プロミスは土曜日・日曜日でも最短即日融資・当日審査が可能!

プロミスは土曜日・日曜日でも最短即日融資・当日審査が可能!

土曜日・日曜日・祝日でも、プロミスは最短即日融資ができるようになっています。それも平日と同じ時間設定で、22時まで申し込み可能というシステムになっています。(時間は21時になるなど、状況・条件によって変動することもあります)

ここでは、そのように便利なプロミスの土曜日・日曜日・祝日の最短即日キャッシングについて解説していきます。

プロミスは、土曜日・日曜日でも申し込みやすい

上にも書いた通り、土曜日・日曜日・祝日の受付時間が長いというのが、プロミスの土日融資の一番の魅力となっています。土曜日・日曜日・祝日でも夜10時まで最短即日審査をしているというのは、プロミス以外ではアコムだけなのです。

他の消費者金融は、21時で終わってしまう

モビット・アイフル・ノーローンなど、アコム・プロミス以外の消費者金融だと、最短即日審査の受付時間は21時で終了となっています。プロミス・アコムよりも1時間短いということですね。

ちなみに、この22時や21時という時間については「この時間に申し込めば間に合う」のではなく、その数時間前には申し込まないといけないという時間です。あくまで「この時間まで、審査の作業をしている」というだけであって「間に合う申込み時間」ではないんですね。この点は注意して下さい。

何はともあれ、その時間がプロミス・アコムは、その他の3つの消費者金融よりも1時間長いわけです。ギリギリでお金が必要という場面では、この1時間で天国と地獄が分かれる、ということもあるでしょう。その点で、土曜日・日曜日の最短即日融資でも、プロミスはアコムと並んで、時間面で有利といえます。

プロミス・アコムは、土曜日・日曜日ならどちらが有利?

アコム・プロミスは、このように最短当日審査の受付時間については、平日でも土曜日・日曜日・祝日でも、同じ22時になっているわけです。では、時間以外の面ではプロミス・アコムのどちらで申し込んだ方がメリットが大きいのか。

これは、審査に通る自信があればプロミスと言えます。アコムより審査が厳しい分、通過した時のクレジットヒストリーが良くなるからです。クレジットヒストリーの改善というのは「良い借入先の審査を通過した」ということも大事なんですね。

超極端な例ですが、例えば「アメリカン・エキスプレス」の「ブラックカード」の審査に通過していたとしたら、それはもう「水戸黄門の印籠」と同じくらいの威力があるのです。5年以内に自己破産をしている人であろうとなんだろうと、仮にこのクレジットカードの審査に通過していることが個人信用情報でわかったら、どんな消費者金融・銀行カードローンでも「うちでもぜひ!」盗難いるんですね。

(もっとも、アメックスのブラックカードを持っているような人が、プロミス・アコムでキャッシングをするということはないのですが)

何はともあれ、このようにプロミスの方がアコムよりもクレジットヒストリー的に評価が高いので、もし審査に通るのであれば、プロミスで借りた方がいいのです。

プロミスなら「おとくらぶ」のメリットも

プロミスは、消費者金融のキャッシングブランドの中では一番クレジットカードに近い高品質なもので、「おとくらぶ」というサービスもついています。これは、各地のホテル・レストランなどを優待価格で利用できるというもので、特に土曜日・日曜日・祝日にこのような場所で遊びたいという時に、大きなメリットとなります。

土曜日・日曜日・祝日にキャッシングをした人が、それによって割引になるというのも、何だか不思議な話ではありますが、利息の分の元を取ると思えば、これもやはりメリットでしょう。

プロミスの方が、アコムよりも低利息

また、金利・利息面に着眼した場合も、アコムよりプロミスの方が低金利かつ低利息なので、こちらで借りた方がいいといえます。(審査に通るならですが)

金利については、大手の消費者金融だったらみんな同じと思っている人もいるかも知れません。確かに「大体同じ」なのですが、アコムも含めた他の消費者金融の上限金利が、すべて「実質年率18.0%」という中で、プロミスの上限金利だけが「実質年率17.8%」なのです。つまり、0.2%上限金利(実質年率)が低金利ということですね。

0.2%低金利だと、何が良いのか

これは「プロミスは、顧客満足を他の消費者金融よりも考えている」ということです。というのは、0.2%の上限金利(実質年率)の違いは、借りる側からしたらそれほどの利息差にならないけど、キャッシングブランド側にとっては大きいということ。当たり前ですが、企業・ブランドにとって「0.2%利益が減る」というのは、ものすごいことなのです。

プロミスのように規模の大きいキャッシングブランドだと、0.2%利益が減るだけで、下手をしたら数千億円の金額差になる…という可能性もあります。そのくらいの利益を失ってでも、0.2%低金利にすることを、実現しているわけですね。

つまり、それだけの企業努力をして、顧客満足を高めているということです。お金を借りる側からしたらたった0.2%でも、他の消費者金融はその0.2%すらできないのですから、その点で、プロミスがいかに優れたサービスをしているか、コスト削減などの努力をしているか、ということがわかるでしょう。

下限金利の引き下げは意味がない

キャッシングの知識がある人は、上の内容を読んでこう思うかも知れません。「確かに上限金利はプロミスの方がアコムより低金利だが、下限金利はアコムの方が低金利だぞ?」と。確かにその通りです。

アコムの下限金利は「3.0%(実質年率)」で、プロミスの下限金利は「4.5%(実質年率)」となっています。こうしてみると、アコムの方が低金利なようにも見えます。

しかし、下限金利というのは「最高限度額近くまで借りて初めて適用される金利」であって、普通の人にはほぼ関係ないのです。特に、土曜日・日曜日・祝日にお金が必要という場面では、確実に少額キャッシングしかするつもりがないので、このような下限金利の違いというのは、あまり意味がないんですね。借りようとしても、数百万円も借りられるわけがないので、下限金利の出番はないのです。

ということで、最近アコムも含めて、キャッシング業界では「下限金利の引き下げ」がブームになっていますが、これは利用者にとってはあまり意味がないことなのです。それより、すべての利用者にとって意味がある、上限金利を引き下げているプロミスの方が、正しい企業努力をしていると考えて下さい。地味ですが、これはすごいことなのです。


以上、土曜日・日曜日の最短即日審査の受付時間が同じように長い、アコム・プロミスを金利面で比較してきました。プロミスの方がより優れているので、このような書き方になりましたが、22時まで土曜日・日曜日でも最短即日審査できるという点で、アコムもやはりすごいのです。その点は重々理解して下さい。

プロミスの土曜日・日曜日の在籍確認はどうなる?

土曜日・日曜日・祝日の最短即日審査でも、プロミスは勤務先への在籍確認の電話が必須となっています。これをなしにする方法とか、回避する方法というのは、基本的に存在しないと思って下さい。

しかし、土曜日・日曜日・祝日に勤務先が営業していない場合など、どうしても物理的に会社への在籍確認の電話がかけられないということはあります。そのような時には、一度プロミスに電話で相談してみるといいでしょう。何かしら、対処してもらえる可能性もあります。

(言うまでもありませんが、あくまで「どうしても、勤務先への在籍確認の電話が取れない事情がある」という方で、ある程度信用できる方に限られます。いわゆる「電話連絡なし」にしたいと思って相談しても、希望に沿ってもらえないことがあることは、重々理解して下さい。)


以上、アコムとの比較も交えつつ、プロミスの土曜日・日曜日の最短即日審査・融資について書いてきました。22時まで最短当日審査をしていることが多いとは言うものの、時間が短縮されることもありますし、何より、土曜日・日曜日にお金を借りたいというくらいだから、確実に間に合った方がいいはずなので、出来るだけ18時や19時など、早めの時間帯に申し込みをするようにして下さい。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP