千葉銀行のキャッシング審査は、会社への在籍確認が必須

千葉銀行のキャッシング審査は、会社への在籍確認が必須

千葉銀行の審査は、会社への在籍確認が必須

これはちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>に限った話ではないのですが、他の大手の銀行カードローン・消費者金融と同様に、ちばぎんカードローンの審査でも「職場への在籍確認」は必ず必要となっています。

(必ず必要という言葉は、馬から落馬や頭が頭痛のようですが、そのくらい必要ということです)

「明らかに在籍確認の電話をするまでもないくらい信用度が高い」という人で、かつ「土日・祝日で職場への在籍確認ができない」というような状況・条件であれば、在籍確認が省略されるケースもごくごく稀にあるようです。ただ、これはあくまで例外中の例外であって、基本的にほとんどの人の場合は、職場への在籍確認は避けては通れない…と考えた方がいいでしょう。

これは別に、ちばぎんカードローンだけでなくどの消費者金融・銀行カードローン・クレジットカード会社でも同じこと。キャッシング審査をしっかりして、貸し倒れを出さないようにすることは、全体の利用者の利益になるということで、会社への在籍確認は積極的にするべきなんですね。

(貸し倒れのリスクを下げると全体の利益になるというのは、貸し倒れが出た損失分は、利息収入によって補填しているからです。つまり、貸し倒れが少ない銀行カードローン・消費者金融ほど、低金利で借りられるということです。これはまじめに返済する人にとっては、大きな利益ですよね)

というように、会社への在籍確認が必須というのは、在籍確認の電話を受けたくないという人にとっては少々面倒に感じられるかも知れませんが、実際には総合的に見れば「自分にとっても利益になる」ということなんですね(まじめに返済する気があるなら)。

というわけで、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>の審査でも勤務先への在籍確認の電話は必須となっていますが、これは別に悪いことではないと考えてください。当然ですが、全体の利益になるから、どの金融機関でも在籍確認をしているのです。

在籍確認で会社バレすることはない

ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>の審査だけではなく、キャッシング審査で在籍確認の電話を受けたくない…という人の理由は「職場にキャッシングがバレるのが怖い」というものでしょう。気持ちはわかりますが、キャッシング審査の職場への在籍確認の電話で、借り入れがバレることはないので、この点は安心して大丈夫です。

もちろん、世の中に絶対はないので、絶対に職場バレしない…というような断言はできません。しかし、かなりの確率で「職場バレする事なく、在籍確認の電話を受けられる」と言っていいでしょう。なぜ会社バレすることがないのか、その理由を説明します。

クレジットカードの審査と言っておけばいい

これが一番簡単な方法なのですが、クレジットカードの審査という在籍確認の言い訳を用意しておけば、それで解決です。クレジットカードの審査では確かに、キャッシング審査と同様に在籍確認がありますし、多くの勤務先の同僚はそれを経験しています。今の日本人で社会人であれば、大体クレジットカードは数枚は持っていますし、それらの審査の中で、「職場への在籍確認」を経験した人は多いです(というより大部分がそうでしょう)。

ということで、「クレジットカードの審査」と言っておけば、電話がかかって来たことも何とも思われず、そのまま職場の同僚も忘れて、記憶から消えていく…ということですね。言うまでもなく皆自分の仕事が忙しいので、そういう些細な事にかまっている暇はないのです。これが良いことか悪いことかはわかりませんが、そういう状態ですから「キャッシング審査の在籍確認は、職場の同僚からはほとんど気にされない」と思って大丈夫です。

千葉銀行などの銀行名を名乗ることもない

お金を借りた経験がない人が同様に心配しているのは「千葉銀行の者ですが…」とか「クイックパワー<アドバンス>の審査ですが…」というように、銀行名やカードローンの商品名を出されてしまうのではないか…ということでしょう。結論を書くと、これはありません。千葉銀行に限定された話ではありませんが、どの銀行カードローン・消費者金融やクレジットカードでも、その会社名や商品名を出す…ということはありません。

これは貸金業法・銀行法・割賦販売法の中の「第三者に借金の事実を知らせてはいけない」という条文にもとづいているんですね。つまり職場バレするような在籍確認をすることは、金融機関にとっても法律違反なのです。なので、やってはいけないわけですね。

法律違反というのは、消費者金融・銀行カードローンにとっては非常に痛いことです。イメージダウンは避けられないですし、場合によっては「店舗が営業停止」になることもあります。

というわけで、顧客サービスだけではなく「法律違反をしないためにも」、銀行カードローン・消費者金融などの金融機関としては、「職場バレしないような在籍確認」をする必要があるんですね。なので、キャッシング審査に申し込む時は「職場への電話連絡で、勤務先に借り入れがばれたらどうしよう…」などと心配する必要はないわけです。

職場バレしたくないのは、銀行カードローンも同じ

多くの人は、キャッシングが職場バレすると嫌なのは、自分だけだと思っています。しかし、それはまったく違います。もしここで審査申込みしたら職場バレしたというような口コミ・評判が広まったら、それによって利用者が激減してしまう…ということも考えられますからね。

そのように悪い評判・口コミが広まらないよう、銀行カードローン・消費者金融・クレジットカード会社としては、細心の注意を払って在籍確認をするわけです。どこだって、良い口コミ・評判が広まってくれた方が嬉しい…というのは業界を問わず、すべての企業で共通していえることです。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP