ノーローンは土日・祝日・休日の即日キャッシング・当日審査も可能!勤務先への在籍確認は必須

ノーローンは土日・祝日・休日の即日キャッシング・当日審査も可能!勤務先への在籍確認は必須

ノーローンは土日・祝日の最短即日キャッシング・当日審査も可能となっています。これについてポイントをまとめると、

  • 土日・祝日でも、21時頃まで最短即日審査をしている
  • この数時間前までに申し込めば、即日借入しやすい
  • 審査の所要時間は平日同様「最短20分」である
  • 審査スピードは、土日・祝日でも大手の消費者金融の中で一番早い

という風です。以下、詳しくまとめていきます。

土日・祝日でも夜9時頃まで最短即日審査が可能

冒頭に書いた通り、ノーローンは土日・祝日でも21時頃まで、最短当日審査が可能となっています。これは他の消費者金融でも同じで、プロミス・アコムは22時程度までと、少々長くなっていますが、ノーローンも含めて、アイフル・モビットなどは、夜9時程度まで…となっています。

(店舗や日時・その他のシチュエーションによって、即日審査の締切時間は変わることもあります)

ということで、土日・祝日でも夜間まで最短即日審査ができる…ということですが、その中でもノーローンは特に審査の所要時間が短い…というメリットがあります。

土日・祝日の最短即日審査は、ノーローンが一番早い

土日・祝日の最短即日審査のスピードは、大手の消費者金融の中でもノーローンが最速…となっています。箇条書きすると、

  • 他の消費者金融…最短30分
  • ノーローン…最短20分

と言う審査時間になっています。特に急ぎでお金が必要でない人にとっては「たかが10分」という感じかも知れませんが、ギリギリでお金が必要という方にとっては、この10分の審査時間の違いは大きいと言えます。もちろん、そういう場面にならない…というのが理想なのはそうですが、

  • 人間は理想通り生きられるものではない
  • オリンピックの会場設営など、国家レベルの事業でも、
  • 「結局当日に間に合わなかった」ということがある(アテネ五輪など)

ということで、人間がギリギリで行動するのは、キャッシングや即日融資の審査に限らず、人の世の常なので、別にそれほど責められたものではないのです。

(もちろん、理想論をいえば、やはりいつでも余裕を持って行動するべきなのですが…)

何はともあれ、そうしてギリギリの場面になってしまった時でも、ノーローンだったらこの審査スピードの早さによって、ピンチを切り抜けられる…ということが多いわけです。そうした点でも、大手の消費者金融の中で特に土日・祝日の最短即日借り入れをするメリットがある…といえます。

土日・祝日は銀行振込で借りることはできない

これはノーローンに限らず、すべての消費者金融で言えることですが、

  • 平日は最短即日振込で借りることもできる
  • しかし、土日・祝日は銀行が閉まっているので、
  • 銀行振込で借りることはできない

…という風になっています。銀行振込でキャッシングできないというのはどういうことかと言うと、

  • ATMから現金で直接借りる必要がある
  • そのためには、ATMを操作する必要がある
  • ATMを操作するには「ローンカード」が必要である
  • その「ローンカード」を発行しなければいけない

…という風になります。で、このローンカードを発行するためには、

  • ノーローンの自動契約機に行く必要がある
  • そのローンカードの発行ができる時間も、制限があるので、
  • その移動時間・発行時間も考慮しておく必要がある

ということです。ちなみに、ノーローンの自動契約機は夜9時まで稼働しているのが基本なので、即日審査の締切時間とほぼ同じです。ただ、これも審査の締切時間と同様に、

  • 日によって違ったり、
  • 自動契約機の位置・店舗によって違ったり、

…ということがあるので、一応音のためにノーローンの無人契約機に行く前に、ノーローンの公式サイトなどで、自動契約機の稼働時間をチェックしていく…ということをおすすめします。

新生銀行カードローン・レイクの自動契約機と同じである

ノーローンは新生銀行系のブランドなので、同じく新生銀行のカードローンである「新生銀行カードローン・レイク」とは、自動契約機が共通…となっています。なので、街中で「新生銀行レイク」という看板の建物を見かけたことがあったら、そのローン契約機に入れば、大体ノーローンのローンカードの発行もできる…と考えて下さい。

(ごくまれに例外もあるので、やはりノーローンの公式サイトで事前に調査していっていただきたいですが)

ローンカードの発行のやり方・方法は非常に簡単で、

  • すでに審査通過した状態でいくので、
  • 氏名・生年月日などの簡単な個人情報を伝えて、
  • あちら(ノーローン)がそれを照会して、
  • 情報が登録されていれば(エラーがなければ)そのままカード発行される

…ということです。難しいことは何もないので、要は審査完了している人だったら、ただローン契約機の中に入るだけと考えていいでしょう。

ノーローンの土日・祝日の在籍確認は?

土日・祝日に即日キャッシングをする時は、ノーローンでもどこでも「勤務先への在籍確認の電話をどうするか」という問題が生まれます。正確に書くと、ファミレス・コンビニなどの「24時間・土日・祝日も休み事無く」営業している勤務先であれば、別にいいのですが、普通の職場の場合は「土日・祝日は勤務先が閉まっている」というのが普通なので、これだと勤務先への在籍確認ができない…ということなんですね。

で、他の年収・職業などの諸条件はすべていいし、クレジットヒストリーも問題ないのに在籍確認が取れなかったという理由だけで審査落ちしてしまう…ということがあるわけです。それはノーローンでも例外ではありません。

ノーローンは土日・祝日でも在籍確認が必須

これはどの消費者金融・銀行カードローンでもそうですが、このような事情があっても、ノーローンは土日・祝日でも在籍確認が必須となっています。この点については、どの借入先で申し込んでも変わることはありません。

ただ、当然ですが土日・祝日で勤務先が閉まっているということはよくあるので、消費者金融・銀行カードローンの側としても、

  • 明らかにクレジットスコアが高い人を、
  • これだけで審査落ちとするのは少々痛い

という思いがあります。消費者金融・銀行カードローンとしては、融資した方が売上になるわけですから、クレジットスコア(信用度)が高い人であれば、できるだけ融資したいわけですね。

ということで、

  • 在籍確認をする必要もないくらい、信用度が高い人で、
  • 土日・祝日・夜間で職場が休み…というような、
  • 何で在籍確認取れないのか事情がわかっている

というケースでは、在籍確認を省略して融資する…ということがしばしばあるわけです。ノーローン以外の消費者金融・銀行カードローンでも。

ということで、このようなケース(土日・祝日で勤務先が休み)と言う時であっても、自分のクレジットスコア(信用度)が高いという自信がある人の場合は、ノーローンの方で配慮して在籍確認を省略してくれる…ということもある、と考えて下さい。

在籍確認の代替措置がある消費者金融もある?

どうしてもこうした土日・祝日の在籍確認が心配…という場合は、消費者金融によっては「在籍確認の代替措置」というものがある…ということもあります。口コミ・評判によれば、プロミス・モビットは勤務先の保険証などの書類の提出によってできるかもしれない…ということですが、実際の所はどうかわかりません(あくまで、そういう口コミ・評判がある、ということです)。

で、その在籍確認の代替手段が本当かどうかは置いておき、特に中小の消費者金融だったらそうした配慮をしてくれる所はかなりあります。なので、どうしても勤務先への在籍確認の電話を受けられない、在籍確認ができない…という事情がある人は、あえて中小の消費者金融で申し込んでみる…という方法もありかもしれません。

アコムは在籍確認取れなくても即日融資可能?

この点、アコムでは参考になるかも知れない口コミ・体験談があります。箇条書きすると、

  • 土日・祝日でも、勤務先への在籍確認の電話は必ずかける
  • しかし、例えば勤務先が閉まっていて確認が取れなくても、
  • 信用度が高い人であれば、10万円程度の少額で、即日融資してくれる
  • 後日あらためて、アコムが再度在籍確認する
  • その時に確認が取れたら、借入限度額を増やす

というやり方です。これだったら、

  • とりあえず急ぎでお金が必要な用事はクリアできるし、
  • その後十分な金額をキャッシングすることもできる

ということで、どのような人のニーズであっても満たすことができます。もちろん、「急ぎで30万円必要」という人の場合は間に合わないわけですが、これは仕方ないと考えましょう。(そもそも10万円とは言っても、確認が取れなくても融資してくれるというだけで、かなり異例の措置なわけですから)

ということで、あくまで口コミ・評判によれば…ということですが、アコムではこのようなケースもあります。なので、自分のクレジットスコア(信用度)が高い…という自負を持っている方であれば、土日・祝日・夜間で職場が休み、という時には、ノーローンでなくアコムで申し込んでみる…というのもいいかも知れません。

(参考になれば幸いです。)

土日・祝日は、とにかく融資希望金額を小さくする

これもやはり、ノーローンに限らずどの消費者金融・銀行カードローンでキャッシングをする時でも共通して言えることですが、

  • 土日・祝日にお金が必要ということは、かなり切羽詰まっている
  • ということは、少額でもいいので、
  • 絶対必要な金額だけ借りることを考えた方がいい
  • なので、借入希望金額については、
  • あまり欲張らず、最低限必要な金額だけ申し込むようにする

…というのがいいでしょう。

借入希望金額を小さくすると、審査に通りやすい

これはノーローンだけの話ではなく、あるいは土日・祝日の審査だけではなく、

  • キャッシング審査は、消費者金融・銀行カードローンでもどこでも、
  • 融資希望金額が小さいほど、審査通過率が高くなる

と言う特徴があります。これは実際に自分が友達や知人などにお金を貸すことを考えれば、すぐにわかるでしょう。あるいは、自分が親友達などにお金を借りに行く…と言う場面の想像でもかまいません。

基本的に、そういう日常生活のお金の貸し借りであっても、

  • 少額だったら、すぐにOKをもらえるけど、
  • 高額だったら融資してもらえなかったり、
  • 融資してもらえても時間がかかる

ということがほとんどでしょう。これは消費者金融・銀行カードローンの審査でも同じなので、融資希望金額はできるだけ小さい方がいいのです。

返済のことを考えても少額キャッシングの方がいい

また、審査に通ることや、審査スピードをあげることだけを考えるのでなく、実際に自分がその金額を返済していくということを考えても、やはりキャッシング金額は少額にした方がいいでしょう。

金額が小さい方が完済しやすいというのは当たり前ですが、それだけでなく、

  • 金額を小さくする人は、
  • その時点で「返済」が常に頭に入っている
  • となると、買い物などのすべての行動で、
  • 常に「節約」を意識するようになり、
  • そういう行動が自然にとれるようになる
  • だから、結果的に返済しやすいくなる

ということです。人間は、

  • 思いが先にあって、行動する、というよりも、
  • 行動が先にあって、その後で思いが生まれる

ということが多いんですね。つまり、

  • 完済へのモチベーションを高めるには、
  • 返済をどんどんする人であれば、
  • 「こういう行動をとるだろう」という行動を、
  • 先回りして取っていく

ということが大事なのです。これは、キャッシングの返済がスムーズに進む人に共通しているポイントなので、これについて心理学的な説明もしていきます。

外相整えば、内相自ずから整う(禅の言葉)

禅の言葉で、見出しの通り「外相整えば、内相自ずから整う」というものがあります。この意味は「形を整えれば、心は後からついてくるものだ」というものです。

これは千日回峰行などの荒行をした僧侶の方々も言われていることで、彼らのような「よほど強い魂がないとできない荒行」をやってのけた人たちも「まず形から入る」そうです。つまり「千日回峰行などの、修行をするための格好」をするわけですね。

そうすると「普通の人間」だった自分が消えていき、コスプレのような効果で「別人」になれるわけです。そして、普通の人だったら絶対に達成できないよな荒行もできてしまう…ということなんですね。

で、この「外相整えば、内相自ずから整う」というのは、そのような「姿格好」のことも言っていますが、

  • 部屋を掃除する
  • いつも笑顔でいる(楽しいことがなくても)

などの「行動」のことも言っています。つまり、キャッシングの返済でいうなら、先に書いた通り、真面目に返済する人だったら、こういう行動をとるだろうという行動を、「真似る」だけでいいんですね。そうしたら、

  • 本当に性格も真面目になっていくし、
  • 早期返済できるような人の行動を、実際にとっているわけだから、
  • 自ずと返済ペースも早まっていく

…ということなのです。このように本心などどうでもいいから、そういう行動をとるというのは、ありとあらゆる道を極める時に重要なことなので、キャッシングの返済に限らず(また、ノーローンでの借り入れの返済だけに限らず)、日常生活の全般の場面で、ぜひ意識してください。


(なお、武士道の本として有名な『葉隠』でも、やはり「本心などどうでもいいから、命をかけている人間らしい振る舞いをしろ」→「そうしたら、本当にいつでも死ねる侍になれる」ということを書いています。これを『葉隠』の言葉では「常住死身」(じょうじゅうしにみ)といいます)

銀行カードローンの土日借入について

ここまでは、ノーローンや他の大手の消費者金融の土日キャッシングについて書いてきました。ここからは、銀行カードローンの土日・祝日の最短即日借入についても書いていきましょう。まず、簡単にポイントをまとめると、

  • 土日借入がしやすい銀行カードローンは、
  • 三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・新生銀行レイクの3つの銀行である
  • その他の銀行カードローンの場合、
  • みずほ銀行・横浜銀行は土日キャッシングが不可能となっている
  • 楽天銀行・オリックス銀行はできるが、口座が必要となる
  • その他、ソニー銀行・イオン銀行も口座が必要

…という風です。以下、詳しくまとめていきます。

三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・新生銀行(レイク)は、土日融資がしやすい

大手の銀行カードローンの中で土日キャッシングがしやすいのは、先に書いた通り、

  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • 新生銀行

…の3つの借入先となっています。これらの3つの銀行カードローンが土日借入をしやすい理由は、

  • 口座なしでも借りられる
  • 土日審査でも、夜間までOK(17時~21時まで)

という二点が主です。あと、これは土日・祝日だけでなく平日でも共通ですが、審査の所要時間が最短30分と、大手の消費者金融なみに早いので、この点でもギリギリで土日審査に申し込む…という場面で、借りやすいといえます。

銀行口座なしで土日借入できるのが便利

で、上に書いた3つの理由の中でも、やはり一番大きいのは、土日キャッシングでも、口座なしでOKということでしょう。まず、銀行カードローンの即日借入自体が、平日でも土日・祝日でも「口座が必須」という条件が多いんですね。たとえば、

  • イオン銀行
  • 横浜銀行
  • みずほ銀行
  • ソニー銀行

などが、そういう条件となっています。ソニー銀行は「平日で初回のみ、口座なしでもOK」という例外があったり、みずほ銀行・横浜銀行は「当日口座開設して、そのままキャッシング審査に申し込む」…という方法もあるのですが、それはおいておきます。

で、このように銀行カードローンは、口座が必要という条件が基本という中で、この3つの銀行カードローン(三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・新生銀行(レイク)は、「土日・祝日でも口座不要での即日借入できる」という設定になっているので、土日キャッシングが非常にしやすい…ということです。

土日・祝日でも夜間まで即日審査している

また、土日・祝日の審査でも、夜間までやっている…というのも魅力です。それぞれの土日審査の締切時間を一覧にすると、

  • 三菱東京UFJ銀行…17時~18時
  • 三井住友銀行…21時
  • 新生銀行レイク…21時

となっています。これらの時間は、状況・条件によっては変動することもありますし、自動契約機や店舗の違いによって、時間が変わる…ということもあります。この点はノーローンの即日審査の締切時間でも同じですが、やはりこれらの3つの銀行カードローンでも共通なので、事前に公式サイトで時間を確かめていく…というようにしてください。

(大抵はこの時間で大丈夫のようですが)

土日・祝日でも最短30分でスピード審査できる

また、これはノーローンの土日審査の時でも同じですが、土日・祝日にキャッシングする場合は大体「ギリギリの申し込み」なので、それでも間に合うような「審査スピードの早さ」というのも重要になります。その点、三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・新生銀行(レイク)は大手の消費者金融と同じ最短30分で即日審査できるというシステムになっていて、スピードキャッシングが非常にしやすい借入先となっています。

その他、しずぎんカードローン・セレカも最短30分で審査できるのですが、静岡銀行という地方銀行なので、「その人の住んでいる地域によっては、ローンカードが送られてきた時に違和感がある」というデメリット・短所があります。要は静岡県と遠い都道府県だと、家族バレしやすいということです。

なので、そうしたデメリット・短所がないという点で、同じ最短30分の審査時間でも、三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・新生銀行(レイク)の方が、多くの人におすすめ…ということができるでしょう。

楽天銀行・オリックス銀行も土日借入はできる

で、他の銀行カードローンについても紹介すると、

  • 楽天銀行
  • オリックス銀行

の2つの銀行カードローンも、土日キャッシングができるようになっています。ただ、先に書いた通り土日借入では口座が必須という条件になっているので、すでに楽天銀行の口座やオリックス銀行の口座を持っている方でないと、土日借入はできません。

(例外的なケースとして、オリックス銀行カードローンでは「ジャパンネット銀行の口座」でもOKとなっています)


楽天銀行スーパーローンでもオリックス銀行カードローンでも、「平日は口座なしで即日借入可能」となっているのですが、土日・祝日だけはこのように「口座が必須」という条件になります。なぜ「土日・祝日だけ必要になる」のか、その理由を解説しましょう。

土日・祝日だけ口座が必要になるメカニズム

これは冷静に考えて行くとわかるのですが、

  • 土日・祝日は銀行が営業していない
  • ということは、即日振り込みをしても、
  • それが借り手の口座に反映されない

ということです。つまり楽天銀行・オリックス銀行が振込手続きをする…という所まではいいのですが、たとえばそれで「みずほ銀行」に振り込んだとしたら、「みずほ銀行の口座」に、それが反映されない…ということですね(お休みなので)。

しかし、自行だったら反映できる

しかし、これは「同じ銀行の口座」だったら反映できるわけです。三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行などのいわゆる「リアル系」の銀行だったら難しいこともありますが、楽天銀行などのネット専業銀行だったら、それもしやすいということですね。ネット専業銀行では、振り込みというのは簡単に言うと「数字の移動」「データの移動」のようなものなので。

ということで、楽天銀行の口座やオリックス銀行の口座があれば、それでリアルタイムで反映できる…ということなのです。なので、土日・祝日は口座が必要となるわけですね。

平日の夜間・夕方でも同じ

気づいた人もいるかも知れませんが、これは土日・祝日だけでなく、銀行が閉まっている平日の夕方や夜間も同じとなります。銀行はどこでも15時で営業を止めるので、それ以降は同様に「反映されない」となるわけです。

なので、土日・祝日だけでなく、そういう「営業時間外」になると、口座が必須になる…ということもあります。何にしても、銀行カードローンはこのように「銀行口座の有無」に関して制限があり、少々土日キャッシングがしにくくなっているわけですね(夜間の即日借入もですが)。

なので、このような点を考慮すると、ノーローンなどの大手の消費者金融の方が、土日キャッシングには向いている…ということなのです。

銀行カードローンの方が低金利と言われるが…

それでも銀行カードローンで借りたいと言う人は、その理由として銀行カードローンの方が低金利だから…というでしょう。しかし、実は少額キャッシングであれば、銀行カードローンと消費者金融の実際の利子総額は、あまり違いがないのです。

たとえば10万円をキャッシングしたとして、1ヶ月の利息がそれぞれいくらになるかというと、

  • 銀行カードローン…約1200円
  • 消費者金融…約1500円

ということで、「1ヶ月で300円の利息差」ということなんですね。10万円キャッシングしても。で、これで借入金額が増加していっても、

  • 20万円…600円
  • 30万円…900円
  • 40万円…1200円
  • 50万円…1500円

ということで、あまり大した利息差ではないのです。50万円というのは、相当な高額キャッシングですが、それでも月1500円の利息差しかないというわけなんですね。

10万円以下のキャッシングだったら、さらに差がない

で、さらに逆方向にシミュレーションをしてきましょう。つまり10万円以下の時の利息差です。

  • 1万円…30円
  • 3万円…90円
  • 5万円…150円
  • 8万円…240円
  • 10万円…300円

という風です。つまり10万円以下の小口借入だったら、消費者金融で借りようが銀行カードローンで借りようが、実際の利子総額は変わらないということなのです。何となくイメージ的に、

  • 消費者金融…高金利
  • 銀行カードローン…低金利

と言う感じがしますが、実際にこのようにシミュレーションしてみると「全然変わりがない」ということなのです。なので、特に10万円以下の少額融資でOKという人は、基本的に消費者金融で借りた方がいい…と言えるでしょう。

借り入れの負担がかからないのも大きい

こうして実際の利子総額の差がほとんどない以上、あと重要なのは、

  • 審査通過率
  • 借り入れの負担の小ささ
  • スピードキャッシングの早さ

などになります。つまり、

  • 借りられるか
  • 負担がないか
  • 早いか

ということです。

  • 早い…間に合うことが重要
  • 借りられる…間に合って、さらに審査通過することが重要
  • 負担がない…これを今から解説します。

という風です。借り入れの負担を小さくする意味は「すぐに返済に向けた行動に入る」ためです。当たり前ですが、キャッシングというのは「借りてゴール」ではなく「返済してゴール」なのです。小学校の遠足の「家に着くまでが遠足です」ではありませんが「完済するまでがキャッシングです」なんですね。

ということで、

  • 借り入れの負担は、できるだけ小さくした方がいい
  • そして、代わりに日払いのアルバイトを探すなど、
  • 返済に向けた具体的な行動を、すぐに起こした方がいい

ということです。そして、

  • そうした行動をとるには、
  • 当然、時間が必要だし、労力も必要
  • それを客観的に計算したら、
  • どう考えても「キャッシング審査には、時間をかけない方がいい」

という結論になるわけです。この「客観的に時間や労力を計算する」というのは、キャッシングで早期完済するために非常に重要なことなので、今から少し解説します。

行動をとにかく、具体的に計画する

ドラッカーの名言で、下のようなものがあります。(当サイト・美人キャッシングでは、よく紹介していますが)

「成果を出す人は、仕事から始めない。目標からも始めない。時間から始める」

…というものです。意味がわかった人はセンスがありますが、箇条書きで説明していきます。

  • 「目標から始める」というのは、
  • 「毎日腕立て100回!」というように、目標だけ立てて
  • それを「達成するのに必要な時間」とか、
  • 「必要な栄養素」「その栄養素=食べ物」を買うための時間、
  • …というようなものを考えない

ということです。これはよくあるパターンでしょう。つまり、目標を立てること自体はいいのですが、それを実現するために、どれだけの時間・お金・人の協力などが必要で、それを確保するために、具体的にどうするのか…という「緻密な計画」がないわけですね。

もちろん、計画を緻密に立てすぎても「その通りに行くとは限らない」ことがあるので、不測の事態にそなえて「余裕」はとっておく必要があるのですが。

何はともあれ、そういう「トラブルがあっても、その目標を遂行できるような、時間やお金の計画をたてる」というのが、ドラッカーの言っていることです。


で、もう一つの「仕事から始めない」というのは、あくまで私の解釈ですが「現実を見る」ということかと思います。(ドラッカーは別の名言で「表の風に吹かれよに」と言っています)

これは、簡単に言うと、

  • 人生はこうある「べき」である、という
  • 「べき論」を唱えるのではなく、
  • 現実に適応することを考え、それに必要な時間などを、
  • 先に書いたように、具体的に考えていく

ということかと思います。(少々解釈が難しい言葉なのですが…)

キャッシングの返済で例えると?

で、この考え方をキャッシングの返済で例えると、

  • まず「いついつまでに完済したい」という目標を立てる
  • そのためには「この月にいくら稼ぐ必要がある」ということを、逆算していく
  • そして、その収入を得るためには、
  • いくらの時給で、何時間働くのか
  • …ということを計算する

というものです。ここまでは誰でもわかるでしょう。で、ここで仕事から始めないという考え方が登場するのですが、

  • 「この時給で、この時間数働く必要がる」というデータが出たら、
  • 「それを満たせる仕事」以外は、してはならない
  • 「こういう仕事をしたい」という希望があっても、
  • 「必要な時給・時間数を満たせない」のであれば、
  • 憧れの仕事だったとしても、それをしてはならない

ということです。「してはならない」という理由は、ここでの目標は「○○月までに完済」だからです。もちろん、その目標を捨ててもいいならいいのですが、「これが一番重要」と決めたのであれば、「必ずそれに最適の行動をとらなければいけない」ということなのです。


これを、よく「目標最適」という言葉で表現します。つまり自分の生活や行動を、目標に最適なものにカスタマイズするということですね。自分を自分だと思わない…というような感じでしょうか。

こう書くと「そんなのは人間ではない」というかも知れません。もちろん、それも正しい見方でしょう。ただ「それでキャッシングの返済が遅れてもいいのか」ということは考える必要があります。「遅れてもいい」というならそれでいいでしょうし「やっぱり早期返済したい」というのであれば、それに最適な行動をとる必要があります。

…と、少々人生論・仕事論的な話になりましたが、このように「キャッシングでは、返済が何よりも重要」であり「だからキャッシング審査にはあまり時間や労力をかけず、返済のための行動に、早くうつる方がいい」ということです。参考になれば幸いです。

土日・祝日にお金が必要になる用事とは?

そもそも、土日・祝日にキャッシングが必要になるような事情・用事とはどのようなものがあるのか。それぞれの対策を考える上でも、ピックアップすると参考になるでしょう。というわけで、思いつくままに箇条書きすると、

  • 友達の結婚式
  • 親戚などの急な法事
  • 飲み会やパーティー

というようなものでしょう。特に冠婚葬祭の費用のために、土日キャッシングをするという人は多いようです。たとえば友達の結婚式に出る場合だったら、

  • ご祝儀
  • 会場までの交通費(新幹線のこともある)
  • ドレス代・スーツ代
  • 二次会の費用
  • その他、プレゼント代など

…というように、「軽く5万円程度飛んで行く」というのが普通です。5万円ではすまないかも知れません。新幹線で移動するなどのケースでは、10万円くらいは飛んで行くでしょう。

友達の結婚式でキャッシングする人は多い

実際、土日・祝日の即日借入に限らず、友達の結婚式のために借金を申し込む…という人は、かなりの数いるようです。これは『督促OL』というベストセラーにも書かれていますが、そうした理由での借り入れがあまりに多いので、著者の榎本さんが四コマの中で、(冗談のセリフですが)下のように言っています。

お客様~、その人は本当に友達ですか~!?

…と言うセリフです。これはなかなか名言というか含蓄のある言葉で、

  • お金がない時に、正直に「お金がないから、行けない」といえない友達が、
  • 本当に友達なのだろうか?

ということは、考えた方がいいでしょう。「友達のために結婚式に出る」と思っているかも知れませんが、本当は断って自分が嫌われたり、今後のけものにされるのが嫌だというのが、本心…ということもあるでしょう。

もちろん、そうでなくて純粋にお祝いしたくて、でもお金がないからキャッシングする…という方もいるでしょう。自分でそういう気持ちをはっきり感じてるなら、それはそれでいいと思います。ただ、「実際には、友達の結婚式のためにキャッシングする人は、そうでないことが多い」ということも、意識した方がいいでしょう。

(少なくとも、こういう指摘をされて「腹が立つ」と思った人は、相手は本当の友達ではない可能性が高いです。本当の友達だったら、こういうことを言われても別に腹は立たないからです。「確かに、そういう人もいるだろうね」と思うだけです)

*この「腹がたったら、それは図星だからである」というのは、ありとあらゆることで言えるのですが。

自営業・個人事業主だと、事業のための借金が多い

また、土日・祝日のような場面で急ぎでお金が必要になるというのは個人事業主・自営業の方が事業のための借り入れを必要としている…ということもよくあります。個人の場合は、

  • 何かの支払いが遅れても、
  • 遅延損害金が発生するだけだったり、
  • せいぜいブラックリストに入るとかその程度だけど、
  • 事業の不渡りなどは、そうはいかない

からです。例えば『ナニワ金融道』などの漫画を読むと、よくこういうパターンで借金を申し込んでくる会社経営者・法人代表者の方がいますが、これについても説明しましょう。

手形の不渡りを出すと、銀行取引ができなくなる

『ナニワ金融道』でたびたび登場する「手形」ですが、これは「約束手形」のことです。約束手形とは何か、カンタンに解説すると、

  • 会社が「紙切れ」を発行し、
  • 「これは10万円の価値があります」と宣言する
  • そして、その会社の「当座預金」に残高がある限り、
  • 銀行にその手形を持っていけば、10万円と換金することができる

という仕組みです。で、逆に言えば当座預金に座高がなくなったら、手形は現金化できないということなのです。これを不渡りといいます。

で、不渡りになったら、当然その約束手形を持っている人は怒るわけです。なので、この時点で「あの会社は危ない」という噂が流れ、ありとあらゆる取引先との仕事がしづらくなるわけですね。

取引は継続しても今後の取引は、すべて手形でなく現金でとなるわけです。そうなると、さらに資金繰りが苦しくなるわけです(現金がたっぷりあるならいいんですけどね。手形を発行するような企業は、大抵キャッシュを持っていないので、苦しくなります)。

で、さらにこの「手形不渡り」というのは、一定回数・一定条件に達すると「銀行取引自体ができなくなる」というデメリットもあります。これが特に大きく、こうなると会社のビジネス全体が、非常にやりにくくなるわけです。この時点で「事実上の倒産」となる人も多いんですね。

たとえば銀行から一億円借金して事業をしている方だったら、「その一億円を、すぐに全額返済しなければならない」という状態になるからです。そうなれば、当然倒産します。

ということで、会社経営者・法人代表者の方々が「手形の不渡りを出したくない」というのは、当たり前のことなのです。そして「入金の期限が月曜日」だったら、何が何でも土日・祝日のうちに即日キャッシングしなければいけない…ということなんですね。

なので、会社員・OL・公務員の方々が想像するような「土日・祝日にお金が必要になる用事」と、会社経営者・法人代表者や個人事業主・自営業の方のケースでは、少々事情が違うわけです。もちろん、法人経営者・会社代表者などの方々も、個人的な結婚式などでキャッシングする…ということはよくありますが。

事業性資金だったら「ビジネスローン」もあり

ちなみに、法人経営者・会社代表者などの方々が、こうした「事業性資金」を即日借入したいということであれば、「ビジネスローン・事業者向けローン」でお金を借りる…というのもありです。消費者金融でも銀行カードローンでも、普通のキャッシングだと「事業性資金は不可」となっていることが多いですが、事業者向けローンだったら、それ専用のローンなので、当然OKです。

もともとが事業用のローンなので、当然数百万円レベルの高額キャッシングにも問題なく対応しています。また、普通のキャッシングの時よりも「事業内容」を詳しく審査してくれます。つまり、

  • 単純に資金繰りだけ見ると苦しいけど、
  • 長年地元で愛されてきた優良企業だったり、
  • かなり優れた技術や特許を持っている

というようなケースでは普通のキャッシングの審査と違い、そうした「ビジネス的」な部分を評価してもらえるということなんですね。

もちろん、逆に言えば「ビジネス的に見てダメ」な会社経営者・法人代表者の場合、それでさらに審査に通りにくくなる…ということもあります(つまり、客観的に見て「この会社の経営は、もうダメだろう」と思われた場合、ですね)。

というような「メリット・デメリット」がありますが、自分の会社や事業所は大丈夫…という自信がある方だったら、こうしたビジネスローンで事業性資金をキャッシングする…という選択肢もおすすめです。

ノーローンの土日キャッシング・まとめ

以上、ノーローンの土日審査・土日融資について、

  • 審査受付時間
  • 勤務先への在籍確認の有無
  • 自動契約機でのローンカードの発行
  • 土日借入が必要になるケース

というような、関連する話題をいろいろまとめてきました。最後に要点を整理すると、

  • ノーローンは土日キャッシングにも対応可能である
  • 審査受付時間は基本的に、21時程度までとなっている
  • これは土日・祝日でも平日でも同じである
  • 審査時間は「最短20分」と非常に早い
  • ↑(これも平日の最短即日審査と同じ)

というのが基本で、

  • ノーローンの土日審査も、やはり勤務先への在籍確認が必須である
  • 土日・祝日に勤務先が休みと言う人は、
  • 在籍確認が取れなくて審査落ち…ということもあるので、
  • 在籍確認の回避を希望するなら、プロミス・モビットがいいかも
  • ↑(必ずしもできるわけではないが、在籍確認の代替措置があるという噂)

というのが、勤務先への在籍確認について。ただ、

  • ノーローンでもどこでも、
  • 総合的にクレジットスコアが高い人なら、
  • こういうやむを得ない事情だったら、
  • 在籍確認を省略して融資する…というケースもある
  • なので、クレジットスコア(信用度)が高い人なら、
  • 在籍確認についてもそれほど心配しなくて大丈夫

という風になっています。もちろん、これらの内容はノーローンの土日キャッシング以外でも共通することが多いので、他の消費者金融・銀行カードローンで土日借入をする時でも、参考になる部分を参考にしていただけたら幸いです。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP