替措置は「かなり条件が多い」です。特に銀行口座の指定も厄介でしょう。

    しかし、これらの条件さえ満たせば、モビットが一番早く在籍確認を回避し、そのままキャッシングできると言えます。理由は下の通りです。

    • プロミスのように「口頭で事情などを説明する時間」がない(ことが多い)
    • ↑(信用度が低い人の場合、モビットから直接聞かれることも)
    • 条件を全部満たしていれば、WEB完結申込でそのまま回避できる

    つまり「一番自動化している」ということですね。

    もちろん「自動化」するためには条件をそれだけ厳しくする必要があります。だから上に書いたように条件が多いのでしょうが、すべて満たしている人にとっては、まったく問題ないでしょう。

    アコムは在籍確認に失敗しても、10万円OK?

    アコムの在籍確認は、必ずされる

    アコムはプロミス・モビットと違い「代替措置・回避の方法」はありません。「必ず在籍確認する」というルールになっています。しかし、下のようにも言えます。

    • 在籍確認に失敗しても、「融資枠10万円以下」という条件で、ひとまず最短即日融資される

    このようになります。

    • 後日あらためて、在籍確認する
    • その時確認が取れたら、本来の融資枠にする

    このようなやり方です。つまり必要な金額が10万円以内だったら、アコムは実質「電話確認なしで借りられる」ということです。

    注意点としては、下の通りです。

    • 在籍確認自体は絶対にされる
    • だから「職場にかけてほしくない」という人の場合、意味がない
    • あくまで「土曜日・日曜日・祝日・夜間で、職場が閉まっている」という人のための選択肢

    「勤務先が閉まっていて、誰も電話に出られない」という時は、アコムで申し込めばいい、ということですね。

    10万円でいいなら、アコムの在籍確認が一番簡単

    もし借入金額が「10万円以内」でいいなら、アコムの在籍確認が一番簡単といえます。理由は下の通りです。

    • 自分で何も用意しなくていい
    • アコムへの申告も、しなくていい
    • 普通に申し込んで、結果を待つだけ

    もちろん、在籍確認が取れなくても、10万円借りられるだけの信用度は必要です。しかし、基本的に普通の人であれば10万円くらいは借りられるので、このような少額キャッシングでいい場合、アコムが一番簡単といえるでしょう。

    後日の在籍確認は、なしの場合もある?

    ネットのアコムの審査の口コミ・評判を見ていると、後日あるはずだった在籍確認も、結局なしで終わったというものが、たまに見られます。これは本当かどうかわかりません。

    「アコムの審査基準は甘め」という誤解を持たせて、「できるだけ申し込みページに誘導しよう」としているサイト制作者のやらせかも知れません。…という前提の上で、「仮に本当だったとして」理由を考えると、下のようになります。

    • ただの事務ミスだった(どんな一流企業でもミスはある)
    • 信用度が高い人だったので、再度の確認は不要、と判断された
    • 借り入れ直後の連休の間などに、一部返済した

    このようなものです。一番多い理由は、二つ目と三つ目でしょう。特に連休の間に「一部返済」した場合、「この人はもう大丈夫」と思って、在籍確認を省略する可能性は、かなりあります。

    ということで、アコムでも「後日の在籍確認」はない場合もありますが、基本的には「ある」と思ってください。

    正社員以外の属性でも社会&組合保険証は発行される

    たまに「社会保険証は正社員しか発行されない」とネットに書かれていますが、これは間違いです。契約社員でも会社から社会保険証が発行される条件は、下の通りです。

    • 「労働時間」「1ヶ月の労働日数」が、「正社員の4分の3以上」
    • 給料の金額は、関係なし

    こういう条件です。要は「正社員の4分の3以上」働いていればOKと思ってください。

    派遣社員…4分の3勤務&2ヶ月以上の契約で「組合」

    派遣社員の場合、「社会保険証」でなく「組合保険証」をもらえます。「人材派遣健康保険組合」という「派遣業界の組合」があり、その組合から保険証が発行されるのです。

    そして、その条件は、下の通りです。

    • 契約が「2ヶ月以上」である
    • 勤務時間・日数が、正社員の「4分の3」以上
    • 正社員は「派遣先」ではなく「派遣元」
    • つまり「派遣会社」の正社員の、4分の3

    この「派遣先・派遣元」の違いは、よく混同されているので注意してください。(もっとも、派遣元の方がブラックだった場合、そちらで計算されると悲劇かも知れませんが…)

    ちなみに、1回分の派遣が終わっても、次の派遣が1ヶ月以内に決まっていれば、そのまま「はけんけんぽ」の組合保険に継続加入できます。

    嘱託社員・パート・アルバイト・フリーターの場合

    これらの属性の人も、実は「契約社員と同じ」です。

    • 「正社員の4分の3以上勤務」
    • 「契約期間が、2ヶ月以上」

    こういう条件で、アルバイト・パートなどの人であっても「強制加入」になります。本人の意志や、社長の意志など関係なく、強制的に社会保険に入るということなんですね。

    ということで、要は「たくさん働いている人は、みんな社会保険証か、組合保険証に加入できる」わけです。また、それだけたくさん働いていれば、ある程度の年収もあるはずなので、キャッシング審査はさらに通りやすくなるでしょう。

    参考サイト・調査結果一覧

    プロミスの在籍確認

    • プロミスの在籍確認について「プロミスは在籍確認の電話なし!会社連絡不要の借り入れ」
    • http://www.service-description.com/
    • プロミスで在籍確認を回避する場合の条件について
    • 「本人の申し入れが必要」「在籍確認ができない社内の事情を説明する必要がある」と書かれている

    モビットの在籍確認

    • 在籍確認ガイド.com「モビットの在籍確認」
    • http://xn--eckp2gt48pzc9a3qew32a.com/
    • 「保険証」が代替措置として認められることしか書かれていない
    • (他で書かれている「給与明細」「社員証」「口座」などには触れていない)
    • モビット在籍確認.com「モビットの在籍確認はあるのか?」
    • 「会社の健康保険証」があれば、代替措置を取れることがある
    • 「会社の保険証なので、正社員でないと無理」と書かれている
    • モビット在籍確認!確認の電話連絡なしで借りる方法!
    • http://parts2clean-congress.com/
    • モビットの「WEB完結申込」ができる条件をあげている
    • 2月分の収入証明書と、保険証
    • 加えて三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行、いずれかの口座が必要、と書かれている
    • モビットの電話連絡なしで審査に通過できる?
    • http://xn--2-9fup6b6dy702a2d9be8fdu8a.com/
    • プロミスの代替措置については「保険証・給与明細」と書類が書かれている
    • しかし、モビットについては何も書かれていない
    • 「電話連絡なしの時もあるが、信用に欠けると判断された場合は在籍確認される」という内容のみ
    • キャッシングのまとめ「モビットはweb完結でなくとも審査が早い。翌日にはカード到着【体験談】」
    • http://camatome.com/2013/12/mobit-webkanketsu-shisa.php
    • モビットで在籍確認を回避できる条件として、下の4つのものを上げている
    • 在籍の証明…「社会保険証」か「給与明細書」
    • 収入の証明…源泉徴収票・所得証明書・確定申告書・納税証明書
    • 銀行口座…三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行のどちらか
    • 身分証明書…「運転免許証」か「パスポート」

    ここまで紹介したモビットの在籍確認についての情報の中で、一番厳しい条件になっている(ちなみに、記事が書かれた時期は少々古いと見られる)

    アコムの在籍確認

    • ゼニポタ「アコムの在籍確認は限度額10万円以下で電話なし」
    • https://zenipota.com/financial/acom/acom-enrollment-confirmation
    • タイトル通り、全体的に「融資枠10万円以下なら、確認が取れなくてもOK」ということが書かれている
    • ゼニ侍「アコムで土日の融資や審査は対応可能?休日にお金を借りたい人必見」
    • http://www.fleur-fleur.jp/nonebankall/akom/amdonchi.html
    • アコムなら、在籍の確認ができなくても10万円まで貸してくれるんじゃ!」という侍のセリフが書かれている
    • はじめてキャッシング「アコムの審査時間と在籍確認の電話」
    • http://www.cash-learning.com/caching/caching-hikaku/acom/1222/
    • 終盤で「勤務先が休みなどで確認が取れない時は、10万円などの仮の限度額が設定される」
    • 後日確認が取れたら増枠する、ということが書かれている
    • 教えてカードローン「カードローン審査で行われる職場への在籍確認・電話連絡」
    • 中盤の一覧表の「アコム」の欄で「在籍確認が取れるまで、融資枠を10万円に減枠」と書かれている
    • *なお、上の「はじめてキャッシング」と同じ会社さんの運営
    • カードローンまねたろう「アコムの在籍確認 ~勤務先への電話連絡をなしにできる?~」
    • http://manetaro.com/cc/acom-zaikaku.html
    • 「在籍確認が取れない時は、借入限度額10万円」という見出しがある
    • (その後の内容も、見出し通り)
    • キャッシングマガジン「職場への電話連絡・在籍確認が不安!回避法についてのまとめ」
    • http://www.qscitech.info/base/jdg/kaihidenwa.html
    • 「1-3」で、アコムは「極度額10万円以下に減額される」(しかし融資可能)という内容が書かれている

    正社員以外の属性の保険証の発行について

    • 人材派遣会社攻略マニュアル「派遣社員の健康保険は?」
    • http://haken.sub.jp/kenpo2.html
    • 「契約期間2ヶ月以上」「勤務日数・時間が4分の3以上」という条件が書かれている
    • 人材派遣健康保険組合(はけんけんぽ)「退職した後は」
    • http://www.haken-kenpo.com/member/outline/retire_a.html
    • 派遣先を退職しても「次の仕事が1ヶ月以内に決定」していれば、引き続き保険を利用できる、と書かれている
    • 社会保険労務士 橋本事務所「社会保険の対象者は?」
    • http://www.shakaihokenryo.com/subject/
    • 契約社員だけでなく、アルバイト・パート・フリーター・嘱託社員などでも
    • 「正社員の4分の3以上勤務」という条件で、社会保険に入れることが書かれている
  • 今すぐ借りたい!キャッシングランキング

    今日中に借りたい!カードローン

    内緒で借りたい!カードローン

    専業主婦でも借りたい!

    おまとめローン(乗り換え)

    TOP