学生だけど今すぐお金を借りたい時は、キャッシングローンがベスト

af0100049711l

「学生だけど今すぐお金を借りたい!」という場合にはどうすればいいか―。これはアコムプロミスアイフルSMBCモビットなどの大手の消費者金融でキャッシングの申し込みをする…というのがベストになります。

これらの大手の消費者金融では最短30分という短時間でお金を借りることができ、審査通過率も高いので、ただスピードキャッシングができるというだけではなく、実際に審査に通るという点でも、最短即日融資をする上で非常に便利なのです。なので、若年層のキャッシングで今すぐお金を借りたいという時でも、問題なくニーズを満たすことが可能です。

学生が今すぐお金を借りたい時の、申込方法

今すぐお金を借りたいという学生さんが、申し込むべき借入先はわかった。しかし、申込方法はどうすればいいのか―という疑問もあるでしょう。これについてはネット申込みが一番便利です。パソコンでもスマートフォンでも、どちらでも簡単に審査の申し込みをできるようになっているので、出先でも自宅でもいつでも借り入れができます。

提出書類の郵送も必要なし

提出書類の郵送も必要ありません。たとえば身分確認資料収入確認資料というような書類ですね。年収確認資料は基本的に学生が今すぐお金を借りたいという時にも必要ないのですが、仮に必要になったとしても、これらの必要書類の送信については、郵送を使う必要はないということです。こちらから送ることもないし、あちらから郵送物が届くこともない…というわけですね。

なので、郵送による家族バレなども心配ありませんし、郵送に時間がかかって最短当日キャッシングができない…ということもありません。

電話審査もなしのネット完結

また、大手の消費者金融の借入審査はすべてWEB完結申込となっているので、電話審査もありません。一応最低限の確認電話だけはあるのですが、具体的には下のような確認電話です。

  • 本人の携帯への電話連絡
  • 勤務先への在籍確認の電話

このように、この2種類ですね。在籍確認というのは、本当にその職場で働いているのかどうか電話して確かめるというものです。といっても「借家さんは、そちらの職場に在籍していますか」と言うような直接的な質問をするわけではありません。「貸田と申しますが、借田さんはお見えでしょうか」というように、ごく自然に普通の用事のごとくかけてくれるので、まったく怪しまれることはありません。なので借り入れ勤務先にバレるのが嫌だ…という方でもそのリスクはほぼゼロなので、安心してください。

学生の最短即日キャッシングに関する関連記事

以上、、学生で「今すぐお金を借りたい」という方々のためのアドバイスやポイントをまとめてきました。

当サイト・美人キャッシングでは、学生の借り入れについて他にも多くの記事を書いています。下にそれらの学生ローンの記事のリンクと、簡単な内容の補足を欠いています。興味がある方は、ぜひ読んでみてください。


学生ローンの返済方法は?口座振替・銀行振り込み・提携ATMでの返済など

■ 中小業者の学生専用ローンの返済方法

学生ローンという言葉の定義を、中小の消費者金融が提供する学生専用ローンとするなら、返済方法はかなり限られています。

  • 店舗窓口に持参
  • 銀行振込

このどちらかだけです。銀行振込については、自分で振り込み先の銀行名・口座番号・支店名・名義などをすべて入力する必要があります。なので、その学生専用ローンの振込先の口座をしっかりメモっていかなければいけませんし、提携ATMでも振り込み作業に時間がかかります。

■ 大手の消費者金融なら提携ATMでの返済が簡単

一方、大手の消費者金融だったら、コンビニの提携ATM・提携銀行のATMでの返済がもっと簡単です。ただローンカードを挿入するだけで、あとは金額を入力し、3000円だったら1000円札三枚を投入口に入れる…というだけです。銀行名や口座番号などは、一切入力する必要がないということですね。

同じように提携ATMを使う返済でも「振り込み」と「提携ATMでの返済」では、まったく違うのです。大手の銀行カードローン・消費者金融のローンカードだったら、もう振り込み先の情報がカード内に記憶されているので、こちらで入力しなくても、簡単に振込みができるのです。


奨学金の返済を延滞・滞納するとブラックリスト入りする ~日数は何日から?~

■ 2~3ヶ月の延滞・滞納で、ブラックリスト入り

奨学金の返済で遅延・延滞していると、61日~3ヶ月で個人信用情報に記録され、いわゆるブラックリストになります。これは日本学生支援機構の公式サイトにもハッキリ書かれているので、間違いありません。この「61日~3ヶ月で異動情報を記録する」というのは、個人信用情報機関のCIC(シーアイシー)もやはり公式サイトに書いていることであり、日本学生支援機構もこの基準を採用している…ということになります。

当然ですが、一つの支払いを2~3ヶ月経ってもできない…というのはかなり異常な事態です。銀行カードローン・消費者金融の金利だったらまだわかりますが、奨学金のように圧倒的な低金利の借り入れでも、2~3ヶ月返済ができない…というのは、相当行き詰った状態です。

このような場合には、債務整理をしたり、場合によっては生活福祉資金などの国の融資を受けたり、何かしらの対策を講じる必要があります。奨学金を「サラ金より悪質」と叩くよりも、「何でそのような経済状況・資金繰りになってしまったのか」という根本原因を考えた方がいいでしょう。

(例えば、自分が追っていた「生きがい」とか「やりがい」は「その仕事でなければ、見つけられないものだったのか」などですね)

■ 奨学金の返済には猶予措置もある

日本学生支援機構の奨学金には、返済が厳しい方のための猶予措置というのもあります。申請すれば、一定期間返済をストップさせてもらえたりします。しかし、返済を延滞・滞納する方に限って、こういう措置を知らないという現実があります。

「別にそんな悪いことか?」と思うかも知れませんが、延滞・滞納する人の方が、していない人よりもこういう連絡をもらっているのです。つまり督促状と一緒に「返済が苦しいなら、こういう猶予制度もあります」ということが書かれているわけですね。普通の遅延・延滞をしてない人よりも、延滞・滞納をしている人の方が、こういう情報によく触れているはずなのです。

しかし、なぜか遅延・延滞をしていない人の方が猶予制度を知っていて、延滞・滞納する人の方が知らない…という「逆転現象」が起きているのです。つまり、彼らは督促状をまったく見ていない、ということですね。もちろん、全員の方がそうというわけではなく、あくまで何割かの方でしょうが…。それでも「猶予制度まで案内してもらっているのに、それすらチェックしていない」という人に対して、それほど同情する必要があるのか、ということも感じます。

(もちろん、中には精神を病んでしまったり、やむを得ない事情によってそういう行動が取れない…という方もいるでしょう。ただ、それをいったらギャンブル中毒の方など、すべてに同情しなければいけなくなります。殺人犯でも同じです。←事実、凶悪な殺人犯に対しても、そういう弁護の声がしばしば上がります)

弱者を虐げる社会はもちろんよくありませんし、できるだけ、すべての人が平等にスタートラインに立てる…という状態に近づくべきです(完全にそうなることはありませんし、なる必要もありませんが)。

そういう世界を目指しつつもやはり「同情すべきでない人にまで同情する」というのは、避けた方がいいと思います。お金がないのは仕方がないにしても「心の面で、明らかに問題がある」という人に対しては、信賞必罰の姿勢で臨むべきでしょう。(ポイ捨てをしない人と、する人が平等であるわけがない、ということです)


奨学金という借金をして、大学に通う意味はない ~「サラ金より悪質」は間違い~

■ 奨学金が悪いのではなく…

最近奨学金の批判が多くありますが、個人的には奨学金が悪いのではなくそもそも、奨学金という借金をしてまで、大学に行く意味、進学する意味がもうなくなっているということです。このあたりは価値観の違いもあるでしょうが、たとえば2016年10月に報道された「東大卒で電通に入社した若い女性社員さん」が自殺されてしまった事件を見ても、わかるでしょう。

東大という、最高の大卒の肩書を得て、電通のような就職人気ランキングのトップレベルの会社に入っても、必ずしも幸せだったり快適だったりするわけではないのです。まして東大でない他の大学だったらどうなるのか…と考えると、少なくとも「就職」という観点からしたら、もう大学進学にはほとんど意味がなくなっている、と言えるはずです。

もちろん「大卒だったから就職できた」という方もいるでしょうが、その会社のお給料は、中卒のフリーターがパチンコ屋さんで働いた場合の月給より安いという現実は知った方がいいでしょう。パチンコ屋にもよりますが、少なくとも私が働いていた店舗では、中卒のアルバイトの人(その時19才程度)でも、すでに月給30万円を稼いでいました。

大して、大卒の初任給は「22万円」程度でしょう。多少増えても「25万円」でしょう。ボーナスがあると言われるかも知れませんが、ボーナスはカットされる時もありますし、そもそも私立大学だったら入学金も含めて500万円のお金を払って、それを回収できるのがいつになるのか…と考えたら、中卒で働いて稼いでいる人の方が、よほど合理的にお金を使っているのでは?という指摘もできます。

「お金が全てではない」というのはもちろんですが、「若いうちから苦労して働く」方が、「お金では買えない大事なもの」が身につく…という考え方もあるでしょう。(事実、大学生の何割かは「親がもう少し厳しくして、性根を叩き直した方がいいのでは?」という人がいるはずです。これは当の大学生たちも、学内で実感していることでしょう)

現時点では、頭脳を使って儲けるということが苦手な方ばかりが中卒で働いているので、なかなか「中卒から成り上がる」というのが難しいように見えます。しかし、田中角栄や松下幸之助が中卒だったように、こうした「賢い方」「精神力の強い方」が、あえて中卒で成り上がるのであれば、むしろそれが一番いいような気もするのです。

■ 文科省の究極目標は「生きる力の育成」である

私がここで書いていることは、実は文科省の方針に反対するものではなく、合致するものとも言えます。文科省が今掲げている究極目標は「生きる力の育成」だからです。これは誰でも納得する正しいスローガンでしょう。

そして、その「生きる力とは何か」ということですが、わかりやすく言うと今、親が死んでも生きていけるかということでしょう。別に働いて稼がなくても「生きれば」いいのですから、たとえば役所に駆け込んで窮状を訴えて保護してもらう、ということも、その「生きる力」の一つです。

もし役所が冷たく追い出したら、警察署でも消防署でも、あるいは福祉施設でも、どこにでも行って「今日のパン」をもらう、というのも生きる力です。

あえて極端な方法を書きましたが、生きる力というのは要するに「何でもありで、とにかく生きる」ということでしょう。野生に帰るとも言えます。

今の日本の大学や高校の教育は、そういう人間の野生のエナジーや野蛮さを、どんどん奪っているような気がします。もちろん、高騰教育のいい面もたくさんあるのですが、「もう少し進学する割合が減って、働く若者の割合が増えてもいいのでは?」と思います。こう書くと「そういう若者が、ブラック企業に搾取されやすい」という指摘もあるでしょうし、確かにそうです。しかし「そのブラック企業の社長すら、ぶっ倒す」くらいの迫力や行動力を、もっと若者に与えるべきだと思うのです。

与えるというより、本来若者はそういう行動力や獰猛さを持っているものです。「ギザギザハートの子守唄」ではありませんが、そういう若者が「熱い心は縛られて、夢は机で削られて」いるのが、今の教育では(というか昔からの教育では)ないかと思います。

母親のライオンが、まだ子猫のような子供のライオンに、シマウマを殺してその肉を食べることを教えるように、「生きる」ということは、本来もっと野蛮で獰猛なものなのです。「生きる力の育成」というのは、そういう野性味を取り戻す(というより殺さない)ということが、鍵になるのではないでしょうか。

このように、教育論や人生論になりましたが、言いたかったのは奨学金が悪いのではなく、そもそも「高等教育を受ける意味」が、大学でも高校でもすでに揺らいでいるということです。それに気づかず、奨学金という借金をしてまで大学に通うからいけない、そんなことをするから奨学金の返済で行き詰まるようになる…。という指摘をしたいわけです。この考え方が必ず正しいとは思いませんが、しかし400万円近くのお金を払って、得たものは月収20万円の仕事と、奨学金という借金だったというのは、「何かが間違っていた」という考え方もあるでしょう。


若年層への融資で、一番低金利なカードローン・借り入れ方法は?

■ 消費者金融で借りるのが一番

学生がキャッシングをする時、一番便利中崎は消費者金融です。プロミス・アコム・アイフル・SMBCモビットなどの有名な大手のキャッシングブランドですね。これらであれば、「最短30分」で審査でき、すべての手続きを含めても「最短60分」という時間設定になっているので、今すぐお金を借りたいというような緊急の場面でも、問題なくそのニーズを満たすことができます。


未成年の若年層でも、クレジットカードのキャッシングならお金を借りられる

■ 未成年の若年層のキャッシング

他の記事でも書いている通り、未成年・10代若者がアコム・プロミス・アイフルなどの大手の消費者金融でお金を借りることはできません。しかし、たとえば三井住友VISAデビュープラスカード、学生専用ライフカード、リクルートカード…というような18才から発行できるクレジットカードを持って、それに付帯しているキャッシング機能を使ってお金を借りる…ということは可能です。

■ ろうきんカードローンでもOK

これは学生ではなく、中卒・高卒などで働いている社会人の18才・19才の方々の場合ですが、すでに働いていて、年収150万円以上、勤続1年以上という職業・属性であれば、ろうきんカードローンでキャッシングすることが可能となっています。年収150万円ということは、月収12万円以上稼いでいればいいということで、就職している方、あるいはフルタイムで働いているフリーターの方々であれば、それほど借入審査に通ることは難しくないでしょう。

(勤続1年というのが、ある程度ネックになるかも知れませんが)

何はともあれ、キャッシング審査の世界では、自分の収入がある人というのはこのように優遇されます。未成年・10代の若者でも、自分の安定収入さえあれば、借入審査に通ることはろうきんカードローンも含めて、それほど難しくない…ということを知っておいて下さい。


20才未満の学生がお金が借りれない理由 ~消費者金融・銀行の場合

■ なぜ未成年・10代だと借入不可なのか

20才未満・10代・未成年の学生だとキャッシングはできない…ということは、カードローンの知識がある人だったらよく知っているでしょう。しかし、その理由についてはあまり知られていません。貸金業法・銀行法・割賦販売法などで禁止されているのでは…と、思っている人が多いでしょう。しかし、これらキャッシング・カードローン・クレジットカードに関する法律では、10代・未成年の利用者への貸し付けは禁止されていないんですね。

では、法律的に禁止されていないのに、なぜこの年齢層だと借入不可となるのか―。これは「未成年者の契約取消権」という民法の法律によります。

■ 未成年者の契約取消権とは

未成年者の契約取消権は「民法第5条」に定められています。内容は、未成年が何らかの契約をする時は、法定代理人の許可を得なくてはならないということです。この法定代理人というのが要するに親権者(ほとんどの場合)なので、キャッシングでお金を借りる時にも親権者の同意書を得なくてはならない…ということですね。

もし、この法定代理人の同意がなかったら、その契約は取り消していいとなっているのです。取り消す権利が、未成年・10代の若者の側にある…ということですね。つまり、キャッシング業者からしたら「踏み倒される」ということです。

合法的に踏み倒されるわけなので、たとえば中には暴走族の若者なので、こうした知識を持っていて、「確信犯的に、借金返済をしない」ということもあり得るわけです。例えば『闇金ウシジマくん』などにはこういう「知能犯」のヤンキーグループがよく登場します。(ヤミ金狩りなど)

このように、「未成年者の契約取消権」がある以上、未成年・10代・20才未満の若年層に融資するのはかなりのトラブルの元となるのです。なので、大手の銀行カードローン・消費者金融ではこのような18才・19才の若者には融資しない…という審査条件になっているわけですね。


親権者の同意書と、クレジットカードのキャッシング枠について

■ キャッシングの親権者の同意書について

学生がキャッシングする時には、たとえば三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」など、提出書類として、親権者の同意書が必須…となっている所もあります。アコム・アイフル・SMBCモビット・ノーローンなどの大手の消費者金融だったら親権者の同意書なしでも学生が借り入れすることができるのですが、中小の消費者金融の場合は必要になることが多いです。

また、ノーローン・SMBCモビット・アイフルなどの大手のキャッシングブランドにしても、その学生の状況・条件によっては親権者の同意書が必要になることもあり得るので、必ずなしで借りられる…というわけではないという点に注意してください。

■ クレジットカードのキャッシング枠について

18才・19才の学生、未成年・10代・20才未満の若者だと、大手の銀行カードローン・消費者金融ではキャッシングできない…というルールに基本なっています。しかし、18才・19才でも発行できるクレジットカードを作って、そのキャッシング機能を使って借り入れする…という方法だったら、未成年・10代・20才未満の若年層でも、お金を借りることは可能となっています。

ただ、借入可能金額が非常に小さくて、最高でも5万円~10万円となっています。返済実績を積んでいって、信用度(クレジットスコア)を上げたとしても、これ以上のキャッシング枠になることはない…というわけです。

ただし、ショッピング枠については最高で30万円~50万円まで増額されるようになっています。クレジットカードはショッピングがメインのサービスですし、ショッピング枠の方がキャッシング枠よりも低金利なので、破産しにくいということです。あと、何かしら物理的な買い物をするということは労力も伴いますし、直接ギャンブル・投資や夜遊びなどに使うこともできないので、この点でも破産のリスクが少ないということです。


若年層のキャッシング審査でも、勤務先への在籍確認はある?

■ アルバイト先への電話がある

学生の借入審査でも、当然勤務先への在籍確認の電話はあります。勤務先というと会社をイメージするかも知れませんが、アルバイトをしているお店でも、立派な勤務先であり、職場だからです。そもそも学生がお金を借りようという時点で、職業はアルバイトに決っているのですから、会社員・OL・公務員として働いていなくても、アルバイト先に電話する…というのは当たり前なんですね。

■ 職場バレしないようにするにはどうすればいい?

基本的に、大学生・専門学校生の方々が働くような職場で、外部からの電話がかかって来る…ということはないでしょう。大体飲食店やコンビニエンスストアの提携ATM、あるいは塾講師などで、一介のアルバイトの学生に電話をかけて来るような外部の人など、まずいないはずです。

そう考えると、いくらキャッシング業者や銀行カードローンが職場バレしないような対策を徹底してくれているといっても、安心はできないと思います。電話がかかって来た時点ですでに怪しい…ということですからね。

しかし、この場合も「効果的な在籍確認の言い訳」をすることで、簡単に会社バレ・職場バレを防ぐことができます。

■ 一番いい在籍確認の言い訳は?

これは「クレジットカードの審査」です。クレジットカードの審査でも確かに在籍確認の電話があるので、嘘ではありません。もちろん、クレジットカードの借入審査に申し込んだということは嘘ですが、一応クレジットカードに申し込んだ時でもそのような在籍確認がある…というの間違いではありません。

また、どちらも借り入れの審査であるという点では、似たようなものでしょう。何はともあれ、消費者金融・銀行カードローンの審査というよりは、明らかにクレジットカードの借入審査に申し込んだ、という方がイメージがいいので、在籍確認の言い訳としては、これを採用するのがいいでしょう。


学生カードローンとクレジットカードのキャッシングの違い(年齢条件など)

■ 学生カードローンは、未成年・10代では借入不可

学生カードローンとクレジットカードのキャッシングは何が違うのか。まず学生カードローンは20才以上でないと借入不可だけど、クレジットカードのキャッシングは18才からOKという点が異なっています。

もちろん学生専用ローンといってもいろいろあるので、提供しているキャッシング業者によっては18才・19才でも大学生や専門学校生であれば借入可能…としている所もあるでしょう。しかし、これはかなり例外的で、学生専用ローンの中でも決して多数派ではありません。

そもそも大手の消費者金融が20才未満・未成年・10代に対して融資していないということは、お金に余裕があるキャッシング業者だったら、未成年には貸し付けないということ。そう考えると、未成年・10代に対しても融資している中小業者というのは、何かしら不安要素がないかどうか、チェックした方がいいともいえます。

もちろん、悪徳業者とか違法業者というようなことはめったにないでしょうが、一応そのような可能性がないかどうかだけ、評判や借りた人の体験談などをネットでチェックする方がいいでしょう。

そして、このように大部分の学生カードローンが未成年・10代・20才未満ではキャッシング不可という条件になっているのに対して、クレジットカードについては他の記事でも書いている通り「18才から発行可能なクレジットカード」を発行して、それで5万円~10万円のキャッシング枠を使って借り入れる…ということはできます。

■ 金利は学生カードローンの方が安い

金利(実質年率)については、学生カードローンの方が、クレジットカードのキャッシングより安くなっています。クレジットカードはショッピング枠だったら実質年率15%程度で、銀行カードローンに近いレベルの低金利となっています。しかし、キャッシング枠の方は大手の消費者金融と同じくらいで、実質年率18%です。一方、学生専用ローンについては大手の消費者金融よりも1%程度低金利になっている業者があり、こうして比較するとクレジットカードのキャッシングよりも学生専用ローンの方が低金利…ということになります。

■ 大手の消費者金融には30日間無利息がある

しかし、一番実際の利子総額が安くなるのは大手の消費者金融です。特にプロミス・アコム・アイフルです。理由は「30日間無利息でお金を借りることが可能」だからです。(プロミスはWEB明細利用・メールアドレスの登録が必要という条件になっています。)

こうして最初の1ヶ月の利息をゼロにすると、消費者金融の実際の利子総額は銀行カードローンよりも安くなる…というくらいなんですね。銀行カードローンの方が元が低金利なので、最終的には追いつかれるのですが、それでも最初の5ヶ月は一般的な銀行カードローン(実質年率14.5%程度)よりも低利息になる…というくらいなのです。

18.0%と14.5%ということで、かなりの金利差をつけられている銀行カードローンが相手でもそうなのですから、1.0%程度の金利差しかない学生専用ローンでは、大手の消費者金融の「30日間利子ゼロ」には対抗できないということですね。

なお、30日間利子ゼロのサービスを提供しているのは、アイフル・アコム・プロミスだけで、ノーローン・SMBCモビットはやっていません。この点では、ノーローン・SMBCモビットよりは、学生専用ローンの方が低利息になる…ということもあります。(ただ、借入・返済の便利さ、最短当日キャッシングのしやすさ&スピードなどで、やはりSMBCモビット・ノーローンにはかないませんが)

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP