専業主婦が消費者金融などでキャッシングすると、住宅ローンの審査に影響するか?

専業主婦が消費者金融などでキャッシングすると、住宅ローンの審査に影響するか?

専業主婦が消費者金融・銀行カードローンなどでキャッシングすると、住宅ローンの審査に影響するか―。これは、

  • 借り入れの記録は、銀行も把握している
  • それが善悪どちらに出るかは、返済実績次第
  • 返済の遅延・延滞がない場合、むしろプラスに働く
  • 逆に遅延・延滞がある場合、マイナスに働く
  • また、延滞・滞納がなくても借入金額が多すぎるのはマイナス

…ということです。以下、詳しくまとめます。

住宅ローンの審査でも、他の借り入れは見られる

住宅ローンでもクレジットカードなどの審査でも何でも、他での借り入れの記録というのは、全てチェックされています。こういう借入・返済の記録は個人信用情報機関という組織で管理されていて、その組織ごとに、下のような管轄になっています(当初のもので、今はほとんど共有されているのですが)。

  • JICC…消費者金融系
  • CIC…クレジットカード系
  • KSC…銀行系

…という風です。で、住宅ローンは「銀行」なので、KSCがメイン。その他、消費者金融やクレジットカードなどの借り入れは、主にJICC・CICで管理されている…という風です。

ただ、先に書いた通りこれはCRINというネットワークによって共有されているので、

  • 消費者金融の借り入れでも、JICC以外の組織が把握しているし、
  • 銀行系の借り入れでも、KSC以外の組織に伝わっている

…という風にどこにも筒抜けなんですね。こうしたネットワークによって、「他での借り入れ」の状況は、すべて把握されている、ということです。(住宅ローンの審査でも)

返済の延滞・遅延がなければ、プラスになる

このように借入情報が共有されている、というのは、マイナスとは限りません。というのは、返済の遅延・延滞がなければ、逆にプラスになるからです。まとめると、

  • 金融機関としては、そもそも「返済してくれればOK
  • だから「実際に返済できる人かどうか」が一番重要
  • その点「よそで借りて、遅れずに返済している」という返済実績は、
  • 「返せそう」ではなく「実際に返している」ということで、
  • 年収・職業などの情報より、よほど当てになる

ということです。つまり、人材の採用でいうなら、

  • 「この人は働けそう」ではなく、
  • 「この人は、実際に働いてきた」

ということなのです。後者の方が信用されるのは当然ですよね。ということで、返済の延滞・滞納がなければ、他でのキャッシングはむしろ住宅ローンの審査のプラスになると考えてください。

特に、同じ銀行の場合はメリットが大きい

さらに、その「他での借り入れ」が住宅ローンを申し込もうとしている銀行のカードローンだった場合、二重の意味でプラスになります。

  • 審査に通りやすい…返済実績・利用実績があるので
  • 金利が安くなる…住宅ローンの方ではなく「カードローンの方」が安くなる

ということです。「審査に通りやすくなる」理由は利用実績があるということだけではなく「基本的な審査がすでにすんでいる」という理由もあります。

「まったくゼロから審査する」のに比較して、審査時間も短くて済むし、お互いに楽ということですね。

そして「金利が下がる」という場合、住宅ローンの方が下がる場合もありますが、大体はカードローンの方の金利が、0.5%~1%程度下がるという風になっています。一種の「まとめ買いサービス」のようなものですね。

住宅ローンという数千万円レベルの「まとめ買い」をしてくれたので、その分サービスをする…ということです。

このように専業主婦でもあるいは夫・旦那に内緒でも、「他でキャッシングしている」ということは、住宅ローンの審査にマイナスになるどころか、むしろプラスに働くことの方が多いわけですね。なので、専業主婦の女性が消費者金融などでキャッシングする時で、住宅ローンの融資を控えている時も、この点は安心してください。(もちろん、あくまで遅れずに返済するということが絶対条件ですが)

借入件数・借入総額が大きすぎるとマイナス

もう一つ補足しておくと、「返済の延滞・滞納がない」という条件でも、

  • 借入件数
  • 借入総額

のどちらか(あるいは両方)が多すぎる場合たとえ遅れずに返済していてもマイナスとなります。理由は簡単で、、

  • 確かに、現時点では延滞・滞納していない
  • しかし、「今後する」可能性がある
  • なので、しばらく「様子見」した方がいい

ということです。何しろ住宅ローンの返済というのは最大30年程度の長期に渡りますから、長い返済生活の中で、何が起きるかわからないわけです。そういう中で、

  • 借入件数が多い
  • 借入総額が多い

ということは、いずれも「不安要素」として働くので「これらの条件の人は、たとえ遅れずに返済していても住宅ローンの審査に落ちる場合がある」ということですね。(専業主婦でも夫・旦那の場合でも)

もちろん、これから住宅ローンを組もうという人が、それだけ多くの借り入れを抱えていることは、あまりないとは思いますが、一応念のために書いておきます。

現時点の借入件数が3件あると、審査に通りにくい

借入件数に関しては1つわかりやすい基準があり「3件規制」と呼ばれています。簡単に言うと、

  • 借り入れは「3件まで」
  • 「4件目」からは審査に通らない

というものです。これは基本的に、

  • 消費者金融
  • クレジットカードのキャッシング

など「貸金業法」で管理される種類の借り入れの場合です。住宅ローンなど銀行系の融資はこれに該当しない(銀行法で管理される)ので、この3件規制には、厳密には当てはまりません。

しかし、消費者金融などでこれを採用している以上、住宅ローンの審査でもある程度は影響すると考えられます。消費者金融は適当に「3件まで」という数値を採用したわけではなく、実際に、すでに3件以上借りている人は、その後返済不能になる確率が高い

という統計が、長年の営業の経験からわかっているのです。

ということで、すでに消費者金融やクレジットカードなどで「3件」借りているという人の場合、新規で住宅ローンの審査に通るのも、少々厳しくなるかも知れない、と思ってください。

「3件規制」に特に含まれない借り入れ

上のように書いたものの、下のような「借金」の場合、特に「3件規制」に引っかかることはありません(絶対無いというわけではないですが、引っかかる率は低くなります。

  • クレカのショッピング
  • 特定商品の分割払い
  • 教育ローン
  • 自動車ローン
  • 奨学金

…といったものです。これらはいわゆる普通の人でもする借り入れなので、特に「お金にだらしない」という印象を与えることはないのです。

特に教育ローンや奨学金については子供を大学に入れるだけの経済的な余裕があるということで、一種の信用のバロメーターになります。大学進学率がかなり高くなった今でも、大体「半分くらい」ですからね。

子供が大学に通っているという時点で、単純計算ですが「日本人の世帯平均の半分よりは上」といえるのです。実際、大学生の親というのは、少なくとも平均年収程度は稼いでいます。

…というように、これらの借り入れの場合、上に書いた「3件規制」にカウントされることはあまりありません。多少は影響しますが、

  • クレカのキャッシング枠
  • 消費者金融

などの借り入れほどは、影響しないと考えてください。同じクレジットカードからの借り入れでも「キャッシング枠」と「ショッピング枠」で扱いが違うという点が、特に重要です。

住宅ローンで借りる前に、他は返済した方がいい

ここまで書いた通り、

  • 専業主婦の女性が他でキャッシングしていたとしても、
  • それが必ずしも住宅ローンの審査でマイナスになることはなく、
  • 状況・条件によってはプラスになる、こともある

…といえます。しかし、

  • 「審査に通る」かどうかは関係なく
  • 住宅ローンで借り入れする前に、
  • 「他での借り入れ」は、すべて返済しておいた方がいい

…というのは間違いないでしょう。以下、理由を説明します。

住宅ローンの支払いができず、キャッシングする人が多い

消費者金融とかキャッシングというと、

  • お金がない人
  • 浪費してしまう人

などが利用するというイメージがあるでしょう。平均年収以上稼いでいる、安定した正社員だったら、利用しないというイメージです。

確かにこれは大体あたっているのですが、このような一見、消費者金融やキャッシングなど利用しそうにない人が利用するということは、実はかなりあります。その原因の1つが「住宅ローンの返済に行き詰った」ということなのです。

ボーナス払いの金額を多くすると危険

特に一番多いパターンは、

  • ボーナス払いによる返済額を多くしていた
  • しかし、ボーナスが出なかった(あるいは減額された)
  • そのため、ボーナス返済ができなかった
  • その穴埋めのために消費者金融で借りた

…というものです。「住宅ローンの返済で行き詰った」場合でも、特に多い理由・原因はこれです。

(元アイフルのトップセールスマンだった、笠虎崇氏なども著書で指摘されています)

一度このようにして消費者金融で借りると、大体この人の住宅ローンの返済は、その後苦しくなります。理由は、

  • 1回ボーナスが出なかった(減額された)ということは、
  • その次のボーナスもカット・減額されることが多い
  • 給料がその後上がっていく可能性も低い
  • 最悪の場合、リストラもあり得る

…ということです。今の日本は、かつてのような安定した雇用など基本的にないので、先のことはまったくわからないのです。

そもそも、住宅ローンを25年程度で組んで、一生かけて返済していくというのは、良い面もたくさんあるのですが、基本的に、

  • バブル期のような「ずっと不動産の価値が上がっていく」という前提で、意味があった
  • また「終身雇用・給料の年功序列」が保証されていることも、重要だった

という条件下で「日本人の一般常識になっていった」ということを、忘れてはいけません。今は、この常識が完全に崩れているわけですから「昔のように誰もが住宅ローンを組むのはおかしい」のです。

もちろん「組んでいい」「組むべき」人もたくさんいます。しかし「そうでない人」も以前よりかなり増えた…という事実は、早く日本人全体が気づくべきでしょう。

(この件に限らず、子供が高校・大学を卒業するのが当たり前ということなど、古い常識がたくさんあるのですが)

まとめ「専業主婦キャッシングの、住宅ローンへの影響」

以上、専業主婦がキャッシングすると、住宅ローンの審査にマイナスになるか?というポイントをまとめました。再度整理すると、

  • 返済の遅延・延滞があった時は、マイナスになる
  • 逆に遅れずに返済していた場合は、むしろ審査に通りやすくなる
  • 特に、「同じ銀行」のカードローンで借りていたら、大きなプラス
  • ただ、遅れずに返済していても借入件数・借入総額が多い場合はマイナス
  • 特に「借入件数3件以上」という場合、「3件規制」によって審査落ちしやすくなる

…となります。これから夫・旦那の男性とともに住宅ローンに申し込む可能性がある専業主婦の方は、参考にしていただけたら幸いです。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP