即日キャッシング情報

即日借入は消費者金融がベスト!

即日キャッシングをしたい場合は、プロミス・モビットなどの大手の消費者金融で申し込むのがベスト!少額の借り入れなら銀行カードローンとの利子の差もほとんどなく、審査通過率は断然銀行カードローンより高いので、借りやすくなっています。平日でも土日・祝日でも21時から22時まで即日審査しています!

即日キャッシングは消費者金融だったら簡単

即日キャッシングというと、お金を借りた経験のない人は、何か厳しい審査を通過しないといけない、特別なことと感じるかも知れません。しかし、そのようなことはありません。即日キャッシングは現代の金融業界では、完全に当たり前のサービスとなっています。

特にプロミス・アコム・アイフルなどの、皆さんがよく知っている大手の消費者金融だったら、下のような「かなり借りやすい条件」で即日借入できるようになっています。

  • 平日でも土日・祝日でもOK
  • 毎日21時~22時まで即日審査
  • ゴールデンウィーク・お盆・年末年始などもOK
  • ↑(プロミス・モビットは、元旦しか休まない)

…という風です。以下、これら大手の消費者金融の即日融資の条件をさらに詳しく説明していきます。

平日でも土日・祝日でも即日借入できる

平日の当日借入はできても、土日・祝日は無理なのではないか―、と思っている人は多いでしょう。確かに、銀行カードローンだと平日は即日キャッシングできるけど、土日・祝日はできないというところがいくつかあります(みずほ銀行・横浜銀行など)。

しかし、大手の消費者金融ではそれは全くありません。大手の消費者金融が土日・祝日の即日借入で平日よりも不利になる点があるとしたら、銀行振り込みによって借りることができないという点だけです(これは消費者金融は営業していても、銀行が営業していないからですね)。

なので、消費者金融のキャッシングについては、平日でも土日・祝日でも違いは全くないのです。なので、まず曜日については即日キャッシングでは完全に影響がないと考えてください。

毎日21時~22時まで当日審査

大手の消費者金融は、土日・祝日でも平日でも、毎日夜9時~夜10時まで即日審査しています。なので、夜間に急にお金が必要になった場合でもお金を借りることができるというわけです。

この「21時から22時まで」というのは基本的に、その時間で審査の作業を終えるということ。なので、この時間に申し込んでいるようでは、間に合いません。間に合う場合もありますが、確実にその日中にお金を借りたいなら、もっと早く申し込むようにしましょう。

具体的には、この締切時間の1~2時間前ということで、19時~20時までに申し込んでおけば、その日中に審査に通る可能性は高いです。あまりにもクレジットスコアが低い人の場合は、もっと審査時間がかかることもありますが、一般的な信用度・借入状況の人の場合は、この時間で問題なく即日借入できると考えて下さい。

ゴールデンウィーク・年末年始なども当日借入可能

また、ゴールデンウィーク・年末年始・お盆・クリスマス…といった特別な休日・連休の場合も、大手の消費者金融は休まずに即日審査しています。年末年始のみ、

  • プロミス…元旦休み
  • モビット…元旦休み
  • アコム…大晦日~1月2日まで休み
  • アイフル…12月30日~1月3日まで休み

…というように、多少の休みがあります。しかしプロミス・モビットは、元旦以外、完全に休業日なしで営業しているわけです。さすがに元旦に即日キャッシングする人はいないので、これだけ営業していれば十分と言えるでしょう。

このように、大手の消費者金融はゴールデンウィークなどの特殊な連休であっても、問題なく当日借入することができます。どんな場面でお金が必要になっても、安心して申し込みしてください。

銀行カードローンでも当日借入はできるのか

銀行カードローンでも当日融資はできます。ポイントをまとめると、

  • 平日の午前中に申し込めば、どの銀行でも大体OK
  • みずほ銀行・横浜銀行などは、土日融資はしていない
  • 「その銀行の口座が必要」という条件の銀行が多い
  • 平日は口座不要でも、土日・祝日は必要、ということもある

…という風です。以下、詳しく説明します。

平日の午前中なら、大体即日借入できる

銀行カードローンの場合、ほとんどは「平日の午前中」に申し込めば、即日借入できるようになっています。なぜ午前中なのかというと、

  • 銀行カードローンの場合「振り込み」で借りる
  • 銀行の振り込みは「15時」で締め切ってしまう
  • 正午に申し込んだら、15時まで「3時間」ある
  • 3時間あれば、即日借入が間に合うことが大部分

…ということです。もちろん中には3時間では足りない銀行もあるし、同じ銀行カードローンでも「その申し込み者の信用度によって違う」ということはしばしばあります(というより、これが一番時間差が出る原因になっています)。

ということで「平日の午前中なら絶対にOK」というわけではないのですが、それでも「かなりの確率で即日借入できる」といえます(借入状況・職業・属性・年収などが普通の人は)。

土日キャッシングに対応していない銀行も

主要な銀行カードローンの中では、横浜銀行・みずほ銀行などは土日キャッシング不可となっています。この2つの銀行カードローンはどちらも「低金利」で人気ですが、基本的に金利が低い銀行カードローンほど、即日借入の条件が厳しくなっています。

それは消費者金融と銀行カードローンの比較でも言えることなので、当たり前と言えば当たり前でしょう。休日にお金を借りるという点では、これらみずほ銀行・横浜銀行などの銀行カードローンは少々厄介ですが、もし平日に申し込むのであれば、これら低金利な銀行カードローンはおすすめできます。

(これはキャッシングに限った話ではありませんが、人生は基本的に「時間がなくて焦っている人ほど不利になる」ようにできています。くれぐれも焦らなくていい人生を送りましょう)

「その銀行の口座を持っている」という条件が多い

銀行カードローンと消費者金融の即日融資の大きな違いとして、その銀行の口座がないと、当日融資ができないという点があります(正確に言うと、そういうルールの銀行カードローンが主流となってます)。

即日融資に「その銀行の口座が必要」という条件の銀行カードローンを一覧にすると、

  • イオン銀行
  • みずほ銀行
  • 横浜銀行
  • ソニー銀行
  • じぶん銀行

…などとなっています。平日は不要だけど、土日・祝日はその銀行の口座が必要という条件の場合、

  • 楽天銀行
  • オリックス銀行

…などがあります。オリックス銀行については、ジャパンネット銀行と提携しているので、ジャパンネット銀行の口座でもOKです。

「口座なしでも即日借入できる」銀行カードローンは?

これらの銀行カードローンに対して、その銀行の口座なしでも当日借入できるという銀行カードローンは、

  • 新生銀行(レイク)
  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行・バンクイック

…となっています。この中で特に借りやすいのは新生銀行カードローン・レイク。理由は、

  • もともとが「ほのぼのレイク」という消費者金融である
  • 現在も、審査通過率が銀行カードローンの中で一番消費者金融に近い
  • なので、審査に通りやすい
  • 三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行と違って、学生でも借りやすい

…という風です。学生のキャッシングについては、三井住友銀行は完全不可、三菱東京UFJ銀行は親権者の同意書が必要となっています。なので三菱東京UFJ銀行(バンクイック)については借りられるわけですが、それでも学生が親権者の同意書をもらうのは、現時点に考えて無理なので、実質借入不可と言っていいでしょう。

「当日中に口座開設すればいい」という銀行も

「その銀行の口座が必要」という条件の銀行カードローンでも当日に口座開設すればいいという条件の場合もあります。つまり、

  1. 先に口座開設する
  2. それから、キャッシング審査に申し込む

…という流れです。もちろん先に口座開設するということは、それだけ時間がかかるということ。なので、このやり方で申し込む場合は、普通よりもさらに早く審査申込みする必要があります。

具体的に言うと「朝イチで、その銀行の支店に行く」というペースで考えておくといいでしょう。これでも借りられないこともありますが、みずほ銀行などはこれでも間に合うことが多いようです。

(横浜銀行カードローンは、このやり方では少々厳しいようです)

クレジットカードのキャッシングは即日融資可能?

キャッシングは銀行カードローン・消費者金融以外でも「クレジットカードのキャッシング枠を使う」という方法もあります。このクレジットカードを使う方法でも、即日借入はできるのか―。これについてポイントをまとめると、

  • すでにクレジットカードを発行していて、
  • そのクレカにキャッシング枠がついている

…という条件だったら、クレジットカードでキャッシングするのが一番いいといえます。何しろもう、無審査ですぐに使える状態なのですから。(もうすべて終わっているわけですね)

なので、ご自身のクレジットカードにキャッシング枠が付いているかどうかまだ確認していないという人は、まずそちらを確認してみて下さい。そして、キャッシング枠がついている場合、その限度枠で足りるようであれば、それで即日借入するのが一番いいでしょう。

当日中にクレジットカードの発行はできる?

これはできるクレジットカードもあるが、数は少ないと考えてください。また、「数が少ない」だけではなく、

  • 審査が厳しい
  • 審査にかかる時間が長い
  • 即日審査の締切時間も早い

…というように、クレジットカードの即日発行はかなり不利な条件になっています。基本的にクレジットカードは「急ぎでお金を借りる」ためのサービスではなく、

  • ショッピングを便利にする(特にネット)
  • 海外でのキャッシングをしやすくする
  • ポイント・マイルを貯める

…などの「急がない目的」のために発行するものです。なので消費者金融・銀行カードローンよりもイメージがいいわけですね。

このように「本来急ぎでお金を借りるためのサービスではない」以上、即日審査も当日融資も「かなりやりにくくなっている」のです。なので、

  • 当日発行できるクレジットカードは、確かにある
  • しかし、数も少ないし審査に通りにくい
  • 急ぎでお金を借りたいなら、消費者金融などの方がいい

…ということです。

キャッシング枠のついていないクレカも多い

クレジットカードは持っていても「キャッシング枠がついていない」ということはよくあります。キャッシング枠の審査は、ショッピング枠の審査よりも厳しくなっているのです。理由は、

  • キャッシング枠は「現金」を借りることができる
  • 現金は「投資・ギャンブル」などにも使える
  • その他「現金でしかできない浪費」にも使える(夜遊びなど)
  • なので、キャッシング枠の方が破産のリスクが高い

…ということです。この「破産のリスクが高い」というのは、利用者に対する配慮もありますが、一番の理由は「返済不能になると、クレジット会社が困る」ということです。企業である以上、それは当たり前の価値判断ですね。

これが、ショッピング枠に比べてキャッシング枠の審査が厳しくなっている理由です。また、他にも理由は複数あります。

加盟店のために、ショッピング枠を優先する

クレジットカードのサービスが成立するためには「加盟店が増えてくれる」ことが重要です。加盟店を増やすには、当然ですがそのクレジットカードを導入することが、加盟店の利益になることが必要です。

つまり、簡単に言うと「多くの利用者がショッピング枠を使う」ということですね。キャッシング枠よりもショッピング枠をガンガン使ってくれた方が、加盟店の売上が伸びるので、クレジット会社としては嬉しいのです。

そうして加盟店が増えれば「このクレジットカードは使える場所が多い」ということで、利用者も増えます。そして、利用者が増えれば…というように好循環が起きるというわけですね。

そういう好循環は一度起きれば安泰というわけではなく常に継続させる努力が必要になります。なので、そのためにもクレジットカード会社は「ショッピング枠を、どの利用者に対しても多めに与える」という仕組みになているのです。

…というような理由もあり、クレジットカードは「ショッピング枠はあってもキャッシング枠はない」ということがしばしばあります。なので、「すでにクレジットカードを持っている」という人でも、そのクレジットカードにキャッシング枠がついているとは限らないので、その点は注意してください。

深夜・早朝の即日キャッシングはできる?

夜間ならできますが、深夜や早朝に当日キャッシングすることはできません。早朝については8時45分からはできるようになっていますが、これは「即日審査を受け付け始める」ということであり、実際の融資はそこから1時間はかかります。

大手の消費者金融の場合、審査時間は最短30分となっているので、もし他の申し込みがないようであれば、9時15分程度には借りられるかも知れません。しかし、これはあまりにも幸運だった場合で、基本的には1時間はかかると思っておいた方がいいでしょう。

ということで、早朝の当日借入という点では、この時間帯がもっとも早いものになります。それより早くキャッシングすることはできません。

深夜は22時までは即日借入できる

一方、深夜…というより夜間ですが、これは「22時」まではOKです。先に書いたプロミス・アコムの「22時まで当日審査」というものです。この時間より1~2時間早めに申し込む必要はありますが、とりあえずこの時間までに審査完了すれば、それでその日中にお金を借りられるということです。

(なお、プロミスでもアコムでも、店舗によって当日審査の時間は多少前後します)

ということで、深夜・夜間の即日借入は「22時が限度」となっていますが、少々特別なケースとして新生銀行カードローン・レイクの即日融資があります。これについて説明します。

レイクは24時までローンカードの発行ができる

新生銀行カードローン・レイクの即日融資のシステムは少々独特になっていて、

  • 即日審査の受付時間…21時まで
  • ローンカードの発行…24時まで

…となっています(これも店舗・自動契約機によって多少時間が違います)。で、両者の時間の違いは何かというと、

  • 「審査」は21時までに完了しなければいけない
  • つまり「19時から20時」までには申し込む必要がある
  • しかし、21時までに審査完了したら、
  • その後は「ゆっくり」できる

ということです。何をゆっくりするのかというとローンカードの発行ですね。「なぜローンカードを発行するのか」という点から説明します。

夜間の即日借入ではローンカードが必要

消費者金融・銀行カードローンのどちらでも、夜間や土日・祝日に即日借入するためには、基本的にローンカードが必要です。理由は、

  • 即日借入の方法は「2通り」である
  • 「銀行振り込み」か「ATM」である
  • 土日・祝日・夜間は、銀行が閉まってる
  • つまり「銀行振り込み」は使えない
  • となると「ATM」で借りるしかない
  • ATMを動かすには、銀行のキャッシュカードのようにカードが必要
  • それが、消費者金融・銀行カードローンの場合「ローンカード」

…ということです。なので、レイクでもどこでも、夜間に即日キャッシングするためには、「審査完了した後、ローンカードを発行する」必要があるのです。

で、普通は「即日審査の締切時間と同時に、ローンカードの発行もできなくなる」んですね。なので、「審査完了したら、すぐに自動契約機に駆け込めるようにしておく」必要があるのです。

簡単に言うと審査結果が出るのを、無人契約機で待っていないといけないということ。しかし、レイクはそれをしなくていいんですね。

  • 即日審査…21時まで
  • カード発行…24時まで

ということで、「3時間」の余裕があるのです。なので審査結果が出てからレイクのローン契約機に向かっても、まったく間に合うわけです。かなりの僻地に住んでいたとしても、自動車で3時間飛ばせば、大抵は間に合うでしょう。

ということで、審査結果が出るまで自宅で待機して、無駄な時間を使わなくていい…というのがレイクの即日審査のメリットとなっています。これは目立たないようですが特に地方や郊外・田舎に住んでいる方の場合、大きなメリットと言えます。

すでに審査に通っている場合、深夜・早朝でも借入可能

もし、「すでに審査完了していて」「ローンカードも持っている」という条件の場合、深夜・早朝でも即日借入することは可能です。

「即日キャッシング」という言葉は2通りの意味で使われているのですが、

  • 「審査自体」もその日中にやる
  • 審査は関係なく「借り入れ」だけをその日中にやる

…という風になります。で、前者の審査自体もその日にやるという場合、ここまで書いた通り、深夜や早朝にやることはできません。

しかし、すでに審査完了していて、ローンカードもあって、後はATMでお金を借りるだけ…という場合はもう、深夜だろうと早朝だろうと、好きに借り入れしてくださいという状態になっています。

「深夜はATMが開いていないのでは?」と思うかも知れません。その通りで、

  • 消費者金融の専用ATM・自社ATM
  • 銀行のATM(銀行カードローンでも消費者金融でも使える)

…は、深夜や早朝には閉まっています。しかし、キャッシングはコンビニATMでも借入・返済できるので、コンビニATMを使えば、時間帯など関係なく即日借入できるのです。

なので、もし「すでにローンカードがある・審査に通っている」という場合は、確かに早朝だろうと深夜だろうと当日キャッシングはできます。

たまに「アコムなら深夜でも即日借入可能です!」などと、こういう意味で書いているサイトがありますが、これは少々悪意のある誘導なので、騙されないようにして下さい。

即日借入に必要な書類・条件は?

即日キャッシングをするのに必要な書類は自分の身分証明書だけです。それ以外の書類や条件は、基本的に必要ありません。条件については、もちろん「受付時間の範囲内」というのは、当然必要ですが。

「本人確認資料だけでいい」というと、「下のような書類は必要ないのか?」と思う人もいるでしょう。

  • 収入証明書
  • 親権者の同意書
  • 夫・旦那の同意書

…といった書類ですね。親権者の同意は学生のキャッシング、夫・旦那の同意書は専業主婦の借り入れで必要…と思われているものです。これらについて解説していきます。

収入証明書は基本的に必要ない

収入証明書は、消費者金融の審査の場合、下の条件でなければ必要なしとなっています。

  • その消費者金融での借り入れが50万円を超える
  • 他社借入も含めた総額が「100万円」を超える

…という2つの条件です。これ以外のケースでは、すべて所得確認資料なしで借入可能となっています。少なくとも大手の消費者金融(モビット・アコム・アイフルなど)はみんな同じ条件です。

そして、ほとんどの人はこの2つの条件のどちらにも該当しないでしょう。なので、消費者金融のキャッシング審査では、年収確認資料は必要ないと考えてください。

銀行カードローンならもっと必要ない

消費者金融の話を先に書きましたが、「銀行カードローンだったら、もっと年収証明書は必要ない」と考えてください。ポイントをまとめると、

  • ほとんどの銀行カードローンは「300万円」まで不要
  • もっと金額が厳しい銀行カードローンでも、
  • 三菱東京UFJ銀行・りそな銀行が「100万円」
  • みずほ銀行が「200万円」など

…いずれにしても普通の人は借りもしないし、審査に通ることもない金額ということです。なので「銀行カードローンの審査の場合、年収証明書は最初から蚊帳の外、ということですね。なので、この場合もやはり「自分の身分確認資料」だけでOKです。

学生は親権者の同意書が必須?

学生のキャッシング審査では親権者の同意書が必須…と思っている人も多いでしょう。しかし、これも「なしでOK」です。ポイントをまとめると、

  • 大手の消費者金融はすべて「必要なし」
  • 銀行カードローンも大体不要
  • 大手だと「三菱東京UFJ銀行・バンクイック」が必須
  • あとは「学キャッシング自体、そもそも不可能」という条件が多い
  • つまり「学生融資可能」な銀行は、大体親権者の同意なしでOK

…ということです。学生が親権者の同意書なしで借りられる銀行カードローンを一覧にすると、

  • 楽天銀行
  • ソニー銀行
  • 新生銀行(レイク)
  • みずほ銀行

…などが特に人気です。一番審査に通りやすいのは新生銀行で、審査にかかる時間も断然短くなっています。

逆に学生が借り入れできない銀行カードローンも一覧にすると、

  • 三井住友銀行
  • オリックス銀行
  • 横浜銀行
  • イオン銀行
  • 静岡銀行

…となっています。このように銀行カードローンの審査でも「親権者の同意書」はあまり関係なく、それよりそもそも、借入可能か融資不可かのどちらかに分かれているといえます。

(次は専業主婦ですが、これは少々説明が長くなるので、段落を分けます)

専業主婦の即日借り入れは夫・旦那の同意書が必要?

コレもポイントをまとめると、

  • 大手の消費者金融では借り入れ自体できない
  • 銀行カードローンは、大体できる
  • 半分程度の銀行カードローンは、夫・旦那の同意書が必須
  • 逆に半分程度は「なしでOK」

…という風です。具体的に夫・旦那の同意書なしでOKの銀行カードローンを一覧にすると、

  • 三菱東京UFJ銀行
  • イオン銀行
  • 三井住友銀行
  • 楽天銀行
  • 横浜銀行
  • 東京スター銀行

…などとなっています。そして、これらの銀行カードローンの場合、どんな書類が当日キャッシングに必要になるのか、まとめます。

「婚姻関係の証明書=住民票」は必ず必要

「必ず必要」…というと「馬から落馬」のようですが、とにかく夫・旦那の同意書なしでOKな銀行カードローンでも、住民票は必要」となっています。住民票というのはあくまで一例で、要は「婚姻関係の証明書」を提出するということ。

なぜ「婚姻関係の証明」が必要なのかというと、理由は、

  • その女性が無収入でも「生活している」ことは確か
  • ということは「誰かが彼女の生活を支えている」ということ
  • 女性が結婚しているなら、
  • その「誰か」は「夫・旦那」である可能性が高い
  • というか、大体そうなので住民票を見れば解決する

…ということです。つまり、

  • 専業主婦のキャッシング審査では、
  • 「専業主婦本人の支払能力」は、まったく期待されておらず、
  • 最初から「彼女を養っている誰か」に期待している
  • その「誰か」を確認するために、住民票を見る

ということなんですね。なので夫・旦那の同意書を確認しない銀行でも、婚姻関係の証明書だけは確認するということです。

夫・旦那の収入証明書は必要ないのか?

ここで夫・旦那の収入で借りるわけだから、夫・旦那の収入は確認しないといけないのでは?と思う人も多いでしょう。これももっともですが、理由をまとめると、

  • その女性が専業主婦として問題なく生活している
  • ということは、例の「誰か」(おそらく夫・旦那)には、
  • それなりの収入と、安定した職業がある

…ということです。つまりその女性が「専業主婦である」という「事実自体」が、立派な信用の材料になっているということですね。

女子大生が就職活動をしながら「早く専業主婦になりたい」と言っているのは、よくカフェなどで耳にします。この言葉にも現れている通り専業主婦というのは、一種のステータスでもあるのです。昔の人は「永久就職」と表現していましたが、この見方は、キャッシング審査でもある程度残っているんですね。

むしろ、共働きが当たり前になりつつある現代で女性が専業主婦としてやっていけるという時点で、かなり信用される職業・属性に入るでしょう(夫・旦那も含めて、その世帯全体が)。

ということで、いちいち夫・旦那の収入証明書を確認する必要もない、ということなんですね。稀に提出が求められることもありますが、その専業主婦の女性本人に、他社借入がたくさんあるなどの不利な条件でなければ、大体「なしで大丈夫」です。

夫・旦那が自営業なら、所得確認資料が必要

ただ、例外もあって夫・旦那の職業・勤務先が自営業という場合には、年収確認資料が必要です。これは専業主婦のキャッシングに限った話ではなく、夫・旦那本人がお金を借りる場合でも、やはり同じです。

当然ですが、自営業・会社経営者などの職業・属性は「収入が不安定」なので、こうして年収証明書などを確認する必要がるということです。

ちなみに、こうした条件に該当する職業・属性を一覧にすると、

  • 個人事業主
  • 自営業
  • 会社代表者
  • 法人経営者
  • フリーランス
  • 商店主
  • 店舗経営者

…などとなっています。これらの立場に夫・旦那が該当するという場合は、収入証明書の提出も必要になる…と考えて下さい。(提出しなくていい場合もありますが)

年収確認資料は何を提出すればいい?

このように「夫・旦那の年収証明書が必要」になった場合、どのような種類の書類を提出すればいいのか。これは下のような書類になります。

  • 確定申告書
  • 納税通知書
  • 源泉徴収票
  • 課税証明書
  • 住民税決定通知書
  • 所得証明書

…などの書類です。個人事業主・法人代表者などであれば、確定申告は絶対にしているはずなので、書類自体は必ずあります。それを奥さんが見られる場所に保管しているかどうかはわかりませんが、そのコピーを提出すればそれでOKです。

まとめ「キャッシングの即日審査・当日融資」

以上、即日キャッシングの審査や受付時間などについて、消費者金融・銀行カードローン・クレジットカードなど、総合的にまとめてきました。再度、特に重要なポイントをまとめると、

  • 大手の消費者金融が一番借りやすい
  • 大手の消費者金融なら、21時~22時まで即日審査
  • その1~2時間前までに申し込めば大体間に合う
  • 銀行カードローンなら午前中に申し込む
  • 銀行カードローンは「その銀行の口座が必要」ということが多い
  • 銀行なら新生銀行・三菱東京UFJ銀行などが借りやすい
  • クレジットカードのキャッシング枠がすでにあるなら、それが一番
  • クレカの審査に当日中に通過するのは基本的に不可
  • 即日融資で特に必要な書類・条件などはない
  • 自分の身分証明書(運転免許証など)を出せばOK

ということです。急ぎでお金が必要という時には、ぜひこれらの知識を参考にしてみてください。

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP