モビットは土日・祝日の即日借入・当日審査も可能!在籍確認の代替措置もあり?

モビットは土日・祝日の即日借入・当日審査も可能!在籍確認の代替措置もあり?

モビットは土曜日・日曜日・祝日でも即日借入が可能となっています。あくまで「申込み時間が遅くなければ」ですが、大手の消費者金融の中で特に土日キャッシングがしやすい消費者金融となっています。

なので、休日にお金が必要となった時は、ぜひモビットでも借り入れを検討するといいでしょう。

モビットの土曜日・日曜日・祝日の即日借り入れがしやすい理由

最初に書いておくと、この「土曜日・日曜日・祝日の即日借り入れがしやすい」というのは、いわゆる「審査が甘い」というような意味ではありません。土曜日・日曜日・祝日でも即日キャッシングをするためのシステムが整っているという意味です。これはモビットの「金融と情報技術の融合」という、創設のコンセプトが実現している…ということです。

で、前置きをした上で、モビットの土日借入がどのようにやりやすいのか、そのメリットを書いていきます。

モビットの土日キャッシングは、どのようにやりやすいのか

まず第一に「勤務先への在籍確認の電話の代替措置が用意されている」という点があります。土曜日・日曜日・祝日は「会社が定休日である」という人が多いでしょうが、そういう時、通常だったら「勤務先への在籍確認の電話をかけられない」となるわけですね。(かけられますが、かけても誰も出ない…ということになります)

なので、他の年収や職業などの諸条件では全然問題なかった人が、これだけが原因で審査落ちしてしまう…ということがしばしばあるわけですね。なので、土曜日・日曜日・祝日の即日借り入れでは、本来の消費者金融・銀行カードローンの審査では「職場への在籍確認の電話が、最大の障壁の1つ」となっているわけです。

しかし、この点、モビットは在籍確認の代替措置があるので、勤務先が休みの時でもこの問題をクリアできる…ということですね。以下、このモビットの在籍確認の代替措置についてまとめていきます。

モビットの在籍確認の代替措置が適用される条件

モビットの在籍確認の代替措置が適用されるには、主に2つの条件が必要です。

  • 在籍確認しなくても十分信用できるくらい、クレジットスコアが高いこと
  • なぜ在籍確認の回避をしたいのか、その理由が明確であること

ということ。後者の「理由」については、当然「明確」というだけではなく「これなら仕方がない」とモビットが納得できる(というより誰でも納得できる)事情である必要があります。

で、この2つの条件を満たして、モビットの審査担当の方から「在籍確認の代替措置でOK」となったら、いよいよ「書類の提出」などの条件を満たしていくことになります。

モビットでは、どんな書類を提出するのか?

で、モビットの在籍確認の代替措置では、どんな書類が必要となるのか。箇条書きすると、(人によって違うようですが)下のようになります。

  • 在籍の証明資料
  • 身分確認資料
  • 収入証明書
  • 指定の銀行口座

という4種類です。で、それぞれ具体的にどのような書類を出すのかというと、

  • 在籍…勤務先の保険証・給与明細書
  • 身分…運転免許証・パスポート
  • 収入…源泉徴収票・確定申告書など
  • 口座…三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行どちらか

という風です。モビットの在籍確認の代替措置は、体験談・口コミによって、かなり必要書類の情報が違うのですが、上の一覧の中で絶対必要となるのは、一番上の「勤務先の保険証・給与明細書」だと思ってください。

この2つの書類は、プロミスでも同じ

この2種類の書類を提出するというのは、モビットの在籍確認の代替措置だけではなく、プロミスの代替手段でも同じとなっています。プロミスが公式にアナウンスしているわけではないので、あくまで口コミ・評判によるものですが、基本的にほとんどのキャッシングの情報サイトで、この2種類の書類…ということで一致しています。

で、モビットでもいろんな体験談・口コミがあるものの、この2種類(給与明細書・保険証)は一致しているので、この2種類は大体必要になる…と考えて下さい。

その他の書類は、その人のクレジットスコア(信用度)による

で、モビットの在籍確認の代替措置でその他の書類が必要になるかについては、その申込者・利用者のクレジットスコア(信用度)によって変わる…というルールになっているようです。これはモビットの在籍確認の代替手段に限った話ではなく、キャッシング審査全般が、そもそも人によって内容が変わるというのが普通になっています。

これは別に「差別をしている」のでもなく「基準が適当に決まっている」のではなく「本来、人間の何かのレベルを判断するには、その人のを総合的に見なければいけない」というのが、当たり前だからです。

たとえば、バスケットボールの選手だったら「背が高い」というイメージがあるでしょう。しかし、背が低くてもポイントガードなどのポジションで活躍する選手はたくさんいます。NBAでもいるくらいです。

なので、当然ですが「身長だけで、バスケットボールの技術を決めることはできない」わけです。同様に、人間の何かを判断するというのは、どうしても「その人を総合的に見るしかない」ということになるわけですね。

そのため、キャッシング審査をまじめにしようとすればするほど「その人によって、提出書類や審査条件が異なる」というのは、自然なことなのです。なので、モビットの在籍確認の代替措置でも、人によって提出書類が変わる(と思われる)わけです。

(あくまで体験談・口コミの内容がいろいろあるというだけであって、人によって違うというのも、私の推測にすぎないのですが…。)

身分確認資料は、なぜパスポート・運転免許証なのか?

上の本人確認資料の指定を見て「なぜ運転免許証・パスポートなのか?」「住民基本台帳カードや、個人番号カードではいけないのか?」と思った人もいるでしょう。この理由を箇条書きしていくと、

  • 住民基本台帳カードや、個人番号カードは、
  • 普段持ち歩くことがめったにない
  • なので、なくした時も気づかない

ということです。「それの何がいけないのか?」と思うかも知れませんが、

  • 紛失した時に気づかないということは、
  • 誰か拾った人(あるいは盗んだ人)がそれを使って、
  • 「成りすまし」で申し込んでいる可能性がある

ということです。当然ですが、そうした不正申し込みは、その身分確認資料の本来の持ち主のためにも、排除しなければいけません。なので、こういう「紛失しても気づきにくい」本人確認資料については、キャッシング審査では「できるだけ遠慮したい」ものとなるのです。

で、「よく持ち歩く」「なくしたら気づきやすい」という条件で絞ると、身分確認資料で信用できるものは運転免許証・パスポート・保険証のどれかとなるわけですね。当サイト・美人キャッシングではこれらの身分証明書を勝手に「三種の神器」と呼んでいるのですが、この3つ
のどれかがいいわけです。

で、保険証については先程書いた「給与明細書とのセット」で、提出しています。なので、残るのは「パスポート・運転免許証のどちらか」だけとなるわけですね。こうした理由から、モビットの在籍確認の代替措置の身分確認資料は、この2つに限定される(という口コミがある)わけです。あくまで口コミ・評判でそうなっているというだけであり、本当にモビットがそういうルールにしているかはわかりません。

(また、かつてそういうことがあっても、キャッシング審査のルールはひんぱんに変わるので、今は違うかも知れません。…ということを前提にして、参考にしてみてください)

なぜ、キャッシング審査の基準は変わるのか?

モビットの在籍確認の代替措置にしても、その他のルールにしても、なぜキャッシング審査の基準やルールはひんぱんに変わるのか。これは理由があって、

  • ヤミ金などの反社会勢力が、
  • 組織的に不正申し込みをしているので、
  • ノウハウが広まる前に、ルールを改正している

ということです。もちろん、この理由の場合「ひんぱんに変えている」ということすら、彼らに知らせないようにするのが正しいので、これも公式にアナウンスされているわけではありません(あくまで私の推測です)。

ただ、おそらくこういう理由だと考えていいでしょう。まともな世界で生きている方だと、ほとんど知らずに、関わらずに終わるでしょうが、反社会勢力などの世界では、

  • 身分確認資料や戸籍を偽造して、
  • 債務者の会社も買収して、そこをアリバイ会社として、
  • 大々的に消費者金融・銀行カードローンで借金をしまくって、
  • 一切返済せずに逃げる

という手口が「普通にある」わけですね。これは年々難しくなっている(もちろん、良いことですが)ので、最近は件数も少なくなっているかも知れません。しかし、

  • こういう手口があることは事実であり、
  • そのためには、キャッシング審査の細かいルールは公開してはいけない
  • だから、あくまで口コミ・評判に頼るしかなくなる

ということです。なので、モビットの在籍確認の代替措置についてもその他の審査のルールにしても、こうしたテーマについて語る時は、どうしても、

  • 口コミ・評判によれば、とか
  • 私の推測ですが、とか
  • 「…という可能性もあります」などと、

少々(というかかなり)曖昧な物言いになってしまうのですが、これには「反社会勢力の不正申し込みを防ぐ」という、社会的な理由がある…ということを意識してください。


…と、「何で曖昧な説明になるのか」という事情を解説した上で、モビットの在籍確認の代替措置についてさらに解説していきます(土日融資のキーポイントなので)。

借入金額に無関係で、収入確認資料が必要になる

モビットの本来のキャッシング審査では、キャッシング金額が50万円を超えるまでは、所得確認資料の提出が要求されることはないという風になっています。これは貸金業法で決まっているルールなので、モビット以外の大手の消費者金融(プロミス・アコム・アイフルなど)すべてで共通しています。

で、ほとんどの人の借り入れは「50万円以下」で終わるので、事実上、収入証明書は基本的に出さないでいい…というルールなのです。しかし在籍確認の代替手段をとる時だけ、これが変わるわけですね。

  • 借入金額がいくらであっても、
  • 源泉徴収票・確定申告書などの年収確認資料を出さないといけない

ということです。ただ、これについては「出せばいい」というだけなので、特に問題ありません。収入の金額によって審査結果が決まるというより、提出書類を増やして、不正申し込みをするのを難しくするというのがメインの目的だと思ってください。

収入の金額は、関係ないのか?

上のように書くと「モビットの在籍確認の代替措置では、年収がいくらかは関係ないのか?」と思われるかも知れません。これは、

  • あまりにも少ない場合は、当然NGになる
  • しかし、基本的には収入は関係ない
  • ただ、在籍確認をする時よりは、やや厳しく見られる

ということです。つまりちょっとだけ見られるということです。簡単に書くと。

ただ、あくまで「少し厳しくなる」というだけなので、たとえば「年収200万円ない人は、在籍確認の回避ができない」とか、そういうことではないので、この点は安心して下さい。(要は、一般常識から考えて、「この借入希望金額で」「この収入がある人だったら」「職場への電話連絡なしでもいいだろう」というレベルであれば、OK…ということです)。

三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行のいずれかの口座が必要

さらに追加の条件として(これはかなり多くのケースで必要になるようですが)、三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行、いずれかの口座を持っているというものがあります。何でこの条件が追加されるのかというと、

  • 本人名義の銀行口座があれば、
  • 架空の人物の可能性が、また1つ低くなる

というのが1つ目の理由。そして2つ目が、

  • 銀行口座があるということは、
  • キャッシュカードなどの郵送で「住所確認」ができているから、
  • これもやはり、信用度が1つ高まる

ということ。3つ目は、

  • 反社会勢力の銀行口座は、銀行や警察の間で共有されている
  • なので、少なくとも「判明している反社会勢力の口座」であれば、
  • 自然に審査から排除することができる(むしろ通報できる)

ということです。さらに言うなら(これは銀行口座でなくてもいいのですが)とにかくハードルを上げることで、不正申し込みをするモチベーションを下げるというメリットもあります。(不正申し込みのモチベーションというのも、変な話ですが…。実際、彼らの世界でも成功者と脱落者がいるわけですから、それなりの「努力」というものもあるのでしょう)


…という理由によって「銀行口座」が必要になることがあります。なお、なぜ三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行なのかという点については、

  • 三菱東京UFJ銀行…もともと、モビットの設立に関わっている
  • 三井住友銀行…現在のモビットは三井住友の系列である

ということです。つまり「モビットの過去と現在」のそれぞれに関わっている銀行ということですね。なので、同じメガバンクの中でも、みずほ銀行などの口座ではダメ…ということです。

(ただ、三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行であれば、口座を持っているという人は多いはずなので、かなりの人が、この条件は満たせるでしょう)

モビットの在籍確認の代替措置・まとめ

…という風にモビットの在籍確認の代替措置について、そのやり方・方法・提出書類をまとめてきました。もう一度整理すると、

  • 土曜日・日曜日・祝日は、勤務先が定休日なことが多い
  • そういう時は、「在籍確認取れない」こともある
  • そういう時でも、モビットなら代替措置が使える
  • だから、土曜日・日曜日・祝日の即日借入がしやすい
  • ↑(審査が甘いという意味ではなく、システム的に借りやすい)

ということです。なので、特に土曜日・日曜日・祝日に勤務先が閉まっている人が、土日キャッシングをする時に、モビットはおすすめだといえます。

モビットの土日審査は何時までしている?

モビットの土曜日・日曜日・祝日の即日審査は、何時までしているのか。これは大体21時までです。日によって、あるいは自動契約機や店舗によって前後することはありますが、平日同様、大体夜9時まで即日審査していることが多いと思って下さい。

これは「夜9時までに申し込めば当日審査できる」ということではなく、「夜9時までに審査結果の連絡が来なければ、即日審査できなかった可能性が高い」ということです。つまり、夜9時までに審査完了するには、大体その2~3時間前には申し込む必要がある…ということですね。

モビットの土日審査は最短30分だが…

モビットの最短即日審査は、土曜日・日曜日・祝日でも平日でも「最短30分」となっています。なので、2~3時間も前に申し込む必要はないのでは?と思う人もいるかも知れません。

確かにモビットは実際に最短30分で終わる割合も高く、ここまで早く審査申込みする必要はない…という指摘は一理あります。しかし、

  • キャッシング審査というのは、何が起きるかわからない
  • 送信した身分確認資料が不鮮明など、不備がある可能性もある
  • 在籍確認の電話をかけても、たまたま勤務先の同僚が誰も出なかった…ということもある

ということで「想定外の事態」をあれこれ想像していくと、やはりモビットでもどこでも、即日審査の締切時間の2~3時間前には申し込んだ方がいい…という結論になるわけですね。

融資までは、最短1時間程度である

また、この最短30分というのは、モビットでもどこでも、そして土曜日・日曜日・祝日でも平日でも「あくまで、審査に直接かかる時間」であって、融資などの手続き・審査通過後の説明などもすべて含めると、「大体、最短1時間程度になる」という点も、知っておいた方がいいでしょう。つまり、最短30分で審査できたとしても、そこから実際の融資までとなると、さらにプラス30分…となるわけです(最速でも)。

このように「最速でも、融資まで60分」という現状を考えると、やはり数時間は余裕を持って土日審査に申し込む…というようにしておいた方が最善だといえます。

そもそも、土日借入をするなら急いでいるはず

そもそも、通常の一般的な生活では、土曜日・日曜日・祝日に即日キャッシングが必要になる…ということは、基本的にないはずです。つまり土曜日・日曜日・祝日にお金が必要になっているという時点で、「相当急ぎ」のはずなんですね。それは当のご本人が一番よく知っているでしょう。

で、そのように「かなりの急ぎ」であるなら、それだけにますます「余裕を持って」行動しなければいけないのです。確実に借りられるように、とにかく早めに行動する…ということですね。

モビットなら簡易審査のおかげで、すぐに結果がわかる

さいわい、モビットには「10秒で簡易審査ができる」というシステムがあるおかげで、審査通過できるかどうか、大体10秒でわかる…というメリットがあります。つまり、この簡易審査で落ちていた場合、

  • すぐに、モビット以外でも審査申込みする準備をしておいて、
  • モビットから審査落ちの連絡が来たら、
  • そのまま次の消費者金融で、同時に申し込めるようにする

ということができるわけです。「数時間前に申し込む」ということを意識すると、こういう「万が一の事態」にも備えることができるわけですね。

ここ数年のベストセラーの1つである、『エッセンシャル思考』はこれを「バッファをとる」と表現しています。『エッセンシャル思考』は、

  • ムダがない
  • 慌てない生活

をしている人々に共通する特徴を次々紹介していますが、彼らは総じて「バッファ」を多めにとるということが、強調されています。これは日常生活で「あの人はいつも仕事が早いな」と思える人を見ても、わかるでしょう。彼らは大抵「万が一のために」いつも「余白の時間」を多めにとっています。(時間だけでなく、予算でも人員でも、体力でも何でもですね)

もちろん、それだけ「余裕を確保する」には「たくさんのこと」はできません。なので「本当に大事なことだけに、自分の人生を使う」という「エッセンシャル思考」が必要になるわけですが。何はともあれ、キャッシングの審査申込みだけではなく、ビジネスや日常生活でも、そのように「余裕を持って行動する」というのは、きわめて重要なことなのです。

モビットと他の消費者金融の土日借入を比較すると?

モビットの土曜日・日曜日・祝日の最短即日借入は、他の消費者金融の土日キャッシングと比較して、どのような点が有利なのか―。これを箇条書きしていくと、

  • 簡易審査の結果が10秒でわかる(ここまで書いた通り)
  • WEB完結申込がしやすい
  • 在籍確認の代替手段がある(ここまで書いた通り)

という風です。在籍確認の代替手段、簡易審査についてはすでに説明済みなので、ここでは「WEB完結申込」について説明していきましょう。

モビットのWEB完結申込とは?

モビットのWEB完結申込とは、簡単に書くと、下のようなものです。

  • 来店しなくていい
  • 郵送もいらない(送る方も、受け取る方も)
  • 電話での審査もない(電話連絡だけはある)

ということ。つまり来店・郵送・電話の3つがなしで、文字通り「WEBのみで申し込める」…ということですね。

自分の携帯への電話連絡だけはある

この「電話審査なし」という点について、多くの人が勘違いしがちなのは、「一切電話がかかって来ない」というもの。しかし、これはそういう意味ではなく、

  • 電話によって、勤務先情報などを聞き出す「電話審査」をしない、というだけ
  • その携帯電話が本当に通じるか、というような「電話連絡」だけはする

ということです。もしこの「携帯電話への電話連絡」をしなかったら、大変なことになります。誰かが成りすましで申し込んでいても、それを見破りにくくなりますからね。

ということで、どれだけキャッシング審査をシンプルな仕組みにしようとしても、本人の携帯への連絡だけはなくせないわけです。なので、モビットのWEB完結申込でも、この「自分の携帯への確認電話」だけは、必ず来ると思って下さい。

来店・郵送なしは、他の消費者金融でも当たり前?

モビットに対して、あまり好意的でないキャッシングの情報サイトで、下のような内容の指摘が見られました。

  • WEB完結申込というけれど、
  • 来店・郵送なしでも借りられるというのは、
  • 今の消費者金融では当たり前
  • なので、特にモビットだけ特別…という訳ではない

というものです。確かにモビット以外の消費者金融でも、郵送・来店なしでキャッシングできる…というのは事実です。そういう意味では「モビット以外でもやっていること」かも知れませんが、

  • 簡易審査の結果が10秒で出るのはモビットだけである
  • 普通はこの仮審査(データだけでの審査)で、30分程度かかることが多い
  • ↑(教えてもらえるまでには、そのくらいかかるケースが多い)

…という点で、「WEB完結」に関しては、他の消費者金融の「ネット完結」よりも、モビットのシステムはかなり有利…ということができます。もちろん、キャッシングという業態はそもそも「差別化しにくい」という部分はあるので、「他の消費者金融のネット審査と、本質的な部分では変わらない」というのは、確かにそうかも知れません。ただ、これは、

  • ビートルズとローリング・ストーンズは、
  • 本質的な部分では変わらない、というのと同じで、
  • 両方知っている人からしたら「別物中の別物」

ということは言うまでもないでしょう。この2つのバンドを混同する人は、あまりいないと思います。(少なくとも音楽が好きな人であれば。いい意味での混同はあるでしょうが)

ということで「何を持ってして違うというのか」というと、最終的には哲学のテーマになってしまうので「簡易審査が10秒でできる」というような特徴があるだけでも「十分、他と違う」と言っていいのです。


この「何を持ってして、他と違うというか」ということを突き詰めていくと、若い世代でよくある「自分探し」になってしまうのです。これを『バカの壁』の養老孟司氏は、下のように批判というか、諭されています。

  • あんたの体は、明らかに他の人間とは別の「個体」なんだから、
  • それでもう「立派な、人とは違う自分」なんだ
  • あんたと隣のやつを間違うやつなんていない
  • それ自体が「自分が存在している証拠」なんだ

ということです。で、下のようにも言われています。

  • もし「個性」が大事というなら、
  • 私が知っている「精神病棟の患者」には、
  • 毎日「大便を壁に塗りつけて文字を書く」という患者さんがいる
  • 個性的というなら、これほど個性的な人はいない
  • しかし、それが良いことだろうか?
  • 「個性」というのが、「世間から歓迎される個性」を指すなら、
  • それは結局「没個性」ではないのか?
  • 個性というのは、結局「自分という個体が、そこにあること」
  • それでいいのではないか?

ということです。と、少々哲学や人生論の話になりましたが、養老孟司氏の言うことには私も賛成です。なのでモビットのWEB完結申込というのも、結局他とあまり違わないじゃないかという指摘に対しては、「個性を出しすぎて、利用者が求めているニーズから離れては、意味がない」「簡易審査の結果を早く知りたいというのは、すべての利用者に共通するニーズである」「モビットはそれを満たしている」「だから、モビットのWEB完結申込は高く評価されていい」

…という指摘をしたいと思います。

モビットの土曜日・日曜日のキャッシング・まとめ

以上、モビットの土日審査・土日キャッシングについてまとめてきました。毎回恒例で、最後にポイントをまとめると、

  • モビットは土曜日・日曜日・祝日でも最短即日審査ができる
  • 審査受付時間は平日同様で、大体夜9時頃までとなっている
  • その数時間前に申し込んでいれば、割と即日借入しやすい

というのが土日審査の時間について。そして、勤務先への在籍確認の電話に関しては、

  • モビットでは「在籍確認の代替措置がとれる」という口コミ・評判がある
  • ただ、必ずしもそれがとれるとは限らない
  • 一応「勤務先の保険証・給与明細書」などの書類を提出すると言われているが、
  • この在籍確認の代替措置の条件も諸説があって、明確ではない
  • その人の信用度に応じて内容が変わることもあり得るので、
  • 詳しくは、申し込み時に問い合わせていただくのがベスト

ということです。曖昧な結論のようですが、キャッシングの在籍確認というのは、やや敏感なテーマなので、このように「断言できない」という表現に、どうしてもなってしまうのです。

(最近、政治家や官僚の気持ちが、よくわかるようになりました)


…ということで、在籍確認の代替手段がもし適用されるようであれば、特に「土曜日・日曜日・祝日は勤務先が閉まっている」という方にとって、モビットは土日キャッシングが一番しやすい消費者金融の1つになるかも知れません。そうした方は、特に参考にしていただけたら幸いです。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP