専業主婦のキャッシングで、借入枠を増額することはできる?

専業主婦のキャッシングで、借入枠を増額することはできる?

専業主婦のキャッシングでも、借入枠を増額することはできるか―。これはできます。最初にポイントをまとめると、下のようになります。

  • 最初の限度額は「30~50万円」が多い
  • 夫・旦那の収入は関係ない
  • その後も、基本的には増えない

「増えない」と書きましたが、下のような条件だったら増えます。

  • 夫・旦那の職業・年収が「一流」である
  • 専業主婦本人のクレジットヒストリーも良好
  • 最初の30万円や50万円の借り入れで、遅延がなかった
  • 長期間、その業者・銀行を利用し続けた

このような条件です。「どれか1つ」とか「全部」ではなく、1つだったり複数だったり、その専業主婦の女性しだいです。以下、詳しくまとめていきます。

夫・旦那の職業・年収が好条件妥当審査で有利

専業主婦キャッシングの借入枠では夫・旦那の収入は関係ないというのが基本です。しかし、これは、下の通りです。

  • 「30~50万円」という「普通の家庭で必ず返済できる」金額だから
  • それ以上の融資枠に増額するなら、当然夫・旦那の収入が関係してくる

たとえば総量規制の年収の3分の1までキャッシングできるというルールで計算すると、借入限度額の金額ごとに、必要年収は下のようになります。

  • 80万円…年収240万円
  • 100万円…年収300万円
  • 120万円…年収360万円
  • 150万円…年収450万円

もちろんこれより上の融資枠もありますが、専業主婦で150万円以上キャッシングするのは、その発想自体が危険なので、ここまでで十分でしょう。

夫・旦那の年収が450万円ある…という家庭は日本だったらそこそこあるのではないかと思われます。今の若い世代だと、これも少々厳しくなっていますが、ある程度年配の男性だったら、このくらい稼いでいる人はそこそこいます。

ということで、単純計算すれば専業主婦の借り入れでも、融資枠を150万円まで増額することは「不可能ではない」といえます。

あくまで「全ての条件が絶好」だった場合

一応、上には「このような可能性もある」ということを書きましたが、これはすべての条件が最高だった場合のケースです。すべての条件というのは、下のように言えるからです。

  • 自分のクレジットヒストリー(これまでの借入・返済の履歴)
  • 夫・旦那の年収・職業(一流企業で、勤続年数も長いなど)
  • 最初の融資から、一度も延滞・滞納していない
  • 何年間も継続して、その業者・銀行を利用している

こういう条件です。ちなみに「継続して利用している」というのは、ただ「契約を残している」という意味ではありません。

  • その期間、実際にいくらか借り入れをして、利息をつけて、返済する生活を続けていた

この方が「安定して、利益を業者・銀行に供給し続けたということだから、信用してもらえる、ということですね。

「契約を残していただけ」だと、ヤクザが下のような手口を使うこともありうるわけです。

  • たくさんの業者・銀行で、契約だけしておく
  • その状態で、数年間放置しておく
  • 契約期間が長く信用されたところで、一気にたくさん借りる
  • そのまま自己破産して、返済せずに逃げる

このようなやり方です。「ヤクザが自己破産?」と思うかも知れませんが、これはヤクザの中の下っ端や、彼らの被害者が演じる役割です。

というような手口も(めったにありませんが)たまにあるので、「ただ契約している」だけでは信用されないのです。あくまで「長期にわたって、利益をもたらしてくれた人」だけが信用してもらえるということですね。

これは専業主婦のキャッシングだけでなく、実生活でもビジネスでも、何でも同じです。

当初の借り入れでは、夫・旦那の収入は審査に関係ない

上でも少し書きましたが、一番最初のキャッシングでは、夫・旦那の収入は関係ないというルールになっています。

これは、この「美人キャッシング」ではたびたび書いていることですが、あらためて説明します。

  • 女性が専業主婦をしているという時点で、日本人の平均的な世帯年収が、その家族にはある
  • 日本人の世帯の平均年収は「約420万円」である
  • ↑(統計によって多少違うが、大体)
  • 「年収の3分の1までOK」という総量規制の計算でいけば、専業主婦にも「140万円」まで融資していいことになる

これが、第一段階で―。

  • 理論的には「140万円までOK」というのを踏まえた上で、銀行カードローンは「30万円・50万円」だけ融資する
  • これは本来年収90万円・150万円のレベルなので、どんな家庭でも返済できるに決まっている
  • なので、夫・旦那の年収を調べるまでもない
  • 逆に言うと、最初はこの金額以上は借りられない

なので「最初の借り入れでは、夫・旦那の収入は関係ない」んですね。

そもそも「50万円以上」は借りない方がいい

上のように書くと50万円以上借りられないので、銀行カードローンは不便というように感じる人もいるかも知れません。しかし、当然それは違います。基本的に、専業主婦でも会社員・OLでも、50万円以上のキャッシングはしないほうがいいのです。理由は下の通りです。

  • 50万円の1ヶ月の利息は―。

  • 低金利な銀行カードローンでも「6000円」である
  • 「毎月1万円」支払っても、6000円は利息でとられる
  • 「元金が減る分」は、わずか4000円である
  • このペースでは、1年経っても「45万円」以上残っている
  • つまり1年経っても、元金は全然減っていない

ちなみに、二年目もほとんど減りません。3年目からようやく減り始め、7年くらいで完済できるかどうか…というところです。

現時点でお金がないなら、未来もお金がない

上の説明を読んで―。

  • 「月々1万円しか払わない」からだろ?
  • 「もっとたくさん返済」すればいいじゃん

と思う人も多いでしょう。もちろん、理論的にはそうです。しかし、下のようにも言えます。

  • 現時点で「収支がマイナス」だから、お金を借りている
  • なのに、借りた後は「毎月1万円」多く払うことになる
  • 今でさえ「1万円もない」のに、何で「未来ならある」といえるのか

今お金がないなら、未来は「よほど努力しない限り」お金は増えないのです。なので、「月々1万円」の支払いでも、実は結構大変なんですね。

このため、クレジットカードでも消費者金融でも、50万円レベルで借り入れしている人は「想像以上に借金がなくならない」という現実に「数年後」に気づきます。実際、上に書いたような計算を日常生活でしたことがある人は、ほとんどいないでしょう。

(実は、私もこのようなキャッシングの情報を発信する仕事をするようになって、初めて計算してびっくりしました)

というような理由から自分の収入があろうとなかろうと「50万円以上借り入れするのは危険」なのです。ちなみに、上の金利は「銀行カードローン」の計算なので、「消費者金融」や「クレカのキャッシング」だと、もっと大変になります。(月々の利息が「7500円」になるので)

これでもまだ「50万円以上借りたい」というなら借りても大丈夫ですが「返済は相当大変になる」ということを覚悟してください。

専業主婦がキャッシングの融資枠を増やす方法・やり方

返済額が増えても全然OKという前提で進めると、専業主婦のキャッシングで、借入枠を増やすには、どうすればいいのか。これは、フリーター・アルバイトなどの人の借り入れの時と同じです。

  • 自分で申請する
  • 大手の場合「会員ページ」で数字をいじる
  • 「増額の打診」が来るのを待つ

このような3通りがあります。一つ目と二つ目の違いは―。

  • 自分で申請…電話など
  • 会員ページ…問題なくOKな金額だったら、WEBの操作だけで変更できる

このようなもの。もちろん実際に増額されるなら、後者の方が断然便利(だし気楽)です。ただ、これは「相当信用度が高い人」の場合であって、基本的にこれでOKになることは少ないです。

なので、増額をするとしたら―。

  • 自分で電話連絡をして、打診する
  • 業者・銀行から電話が来るのを待つ

のどちらかと考えてください。

半年間、延滞・滞納しなければ打診が来る

あくまでケースバイケースですが、最短だと、半年間遅延・延滞がなければ、業者・銀行から連絡が来るということが多いです。なぜ「半年」かというと、下の通りです。

  • どの消費者金融・銀行カードローンでも、半年ごとに「見直し審査」をしている(ことが多い)
  • その時に「この人は増やしても大丈夫」と判断したら
  • 増額の電話をする

もちろん、見直し審査の結果、減額されるということ、めったにありませんが、たまにあります。一応、この条件も書いておきましょう。(専業主婦の場合は、あまりありませんが)

見直し審査で減枠・減額されるケース

簡単に箇条書きすると下のようになります。

  • 返済の滞納・延滞が多かった
  • 督促電話などに応じる態度が悪質だった
  • 転職して、年収が下がった
  • あるいは、無職になった

専業主婦の場合は「夫・旦那が無職になった」などですが、基本的にはそこまで審査されません。ということで、専業主婦がキャッシング枠を減額されることがあったら―。

  • 延滞・遅延が多かった
  • 利用態度が悪質だった

などの原因・理由だと思ってください。

まとめ「専業主婦キャッシングの増額」

以上、専業主婦のキャッシングでも、融資枠を増やすことはできるかというテーマをまとめました。最後に再度、要点を整理すると、下のようになります。

  • 基本的にできない
  • ありとあらゆる条件が「全て良かった」場合、ありうる

こういうのが簡単な結論。で「あらゆる条件」というのは、下のように言えるからです。

  • 夫・旦那の職業が一流
  • 夫・旦那の年収が高い
  • 本人が、返済に遅延・延滞していない
  • 利用態度もまじめだった
  • 最初の借り入れから、かなり長い期間利用している

…などです。要は「客観的に見て、専業主婦だけど、もっと融資していい」と感じるレベルであれば、OKということです。

ただ、同時に

  • 専業主婦でも、最初から30万円~50万円は借りられる
  • これ以上の借り入れは、しない方がいい
  • 50万円の月々の利息は―。

  • 消費者金融で7500円、銀行カードローンで6000円
  • 毎月1万円払っても、元金はほとんど減らない
  • 会社員・OLでも、50万円は借りない方がいい
  • だから、専業主婦の融資枠も、増額しない方がいい

もちろん「返済が大変になってもいい」というなら話は別ですが、そうでないなら「無理に増額を目指さないほうがいい」ということです。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP