学生がお金を借りるなら、消費者金融・銀行カードローン・クレジットカード、どれがいい?

学生がお金を借りるなら、消費者金融・銀行カードローン・クレジットカード、どれがいい?

学生がキャッシングしたい時は―。

のどれでお金を借りるのがいいのか。簡単に書くと下の通りです。

  • 銀行カードローンは基本的に借りにくい
  • クレジットカードはショッピング枠だったら審査に通りやすいが、キャッシング枠の審査は厳しいし、借入金額も少額になる
  • もし10万円以上の高額を借りたいのであれば、消費者金融がベスト

以下、詳しくまとめていきます。

学生クレジットカードのキャッシング枠は少額になる

大学生などの若年層でも発行できるクレジットカードは、かなりあります。三井住友VISAデビュープラスカード、リクルートカードなどが有名ですが、これらは18才でも発行可能なので、大学1年生から保有することができます。ただ、下のように言えます。

この借入枠でも十分…という場合はそれでいいのですが、もっと大きい金額を借りたい…というのであれば、消費者金融で借りることをおすすめします。(消費者金融というのはプロミスアコムアイフルなど、よく知られているキャッシングのブランドです)

消費者金融は20才以上なら若年層でも借入可能

消費者金融で学生がキャッシングする条件として―。

こうした2つがあります。アルバイトの月収については、大体ボーダーラインが8万円程度で、できれば10万円程度欲しい…という所です。

月収10万円あれば、大体は審査に通り、月収8万円だとギリギリ…という所です。ギリギリのギリギリだと5万円でも審査に通ることもありますが、これはかなり厳しくなる…と考えた方がいいでしょう。

消費者金融は親バレなしで融資可能

消費者金融で学生がキャッシングするメリットとして、親バレなしで融資可能…という点があります。学生の借り入れで親バレする原因は「親権者の同意書」が主ですが、それを提出しなくていい…ということです。親権者の同意書というのは要するに「親の許可証」のようなものですが、同意書である以上、偽造はできませんからね。どうしてもキャッシングを親に相談しないといけない…ということです。

そして、そういうルールなので、親権者の同意書が必要な借入先というのは、学生では実質借入不可なのですが、その点、消費者金融は親権者の同意書がなしでもOKなので、学生が親に内緒で申し込みやすい…というわけです。

銀行カードローンは、学生が借りにくい

消費者金融と違って、学生がとにかくキャッシングしにくいのが銀行カードローンです。借りにくい理由をまとめると、下のようになります。

  • そもそも融資していない
  • 融資していても、親権者の同意書が必須という条件

たとえば「若年層への融資不可」となっている銀行カードローンは―。

審査が厳しいというだけではなく、学生が最初から融資不可…ということですね。

大手の銀行カードローンとカウントされる借入先は、大体10ほどありますが、そのうち実に半分近くが「学生はまったく借入不可」となっているわけです。そして、残りの銀行カードローンにしても、例えば三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は「親権者の同意書が必須」という条件です。

これについては先に書いた通りで、親バレ必至となるので、ほぼすべての学生にとって「実質借り入れできない」ということです。(私も学生時代に親に内緒でキャッシングしていましたが、親に許可をもらうくらいなら、キャッシングして、返済のために日払いのアルバイトでもした方がよほど簡単だったと思います)

ということで、学生がお金を借りようとすると、銀行カードローンという選択肢はあまり現実的ではないのです。なので、自然とクレジットカードのキャッシングか、消費者金融に絞られるわけですね。

学生の場合、銀行カードローンのメリットが小さい

そもそも、銀行カードローンでお金を借りるメリットというのは「低金利」ということ。しかし、低金利というのは「キャッシング金額が大きい時」に、初めて意味があるわけですね。

借入金額が30万円以下の少額だと、実は金利差というのはあまり影響しないのです。例えば10万円を消費者金融と銀行カードローンで借りた場合、それぞれ1ヶ月の利息は下のようになります。

  • 消費者金融…1500円
  • 銀行カードローン…1200円

10万円を1ヶ月借りても「300円」の利息差なんですね。これが30万円まで膨らんでも、900円です。このくらい、人々の買い物でしている無駄遣いに比べたら、全然大した金額ではないでしょう。

30万円というのは、学生がキャッシングできる金額のほぼマックスです。少なくとも、一つの業者・銀行では、これ以上の金額を融資してくれることはめったにありません。

ある程度の期間、継続して利用していて、見直し審査によって与信枠増額された…という場合は話は別ですが、基本的には30万円までで学生の融資枠はストップするのです。

そして、その30万円でも「月900円」の違いしかないわけです。なので、学生がお金を借りる時には「低金利」という銀行カードローンのメリットが、ほとんど生きないわけですね。なので「銀行カードローンで借りる必要が、そもそもない」ということで、銀行カードローンもあまり、若年層への融資に対しては積極的でないのです。

学生なら、日払いのアルバイトで稼いですぐ返済できる

学生の利点として、日払いのアルバイトで稼ぎやすい、という点があります。これは、下の通りです。

  • 採用されやすい、というのもあるし、ハードな仕事をしても、体が壊れない

この2点があります。日払いのアルバイトの仕事というのは、たとえば男性だったら引っ越し、運送業の倉庫作業など、基本的に力仕事になります。女性だったらコンパニオンやキャバクラ嬢など、若さを活かした仕事が多いでしょう。

そして、特に男性の力仕事ですが、これは年齢が一定以上になると、無理です。やる気の問題ではなく、相当鍛え続けた人でなければ、物理的にできないわけですね。(私は宅配便の仕分けをやっていましたが、もう10年近く前の出来事で、今同じ仕事をやれといわれると、正直厳しいです)

筋力がいるというだけではなく、こういう仕事は夜勤だったり、夜勤と昼勤が交互だったりと、とにかく体に負担がかかるんですね。これは若い人でないと耐えられないので―。

  • その分、年配の方の応募がなくて、競争率が低い
  • また、人手が少ない分、時給も高くなる

こういうことで、金銭的なメリットが大きいのです。もちろん、金銭的なメリットだけではなく、厳しい仕事である分、体力や精神力も鍛えられます(お金を稼げる仕事というのは、お金以外のものも手に入るのです)。

ということで、学生は日払いのアルバイトで稼いで、すぐに返済する…ということが比較的しやすいんですね。若いフリーターの方には確かに負けますが、それでも会社員・OL・公務員の方々など、時間や体力が制限されている人よりは、だいぶマシなのです。

ということで、消費者金融で借りても「すぐ返済できる」ので、金利の影響はあまりないのです。先に書いた通り、少額だったら銀行カードローンでも消費者金融でも、実際の利子総額はほとんど変わらないですしね。消費者金融は高金利というのは、ただの世間のイメージに過ぎないのです。


こうした理由から、学生がお金を借りたい場合、下のようになります。

  • とりあえず消費者金融で借りて、日払いのアルバイトなどで稼いで、すぐに返済する

こういうスピーディーなやり方をおすすめします。お金が必要な理由はいろいろあるでしょうが、どんな問題でも、すぐに片付けるほど気が楽になり、勢いもつきます。逆に一定以上の時間を賭けてしまうと、賞味期限が切れるように、どんどんモチベーションが下がってしまうものです。

なので、すぐに問題を解決して勢いをつけるためにも―。

  • あれこれ迷わず、消費者金融で資金調達する
  • そして、すぐにアルバイトを増やしたり、探したりする

このように「矢継ぎ早な行動」をとっていただくのがいいでしょう。こうやってスピードをつけて行動すると、人生そのものもスピーディーになっていくものです。

未成年なら、クレジットカードのキャッシングで

上のように消費者金融を勧めてきましたが、消費者金融は20才以上でないと借入不可なので、18才・19才など、未成年・10代の方々は、クレジットカードのキャッシングをおすすめします。

ただ、クレジットカードは発行までに1週間程度はかかるので、最短即日借入をする…というのは無理です。なので、最短即日借入を希望する人で、未成年の方は、残念ながら諦めた方がいいでしょう。

借り入れを諦めるというだけで、普通に日払いのアルバイトをして稼いだり、不要品の売却をしたり、あるいは親友達などに借りる…というのがいいでしょう。もしくは、そのお金が必要な用事を「我慢する、無視する」ということですね。

(実は、これが特に重要な選択肢だったりします)


以上、学生がお金を借りる時には、消費者金融かクレジットカードのキャッシングがおすすめ…という内容をまときました。大学生や専門学校生、あるいは大学院生など、学生さんがお金が必要になった時は、ぜひ参考にしてみてください。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP