即日融資でいくらまで借入可能?10万~50万円はOK、少額の方が有利

即日融資でいくらまで借入可能?10万~50万円はOK、少額の方が有利

即日融資ではいくらまで借りられるのか―。これは大体「10万円~50万円」といえます。消費者金融でも銀行カードローンでも、違いはあまりありません。

「銀行カードローンの方が金額が大きくなるのでは?」と思われるかも知れません。確かにある程度借入実績を積んだ後なら、銀行カードローンは高額借り入れがしやすいのですが、初めてのキャッシングの場合、最初に借りられる金額は、10万円から50万円程度…というのは、消費者金融でも銀行カードローンでも同じなのです。

月収5万円程度あれば、10万円は借入可能

あくまで一つの目安ですが、最低限月収5万円程度あれば、10万円という少額ならキャッシングできるようになっています。銀行カードローンでは難しいですが、消費者金融だったら割とこの基準で借入可能です。

「月収5万円だったら10万円は即日借入できる」というのは一応の基準があり、箇条書きすると、

  • 月に5万円稼いでいれば、年収は60万円になる
  • 総量規制のルールによって、「年収の3分の1まで」は借入可能なので
  • この人の場合、20万円までは借り入れできることになる
  • だから、その半分の10万円だったら、借りられるのは自然

…ということです。こういう理論的な根拠から、月5万円稼いでいれば、10万円の即日借入はできるということが言えるわけですね。

10万円のキャッシングは、信用度が低くても割と簡単に借りられる

10万円という少額キャッシングであれば、学生やシフトの少ないアルバイトであっても、割と簡単に審査に通るようになっています。基本的にキャッシング審査の世界では、10万円というのは最低レベルの信用度を意味するからです。

「最低レベル」というと悪い意味のようですが、そうではなく、これはいわば多くの人にクレジットヒストリーを築くチャンスを与えるようなもの。

現時点の信用度が低いからといって、それでどの業者・銀行も融資しないようであれば、その人はいつまでも、クレジットスコアを高めるチャンスがもらえない…ということになります。それは個人の生活を不自由にすることになりますし、経済の発展を阻害することにもなります。

というわけで、現時点の信用度が低い人であっても、本来どこかの業者・銀行が融資するべきなんですね。

実際、キャッシング業者・銀行カードローンなどの金融機関にとって10万円など完全な小銭であり、貸し倒れになっても痛くはないのです(というより、さすがに10万円を返済できないという人も、そもそもいないと思いますが)。

で、そのように「返済不能になっても痛くない範囲」であれば、「とりあえず融資して、信用できる人かどうかを確かめる」というやり方は「全然アリ」なのです。

学生の初めてのキャッシングは、10万円が多い

特に学生が初めてキャッシングするという場合、借入限度額は「10万円からスタート」ということが多いです。かなりアルバイトしていて、月収が多い学生であっても、最初のキャッシングでは10万円というのが基本と思ってください。

理由は簡単で、同じ金額の月収であっても、

  • 学生なので、長くアルバイトに専念できるわけではない
  • 学生は生活も身分もかかっていないので、
  • 割と簡単にアルバイトを辞めることが多い

…ということです。つまり学生という立場自体が、あまり信用されていないということですね。そもそも、

  • 学生の本分は「勉強」である
  • 「アルバイトすること」でもないし、
  • 「高額な買い物」をすることでもないし、
  • 「キャッシングでお金を借りる」ことでもない

…ということを考えれば当然でしょう。

借入・返済の実績を積み重ねれば増枠される

ただ、このように最初は10万円から始まる学生や、その他のアルバイト・フリーターの方であっても、借入・返済の実績を積み重ねることによって、融資枠を増額させることが可能…となっています。

なので、最初の即日借入ではほとんど大した金額は借りられないと思いますが、それでもそこで高額借り入れをあきらめることなく、まずはクレジットスコアを積み重ねる…ということを意識してください。

そうしてクレジットスコアを高めていくと、借入可能枠が増えるというだけではなく、高還元率のクレジットカードの審査にも通りやすくなるなどのメリットがあります。

なので「別にそこまで高額キャッシングとか希望してないし」「とりあえず、即日借入できれば十分だし」という人であっても「クレジットスコアを高める」という意識は常に持って下さい。

融資希望金額は少額にした方が審査で有利

即日借入をする時の融資希望金額ですが、これはできるだけ少額にする方が、審査に通りやすくなります。なので、どうしても高額を借り入れしたいという場合以外は、できるだけ融資希望金額を小さくして、キャッシング審査に申し込む…というのが基本だといえます。

これは自分が融資する側だったと想像してみればすぐにわかるでしょう。高額を「貸してくれ」と言われたら躊躇するでしょうが、少額だったら「まいっか」となるはずです。

消費者金融にしても銀行カードローンにしても、要はリスク無しで、ある程度の利息が稼げるということであれば、それは歓迎です。なので、融資希望金額が小さく、貸し倒れになったとしてもダメージがない金額であれば、割と簡単に審査を通してくれる…ということですね。

なので「確実にその日中に借りたい」という人は特に、できるだけ借入希望金額を小さくして申し込む…ということを意識してください。

「借入希望金額は関係ない」という説もあるが…

キャッシング審査の有利不利と、借入希望金額についてはまったく関係ない…という説もあります。この節のポイントをまとめると、

  • そもそも「借入希望金額を出せない」業者・銀行も多い
  • 借入希望金額を出せる業者・銀行であっても、
  • 実際の融資枠は「年収などに応じて機械的に」決めているので、
  • 申し込み者本人の希望は関係ない

…ということです。これについては、確かに借入希望金額を出せない業者・銀行の場合は、その通りだといえます。こういう場合は、年収によって自動的に決まるので、この場合は融資希望金額をいくらで出そうと関係ない…ということですね。

しかし、ここまで書いた通り申し込み者が借入希望金額を出せるという業者・銀行の場合、この金額は審査結果に大きく影響する…と考えてください。

10万円より少額で希望を出すことは可能?

「10万円も借りる必要はない。数万円の借り入れでいいので、もっと少額で希望を出すことは可能か?」と思う人もいるかも知れません。これについてポイントをまとめると、

  • 中小業者だったら、可能な業者もある
  • 大手の消費者金融・銀行カードローンでは、最低でも10万円から
  • 特に学生専用ローンだと、数万円でも借りやすい

…となります。大手の消費者金融・銀行カードローンが数万円という小さな融資枠を設定しない理由は、

  • 数万円の超小口借入だと、利息も当然小さくなる
  • 審査コスト・その他のコストが回収できない
  • だから、最低でも10万円からの借入枠しか与えない

…ということです。ただ、これについては特に問題ありません。というのは、大手の消費者金融・銀行カードローンでも、10万円の融資枠をもらって、その中で数万円の超小口借入をすればいいからです。つまり「110万円の借入枠をもらっても、必ず10万円借りないといけない」というわけではないんですね。

なので、確かに限度枠は「10万円」と余分になるかも知れませんが、「自分が必要な金額」だけを借りて「残りの融資枠は全部無視する…という考え方でいけばいいのです。

専業主婦でも30万円・50万円は借りられることが多い

無収入の専業主婦であっても、30万円~50万円は借りられることが多いです。これは夫・旦那の収入に関係なく、一律でこの金額ということがほとんどなので、自分の夫・旦那の収入を特に気にする必要もありません。

ちなみに、これは大手の消費者金融ではなく銀行カードローンで借りる場合です。プロミス・アコム・アイフル・モビットなどの大手の消費者金融は自分の収入がない専業主婦に対しては、基本的に融資していないので、無収入の専業主婦の方がキャッシングするには、銀行カードローンで申し込むことが必要です。

で、その場合の融資金額は、夫・旦那の収入に関係なく一律で決まっている…ということですね。ここではその理由も説明します。

なぜ夫・旦那の収入が関係ないのか

なぜ無収入の専業主婦の借入審査については、夫・旦那の収入が関係ないのか―。理由は、

  • 女性が専業主婦をしているということは、
  • 夫・旦那にそれなりの年収がある、ということ
  • たとえば日本人の平均世帯年収の「450万円」程度なら、
  • 総量規制のルールで計算して「150万円」まで融資可能

…ということです。つまり夫・旦那の借り入れが、150万円を超えるか、それに近づいていない限りは、融資して問題なしということなんですね。

なので、別に夫・旦那の収入を審査しなくても、30万円や50万円程度なら、融資して問題になることは何もない…というわけですね。

配偶者貸付というルールによって借り入れできる

補足としての知識ですが、なぜ無収入の専業主婦がこのようにキャッシングできるのかというと、キャッシングの世界には配偶者貸付というルールがあるからです。これは簡単に言うと、

  • 夫婦の年収を合算する
  • その3分の1まで借入可能
  • ただし、「借入金額も合算する」ので、
  • どちらかの借り入れが多い場合、片方も借入不可になる

…というルールです。配偶者貸付は、「配偶者」という単語でわかる通り、要は「結婚相手」の年収を利用するわけなので、別に収入がある方が男性でも女性でも、どちらでもいいのです。

ただ、大抵の場合は「男性の方に収入があり、女性(専業主婦)の方が無収入」というパターンなので、もっぱら配偶者貸付は「専業主婦のためのシステム」とされている…という状況です。

当日借入の融資金額と、収入証明書は関係ない

当日キャッシングをする時、収入証明書を提出する必要はありません。理由をまとめると、

  • 大手の消費者金融では、50万円までの借り入れは、
  • 年収確認資料を提出しなくていい、というルールになっている
  • 大手の銀行カードローンの場合も、
  • 100万円~300万円までは、提出不要となっている

…ということです。当然ですが、銀行カードローンの方の100万円から300万円という金額については、借りられる人がそもそもいません。また、借りたい人も、借りて返済できる人も少ないでしょう。

(つまり、銀行カードローンの方は、ごく一部の例外を除いて、誰も年収確認資料が必要になることはない、ということです)

で、大手の消費者金融の方にしても、50万円以上借りられる人は、ごくごくわずかです。借入実績を積んで徐々に増額されるということはありますが、「最初のキャッシングから50万円借りられるという人は、めったにいない」のです。

なので、やはり大手の消費者金融で借りる場合も、収入証明書はなくてOK…ということですね。

自営業・個人事業主は年収証明書が必要になる

ここまで書いたのは「会社員・OL・公務員の審査」の場合であり、要は雇われてお給料をもらっている「給与所得者」の場合の話です。これらの給与所得者の方々に対して、自営業・個人事業主など「独立系の職業」の方の場合は、キャッシング審査でも「年収確認資料」が必須になります。

この理由は言うまでもなく、独立系の職業は、収入が不安定だからです。その不安定さを補うために、収入確認資料の提出が必須…ということですね。

この時提出する年収確認資料の種類ですが、たとえば下のような書類を提出すればOKです。

  • 確定申告書
  • 源泉徴収票
  • 納税証明書
  • 課税通知書
  • 住民税決定通知書
  • 所得証明書

…といったものです。他にもいくつか所得確認資料として認められる書類はありますが、基本的にこれらのどれかを出す人が99%でしょう。

特に自営業・個人事業主の方であれば自分の節税のためにも確定申告はしているはずなので、確定申告書を出すのが一番手っ取り早くてよいかと思います。

フリーランスの人の場合、複数のクライアントから源泉徴収票をもらっているということも多いでしょうが、この場合「バラバラの源泉徴収票を全部出す」というやり方は認められていないので、源泉徴収票の収入がすべてまとめられている書類を出すようにしましょう。

(つまり結局、確定申告書・納税証明書・課税通知書などを提出することになるわけですが…)

その他、年収証明書が必要になるケース

自営業・個人事業主や会社代表者の方以外でも、年収証明書が必要になるケースはあります。たとえば、先に書いた通り、

  • 消費者金融で50万円を超える金額を借りたい場合
  • 銀行カードローンで100万円~300万円以上を借りたい場合

…という2通りに加え、

  • 消費者金融で「他社借入総額が100万円を超える」場合
  • その他、何らかの信用度の問題があると、業者・銀行が判断した

…などのケースです。基本的にキャッシング審査の内容というのは、その人の信用度によって千変万化するというのが基本なので、借入金額に特に問題がなくても、全体的な信用度に問題があると業者・銀行側が判断した場合には、収入確認資料の提出が必要になることもある…ということです。

まとめ「即日融資ではいくらまで借入可能か」

以上、即日融資・当日キャッシングではいくらの金額まで借入可能なのか―、というポイントをまとめてきました。再度整理すると、

  • 10万円から50万円は大体借入可能
  • 50万円以上、最初から借りられることはめったにない
  • 銀行カードローンでもまずは50万円から始まることが多い
  • 融資希望金額はできるだけ小さく出す方が審査に通りやすい
  • 借入金額が50万円を超える時は収入確認資料が必要
  • 他社を含めた借入総額が100万円を超える場合も収入証明書が必要
  • 無収入の専業主婦でも、30万円・50万円は借入可能

…という風になっています。参考になれば幸いです。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP