モビットは最短当日審査・即日キャッシングも可能!WEB完結申込がメリット

モビットは最短当日審査・即日キャッシングも可能!WEB完結申込がメリット

モビットは即日融資・当日審査も可能となっています。あくまで、申込み時間が時間内であればという条件ですし、時間内でも「信用度が低い人は審査時間がかかる」という点は注意してください。

…という注意書きから始まりましたが、モビットは大手の消費者金融の中でも特に「即日キャッシングのシステムが整っている」という意味で「即日借入しやすい」消費者金融となっています。以下、モビットの即日融資のメリットや注意点・知っておくべきことなどをまとめていきます。

モビットには「10秒簡易審査」がある

まず、モビットの最短即日審査と、他の大手の消費者金融の即日審査の最大の違いは、簡易審査(仮審査のようなもの)の結果が、10秒で出るということ。どういうことかポイントをまとめると、

  • ネット申込みのフォームから、
  • 自宅情報・勤務先情報などのキャッシング審査に必要な項目を、
  • すべて送信する

というのは、普通の消費者金融と同じなのですが、

  • 他の消費者金融は、この審査情報の結果がどうなるのか、すぐにはわからない
  • しかし、モビットはわずか10秒で、「この審査情報での審査結果」が出る

ということです。つまり、会社の採用でいうなら「書類審査」が10秒で終わるような感じです。「とりあえず、データだけ見た分には、あなたは審査通過できます」というように、すぐに審査してくれる…ということですね。

簡易審査が早いと、どんなメリットがあるのか?

これは「急ぎでお金が必要」な時に断然有利です。特に喜ぶべきかどうか微妙ですが、「モビットで審査落ち」という結果になった時、ある意味ラッキーです。

  • もしこれで「10秒審査」がなかったら、
  • 「モビットでは審査に通らない」ということが、
  • 少なくとも「30分」程度はたたないとわからない

ということです。急ぎでお金が必要な時は、借りられないなら借りられないで、早く審査結果を知りたいわけですね。で、モビットならそれができるので、「次の手を、すぐに打つことができる」のです。


会社の仕事でも、これは重要なことです。上司が知りたいのは「今どうなっているか」という率直な報告であって、最悪「まだ何もしていません」という返事でもいいのです。

それならそれで、上司は「他の人に任せる」とか、打つ手はいろいろあるわけですから。こういう時(上司に仕事の進捗などをメールで聞かれた時)は、「すぐに正直に返事をする」というのが一番重要なんですね。


…という仕事のワンポイントはさておき、このように自分のクレジットスコアで、借りられるのか、借りられないのかすぐにわかるというのが、モビットの最短即日審査の最大の魅力です。これができるのとできないのとでは、「何が何でも今日中にお金が必要」という場面で、大きな差が出るでしょう。

(次の手が打てれば、モビットで審査落ちしても、他で即日キャッシングに間に合う…ということがありますからね)


以上、これがモビットの「簡易審査が他より早いこと」のメリットです。続いて、それ以外のモビットの最短即日審査・最短当日融資について、メリットをまとめていきましょう。

モビットは在籍確認の代替措置をとることもできる?

あくまで「信用度が高い人に限られる」という条件ですが、モビットのキャッシング審査では「勤務先への在籍確認の電話」について代替措置をとるという選択肢もあります。つまり、

  • 土日・祝日・夜間で勤務先が閉まっているなど、
  • 仕方がない事情によって在籍確認をできないという時は、
  • 書類の提出などで「在籍確認の代わり」としてもらえる(ことがある)

というわけです。繰り返しますが、誰でもOKというわけではなく、あくまでモビットが認知した「クレジットスコアが高い人に限定される」という点は、注意してください。

で、どんな在籍確認の代替措置なのか?

で、モビットの在籍確認の代替措置は、どんな内容になっているのか。まず基本として、社会保険証・組合保険証などの「勤務先の保険証」と、給与明細書を提出する…というルールになっています。つまり、

  • 会社から発行された保険証を持っているなら、
  • それは「その会社に在籍している」人しか発行されないものだから、
  • 在籍確認をしなくても、十分「在籍の証拠」になる

…ということ。もちろん、偽造の可能性もゼロではないのですが、基本的に消費者金融はモビットでもどこでも、こうした提出書類の偽造を見破る技術が発達しているので、この点は特に問題ありません。

給与明細書は補助的な書類

もう一つの「給与明細書」については、これは補助的な存在意義となっています。つまり、

  • 保険証よりかなり偽造がしやすいし、
  • 絶対的な在籍確認の代替措置の資料にはならないけど、
  • 提出書類を増やすことで、不正申し込みのハードルを高くする

という効果があるわけです。ちなみに、これは他の記事でも書きましたが、人間は、1つでもハードルが増えたことはやる気をなくすという性質があるので、こうして、給与明細書でも何でも提出書類を増やし「不正申し込みをするのが面倒なシチュエーションを作り上げる」というのは、有効なことなのです。

(なお、ハードルが増えるとモチベーションが下がる…というだけだとネガティブなので、逆の方も考えましょう。つまり、「1つでもハードルを減らすだけで、物理的にモチベーションが上昇・維持される」…という風に)


…と、モチベーション論になりましたが、キャッシングでは不正申し込みをするヤミ金などの悪徳業者がかなりいるので、そうした違法業者たちの不正申し込みのモチベーションを下げるためにも、このように給与明細書などの提出が、モビットでは義務付けられているわけです。

三菱東京UFJ銀行の口座などが必要

さらに、モビットの在籍確認の代替措置のもう一つの条件として、

  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三井住友銀行

という、いずれかの銀行口座が必要になる…というものがあります。この条件は人によってはなかった…という口コミ・評判もありますが、どちらが正しいのかはわかりません。(その人のクレジットスコアに応じて、内容を変化させている…という可能性もあります。また、それは正しいことです。精密な審査をするために)

ということで、給与明細書・社会保険証・組合保険証などに加えて、こうした「銀行口座の指定」も、モビットの在籍確認の代替手段では設定されることがありますが、もしこうなった場合は、三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行の口座を持っていない人では、在籍確認の代替手段を適用できないので、注意してください。

収入確認資料が必要になることも?

また、その他のモビットの在籍確認の代替措置の口コミ・評判を見ると、所得確認資料の提出が必要になるというものもあります。通常、モビットの審査では「キャッシング金額が50万円に到達するまでは、年収確認資料は不要」という条件になっているのですが、これが「キャッシング金額に無関係で必要になる」ということですね。

たとえばモビットでもどこでも「個人事業主・自営業や会社経営者・法人代表者」などの方々の場合、たしかに「借入金額がいくらだろうと、収入証明書の提出が必要になる」という条件があります。なので「それと同じノリ」だと思っていただくといいでしょう(ノリというのも変ですが)

このように、キャッシング審査では「慎重を期す時は、提出書類を多くする」というのが基本なので、モビットの在籍確認の代替措置でも、人によっては、年収証明書を提出することが必要になるかも知れないということです。

(この辺はおそらくケースバイケースなので、確定的な情報ではありません。あくまで参考としてください)

年収確認資料は何を提出すればいい?

ちなみに、在籍確認の代替措置でも普通に「50万円以上」借り入れる時でも、

  • モビットで「所得証明書の提出」が必要になった時は、
  • 一体、どんな書類を提出すればいいのか

ということは、知っておいた方がいいでしょう。これは一覧にすると、

  • 確定申告書
  • 住民税決定通知書
  • 支払調書
  • 青色申告決算書
  • 源泉徴収票
  • 納税通知書
  • 課税証明書
  • 収支内訳

…というように、さまざまなものがあります。基本的には、

  • 確定申告書
  • 源泉徴収票
  • 所得証明書

というどれかを提出すればOK…と考えておいて下さい。もっと簡単に書くと、

  • 会社員・OL・公務員…源泉徴収票
  • 個人事業主・自営業・法人経営者…確定申告書

と思っておけばOKです。

年度の途中で転職した人は、所得証明書がいい

会社員・OL・公務員の方々で、昨年度の途中で、転職したという人は、源泉徴収票だと「年収」は書かれていないし、新しい転職先も含めて「複数の源泉徴収票」を持っているはずです。

なので、それを合算して「年収」を出してくれている「所得証明書」という書類を提出するのがいいでしょう。所得証明書を発行するのは、昨年の1月1日時点で住んでいた市区町村の役場なので、もし引っ越しをした人は「今住んでいる市区町村」ではないので、この点は注意が必要です。


…というように、収入確認資料についてのワンポイントアドバイスもはさみましたが、このような所得証明書を、何でもいいので提出します。もしモビットの在籍確認の代替措置で年収確認資料が必要になったら、これらの一覧を参考にしてみて下さい。

身分確認資料も指定されることがある?

モビットの在籍確認の代替手段では、さらに「本人確認資料の指定もある」…という評判・口コミがあります。パスポート・運転免許証のいずれかというものですね。これについては「そんな本人証明書類の指定はなかった」という口コミ・体験談もあるので、どちらが本当かはわかりません。

ただ、万が一指定があったとしても、日本人の大部分は運転免許証を持っているはずなので、この点は問題ないでしょう。また、運転免許証はキャッシング審査やモビットの在籍確認の代替措置だけではなく「ありとあらゆる場面で、本人確認に役立つ書類」なので、ぜひ持っておくことをおすすめします。

高齢者の方々は、運転経歴証明書でもOK

最近は高齢者の方の運転による交通事故が多いので、警察も「高齢者の方々に対して、運転免許証の返上」を推奨しています。そうして運転免許証を返上した高齢者の方々は運転免許証の代わりに「運転経歴証明書」を持っているはずですが、これはモビットの審査でも、運転免許証として通用します。

あくまで「本人確認」ができればいいわけですからね。実際に運転できるかどうかは、ここでは関係ないのです。車に乗るわけではないので。

なので、運転免許証を返納したお年寄りの方々がモビットでお金を借りる場合は、運転経歴証明書を持っていれば問題なし…と考えて下さい。(代替措置でも、普通の審査での本人証明でも)

なぜ、運転免許証の信用度がナンバーワンなのか?

なぜ、ありとあらゆる本人確認資料の中で、運転免許証の信用度が一番…となっているのか。これは箇条書きでポイントをまとめていくと、

  • まず、顔写真があるのがいい
  • 顔写真ならパスポートや住民基本台帳カードもあるが、
  • 運転免許証が一番よく携帯する(持ち歩く)
  • つまり、紛失した時に一番気づきやすい身分確認資料である

ということ。で紛失に気づきやすいと、なぜ信用度が高くなるのか?と思う人もいるでしょう。これは、

  • 紛失した時にすぐに気づけば、
  • 拾った人や盗んだ人が「なりすまし」でキャッシング審査に申し込む、
  • …ということがなくなる

ということです。逆に「紛失しても気づきにくい」という身分確認資料の場合、今キャッシング審査に申し込んでいる人が、実は赤の他人かも知れない…というリスクがあるわけですね。モビットなどの消費者金融・銀行カードローンにとって。

なので、そのようなリスクがもっとも少ない「運転免許証を一番信用する」ということなのです。

補足…運転免許証は紛失の回数もわかる

補足としての豆知識ですが、運転免許証の紛失についての話題になったので、これも紹介しておきましょう。知っている人もいるでしょうが、運転免許証は、番号を見れば紛失の回数がわかる仕組みになっているんですね。運転免許証の番号の末尾の数字が、そのまま「紛失再発行」の回数を示している…というわけです。

なので、たとえば数字がゼロだったら「一度も運転免許証を紛失していない、しっかりした人」という評価をしてもらえますし、逆にこれが「2」とか「3」だったりしたら、「たびたび運転免許証を紛失している、少々注意力が散漫な人」という評価をされるわけです。

で、キャッシング審査というのはモビットでもどこでも堅実で真面目で、安定している人が審査に通りやすくなるので、こうした運転免許証の番号も、「それなりに審査結果に影響する」と考えられます。どれくらい影響するかは、モビットが公式にアナウンスしているわけではないので、何ともいえませんが、特に「当落線上ギリギリ」の時には、かなり影響すると考えて下さい。

モビットの在籍確認の代替措置のまとめ

…と、モビットの在籍確認の代替措置について、提出書類や指定の口座などの条件をまとめてきました。ここまで書いてきた通り、モビットの在籍確認の代替措置は、口コミ・評判によって内容にかなりの違い・バラつきがあるということで、明確な所はわかりません。とりあえず、

  • 保険証・給与明細書は、かなりの確率で必要になる
  • 指定の口座も、ほぼ必要になると考えていい
  • その他の条件は、おそらくその申込者の信用度に応じて、
  • ケースバイケースで設定される(と考えられる)

ということです。なので、クレジットスコアが高い人だったら、かなり少ない提出書類で、モビットの在籍確認の代替措置もOKになるかも知れません。職場への電話連絡なしで借りたい…という方にとっても、これは朗報でしょう。

(基本的には、そうした希望を持つ方のためのシステムではなく、あくまで「やむを得ない事情があって、在籍確認できない」という方のためのサービスなのですが)

モビットは何時まで最短即日審査している?

モビットの最短即日審査は、毎日大体21時までしています。夜9時ですね。

  • 日によって違うこともある
  • 店舗・自動契約機などによってもたまに違う

ということで、絶対にいつでも21時までというわけではありませんが、大体いつもこの時間(21時)まで、最短即日審査をしている…というのがモビットのルールです。

平日でも土日・祝日でも同じ

で、この「21時まで最短即日審査」というモビットのスタイルは、土日・祝日でも平日でも共通…となっています。なのでもし、休日の夜に突然お金が必要となったケースでも、問題なく即日借入できる(審査条件と申し込みの時間がOKだったら)となるわけですね。

特に土日・祝日のキャッシングについては「銀行カードローンでは借りられないことが多い」ので、こうしてモビットのように「土日・祝日でも夜9時まで最短即日審査」というスタイルでやってくれていると非常に助かる…という人が多いでしょう。

銀行カードローンは土日借入がしにくい

これはキャッシングの知識がある人なら常識としてよくご存知でしょうが、大手の銀行カードローンは大体、モビットのような消費者金融と違って、土日借入がしにくくなっているという点が指摘できます。

具体的にどのように、土日キャッシングがしにくいのかというと、

  • みずほ銀行カードローン・横浜銀行カードローンなど、
  • 土日融資自体、対応していない所がある
  • また、楽天銀行・オリックス銀行など、
  • 「平日は口座なしで即日借入可能」となっていても、
  • 「土日・祝日は口座が必須」となる銀行がある

という風です。簡単に書くと、

  • そもそも、土日融資不可
  • 土日・祝日は口座が必要

という2通りの「借りにくいケース・条件」があるのです。前者は借りにくいというより「借りられない」のですが。

ということで、このように土日キャッシングがしづらい大手の銀行カードローンと比較すると、「土日・祝日の即日借り入れにも対応している」という点で、(そして、その審査受付時間が長い点で)モビットはかなり借りやすい消費者金融だといえます。

(当然ですが、この借りやすいというのは、審査がゆるいという意味の「借りやすい」ではありません。システムがしっかり整備されている、サービスがいい…という意味です)

モビットの審査の所要時間は、最短30分と早い

また、モビットの最短即日審査についてさらにメリットを書いていくと、審査の所要時間がわずか30分(最短)と、非常にスピーディー…という点が指摘できます。これについてポイントをまとめると、

  • 大手の消費者金融はみんな最短30分
  • なので、モビットだけではない
  • しかし、モビットは「WEB完結申込」のシステムが便利だし、
  • 簡易審査が10秒で終わる、という個性がある

となります。10秒簡易審査が、急ぎでお金が必要なケースでいかに便利かということは先に書いた通りです。

モビットの「WEB完結申込」とは?

これはモビットが売りとする最短即日審査のシステムで、特徴をまとめると、

  • 来店しなくていい
  • 郵送も必要ない
  • 電話での審査もない(自分の携帯への確認電話はある)

という風になっています。

  • 電話での審査
  • 携帯電話への確認電話

の違いは、

  • 電話での審査…電話口で、自宅情報などをあれこれ聞かれる
  • 携帯電話への連絡…「今から勤務先への在籍確認の電話をかけます」などの連絡のみ

ということです。つまりモビットのWEB完結申込は「電話もなし」といっても、それは「電話で審査する必要がない」というだけであって、基本的に「自分の携帯への確認電話」くらいはあるわけですね。

もしこれがなかったら「誰かが成りすましで申し込んでいる」ということもあり得るので、こうして「ご本人様にお間違いないですか?」というような確認電話を入れる必要があるわけです。

(なのでこれすらなしになる消費者金融やキャッシング業者があったら、逆にそれは危険…と考えて下さい。当たり前すぎるくらい当たり前ですが、キャッシング審査というのは「カンタンであればいい」ということではないのです。審査のハードルが、一種のセキュリティの役割m果たしているわけですから)

提出書類は郵送しなくていいのか?

WEB完結申込の「郵送なし」という部分を読んで、運転免許証などの提出書類は、モビットに郵送しなくてもいいのか?と疑問に思った人もいるでしょう。これは郵送する必要はまったくありません。

  • 昔の消費者金融の審査では、確かに必須だった
  • しかし、今はパソコンやスマートフォンが全盛である
  • なので、パソコンでスキャンして送信したり、
  • スマートフォンで撮影して、送信すればいい

ということです。最近では、「仕事のメモも、スマートフォンで撮影して保存している」という人もが増えているようですしね。(ちなみに、ネット上でもこれが良いことかどうか、議論がさかんなようです。仕事の結果さえ出せれば、何でも自由にすればいいと思いますが)

何はともあれ、このように、収入確認資料・本人証明書類などの提出書類も「データで送信」すればいいので、この点は郵送なしでもまったく問題ないわけです。

(これも、モビットだけでなくどの消費者金融・銀行カードローンでも共通となっています。クレジットカード会社でも大体同じです。クレジットカード会社は、割とまだ、郵送にこだわっている借入先が多いですけどね)

ローンカードが郵送されることもない?

キャッシング審査で「郵送なし」というと、もう一つの意味は、審査完了後に、モビットなどの消費者金融・銀行カードローン側から、何かが郵送されてくることもないという意味で使われます。

  • 何かが郵送されてくる…ということは、
  • 家族にそれを見られて、家族バレするリスクがある

ということを意味するわけです。なので、特に家族に内緒でキャッシングしたいという方にとってはむしろ、こちらからの郵送の有無よりも重大事だったりするわけですね。

で、結論を書くと「モビットからの自宅への郵送は、なしにできる」となります。審査完了後に郵送されてくるものの代表は「ローンカード」ですが、それを無人契約機・自動契約機で発行することができる、ということですね。

ローンカードとは?

ローンカードというのは、銀行でいうキャッシュカードと、ほぼ同じものです。キャッシュカードをコンビニATMなどに差し込むと、

  • 引き出し
  • 預け入れ
  • 残高照会

などのメニューが自動的に出てくるでしょう。あれとまったく同じで、ローンカードをATMに差し込んだら、

  • 借り入れ
  • 返済
  • 残高照会

などのメニューが、同様に出てくるわけですね。後は、それぞれのメニューを選んで、希望の金額を入力するだけです。この使い方はキャッシュカードとまったく同じなので、誰でも一発で、何も教わらなくてもわかるでしょう。初めてのキャッシングという人でも、まったく心配ありません。

(もちろん、そうやって簡単に利用できるだけに、一部の金銭感覚・経済感覚に問題がある人が、借入超過になってしまう…ということもあるのですが。ただ、これはモビットなどの消費者金融のサービスが悪いわけではなく、こうした方はお酒でもタバコでも、車の運転でも、何かしらの「悪い方向に利用する」ものです)


ということで、ローンカードは非常にカンタンに使えます。で、これが郵送されてくると家族バレのリスクがあるわけですが、モビットの場合はそれもありません。先に書いた通りローン契約機・自動契約機で発行することが可能だからです。

無人契約機・自動契約機でローンカードを発行する

消費者金融や一部の銀行カードローンには「ローン契約機」というものがあります。別名も一覧にすると、

  • 無人契約機
  • 自動契約機
  • ローン申込機
  • 契約ルーム

などとなります。どの呼び名でも意味は大体同じですが、とにかく、これらの場所であればローンカードを郵送で受け取らなくても、即日発行できるわけです(稼働している時間内に発行手続きをすれば)。

なので、こうして「先手必勝」で、自分からローンカードの発行に行けば、モビットのローンカードも「自宅への郵送をされることはない」というわけですね。なので、この点でも、モビットは「家族に内緒で、即日キャッシングしやすい」という仕組みになているわけです。

キャッシングというのは、無収入の専業主婦の方々でも、学生の方々でも、あるいはパート・アルバイト・フリーターの方々でも、誰でも「家族に内緒で借りたい」と思うものです。(かくいう私も、学生時代から家族に内緒でかなりのキャッシングやクレジットカードの利用をしてきました)

ということで、「家族に内緒でお金を借りたい」という気持ちは普通ですし、全然悪いことではありません(もちろん、返済のための収支を考える、よく働く…という努力は、別途しっかりしましょう)。

で、モビットであれば、ローン契約機でカード発行をすることによって、まったく問題なく家族に内緒でキャッシングできる(しやすい)というわけですね。これも、モビットで当日審査・即日借入をするメリットだといえます。

モビットの最短即日融資・まとめ

以上、モビットの最短即日融資・最短当日審査について、多角的にまとめてきました。最後に要点を整理すると、

  • モビットの最短即日審査は、大体21時までやっている
  • その1~2時間前に申し込むのがギリギリ
  • できれば3時間くらい早めに申し込むようにしたい
  • 平日でも土日・祝日でもこの時間で当日審査
  • 土日・祝日・夜間などのケースで勤務先が休みでも、
  • モビットなら在籍確認の代替措置があるのが強み

…という風になっています。その他、まだまだモビットの最短即日融資に関するポイントは多数ありますが、それぞれの部分を、必要に応じて読んでみてください。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP