プロミスは最短即日融資も可能!最短30分のスピード審査!

プロミスは最短即日融資も可能!最短30分のスピード審査!

プロミスは、最短即日融資のシステムが特に便利なキャッシングブランドとなっています。ここでは、プロミスで急ぎでお金を借りたいという人のために、プロミスの最短即日融資のルールやシステムについて、解説していきます。

プロミスは「最短30分」で当日中の審査も可能

プロミスは、最短即日審査も可能となっています。かかる時間も「最短30分」ということで、非常にスピーディーです。

当然ながら、最短即日審査をしてもらうためには、ある程度申込み時間が早くなければいけません。しかし、プロミスは最長で22時まで最短当日審査をしているので、その数時間前に申し込めば、ギリギリではありますが、当日中の審査に間に合う可能性もあります。

大体19時か20時がタイムリミット?

プロミスでもその他のキャッシングブランドでも、審査の所要時間というのは「その人の信用度・クレジットスコアによって変わる」というルールがあります。当たり前ですが、信用できる人は、それだけ早く審査が終わります。

ということで、一概には言えないのですが、完全にギリギリの時間としては、一応19時や20時に申し込めば、プロミスの最短即日審査に間に合う可能性は、ゼロではないと言えます。しかし、確実にその日中に借りたいということであれば、やはりこのよなギリギリの時間に申し込むべきではないので、もっと早く審査申込みをするようにして下さい。

プロミスの最短即日融資は、WEB完結でできる

プロミスの最短即日キャッシングのシステムとして、次に優れている点は「WEB完結」ということです。基本的にほとんどの審査申し込みの手続きが、インターネットのみで完結するということですね。

もちろん、勤務先への在籍確認の電話は必須ですし、本人の携帯電話への連絡もあります。そうした電話連絡については必須であり、そういう意味では完全なWEB完結ではありません。(そもそも、電話を一切しないようなキャッシングブランドがあったら、逆に不安ですので、電話連絡は当然するべきです)

ということで、WEB完結という意味だけ勘違いしないようにしていただきたいですが、何はともあれ、ほとんどの申し込み手続きがネット完結でできるというのは、非常に便利です。

土曜日・日曜日・祝日でも、最短即日融資できる

プロミスの最短即日融資は、平日だけではなく、土曜日・日曜日・祝日でもできるようになっています。22時まで最短即日審査という、先程書いた時間設定についても、土曜日・日曜日・祝日でも共通のルールとなっています。

特に銀行カードローンだと、土曜日・日曜日は最短即日融資ができなかったり、できたとしても「その銀行の口座が必要」という条件が、非常に多くなっています。銀行カードローンのキャッシングは基本的に「振り込み」でするのですが、土曜日・日曜日だと、銀行が閉まっているということですね。

(しかし、同じ銀行内であれば土曜日・日曜日でも振り込みできるので、それで「その銀行の口座が必要」ということです)

プロミスの土日融資に、口座の条件はない

一方、プロミスなどの消費者金融で、土曜日・日曜日に最短即日キャッシングをする分には、指定の銀行口座を持っている必要はありません。というのは「振り込みに頼らない」からです。

先に書いた、銀行カードローンが土曜日・日曜日に最短即日融資しにくい理由は「銀行振込に頼る」からなんですね。銀行振込のシステムを使わず、自動契約機でカード発行をして、そのローンカードによってATMで借入をするというやり方だったら、銀行が営業していない日時であっても、最短即日融資ができるのです。

そして、プロミス・アコム・アイフル・モビットなどの消費者金融は、それぞれローン申込機・自動契約機などのマシンを持っているので、ここでローンカードを発行して、土曜日・日曜日・祝日であろうと、夜間まで最短即日融資が可能ということなんですね。

プロミスとアイフルの最短即日融資を比較すると?

プロミスも最短即日融資が申し込みやすいキャッシングブランドですが、プロミスだけではなくアイフルも、最短即日キャッシングの申し込みがとてもしやすくなっています。

アイフルとプロミスの最短即日審査の一番の違いは、やはり「受付時間の長さ」です。

  • プロミス…22時まで(ただし、21時までになることもあり)
  • アイフル…21時まで

このように、通常の設定であれば、プロミスの方がアイフルよりも、1時間長く最短即日審査ができるようになっています。つまり、ギリギリでお金が必要という場面では、アイフルよりプロミスの方が、間に合いやすいということです。

審査に通りやすいのはアイフルの方?

受付時間の長さだけ見れば、プロミスの方が最短即日融資は申し込みがしやすい、という結論は間違いありません。ただ、アイフルの最短即日キャッシングを支持する口コミ・評判として「アイフルの方が審査に通りやすい」というものがあります。

これは、実際にそれぞれの運営会社(プロミスならSMBCコンシューマーファイナンス株式会社)が公表しているマンスリーデータなどの資料を見るとわかります。SMBCコンシューマーファイナンスの方は大体40%前後の新規契約率ですが、アイフルは45%前後になっているのです。

この「新規契約率」というのは、お金を借りる側から見れば「審査通過率」のことです。キャッシングの情報サイトではよく「アコムの審査通過率は…」というように書かれていますが、これはこうした月次データ・マンスリーデータの数値を元にしているんですね。

このように、わずか5%程度の違いではありますが、一応、アイフルの方がプロミスよりやや審査に通りやすいかも知れない、という推測が成り立ちます。そのため、自分の信用度・クレジットスコアにあまり自信がないという方は、急ぎでお金が必要な場面では、プロミスよりアイフルで申し込んだ方がいいかも知れません。

審査に通る自信があれば、プロミスで

一方、もし審査に通る自信があるなら、プロミスで申し込みした方が、アイフルよりも良いといえます。というのは、プロミスの方が低金利であり、低利息だからです。

  • プロミスは、実質年率の上限金利が「17.8%」である
  • これは、アイフルの上限金利(実質年率)の「18.0%」より低金利

まずこのように、金利(実質年率)の面でプロミスの方が低金利なんですね。

プロミスは、30日間無利息が「初回だけ」ではない

さらにプロミスが金利・利息面でアイフルより有利になる点として「30日間無利息」のサービスがあります。アイフルは「初回30日間無利息」ということで「初回だけ」なのですが、プロミスはこれを「ポイントを貯めることによって、何度でも利用できる」というシステムになっているのです。

(プロミスはWEB明細利用・メールアドレスなどの登録が必要)

もちろん、ポイントを貯めるにはある程度時間や労力が必要なのですが、それでも「再度、30日間無利息にするチャンスがある」ということを考えると、金利面だけでなく、利息面でも、アイフルよりプロミスの方が低くて良い、と言えるでしょう。


以上、アイフルとの比較や金利・利息面の話題も交えながら、プロミスの最短即日融資・審査のシステムについて書いてきました。急ぎでお金を借りたいという人で、特に低金利でキャッシングをしたいという人には、一番おすすめのキャッシングブランドと言えるでしょう。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP