パートの主婦のキャッシング・まとめ ~月収はいくら必要?消費者金融や銀行でも借入可能?~

パートの主婦のキャッシング・まとめ ~月収はいくら必要?消費者金融や銀行でも借入可能?~

パートをしている主婦の方々で、下のような疑問を持っている方々は多いでしょう。

  • パートの主婦でもキャッシングできるのか?
  • 年収・月収はいくらあればいいのか?
  • 消費者金融では借りられるのか?
  • 銀行カードローンでは借り入れできるのか?

…というような疑問ですね。この記事では、これらの疑問についてまとめて答えていきます。ちなみに、最初に結論を書くと、

  • パートの主婦でもキャッシングできる
  • 月収は最低8万円程度から(ケースバイケース)
  • 消費者金融は、自分の収入があれば借入可能
  • 銀行カードローンは、無収入の専業主婦でも融資可能

…という風です。以下、詳しくまとめていきます。

パート収入が借り入れをするには、収入はいくら必要?

パート収入が消費者金融・銀行カードローンなどでキャッシングをする時には、月収や年収はいくらあればいいのか―。まず消費者金融の方だけ書くと、

  • 基本的に月収8万円程度は最低限必要
  • その他の勤続年数などの条件が非常にいい主婦に限って、
  • 月収5万円でもギリギリのギリギリでOKかも知れない

ということが指摘できます。月収5万円の場合は、本当にギリギリのギリギリなので、この点は注意してください。基本的には「8万円がギリギリ」と思った方がいいでしょう。そして、

  • できれば月収10万円欲しい
  • 月収10万円あったら、大手の消費者金融だったら割と借りやすくなる

ということがいえます。もちろん、月収10万円を超えて、12万円・15万円…という風に増えていくと、他の部分(職業・属性や勤続年数など)でよほど問題がない限りは、大体消費者金融の審査はパートの主婦でも通る…といえます。

なぜ月収5万円がギリギリなのか?

これはあくまで私の推測ですが、2つの理由から推測できます(繰り返しますが、月収5万円はギリギリのギリギリです)。

  • 最低限月収5万円は稼いでいないと「働いている」とはいえない
  • 総量規制の計算からすると、月収5万円だったら「10万円」くらいは融資できる

ということです。それぞれ詳しく説明します。

月収5万円以下だと、いつやめるかわからない

これは、一般生活の感覚でも理解できると思いますが、

  • 月収5万円も稼いでいないパート・アルバイトということは、
  • ほとんどシフトに入っていない
  • となると、いつやめるかわからない

というリスクがあるわけです。消費者金融・銀行カードローンの側としては。融資する側にとっては、仕事をやめられるというのが一番ハイリスクなことなので、そうした危険のある申込者は、基本的に回避したいわけですね。

で、月収5万円未満しか稼いでいないというパートの主婦は、

  • いつ自分からやめるかわからないし、
  • 自分からやめなくても、クビになるかもしれない

というリスクがあるわけです。これに対して、たくさんシフトに入って稼いでいるパートの主婦の女性だと、

  • 雇うお店や会社の側にとっても、
  • その女性が重要人物になっているので、
  • そう簡単にクビにはしないし、できない

と言う理由が一つ。このように「仕事を突然やめたり、やめさせられたりするリスクが少ない…というのがまず1つ目の理由なんですね。

逆に、月収5万円でもギリギリのギリギリで借りられる理由とは?

あくまで少数派であり、やや例外的なのですが、月収5万円のパートの主婦でも借りられる理由としては「総量規制による計算」があげられます。箇条書きしていくと、

  • 月収5万円あれば、年収60万円である
  • 総量規制というのは、年収の3分の1までキャッシングできる、というルールなので、
  • 年収60万円の3分の1だから、
  • 単純計算で20万円まではキャッシングできる…ということになる

というわけです。でパートの主婦ということで、やや信用度を低めに見積もるにしても、

  • 理論値・推定値として「20万円」までキャッシングできるなら、
  • 信用度を落として「その半分」と」としても、
  • まだ「10万円」は借り入れできる…ということになる

わけです。なので、キャッシングというのは、消費者金融でも銀行カードローンでも「最低10万円からキャッシングできる」というシステムになっているので、これだったらギリギリ最低限の融資枠くらいはもらえるということなんですね。あくまで推測ですが、こうした理由から「ギリギリのギリギリの金額は、月収5万円」という推定が成り立つわけです。

月収8万円だと借りやすくなる理由は?

借りやすくなるといっても、あくまで「月収5万円と比較したら」という意味ですが、この理由も同様に総量規制の計算から算出することができ、

  • 月収8万円なので、年収で計算すると96万円である
  • 96万円の3分の1は32万円である
  • なので、これで最低限の10万円だったら、さらに借りやすくなる

ということです。もちろん、借りやすくなると言っても決して、審査が甘くなる…というような意味ではないので、その点は勘違いしないで下さい。

何にせよ、こうした計算から、

  • パートの主婦だろうと、
  • 男性のアルバイト・フリーターだろうと、
  • あるいは学生であろうと、
  • 月収8万円以上あれば、
  • キャッシング審査に最低限通る確率は、かなり高くなる

ということなんですね。なので、パートの主婦の方々でも、月収8万円あると、銀行カードローンでも消費者金融でも借り入れできる確率が高まる…ということです。


以上、パートの主婦の方々が銀行カードローンや消費者金融でキャッシングするために必要な月収についてまとめてきました。さらに詳しい内容は下の記事でもまとめていますので、よろしければ参考にしていただけたら幸いです。

パートの主婦がキャッシングするためには、収入はいくらあればいいのか

パートの主婦でも、銀行カードローンで借り入れはできる?

パートの主婦の女性であれば、銀行カードローンやしんきんカードローンなどでキャッシングすることは問題なく可能です。

  • パートの主婦でも、アルバイトの男性でも、
  • 要は自分の収入があればキャッシングできる
  • …というのが基本なので、銀行カードローンでも、
  • 信金キャッシングやろうきんカードローンなどでも大丈夫

ということです。以下、実際に多くの銀行カードローンや信金キャッシングで「パートの主婦でも融資可能」と書かれている様子を、紹介していきます。URLとセットで、地方銀行のカードローンや信金キャッシングの商品名・審査基準を書いていきます。

常陽銀行カードローン「キャッシュピット」

  • 常陽銀行カードローン
  • キャッシュピット
  • お勤めの方、専業主婦、パート、アルバイト、年金受給者の方、様々な方にご利用いただけます。
  • http://www.cashpit.jp

茨城県の地方銀行である、常陽銀行のカードローン。特徴的なのは、

  • 普通、銀行カードローンは「銀行のドメイン=URL」の中にページがあるが、
  • キャッシュピットは「独自のドメインを取得し」運営されている

ということ。つまり、カンタンに言うと、気合が入っているということです。

実際、ドメインだけではなくアピールの仕方もかなり大胆で、オリジナルのヒーロー戦隊まで作っています。一瞬「○○レンジャーのどれかと契約したのか?」と思うくらい、デザインのレベルも普通に高く、本物っぽいです(笑)。

「時空戦士イバライガー」というキャラクターで、常陽銀行全体で使われているようですが、これをカードローンの公式ページのトップに大きく持ってくる…という当たりが、常陽銀行の面白さですね。

ちなみに、最近は地方銀行だけでなく、官公庁の作るウェブサイトでも、垢ぬけて面白いものが多いです。

  • 【厚生労働省】2035年保険医療のビジョン提言サイト
  • http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/hokabunya/shakaihoshou/hokeniryou2035/future/
  • 【環境省】Fun to Shareサイト
  • http://funtoshare.env.go.jp/coolchoice/index.html

などですね。とあるウェブ制作会社さんのサイトで、こうした「ユニークな行政サイト」が一覧で紹介されていました。興味がある人はチェックしてみて下さい。

  • 今どきの行政WEBサイトって結構垢抜けている?
  • https://www.imd-net.com/column/15175/

京都中央信用金庫「スピードスター300」

  • 京都中央信用金庫
  • 中信 スピードスター300
  • 主婦やパート・アルバイトの方もお申込みいただけるお使いみち自由のローンです。
  • http://www.chushin.co.jp/kariru/speedstar300.html

いかにもスピードキャッシング・即日融資ができそうな名前です(笑)。300というのは最高借入限度額が300万円だからですね。たとえば70才以上でもキャッシングできることで有名な、プランネルの「フリーローン100」もそうですが、「最高融資枠を、そのまま数字としてカードローン名に入れている」というパターンは多いです。これだとわかりやすいですしね。

たとえば企業とか歯科医院の名前なども、

  • 東京カラー印刷、とか
  • 新宿区役所前カプセルホテル

というように「どこで何をしているのか、ハッキリわかる名前」というものは、昔から人気です。たとえば「ヨドバシカメラ」だって、淀橋のカメラ店から始まったわけですからね。

と、少々話が逸れましたが、この京都中央信用金庫の「スピードスタ―300」も、

  • スピード融資が可能であること
  • 300万円までキャッシングできること

という2つの情報をネーミングだけで伝えているという点が、秀逸だといえます。

そして、このスピードスター300も、上に書いた通り「パート・アルバイト・主婦の方でもOK」となっています。この「主婦」というのが、

  • 無収入の専業主婦のことなのか、
  • パートの主婦のことなのか

これだけではわかりませんが、この辺はケースバイケースで審査しているのかも知れません。

余談ですが、「中信スピードスター300」という名前でもわかる通り、

  • 京都中央信用金庫の略称は「中信」だが、
  • 同じ「中信」という略称で呼ばれている信用金庫は、
  • 奈良中央信用金庫・島根中央信用金庫など、たくさんある
  • ↑(全国各地に「中央信用金庫」がある)

ということで、この点は、知らない人が見ると「うちの近くの中信か」と、地元の信用金庫を想像してしまうかも知れません。しかし中央信用金庫は全国各地にある…ということで、この点は注意してください。

北陸銀行「カードローン・クイックマン」

  • 北陸銀行
  • カードローン・クイックマン
  • パート・アルバイト・主婦の方もOK
  • http://www.hokugin.co.jp/cs/loan/card/quickman/index.html

北陸銀行のサイトは、

  • フラットデザインで、
  • レスポンシブなので、
  • スマートフォンやタブレットでも見やすい

という点で、個人的には好きなデザインです。…と、ウェブの話になってしまいましたが(笑)。

で、このクイックマンですが、

  • 北陸銀行の口座がなくても即日借入可能
  • 最大で300万円までキャッシングできる

ということで「クイックマン」の名前の通り、即日キャッシングが割としやすい地方銀行のカードローンとなっています。ちなみに、

  • 保証会社はアコムなので、
  • アコムで過去に返済で延滞・滞納した人などは、
  • 少々審査で不利になるかもしれない

という点が指摘できます。逆に、

  • 過去にアコムでキャッシングをしていて、
  • そこで遅延・延滞なく完済したという人であれば、
  • その借入実績によって審査に通りやすくなる

ということが推測できます。なので、アコムでそのような良質なクレジットヒストリーを残している方であれば、審査でも比較的有利になる…と言えるでしょう。

で、この北陸銀行のカードローン・クイックマンも、やはり「主婦・アルバイト・パートでもOK」となっているので、「主婦でも借りられる、地方銀行のカードローン」といえます。

徳島信用金庫「とくしんきゃっするカードローン」

  • 徳島信用金庫
  • とくしんきゃっするカードローン
  • 専業主婦、パート・アルバイトの方もOK
  • http://www.shinkin.co.jp/tokusima/release/casstle_card.html

これは「パートの主婦」というだけではなく「専業主婦」というのも明記されているので、特に専業主婦の方がしんきんカードローンでお金を借りたい…という時には、いいチョイスとなるでしょう。

「とくしんきゃっするカードローン」の保証会社は信金ギャランティ株式会社という、しんきんカードローンなど、信用金庫の商品全般の保証業務を主に担当している会社です。

アコムやアイフルなどのように見慣れてはいない名前でしょうが、保証会社がどこかに変わったからといって、特に審査基準が厳しくなったり、遅くなったりすることはない…と考えて下さい。

で、この徳島信用金庫のとくしんきゃっするカードローンも、「パート・アルバイトや専業主婦でも借入可能」ということで、パートの主婦の方々はもちろん、自分の収入がない専業主婦でもOKとなっています。

ちなみに、余談ですが、ウェブの情報に敏感な方は、ドメインが、

  • 徳島信用金庫独自のもの(たとえば「tokushin.co.jp」など)ではなく、
  • 「shinkin.co.jp/tokusima/」ということ

に気づいたでしょう。実は、信用金庫だとあまりウェブ業務に人員を割くことができないので、

  • 株式会社しんきん情報システムセンター(SSC)
  • 一般社団法人 全国信用金庫協会

の2つが管理している、このドメインの中で、小規模なホームページを作る…という風にしているんですね。なので、徳島信用金庫は「すべてのページのタイトルが『徳島信用金庫』」という、ウェブの世界の住人からしたら少々あり得ないサイトの運営になっているのですが。

しかし、それでもしっかり上位に表示されるというあたり「信用されるサイトや団体であることが、最重要」ということがわかります。

西日本シティ銀行「NCBキャッシュA」

  • 西日本シティ銀行
  • NCBキャッシュA
  • パート・アルバイト・新入社員の方でもお申込みいただけます。
  • http://714919.jp/sp/01.html

続いて西日本シティ銀行の「NCBキャッシュA」です。これはアルバイト・パートだけではなく新入社員でも借入可能と明記されている点がユニークですね。(新入社員については融資可能かどうか書かれていないことが多いのですが…)

で、アルバイト・パートはOKと書かれていますが、「専業主婦でも借入可能」とは書かれていないので、おそらくNCBキャッシュAでは、自分の収入がない専業主婦ではキャッシングすることができないでしょう。

(多分、NCBキャッシュAだけではなく、西日本シティ銀行のカードローン商品全体で、そのようなルールになっているのではないかと推測します。


以上、パートの主婦でも借り入れできる、銀行カードローンやしんきんカードローンを紹介してきました。他にもまだ、

  • 信用組合のカードローン
  • ろうきんカードローン(パート収入が相当多い方のみ)

という風に、パート収入がある主婦の方々であれば、借り入れできる低金利なローン商品はたくさんあります。なので、消費者金融でもいいですし、これらの銀行カードローンやろうきんカードローン・信金キャッシングなどでもいいので、もっとも自分にとって借りやすく、返済がしやすいものを選んでみて下さい。

(日頃使っている銀行・信用金庫などは、いつもの引き落としなどの用事のついでに返済できるので、特に早期返済がやりやすそうですね。


なお、「パートの主婦でも、銀行カードローンなどでキャッシングできるかどうか」という点については、下の記事でもさらに詳しくまとめています。特にパートの主婦の方は、こちらの記事もよかったら参考にしてみて下さい。

パートの主婦でも、銀行カードローンでお金を借りることは可能 ?

資金用途が明確なら、目的別ローンもあり

パートの主婦の方々や、専業主婦の方々がキャッシングする時は、

  • 自宅のリフォームや、子供の学費など、
  • 目的・利用用途がハッキリと決まっている

…ということも多いでしょう。で、そういう場合は銀行の目的別ローンを利用する…というのも一つの手です。理由は、

  • 目的別ローンは「本当にその用途に使う」ということは、
  • 請求書や学費の振込書などで「証明する」必要がある
  • そして、そういう「真面目な理由」で借り入れする人は、
  • 大体真面目に返済してくれるので、
  • 銀行カードローンの側も低金利で貸す

ということです。また、低金利で借りられるというだけではなく、

  • 利用目的がハッキリしているという点で、
  • 銀行の側にとっても信用できる
  • だから、比較的審査に通りやすくなる

という点も指摘できます。なので、資金用途・利用用途がハッキリしている場合は、こうした「目的別ローン」で借りる…というのも良い選択肢なのです。

で、ここではその一例を紹介しましょう。

三菱東京UFJ銀行…ネットDEリフォームローン

銀行が提供するリフォームローンの中でも、特に人気があるのは、三菱東京UFJ銀行が提供する「ネットDEリフォームローン」です。概要や特徴を箇条書きしていくと、

  • 最短即日審査が可能
  • 実質年率は変動金利で、
  • 1.99~2.875%(保証料込み)
  • 借入期間…6ヶ月以上~15年以内
  • 借入金額…50万円~1000万円以内

という風になっています。簡単に書くと、

  • 金利は大体2%~3%程度
  • 金額は「50万円~1000万円」

ということです。リフォームなので、大抵は50万円以上かかるとは思いますが、それ以下の少額のリフォームでは借入不可となるかも知れません。で、逆に最大の金額については「1000万円まで融資可能」ということで、かなり大規模なリフォームや増改築でも可能でしょう。

事前の審査回答は、最短即日でメールでできる

本審査ではなくあくまで事前審査の回答ですが、これは最短で「即日回答可能」となっています。その事前審査の結果はメールで届きます。なので、電話が来るのを待つというプレッシャーはありません。

また、「ネットDEリフォームローン」という名前の通り申し込みも、来店や電話・郵送などなしでネットでできるので、この手軽さも大きなメリットとなっています。(もちろん、申し込みの手続きがしやすいという意味であり、決して審査が簡単とか通りやすいとか、そういう意味ではないので注意してください。

ネットDEリフォームローンの申し込みの流れ

三菱東京UFJ銀行のネットDEリフォームローンの申し込みの流れは、下の通りです。

  • まず、ネットの申込みフォームから、事前審査の申し込みをする
  • 事前審査の結果は、最短で当日中にメールで届く
  • 必要書類の提出を、FAXか郵送でする
  • この書類の提出を受けて、三菱東京UFJ銀行が本審査の結果を出す

という風です。つまり、

  • 事前審査だけだったら「ネット申込みのみ」でOKだけど、
  • 本審査の結果をもらうには「必要書類の郵送」が必要

ということですね。そして、本審査については、

  • 電話によって、申し込みの内容を確認する
  • そして、申込内容を確認した後、3営業日以内に本審査の回答をする

という風になっています。ただ、この3営業日以内というのは、通常設定であって、混み合っている時には1週間程度かかるということもあります。ただ、そのように期間が長くかかる場合は、

  • ネットDEリフォームローンの公式ページに、
  • 赤字で強調して書かれているので、
  • もしそれが書かれていなかったら、大体大丈夫と思っていい

ということです。もちろん、公式ページに書かれていなかったとしても、そのように臨時で審査時間が長引くという可能性は当然あるわけですが、

  • その場合は、電話での申し込みの内容の確認の時に、
  • 三菱東京UFJ銀行のオペレーターさんからその旨が伝えられるので、
  • その時、どうしても急ぎだったら、他のリフォームローンにすればいい

というだけの話です。なので、この点は特に難しく考える必要はありません

エコ・バリアフリー優遇もある

ネットDEリフォームローンの特徴は、

  • エコ優遇
  • バリアフリー優遇

の2種類があるということ。たとえばエコ優遇については、

  • 太陽光発電
  • ヒートポンプ
  • エコジョーズ
  • エコウィル
  • エネファーム(家庭用燃料電池)

といったものを設置するという、自然にやさしいリフォームをするときに、金利などが優遇される…というものです。ちなみに、これを見て驚いたのですが、もう、一般の家庭にも、燃料電池が導入できる時代なんですね。そのうち、オール家電を通り越して、「オール燃料電池」というような時代も来るのかもしれません。

何はともあれ、そうやってエコ技術がどんどん一般家庭にも入っていく中で、どうしたリフォームの工事をする…というおうちもあるでしょう。そのような家庭の方であれば、特に三菱東京UFJ銀行のネットDEリフォームローンだったら、金利優遇などの措置がある…ということです。

バリアフリー工事も対象となる

エコの方だけ書きましたが、バリアフリー優遇というサービスもあります(サービスというとやや変かも知れませんが)。バリアフリー優遇の対象になるのは、

  • 引き戸ドアの回収
  • 床の段差解消(フラット工事)
  • 手すりの取り付け

といったものです。その他、障害を持った方やお年寄りの介護のために必要な工事であれば、すべてバリアフリー優遇の対象となります。なので、このような目的でリフォームや自宅の回収をする…という方であれば、(他の銀行でももちろんいいですが)三菱東京UFJ銀行のような「バリアフリー優遇」があるリフォームローンを利用するといいでしょう。


以上、三菱東京UFJ銀行のネットDEリフォームローンについて、紹介してきました。これはあくまで一例ですが、このようにお金を借りる理由が明確に決まっているということであれば、銀行が提供する目的別ローンも、

  • 低金利だし、
  • その目的であれば審査に通りやすくなるし、
  • バリアフリーやエコ優遇などもある

という点で、3つのメリットがあります。ぜひ、こうした目的別ローンも検討してみるといいでしょう。

(お金を借りる利用用途が明確に決まっている専業主婦の方々には目的別ローンがおすすめ…という内容は、下の記事でさらに詳しく書いています。よろしければ、ぜひ参考にしてみて下さい。)

利用目的が明確なら、専業主婦には教育ローン・リフォームローンなどもおすすめ

無収入の専業主婦のキャッシングには、楽天銀行・イオン銀行が特におすすめ

また、通常のキャッシングで自分の収入がない専業主婦の方々がお金を借りる…という時には、

  • 楽天銀行スーパーローン
  • イオン銀行・カードローンBIG

の2つの銀行カードローンを、特におすすめします。理由は、

  • どちらも「配偶者の同意書なし」で借りられる
  • つまり夫バレ・旦那バレせずに、内緒で借りることができる

という点が一つ。そして、

  • どちらも「最大50万円」まで借りられるようになっている
  • 他の銀行カードローンは、
  • 無収入の専業主婦だと「最大30万円」ということがほとんどなので、
  • 楽天銀行・イオン銀行の借入可能金額は、特に大きいと言える

…というわけです。なので、

  • 無収入の専業主婦の方々の中でも、
  • 特に高額キャッシングをしたいという方は、
  • 他の銀行カードローンよりもイオン銀行・楽天銀行がいい

…ということなんですね。もちろん、「私は、それほど高額の借り入れはできなくてもいいわ」という専業主婦の女性であれば、他の銀行カードローンでもいいでしょう。しかし、何らかの理由で、できるだけたくさんお金を借りたい、ということであれば、大手の銀行カードローンの中でもイオン銀行・楽天銀行をチョイスすることをおすすめします。

特に楽天銀行スーパーローンは、審査書類が少ない

イオン銀行カードローンBIGと楽天銀行スーパーローンを比較すると、楽天銀行の方が優れているのは、

  • 婚姻関係の証明書(住民票)などを提出する必要がなく、
  • 「自分の本人確認資料」だけ提出すればいい

ということ。つまり

  • 夫・旦那の収入によって借りているのに、
  • 自分の収入で借りる時と同レベルの提出書類しかない

…ということなのです。つまり非常に審査がシンプルということなんですね。(カンタンに言うと、「借りやすい」ということですが、これはあくまで「申し込みやすい」という意味であり、いわゆる審査がゆるいとか、審査が甘いということではないので、この点は注意してください。)

住民票が不要だと、どのようなメリットがあるのか?

これは、夫バレ・旦那バレなどには特に関係ないのですが、箇条書きすると、

  • 住民票の写しが手元にある人ならいいが、
  • そうでない人の場合、役所は出張サービスセンターなどに、
  • 住民票を発行しにいかなければいけない

というのが住民票(婚姻関係の証明書)が必要な時のデメリット・短所です。で、

  • その発行だけでも、行き帰りの時間も含めて、
  • 最短で1時間は間違いなく使う
  • これが原因で、即日キャッシングが間に合わない
  • …ということもありえる

というわけです。これは誰でも理解できるでしょう。なので、

  • 住民票自体は、発行はそれほど難しくないし、
  • 夫バレ・旦那バレなどとは一切関係ない書類ではあるけれど、
  • 当日キャッシングをより確実に成功させようと思ったら、
  • 提出書類はできるだけ少ない方がいい

ということです。なので、特にギリギリで審査申込みする時などは、楽天銀行スーパーローンで借りるのが有利になりやすいというわけですね。

他に同じ条件で借りられる銀行カードローンは?

他にも楽天銀行スーパーローンと同じ条件で借りられる銀行カードローンはあるのか。これはあります。利用できるエリアが限定されていますが、横浜銀行カードローンがそうです。箇条書きすると、

  • 楽天銀行スーパーローンと同様に、
  • 住民票・戸籍抄本・戸籍謄本などの婚姻関係の証明書を提出しなくていい
  • なので、自分の身分確認資料(運転免許証・パスポート・保険証など)があればいい

という条件なんですね。なので、提出書類の少なさとしては、

  • 楽天銀行スーパーローンと横浜銀行カードローンが、
  • 大手の銀行カードローンの中ではダントツ(というより極限まで)少ない

ということです。ただ、先に書いた通り、

  • 横浜銀行は地方銀行なので、
  • 利用できる在住・在勤エリアに制限があり、
  • 東京都・神奈川県・群馬県に在住・在勤
  • ↑(群馬県は前橋市・高崎市・桐生市)

という条件になっています。なので、全国各地どこに住んでいても借りられる…というわけではないため、この点でもやはり「楽天銀行スーパーローンが一番」ということです。

その他、配偶者の同意書なしで借入可能な銀行カードローン

ここまでは、

  • 楽天銀行スーパーローン
  • イオン銀行・カードローンBIG
  • 横浜銀行カードローン

だけを配偶者の同意書なしで借入可能な銀行カードローンとして紹介してきましたが、他にも同様の条件でキャッシングできる銀行カードローンはあります。箇条書きで一覧にしていくと、

  • 三菱東京UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • 東京スター銀行
  • じぶん銀行

…などがそれに該当します。これらも夫・旦那に内緒で借入可能という点では、他の銀行カードローンよりも、無収入の専業主婦の方々におすすめ…ということができるでしょう。


以上、これらの「配偶者の同意書不要な銀行カードローン」も合わせて、イオン銀行カードローンBIG・楽天銀行スーパーローンがおすすめな理由を紹介してきました。2つの銀行カードローンについてのさらに詳しい説明は、下の記事を参考にしていただけたら幸いです。

専業主婦のカードローンなら、イオン銀行・楽天銀行がおすすめ!

その他、主婦キャッシングについて参考になる記事

以上、パートの主婦や無収入の専業主婦の方々にとって、参考になる記事を、当サイト・美人キャッシングの中からいくつか紹介してきました。他にも手短に紹介すると、下のような記事があります。

専業主婦のキャッシングで、借入枠を増額することはできる?

結論を書くと、これはもちろん可能です。ただ、

  • 専業主婦ということは、
  • 自分の収入がないということなので、
  • 増額に値するだけの信用度を獲得できるかは不明
  • ↑(というか難しい)

ということはいえます。なので、もし収入がない専業主婦の方々がキャッシングをして、それで融資枠が増額される…ということがあったら、

  • その間の返済の延滞・滞納がない
  • 自らパート・アルバイトなどを始めて、
  • 自分の収入によって借りられるようになった

というようなケースが多いでしょう。なので「無収入の専業主婦」と言う職業・属性のままで、最高借入限度額が増えるかというと多分あまりないですが、一応「増額自体はあり得る…と思って下さい。


専業主婦が生活苦でキャッシングする場合、公的資金の借り入れも検討しよう

これはかなり重要な内容ですが、箇条書きすると、

  • 例えばシングルマザーや母子家庭の場合は、
  • 母子福祉資金という支援制度がある
  • 借り入れが必要な目的ごとに、適切な限度額が決まっていて、
  • 大体奨学金のような超低金利で借りることができる

という風になっています。基本的に、困窮している母子家庭やシングルマザーの女性であれば、審査に通るはずなので、そうした女性はお子さんのためにも、ぜひ母子福祉資金の利用を検討してみて下さい。

母子福祉資金以外でも、「生活福祉資金」などもある

また、母子家庭・シングルマザーでなくても、困窮している家庭であれば、誰でも(正確には誰でもでなく、審査がありますが)利用できる貸付制度として「生活福祉資金」などもあります。これも母子福祉資金同様に、

  • その「資金が必要な用事」に合わせて、
  • 適切な限度額で融資をして、
  • 金利は奨学金や住宅ローンのような超低金利

…という風になっています。一応貸付制度なので返済は必要ですが、消費者金融・銀行カードローンやクレジットカードなどでキャッシングするよりは、相当低金利なことは間違いありません。なので、生活に困ってヤミ金やクレジットカードの現金化業者などに手を出す前に、こうした国の融資・公的資金で借り入れをする…ということも検討してみて下さい。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP