パートの主婦がキャッシングするためには、収入はいくらあればいいのか

パートの主婦がキャッシングするためには、収入はいくらあればいいのか

パートの自分の収入がある女性がキャッシングするためには、収入はいくらあればいいのか。これは、下の通りです。

  • 最低ギリギリで、月収5万円
  • できれば月収7万円~10万円
  • 10万円あれば、大体のキャッシング審査は通る
  • 7万円だと、微妙

こういうところです。以下、詳しくまとめていきます。

その他の条件が良ければ、パートの自分の収入がある女性でも月収5万円で融資可能?

まず、最初に書いた「月収5万円」という条件ですが、これは本当にギリギリの金額です。これ以下だったら、他の条件がどれだけ良くても、キャッシング審査に通ることはないというレベルです。

そして、その最低限の月収5万円をクリアしたら、その他の条件は何が必要か。これは、下のようなものになります。

キャッシング審査に通る、その他の条件

ざっと箇条書きすると、下のようになります。

  • これまでの借入・返済の履歴が良い
  • パートの勤続年数が長い
  • パートの勤務先が安定している(官公庁など)
  • パートの職種が、「換えが効きにくい」ものである
  • ↑(法律事務所の事務職員など、高度なもの)
  • 借入希望金額が小さい

これらの条件が良ければ良いほど、5万円程度の月収でも、パートの自分の収入がある女性がキャッシング審査に通る確率は高くなります。

「借入・返済の履歴が良好」というのは?

これは簡単に言うとたくさん借りて、たくさん返済しているということ。つまり「活発にキャッシングを利用している」ということですね。

これが銀行カードローン・消費者金融にとってありがたいことは言うまでもありません。たくさん利息を払ってくれるし、「業務を安定的に稼働させてくれる」わけですから。

(たとえば新人教育などのためにも、「お客さんがたくさん来てくれる」というのは、どの会社・商店でも良いことなのです)

なので、こういう「活発な借入・返済の履歴」がある人は、信用されるんですね。もちろん一度も、あるいはほとんど返済の遅延・延滞がないという条件も重要です。これはパートの自分の収入がある女性だけでなく、どの職業・属性の人がお金を借りる場合でも、最重要な借入・返済の履歴のポイントです。

パートの勤続年数が長ければ、審査に通りやすい

勤続年数が長いとキャッシング審査で有利になる、というのは、これもパートの自分の収入がある女性に限らず、どの職業・属性の人でも共通しています。勤続年数が長いほうが有利な理由は下の通りです。

  • 同じ職場に長年勤める人は、大抵真面目な人である
  • 当然、キャッシングの返済もまじめにしてくれる

これが、1つ目の理由。2つ目の理由は下の通りです。

  • 勤続年数が長い人は、職場にとても「重要人物」になっている
  • つまり、クビになるリスクが低い
  • また、本人も「気軽に辞める」可能性は低い

これも一般的な感覚で、何となくわかるでしょう。

実際、一つの職場に勤務し続けた方が、お給料も上がりやすく、返済で有利になるものです。もちろん、キャッシングの返済だけでなく、自分がこれからお金を稼いでいく上でも「一つの職場で踏ん張る」ということは、有利に働くことが多いのです。

もちろん、最近はアルバイト・パートでも「ブラックバイト」と言われる現象があるので、パートの自分の収入がある女性の方でも、どんな職場でも、勤務し続けた方がいいとは言えません。しかし、そういうブラックバイトな職場でない限りは、基本的に勤務し続けた方がメリットがある、と考えていいでしょう。

借入希望金額が小さい時は、審査に通りやすい

当然のことですが「融資希望金額が小さい」という人の場合、パートの自分の収入がある女性だろうと、会社員・OL・公務員だろうと、誰でも審査に通りやすくなります。

  • 業者・銀行にとって、リスクが小さい
  • 貸金業法第13条の2第2項の規定のルールに合わせても、少額融資だったら、その人の「年収の3分の1」でおさまることが多い

このようになるわけです。

  • 法的なルールから見ても、経営のリスクから見ても、どちらでも「問題ない」

また、融資希望金額を少額で申し込む人は、大抵まじめであるという傾向もあります。「本当にまじめな性格」かどうかはおいておき、最初の融資希望金額を少額で出す人は、その後、貸し倒れになるリスクが小さいという統計は、確実にあります。これを見ても「少額で希望する」ことが、以下に重要かわかるでしょう。

パート収入があれば、消費者金融でも借りられる?

パート収入がある自分の収入がある女性の人であれば、専業主婦と違って、大手の消費者金融でもキャッシングすることができます。大手の消費者金融というのは、アコム・プロミス・アイフル・SMBCモビットなど、誰もがよく知っている消費者金融のブランドです。

これらの大手の消費者金融は「収入のない既婚者の女性」に対してはまったく融資していないのですが「パートの自分の収入がある女性」に対しては、問題なく融資しているんですね。

これらの大手の消費者金融は「銀行カードローンにはないメリット」を多く持っていますが、それらのメリットを一覧にします。

大手の消費者金融でキャッシングするメリット

大手の消費者金融でお金を借りるメリットは、下のようなものです(銀行カードローンと比較した場合です、主に)。

  • 審査にかかる時間が短い(最短30分)
  • 審査通過率が高い(銀行カードローンの2倍ほど)
  • 最短即日審査の受付時間が長い(21時~22時まで)
  • 土曜日・日曜日・祝日でも最短即日審査している
  • ↑(プロミス・SMBCモビットなら、元旦しか休まない)
  • 指定の銀行口座を持っている必要がない

これがメリットです。総合的に最短即日キャッシングが非常にしやすいわけです。ということで、収入のない既婚者の女性では享受できないこれらのメリットを、パートの自分の収入がある女性だったら、享受できる…ということですね。

なので、パート収入が一定以上ある人は、申し込みやすさを重視するなら、大手の消費者金融で申し込むことをおすすめします。

消費者金融でお金を借りると、信用情報にキズがつく?

日本人は消費者金融に対して悪いイメージを持っているので、消費者金融で借り入れしただけで、信用情報に傷がつくと考えている人も少なからずいるようです。しかし、これは完全に間違いです。(気持ちはわかりますが)

どのように違うのか(借り入れしても問題ないのか)ポイントをまとめると、下のようになります。

  • そもそも「借りた」時点では善悪どちらでもなく、その「返済」をしっかりできるかがポイント
  • 遅れずに返済する…クレジットスコアが高くなる
  • 延滞・滞納する…クレジットスコアが下がる

つまり、消費者金融でも銀行カードローンでもどこかでお金を借りるということ自体が、もう諸刃の剣なんですね。それが良い方に出るか悪い方に出るかはその人の返済実績次第…ということです。

最初に、業者・銀行の側で「この金額なら無理せず返済できるだろう」と見込んだ金額を融資してくれますし、自分でもこの金額だったら大丈夫という金額を借りているはずです。

なので「普通にしていれば、返済できる」はずなんですね。それで返済できなかったというのは、基本的に―。

  • 誘惑にまけて、余計な買い物をしてしまった
  • もっと働くべきだったのに、働かなかった
  • 不要な人間関係まで重視し、余計な出費をした

こうした「自分の問題」なのです。(もちろん、これはパートの自分の収入がある女性の女性に限った話ではなく、サラリーマン・OL・公務員・アルバイトなど全ての方に言える話です)

事故や病気など不測の事態も確かにありますが、「それがあっても問題ない人」も世の中にはたくさんいるわけです。

そういうことが「あっても大丈夫な生活」をしておくのがやはり理想であり、仕方がない場面も確かにたくさんありますが、あくまで、「何が起きても大丈夫な生活を目指す」という気持ちだけは捨てないようにしてください。

(つまり、安易に「想定外」とか「やむを得ない事情で…」などという言い訳に、慣れないことです)

このように、少し延滞・滞納についての話が多くなりましたが、要はこのように遅延・延滞しない限りは「消費者金融で借りて、信用情報がマイナスになる」ということはありません。むしろ遅れずに返済していればプラスになるわけなので、この点は安心してください。

まとめ「パートの自分の収入がある女性は、月収いくらでカードローンで借入可能?」

以上、パートをしている自分の収入がある女性の女性は、月収がいくら以上あればキャッシングできるのか―、というポイントをまとめました。もう一度要点を整理すると、下のようになります。

  • 最低ギリギリの月収は「5万円」
  • つまり、年収に換算すると「60万円」
  • 月収が7万円以上あると安心
  • 10万円だと、大体の借入審査は通ることが多い
  • 限度額は10万円か多くても30万円程度から始まることが多い

パートをしている自分の収入がある女性の女性は、参考にしてみてください。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP