レディースローンは審査が甘い?→難易度は普通のキャッシングと同じ

レディースローンは審査が甘い?→難易度は普通のキャッシングと同じ

「レディースローンは審査が甘い」と言われますが、これは本当かどうかまとめると、下のようになります。

  • プロミス・レイクなどの大手が提供するレディースローンは、通常通りの審査で、甘いことは全然ない
  • しかし、中小業者のレディースローンは一部甘い
  • 今は大分減ったが、昔はそういう中小業者が多かった

以下、詳しく説明します。

審査が甘いレディースローンが一時期流行った理由

2000年代の前半頃、レディースローンが一時的に流行ったことがあります。これはまともな業者が運営するものも多かったのですが、かなりの数反社会勢力が運営するものもありました。

反社会勢力というのは、簡単に言うと「暴力団」などの組織ですが、なぜこのような組織がレディースキャッシングを運営するのか―。その理由は下の通りです。

  • レディースローンと称して、女性の利用者を集める
  • そして、返済能力以上の高額を融資する
  • 彼女たちは、予定通り返済不能になる
  • そうしたら、彼女たちに風俗で働くことを斡旋する
  • こうして、安定的に風俗の人材を確保する

このようになるわけです。

  • このレディースローンは、ヤクザの系列で、そのヤクザの系列で風俗店も経営している
  • その「人材確保のルート」として、レディースローンに目をつけた

このようなことなんですね。系列というのは「直接のグループ」ということもあれば「同盟を組んでいるグループ」のこともあります。何にしろ「つながりがある」ということです。

このようなレディースキャッシングであれば、そもそも、返済不能にするのが目的なのですから、それはどんどん貸し付けます。なので「レディースキャッシングは審査が甘い」という口コミが広がるのも、当然だったわけです。

大手のレディースキャッシングは、普通の審査

これに対して、大手の消費者金融・銀行カードローンが提供するレディースキャッシングは、まったく普通の審査です。審査が甘いこともないですし、審査が厳しいこともありません。

大手の銀行カードローン・消費者金融でレディースキャッシングを提供しているのは―。

  • プロミス
  • アコム
  • アイフル
  • ノーローン
  • 新生銀行カードローン レイク
  • みずほ銀行カードローン

などとなっています。また「系列の会社」も入れていいなら―。

  • 三井住友銀行…三井住友カード
  • オリックス銀行…オリックスクレジット

などが、それぞれ「女性向けクレジットカード」を発行しているし、そのクレジットカードでキャッシング機能も使えるようになっています。

このように、大手の消費者金融・銀行カードローンでも「女性向けローン」があるのですが、これらの審査の難易度は、それぞれの通常のキャッシングとまったく同じであり、審査が緩いことはない、ということを意識してください。

レディースローン(キャッシング)のメリットは何か?

そもそも、レディースローンは普通のキャッシングと比較して何のメリットがあるのか。違いは何か―。ということをまとめると、下のようになります。

  • 審査…変わらない。手順も難易度も
  • 金利…変わらない。オリックスクレジットなどは少し安い
  • 限度額…最高融資枠は小さめ(実際に借りられる金額は普通)

以下、それぞれ詳しく説明します。

女性向けローンの審査は、普通と同じ

審査についてはこれまでも書いてきましたが、「普通のキャッシングとまったく同じ」です。ポイントをまとめると、下のようになります。

  • 審査の流れ
  • 審査にかかる時間
  • 審査通過率
  • 必要書類
  • 年収・職業などの条件

などなど。キャッシング審査に関する全ての要素が、女性向けローンでも、通常のキャッシングでも、まったく同じとなっています。

なので「女性だから、レディースローンで申し込んだ方が審査に通りやすくなって有利」などとは、考えない方がいい、ということです。

(人間は自分を特別扱いしたがるので、こういう「女性限定」などの言葉を聞くと「自分は特別扱いしてもらえる」と勘違いしてしまうのですが、そのような特別待遇はない、ということです)

レディースキャッシングの金利は、別に安くない

また「女性専用ローン」というと、いかにも「金利が安い」という感じがするでしょう。しかし、実際には普通のキャッシングの金利と、まったく変わらないのです。たとえば、例を出すと下の通りです。

  • 消費者金融の女性向けローン…年率18%(実質年率)
  • 銀行の女性向けローン…年率14%程度

これらはどちらも通常の金利です。

ただ、例外としてオリックスクレジットの「VIP Lyra CARD」の場合、少し金利が安くなっています。

  • VIPローンカード(普通の方)…17.8%(実質年率)
  • VIP Lyra CARD(女性向け)…17.6%(実質年率)

つまり「0.2%だけ」だけど、一応低金利ということですね。

0.2%低金利というのは、どういうことか

実質年率が「0.2%低い」というのは、実際の利子総額で言うと、下のようになります。

  • 「100万円」を「1年」借りて「2000円」の差
  • 「10万円」を「1年」借りて「200円」の差
  • 「50万円」を「1年」借りて「1000円」の差

女性がキャッシングする場合一つの業者・銀行で、50万円以上借りることはないので、最大でも「1年借りっぱなしで、1000円の利息差しかない、ということ。つまり「ほとんど変わらない」わけですね。

なので、VIP Lyra CARDでも、特別金利が低いわけではないのですが、それでも一応「女性向けローンで、普通のキャッシングより低金利な借り入れがある」ということです。

このような「一部の例外」はありますが、基本的に「女性向けローンだからといって、金利が安くなることはない」というのは、意識しておいてください。

(余談ですが「学生専用ローン」も安くなりません。名前だけです)

最高極度額はやや少ない(実際の借入金額は同じ)

唯一違うのは「最高極度額」です。つまり最大500万円まで借入可能などの金額ですが、これは「女性向けローンは、やや小さめ」になっていることが多いです。たとえば、例を出すと下の通りです。

  • 通常のキャッシング…500万円
  • レディースローン…200万円

このような風ですね。この点はレディースローンと、普通のキャッシングの違いといえます。(利用者にとっては、マイナス面の違いかも知れませんが)

しかし、一番重要な実際に借りられる金額はまったく同じなので、これもやはり意識する必要はありません。

女性がキャッシングする場合、専業主婦であっても、自分の収入があるOLさんなどであっても、大体10万円~50万円が、最初の融資枠になります。よほど年収が高い、職業が安定しているなどの条件の場合「最初から50万円以上」ということもありますが、基本的にはめったにありません。

というように、レディースローンにしても普通のキャッシングにしても「実際に借りられる金額は、結局同じ」ということ。なので、この点でも「違いはない」と言えるんですね。

レディースローンの方が「申し込みやすい」の意味

ここまで書いた通り「審査・金利・融資枠」のどれも「レディースローンと普通のキャッシングは同じ」なのですが、それでも「申し込みやすい」というのが、本当の部分もあります。箇条書きすると下のようになります。

  • オペレーターさんが「必ず女性」である
  • サイトのデザインが女性向けで、緊張しなくて済む
  • 申込みフォームが、通常よりやや使いやすい
  • 「女性が歓迎されている」という時点で、これも抵抗が少ない

オペレーターさんが全員女性というのは、レディースキャッシングでなくても、ほとんどの消費者金融・銀行カードローンは大体そうなっているのですが、稀に人員が少ない時など、男性が電話する場合もあります。

しかし、レディースキャッシングだと、督促でも審査でも、そのように男性が電話にでるということはないわけです。この点でも「特に電話で男性と話すのは緊張する」という女性に、レディースキャッシングはおすすめといえます。

サイトのデザインが女性向けで、心理的抵抗がない

これは「全然大したことないメリット」と、男性なら思うかも知れません。しかし、これは女性にとっては大きいこと

です。

たとえば「真逆」を考えてみてください。

  • 「格闘技のサイトのようなデザイン」で、「女性向けローン」を提供している

このようなケースです。どう考えても「申し込みたくない」と思うでしょう。仮にじっくり読んだら、他の消費者金融・銀行カードローンより低金利だったとしても、そこで借りたいという女性はいないはずです。

(そもそも、じっくり読みたくないでしょうし)

という風に「真逆の場合でそうなる」なら「女性向けデザインだと、心理的に申し込みやすくなる」というのは、納得できるでしょう。

申込みフォームが、通常より使いやすい

レディースローンでも、大手の消費者金融・銀行カードローンの場合は普通のキャッシング同様、ネット申込みが主流です。そして、このネット申込みのフォームが、女性向けローンは、通常のキャッシングよりも、女性が使いやすい構造になっています。理由は下の通りです。

  • 「性別」を選択する必要がない
  • 「専業主婦」など、女性特有の職業が上位に来ている
  • ↑(いちいち探す手間が省ける)

もちろんこれは「ほんの少し」の差です。秒数にしたら、せいぜい10秒程度かも知れません。しかし、とりあえず普通のキャッシングより申し込みの作業が簡単になり、ストレスがたまらないというのは確かです。

「女性が歓迎されている」ことで、申し込みやすい

人間誰でも、特に初めてキャッシングする時には「かなりの心理的抵抗」があるものです。「お金を借りることは恥ずかしい」というのは、古今東西、どこに国でも感じてきたことです。

なので、どれだけ大手で信用できる消費者金融・銀行カードローンであっても、審査申込みをする時は、やはり「心理的抵抗」があり「そのせいでストレスが溜まる」もの。しかし、女性向けローンであれば―。

  • 「女性限定」ということで「女性である自分」が歓迎されている
  • 中身が普通のキャッシングと同じでも、普通のキャッシングにはない「歓迎」がプラスされている

こういうことで、精神的に申し込みやすくなるのです。「精神的」というと、物理的な意味がないということで軽視する人がいるかも知れませんが、ストレスは、体に物理的な影響を及ぼすということで、「精神的なメリット」は意外と大事なのです。

こういう点でも、レディースローンは「女性が申し込みやすい」というのは、確かです。

まとめ「レディースキャッシングは審査がゆるい?」

以上、レディースキャッシングは審査が甘いというのは、本当かという検証&解説をしていきました。最後に要点をまとめると、下のようになります。

  • 大手のレディースキャッシングなら、審査が甘くはない
  • 普通のキャッシングの審査とまったく同じ
  • 金利や融資枠などの条件も、全部同じ
  • ↑(最高借入限度額だけ、多少小さくなる程度)

こういうのが基本的な内容。

  • レディースローンが登場した頃は、確かに「審査が甘い」業者が多かった
  • 理由は、ヤクザが運営している
  • 女性をわざと「借金地獄」に落とし、風俗店で働かせる目的だった

もちろん、すべての中小業者のレディースローンがそうだったわけではないですが、そういう業者もあったということです。

「レディースキャッシングは審査が甘い」という口コミ・評判は、この時代に定着したものなんですね。現代でもそういうレディースローンは確かにありますが、知名度のある中堅の消費者金融や、大手の銀行カードローンで断れた自分に、融資してくれるのはおかしいと、まず疑ってかかるようにしてください(そうした中小業者の女性向けローンに対しては)。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP