ソニー銀行カードローンは、土日・祝日でも当日審査・即日キャッシングができる!

ソニー銀行カードローンは、土日・祝日でも当日審査・即日キャッシングができる!

ソニー銀行カードローンは、土日・祝日でも即日借入することができます。ただし、平日と違って、ソニー銀行の口座が必須…という条件です。

平日の即日キャッシングだったら、ソニー銀行カードローンは「初回のみ、他の銀行口座でも即日振り込み可能」という条件になっています。しかし、土日・祝日に当日借入する場合、それはできない…ということですね。

なので、土日・祝日にソニー銀行カードローンで当日キャッシングしたいという人は、ソニー銀行の口座を持っている必要があります。逆に言えば、ソニー銀行の口座さえ持っていれば問題なく土日・祝日でも当日融資できる…ということです。

オリックス銀行・楽天銀行も同じ条件

実は、この土日・祝日だけはその銀行口座が必要というのは、楽天銀行スーパーローン・オリックス銀行カードローンも同じ条件となっています。オリックス銀行カードローン・楽天銀行スーパーローンも、

  • 平日は口座なしでOK
  • 土日・祝日は口座が必須

という風になっているんですね。で、なぜか。それをまとめていきます。

土日・祝日だけ口座が必要になる理由

これは箇条書きしていくと、

  • 他の銀行の口座に振り込むには、
  • 「銀行が開いている」必要がある
  • 銀行は「平日の15時」までしか営業していない
  • だから、土日・祝日は振り込めない

ということです。鋭い人は「平日の夜間は?」と思ったかも知れません。その通りで平日の夜間も、やはり「他の銀行には即日振込不可」という条件になっています。

ただ、ソニー銀行カードローンにしても楽天銀行スーパーローン・オリックス銀行カードローンにしても夜間は、即日審査自体していない(というか、普通の銀行カードローンはしない)ということで、この「夜間も、他の銀行の口座はダメ」というのが、あまり目立たない(というか無関係)ということです。

…こうした理由から、「土日・祝日は、他の銀行の口座ではだめ」となるわけですが、では何で「その銀行口座があればいい」という条件になるのか。

ネット専業銀行は、土日・祝日でも振り込める

  • 楽天銀行
  • ソニー銀行
  • オリックス銀行

…これらの銀行カードローンはすべて、いわゆる「ネット専業銀行」です。つまりリアル店舗を持たない、ネット上の数字によって預金を管理するというスタイルの銀行ですね。

で、こうしたスタイルのネット専業銀行であれば、土日・祝日でも「その銀行内」だったら、問題なくリアルタイムで振り込みできるのです。要は、簡単に言うと「同じサイト内で、数字をやり取りするだけ」ですからね。

誤解を恐れず、あえて「システム」でたとえるとFacebookの「いいね!」と同じなのです。あれが全部「お金」になったと考えてください。土日・祝日でも「ボタンを押した瞬間」、反映されるでしょう。

これがネット専業銀行の強みです。そして「そもそも貨幣とは何か」という根本的な問題・テーマにもつながっています(これがさらに発展すると「そもそも、通貨って、国が発行する必要なくね?」と言う考えが生まれ、ビットコインに発展していくのですが…)

で、そうした経済や貨幣の本質はさておき、このように原理的にはデータをやり取りするだけであるネット専業銀行は、土日・祝日でも「同じ銀行内」だったら、即日振り込みできるわけです(あるいは提携しているネット専業銀行なら)。

ということで、ソニー銀行カードローンなら、ソニー銀行の口座があればOKとなりますし、オリックス銀行カードローンの場合、「ジャパンネット銀行と提携している」ので、ジャパンネット銀行の口座でも土日・祝日でも即日振り込み可能…となっています。


何はともあれ、これが「平日ならその銀行口座なしで即日キャッシングできても、土日・祝日は必要になる」という原理です。別に土日・祝日だけ「忙しいから」などの理由で即日融資をしていないわけではなく「原理的に、こうなってしまう」わけですね。

(むしろみずほ銀行・横浜銀行などは土日審査自体していないわけですから、そうした銀行カードローンと比較すると、ソニー銀行カードローンなどはかなり土日融資のサービスもいい方なのです)

土日・祝日でも口座なしで借りられる銀行カードローンは、なぜ?

では、一部で存在する(とかいうと何か秘密めいていますが)、土日・祝日でもその銀行口座なしで即日キャッシングできる…という条件の銀行カードローンは、一体どうなっているのか。なぜ可能なのか。

これは銀行振込に頼らないというのが理由なんですね。つまり、

  • 同じ「即日キャッシング」でも、
  • それを「銀行振込」でするのではなく、
  • 「ATM」からする

ということです。一見「どの銀行カードローンでもできそう」と思うかも知れませんが、そうではありません。

ATMでの即日借入に必要な条件

ATMで即日キャッシングをするには、当然ですがATMを操作することが必要です。ATMを動かさずにATM借入をするというのは、もはや一休さんの世界ですからね(屏風の虎を追い出してみろとか、ふたを開けずに、味噌汁を温めてみろ、とか…)。

で、ATMを動かすには何が必要か―。これは銀行の預貯金ですでに体験していると思いますが「カード」が必要です。で、キャッシングの場合、これは「キャッシュカード」ではなく「ローンカード」となります。構造としてはキャッシュカードと全く同じようなもの(事実、兼用型もある)ですが、とりあえずローンカードというものを、新規に発行する必要があるのです。

で、どうやって発行するのか?

で、どうやってそのローンカードを発行するのか。曇りない眼で考えると、ローンカードを発行する方法は下のようなものがあるはずです。

  • 店舗でもらう
  • 郵送でもらう

という2つですね。で、どちらも「土日・祝日に即日借入する」という視点からすると、絶望的なのがわかるでしょう。

  • 店舗…閉まっている
  • 郵送…何日もかかる

ということです。つまり土日・祝日にローンカードを即日発行する…というのは、意外と難しいのです。では、他に方法はないのか?

「自動契約機・無人契約機」で発行する

で、登場した方法が「自動契約機・ローン契約機」で発行する…という選択肢。街中でよく「プロミス・アコム・アイフル」などと書かれた看板の建物を見るでしょうが、アレの中にあるマシンが「自動契約機」です。

無人契約機として一番よく知られているのがアコムの「むじんくん」です。自動契約機の代名詞ともなっているので、知っている方が多いでしょう。

で、何はともあれそういう自動契約機・無人契約機にいって「ローンカードを発行」すれば、

  • 土日・祝日でもATMが動かせるようになる
  • 銀行振込に頼らなくても、即日キャッシングできる

…という風になるのです。なのでローン契約機を持っている銀行カードローンであれば、土日・祝日でも口座なしでOKとなるわけですね。で、どこがそうしたローン申込機を持っているのか。

三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・新生銀行(レイク)が持っている

結論を言うと、

  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • 新生銀行

なら、こうしたローン契約機・自動契約機があります。なので、これらの銀行カードローンは「平日だろうと、土日・祝日だろうと、銀行口座なしで即日キャッシング可能」という条件になっているんですね。特に土日・祝日の当日キャッシングに関しては、これらの3つの銀行カードローンが一番借りやすくなっている…と言っていいでしょう。

他の銀行は、自動契約機を作らないのか?

これを読んで他の銀行カードローンも、ローン契約機を作ればいいのでは?と思った人もいるでしょう。もちろん、作れば他の銀行カードローンもさらに土日融資がやりやすくなります。ただ、当然ですが、

  • ローン契約機の導入にはコストがかかる
  • そのコストを超えるだけの「売上=借り入れ」がないといけない
  • それがどこまで期待できるか

ということです。というのは『貸せない金融』という本にも詳しく書かれているように、今の日本では個人に融資するのが、かなり難しくなっているのです。理由は、

  • 一時期の消費者金融バッシングによって、
  • 「金融業」のイメージがかなり悪くなった
  • (あれらの報道の中には、歪んだものがたくさんあった)

ということ。そして、

  • 日本人自体も貧しくなった
  • GDPや平均年収など「全体的」な数字は変わっていないが、
  • 「格差が拡大」しているので、
  • 「お金持ちはキャッシングなどする必要がない」し、
  • 逆に「借り入れが必要な低所得者は、返済能力がない」

という状態になっているわけです。もともと消費者金融が「サラリーマン金融」と言っていたように、こうした個人向けの貸金業は、

  • 「サラリーマン」に代表される
  • 「一億総中流」な人々を相手にするビジネス

だったわけですね。

  • お金持ちではないから、たまにキャッシングが必要
  • しかし、お給料はしっかりもらっているから、
  • 返済は問題なくできる

というのが、融資するサラリーマン金融や銀行カードローンにとって「理想的な顧客」だったのです。しかし、今の日本では、そういう「ちょうどいいレベル」の人たちが、いなくなってしまったわけですね。

  • 会社員・OL・公務員が減って、
  • パート・アルバイト・フリーターなどの非正規雇用が増えた
  • 年収についても「勤務しているだけで右肩上がり」の時代ではなく、
  • 上がらないか、むしろ下がるのが普通になった

ということです。何しろ天下のシャープですら、これだけ急落する時代ですからどれだけ有名な大企業に勤めていようと、もう安心できないという時代なんですね。

そういう「リテール金融(個人金融)の冬の時代」にあって、新たにローン契約機というコストがかかるものを導入して、さらに貸付を拡大する…というのは、かなりのギャンブルなのです。なので、ほとんどの銀行カードローンは、おそらく今後も無人契約機を導入することはないんですね。

三菱東京UFJ銀行・新生銀行などは、なぜあるのか?

では、先に書いた、

  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • 新生銀行(レイク)

は、なぜローン契約機を導入しているのか。これは、

  • 新生銀行レイク…もともとが「ほのぼのレイク」だったので、その時代からある
  • 三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行…単純に「資本力」がある

ということです。資本力だったらみずほ銀行もあるのでは?と思う人も多いでしょう。その通りです。

みずほ銀行は「低金利×審査厳し目」という方針

基本的に、みずほ銀行カードローンは三大メガバンクのカードローンの中でも、少々方針が違っています。

  • 低金利である
  • 代わりに、土日融資はしない
  • 平日の夜間も審査しない
  • ATMの利用手数料もサービスしない

という風になっているんですね。つまり、

  • 低金利で借りられるが、
  • 審査もサービスも厳しい

となっているわけです。たとえばATMの借入・返済の手数料については、「時間外だと有料」となっています。(三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行などは、時間外でも無料です)

これは別に、みずほ銀行カードローンが、

  • 資金的に余裕がない、のでもなく
  • 利用者に対して不親切、なわけでもなく
  • そういう方針

ということなんですね。「そういう方針」というのは、つまり先に書いた「低金利にする代わりに、サービスや審査を厳し目にする」というものです。要はカレーで言うなら「辛口専門」ということです。

世の中に甘口と辛口の料理があるように「どちらが偉い」ということでもありません。三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行のように、

  • 借りやすく、代わりにみずほ銀行より高金利
  • …という選択肢もあれば、
  • 三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行より借りにくいが、
  • 代わりに低金利というみずほ銀行

のようなやり方もあるでしょう。要は「それぞれのスタイル」ということです。そして、スタイルがいろいろあった方が、利用者は自分にあったものを選べるということで、これは当然「全体にとって」非常にいいことなのです。

…というような理由で「ローン契約機のある銀行カードローンと、ない銀行カードローンがある」ということですね。参考になれば幸いです。

ソニー銀行の土日融資の審査時間は?

これは「最短60分」です。平日の即日キャッシングの審査時間と同じですね。基本的に、ソニー銀行カードローン以外の銀行カードローンでも、

  • 平日と土日・祝日の審査時間は、
  • どちらも同じ

となっています。両方変わらない理由は、

  • 中小の消費者金融などと違い、
  • 審査の態勢はしっかりしているので、
  • 平日か土日・祝日のどちらかで、
  • 「申込者が急増」した場合でも、
  • 特に変化することなく、対応できる

ということです。これが中小の消費者金融になると、

  • 土日・祝日はスタッフが少ない、とか
  • 土日・祝日に申し込みが殺到すると、
  • 通常の人数では対応できない

というように、土日・祝日と平日の即日審査の所要時間で、バラつきが生じるわけです。なので中小業者だったら、確かにそういうこともあるのですが、基本的にソニー銀行カードローンのような「大手の銀行カードローン」だったら、そういうことはないんですね。

(もちろん、銀行カードローンだけではなく、アコム・アイフル・プロミス・モビットなどの大手の消費者金融でも同じです)

最短60分というのは、どのくらいのスピードか?

ソニー銀行カードローンの審査の所要時間である「最短60分」というのは、どのくらいのスピードなのか。これは、

  • 新生銀行・三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行などの「最短30分」についで、
  • 大手の銀行カードローンの中で二番目の早さ

となっています。ソニー銀行カードローンより遅い銀行カードローンになると「最短即日」と表記されています(公式サイトでは)。

つまり、大手の銀行カードローンの審査の所要時間は松竹梅の三段階に分かれ、

  • 早い…最短30分
  • やや早い…最短60分(ソニー銀行カードローンはここ)
  • 普通…最短即日

となるわけですね。ちなみに、最短即日と書かれている銀行カードローンは、大体2時間~5時間と考えてください。かなり幅がありますが、こうした銀行カードローンの場合、

  • 当日の審査の混み具合
  • その人のクレジットスコア

という2つの条件によって、審査時間がかなり変動する…ということです。先ほど「大手の銀行カードローンだったら、混雑はそれほど関係ない」と書きましたが、「数時間程度の誤差」は当然出ます。そもそも、即日キャッシング自体が昔はなかったサービスなのですから、これが当たり前になったというだけでも、かなりすごいことなんですね。

(その分、キャッシングという名前の借金が簡単にできるようになったということで、一部では弊害も生じているわけですが)

何はともあれ、ソニー銀行カードローンの「最短60分」という審査時間も、三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・新生銀行(レイク)などの「最短30分」ほど早くはありませんが、相当なスピードキャッシングができる…と考えて下さい。

実際に最短60分で終わるかどうかも重要

ただ、これはソニー銀行カードローンでも、その他の三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」などでも言えることですが、

  • 最短60分、最短30分と書かれていても、
  • 本当にその審査時間で終わるかどうかは、確定ではない
  • つまり「どのくらい最短で終わる割合が多いか」も重要

ということなんですね。で、これについて書くと、

  • 同じ「最短30分」の銀行カードローンでも、
  • 三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行は、
  • 「30分より長くなる」ということが、たまにある
  • 新生銀行カードローン・レイクは、それがあまりない
  • (実際に30分で終わる割合が高い)

ということです。これは新生銀行カードローン・レイクの方が三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行より高金利なので当たり前なのですが、何はともあれこのように「実際に30分で終わる」という点では、同じ「最短30分」のグループの中でも、新生銀行カードローン・レイクが一番スピードキャッシングが可能となっている…と考えていいでしょう。

ソニー銀行は、時期によって審査時間が異なる

知っている人もいるかも知れませんが、、ソニー銀行カードローンは一時期新規の申し込みの受け付けを停止していたので、それを再開した直後、

  • 審査申込みが殺到して、
  • 一時的に審査が混雑する

ということがありました。なので、そういう時期に申し込むと、ソニー銀行カードローンでも「最短60分」という時間どおりで終わらない、ということはあります。ただ、その混雑はもうとっくに解消されていますし、今後も当分の間はないはずなので、ソニー銀行カードローンの「最短60分」という審査時間は、実際にこれで終わる確率が、それなりに高いと考えてください。

(それなりに高いなどと書くと、政治家の曖昧な言葉づかいのようですが)

土日・祝日に即日借入する時の注意点

これはソニー銀行カードローンに限った話ではないのですが、土日・祝日に即日キャッシングをする時には注意すべき点があります。それは、言うまでもなく勤務先への在籍確認です。土日・祝日は勤務先が休み…ということが多いからですね(土日・祝日でも営業している職場の人は、全然関係ありません)。

当選ですが、勤務先への在籍確認の電話というのは「職場に誰か人がいる」という時しかできません。もし「休日だけど、自分が出勤して電話をとる」という場合はOKなのですが、そうでない場合は、勤務先が閉まっている時には在籍確認はできない…という風になっています(当然ですが)。

なので、年収・職業などのその他の条件については問題なくても、「在籍確認がとれなかった」という理由によって、ソニー銀行カードローンでも審査落ちしてしまう…ということがしばしばあるわけですね。

なので、特に土日・祝日に会社が閉まっているという人の場合、この点も注意する必要があります。ただ、完全に神経質になることはなく、ソニー銀行カードローンでも他の銀行カードローン・消費者金融でも信用度が高い人であれば、在籍確認が省略されることもある…という風になっています。

在籍確認が省略されるというのは、どういうことか

在籍確認が省略されるというのは、別に審査の手抜きをしているわけではありません。もちろん、審査が甘いとか審査がゆるいというわけでもありません。

もともと職場への在籍確認というのは、法的な義務ではないんですね。貸金業法でも銀行法でも、「返済能力の調査義務」というのはあるのですが、「在籍確認をする義務」というのはないのです。

で、要はその人が、本当に返済する能力があるかだけ確認すればいいのですが、それを確かめる方法の1つとして、在籍確認をしている…というだけなんですね。

(ちなみに、もともとは1960年代にアコムなどが先駆けて始めたもの…と言われています。『理解されないビジネスモデル 消費者金融』より)

というように「勤務先への在籍確認は法的な義務にはなっていない」ので、銀行カードローン・消費者金融の判断によって「この人は、問題なく返済能力がある」と判断されたら、別に省略してもいいのです。というより、むしろ「省略するべき」なんですね。それを説明します。

これだけの理由で審査落ちさせたら、誰のためにもならない

年収・職業などの諸条件では一切問題がないのに、在籍確認が取れなかったというだけで審査落ちさせたら、これは誰のためにもなりません。箇条書きしていくと、

  • 申込者本人のためにもならない
  • ↑(お金がない人だったら、融資する方がためにならないが、
  • 返済能力がある=お金があるわけなので)

というのが1つ。そして、

  • 銀行カードローン・消費者金融のためにもならない
  • ↑(みすみす売上拡大のチャンスを逃すことになるので)

というのが2つ目。ここまではわかるでしょう。そして、

  • 日本経済のためにもならない
  • 消費拡大のチャンスを逃すから

ということです。もちろん、繰り返しますが、これが「借りたら破産するような人」では、日本経済のためにもよくありません。破産者があふれるような経済は不健全ですからね。

しかし融資しても破産のリスクがない人であったら、これは明らかに融資した方がいのです。そうして消費を活発にしていく…というのは、日本経済にとって間違いなくプラスになるんですね。

そして、日本経済のプラスということは、あなたの会社にとっても、あなたのお給料にとってもプラスになる…ということです。「政治経済など興味が無い」というのは、もちろん全然OKなのですが「自分の収入にもつながる」という意識は、常に持っておくべきでしょう。

…ということで、もう一度書くと、

  • 総合的な信用度が高いのに、
  • 「在籍確認がとれない」という理由だけで、審査落ちさせたら、
  • それは誰のためにもならない

というわけです。なので、こうした点では状況・条件によっては、むしろ在籍確認を省略することの方が正しいと言えるわけですね。

(繰り返しますが、あくまで在籍確認の必要がないくらいの、信用度が高い人に限られています)

土日融資は消費者金融の方が有利?

土日キャッシングに対応しているという点では、ソニー銀行カードローンも「土日・祝日にお金が必要なときに役立つ借入先」の1つです。しかし、より借りやすいということを考えるなら、やはりアコム・アイフル・プロミスなどの大手の消費者金融の方が、土日キャッシングでは有利となっています。

誤解を招かないように最初に書いておきますが、これは「ソニー銀行カードローンの土日借入が不便」と書いているわけではありません。消費者金融は高金利な分、借りやすさを売りにしているのだから、これは当然なのです。

たとえば「新幹線は、目的地に早く着く分、特急料金をとる」というのと同じで、消費者金融は「急ぎで借りることがカンタン」な分、それで料金(利息)が高くなる…ということなんですね。

あるいは「コンビニエンスストア」でもいいでしょう。これもやはり「土日・祝日でも深夜でもいつでも買い物できる」という便利さの分、料金が高くなっています。

というように便利なものは、料金や手数料が高くなるというのは、経済・ビジネスの世界では当たり前のことなのです。逆に言えば、高い料金をとっているなら、サービスが便利なのも当たり前、ということで、ソニー銀行カードローンよりも高金利な消費者金融が、土日キャッシングでも有利…というのは当たり前なんですね。

(むしろ借りにくかったら、なんのための高金利なのか…という話です)

具体的にどのように、土日融資で有利なのか?

で、大手の消費者金融はどのような点で、ソニー銀行カードローンなどの銀行カードローンよりも、土日キャッシングが有利になっているのか。これは最初に箇条書きすると、

  • 指定の口座が必要ない
  • そもそも銀行は「土日審査していない」所もある(消費者金融はない)
  • 土日・祝日でも「21時から22時まで」当日審査している
  • 審査通過率自体も高い
  • モビット・プロミスなら「在籍確認の代替措置」もある

ということです。以下、それぞれ詳しく説明します。

消費者金融は指定の口座が必要ない

ソニー銀行カードローンの土日借入でもそうですが、銀行カードローンで土日キャッシングする時は(というより平日でも)その銀行口座が必要…ということがよくあります。しかし、大手の消費者金融は一切ありません。

これはどの消費者金融も、自動契約機・無人契約機を持っているというのが理由。先にも書きましたが、

  • 自動契約機・ローン契約機があれば、
  • そこでローンカードの発行をして、
  • そのローンカードを使ってATMから借りられる

ということで銀行振込を経由しなくても、即日キャッシングできるわけですね。なので、指定の口座が必要ない…(というより、銀行口座自体必要ない)わけです。

なので、まずこの点で大手の銀行カードローンより断然有利になります。もちろん、この消費者金融のメリットについては、ローン契約機を持っている、

  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • 新生銀行レイク

が相手だったら、消滅します。(消滅するというより、消費者金融だけが有利…というわけではなくなります)

銀行カードローンは土日審査していないことも多い

大手の銀行カードローンは大体土日・祝日の即日審査をしていますが、それでもここまで書いてきた通り、横浜銀行カードローン・みずほ銀行カードローンなどは土日審査をしていない…という風になっています。

その他、地方銀行のカードローンになると「土日キャッシングできるところはほぼない」と考えてください。理由は大体想像できると思いますが、

  • 地方銀行は資本力が小さい
  • 人員も少ないので、土日・祝日の即日審査まで対応できる態勢でない
  • また、対応したとしても「あまり申し込みがない」

という点が指摘できます。つまり、わざわざコストをかけて土日審査の態勢を整えても、それをカバーできるだけの売上(融資)の期待ができないということですね。

この点、大手の銀行カードローンは「土日・祝日にコストをかけて審査するだけの価値がある」…ということで、大体の銀行カードローンが、土日審査をしているのです。要は「サービスありき」というより「コストを回収できるかどうか」の「採算」ありきなんですね。

(採算がとれなければ意味がない、ということは、人間の世界を豊かにする上で当然のことです。よく経済の本質を語る時に言われる「経済がなかったら、一杯の焼きそばを作るにも、奇跡を起こす必要がある」という言葉を考えても、それがよくわかります)

…と経済の本質の話になりましたが、何はともあれ、このように「銀行カードローンは、土日審査自体をしている所が少ない」ということで、この点でも「そこでも土日キャッシングをしている」という消費者金融の方が有利なのです。

(ちなみに、消費者金融でも中小業者は土日審査をしていない所が多いです。これもやはり、地方銀行のカードローンの時と同じ理由です)

土日・祝日でも夜9時~夜10時まで即日審査している

さらに「土日・祝日の審査受付時間の長さ」というのも、大手の消費者金融の特徴です。土日・祝日でも平日同様「21時から22時まで」という長時間で当日中に審査しているのでギリギリで申し込んでも間に合うというようになっています。

もちろん、「ギリギリで申し込まない方がいい」というのは確かですが、しかし、人間はいろいろありますがから、どうしても「ギリギリになってしまう」ということはあるでしょう。そして、そうした時でも問題なく土日キャッシングできる…というのが大手の消費者金融のメリットです。

銀行カードローンは14時程度まで、が多い

で、一方の銀行カードローンが何時まで土日審査を受け付けているかというと、これは先のソニー銀行カードローンについての記述でも書いた通り、大体「14時まで」となっています。

  • 14時に審査申込みする
  • 審査時間が3時間だったとしても、
  • 17時には審査完了する
  • 普通の会社の営業終了時間で考えると、
  • どの銀行カードローンでも「17時」までは即日審査している可能性が高く、
  • これだったら、「ギリギリ」間に合うと想像できる

ということです。ただ、これは、

  • あくまで「3時間程度の短時間で終わった」場合であり、
  • しかも「17時まで即日審査」というのは、想像にすぎない

ということです。「じゃあ、何時まで即日審査しているのか?」と言われると、実は銀行カードローンは、あまり明確に公表されていないというのが実情なんですね。一応、

  • ソニー銀行…14時30分までに「振込手続き」ができればいい
  • イオン銀行…14時までの申し込みで、原則即日審査回答

…というようなことは書かれています。その他、三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・新生銀行が「最短30分」などの審査の所要時間は書かれていますが、基本的には、大手の消費者金融のように「何時まで即日審査」ということ自体、わかりにくくなっているのです。

なぜ、銀行カードローンはわかりにくいのか?

これは「あまり知られていない理由」が1つあります。それはこういう状態では、申し込んでこないような人(お金に困っている人)を、事前にブロックするということです。

ブロックするというと冷たいようですが、

  • 低金利な銀行カードローンが、誰にでも融資していたら、
  • 返済能力のない人が次々と貸し倒れを起こし、
  • 彼らによって銀行カードローンの経営が圧迫され、
  • 結果的に「金利引き上げ」となってしまう

という理由があります。つまり低金利を維持するためには、融資する人を絞る必要があるわけです。これは当然ですね。東大やハーバードが「志願者を誰でも入学させる」という風にしたら、もはやなんの意味もないのです。これに異論を唱える人はいないでしょう。

そして、

  • 審査の所要時間が明確にわからない
  • ギリギリで急ぎでお金が必要な人は、
  • それだけで「申し込むのをやめよう」と思う
  • そのため、銀行カードローンで申し込む人は、
  • 自然と最初から「ある程度クレジットスコアが高い」人だけになる

ということです。つまり利用者の「事前の選別」をするためという理由もあるわけですね。この理由がすべてではありませんが、これはかなり大きいのです。

「事前の選別」をすると、何がいいのか?

「事前に選別しなくても、申し込んだ人でレベルの低い人を落とせばいいんだから、事前の選別なんて、必要なくない?」と思う人もいるでしょう。これはいい質問です。箇条書きで答えると、

  • 確かに「審査して落とす」手はある
  • しかし、これは「手間・時間」がかかる
  • つまり、コストがかかる
  • その分、金利の引き上げなどで対処しないといけない
  • 全体の不利益になる

…というのが1つ目の理由。つまり「お金がかかる」ということですね。で、2つ目の理由が、

  • そうして審査で落とされた人々は、
  • その銀行カードローンに対して「恨み」を抱く(かも知れない)
  • そうしたら、ネット上で「悪い口コミ・評判」を流す可能性がある
  • 人間の記憶は脚色されるので、この人の口コミは、
  • 「実際よりも悪いもの」になる
  • しかも、それを聞いた人たちもまた「噂に尾ひれ」をつける
  • ということで、評判がどんどん悪くなっていく

ということです。なので、実は銀行カードローン・消費者金融の本音としては申し込んできた人は、全員落とさないのが理想なんですね。ただ、先に書いた通り「クレジットスコアが低い人まで、全員通す」ようにしてしまうと「貸し倒れが続出して、大変なことになる」わけです。

なので、

  • レベルの高い人だけに融資しつつ、
  • それでも「できるだけ審査で落とさない」ためには、
  • 「事前の選別」が必要になる

ということなのです。ちなみに、この「事前の選別」というのは、「ナイジェリアの手紙」という、有名な詐欺の手口でも応用されています。

ナイジェリアの手紙とは?

これは、簡単に言うと「迷惑メール」「詐欺メール」の一種です。下のような内容が書かれています。

  • 私はナイジェリアの高官である
  • 実は、政府に内緒でプールした裏金がある
  • これを国外の口座に送金したい
  • そして、日本の協力者を探している
  • 無名な人の方が、話が漏れないのでありがたい

…という風に「胡散臭さ満点(笑)」で始まり、

  • ついては、あなたの口座にお金を振り込みたい
  • 当然、協力の謝礼として、300万円をあなたに渡す
  • ただ、高額なので当然「海外送金」の手数料がかかる
  • だから、最初にその手数料だけ負担してほしい
  • その手数料は「この口座…○○」に振り込んでほしい

…という内容です。まともな感覚があればそれだけの大金を持っている人間が、何で海外送金の手数料も払えないんだよ。ていうか払えよと思って相手にしないのですが、この「ナイジェリアの手紙」のすごいところは、それだけじゃないのです。

検索すれば、大量にヒットするのに…?

ナイジェリアの手紙は、これでGoogle検索をかけると、検索結果の画面ですでにGoogleが「ナイジェリアの手紙とは」と解説しているくらいなのです。(個別のページを見なくても、概要がわかるくらいなんですね)

そのくらい有名な詐欺で「ナイジェリア」という国名もそのまま使っているのに、なぜ引っかかるのか。まさにこれが「彼らの狙い」なのです。

つまり、これも「事前の選別」なんですね。

  • これだけバレバレの、検索結果にもすぐ出るような、
  • 「間抜けな手口」にすら引っかかるような人を、集めたい

ということなのです。上の手紙の内容を見て「少し信じた」人であっても、少し慎重な人なら「ナイジェリア 送金」などと検索します。そうすると、この詐欺に気づくでしょう。

で、この人たちはすぐ脱落し、詐欺にひっかからないわけです。これは詐欺師側として「マイナスなこと」のように思えますが、実は逆なんですね。

  • たくさんの人を相手にするのはコストがかかる
  • だから「相手にする」以上「詐欺に確実に引っかかってくれる人」だけにしたい
  • だから「事前の選別」で「頭の足りない人だけが」申し込んでくるようにしたい

ということなんですね。つまり彼らはわざと「バレバレの手口」を使うのです。

だから、銀行カードローンが借りにくいのは当たり前

…と、「事前選別」の話が詳しくなりましたが、要するに土日キャッシングでも、

  • 銀行カードローンが消費者金融より借りにくいのは、
  • 「サービスが悪い」のではなく、
  • 「事前選別をする」という目的もある

ということなんですね。借りにくくしておけば「クレジットスコアが高い人だけが申し込んでくる」→「申込者を相手にするコストが下がる」ということなのです。

また「コスト」と書くと冷たいようですがもともと審査に通らない人たちに、不要な精神的ショックを与えなくていいというメリットもあります。誰だってキャッシングやクレジットカードの審査に落ちるとショックですが、「そのショックを感じなくていい」という点で、「むしろ、申込者でクレジットスコアの低い人」にとっても、これは良いことなのです。

消費者金融は審査通過率自体も高い

また、「ソニー銀行カードローンの即日融資」のページでも最初に書きましたが、即日キャッシングをする時は、平日でも土日・祝日でも「審査通過率」が意外に重要なのです。つまり、

  • どれだけスピードキャッシングができる借入先でも、
  • そもそも審査に通らなければ意味が無い

ということなんですね。「生きてこそ」のような考えです。まずは「借りられることが最重要」なんですね。

たとえば会社経営者・法人代表者などの方で今日中に当座預金に入金しなければ、手形が不渡りになるというようなケースでは、確かに「急ぐ必要」があるでしょう。しかし、これが会社員・OL・公務員やアルバイト・パート・フリーターなどの普通の人であれば、

  • 何らかの引き落としに一日遅れても、
  • 遅延・延滞が記録されるだけであり、
  • 遅延損害金がほんの少しかかるだけである

ということ。つまり、確かにこうした返済トラブルは起こらない方がいいのですが、それでも会社経営者・法人代表者などの手形の対応と比較すると、全然大したことはないのです。

なので、こういう時は「多少の審査時間の早さ」にこだわるよりも「実際に借りられるかどうか」にこだわった方がいいんですね。もっとも、

  • 審査時間が短い消費者金融は、
  • 審査通過率でも、銀行カードローンより上

ということで、結局「審査スピードの早さと、審査通過率は一致する」ということになるのですが…。

例外は消費者金融の「ノーローン」

ちなみに、これは例外があって、それが「ノーローン」です。大手の消費者金融の中でやや「中堅」に近い存在ですが、昔ドイツのゴールキーパーのオリバー・カーンをイメージキャラクターにしていたことでも知られています。

で、そのノーローンですが、

  • 審査時間は「最短20分」である
  • 他の大手の消費者金融は「最短30分」なので、
  • ノーローンの方がかなり早い

ということです。こう考えると「急ぎでお金が必要な時は、ノーローンで借りた方がいい」と思われがちですが、そうではありません。というのは、

  • ノーローンは審査通過率がかなり低い
  • 審査時間が短いかわりに、審査も相当厳しい
  • 他の大手の消費者金融の審査通過率が40%程度なら、
  • ノーローンの審査通過率は30%程度である(と言われる)

ということです。なので、

  • 確かに、審査は早かった
  • しかし、借りられなかった

という状態になってしまうんですね。これは医療でいうなら、

  • 手術は成功した
  • 患者は死んだ

という有名な言葉があります。つまり患者の命は救えなかったけど、手術には何も問題がなかったということですね。本当にその通りだったこともあれば、ただの自己正当化のために、力のない医師(というより、やる気のない医師)が、そう言っていることもあります。

(ちなみに、ドラマシリーズになった大ヒット漫画『医龍』では、第一巻で、やる気のない医者が腐敗した精神でこのセリフを口にします)

…と、少々医療の話になりましたが、このように「審査は早いが、借り入れはできなかった」ということも、ノーローンだとたまにあるのです。あくまでクレジットスコアが低い人だけという点は意識していただきたいですし、別に「ノーローンはおすすめできない」などということでもありません。

(一般的な生活をしている人であれば、ノーローンの審査もほとんど問題なく通ります)

なので、あくまで「わかりやすい例」として出しただけであり、ノーローン自体は非常におすすめできる消費者金融である…ということは補足しておきます。

プロミス・モビットなら「在籍確認の代替手段」もある

先に書いた通り、ソニー銀行カードローンの土日審査でも「勤務先への在籍確認」はそれなりの障害となります。土日・祝日でも勤務先がバリバリ仕事している、「24時間働けますか」を、現代でも体現しているような職場だったらいいのですが…(別の意味でよくないですが)。

で、コンビニやファミレスなどの職場を除けば、土日・祝日・夜間は勤務先が閉まっているというパターンが多いのです。土日・祝日・夜間に即日キャッシングの審査をしようとすると、どうしても「勤務先への在籍確認の電話がブロックになる」ということが多いんですね。このせいで、

  • 審査落ちしたり、
  • 融資できても翌日になったり

ということがしばしばあるわけです。なので、ソニー銀行カードローンで土日キャッシングする時でも、もしこうした「土日・祝日は会社が閉まっている」という人がいたら、その人はモビット・プロミスで申し込む…というのも1つの手なんですね。

(一つの手というか、実質それ以外の借り方がないようなものなので、これを強くおすすめします)

*なお、プロミス・モビットの在籍確認の代替措置は「あくまで状況・条件を満たした人」だけなので、希望に添えないこともある…という点は重々承知しておいてください)

プロミスなら、どのように在籍確認の回避できるのか?

こういう前提にたった上で、プロミスだったらどのようなやり方で在籍確認の回避をできるのか。これは簡単に言うと「書類の提出」です。人によって内容や条件が変わることもあり得ますが、基本的には、

  • 勤務先の給与明細
  • 勤務先の保険証

という2種類の書類を出せば大丈夫…と考えてください(繰り返しますが、人によって条件が変わることもありますし、これらの書類を提出してもなおだめ…という可能性もあります)。

で、給与明細については、特に説明しなくても大丈夫でしょう。サラリーマン・OLの方々でも、アルバイト・パート・フリーターの方々でも、これは毎月「一番の楽しみ(仕事関係で)」の人が多いので、これがどういう書類かは言うまでもないでしょう(保管しているかどうかはともかく)。

で、それを提出する(給与明細を提出する)というのはいいと思うのですが、「保険証」については解説が必要です。というのは、アルバイト・パート・フリーターの方々などは、プロミスの在籍確認の代替措置で要求される種類の保険証を、持っていないこともあるからです。

社会保険証・組合保険証でないと、代替手段にならない

プロミスで在籍確認の代替手段に要求される保険証の種類は、何でもいいというわけではありません。

  • 社会保険証
  • 組合保険証
  • 船員保険証

のいずれかの種類の保険証である必要があります。船員保険証は、船乗りの方など、ごく一部の方々しか持っていないので、ほとんどの人にはあまり関係ないのですが、それでも一応書いておきます。

で、要は社会保険証・組合保険証のどちらかが必要になる…ということですが、この保険証は、

  • 会社員・OL・公務員の方々か、
  • それに近いくらいフルタイムで働いているアルバイト・パート・フリーターの方々

しか持っていないのです。保険証は種類を変えるときに、店長や社長などの雇用主から、必ず何か言われます。「田中さん、たくさん働いてくれて労働時間が社員なみだから、会社で保険を負担する必要があるんだよね」と。これはもちろん、パート・アルバイト・フリーターの方々にとって良いことです。自分で保険料を払わなくても、会社が払ってくれるということですからね。

ということで、フルタイムで「社員並み」の仕事をしているアルバイト・パート・フリーターの方々は、おそらく社会保険証・組合保険証のどちらかに入っているはずです。特に勤続年数が長い人だと、その傾向が高いです。

なので、まず一度ご自身の保険証の種類をチェックしてみて下さい。そして、「組合保険証・社会保険証」というのをネットで検索して、「それと同じデザイン・記載事項」になっていたら「自分の保険証の種類なら、プロミスの代替手段の条件は満たせる」と自信を持ってください。

(自信を持ってというのも変ですが、要は「問題なく職場への電話連絡なしにできる…かも知れない」ということです)

国民健康保険証ではダメ

一方「ダメな保険証」というのは「国民健康保険」です。これは別に国民健康保険が悪いとか劣る、という意味ではありません。(当然ですが)

国民健康保険では何がいけないのかというと、

  • ここでやろうとしているのは、
  • 「在籍確認の代替手段」である
  • ということは「勤務先に在籍している」証拠にならないといけない

というのが前提です。そして、

  • 国民健康保険証は、特定の職場に勤務していなくても、
  • 国民健康保険料さえ払っていれば、誰でも加入できる
  • 無職・ニートの人でも加入できるし、
  • シフトが少ないパート・アルバイト・フリーターの方々でもOK

ということです。なので、これでは、在籍確認の代わりにはならないということなんですね。なので「国民健康保険ではダメ」なのです。

で、会社員・OL・公務員の方々だったら、国民健康保険ということは基本的にありません。入社して間もないという場合は話は別ですが(特に中途採用)、入社してからある程度の月数が経過しているなら、もう会社が社会保険や組合保険に入れる手続きをしてくれていて、保険証ももらっているはずです。

なので、それを提出すればOKということですね。あとは給与明細も合わせて出せば万事OKです。(もちろん、繰り返しますがこれで在籍確認の回避をできるかどうかは、最終的にはプロミスが決めることです)

モビットの在籍確認の代替手段はどうなっているのか?

で、ここまでは「プロミスの在籍確認の代替措置」について書いてきましたが、モビットの在籍確認の代替措置のやり方はどうなっているのか。これは箇条書きすると、

  • 保険証・給与明細書の条件は、プロミスと同じ
  • しかし、状況・条件によってその他の書類や指定の口座も必要になる

となります。要はモビットの方が厳しいということですね。あくまで「その人のクレジットスコアによって変わる(可能性が高い)」のですが、以下、多くの人の口コミ・評判から「モビットの在籍確認の代替手段は、こう言われている」という内容をまとめていきます。

(あくまで「体験談・評判によってこう言われている」というだけであって、モビットが公式にアナウンスしているわけではないので、その点は重々意識して下さい。)

モビットの代替手段で必要になる書類

モビットの在籍確認の代替手段では、保険証・給与明細書に追加して、下のような書類が必要になる(ことがある)と言われています。

  • 指定の口座…三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行(片方でOK)
  • 年収確認資料…源泉徴収票・確定申告書・課税通知書など
  • 本人確認資料…パスポート・運転免許証のどちらか(他は基本的にNG)

という風です。本人確認資料の指定については、「なぜパスポート・運転免許証?」と思う人もいるでしょう(あくまでモビットがこれを指定するのが本当だとしたらですが)、その理由は、

  • 身分確認資料には「三種の神器」がある
  • パスポート・運転免許証・保険証の3つである
  • そして、保険証は「組合保険証・社会保険証」をすでに出している
  • ↑(給与明細書とともに)
  • となると、残り「三種の神器」のうちの運転免許証・パスポート、どちらかになる

ということです。ちなみに、これら3種類の身分証明書が一番信用される…というのは日常の経験からわかるでしょう。次に収入確認資料などについても書いていきます。

本来のモビットの審査では、収入証明書はいらない

これはモビットだけでなくどの消費者金融で申し込んでも同じなのですが(というか銀行カードローンでも同じですが)、

  • 50万円のキャッシングまでは、所得確認資料は必要ない
  • (銀行カードローンだったら「100万円~300万円まで」は不要)
  • しかし、モビットの在籍確認の代替措置では、
  • 「キャッシング金額に関係なく」収入確認資料が必要になる…
  • ことがある(という口コミ・評判がある)

ということです。これは本当かどうかは、実はわかりません。「キャッシングのまとめ」という、信用できるサイトさんではこう書かれていたのですが、他のサイトさんでは「プロミスと同じ条件」となっていることもあります。そして、あちこちのサイトに散財しているモビットの審査の評判・体験談を見ても、やはりいろんな意見があり、どれが本当かわからないんですね。

確かなことは、

  • モビット自体は、在籍確認の代替措置について明記していない
  • また、一応のルールはあっても、最終的にはその人の信用度次第
  • だから「クレジットスコアによって内容が変わる」と考えた方がいい

ということです。実際「審査内容が、その人のクレジットスコア(信用度)によって変化する」というのは、モビットだけでなく、キャッシング審査全般で共通して言えることなのです。なので、モビットの在籍確認の代替措置についても口コミ・評判の内容がバラバラなのも、おそらくそういうことではないかと思われます。

(あくまで推測ですが)


…というように、モビット・プロミスだったら「在籍確認の代替手段」によって「勤務先への電話連絡なしでお金を借りる」ということも、理論上は可能になっています。実際に職場への電話連絡なしでキャッシングできるのかどうかは、モビット・プロミスの判断次第なので、どうなるかはわかりません。ただ、一応こういう選択肢もある、ということを知っておくと、在籍確認が原因で「ソニー銀行カードローンの土日借入でつまずいた」という時に、大きな力となってくれるでしょう。

まとめ「ソニー銀行カードローンの土日融資」

以上、ソニー銀行カードローンの土日キャッシングについて、モビット・プロミスの在籍確認の代替措置なども絡めて、書いてきました。最後に要点を整理すると、

  • ソニー銀行カードローンは、土日キャッシングもできる
  • 審査の所要時間や受付時間などは、平日とと同じ
  • 平日は「ソニー銀行の口座なし」でも初回のみはOKだったが、
  • 土日・祝日の即日キャッシングでは「ソニー銀行の口座が必要」

というのが基本的な条件。そして、

  • 勤務先への在籍確認は必須
  • ソニー銀行では「在籍確認の回避の方法」はない
  • だから、どうしても回避したい事情がある人は、
  • モビット・プロミスの在籍確認の代替手段を利用するのがおすすめ

という風です。もしソニー銀行の口座を持っている方であれば、大手の銀行カードローンの中でも一番低金利な銀行カードローンなので、ぜひおすすめしたいと思います。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP