キャッシング審査の職業・属性・年齢のまとめ(専業主婦・学生・未成年・10代など)

キャッシング審査の職業・属性・年齢のまとめ(専業主婦・学生・未成年・10代など)

ここではキャッシングの知識や用語の中でも、特に職業・属性や年齢などについてまとめていきます。カードローンの世界について詳しく知りたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

キャッシング審査の「職業・属性」

知っての通り、キャッシング審査では職業・属性が重要になります。職業・属性ですべてが決まるわけではありませんが、かなり大きな影響がある…というのは確かです。

で、カードローン審査の職業・属性についてまとめると、

というのが基本的なポイント。そして、

となっています。また、学生といっても、

  • 未成年・10代・20才未満ではキャッシング不可で、
  • あくまで20才以上で、
  • 自分のアルバイト収入を持っていること

という条件です。消費者金融は、学生だけでなく誰が審査申込みする時でも「自分の収入が必要」になります。

「専業主婦のキャッシング」について

キャッシング審査の職業・属性の中で、特に話題にのぼりやすいのは「無収入の専業主婦」でしょう。専業主婦のキャッシングについては、

  • 大手の消費者金融では不可
  • 銀行カードローンだったらOK

…という風になっています。で、銀行カードローンでも、

  • 夫・旦那の収入によって借りるわけなので、
  • 基本的には配偶者の同意書の提出が必要になる
  • 配偶者の同意書というのは、夫・旦那の同意書のこと
  • つまり、こうした銀行カードローンでは「夫バレ・旦那バレが確実」

となるわけです。当然専業主婦の借り入れでは夫・旦那に内緒で借りたいはずなので、これでは実質借入不可のようなものなんですね。

「配偶者の同意書なし」でOKな銀行カードローン

配偶者の同意書なしでOKな銀行カードローンを一覧にすると、下のようになります。

という風です。他にも複数ありますが、主だった銀行カードローンではこれらになります。

で、配偶者の同意書なしで借りられるとなっても「他の必要書類はないのか?」という点がきになるでしょう。これは、

  • 基本的に「婚姻関係の証明書」を提出する
  • 住民票・戸籍抄本・戸籍謄本などである
  • しかし、楽天銀行・横浜銀行だけは、それも無しでOK

…という風になっています。以下、この「婚姻関係の証明書」の提出について書きます。

「婚姻関係の証明書」とは

婚姻関係の証明書とは、「結婚していることが、証明できる書類」です。主に、

となっています。他にもマニアックな婚姻関係の証明書はいろいろありますが、基本的にこれらのどれかを提出すればOKです。そして、特に専業主婦のキャッシングで提出されるのは「住民票」です。理由は、

  • 住民票の写しなら、普段から持っていることも多い
  • また、何度も発行しているものなので、もらい方も方にわかる
  • ↑(市区町村の役場に行くだけです)
  • また、審査する業者・銀行やクレジット会社の側も慣れている
  • なので、審査が比較的簡単に終わる

ということです。もちろん、他の婚姻関係の証明書だと審査に通りにくくなる…というようなことはありませんが、提出する側としても「住民票が一番簡単」なことは間違いないので、それを普通に提出しておけばOK…ということですね。

(キャッシング審査では、そもそも個性などはまったく出す必要がないのです)

「戸籍謄本」「戸籍抄本」とは?

戸籍謄本とは、戸籍の情報が「全部」書かれたもの。「全部事項証明」とも言います。

で、もう一つの「戸籍抄本」は、

  • 戸籍の情報が、
  • 「その本人」(一個人)の分だけ書かれた者

となります。そのため、「個人事項証明」といいます。つまり、

  • 戸籍謄本…「全部」書かれている(家族も含め)
  • 戸籍抄本…「自分」だけ書かれている

ということです。戸籍抄本の「抄」という字は「省」の意味です。(抄録という言葉も要約の意味です)なので、

  • 戸籍の「全部の情報」ではなく、
  • その人「個人」に関する情報だけを抜粋した

ということなんですね。

で、キャッシング審査では「家族は関係ない」ので、戸籍謄本でも戸籍抄本でも、どちらでもOKです。

ちなみに、「戸籍謄本」でも「戸籍抄本」でもない戸籍というのは「戸籍原本」と言います。これは文字通り「原本」なので、役場の人しかさわれません。その戸籍に掲載されている本人でも、見ることや触ることはできないんですね。

「未成年・10代」のキャッシング

未成年・10代のキャッシングは、基本的にできません。しかし、

…という風です。ただ、

  • 見ての通り、少額キャッシングしかできない
  • また、キャッシング枠をもらえるかもわからない

ということで、10代・未成年では正直キャッシングはかなりしにくい…というのが現実です。(もちろん、しやすかったら借入超過者多重債務者をたくさん輩出することになってしまうので、借りにくくてOKだと思いますが)

なお、「働いている18才・19才」であれば、ろうきんカードローンでキャッシングする、という方法もあります。ここではそれについて説明していきます。

「ろうきんカードローン」とは

ろうきんカードローンは、労働金庫が提供するカードローンです。労働金庫は、名前通り労働者を支援するために作られた、信用金庫のようなもの。そのため「勤労している」人に対しては、18才・19才であっても融資してくれるんですね。審査基準としては、

  • 勤続1年以上であること
  • 年収150万円以上であること

という二点があります。あと「その労働金庫の管轄エリアに在住・在勤している」という条件もありますが、これは当たり前ですし、全国各地に労働金庫はあるので、特に問題ありません。

ということで、

  • 勤続1年
  • 年収150万円

という条件さえ満たしていれば、10代・未成年の方々であっても、キャッシングすることはできる…というわけです。また、ろうきんカードローンは「銀行カードローンよりも低金利」なので、この点でも大きなメリットがあります。

(ちょっとだけ低金利というわけではなく、銀行カードローンの半分程度の安さです。ものすごい低金利なんですね。)

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP