楽天銀行スーパーローンは即日審査・当日キャッシングも可能!専業主婦でもOK!

楽天銀行スーパーローンは即日審査・当日キャッシングも可能!専業主婦でもOK!

楽天銀行スーパーローン(カードローン)は最短即日融資も可能です。楽天銀行スーパーローン(カードローン)だけでなく、大手の銀行カードローン・消費者金融はどこでも可能なのですが、以下、楽天銀行スーパーローン(カードローン)の最短即日キャッシングについてまとめていきます。

楽天銀行スーパーローン(カードローン)は最短即日融資OK!審査は?

平日なら、楽天銀行の口座がなくてもOK

楽天銀行スーパーローン(カードローン)の最短即日融資のポイントの一つは、平日の最短即日キャッシングだったら、楽天銀行の口座がなくても借入可能ということ。銀行カードローンの多くは「最短即日融資にはその銀行の口座が必須」という条件になっているのですが、それが不要ということです。

「口座なしで借りられる」というのは、銀行カードローンで即日借入する時に特に重要な条件の1つなんですね。言うまでもなく「ハードルが1つ下がる」からです。

日本人は誰でも一人3つか4つの銀行口座は持っているでしょうがその銀行のカードローンしか、借り入れできませんと言われたら「選択肢が狭いな」と思うでしょう。

もちろん、「最短即日キャッシング」でなかったら、どこでもいいんですけどね。1週間くらいかけてゆっくり口座開設して、それから最短即日融資を申し込めばいい…ということです。

ただ、「最短即日融資」にこだわるのであれば、基本的には「口座が必須」ということです。そして、楽天銀行スーパーローン(カードローン)の場合はそうした「制約」がないわけですね。なので、特に平日の最短即日キャッシングだったら、楽天銀行スーパーローン(カードローン)はかなり申し込みやすい…ということです。

土曜日・日曜日・祝日だと楽天銀行の口座が必須になる

ただ、ここまで書いた条件は「平日」の即日借入の場合であり、土曜日・日曜日・祝日の場合は、楽天銀行の口座が必要という条件になっています。

このように「土曜日・日曜日・祝日だけ必要になる」という条件の銀行カードローンはいくつかあり、大手の銀行カードローンの中では、たとえば「オリックス銀行カードローン」がそういう条件になっています。

この点は「やや借りにくい部分」と言えるかも知れません。もちろん、「平日でも口座が必須」というみずほ銀行・横浜銀行などと比較すると、楽天銀行スーパーローン(カードローン)はかなり申し込みやすいわけですが、とりあえず、土曜日・日曜日・祝日に即日借入しようとする人は、この点に注意してください。

なぜ、土曜日・日曜日・祝日だけ口座が必須になるのか?

なぜ平日は口座不要なのに、土曜日・日曜日・祝日の即日借入だけ必要になるのか―。この理由を箇条書きすると下のようになります。

  • 土曜日・日曜日・祝日は、どの銀行も閉まっている
  • つまり「振り込み」によって融資することができない
  • (月曜日以降の反映になる)
  • しかし「楽天銀行同士」だったら、土曜日・日曜日・祝日でも振り込める
  • だから、口座が必要

ちなみに、オリックス銀行もまったく同じ理由です。

平日でも、時間外だったら口座必須になる

実は、このルールは「土曜日・日曜日・祝日」だけではなく「平日の時間外」の時でも、同じことがいえます。つまり、15時以降~夜間・深夜…ということですね。

これらの時間も土曜日・日曜日・祝日と同様に―。

  • 他行への振り込みが反映されない
  • しかし、楽天銀行の口座だったら、反映される
  • だから、楽天銀行の口座があればOK

このようになるわけです。

  • 土曜日・日曜日・祝日と、平日の夜間(時間外)

こういうのは「同じ扱い」になるわけですね。こうした「平日の夜間のキャッシング」でも、楽天銀行スーパーローン(カードローン)は口座が必要になるので、この点も覚えておいてください。

楽天銀行スーパーローン(カードローン)の審査の所要時間は?

楽天銀行スーパーローン(カードローン)の審査の所要時間は、たとえば「最短30分」のように明確に決まっていません。ただ、「大体数時間」となっています。ポイントをまとめると、下のようになります。

  • 公式サイトに書かれている時間は「最短即日」
  • 実際には、3時間程度が多い
  • 信用度が高い人ほど、短時間で審査が終わる
  • 逆に借入状況などに問題がある人は、審査時間が長くなる

また、当然ですが、審査の混雑状況なども関係してきます。というように、諸条件によって決まるので、楽天銀行スーパーローン(カードローン)の審査にかかる時間を一概にいうことは難しいのですが、とりあえず「2時間~4時間程度」と思っておくといいでしょう。

即日借入したい場合、午前中に申し込む

かなりの確率で最短即日キャッシングできるのは、午前中です。楽天銀行スーパーローン(カードローン)の最短即日審査は大体17時まではしていると思われますが(普通の会社の終業時間です)、そこから逆算すると―。

  • 午前中に申し込んでおけば、締切時間(終業時間)まで5時間ある
  • これなら、多少時間がかかっても、当日中に審査完了することが多い

さすがに、どれだけ審査が混み合っていても、その人のクレジットスコアが低かったとしても、5時間あれば、楽天銀行スーパーローン(カードローン)レベルに審査体制が充実している大手の銀行カードローンなら、審査完了するでしょう。

ということで、楽天銀行スーパーローン(カードローン)で当日借入したい時は、午前中に申し込めば、ほぼ大丈夫と考えてください。この「午前中に申し込む」というのは、銀行カードローンで即日借入するときの基本です(楽天銀行スーパーローン(カードローン)以外でも)。

もっとギリギリの時間だと、何時までOK?

もっとギリギリの時間となると、仮に審査にかかる時間を「2時間」とすると、大体「15時」となります。

  • 15時に申し込む
  • 2時間で審査完了
  • 17時までに審査結果の連絡が来る

このような風ですね。ただ、これは「最短も最短」なので、あくまで「理論上」の時間であって、現実には15時の申し込みだと、最短即日融資は間に合わないと考えてください。

なので、せめて「14時」までには申し込むようにしましょう。これだったら、17時まで「3時間」あるので、間に合う可能性が高くなります。(これも絶対ではありませんが)

何にしても、もし本当にその日中にお金が必要で、何が何でも最短即日借入しなければいけない…というケースでは、銀行カードローンではなく、消費者金融で借りる方がいいでしょう。そのような当日キャッシングが必須の場面では、消費者金融で借り入れする…というのが基本です。

勤務先への在籍確認の電話は必須?

楽天銀行スーパーローン(カードローン)の審査では、基本的に勤務先への在籍確認は必須となっています。つまり「職場への電話連絡なしで借りる」ということは、基本的にできません。

  • 在籍確認を回避する方法もないし、「在籍確認の代替措置」もない

こういうことで、他の銀行カードローン同様、職場への在籍確認については、しっかりしているというか、甘くはありません。

信用度が高い人だと、省略されることも?

ただ、これは楽天銀行スーパーローン(カードローン)以外の銀行カードローン・消費者金融でもよくあることなのですが、下のように言えます。

  • クレジットスコアが高い人で、在籍確認できない事情がある

こういう人の場合、楽天銀行スーパーローン(カードローン)側の判断によって「在籍確認が見送られる」つまり「省略される」ことがあります。要は、職場への電話連絡なしになるということですね。

なぜ、在籍確認の電話を省略できるのか?

なぜ、このような条件だと、楽天銀行スーパーローン(カードローン)でも他の借入先でも在籍確認を省略することができるのか―。理由をまとめると、下のようになります。

  • 在籍確認はもともと、法的な義務ではない
  • 法的な義務があるのは、「返済能力の調査」だけ
  • その「返済能力の調査義務」の実践として、在籍確認をしている
  • つまり、他の部分で返済能力がわかるなら、在籍確認はしてもしなくてもいい

そして、貸金業法・銀行法などの法律を見ると、むしろ「在籍確認を規制する」法律の方が、明記されているんですね。

第三者に借金の事実を知らせてはいけない

貸金業法・銀行法の中には「第三者に借金の事実を知らせてはいけない」という内容の一文があります(実際はもっと長い文章ですが、要約すると、こうなります)。

要は申込者以外の人に、その借り入れがバレるようなことをしてはいけないということ。そして、在籍確認を無理にするというのは、これに抵触するのです(無理な在籍確認でなければ、もちろんOKです)。

なので「例えば」の例を出してみましょう。

  • 銀行員
  • 個人信用情報機関の職員
  • 警察官

このような職場にキャッシングがバレたら、クビになるリスクもあるという人々に対しては「むしろ、在籍確認をしない方が正しい」わけですね。

法的な義務でない以上、無理に在籍確認をして、こうした方々の生活を壊す方が、当然間違っているでしょう。なので、そのような場合は「むしろ、在籍確認をしない」という方が正しいのです。

なので、少々特殊なケースではありますが、このように在籍確認を回避するやむを得ない事情があるという場合は、職場への電話連絡が省略される…ということがあるわけですね。

あくまでクレジットスコアが高い人のみ

ただ、このように「やむを得ない事情がある」というだけでは、在籍確認が省略されることはありません(楽天銀行スーパーローン(カードローン)でもどこでも)。当然ですが、先に書いた通り「返済能力の調査義務」というのは、貸金業法・銀行法にもしっかりとあるので、楽天銀行スーパーローン(カードローン)や業者・銀行の側としては、それはしっかり調査しなければいけないのです(在籍確認以外の方法で)。

そして、年収・職業や借入状況といった基本的な情報を見るわけですが、それを見て―。

  • 在籍確認しなくても、十分信用できる
  • 在籍確認をしないと、信用できない

こういう区別をして、勤務先への在籍確認をするかどうかを決める…ということですね。ただ、基本的には、職場への電話連絡をする前に、本人の携帯にかけて了承をとるので、その点は安心してください(必ず了承をとるとは限りませんが、大体はとります)。

在籍確認の回避をしたい時は、プロミス・モビットで

楽天銀行スーパーローン(カードローン)に限らず、最短即日キャッシングの障害になるのは、やはり勤務先への在籍確認です。特に土曜日・日曜日・祝日・夜間など、職場が閉まっていることも結構ありますからね。

そういう時即日借入するために、勤務先への在籍確認を回避したいという人は、モビット・プロミスで申し込むのがいいでしょう。理由は、「プロミス・モビットだったら、在籍確認の代替措置がある」ということです。

以下、モビット・プロミスの在籍確認の代替措置はどのようなものなのか、その条件や内容、やり方をまとめていきます。

モビット・プロミスの代替措置の条件

まず、一番の基本となる条件が「在籍確認を省略する時」と同様に―。

  • 信用度が高いこと
  • 在籍確認の回避が必要な理由があること

このようになっています。信用度については特に説明しなくてもいいでしょう。後半の「在籍確認の回避が必要な理由」について書くと下の通りです。

  • 万が一にでも、職場バレしてはいけない仕事である
  • 土曜日・日曜日・祝日・夜間など、時間的に職場が閉まっている
  • 外部からの私用電話を取り次がない職場である

このような条件です。これらの理由だったら、「在籍確認の回避が必要」と判断され、代替手段が適用されることが多いです(絶対に、これらの条件だったらOKというわけではありません)。

代替措置がOKになったら、書類を提出する

そして、これらの条件を満たしていて、「あなたは代替手段でOKですよ」となったら、書類の提出をします。内容は人によって異なることもありますが、基本的には書類の提出でOKです。

そして、どんな書類を提出するのかというと、主に、下のようになっています。

  • 会社の保険証
  • 会社の給与明細

モビット・プロミスともに、大体この条件です。

そして、なぜこの2種類の書類を提出するのか、その理由を説明します。

なぜ、職場の保険証・給与明細書なのか?

なぜこのように「職場の保険証・給与明細書」を提出することが、在籍確認の代替手段として認められるのか。この理由は、職場の保険証は、そこに勤務していないと発行されないからです。給与明細については偽造も割と簡単なので、これはさほどの信用度はありません。

(ただ、偽造するにしてもある程度大変なので、補助的に、代替手段の審査を厳しくする…という効果はあります)

なので、メインで必要なのは「会社の保険証」なんですね。保険証の正式な種類としては、下の通りです。

  • 社会保険証
  • 組合保険証
  • 船員保険証

のどれかですが、これらが職場から発行されている人は、それを提出すればOK…ということです(もちろん、提出してもそれで絶対に職場への電話連絡なしになる…というわけではありません。)

モビットでは、他の書類が必要になることも

プロミスだと、大体上の2種類の書類のみでOK…ということが多いですが、モビットだと、追加でもっと書類が必要になることがあります(この辺は、口コミ・体験談を見ても諸説があり、人によって違う可能性があります)。

そして、どんな書類が必要になるのか書くと下の通りです。

  • 本人確認資料…パスポート・運転免許証のどちらか
  • 所得確認資料…源泉徴収票・確定申告書など
  • 指定の銀行口座…三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行のいずれか

特に必要になるのは「指定の銀行口座」だとおも割れます。(そういう体験談が多いので)

なぜ、身分確認資料が「運転免許証・パスポート」なのか

この理由は簡単で―。

  • 身分証明書で、一番信用度が高いのは、運転免許証・パスポート・保険証のどれかである
  • そして、保険証は「職場の保険証」をもう提出している
  • ということは、残りは「運転免許証・パスポート」しかない

ちなみに、この3種類の身分証明書が、一番信用されるというのは一般生活の感覚でわかるでしょう。ほとんどの場合、身分確認資料を求められたらこれらを出すはずですし、そもそも、これら以外の身分確認資料を知らないという人も、結構いるはずです。

その他の本人確認資料とは?

楽天銀行スーパーローン(カードローン)の最短即日審査でも、知っておくと役立つかも知れないので、参考までに「その他の本人確認資料」も一覧にしておきましょう。

  • 印鑑証明書(発行から3ヶ月以内のもの)
  • 個人番号カード(昔でいう住基カード)
  • 在留カード(在留外国人の場合)

…などがあります。その他、複雑な書類がいろいろありますが、これらの中でせいぜい使うことがあるのは個人番号カードくらいでしょう。あとはわざわざ提出するものではないと思います。

(もちろん、在留カードなどは違います)

プロミス・モビットの代替措置の条件を満たせない時

以上、モビット・プロミスの在籍確認の代替手段の内容を書いてきました。しかし、これらの提出書類を用意できない…という人もいるでしょう。そのように、プロミス・モビットの代替措置の条件をクリアできない時はどうすればいいのか―。

(楽天銀行スーパーローン(カードローン)から話が逸れているようですが、そもそも楽天銀行スーパーローン(カードローン)では在籍確認を回避することができないので)

そして、プロミス・モビット以外で職場への電話連絡なしにする方法としてはアコムで申し込むという選択肢もあります。正確に言うと、アコムは―。

  • 「職場への電話連絡なし」で借りられる、のではなく
  • 「在籍確認に失敗」しても借りられる

このようになっているんですね。以下、このアコムの在籍確認のシステムについて説明します。

アコムの在籍確認のシステム

アコムの職場への在籍確認のルールをまとめると、下のようになっています。(人によって変わることがあるので、絶対にこうなるとは限りませんが、こうなることが多くあります)

  • 在籍確認の電話自体は、必ずかける
  • しかし、それで「誰も電話に出ない」など、在籍確認に失敗した場合でも、信用度が高い人であれば、借入枠10万円以下、という条件で即日借入できる

このようなものです。そして―。

  • その後、あらためて再度在籍確認をする
  • その時「無事に確認が取れたら」、融資枠を本来の金額(その人による)に増額する

なのでとりあえず、すぐに借りる分は10万円あればOKという人であれば、モビット・プロミスでなくアコムで借りる…という方法もありでしょう。

プロミス・モビットと違って、在籍確認の代替措置のための書類もいろいろ用意する必要がないので、作業を考えれば一番ラクな方法ではあります。

在籍確認の電話は必ずされるので注意

ただ、このアコムの在籍確認の注意点としては、下の通りです。

  • 在籍確認の電話自体は、必ずされる
  • だから「電話自体がかかって来たらまずい」という人の場合―。
  • アコムではだめ

電話自体がかかって来たらまずい人というのは、たとえば飲食店のパート・アルバイト・フリーターの方などですね。

普通の会社員・OL・公務員の方々、特に営業マンなどと違って、こうしたアルバイト・パート・フリーターの方に、外部から「その人宛て」で電話がかかって来ることは、まずありません。なので、下のようになります。

  • 何か怪しい電話、と思われたり、仕事中に遊んでいる

このように思われたりする可能性もあるわけです。というように「在籍確認の電話自体がかかって来るとまずい」という人の場合は、アコムだと少々問題があるかも知れません。

(誰も電話に出なかったならいいですが、誰かが電話に出たら「何で、○○さんに外部から電話がくるんだ?」と思われてしまうので)

ということで、もしこのような「電話がかかって来ること自体」に問題があるケースだったら、やはり面倒でもモビット・プロミスで代替措置を適用するのがいいでしょう。こちらだったら「電話自体が完全なし」になるので。

銀行カードローンで最短即日審査がしやすいのは?

楽天銀行スーパーローン(カードローン)以外の時で、当日借入・最短即日審査がしやすいのはどこか。これは一覧にすると下の通りです。

  • 三菱東京UFJ銀行・バンクイック
  • 三井住友銀行カードローン
  • 新生銀行カードローン レイク

このようになっています。これら3つの銀行カードローンが即日借入しやすい理由をまとめると、下のようになります。

  • 審査時間が「最短30分」と、消費者金融と同様に早い
  • 「その銀行の口座なし」でも最短即日借入できる
  • 平日だけでなく、土曜日・日曜日・祝日でも最短即日融資OK(口座なしで)
  • 夜間の最短即日キャッシングも可能

そして、3つの銀行カードローンの中だったら、どこが一番申し込みやすいのか?というと、これは、下の通りです。

  • 基本的には「新生銀行カードローン レイク」
  • 無収入の専業主婦だったら「三菱東京UFJ銀行・バンクイック」
  • 三井住友銀行の利用実績があるなら「三井住友銀行」

以下、詳しくまとめていきます。

全体的には、新生銀行カードローン レイクが申し込みやすい

3つの銀行カードローンの中で「全体的に最短即日キャッシングしやすい」というのは、新生銀行カードローン レイクです。理由は下の通りです。

  • 高金利な分、審査通過率が高い
  • 平日でも土曜日・日曜日・祝日でも「夜9時」まで最短即日審査している
  • ローンカードの発行は「22時~24時」まで出来る

(もちろん、これに加えて先に書いた「最短30分」「口座なしでOK」などの条件も加わります)

以下、これらの新生銀行カードローン レイクが即日借入しやすい理由について書いていきます。

金利が高い分、審査通過率が高い

新生銀行カードローン レイクは「銀行カードローン」ですが、金利や審査通過率などを見ると「消費者金融に近い」存在となっています。それもそのはずで、知っている人も多いでしょうが、もともと新生銀行カードローン レイクはほのぼのレイクという消費者金融だったんですね。サッカー選手(今は監督)のジーコが宣伝をしていたので、知っている方も多いでしょう。

そして、そうした時代の名残があって、「新生銀行カードローン」となった今でも、審査通過率や金利などの「スペック面」は、消費者金融に近い内容になっているわけですね。

(総量規制の対象外などの部分は、完全に銀行カードローンですが)

ということで、先に書いた三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行などと比較すると、新生銀行カードローン レイクが一番「審査に通りやすく」なっているのです。即日借入をする時は「審査スピード」も確かに重要ですがそもそも、審査に通るということも大事なので、この点でまず「一番申し込みやすい」ということですね。

平日でも土曜日・日曜日・祝日でも21時まで最短即日審査

次に新生銀行カードローン レイクの最短即日キャッシングの有利な点と言えるのが、「最短即日審査の受付時間が長い」という点。土曜日・日曜日・祝日でも平日でも、毎日21時まで最短即日審査という風になっています。

これを三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行と比較すると、下のようになります。

  • 三菱東京UFJ銀行…17時~20時まで
  • 三井住友銀行…21時まで

こういうことで、下のように言えます。

  • 三菱東京UFJ銀行より、新生銀行カードローン レイクが有利
  • 三井住友銀行とは、同じ時間

三菱東京UFJ銀行の時間は、平日は20時までで、土曜日・日曜日・祝日は17時~18時となっています。

「三井住友銀行カードローンと同じなら、三井住友銀行もかなり即日借り入れしやすいのでは?」と思うかも知れません。確かにその通りですが、新生銀行カードローン レイクの方が有利な点を書いていきます。

新生銀行カードローン レイクが三井住友銀行より有利な点

簡単に箇条書きすると下のようになります。

  • 先に書いた通り「審査通過率」が高い
  • 三井住友銀行は「学生融資」ができない
  • 「カード発行できる時間」が、三井住友銀行は「21時まで」だが、新生銀行カードローン レイクは「22時~24時まで」である

つまり、簡単にまとめると、下のようになります。

  • 審査通過率
  • 学生
  • ローンカードの発行時間

こういう三点で新生銀行カードローン レイクの方が有利となるわけですね。以下、これらのポイントについてもげしていきましょう。

学生借入は、新生銀行カードローン レイクが一番しやすい

ここで論じている3つの銀行カードローンの中では、学生のキャッシングは新生銀行カードローン レイクが一番やりやすくなっています。理由は下の通りです。

  • 三菱東京UFJ銀行…「親権者の同意書」が必要
  • 三井住友銀行…そもそも、学生融資はしていない

このような風だからです。つまり「消去法」のような感じですが、三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行は、学生借入がしにくいので、自然と「新生銀行カードローン レイクが一番」となるわけですね。

新生銀行カードローン レイクの学生融資の条件は?

新生銀行カードローン レイクの学生キャッシングの条件はシンプルで、他の消費者金融・銀行カードローン(学生借入に対応している業者・銀行)と同じです。

  • 自分のアルバイト収入があること
  • 10代・未成年・20才未満でないこと(20才以上であること)

このような2つですね。要は下の通りです。

  • 収入
  • 20才以上

そして、月収がいくらくらいあればいいのかですが、大体5万円~10万円がボーダーラインと思ってください。もちろん多ければ多いほど有利になります。

とりあえず、10万円程度の最低限の小口借入をするのであれば、月収5万円でギリギリ、8万円あれば、審査通過の可能性が高くなる…と考えてください。そして、10万円あったら、新生銀行カードローン レイクだとかなりの確率で審査に通るでしょう。

学生借入だったら、楽天銀行スーパーローン(カードローン)も有利

そもそも楽天銀行スーパーローン(カードローン)についての記事なので、楽天銀行についても言及すると、学生キャッシングだったら、楽天銀行スーパーローン(カードローン)も「特に申し込みやすい銀行カードローン」の1つとなっています。理由は下の通りです。

  • 「親権者の同意書」などの条件がない
  • 楽天銀行自体が「若者を取り込みたい」銀行である

前者については、特に説明しなくていいでしょう。親権者の同意書が必須ということは「親バレ必至」なので、借りにくいということですね。(楽天銀行スーパーローン(カードローン)ならそれがない、ということです)

そして、後者については少々解説が必要なので、詳しく説明します。

楽天銀行は、若年層を取り込みたい

たとえばあなたのご両親が60才以上だったとして、新しく口座開設する銀行として、楽天銀行をおすすめしたら、どうなるでしょう。多分「ようわからんで、ええわ」となるでしょう。「何で、支店がないのに銀行ができるねん」などと言うかも知れません。

実際、「ネット専業銀行」という業態自体が、まだ登場して間もないものです。そして、楽天銀行も2010年創業なので、まだ6年ちょっとしか経過していないんですね。

このように歴史が短い銀行だと、どうしても高齢者を取り込むのが難しくなります。高齢者の方々というのは、何をするにも保守的ですからね。

となると、楽天銀行がどれだけいいサービスを提供していても―。

  • 高年齢層を取り込むのは難しいので、若年層を取り込むしかない

そして、楽天銀行自体がそういう方向性なら、そのサービスの一つである「楽天銀行スーパーローン(カードローン)」も、当然そういう方向に行くわけですね。

なので、楽天銀行スーパーローン(カードローン)は他の銀行カードローンよりも、学生への審査を柔軟にする、理由があるということ。もちろん、これは「審査が甘い・審査がゆるい」ということではありません。あくまで「ギリギリの当落線上だったら、他の銀行カードローンよりは、通る可能性が高い」ということです。

楽天は、本業でも稼げるのが強み

また、楽天銀行はただの銀行ではありません。知っての通り、楽天の本業はもともと「楽天市場」ですから―。

  • 楽天銀行スーパーローン(カードローン)などで「楽天ファン」を獲得すれば、楽天市場・楽天トラベルなどの「本業のサービス」で、「販売収益」によって、稼ぐことができる

こういうわけです。つまり「ただの銀行・消費者金融」だったら、「利息で稼ぐ」しかないので、審査がシビアになります。しかし、楽天は、本業によって「利息以外でも稼げる」ので、ある程度審査を柔軟にできるということですね。

(繰り返しますが、これは「審査を甘くする」という意味ではありません)

特に学生は、長期にわたってお得意さんになる

そして、特に学生などの若い世代になると、今のうちに楽天の固定ファンにしておけば、今後楽天が展開するありとあらゆるサービスで「楽天というだけで、安心して使ってくれる」という風になります。

たとえば、楽天が現時点で展開しているサービスを一覧にすると―。

  • 楽天銀行…銀行業
  • 楽天カード…クレジットカード
  • 楽天トラベル…旅行業
  • 楽天銀行…ネットショッピング
  • 楽天カフェ…飲食業
  • 楽天ビューティー…美容広告業
  • 楽天証券…証券取扱業

(まだまだ楽天のサービスはたくさんありますが、とりあえず、これだけにしておきます)

というように、その気になれば「楽天のサービスだけで、一生生活することも可能」となっているわけです。なので「若いうちに楽天ファンとして教育」し、長期にわたって楽天のサービスを利用してもらう…ということで、利益を出せるわけですね。

これは三井・三菱などの財閥が持っている強みと同じです。楽天は新時代の「財閥」に近いので、こういう「長期スパンでの、モノの考え方」ができるのです。だから、楽天銀行スーパーローン(カードローン)での学生借入についても「他の銀行カードローンより申し込みやすい」と言えるわけですね。

収入がない専業主婦が即日借り入れしやすい

また、楽天銀行スーパーローン(カードローン)は「無収入の専業主婦が即日借入しやすい」という点でも、他の銀行カードローンより優れています。ポイントをまとめると、下のようになります。

  • 夫・旦那の同意書を出さなくても借りられる
  • 婚姻関係の証明書(住民票など)も提出しなくていい
  • 提出するのは「自分の本人確認資料」だけ
  • しかも「最大50万円」まで借りられる」

それぞれについて、さらに補足すると―。

  • 夫・旦那の同意書…楽天銀行以外では、6つほどの銀行が同じ条件
  • 婚姻関係の証明書…楽天銀行以外は、横浜銀行のみ不要
  • 「最大50万円」…楽天銀行以外は、イオン銀行のみこの条件

以下、それぞれ詳しくまとめていきます。

配偶者の同意書なしで借り入れできる

まず、楽天銀行スーパーローン(カードローン)で無収入の専業主婦が当日借入しやすい理由で最大のものが「配偶者の同意書なしでOK」という点。配偶者の同意書というのは、夫・旦那の同意書のことです。

「夫・旦那の同意書」という名前を見てもわかりますが、これは要するにキャッシングについて、夫・旦那に相談・報告しなければならないということ。当然「夫バレ・旦那バレする」ということなので、多くの収入がない専業主婦の方々にとっては、これは「事実上、借入不可」に近いんですね。夫・旦那に借り入れがバレても平気…という無収入の専業主婦の方々はいないでしょうから。

ということで、大部分銀行カードローンは「無収入の専業主婦では、実質借入不可」になってしまうのですが、その中で楽天銀行スーパーローン(カードローン)など、「配偶者の同意書を提出しなくても借りられる」という銀行が、いくつかあるわけです。なので、この点でまず、自分の収入がない専業主婦が最短即日キャッシングをしようと思ったら、楽天銀行スーパーローン(カードローン)は有利…ということなんですね。

さらに「婚姻関係の証明書」を提出しなくていい

そして、さらに楽天銀行スーパーローン(カードローン)での無収入の専業主婦の審査が有利になるのは「婚姻関係の証明書も出さなくていい」という点。婚姻関係の証明書というのは、下のように言えるからです。

  • 住民票
  • 戸籍謄本
  • 戸籍抄本

こういった書類です。これらの書類を見れば―。

こういう、それぞれの続柄が書かれているので、それで「確かに結婚している」ということがわかるわけですね。

そして、基本的には住民票を提出するのですが、これは役所で簡単にもらえるので、夫バレ・旦那バレにつながる…ということはありません。

しかし、「役所まで行くのが面倒」ですし、特に急ぎでお金が必要な時には、これだけで2時間程度ロスするというのは痛いでしょう。これで最短即日キャッシングができなくなる…ということも十分ありえます。

なので「婚姻関係の証明書も提出しないでいい」というのが、無収入の専業主婦のキャッシングでは理想なわけですね。その点で、楽天銀行スーパーローン(カードローン)は「婚姻関係の証明書」(結婚証明書)も出さなくていいという条件なので、「他の銀行カードローンより、さらに無収入の専業主婦が申し込みやすい」と言えるのです。

横浜銀行も、同じ条件で借りられるが…

主要な銀行カードローンの中で、楽天銀行スーパーローン(カードローン)と同じ条件で借りられるのは「横浜銀行カードローン」のみです。同じ条件というのは、下のように言えるからです。

  • 配偶者の同意書不要
  • 婚姻関係の証明書も不要
  • 出すのは自分の身分証明書だけ

こういう条件ですね。なので、無収入の専業主婦がキャッシングする時の提出書類の少なさでは―。

  • 楽天銀行スーパーローン(カードローン)
  • 横浜銀行カードローン

この2つの銀行カードローンが、並んでトップというわけです。「じゃあ、横浜銀行カードローンでもいいじゃないか」と思う人もいるかも知れません。確かに提出書類だけ見るとそうなりますが、横浜銀行カードローンには「在住・在勤エリアが制限されている」というデメリットがあります。

神奈川県・東京都・群馬県でないと、借入不可

横浜銀行は、名前でわかる通り「地方銀行」です。地方銀行は口座開設でもカード利用でも、基本的にその地域に在住・在勤している人でないと、利用できないようになっています。

そして、横浜銀行カードローンの場合は「横浜」という名前でわかるとおり、神奈川県と中心として、あとは「東京都・群馬県」の人しか利用できないようになっています。

(何で横浜なのに「さいたま」ではなく「群馬」なのかと思う人もいるでしょうが、これは「埼玉には、埼玉銀行がある」からです。群馬にも「群馬銀行」はありますが…)

そして、このように「在住・在勤エリアで制限がある」ということで、横浜銀行カードローンは誰でも借りられるわけではないんですね。

なので、楽天銀行スーパーローン(カードローン)と同様に「本人確認資料だけでOK」という条件だったとしても、万人(無収入の専業主婦)におすすめできるのは「楽天銀行スーパーローン(カードローン)だけ」ということになるのです。

(こういう「申し込みやすさ」に注目した場合)

収入がない専業主婦でも50万円まで借入可能

もう一つ、楽天銀行スーパーローン(カードローン)でのキャッシングが無収入の専業主婦にとって有利なのは最大50万円まで借入可能という点。これは基本的に夫・旦那の収入に関係なく一律で決まるものです(例外もありますが)。

他の銀行カードローンで無収入の専業主婦が借り入れする場合、最高融資枠は「30万円で統一」というのが基本です。(これも夫・旦那の収入に無関係で決まります)

という風に、多くの銀行カードローンが「30万円」の中で、楽天銀行・イオン銀行だけは「50万円」まで借りられるようになっているんですね(自分の収入がない専業主婦でも)。

なので、借入枠の大きさに注目する場合は、自分の収入がない専業主婦の方は、イオン銀行・楽天銀行のどちらかで借りるというのがいいわけです。

なぜ、夫・旦那の収入に関係なく決まるのか

なぜ、こうした借入可能枠が「夫・旦那の収入に無関係で」決まるのか…と疑問に思う人もいるでしょう。これは、下の通りです。

  • 夫・旦那の収入まで審査していると、審査コストがかかる
  • その分は金利引き上げでカバーしないといけないので、全体にとって不利益になる

これが、まず1つ目の理由です。そして2つの理由が―。

  • 女性が働かなくても専業主婦として生活できる家庭なら、夫・旦那が一般的な年収を得ているはずなので、そうした家庭だったら、30万円や50万円くらいなら、問題なく返済できる

つまり専業主婦というのは、今の日本では、ある意味「ステータス」のある職業・属性なんですね。専業主婦の女性本人だけでなく「そうした女性を養える」というのも、その夫・旦那の男性の「経済力の証」であり、ある程度のクレジットスコアを保証しているようなものなのです。

…という理由で、無収入の専業主婦のキャッシングの時は、基本的に「夫・旦那の収入を審査することなく」借入可能枠が決まる…という風になっているんですね。そして、楽天銀行・イオン銀行だと基本的に「50万円まで借りられる」ということです。

(一部の例外もありますが。その人の信用度によっては、もっと融資枠が小さくなる場合もあります)

夫・旦那の勤務先への在籍確認は必要ない?

楽天銀行スーパーローン(カードローン)に限らず、自分の収入がない専業主婦が夫・旦那の収入によって借入審査に申し込む時、「夫・旦那の職場に在籍確認が必要になるのでは?」と思う人は多いでしょう。しかし、これはまた必要ありません。

理由は、先ほどの「年収をチェックしない理由」と同じで「女性が専業主婦という時点で、夫・旦那は問題なく働いている」にきまっているからです。

確かに、本当にその職場に在籍している…という保証はありません。しかし何らかの、まともな仕事をしているのは確かなので、キャッシング審査としてはそれで十分なんですね。

(住宅ローンなどの、もっと低金利で厳しい借り入れだったら、このくらいでは済まないでしょうが)

夫・旦那の職場に在籍確認を回避すると、貸金業法にも触れる

また、夫・旦那の職場に在籍確認を回避するというのは、先に書いた第三者に借金の事実を知らせてはいけないという貸金業法・銀行法の条文にも抵触してしまう恐れがあります。

在籍確認をして、「職場の人にバレる」ことはめったにありませんが、少なくともこの場合「夫・旦那」には確実にバレるわけですからね。

法律での「第三者」というのは、「赤の他人」という意味ではなく「本人以外」のことを指します(あと、この場合は、消費者金融・銀行カードローンなどの「相手」も除きますが)。

なので、夫・旦那は、家族であっても「第三者」なんですね。夫・旦那の職場に在籍確認をしたら、その「第三者」に、専業主婦の女性の借り入れがバレてしまうので、これはしてはいけないのです。

(しないでいい、のではなく「してはいけない」んですね。法律ですから)

ということで、無収入の専業主婦の方々がキャッシングする時夫・旦那の職場に電話連絡が行く、ということはないので、この点は安心して下さい。

夫・旦那の収入証明書も提出の必要なし

ちなみに、ここまでの流れで大体わかると思います。が、夫・旦那の所得確認資料も提出する必要はありません。先に書いた通り「夫・旦那の収入に関係なく「一律で決まる」というルールだからですね。

ただ、例外としては、下の通りです。

  • 夫・旦那が自営業・個人事業主の時
  • 申し込んだ女性本人の信用度が低い場合
  • 消費者金融での借入金額が50万円を超える場合
  • 銀行カードローンでの借り入れが「300万円」を超える場合

このようになっています。これらの場合は、収入がない専業主婦の借り入れでも、夫・旦那の収入証明書を提出しなければいけない…ということもあります。

ただ、補足しておくと無収入の専業主婦では30万円や50万円までしか借りられないので、「50万円や300万円を超えたから」という理由で、収入証明書が必要になる…ということはありません。

(ちなみに、普通の会社員・OL・公務員の方々だったら、楽天銀行スーパーローン(カードローン)は300万円以上の借り入れで、所得確認資料が必要になります)

その他2つのケースについては、特に「夫が独立系の職業」という時には、ほぼ確実に収入確認資料を提出しないと借りられないと思ってください。これは夫・旦那本人借り入れする時でも同じです。

(特に自営業者・個人事業主というのは、法人化していない限り「名乗るだけなら自由」なので、本当に営業しているかどうか、確定申告書などを見て確かめる必要がある…ということですね。

楽天銀行スーパーローン(カードローン)は深夜でも借りられる?

楽天銀行スーパーローン(カードローン)は、深夜の最短即日キャッシングはできません。また、夜間の即日借入もほぼできません(18時くらいまでなら、ギリギリできることもありますが、申し込みは15時くらいまでにする必要があります)。

基本的にほとんどの銀行カードローンの最短即日融資の時間は「17時まで」で終わります。それ以降の夜間でも最短即日キャッシングができるのは、主に―。

  • 三井住友銀行カードローン
  • 三菱東京UFJ銀行・バンクイック
  • 新生銀行カードローン(レイク)

このようになっています。上でも書いた即日借入がしやすい3つの銀行カードローンですね。もし―。

  • 夜間に即日借入したくて、しかも「銀行カードローンで借りたい」

こういう条件の場合、楽天銀行スーパーローン(カードローン)では基本的に難しく、上に書いた3つの銀行カードローンになります。(で、それぞれが当日借入しやすい理由は、先に書いた通りです。)

審査に通った後なら、夜間でも深夜でもOK

ただ、「夜間や深夜ではダメ」というのは、あくまで審査からその日中に始めるという場合です。

  • すでに審査完了した後で、「借り入れ」の作業だけする

このような意味であれば、楽天銀行スーパーローン(カードローン)は「深夜でもキャッシングできる」となります。というのは、下のように言えるからです。

  • 審査完了して利用が始まると、楽天銀行スーパーローン(カードローン)から「ローンカード」が送られて来る
  • このローンカードをコンビニの提携ATM・提携銀行のATMに挿入すれば、自動的に楽天銀行スーパーローン(カードローン)のメニューが立ち上がり、あとはそれで自由に借入・返済できる

こういうシステムになっているからです。そして、コンビニの提携ATMでも借入・返済できるという仕組みなので、深夜・真夜中でもOK…ということですね。

(銀行でも、セブン銀行のATMなどは深夜でも開いていますが)

審査自体を、深夜にできる業者・銀行はない

そして、ここまで書いてきた「楽天銀行スーパーローン(カードローン)で夜中に当日借入できる」というのは、あくまで「すでに審査完了している人のみ」です(繰り返しますが)。

「キャッシング審査から、真夜中に始める」という条件だと、楽天銀行スーパーローン(カードローン)だけでなく、どの消費者金融・銀行カードローンでも、深夜の即日借入は不可となっています。逆に「審査完了さえしていれば」「ローンカードさえあれば」深夜でも早朝でもいつでも借りられる…というのは、どの消費者金融・銀行カードローンでも共通しているルールです。

(ただし、当然ですが借入枠に余裕が必要です)

深夜は、ヤミ金すら最短即日審査していない

「ヤミ金なら、深夜にも最短即日審査・当日キャッシングしてくれるんじゃない?」と思うかも知れません。私もそう思っていましたが、調べてみるとヤミ金も、深夜は眠っているようです。

なんだか人間味というか親しみを感じてしまいましたが、ヤミ金のホームページを見ても「深夜は対応できません」とか「夜間も、時間帯によっては対応できないことがございます」などと書かれています。

よく考えたらそうですよね。そもそも「24時間態勢」というのは、すき家のような大企業でも、それを維持するのが難しかったくらいです。

すき家が「ブラック企業」として叩かれるようになったのは、24時間営業を維持しようとした結果、無理が出たということです。

最近は、コンビニやマクドナルドでも、エリアによっては「23時に閉店」とか、セブンイレブンなのに「夜10時に閉店」ということもありますからね(札幌駅のセブンイレブンは、夜10時に締まります。それを見ているお客さんがよく「11時までやるからセブンイレブンじゃないの?」などと突っ込んでいます。笑)

…という話はさておき、二十四時間営業というのは「しっかりした企業」でも、かなり難しいものなのです(そもそも、諸外国は日本のコンビニのようなサービスはほとんどないですからね。アジアには、日本からだいぶ輸出されていますが)

こうしたことを考えてもヤミ金でも、深夜の最短即日融資・最短即日審査ができないというのは、当たり前のことなのです。

ヤミ金は、意外と儲かっていない

世の中の人は「ヤミ金は儲かる」と思っているかも知れませんが、実はこういう「悪徳業者」というのは、あまり儲かりません。ポイントをまとめると、下のようになります。

  • 一時的には、たしかに儲かる
  • しかし、儲かることがわかると、すぐに「悪人」たちが参入してくる
  • そうすると「被害」が拡大し、警察も動き出し、法律が整備される
  • そして、その商売はできなくなる

また、警察が動かなくても―。

  • 「おいしいシノギがある」と聞いる
  • ヤクザが大手を振るって参入してくる
  • そうすると「ヤクザの配下になる」か
  • 「抵抗して、海に沈められる」しかない
  • 配下になると、取り分は当然減る
  • 儲かるのは、ヤクザの上の人間だけ
  • ↑(これも、上に書いた通り警察の取り締まりが入る)

そもそも悪いことをするというのは、国家という「最大の競合」を作るわけですから、稼げるわけがないんですね。

稼げるような気がするのは、私達一般人がお金持ちは悪人であってほしいという先入観を持っているからです。実際にはものすごく禁欲的で、普通の人間が合コンや飲み会をしている間も、ひたすら働き続けるような人がお金持ちになるのですが…。

それを認めると「自分が弱いから、庶民に甘んじている」というのを認めてしまうことになるので「お金持ちは悪いことをしている」という情報を、みんな欲しがるわけですね。

そして、それが転じて「悪いことをすると儲かる」というイメージになるのです。また、そういう内容の漫画やルポが売れるので、マスコミや出版業界も、それに合わせるわけです。

このように「ヤミ金は儲かる」という誤解が生まれるのですが、実際にはそんなに儲からないのです。なので、所詮は末端のヤクザや、社会からドロップアウトした人たちが「なんとか生き延びる」ためにやっている仕事なんですね。

なので、24時間態勢で深夜でも最短即日審査する…などという「充実したサービス」は基本的にできないのです。(昼夜逆転して、夜中でも起きている…ということはありそうですが)


このように、少々ヤミ金の話が長くなりましたが、要するに―。

  • 楽天銀行スーパーローン(カードローン)でも、他の消費者金融・銀行カードローンでも、ヤミ金のような違法業者でも、深夜に最短即日キャッシングできる所はない

このようになるわけです。

深夜にお金が必要になった時点で、債務整理を考える

深夜にお金が必要になるというのが、どういうケースかは人それぞれでしょう。しかしどうしても、その日中に借りないとまずいというのは、大体―。

  • 多重債務に陥ってて、そのどれかの返済のため

こういうことが多いのではないでしょうか。そして、まともな消費者金融・銀行カードローンだったら、深夜や早朝でもお金を用意する必要などはないので、おそらくすでにヤミ金などの街金から借りているという状態です。

(偽装質屋などや、クレジットカードの現金化などの、あやしい業者も含め)

必ずしもそうとは限りませんが、もしそういう状態で「深夜にお金が必要」となっている場合は、これはもう債務整理をするしかないと考えて下さい。正確に言うと―。

  • 債務整理にもいろいろあるが、その中の「個人再生」か「自己破産」
  • 基本的には「自己破産」すべき

以下、こうした債務整理の知識がない方が多いと思うので、簡単に「個人再生」と「自己破産」について説明します。

「個人再生」とは?

個人再生は、正式名称は「個人版民事再生」といいます。そして、内容を簡単に言うと借金を「最大で5分の1まで減額できる」というもの。たとえば400万円の借入総額だったら、80万円まで減らせるわけですね。これだったら「もう自己破産しかない」と思っていた人でも、簡単に返済できるようになる…ということがわかるでしょう。

(簡単ではないかも知れませんが、400万円と比較したら断然)

先に書いた通り、深夜に最短即日融資が必要になるというのは、相当ヤバイ状態なので、この場合はこの個人再生のような「根本的な解決」を考えた方がいいといえます。

「自己破産」とは?

自己破産は知っている人が多いでしょう。「借金帳消しにできる」というものですが、よく誤解されているのが―。

  • 自己破産した人は、もう働けない
  • 自己破産すると、戸籍に記録が残る

このようなものですね。しかし、これはまったくの間違いで―。

  • 自己破産した後も仕事は続けられる
  • お給料も普通にもらっていい
  • 預貯金もしていい
  • 住民票などの戸籍にも、一切残らない

このようになっています。昔は戸籍に残っていた時代もあったらしく、それで「戸籍」に関する誤解が、今もあるわけですね。

では、自己破産のデメリットは何なのかというと、下の通りです。

  • 現時点で持っている資産は放棄しないといけない
  • 貯金はもちろん、自宅や車も処分する
  • また、宅建主任・警備員など、一部の資格や職業は、大体半年間ほど、制限される(完全にできないわけではない)

つまりデメリットを簡単にまとめると、下のようになります。

  • 車と家がなくなる(ない人は平気)
  • 警備員などの仕事ができなくなる

特に痛いのは「警備員」かも知れません。「宅建主任」については、「その資格が必要な業務」ができないだけで、勤務自体はできることもあります(もちろん、あらゆる業務ができなくなって、一時的に「役立たず」になってしまうリスクはありますが)。

これが自己破産のデメリット・短所ですが世間が思っているより、ずっと簡単なのがわかるでしょう。知識があるヤクザなどは、「わざと自己破産して、借金がチャラにする」(その借金は、仲間の店で使って仲間を儲けさせる)…という手口を使うくらいです。

ということで、楽天銀行スーパーローン(カードローン)でもどこでも「深夜にお金を借りたい!」というような緊急の場合になったら、その時は―。

  • 追加でキャッシングすることを考えるより、いさぎよく「自己破産する」

こういう選択肢を、個人的にはおすすめします。(自己破産というと暗いイメージがあるでしょうが、先に書いた通り簡単な内容ですし、人に知られることもありませんから)

まとめ「楽天銀行スーパーローン(カードローン)の最短即日融資」

以上、楽天銀行スーパーローン(カードローン)の最短即日審査と最短即日キャッシングについて、関連する知識や、他の銀行カードローン・消費者金融との比較などと合わせて、総合的にまとめてきました。最後に要点を整理すると、下のようになります。

  • 楽天銀行スーパーローン(カードローン)は最短即日融資もできる
  • 午前中に申し込むと、即日借入しやすい
  • ギリギリの時間だと、14時頃まで大丈夫
  • 土曜日・日曜日・祝日の当日借入は、楽天銀行の口座が必須になる
  • 平日の最短即日キャッシングだったら口座は不要
  • 無収入の専業主婦が特に申し込みやすい
  • 配偶者の同意書も、婚姻関係の証明書もなしで借りられる
  • さらに、借入枠が50万円というのも、後はイオン銀行だけ
  • 学生も最短即日キャッシングしやすい
  • ↑(楽天銀行自体が、若者を取り込む必要があるため)
  • パート・アルバイト・フリーターなども即日借入可能

これから銀行カードローンで当日キャッシングをしたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP