専業主婦の借り入れでも知っておきたい、銀行カードローンと銀行キャッシングの違い

専業主婦の借り入れでも知っておきたい、銀行カードローンと銀行キャッシングの違い

専業主婦がお金を借りる場合でも、特に金融やキャッシングの知識に興味があるという人の場合は、

  • 銀行カードローン
  • 銀行キャッシング

の違いは知っておいた方がいいでしょう。それぞれの違いをまとめていきます。

「銀行カードローン」とは?

銀行カードローンは広い意味でいうと、下のものを全部含みます。

  • 限度額の中で、借入・返済自由の「カードローン」(ほとんどの場合はこれ)
  • 1回借りたら、後は返済するだけの「フリーローン」
  • ↑(フリーというのは「利用用途自由」という意味。追加借入はできない)

…という風です。つまり、2種類ですね。再度まとめると、

  • 普通のカードローン
  • フリーローン(返済しかできない)

という2種類です。これが「銀行カードローン」です。

「銀行キャッシング」とは?

これは「銀行が提供するサービス」で「キャッシング機能があれば」全部OKということ。つまり、下のようなものを含みます。

  • 銀行カードローン(上に書いた2つともです)
  • 銀行のクレジットカード(ショッピング機能ではなく、キャッシング機能)
  • 定期預金担保貸付

まず、一つ目の「銀行カードローン」については、「現金を借りる」わけなので、説明しなくてもいいでしょう。キャッシングというのは現金を借り入れすることですから、銀行カードローンが2種類とも該当するのは当然です。

で、次に「クレジットカードにはキャッシング機能もある」ので、「銀行キャッシング」という場合は、これも含むわけです。「カードローン」には「クレジットカード」は含まないのか?」という疑問もあるでしょう。これはもっともで、下のような理由によります。

なぜ「クレジットカード」は「カードローン」に含まない?

この理由は、

  • クレジットカード…「ショッピング」と「キャッシング」ができる物のこと
  • カードローン…「キャッシング」だけする物のこと

だからです。つまり、

  • クレジットカードの方が「カードローンより大きい」
  • 大きい物は「小さい枠」の中には入れない
  • だから「カードローン」という枠に「クレジットカード」は入らない

ということです。半分言葉遊びというか「厳密な定義」になりますが、こういうことなんですね。

というわけで「銀行キャッシング」という場合は、

  • 「銀行が発行するクレジットカード」の、
  • 「キャッシング機能」も入る

…ということです。で、最後の「定期預金担保貸付」とは何か。

定期預金担保貸付とは?

これは簡単に言うと、下のような仕組みです。

  • Aさんは、定期預金を「100万円」預けている
  • この100万円は本来「満期が来るまで下ろせない」が、
  • いつでも下ろしていい、というルールにする

…ということ。「だったら、普通の預金と変わらないじゃん」と思うでしょう。そう、このままだったら変わらないのです。なので、

  • 「いつでも下ろしていい」が、
  • 代わりに「金利」をとる
  • 本来「Aさんが、銀行に貸している」お金なのに、
  • 「貸してもらっている」銀行の側が、Aさんから金利をとる

…ということです。よく考えたらかなりおかしいルールなわけです。しかし、

  • 定期預金は「本来、絶対に満期まで下ろせない」ものだから、
  • それを破った、いわば「違約金」のようなものである
  • また、利息をとるといっても、かなりの低金利

ということです。要は、

  • 「違約金」である
  • 「超低金利」である

ということですね。この2つの条件・理由によって定期預金担保貸付という、一見矛盾した制度が、認められているわけです。

実際、これは「銀行が悪い」わけではなく定期預金を崩さなければいけない、無計画な出費をした利用者が悪いわけです。「悪い」というと語弊がありますが、あえて「どちらが良い悪い」をわかりやすく決めるとしたら、ということですね。

…というように、定期預金担保貸付は「利用者がひたすら損するだけ」のキャッシング方法なので、あまりおすすめはできません。ただ、とりあえずこの定期預金担保貸付も含めて銀行のキャッシングという時には、これらを指すということです。

実際には、全部「普通の銀行カードローン」でOK

…と、いろいろ複雑なことを書いてきましたが、一般的には、

  • 「銀行カードローン」といっても、
  • 「銀行キャッシング」といっても、
  • どちらも「一番メジャーな、普通の銀行カードローン」を指す

と考えてください。具体的な名前をあげると、

  • 三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」
  • 新生銀行カードローン「レイク」
  • しずぎんカードローン「セレカ」
  • イオン銀行カードローン「BIG」

…といったものですね。あくまでここまで書いてきたものは厳密に定義したらこうなるという話です。金融の知識に関心がある人は、参考にしていただけたら幸いです。

銀行系のクレジットカードのメリット

参考までに、途中で「銀行が発行するクレジットカード」が出てきたので、これを利用するメリットを書きましょう。普通のクレジットカードと比較して、何が良いのかということですね。簡単にまとめると、

  • 自分が普段使っている銀行のクレジットカードだったら、
  • 銀行口座の利用実績によって、審査に通りやすくなる
  • その後の返済も、ATMの利用手数料がかからない
  • また、よくATMに行くので自然と臨時返済が進む
  • 借入残高が早く減っていき、利子総額も少なくなる

…ということです。ちなみに、ここでは一例として、楽天銀行が発行する「楽天クレジットカード」のメリットについて書きましょう。

楽天クレジットカードのメリット

楽天クレジットカードを利用するメリットは、箇条書きすると、

  • 楽天のサービス全般の利用実績で、審査に通りやすくなる
  • 楽天のサービス全般で使えるポイントが貯まる」j
  • 銀行系クレジットカードの中で、特に審査に通りやすい
  • 特に20代、大学生などの若年層が審査に通りやすい
  • ↑(他のクレジットカードに比較して)

…となります。それぞれ、詳しく補足していきます。

楽天クレジットカードの関連サービスとは?

楽天クレジットカードに関連する、楽天の他のサービスとは、一覧にすると下のようになります。

  • 楽天市場
  • 楽天銀行
  • 楽天銀行スーパーローン
  • 楽天ビューティー
  • 楽天トラベル
  • 楽天カフェ
  • 楽天証券

…というものです。これらを日頃からよく使っていれば、その利用実績によって、

  • この人は「経済力がある」というのがわかる
  • 「買い物などをして、実在している人」というのもわかる
  • ↑(たとえばヤクザなどが「借りまくって逃亡する」という手口ではない、とわかる)
  • 楽天クレジットカードを発行すれば、これらでの買い物をさらにしてくれる、と期待できる

と、楽天KCの会社側は考えます。こうした理由によって、審査に通りやすくなる…というわけです。

これは銀行カードローンでも消費者金融でも同じですが、要は「その企業の利益になればいい」のです。つまり、

  • 自分が審査に通ることが、
  • その業者・銀行にとって、利益となるか?

を、常に考えていればいいんですね。「利益」というと冷たいイメージを持っている日本人が多いですが、そうではありません。

  • 「利益」という絶対的な尺度があるからこそ、
  • 「個人的な好き嫌い」や「人種差別」などが入り込むことなく、
  • 公平に、あらゆるサービスを提供してもらえる

わけです。実際、人類学者や社会学者の間では、「お金は、人類を平等にした」という説は、定説になっています。だからこそ、ユダヤ人が嫌われながらでも、世界の頂点に(主に金融の分野で)君臨しているわけですからね。

個人的な好き嫌いで左右される世界だったら、ユダヤ人はいつまでもキリスト教徒から石を投げられていたわけです。彼らがそういう立場を卒業できたのは、「利益」という尺度が、人間界で強くなったからです。

と、少し社会学的な話になりましたが、そういうことでキャッシング審査に落ちる落ちないは、基本的に「業者・銀行の利益」の問題であるということを、よく考えましょう。それがわかっていれば、キャッシング審査に落ちることは、まずありません。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP