専業主婦が夫・旦那に内緒で借りられる銀行カードローンのおすすめは?

専業主婦が夫・旦那に内緒で借りられる銀行カードローンのおすすめは?

専業主婦が夫・旦那に内緒で借りられる銀行カードローン―。これはいくつかありますが、一番おすすめなのは「楽天銀行」です。理由を説明すると下のようになります。

  • 夫・旦那の同意書なしでOKなので、内緒で借りられる
  • さらに「婚姻関係の証明書」もなしでOK(申し込みが簡単)
  • 借入枠も50万円までOK(人によって変動あり)

それぞれ解説すると下のようになります。

  • 同意書…主要な銀行カードローンのうち、半分は必須
  • 婚姻関係の証明書…住民票など。家族バレには関係ないが、なしの方が楽
  • 借入枠…他の銀行カードローンは「一律30万円まで」が基本

以下、楽天銀行スーパーローン(カードローン)も含めて、専業主婦が夫・旦那に内緒で申し込みやすい銀行カードローンについてまとめていきます。

「配偶者の同意書不要」が申し込みやすさの絶対条件

夫・旦那に内緒で専業主婦がキャッシングする場合、まず配偶者の同意書なしでOKというのが絶対条件。当然ですが、同意書ということは「その本人=夫・旦那」に相談しなければいけない、ということでバレるどころか、許可までもらわないといけないからです。

ということで、もし家族や夫・旦那に内緒でお金を借りたいというなら、このような「配偶者の同意書が必須」という銀行・業者では申し込みできないんですね。(してもいいですが、家族バレするということです)

なので、まずこれについては第一の条件。満たしている銀行カードローンを一覧にすると、楽天銀行スーパーローン(カードローン)以外では―。

  • みずほ銀行カードローン
  • 三菱東京UFJ銀行・バンクイック
  • イオン銀行カードローンBIG
  • 横浜銀行カードローン

などとなっています。横浜銀行は地方銀行なので、下のようになります。

  • 神奈川県
  • 東京都
  • 群馬県

に住んでいないと借りられませんが、残りは全部大手銀行なので、全国どこに住んでいても借りられます。

婚姻関係の証明書(結婚証明書)について

「配偶者の同意書なしでOK」という銀行カードローンでも「婚姻関係の証明書」(結婚証明書)は必要です。理由は下の通りです。

  • 夫・旦那がキャッシングに同意していなくても、「一般的な専業主婦」なら、30万円程度は返済できる
  • だから「その女性が、本当に専業主婦か」を知りたい

そして「婚姻関係の証明書を見れば」それがわかるということです。わかる理由を書くと下の通りです。

  • 人間なので、当然「何らかの方法で生活費を確保」する必要がある
  • しかし、家庭に入っている女性は「自分の仕事はない」という
  • ということは、「誰かが彼女を養っている」のは確か
  • そして「結婚している」ことが住民票などでわかれば、その「誰か」は、かなりの確率で「夫・旦那」である
  • ということで、「ほぼ確実に、家庭に入っている」とわかる

「いや、そこまで深く考えなくても」と思われるかも知れませんが、職場に在籍確認できるサラリーマン・OLと違い、専業主婦は本来「属性の確認」ができないのです。

ということで、婚姻関係の証明書を提出してもらうことによって、上のような根拠から―。

  • おそらく、本当に家庭に入っている
  • 普通の専業主婦がいる家庭なら、30万円程度、余裕で返せるだろう

こういう推測をして、融資するということなんですね。あくまで銀行カードローンの家庭に入っている女性に対するキャッシングは、「推測」によって成り立っているのです。

家庭に入っている女性の銀行カードローンでの融資枠は「一律30万円」

多くの銀行カードローンは、収入のない既婚者の女性に対しては「一律30万円」という金額で融資しています。夫・旦那の収入がいくらだろうと関係なく

一律30万円…ということです。

「夫・旦那の収入が関係ない、というのはおかしくないか?」と思う人もいるでしょう。もっともな疑問ですが、これは少し考えればわかります。

キャッシングの知識がある人は、貸金業法第13条の2第2項の規定という貸金業法のルールを知っているでしょう。簡単に言うと年収の3分の1までキャッシングできるというもの。つまり「30万円借りるには、年収90万円あればいい」ということです。

そして、この貸金業法第13条の2第2項の規定を発展させたルール(というか「貸金業法第13条の2第2項の規定の例外」という措置)で、配偶者貸付というシステムがあります。これは、夫婦の年収を合算して、その金額の3分の1まで借りられるというもの。

ということは、この―。

  • 配偶者貸付
  • 貸金業法第13条の2第2項の規定

を組み合わせると、夫・旦那の収入が90万円あれば、30万円は家庭に入っている女性に融資してもいいということなのです。そして「普通のサラリーマンの夫・旦那であれば、90万円など稼いでいて当然」なので、「いちいち、夫・旦那の収入を調べる必要はない」ということなんですね。

(もちろん、同じ理由で「夫・旦那の在籍確認」も必要ありません)

楽天銀行スーパーローン(カードローン)が、他の銀行より申し込みやすい点

ここまでは、銀行カードローンで家庭に入っている女性(自分の安定収入があることが条件)が借り入れる条件について書いてきました。

  • 婚姻関係の証明書を提出する
  • 融資枠は一律30万円

などですね。そして、銀行カードローンの中でも楽天銀行スーパーローン(カードローン)をおすすめする理由は下の通りです。

  • 婚姻関係の証明書も提出しなくていい
  • 借入枠が「最大、一律50万円」と大きい(人によって違いあり)

これら、楽天銀行スーパーローン(カードローン)と、他の銀行カードローンの違いについて書いていきます。

住民票などの婚姻関係の証明書も不要

婚姻関係の証明書については、住民票・戸籍抄本・戸籍謄本などの書類でOKなので、これは「夫バレ・旦那バレには関係ない」です。ただ用意する書類が少ない方が、審査が楽なのは確か。別に審査が甘い・緩いというわけではありませんが「手続きが楽」ということです。

楽天銀行スーパーローン(カードローン)以外では、横浜銀行も、婚姻関係の証明書の提出なしで借りられるようになっています。ただ、横浜銀行は先に書いた通り、「神奈川県・東京都・群馬県に住んでいないといけない」(在勤でもOK)という条件なので、「全国どこでも借りられる」という点では、楽天銀行スーパーローン(カードローン)のほうが有利…と言えるでしょう。

(もちろん、地方銀行と大手銀行のカードローンを比較しても、それぞれポジションが違うので、どちらが良い悪いということはないのですが)

楽天銀行スーパーローン(カードローン)なら最大50万円まで借入可能

普通の銀行のカードローンの場合、先に書いた通り「専業主婦は一律30万円まで」というのが普通なのですが、楽天銀行スーパーローン(カードローン)の場合は、同じく一律で「50万円まで」というのが基本になっています(人によって、多少の変動はあります)。

なぜ楽天銀行スーパーローン(カードローン)は、家庭に入っている女性に対する融資枠が大きいのか。この理由は下の通りです。

  • 楽天の本業は「楽天市場」である
  • ネットショッピングなので、専業主婦は大きな顧客層
  • なので、まず「アピール・広告」の効果がある

こういうのが「1つ目の理由」で、2つ目の理由が―。

  • 楽天銀行スーパーローン(カードローン)でお金を借りた専業主婦は、そのお金を使って、楽天市場で買い物することも多い
  • そうして買い物してくれれば「そっちの利益」で回収できる

このようになるわけです。

  • 楽天銀行スーパーローン(カードローン)の「利息」
  • 楽天市場の「販売収益」

この2つによって、ダブルで利益を出せる…ということなんですね。なので、楽天銀行スーパーローン(カードローン)は、他の銀行カードローンよりも融資枠を大きくできるのです。

イオン銀行も、最大50万円まで融資可能

同じ理由で、イオン銀行のカードローンBIGも、家庭に入っている女性に対して最大50万円まで融資可能…となっています。イオン銀行も本業がイオンモールで「ショッピング」なので、専業主婦が重要な顧客ということですね。

特にイオン銀行の場合、食料品・日用品などの買い物で「楽天市場以上に、家庭に入っている女性の利用が多い」ので、専業主婦を顧客層として重視する割合は、楽天銀行よりもさらに高いでしょう。

ということで、「楽天銀行・イオン銀行」は、銀行カードローンの中でも「家庭に入っている女性の借入限度額が特に高い」二強となっているのです。

楽天銀行スーパーローン(カードローン)以外で、家庭に入っている女性のおすすめは?

専業主婦が夫・旦那・家族に内緒で借り入れする―。という目的の場合、楽天銀行スーパーローン(カードローン)以外でのおすすめは、みずほ銀行カードローンです。理由をまとめると、下のようになります。

  • メガバンクなので、郵便物が届いたりしても違和感がまったくない
  • すでにみずほ銀行を使っている人の場合、ローンカードの郵送もない
  • 今使っているキャッシュカードで、そのままキャッシングができる

三つ目の「今使っているキャッシュカード」について、説明します。

みずほ銀行は「キャッシュカード兼用型」

カードローンでは、提携ATMで借入・返済するために「ローンカード」というものが必要。普通の銀行の預貯金でいう「キャッシュカード」と同じです。

そして、みずほ銀行など一部の銀行カードローンは、下のようになっています。

  • 「専用のローンカード」を作るのではなく、普段使っているキャッシュカードに「カードローンの機能」を追加し、何も新しいカードを発行する事無く、キャッシングできるようにする

こういうシステムになっているんですね。キャッシュカードと、ローンカードを兼用するということで、「キャッシュカード兼用型」と呼ばれます。

このスタイルであれば―。

  • 見た目も完全にただのキャッシュカード
  • 審査後のローンカードの郵送もない

こういうことで、二重に家族バレしにくいのです。しかも、ローンカード以外の契約書類などが送られて来る場合にも、みずほ銀行という名前に対する信頼感があるので、家族に怪しまれることもありません。

というように「夫・旦那・家族に内緒でお金を借りたい」という場合、みずほ銀行カードローンは特に申し込みやすい借り入れ先の一つ…ということです。なので、家庭に入っている女性(自分の安定収入があることが条件)のキャッシングにもおすすめ、というわけですね。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」もおすすめ

みずほ銀行のカードローンと並んで、もう一つ、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」もおすすめです。理由は下の通りです。

  • 普段、三菱東京UFJ銀行を使っている人の場合―。
  • 三菱東京UFJ銀行からの郵便物はいつも送られて来ているから、カードローンの書類が来ても、家族に怪しまれない

これが1つ。

  • 土曜日・日曜日・祝日でも最短即日審査をしている
  • これは、銀行では他に三井住友銀行・新生銀行カードローン レイクだけ
  • 夜間も最短即日審査してくれる(みずほ銀行は15時まで)
  • 三菱東京UFJ銀行の口座なしでもOK(みずほ銀行は口座が必要)

このような点で、みずほ銀行カードローンよりも「申し込みやすい」という理由もあります。こうして「申し込みやすさ」だけ見ているとむしろ、三菱東京UFJ銀行の方が断然いいと感じる人もいるかも知れません。

みずほ銀行・三菱東京UFJ銀行のどちらにするかは、「普段使っている銀行がどちらか」で決めるといいでしょう。普段使っている銀行の方が郵便物が届いた時の違和感がないので、家族バレのリスクの低さを考えるなら、そうした「いつもの銀行」を使った方がいいです。

「普段使っている銀行」だと、返済も早くなる

もう一つ「普段使っている銀行」のカードローンでお金を借りる利点として早期返済がしやすいということがあります。理由は下の通りです。

  • 同じ銀行の提携ATMだったら、返済手数料が無料
  • 普段使っている銀行なので、よく提携ATMに行く
  • 思い出した時・臨時収入があった時などに、すぐ返済できる
  • そうして小まめに返済していると、借入残高はどんどん少なくなっていく

キャッシングの返済に限らず、人間が何かを早く達成するには「それを簡単にする・障害を除去する」というのが一番なのです。

その点、普段使っている銀行のカードローンでキャッシングするというのは、「もっとも臨時返済の障害が少ない方法」として、おすすめできます。

まとめ「家庭に入っている女性(自分の安定収入があることが条件)のキャッシングでおすすめの銀行カードローン」

以上、家庭に入っている女性が夫・旦那・家族に内緒でキャッシングしたい、という時におすすめの銀行カードローンについてまとめると、下のようになります。

  • 「配偶者の同意書なしで借りられる」のが必須
  • 楽天銀行スーパーローン(カードローン)は特に申し込みやすく、限度額も大きい
  • 申し込みやすさは横浜銀行、限度額はイオン銀行も有利
  • 楽天銀行以外では、みずほ銀行・三菱東京UFJ銀行もおすすめ
  • 「普段使っている銀行」だと、特に家族バレしにくい

家族に内緒でお金を借りたいという家庭に入っている女性は、ぜひ参考にしてみてください。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP