新生銀行カードローン・レイクは土日・祝日の当日審査・即日キャッシングも、口座なしで可能!

新生銀行カードローン・レイクは土日・祝日の当日審査・即日キャッシングも、口座なしで可能!

新生銀行カードローン・レイクは土日・祝日でも即日キャッシングが可能となっています。まず、新生銀行レイクの土日融資について、重要なポイントをまとめると、

  • 土日・祝日でも21時まで当日中に審査している
  • 新生銀行の口座を持っていなくてもOK
  • ローンカードを発行して、ATMから現金で直接借りる

…となります。まだ他にもポイントはありますが、まずこれらから解説していきます。

土日・祝日でも夜9時まで審査している

pixta_16466632_XL

まず、新生銀行カードローン・レイクの土日キャッシングのすぐれている点は「ただ対応している」だけではなく夜9時・21時という、かなり遅い時間まで、即日審査しているということ。これは三井住友銀行カードローンと並んで、大手の銀行カードローンの中では最長の時間です(土日・祝日でも平日でも)。

で、これは銀行カードローンで比較した場合だけではなく、大手の消費者金融とひかしても、

  • モビット
  • アイフル
  • ノーローン

この3つの消費者金融は土日キャッシングの締切時間が、新生銀行カードローン・レイクと同じなんですね。なので、これらの大手の消費者金融と同じくらい長い時間、新生銀行レイクは土日・祝日でも当日審査をしている…ということなのです。

知っての通り、消費者金融と銀行カードローンでは、審査時間の長さなどの「借りやすさ」では、断然「消費者金融が上」となっています。しかし、その消費者金融にも負けないくらい、新生銀行カードローン・レイクは土日・祝日の即日審査の時間が長く設定されている…ということなんですね。

なので、もし休日の夜間に「急ぎでお金が必要」というピンチになっても、新生銀行カードローン・レイクだったら安心してキャッシングすることができる…というわけなのです。

新生銀行の口座がなくても土日借入できる

さらに、もう一つの新生銀行カードローン・レイクの土日借入のメリットは新生銀行の口座がなくても即日キャッシングできるという点。これについて、補足すると、

  • 土日融資ができる銀行カードローンでも、
  • 「土日・祝日だけは口座が必須」ということがある
  • たとえばオリックス銀行・楽天銀行など
  • しかし、新生銀行レイクならそれはない

…ということです。以下、この「土日借入で口座が必要になるかどうか」について、書いていきます。

なぜ、新生銀行カードローン・レイクは口座なしでOKなのか?

どういう理由で、新生銀行カードローン・レイクは土日融資が口座なしでもできるという条件になっているのか。理由を列挙すると、

  • レイクは「ローン契約機」がある
  • ここで「ローンカードの発行」ができる
  • ローンカードがあれば、コンビニATMで借り入れできる
  • だから、「銀行振込」で借りる必要がない
  • 土日・祝日で銀行が閉まっていても、関係ない

…ということです。で、オリックス銀行・楽天銀行などが「土日・祝日は口座が必要」となる理由は、この逆なわけですね。以下、それも説明していきます。

ローンカードの発行ができないと、口座が必要になる

pixta_17018132_XL

上の新生銀行カードローン・レイクの説明ではローンカードの発行ができるというのが鍵になっていました。逆に言えば「ローンカードの発行ができない」場合は、「銀行振込によって借りるしかない」ということですね。

で「銀行振込で借りる」という場合は、当然、

  • 銀行が開いてないといけない
  • だから、土日・祝日は即日借入できない

となるのです。で「それと、口座が必要というのは、何の関係があるのか?」と思うでしょう。これは「同じ銀行内であれば、土日・祝日でも振り込みできる」からです。そうでない銀行もありますが、「楽天銀行・オリックス銀行などのネット専業銀行」の場合は、

  • 同じ銀行内なら、
  • 土日・祝日でもリアルタイムで、
  • 振り込みが反映される

…というシステムになっているんですね。なので、これらの銀行カードローンの場合、土日・祝日でも、その銀行口座を持っていれば即日借入できるという条件になっているのです。

レイク以外で、ローンカードの発行ができるのは?

こうして「ローンカードの発行ができる」というルールになっているのは、新生銀行カードローン・レイクだけではありません。大手の銀行カードローンの中だと、

  • 三菱東京UFJ銀行・バンクイック
  • 三井住友銀行カードローン

の2つも、「ローンカードの発行が可能」となっています。(大手の銀行カードローンの中ではといっても、地方銀行だとまずほとんどができないですが)

ということで、この3つの銀行カードローンは、土日・祝日でも口座不要で即日借入可能という設定になっているんですね。これが可能なのは、共通して「ローンカード」があるからです。

ローンカードの使い方は?

そもそも、ローンカードとは何か、使い方はどうなっているのか…、ということを疑問に思う人もいるかも知れません。これは簡単にまとめると、

  • 預貯金のキャッシュカードと、まったく同じ
  • ただコンビニATM・銀行ATMに差し込むだけ
  • 差し込んだら、メニューが勝手に起動する
  • 「借入」「返済」「残高照会」などと書かれている
  • それを選んで、借入・返済・照会をするだけ

ということです。なので、新生銀行カードローン・レイクの借入・返済でも、そこら辺のコンビニや、他の銀行のATMでできるということですね。

(ただ、ATMによっては利用手数料がかかることもあるので、その点は注意してください。レイクのATMなら、当然無料で利用可能となっています。)

ローンカードの発行の仕方

pixta_18834768_XL

土日・祝日の即日借入では、新生銀行カードローン・レイクでも三菱東京UFJ銀行などでも「ローンカードの発行」が鍵になります。ということで、ローンカードの発行の仕方を、さらに詳しく説明しましょう。

ローンカードの発行のやり方は、大別すると2通りで、

  • 「審査の段階から」自動契約機でする
  • 「審査は自宅でして」、カード発行だけローン契約機

という風です。つまり、審査を自宅でするかどうかということですね。それぞれのメリットを書くと、

  • 自動契約機で審査…優先的に審査される(待たされない)
  • 自宅でネット審査…人に会わない、情報の送信がカンタン

…などとなります。それぞれ詳しく解説していきます。

無人契約機だと、優先的に審査される

まず、新生銀行カードローン・レイクでも、それ以外の銀行カードローン・消費者金融でも、ローン契約機で審査している申込者は、優先的に審査される…という仕組みになっています。理由は言うまでもなく、

  • 自宅で審査結果を待っている人と違い、
  • ローン契約機の中なので、行動が制限される
  • だから、早く審査してあげないといけないし、
  • その間ローン契約機が埋まっているわけだから、
  • 次の人が申し込みできなくなる

ということです。ギリギリでお金が必要な時に自動契約機に駆け込んで「先客がずっと審査していた」となったら、人によっては大ピンチですからね。なので、無人契約機で審査申込みをすると、優先的に審査されるというのは、新生銀行カードローン・レイクでもその他の業者・銀行でも、当然のことなのです。

ただ、審査情報の送信が面倒になる

pixta_19507827_XL

ただ、何にでもメリット・デメリットはあるので、当然自動契約機での審査申込みにもデメリットはあります。それは「審査情報の送信が大変」ということ。箇条書きすると、

  • 無人契約機から申し込む場合、
  • 「タッチパネル」か「申込書に手書き」で申し込む
  • どちらにしても、パソコン・スマホに比べると手間がかかる

ということです。たとえば年齢など、簡単に数字だけで回答できるような審査項目は、タッチパネルを使います。これは簡単で楽しいのですが、勤務先住所などの、長い情報を申込書に手書きするという作業になると、かなり面倒だし、書道が苦手な人(私もですが)は、かなり悪戦苦闘するでしょう。

ネット申込みだと、審査情報の送信が楽

その点、スマートフォンやパソコンでネット申込みするなら、

  • 文字入力自体も簡単だし、
  • 勤務先住所などはコピペでOK

となります。コピペというと「大学生のレポート」と中心に何かと批判されがちですが、この場合「むしろコピペの方がいい」でしょう。自分で書いたり入力したりすると、むしろミスがあり得るからですね。

ということで、確かにローン契約機で審査すると、新生銀行カードローン・レイクでも他の借入先でも「優先的に審査される」という魅力はあるのですが、反面「審査情報の送信が厄介になる」というデメリットもあります。では、どうすればいいのか。

ネット申込みしてから、自動契約機に行く

1つの解決策が、先に自宅でネット申込みをしてから、ローン契約機に行く…という方法。これだったら、

  • 審査情報の送信も簡単だし、
  • その後の手続きを、優先的にしてもらえる

ということで、「それぞれの申込方法のいいとこ取り」ができるわけです。で、これをするときの注意点は、

  • 無人契約機・自動契約機が、自宅から近くなければいけない
  • 具体的には、大体「片道10分」程度でないとダメ
  • それより遠い場合、「自宅でネット申込みの結果を待つ」方が早い

となるわけです。ただ、

  • ローン契約機に向かっている間にも、
  • 審査は進行しているので、
  • ローン契約機に到着する前に審査完了の連絡が来たら、
  • それはそれでOK

という考え方もあります。平日は「銀行振込で借りる」こともできるので、無駄足になることもあるわけですが、

  • 土日・祝日だったら、
  • どの道審査完了した後、自動契約機に来ないといけない
  • ↑(ローンカードの発行をするため)

…と考えると自宅から遠かろうと近かろうと、別にかまわないという考え方も成立します。

審査落ちしたら無駄足になる点のみ注意

つまり自宅から、レイクのローン契約機が遠い人がこのやり方を使うデメリットは、

  • 審査落ちした時は、無駄足になる
  • 審査落ちしなければ、デメリットはない

といえます。繰り返しますが「どの道、ローン契約機に行く」わけですからね。

そして、平日だったら、日中であれば「銀行振込によって借りる」ことができるので、わざわざローン契約機まで行かなくても、自宅で審査結果を待って、審査通過してから「即日振り込みしてもらう」という方法があるわけです。

なので、平日の場合レイクの無人契約機が自宅から遠い人は、大人しくネット申込みだけにした方がいいと言えるでしょう。

土日借入は、消費者金融の方がいい?

pixta_19552154_XL

そもそも、土日キャッシングをするなら、新生銀行カードローン・レイクのような「銀行カードローン」で借りるのではなく、アコム・アイフル・モビット・ノーローンのような、消費者金融で借りた方がいい…という意見もあります。理由は、

  • 審査の所要時間が短いので、ギリギリでも間に合う
  • 審査通過率が高いので「審査落ち」することも少ない

という2つ目の理由です。以下、それぞれまとめていきます。

消費者金融の方が、審査の所要時間が短い

まず、大手の消費者金融は銀行カードローンよりも審査の所要時間が断然短くなっています。こう書くと、キャッシングの知識がある人だと、

  • いや、レイクや三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行なら、
  • 大手の消費者金融と同じ「最短30分」で審査できる

と反論されるかも知れません。確かにその通りですが、

  • これはあくまで「最短」であって、
  • 「実際に30分で終わる割合」を考えると、
  • 消費者金融の方がかなり有利

といえるわけです。モバイルWi-Fiでも「最大速度=理論値」であって、実際にその速度が出るとは限らないというシステムになっているのですが、キャッシングの審査の所要時間もそれと同じなんですね。

これは別に詐欺とか虚偽ではありません。「最短」としっかり書いてあるのですから、「常に30分」と受け取る方が間違っているのです。

なので「実際に30分で審査完了する」割合の高さを考えると、「審査の所要時間では、大手の消費者金融の方が有利」となるのです。

ただ、新生銀行カードローン・レイクは銀行の中では「一番早い」スピードになっています。なので、「銀行カードローンで借りる」ことにこだわるのであれば、新生銀行カードローン・レイクを選ぶべきでしょう。(他の銀行カードローンよりも)

消費者金融は、銀行より審査通過率が高い

もう一つの消費者金融のメリットは「審査通過率が高い」ということ。つまり、どれだけ審査スピードが早くてもそれで審査落ちという結果になったら意味がないわけですが、大手の消費者金融だったら「そういう心配がない」ということですね。

実は、これは意外と重要なことです。スピードキャッシングというとみんな

  • 何時まで即日審査しているか
  • 「どのくらいの短時間で、審査が終わるか」

という「時間面」ばかりに気を取られてしまいますが、実際にはまず審査に通るということが、何より大事なのです。当然と言えば当然ですが、もし審査落ちしてしまったら「またゼロから、別の銀行カードローン・消費者金融で申し込みし直す」…というわけですからね。

急ぎでお金が必要なときに、これほどダメージの大きいことはない…というのは言うまでもないでしょう。なので、土日・祝日でも平日でも「急ぎでお金を借りたい」という時には、

  • スピードだけではなく、
  • 「審査通過率」を重視する

という発想が必要なのです。

  • 急がばまわれ
  • フェスティナ・レンテ(ラテン語で「ゆっくり急げ」)

のようなものですね。

新生銀行カードローン・レイクの審査通過率は?

このように審査通過率について触れると、「新生銀行カードローン・レイクの審査通過率は、どのくらいなのか?」という疑問も湧くでしょう。これは大体30%~35%前後と考えてください。アコム・プロミス・アイフルなどのように、マンスリーレポートや月次データで正確に公表されているわけではないので、新生銀行レイクの審査通過率は、正確にはわからない…というのが現状です。

ただ、確かなことは大手の銀行カードローンの中では、一番審査通過率が高い借入先の一つということ。金利は消費者金融と同じレベルですし、多少貸し倒れが出ても、その利息によって回収できる…という採算が成り立っているわけですね。

同様のことは、新生銀行カードローン・レイクと同じ上限金利である「ジャパカードローン」でもいえますが、おそらくジャパンネット銀行よりは、新生銀行カードローン・レイクの方が審査に通りやすいと考えていいでしょう。

(長年、「ほのぼのレイク」という消費者金融でやってきた、個人向け融資のノウハウが蓄積されているので。企業と違って信用が乏しい個人に融資するのは、それなりの審査と回収のノウハウが必要なのです。一種の職人芸なんですね)

レイクの土日審査の在籍確認はどうなる?

pixta_19795059_XL

新生銀行カードローン・レイクだけではなく、土日キャッシングをする時、特に気になるのは「勤務先への在籍確認はどうなるのか?」ということでしょう。これは言わなくてもわかると思いますが、土日・祝日は勤務先が閉まっているという人の場合、これが原因で審査落ちしてしまう…ということがあるからです(新生銀行レイクでも、それ以外の借入先でも)。

ということを考えると、人によっては「在籍確認の回避をできる借入先かどうか」というのが、土日借入では特に重要なポイントの1つになるわけですが、その点新生銀行カードローン・レイクはどうなのか。

回避や在籍確認の代替措置はない

残念ながら、新生銀行カードローン・レイクでは「在籍確認を回避する方法」や、いわゆる「在籍確認の代替措置」というものはありません。なので基本的には、職場への在籍確認を受けるしかないと思ってください。

ただ、他の部分でも書いてきましたが、人によっては、在籍確認の電話が省略されるということもあります。どのような状況・条件かというと、

  • 在籍確認しなくても信用できるくらい、クレジットスコアが高い
  • 土日・祝日・夜間なので、勤務先が閉まっているなど、
  • 何らかの「在籍確認ができない事情」がある

…というようなケースです。これは新生銀行カードローン・レイクに限らず、どこで申し込む場合も基本的に同じですが、以下、詳しくまとめていきます。

在籍確認はしてもしなくてもいい

pixta_19789626_XL

そもそも、多くの人が勘違いしているかも知れませんが、在籍確認というのは、キャッシング審査の必須の作業ではないのですね。新生銀行カードローン・レイクのような銀行カードローンを規制する法律は「銀行法」ですが、この法律にはまったく、在籍確認を法的な義務とするような内容は書かれていません。

そして、同様に「消費者金融」を取り締まる「貸金業法」なども同じです。貸金業法にしても銀行法にしても(そして、クレジットカードを管理する「割賦販売法」にしても)、いずれも在籍確認の電話は、法的な義務にはなっていないんですね。

では、一体何が法的な義務になっているのかというと、これは「返済能力の調査」です。つまり「しっかり返済できる人であるかどうか、調べろ」ということですね。

大体どのようなことを調べるかは、言うまでもないでしょう。年収や職業・個人信用情報・借入状況…といった内容ですね(マンションなどを賃貸する時にも、ある程度チェックされる項目です)

で、在籍確認というのはあくまで「これらの審査情報の補足」としてするものであって、「在籍確認しなくても、信用できることがわかる」人の場合は、在籍確認をされない…ということも多いんですね。

なので新生銀行カードローン・レイクにしても、あるいはクレジットカード会社やその他の銀行カードローン・消費者金融にしても、職場への電話連絡なしで借りられたという体験談・評判が散見される…ということなのです。これらの口コミ・評判は決してデマではなく「おそらく、少数派ではあっても、そういうこともある」ということなんですね。

(繰り返しますが、あくまでクレジットスコアが高い人だけなので、誰でもそのように職場への電話連絡なしでキャッシングできる…というわけではないという点は、重々承知してください)

地方銀行でも、土日・祝日の即日借入はできる?

新生銀行カードローン・レイクのような大手銀行・都市銀行のカードローンとは違い地方銀行のカードローンでは、基本的に土日・祝日の即日キャッシングはできない…というルールになっています。

地方銀行のカードローンといっても規模は千差万別なのですが、その中でも最大手のツートップと言える、

  • 横浜銀行カードローン
  • しずぎんカードローン

の2つの銀行カードローンであっても、やはり土日・祝日の即日借入はできないというシステムになっています。これらの二大地方銀行カードローンでも土日キャッシングに対応していないので、基本的にほとんどの地方銀行のカードローンのキャッシング審査は、土日・祝日は無理…と考えて下さい。

(これらの2つの銀行カードローンを基準にした理由だけではなく、実際にそれぞれの公式サイトを見ても、「土日審査はしていない」という内容になっています)

地方銀行のカードローンが土日キャッシングをできない理由

このように、地方銀行のカードローンが土日・祝日の即日借入不可となっている理由は簡単です。

  • 規模が小さい
  • スタッフさんが少ないので、
  • 土日審査に回せる人数が少ない

ということです。これに対して、新生銀行カードローン・レイクのような大手の銀行カードローンだったら、土日・祝日でも即日審査できるだけのスタッフさんの人数が揃っている…ということですね。

で、さらに、

  • 土日・祝日の即日借入に対応すると、コストがかかる
  • コストがかかるということは、それをどこかで「穴埋め」しないといけない
  • 要は「売上」が伸びないといけない
  • つまり「土日・祝日に申し込んでくる人」が多くないといけない

という、コスト面の問題があり、

  • 地方銀行のカードローンは、もともとの利用者が少ないので、
  • そうやって土日・祝日の即日審査に対応しても、
  • そのコストに見合った利用者の増加が期待できない

ということです。なので、要はできないというのもあるけど「やるメリットがない」というのが一番大きい理由なんですね。

地方銀行でも都市銀行でもメガバンクでも、最終的には「株式会社という企業」ですから、「利益になることなら、基本的にやる」のです。

こう書くと、大学生などは「利益ばかり求めて汚い」などというお決まりの反応をしそうですが、

  • 利益になるということは、ニーズがある
  • そのニーズを満たすことは、人々が求めていることである
  • だから、それをするのは「社会貢献」である

ということです。最近の大学生は「社会貢献」という基準で仕事を選ぶと聞いていますし、それは良いことなのですが、

  • 社会貢献をする仕事は、NPOだけではない
  • 農業とか、接客業とか、BtoCの仕事だけではない
  • 誰かのニーズを満たしてお金をもらるのであれば、
  • 特殊な職業(マルチビジネスなどの悪徳商法)を除き、
  • なんだって社会貢献である

ということです。働くという言葉の語源は「傍を楽にする」だと言われていますが、このように「誰かが面倒臭がる仕事をして、その対価をいただく」ということは、「働く」の語源にも見合う、立派な社会貢献…ということを意識するといいでしょう。


…と「働く」という言葉の意味や本質の話になってしまいましたが、こういう理由があるので、

  • 土日キャッシングが利益になるなら、地方銀行もやる
  • やらないのは、利益にならないからである(特に求められていないから)

ですね。「利益」という言葉を使うと過剰反応する人々が多いので(特に貸金業というジャンルでは)、こうして一つ一つ、誤解を招かないに説明する必要があるわけです。


…ということで、新生銀行レイクなどの大手の銀行カードローンとは違って、地方銀行のカードローンで土日・祝日の即日借り入れができることはほとんどないのですが、特に地方銀行のカードローンにこだわる必要もないので、土日・祝日に銀行カードローンで即日キャッシングしたいという時には、新生銀行カードローン・レイクなどの大手銀行で申し込むようにしましょう。

(その後の借入・返済でも、提携ATMや無料で使えるATMが多い、大手の銀行カードローンの方が断然楽ですしね)

まとめ「新生銀行カードローン・レイクの土日融資」

pixta_19704321_XL

以上、新生銀行カードローン・レイクの土日審査・土日キャッシングについて、地方銀行のカードローンの話などもからめつつ、広角的にまとめてきました。最後に整理すると、

  • 新生銀行カードローン・レイクは、土日・祝日の借入もできる
  • 土日・祝日でも夜9時まで当日中に審査できる
  • ローン契約機があるので、ローンカードの発行ができ、
  • このおかげで、新生銀行の口座がなくても大丈夫
  • 自動契約機は22時から24時までカード発行可能で、
  • これは大手の消費者金融を含めても最長の時間
  • なので、どれだけ無人契約機から遠い場所に住んでいても、
  • 21時の即日審査の締切時間から、3時間も余裕がある
  • なので、ど田舎に住んでいる人でも、即日借入できる

…という風になります。繰り返し書いた通り、大手の銀行カードローンの中で一番土日・祝日の即日借入がしやすい銀行カードローンなので、

  • 土日・祝日にお金が必要という場面で、
  • 消費者金融でなく銀行カードローンで借りたい

という時には、ぜひ新生銀行カードローン・レイクでキャッシングするといいでしょう。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP