イオン銀行カードローンBIGは最短即日キャッシングもOK!無収入の専業主婦におすすめ!

イオン銀行カードローンBIGは最短即日キャッシングもOK!無収入の専業主婦におすすめ!

イオン銀行カードローンBIGは、最短即日融資や最短即日審査も可能となっています。条件などをまとめると―。

  • イオン銀行の口座が必須
  • 大体14時までに申し込めば、最短当日中に審査回答

その他、イオン銀行カードローンBIGの最短即日キャッシングについて、詳しくまとめていきましょう。

イオン銀行カードローンBIGの最短即日融資のメリットは?

まず、他の銀行カードローンと比較して、イオン銀行カードローンBIGの最短即日融資だからこそと言えるメリットを書くと下の通りです。

  • 無収入の専業主婦が夫バレ・旦那バレせずに借りられる
  • それも「50万円」という高額をキャッシングできる
  • ↑(金額は人によって小さくなることもある)

要は専業主婦の最短即日キャッシングが特に有利ということですが、こう言える理由を説明します。

イオン銀行は夫・旦那の同意書なしで最短即日借入できる

銀行カードローンでは無収入の専業主婦でもキャッシングできることが多いですが、その多くは配偶者の同意書が必須という条件になっています。配偶者の同意書というのは「夫・旦那の同意書」のこと(男女逆でなければ)なので、下のようになります。

  • 配偶者の同意書が必須ということは、その銀行カードローンで無収入の専業主婦が借りると、必ず夫バレ・旦那バレする

このようなことなんですね。そして、大体半分くらいの大手の銀行カードローンはこの条件になっているので、ほとんどの無収入の専業主婦の方々にとっては、非常に借りにくいということなのです。(キャッシングが夫バレ・旦那バレしても問題なし…という専業主婦の女性はほとんどいないはずですからね)

その点、イオン銀行カードローンBIGの審査では「配偶者の同意書を提出する必要がない」ということで、自分の収入がない専業主婦の人々でも最短即日借入や最短即日審査が非常にしやすい…ということなのです。

さらに「最大50万円」まで借り入れできる

さらにイオン銀行カードローンBIGの専業主婦の最短即日キャッシングで有利な点は「最高融資枠が、50万円に設定されている」という点。配偶者の同意書なしで借りられる銀行カードローンは他にもあるのですが、それらは「一律30万円」というルールが多いんですね。

それらの銀行カードローンと比較して、イオン銀行カードローンBIGは「20万円も多くキャッシングできる」ということなのです。20万円というのは、会社員・OL・公務員の1ヶ月分の給料に近いわけですから、相当な金額差といえます。

もちろん、必ずしも全員が50万円キャッシングできるわけではなく、その人のクレジットスコア(信用度)を判断して「もう少し小さい金額にする」ということもあります。

この点は、キャッシング審査というのは常に「総合的」に「ケースバイケース」に決まるものなので、あまりハッキリとは断言できないと思ってください。

たとえば孔子は「仁者とはこうである、と一言で断言する条件はありますか?」と弟子に聞かれて「仁者は口が重い」と答えたことがあります。これは、下の通りです。

  • 世の中の事象は、知れば知るほど、「一言で断言する」ことが難しくなる
  • 仁者はそれを痛いほどよく知っているから、どうしても口が重くなる

哲学に強い人はすぐに気づいたでしょうが、これはつまり「仁者とは何か」もまた、断言できない…と孔子は答えているわけです。(つまり、弟子の質問に向かって「それに対する答えはないよ」と言ったわけですね)

このように、論語の話になりましたが、このようにキャッシング審査の基準についても、知れば知るほど断言できなくなるというのが普通なのです。必ず「例外のケース」に遭遇することがあるからですね(よく調べていけば)。

なので、キャッシングの情報サイトでいろいろ調べる場合でも「審査基準について、あまり明確に断言しているサイトさんは、少し疑ってかかった方がいい」と考えてください。

(基本的に人間の仕事は何でも「ケースバイケース」という結論に落ち着く…ことが多いのです。落ち着く、と断言してもいけないわけですね)

なぜ「一律」で金額が決まるのか?

そして、上に書いた通りイオン銀行カードローンBIGの場合「無収入の専業主婦でも、一律50万円借りられることが多い」わけですが、なぜ「一律」で最短即日融資の金額が決まるのか…不思議に思う人もいるでしょう。

  • 「夫・旦那の収入で借りる」にしても、その「夫・旦那の収入」の金額を審査しないといけないのでは?

これは極めてもっともな疑問です。しかし、よく考えて見ると、30万円~50万円という金額であれば、審査する必要がないということがわかるのです。以下、それを説明します。

女性が「専業主婦である」ということが、信用の証

この見出しだけで、ぱっと気づいた人もいるかも知れません。つまり―。

  • その女性が「専業主婦をしている」ということは、誰かに「養ってもらっている」ということ(生活費的な話です)
  • そして、大抵は夫・旦那だが、そうして専業主婦の女性が問題なく生活している家庭では、大体30万円や50万円くらいの金額だったら、余裕で返済できる

いや「余裕」ではないかも知れませんね。余裕でないから、今奥さんがキャッシングをしに来ているわけですから。

しかし、下のようにも言えます。

  • 貸し倒れまで行くことはめったにないし、特に「債務整理」(自己破産など)をされることは、まずない

と考えていいでしょう。常識で考えて「30万円や50万円の金額で自己破産する」という家庭は聞いたことがないですからね。特に女性が専業主婦をしているような家庭では。

なので、こうした「少額キャッシング」の場合であれば、夫・旦那の収入をチェックしなくても、一律で融資していいのです。そして「一律で借入枠を決める」というのは、実はありとあらゆるメリットがあるんですね。

一律でキャッシング枠を決めるメリット

夫・旦那の収入に関係なく、一律で最高借入限度額を決めるメリットは、下の通りです。

  • 審査コストが省けるので、低金利にできる
  • 審査時間が短縮されるので、スピードキャッシングが可能になる

この「スピードキャッシング」については下の通りです。

  • その申込者本人も早く借りられる
  • 順番待ちが減るので、次以降の人も早く最短即日借入できる

少し考えれば「確かに」と思うでしょう。

  • 審査コストをカットすると、それだけで「すぐ低金利」にすることはできなくても、提携ATMの利用手数料を無料にしやすくなるなど、何かしら、金銭的な部分で還元できる

金利の設定は法律(利息制限法・出資法)などとの絡みがあるので、そう簡単に変更や引き下げはできません。しかし、提携ATMの利用手数料などの、法律が関わっていない部分は、割と簡単にサービスできるわけですね。

たとえばモビットなどは「期間限定」で、三井住友銀行の提携ATMが無料で利用できる…という風になっています。(期間限定といいながら、もう1年くらい続いている気もしますが。笑)

というように「期間限定」のサービスであれば、割と柔軟に、そして迅速に「コスト削減の効果が出る」ので、こうして審査の手間を省く価値は、「利用者にとっても」十二分にある…ということですね。

(イオン銀行カードローンBIGの側だけではなく「利用者にとっても」という点が重要です)

イオン銀行カードローンBIGは、学生は最短即日キャッシング不可

ここまでは、イオン銀行カードローンBIGの最短即日融資の「有利な点」について書いてきました。逆に「不利な点」つまりデメリットも書くと学生が最短即日借入できないというのが、最大のデメリットでしょう。

「最短即日キャッシング」についての記事なので「最短即日」という単語を入れましたが、最短即日だろうと翌日だろうと後日だろうと、「いつでも、学生は借入不可」となっています。

銀行カードローンは、学生融資不可が多い

実は、この審査基準はイオン銀行カードローンBIGだけが厳しい…というわけではありません。実は大手の銀行カードローンは、全体的に学生のキャッシングに対して厳しいという傾向になっているんですね。たとえばイオン銀行カードローンBIG以外で「学生借入ができない」という条件になっているのは―。

  • 三井住友銀行カードローン
  • オリックス銀行カードローン
  • 横浜銀行カードローン
  • 静岡銀行カードローン「セレカ」
  • その他の地方銀行

このようになっています。(しずぎんカードローン・横浜銀行カードローンも地方銀行ですが、規模が大きいので別格で扱っています)

このように「大手の銀行カードローンでも、意外と学生キャッシングができない所が多い」ということで、別にイオン銀行カードローンBIGだけではなく、銀行カードローンは全体的に学生の審査に厳しい…ということなのです。

なので、この点はイオン銀行カードローンBIGのデメリットではあるものの「イオン銀行カードローンBIGだけの短所ではない」という点は意識して下さい。

逆に、学生融資可能な銀行カードローンはどこ?

「じゃあ、学生はどの銀行カードローンでキャッシングすればいいの?」と思った人もいるでしょう。これは一覧にすると下の通りです。

  • みずほ銀行カードローン
  • 新生銀行カードローン レイク
  • 楽天銀行スーパーローン(カードローン)
  • 三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」
  • 東京スター銀行カードローン
  • じぶん銀行カードローン「じぶんローン」
  • ソニー銀行カードローン

一応三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」も入れておきましたが、三菱東京UFJ銀行・バンクイックは親権者の同意が必須という審査条件になっているので、「親バレせずに借りたい」という学生さんの場合、バンクイックでは事実上融資不可…と思ってください。

ということで、学生が最短即日キャッシングをしたい場合は、上の一覧の中から、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」以外の借入先で借りる…ということになりますが、一番申し込みやすいのは、おそらく「楽天銀行スーパーローン(カードローン)」でしょう。

楽天銀行スーパーローン(カードローン)が申し込みやすい理由

学生の最短即日キャッシングだったら、上の一覧の銀行カードローンの中では、楽天銀行スーパーローン(カードローン)が有利―。この理由は下の通りです。

  • 楽天銀行はまだ「歴史が浅い銀行」である
  • 年配者の方は知らないことも多いし、知ってもあまり使おうとしない
  • ↑(ネット専業銀行なので)

こういう高齢者を取り込めない、というのが理由の一つ。で、ここから考えると、あくまで推測ですが―。

  • 楽天銀行は「若年層」を取り込む必要がある
  • つまり学生に対しても、積極的に融資する必要がある

学生ということで―。

  • 貸し倒れのリスクもあるし、延滞・滞納もかなり多いはずなので、督促のコストもかかる

こういうデメリットはありますが―。

  • それでも、楽天銀行自体の知名度を高められて、銀行自体のユーザーを増やせれば、最終的には利益になるし、この学生たちが「楽天市場」などで買い物してくれれば、利息だけではなく、そちらでも利益が出せる

また督促や催促のコストについては、遅延損害金で回収できるので、これも特に問題ありません。

もちろん、これは楽天銀行スーパーローン(カードローン)がそう公式にアナウンスしたわけではなく、あくまで当サイト・美人キャッシングがそう推測している…というだけです。しかし、実際に楽天銀行スーパーローン(カードローン)の審査に通った人々の口コミ・体験談・評判を読んでいても、全体的に、学生のキャッシング審査が他より通りやすいということは、何となくうっすらと感じられます。

(あくまでうっすらとであり、本当に審査に通りやすいかどうかはわかりませんが)

ということで、学生さんが最短即日キャッシングをしたい場合は、イオン銀行カードローンBIGではできないので、代わりに楽天銀行スーパーローン(カードローン)で申し込む…ということをおすすめします。

楽天銀行以外では、どこが申し込みやすい?

学生が最短即日借入をする場合、楽天銀行スーパーローン(カードローン)以外だったらどこが申し込みやすいか―。これた、たとえばauのユーザーだったら「じぶん銀行カードローン」が申し込みやすいといえます。理由は下の通りです。

  • じぶん銀行は、KDDIと三菱東京UFJ銀行が共同出資で作っている
  • つまり「auの利用実績」が評価される
  • auの電話料金の支払いで延滞・滞納がなければ、そのクレジットスコアを評価されて、審査に通りやすくなる

鋭い人は逆に、auの電話料金で遅延・延滞していたら、審査に通りにくくなるのか?と思うかも知れません。これは、確かにあり得ます。その延滞・滞納の程度にもよりますが―。

  • 遅延・延滞の回数が多い
  • その日数も多い
  • ついでに、金額も多い

このようになると、少々厳しくなるかも知れません。しかし、日数や回数がそれほどでもない…ということであれば、auのユーザーという時点で、それなりに有利になると考えて下さい。

じぶん銀行は、auユーザーなら低金利になる

また、じぶん銀行カードローンの特徴として「auユーザーは優遇金利」が適用される…という点もあります。通常のじぶん銀行カードローンの金利は「3.9%~17.5%」なのですが、auユーザーなら「au限定割」ということで通常金利より、最大で0.5%低金利になるというシステムになっているんですね。なので、実質年率(金利)でいうと、「3.4%~17.0%」まで下がる…ということです。

0.5%というのは、かなり大きい金利差です。こういう点でも、auユーザーはかなり優遇されているということで、よほど延滞・滞納の実績がひどくなければ、学生さんの最短即日審査でも、比較的審査に通りやすい…と言えるでしょう(auユーザーなら)。

審査通過率は、新生銀行カードローン レイクが一番高い

イオン銀行カードローンBIGの最短即日融資の記事のはずですが、「学生融資に関しては、イオン銀行カードローンBIGが対応していない以上仕方ない」ということで、引き続き、「学生がキャッシングしやすい銀行カードローン」を紹介していきます。

単純に「審査通過率」だけで見たら、新生銀行カードローン レイクがダントツで一番となっています。これについてポイントをまとめると、下のようになります。

  • 新生銀行カードローン レイクは、もともとが消費者金融である
  • 「ほのぼのレイク」という消費者金融だった
  • 今は銀行カードローンになったが、まだ消費者金融だった時代の金利や審査基準の名残があるので、大手の銀行カードローンの中では、トップレベルで審査に通りやすくなっている

実際新生銀行カードローン レイクの金利(実質年率)は「4.5%~18.0%」で、アイフルと同じです。下限金利・上限金利ともにまったく同じなんですね。

というように「事実上、消費者金融と同じレベルの金利」ということですから、そこから考えても「審査通過率が、銀行カードローンの中ではほぼ一番高くなる」というのは、当たり前と言えば当たり前なのです。

なぜ高金利だと審査通過率が高くなるのか?

高金利だと審査通過率が高くなる理由について、多くの人が思っているのは―。

  • 簡単に審査を通してあげるんだから、それなりの「ムチ」を用意するわよ

こうしたイメージでしょう。(ムチ=高金利)です。しかし、そうではなくもっと合理的な計算なんですね。

  • 審査基準のハードルを下げると、クレジットスコアが低い人も借り入れできるので、当然「貸し倒れ」が多くなる

これが前提です。しかし、下のようにも言えます。

  • 多少貸し倒れが出ても、要は「そのコストを上回ればいい」わけだから、その計算ができるなら、クレジットスコアが低い人でも、融資していい

こういうことになるんですね。そして、この「貸し倒れコストを上回る」ために「高金利にする」ということなのです。高金利は利用者に対するムチやペナルティのようなものではなく、単純に「貸し倒れコストを回収するため」のものなんですね。

こう書くとドライなようですが、「キャッシングは慈善事業ではなく、ビジネス」なのだから当然です。「お金に困った人が借りに来る」という性質上、よく貸金業には「福祉のような役割」を求める人がいるのですが、それは税金をもらっている政府がやることであり、消費者金融・銀行カードローンがやることではないのです。

(当たり前のことを言わせないでほしい、と私などは思うのですが)

政府は日頃あれこれ理由をつけて税金をとっているのだから、こういうところでしっかりそれを活用しなければいけないのです。なので、銀行カードローン・消費者金融が「貸し倒れコストを、利息によって回収する」というのは当たり前のことですし、そうしないと生き残れないんですね。

何はともあれ、こういう理由によって「審査通過率が高い銀行カードローン・消費者金融は、金利も高くなる」という傾向が見られるわけです。

ソニー銀行なら、学生でも10万円最短即日借入可能

他に学生がキャッシングしやすい銀行カードローンとしては、ソニー銀行なら「10万円まで」という最低限の融資枠で、最短即日キャッシングできるようになっています。ただ、ソニー銀行の口座が必要という条件なので、この点は注意してください。

(ソニー銀行カードローン以外でも、「最短即日融資には口座が必須」という銀行カードローンは多いですが。イオン銀行カードローンBIGもそうです)

ソニー銀行は、イオン銀行と並んで低金利

ソニー銀行カードローンは、学生でも最短即日キャッシングしやすいというだけではなく―。

  • すべての大手の銀行カードローンの中でも、イオン銀行カードローンBIGと並んで低金利

こういうメリットがあります。イオン銀行・ソニー銀行の実質金利を並べると下の通りです。

  • ソニー銀行…2.5%~13.8%(実質年率)
  • これを見ると並んでって言うけど、ソニー銀行の方が低金利じゃんと思う人が多いでしょう。確かに、「下限金利(安い方の金利)」で比較すると、下のようになります。

    イオン銀行カードローンBIG 3.8~13.8%(実質年率)
    イオン銀行カードローンBIG 3.8%(実質年率)
    ソニー銀行カードローン 2.5%(実質年率)

    このようにイオン銀行カードローンBIGよりソニー銀行カードローンの方が、1.3%も低金利…となっています。しかし、実はこれは多くの人のキャッシングにとっては無関係なんですね。

    下限金利はほとんどの人にとって無関係

    これはソニー銀行カードローンとイオン銀行カードローンBIGの比較に限った話ではないのですが、下のように言えます。

    • 下限金利は「最高融資枠近くまで借りた時の金利」なので、100万円以下でお金を借りるほとんどの人にとっては、事実上「無関係」な金利

    こういうことなのです。イオン銀行・ソニー銀行の最高借入限度額はいくらかというと、どちらも800万円なんですね。これだけの高額借入は、普通の人にできるわけがないし、まして学生が借りられることなど、天地がひっくり返ってもないのです。

    (学生起業家として、大成功していれば話は別ですが)

    ということで、「下限金利はもともと関係ない」ので、イオン銀行カードローンBIGとソニー銀行カードローンの金利は、実質同じ…と言っていいのです。

    (100万円以下のキャッシングで適用される「上限金利」については、まったく同じなわけですからね)

    アルバイト・パート・フリーターでも、イオン銀行カードローンBIGで最短即日融資可能?

    イオン銀行カードローンBIGは、パート・アルバイト・フリーターの方々でも最短即日キャッシングができるようになっています。これは、キャッシングの知識がある人なら常識としてよく知っているでしょうが、パート・アルバイト・フリーターでも最短即日借入できるというのは、キャッシングの世界の常識なのです。

    (もう、私自身もこの内容を何度書いたかわかりません。コピペを疑われてしまうくらいです。笑)

    そのくらい、イオン銀行カードローンBIGでもその他の借入先でも「フリーター・アルバイト・パートなどの非正規雇用で、最短即日キャッシングできるのは当然」なので、この点は、職業・属性はまったく問題にならない…と考えて下さい。

    ただ、職業・属性は問題になりませんが、会社員・OL・公務員の人々同様―。

    • 年収
    • 勤務先
    • 勤続年数

    このような「基本的な審査情報」は当然重要になります。これらを総合的にチェックした上で、パート・アルバイト・フリーターの方々でも、イオン銀行カードローンBIGで最短即日融資ができるかどうか…が決定されるわけですね。

    月収がいくら以上なら、アルバイトでも最短即日借入可能か

    そして、最短即日借入自体ができるとわかったら、次に問題になるのは「月収がいくらあれば、最短即日キャッシングが可能となるのか?」という金額面・収入面の問題でしょう。これは大体の目安として「月収7万円~8万円以上」と考えて下さい。理由は下の通りです。

    • これだけの月収があれば、年収で計算すると、年収84万円~96万円になる

    こういうのがスタート。そして、「年収の3分の1まで融資できる」という「総量規制のルール」に照らして計算していくと―。

    • この収入なら、28万円~32万円まで借入可能となる
    • つまり、理論上は「30万円程度」までキャッシング可能
    • かなり念入りに「さらにその3分の1」に融資額を抑えたとしても、10万円だったら最短即日融資してもいい…ということ

    になるわけです。あくまで推測ですが、このような計算は確かに成り立つわけですね。

    なので、イオン銀行カードローンBIGでも月収7万円~8万円程度あったら、フリーター・アルバイトなどの非正規雇用の人々でも、最短即日キャッシングができる…と考えていいでしょう。

    (あくまで推測で、イオン銀行カードローンBIGがそう公式に明記している…というわけではありません。その点は注意してください。)

    アルバイト・パートの勤続月数は、何ヶ月必要?

    また、収入と並んで気になるのは、パート・アルバイト・フリーターの場合、勤続月数(勤続年数)は、どれだけの期間あればいいんだろう…ということでしょう。これは、下の通りです。

    • 最低でも3ヶ月
    • 基本的には「6ヶ月」
    • できれば「1年以上」

    こういう審査基準だと考えてください。これはイオン銀行カードローンBIGだけではなく、大手の銀行カードローン・消費者金融であれば大体同じ…といえます。理由は下の通りです。

    • 最低3ヶ月は勤務していないと、いつやめるかわからない
    • 半年程度勤めていたら、その後も続く確率が高い
    • 「1年以上」という人だったら、さらに信用できる

    これも、あくまで当サイト・美人キャッシングの推測によるものなので、これで断言できるわけではありませんが。

    ろうきんカードローンも「1年以上」という条件になっている

    この時1つの参考になるのは「ろうきんカードローン」の審査基準でしょう。ろうきんカードローンは名前通り「労働金庫」が提供するカードローンですが、これの勤続年数についての審査条件は「1年以上」となっています。

    そして、ろうきんカードローンは、銀行カードローンの半分程度という低金利なので、当然審査が厳しくなっています。その審査が厳しいろうきんカードローンでも「勤続年数1年以上」という条件で融資OKになっているわけです。

    なので、イオン銀行カードローンBIGで最短即日審査をするときも、パート・アルバイト・フリーターの方々でも「1年以上勤めていれば、大体OK」(勤続年数だけ見ると)と言えるわけですね。あとは収入借入状況・個人信用情報などの総合的な条件次第ですが…。

    イオン銀行カードローンBIGでは、いくらまで最短即日キャッシング可能?

    イオン銀行カードローンBIGでは、金額にするといくらまで最短即日借入できるのか―。これは当然その人の職業・属性など、総合的な条件によって違うのですが、大体の目安として書くと下の通りです。

    • アルバイト・パート・フリーター…10万円~50万円
    • 会社員・OL・公務員…30万円~80万円
    • 個人事業主・自営業…完全に人による
    • 無収入の専業主婦…50万円(人によっては変わる)

    このようになっています(で、学生は借入不可なので0円です)。

    自営業・個人事業主や会社経営者・法人代表者・フリーランスなどの方々は、完全にその人次第です。これは当のご本人たち(私も個人事業主ですが)が、一番よくわかるでしょう。この世界は、年収が本当にピンからキリまで上下するのです。

    なので、こうした独立系の職業の人々については何とも目安をあげられませんが―。

    • パート・アルバイト・フリーター
    • サラリーマン・OL

    などの方々については、イオン銀行カードローンBIGで最短即日キャッシングできる融資枠は、大体上のような目安になる…と考えてください(こちらもやはり、一言で会社員・OL・公務員などといっても、ピンからキリまで、ですが…)

    イオン銀行で最短即日借入するのに、必要な書類

    次に、イオン銀行カードローンBIGで最短即日キャッシングをするために必要な書類は何か―。これは「身分証明書だけでOK」という、極めて簡単な条件です。これは、下の通りです。

    • イオン銀行カードローンBIGだけではなく、どの大手の銀行カードローン・消費者金融でも同じルール
    • 「収入証明書」は、一定の金額までは不要で借りられる

    そして、イオン銀行カードローンBIGだと、借入総額が300万円を超える時になると、初めて収入確認資料が必要になります。逆に言えば「300万円もキャッシングしない人であれば、所得証明書はなしでOK…ということなんですね。

    ほとんどの人は、年収確認資料なしで借入可能

    そして、当然ですが、300万円などという高額は―。

    • 借りたい人もいないでしょうし、借りられる人もいない(年収900万円程度必要)

    こういうことで、これは「多くの人にとって、無関係」なわけですね。(下限金利の時の話とも似ていますが…)

    なので、イオン銀行カードローンBIGでお金を借りる時は、ほとんどの人が「収入確認資料なしでOK」となるわけです。これはイオン銀行カードローンBIGに限った話ではなく、多くの銀行カードローンでそうなっています。

    イオン銀行と同じ条件の銀行カードローン

    イオン銀行カードローンBIGと同様に「300万円まで所得確認資料不要で融資OK」という条件になっている銀行カードローンを一覧にしてみましょう。

    • 三井住友銀行カードローン
    • 楽天銀行スーパーローン(カードローン)
    • ソニー銀行カードローン
    • じぶん銀行カードローン「じぶんローン」

    実は大手の銀行カードローンはほとんど、300万円まで収入証明書なしでOKなんですね。事実上、銀行カードローンは収入確認資料を全然求めていない…というようなものです。

    それより小さい金額で年収確認資料を提出するように言われる銀行カードローンは、下のようになっています。

    • みずほ銀行…200万円
    • 三菱東京UFJ銀行…100万円
    • りそな銀行…100万円

    このようなだけです。都市銀行でもメガバンクでもほとんどの銀行カードローンは、300万円に借入総額が到達しない限り、年収確認資料はいらないということですね。なので、「身分確認資料だけ出しておけばOK」となるわけです、イオン銀行カードローンBIGでも。

    本人確認資料は、何を提出すればいい?

    本人確認資料(身分証明書)は、イオン銀行カードローンBIGの審査では何を出せばいいのか―。これは、まず一覧にすると下の通りです。

    • 各種健康保険証
    • 住基カード
    • パスポート
    • 在留カード
    • 個人番号カード
    • 運転免許証

    たとえば、いわゆる在日朝鮮人などの方の場合、在留カードを出す…という風ですね。そのように少し特別な身分確認資料もありますが、基本的には、「運転免許証・パスポート・保険証」などの「三種の神器」ともいえる、代表的な本人確認資料を出せばOK…となっています。

    運転免許証を提出するのが一番早い

    そして、どの身分確認資料にするか迷ったら、とりあえず運転免許証と思っておけばいいでしょう。「とりあえず、生」というおじさん(私もですが)のようですが、これで実際間違いないのです。

    なぜキャッシング審査では、イオン銀行カードローンBIGでもどこでも、そのように「運転免許証」が一番信用されるのか―。この理由は、下の通りです。

    • 顔写真がついている
    • 顔写真なら、住基カードやパスポート、個人番号カードもあるが、これらの身分証明書は「普段持ち歩かない」
    • ということは、紛失したり盗難されたりしても、本人が気づかないことが多い
    • ということは、これらの身分証明書が提出されても、「誰かがなりすましている」という可能性は、十分ある

    つまり、もっと簡単に書くと下の通りです。

    • 顔写真
    • なりすましが難しい

    「顔写真」の時点で―。

    • 運転免許証
    • 住基カード
    • 個人番号カード
    • パスポート

    のどれかに絞られて(在日外国人の方は、在留カードもありますが)、その中で、「なりすましのリスクが低い」(いつも本人が持ち歩くことが多い)のは運転免許証だけなので、「運転免許証が一番信用される所得確認資料」ということになるのです。

    運転免許証は「紛失の回数」も記録されている

    実は私も最近知って驚いたのですが、運転免許証には、その人が免許証を紛失した回数も記録されているのです。運転免許証の末尾の番号に「0」とか「2」という数字がありますが、これが「再発行の回数」なんですね。

    紛失して再発行するたびに、この数字が増えていく…ということです。そして、私の場合は「2回紛失」したので「末尾の番号が2」になっているわけですね。

    自分で言うのもなんですが、「こういう人は、キャッシング審査では信用されない」わけです(笑)。

    • 運転免許証のように大事なものをひんぱんになくす人は、ローンカードやクレジットカードもひんぱんに落とす
    • 誰かに盗まれて悪用され、キャッシング業者にトラブルを持ち込む
    • その分コストがかかって、全体の利用者の不利益になるので、そうした方の審査は厳し目にする

    実際、特に融資枠については、こういう「よくカードを落とす・なくす」人の場合、借入枠を小さくしてもらった方が、むしろ自分のためとわかるでしょう。借入可能金額さえ小さければ、そのローンカードやクレジットカードを落としても、誰かに拾われた時の金銭的な被害が少ないですからね。

    ということで、運転免許証の番号…つまり「紛失再発行の回数」は、これも多少なりとも、イオン銀行カードローンBIGの審査で影響する…と考えてください。

    (最終的には、年収・職業・借入状況などの方がよほど重要なので、そこまで運転免許証の番号が審査に影響することはないですけどね。ちなみに、運転免許証の提出は、もちろん必須ではありません。身分証明書なら何でもOKです)

    個人事業主・自営業なら、イオン銀行カードローンBIGに収入確認資料を出す

    ここまで書いてきた通り、イオン銀行カードローンBIGで最短即日借入をする時は、基本的には「本人確認資料」だけ提出しておけばOKです。つまり「所得証明書は不要」ということですね。しかし、下のようにも言えます。

    • 商店主
    • フリーランス
    • 会社経営者
    • 法人代表者
    • 自営業
    • 個人事業主

    …などに該当する方であれば、借入金額が300万円未満でも、収入確認資料を提出するのが基本的に必須となっているので、この点は注意してください。これはイオン銀行カードローンBIGに限定された話ではなく、ほとんど全ての銀行カードローン・消費者金融で同様のルールとなっているので、イオン銀行だけが個人事業主・自営業の方々に厳しい…ということではありません。

    (学生の時と同じようなことを書いていますが。笑)

    どんな年収確認資料を出せばいいのか?

    そして、イオン銀行カードローンBIGの審査で年収証明書が必要になった時、どんな種類の資料を提出すればいいのか。ざっと一覧にすると―。

    • 住民税決定通知書
    • 納税通知書
    • 確定申告書
    • 課税証明書
    • 源泉徴収票
    • 所得証明書

    こういったものになります。最後に書いている「所得証明書」については、「所得確認資料」という意味とよく混同されますが、「所得証明書」という1つの書類があるわけです。

    所得証明書の内容についてカンタンに書くと下の通りです。

    • 「自分」に報酬を払ってくれたクライアントさんは、その「報酬」の行き場として、「自分」の口座を税務署に伝えている

    こういうのが基本。

    • それらのクライアントさんの税務署に対する「報告」は、税務署からすると「すべて一括でわかる」ので、それを1つにまとめて作成した資料が「所得証明書」

    つまり、人によってはかなり便利な年収確認資料となるでしょう(イオン銀行カードローンBIGでのキャッシング審査を抜きにしても)。

    このように、キャッシング審査の話というより、フリーランスの方のための所得確認資料の知識のような話になりましたが、こうしたことも知っておくと、後々何かと便利になるはずです。

    (賃貸マンションの審査を受ける時などもそうですが、こういう審査を受けるたびに、個人事業主・自営業の方は「あらゆる公的資料」の類に、強くなっていくと思います。ならざるを得ないですからね)

    イオン銀行に「自動契約機」はある?

    • 自動契約機
    • 無人契約機
    • ローン契約機
    • ローン申込機
    • 契約ルーム
    • テレビ窓口

    このように呼ばれるような自動契約機の類が、大手の銀行カードローン・消費者金融には多くあります(といっても、ほとんどは銀行カードローンではなく消費者金融ですが)。

    そして、上の種類のうち―。

    • 契約ルーム
    • テレビ窓口

    の2種類は、それぞれ―。

    • 契約ルーム…アイフル
    • テレビ窓口…三菱東京UFJ銀行・バンクイック

    の固有の自動契約機(アイフルは自動ではありませんが)の名前です。そして、その他の「自動契約機・無人契約機」などが、全ての銀行カードローン・消費者金融で共通して使われている名称となります。

    このように、前置きが少々長くなりましたが、イオン銀行カードローンBIGでもこれらの「ローン契約機」の類はあるのか。結論を言うと「ない」というのが正解です。

    イオン銀行の専用ATMだったら、知っての通り街中にたくさんあるのですが、ローン契約機はないわけですね。では、どの銀行カードローンだったらローン申込機があるのか、それをまとめていきます。

    ローン申込機がある銀行カードローンは?

    ローン申込機・自動契約機がある銀行カードローンを一覧にすると下の通りです。

    • 三井住友銀行カードローン
    • 三菱東京UFJ銀行・バンクイック
    • 新生銀行カードローン レイク

    の3つの銀行カードローンとなります。この3つの銀行は最短即日借入がしやすい銀行カードローンとして、よく名前が出てくるので、知っている人も多いかも知れません。

    (キャッシングの情報サイトを、めぐりめぐっているような、変わった方だったら。笑)

    そして、これらの自動契約機・無人契約機が何時まで開いているかというと、下の通りです。

    • 三井住友銀行…21時まで
    • バンクイック…17時~20時まで
    • 新生銀行カードローン レイク…21時まで

    三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」のみ、曜日によってテレビ窓口の開いている時間が違う…という条件になっていて―。

    • 平日…夜8時まで
    • 土曜日…夜6時
    • 日曜日・祝日…午後5時まで

    このような時間設定になっています。なので、三井住友銀行カードローン・新生銀行カードローン レイクが、一番ローン申込機が動いている時間が長い…ということですね。

    なので、たとえばギリギリの時間で最短即日借入したいという時でも、これら2つの銀行カードローンであれば間に合うことが多いわけです。そうしたケースでは、ぜひ選ぶといいでしょう。

    大手の消費者金融だったら、どこでもある

    ここまでは銀行カードローンのローン契約機について書いてきましたが、アコム・プロミス・アイフル・モビットなどの大手の消費者金融の場合、どこでも自動契約機・無人契約機は持っています。それぞれの名称を書くと下の通りです。

    • アコム…むじんくん
    • プロミス…自動契約機
    • アイフル…無人契約でんわBOX「てまいらず」
    • モビット…ローン申込機
    • ノーローン…自動契約機

    このようになっています。個性的なネーミングが、アコムとアイフルだけということに気づいた人もいるでしょう。これは、実は消費者金融の歴史を語る上で、かなり重要なポイントの一つです。

    昔は「変わったネーミング」が当たり前だった

    昔の消費者金融(大体2000年代中盤まで)は、「自動契約機には、変わったペットネーム(愛称)をつける」というのが普通でした。当時の名前を一覧にすると下の通りです。

    • 武富士…¥(エン)むすび
    • アイフル…お自動さん
    • プロミス…いらっしゃいまし~ん
    • アコム…むじんくん
    • レイク…ひとりででき太
    • 三洋信販…ポケットバンク

    このようなものです。「ポケットバンク」は割と普通ですが、あとは軒並み「かなりユニーク」(人によってはとぼけていると感じるかも?)なネーミングです。

    このきっかけとなったのは「アコムのむじんくん」で、これは、当時の週刊誌の記事で、大作家の井上ひさし氏も、そのネーミングを絶賛していたくらいです。内容を要約すると―。

    • これは「無人」と「無尽」を兼ねている
    • ↑(無尽とは、地方銀行の元となった、地方の相互扶助組織のこと)
    • 意味もあるし、親しみやすいし、見事なネーミング
    • 見事すぎて、それだけにキャッシングが安易になってしまわないか、不安

    こういう内容です。ちなみに、この「無尽」とかけている、というのは井上氏の勘違いで、実はアコムはそこまで考えていなかったんですね。

    「むじんくん」になった理由を箇条書きすると下のようになります。

    • 開発の段階で、極秘事項だったので、「コードネーム」をつけていた
    • 「無人契約機」なので、とりあえず「むじんくん」と呼んでいた
    • いつの間にか、それが社内で定着し、このまま「むじんくんで良いのでは?」という結論になった

    それが後々まで、無人契約機の代名詞になるくらいの大ヒットになったのだから、ビジネスとかネーミングというのは、面白いものですね。

    …ということで、アコムのむじんくんは「非常に重要な歴史がある」から、そのままなのです。しかし、なぜ、他の消費者金融はことごとく「普通の名前」になったのか。

    消費者金融のイメージが、2000年代に急速に悪化した

    今アラサー以上の社会人の方は、覚えているかも知れません。実は2000年代というのは、下のように言えるからです。

    • 商工ローンの「腎臓売れ」事件
    • 武富士の「ジャーナリスト盗聴事件」
    • アイフルの「脅迫テープ」事件(これは完全に無実)

    などが連日マスコミで報道され、消費者金融のイメージが休息に悪化した時代だったんですね。(繰り返しますが、アイフルは最高裁でもすでに無罪が確定していて、完全に濡れ衣を着せられただけです)

    そして、このような事件によって消費者金融のイメージが悪くなり、同時に自動契約機の「消費者金融独特のネーミング」に対しても、抵抗を持つ人が増えたわけです。そもそも、クリーンな呼び方として導入された「消費者金融」という名前も、この頃には「以前のサラ金・街金」と、同じイメージになりつつありましたからね。

    ということで、その悪化したイメージを脱却することを目指し、無人契約機・自動契約機の名前にも、「銀行のような普通の名前」をつけるようになったのです。

    若干さびしいような気もしますが、ビジネスである以上「大衆からどう見えるか」が何よりも重要なので、これは仕方がないでしょう。しかし、その中でも独特の名前を保っているアイフルとアコムは、なかなか個性的で面白いと、個人的には思っています。


    このように、何はともあれこうした「ローン契約機」の類は、イオン銀行カードローンBIGにはまったくないので、最短即日借入で利用することもできません。この点は注意してください。

    まとめ「イオン銀行カードローンBIGの最短即日融資」

    以上、イオン銀行カードローンBIGの最短即日審査や最短即日キャッシングについて、関連する自動契約機や、提出書類などの話も絡めて、総合的に書いてきました。最後にまとめると、下のようになります。

    • イオン銀行カードローンBIGは最短即日融資可能
    • イオン銀行の口座が必要、という条件
    • イオン銀行の口座の最短即日開設はできないので、もともと口座を持っている人でないとダメ
    • 収入がない専業主婦の借り入れで、特に有利
    • 配偶者の同意書もなしでOKだし、50万円まで借入可能
    • 学生はキャッシングできないので注意
    • パート・アルバイト・フリーターは借入可能
    • 収入証明書は「300万円」の借入総額まではなしでOK
    • 個人事業主・会社経営者などは、それ以下でも必要になる

    特に日常生活でイオンモールで買い物をよくされている無収入の専業主婦の方など、イオン銀行カードローンBIGでの最短即日融資は、特におすすめと言えるでしょう。

    今すぐ借りたい!キャッシングランキング

    今日中に借りたい!カードローン

    内緒で借りたい!カードローン

    専業主婦でも借りたい!

    おまとめローン(乗り換え)

    TOP