審査・口コミ情報まとめ!金利や審査時間は?美人が解説!

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン
  • WEB完結
  • 郵送物無し
  • 土日審査
  • 無利息期間
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生
  • 未成年

実質年率3.5%~14.0%借入限度額1000万円返済方式残高スライド

診断 審査時間 融資時間 収入証明書
最短即日 最短即日 原則不要(200万以下)
専業主婦OK!みずほ銀行申込窓口
女性講師

みずほ銀行の即日融資

みずほ銀行カードローンのコンフォートプランは下限金利3.5%という金利の安さが魅力!専業主婦が夫・旦那に内緒で借りるにもおすすめのキャッシング方法です。学生やアルバイトでも借入可能♪

Q.みずほ銀行の審査は厳しい?ゆるい?

A.銀行では平均的。決して厳しくはない

みずほ銀行カードローン(コンフォートプラン)の審査は、銀行ローンの審査の難易度としては、平均的。特に厳しいということも、甘い・ゆるいということもありません。

みずほ銀行カードローンは、他の銀行よりも低金利な分、審査が厳しいという指摘もたまにあります。たしかに低金利なほど審査が厳しくなるという法則は、銀行カードローンに限らず、キャッシング業界全体で見られる傾向です。

ただ、ことみずほ銀行に関しては「低金利だから審査が厳しくなる」ということは、あまりないと考えていいでしょう。理由は、

  • 資金力が豊富で、スタッフも多いので、
  • 他の銀行より、多くの人に融資する余裕がある
  • 一定以上の信用度の人であれば、
  • どんどん融資した方が、売上が伸びる
  • むしろ「低金利=薄利多売」になるので、
  • たくさんの人に融資した方がいい

ということ。もちろんこの場合の薄利多売というのは、いい意味です。銀行カードローンにとっての「薄利」というのは、消費者にとって、低金利ということですからね。

なので、みずほ銀行カードローンが「他の銀行より審査が厳しい」ということは特にないのです。もちろん甘くもありませんが、あまり深く身構える必要はありません。

Q.みずほ銀行カードローンの金利は?

A.実質年率で3.5%~14.0%。かなり低金利

みずほ銀行カードローン・コンフォートプランの金利は、実質年率で表すと「3.5%~14.0%」。これは、下限金利・上限金利ともにバランスよく安いということで、「理想に近い低金利」といえます。

「バランスよく低金利」ということは、どういうことか説明すると、下のようになります。

  • 「上限金利だけ安い」とか、
  • 「下限金利だけ安い」という銀行は多い
  • 「上限金利だけ」なら「借入金額が小さい時」、
  • 「下限金利だけ」なら「借入金額が大きい時」に、
  • それぞれ低金利になる
  • 逆の時は、高金利になってしまう

ということです。これが「片方だけ金利が低い」時の利息です。しかし、みずほ銀行の場合「両方バランスよく低金利」なので、

  • 借入金額が小さい時も、
  • 借入金額が大きい時も、
  • どっちでも低金利

ということなのです。なので「万人におすすめ」ということですね。

Q.みずほ銀行の限度額・融資枠は?

A.最大1000万円で、銀行ローン最強

みずほ銀行カードローンの限度額・融資枠は、最大で「1000万円」となっています。これはすべての消費者金融・銀行カードローンの中で、文句なしの最大金額となっています。

たまに地方銀行のカードローンで「最大5000万円」などの驚異的な融資枠がありますが、これは例外中の例外なので、普通の人でも手が届くレベルのカードローンとしては、みずほ銀行の限度額が最大と考えてください。

もちろん、「普通の人」といっても「1000万円をキャッシングする」ためには、年収3000万円が必要なので、全然「普通の人」ではないのですが…。しかし、5000万円を借りるには、

  • 現金の年収で「一億円」か、
  • それに匹敵するレベルの不動産が必要

ということで、さらに非現実的です。それと比較すると、ある程度現実的な融資枠の中では、みずほ銀行の1000万円が最高と思っていいでしょう。

ちなみに、このみずほ銀行の「1000万円」という極度額が、他の主要な銀行カードローンと比較してどうかというと、実際に一覧にするとよくわかります。

  • 三菱東京UFJ銀行…500万円
  • りそな銀行…500万円
  • 静岡銀行…500万円
  • 三井住友銀行…800万円
  • 楽天銀行…800万円
  • イオン銀行…800万円
  • ソニー銀行…800万円
  • じぶん銀行…800万円
  • オリックス銀行…800万円
  • ジャパンネット銀行…1000万円
  • 横浜銀行…1000万円

という風です。つまり、みずほ銀行と同じ「1000万円」なのは、横浜銀行・ジャパンネット銀行ということですね。

「2つもあるじゃん」と思われるかも知れませんが、横浜銀行は「神奈川県・東京都・群馬県」に住んでいないと借りられませんし、ジャパンネット銀行は支店がないという点で、年配の方には少々敷居が高いかも知れません。

やはり「万人向け」の銀行カードローンの中では、「融資枠が一番大きいのは、みずほ銀行」と言えます。

Q.みずほ銀行の審査は、在籍確認が必須?

A.在籍確認は必須で、回避する方法は特になし

みずほ銀行カードローンの審査では、会社・勤務先への在籍確認は必須となっています。回避するやり方・方法・なしになる状況・条件などは、特にありません。

ごくまれに「みずほ銀行でも、職場への電話連絡なしで借りられた」という体験談・口コミもあるようですが、それは「例外中の例外」と思ってください。イオン銀行・三菱東京UFJ銀行など、他の一部の銀行カードローンであれば、たまにそのようなケースもあるようですが、みずほ銀行に限ってはほとんどないというのが現実です。

ただ、あまりにもクレジットスコアが高く、在籍確認するまでもないと誰もが判断するような人であれば、話は別です。たとえば、

  • 公務員の中でも、かなりのキャリア
  • 一流企業の部長レベル

…というような人です。このような「明らかに身元がしっかりしている人」(たとえば、検索すると名前が出てくるレベル)という場合、みずほ銀行カードローンでも、電話連絡なしで借りられるということは、ごく稀にあります。(しかし、本当にごく稀だと思ってください)

Q.みずほ銀行にはおまとめローンもある?

A.普通のキャッシングでおまとめもOK

みずほ銀行はおまとめローンとしての利用も可能です。消費者金融のような「おまとめ専用のコース」はないですが、これは他の銀行カードローンの場合も同じです。

消費者金融と違って、銀行カードローンはもともと「総量規制の対象外」なので、わざわざ総量規制をクリアするために「おまとめ専用プラン」を用意する必要はないのです。

ということで、みずほ銀行に「おまとめローン・借り換えローン」という専用コースは特にありませんが、普通のキャッシングで、そのまま借金の一本化もできるようになっています。そして、公式サイトでも「おまとめ・借り換えOK」と、借金の一本化や借り換えを歓迎していることが明記差れているので、この点でも、それが明記されていない銀行カードローンよりは、審査に通りやすいといえます。

「おまとめ・借り換えOKと強調されていない銀行」というのは、ここでは特にあげませんが(否定するようなので)公式サイトを見ればわかります。公式サイトをざっと見て特に「おまとめ・借り換えOK」という文字が目に入らないようだったら、「その銀行カードローンは、おまとめ審査は少々通りにくい」と考えてください。

(歓迎していたら、必ずアピールするはずですからね)

で、その点でおまとめ・借り換えの利用用途を強調しているみずほ銀行カードローンは、一本化や乗り換えの審査でも通りやすい、と言えます。

Q.みずほ銀行は専業主婦でも借りられる?

A.専業主婦でもキャッシングしやすい銀行の一つ

みずほ銀行カードローンは、無収入の専業主婦でもキャッシングできます。ただ借り入れできるというだけではなく全ての銀行カードローンの中でも、特に専業主婦が夫・旦那に内緒で借りやすいというカードローンになっています。そういえるポイントをまとめると、

  • 配偶者の同意書なしで借り入れOK
  • すでに口座さえあれば、ローンカードの郵送もなし
  • 郵便物があった時も、みずほ銀行なので怪しまれない

という点です。特に他の銀行カードローンとの大きな違いといえるのが配偶者の同意書なしで借りられるという点でしょう。主要な銀行カードローンのうち、半分くらいは配偶者の同意書必須という条件なのです。

で、そうした銀行カードローンでは当然、「夫・旦那に相談してキャッシングする」必要があります。相談すれば当然のことながら、「夫・旦那にキャッシングがバレる」ということなので、ほとんどの専業主婦の方にとっては、こうした銀行カードローンはおすすめできないわけですね。

(おすすめされても借りたくないでしょう)

その点、みずほ銀行カードローンのように「夫・旦那の同意書なしでOK」という条件のキャッシングだと、夫バレ・旦那バレのリスクがほとんどゼロに近い、ということで借りやすいわけですね。

ちなみに、みずほ銀行以外でも「夫・旦那の同意書不要」で借りられる銀行カードローンは、下の通りです。

  • イオン銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • 楽天銀行
  • 横浜銀行
  • 東京スター銀行

他にも「状況・条件によってなしでOK」という銀行カードローンはありますし、これらの銀行カードローンでも、場合によっては必要になることはあります。ただ、基本的にこれらの銀行カードローン(みずほ銀行含む)であれば、配偶者の同意書なしで、夫バレ・旦那バレすることなく借りられる、と思ってください。

Q.みずほ銀行は学生でも融資可能?

A.学生で自分の収入があれば借入可能

みずほ銀行カードローンは、学生でも借り入れすることができます。条件は他の銀行カードローン・消費者金融と同じで、自分の収入があって、20才以上となっています。

つまり大学生でも18才・19才の場合は借入不可です。また、20才以上であっても「アルバイトをしていない」という学生は当然キャッシング不可です。

この学生に対する審査基準は、クレジットカードや中小業者の学生専用ローンの場合は変わることがありますが、大手の消費者金融・銀行カードローンの場合は、まったく変わらず共通しています。

一部、銀行カードローンの場合は、

  • 学生キャッシング自体不可
  • 可能だが、親権者の同意が必須

などの条件があり、銀行カードローンの方が消費者金融より厳しいという状況になっています。たとえば「学融資不可」の銀行カードローンを一覧にすると、

  • 三井住友銀行
  • 静岡銀行
  • 横浜銀行
  • オリックス銀行

…というように、主要な銀行カードローンの中でも結構数があります。また、「条件がやや厳しい」という銀行カードローンをあげると、

  • 三菱東京UFJ銀行…親権者の同意書が必須
  • ソニー銀行…限度額10万円まで

となっています。もっとも、ソニー銀行については学生なら、10万円キャッシングできれば十分なので、別に特に問題ないかも知れません。三菱東京UFJ銀行については「親権者の同意書が必須」ということは、要するに「必ず親バレする」ということなので、この点は多くの学生にとって「実質借入不可」といえます。

このように学生融資に対して銀行カードローンは消費者金融より少々厳しくなっていますが、みずほ銀行カードローンの場合はこのような学生融資に対する制限もなく、比較的、学生がキャッシングしやすい銀行カードローンということができます。

Q.みずほ銀行は、未成年・10代でも借りられる?

A.10代・未成年では、キャッシング不可

未成年・10代では、みずほ銀行カードローンでキャッシングすることはできません。これもやはりみずほ銀行だけでなく、どの消費者金融・銀行でも同じです。(毎回どこでも同じ、というコメントを書いていますが、そのくらい審査基準というのは、大手では同じになるのです。地方銀行や中小業者だとだいぶ個性があるのですが)

ということで、20才未満・未成年・10代の人は、みずほ銀行カードローンで借り入れすることもできません。また、他の銀行カードローン・消費者金融でも、少なくとも「大手は無理」なので、借りるとしたら、

  • ごく一部の中小業者
  • 地方銀行のカードローン
  • ろうきんカードローン(これが一番借りやすい)
  • クレジットカードのキャッシング機能(これも借りやすい)

という選択肢になります。特に可能性が高いのはろうきんカードローン・クレジットカードで、

  • ろうきん…18才以上で、仕事をしていればOK
  • クレカ…キャッシング枠が5万円~10万円もらえる

…という風になっています。ろうきんカードローンについては、

  • 年収150万円以上
  • 勤続1年以上

という少々厳しい条件がありますが、中卒・高卒で働いている人なら、この審査基準をクリアできるので、ろうきんカードローンで借りるというのが一番現実的でしょう。

Q.みずほ銀行は年金生活者でも融資可能?

A.年金生活者でもキャッシングできます

みずほ銀行カードローンは、年金生活者(年金受給者)の人でも、問題なくキャッシングできます。年金以外の収入がないという条件の場合、少々厳しくなりますが、それでも借入審査に通ることが多いです。

その時の条件としては、年金の振込先の口座を、みずほ銀行に指定するとなることが多いです。これは絶対ではありませんが、「信用度(クレジットスコア)が低い人」の場合、こういう条件になることがあります。

これは別にみずほ銀行カードローンだけではありません。銀行で年金生活者の方がキャッシングする場合、この条件になることは、しばしばあります。理由は、

  • 年金が自行の口座に振り込まれれば、
  • 振り込まれるのと同時に、そこから天引きできる
  • なので、絶対に回収できる
  • また、「銀行口座の利用」も活発になるので、
  • 通常の「銀行業務」でも利益がある

ということです。つまり年金の振込先の口座に指定してもらえば、銀行としてはほとんどリスクがゼロなんですね。なので、年金以外の収入がないという年金受給者差の方でも、この条件だったら借りられる…ということが多いのです。

Q.みずほ銀行は、何歳まで借入可能?

A.65才まで融資可能(66才以上は不可)

みずほ銀行カードローンの年齢制限は66才未満となっています。これは言い方を変えれば「65才以下」ということで、要は65才ならOKということです。

この年齢制限も、やはりほとんどの銀行カードローンで共通していて、65才以上か未満かは別にして、この年令が一つの区切りになっています。

一方、消費者金融の方は「69才まで借入可能」となっているので、60代の高齢者の方は、消費者金融の方が年齢的には借りやすい、といえます。

ただ、消費者金融の方は年齢条件はゆるい代わりに、年金以外の収入がないと、基本的に借入不可というのがデメリットになっています。何らかのパート・アルバイトをしている年金生活者の方であればいいのですが、そうでない場合は、やはりみずほ銀行も含めて、銀行カードローンで借りた方が簡単だし、安心といえるでしょう。

(金利も安いですし)

Q.みずほ銀行はアルバイトでも借りられる?

A.アルバイト・フリーター・パートでも融資可能

これもまたまた「他の銀行カードローンでも同じ」という審査基準ですが、みずほ銀行カードローンも、

  • パート
  • アルバイト
  • フリーター

などの人でも、借入可能となっています。別に正社員や契約社員などでなくてもいいのです。このような、フリーター・アルバイトなどの雇用形態でもキャッシングできるというのは、金融業界では常識であり、借りられないと思っているのは、キャッシングに興味がない世間の人だけです。

もちろん、多少審査が厳しくなる部分はあります。特に融資枠が小さくなるということはよくあるでしょう(会社員・OLとくらべてですが)。

しかし、それにしても、10万円~50万円くらいは借りられることが多いですし、利用実績をつけてクレジットスコアを高めれば、100万円以上を借りることも可能です。

ということで、みずほ銀行でお金を借りる場合も、フリーター・アルバイト・パートの人々は安心して申し込んでください。

Q.個人事業主でも、みずほ銀行で借入可能?

A.個人事業主・会社経営者でも融資OK

銀行カードローンやクレジットカードの審査は、個人事業主・会社代表者などに厳しい…というイメージがあるかも知れません。しかし、みずほ銀行カードローンは、このような独立系の職業の人々であっても、問題なく借りられるようになっています。

これら独立系の職業の呼び名を全部書くと自営業・法人経営者・会社代表者・フリーランス・商店主…と、どの職業・属性の人でもOKとなっています。

これらの人がお金を借りる条件として、これもやはり他の銀行同様年収確認資料の提出が必須となっています。確定申告書・源泉徴収票などといった書類ですね。

本来のみずほ銀行カードローンは借入金額200万円までは、原則収入証明書不要という条件なのですが、借入金額が200万円に満たない時でも(たとえば10万円でも)「必ず収入証明書が必要になる」ということですね。

ということで「提出する書類は増える」わけですが、逆に言えばそれだけです。対して難しい条件ではありません。

ちなみに、みずほ銀行カードローンの審査で収入確認資料と認定される書類は、たとえば下のようなものです。

  • 源泉徴収票
  • 納税通知書
  • 住民税決定通知書
  • 確定申告書
  • 課税証明書
  • 所得証明書

…というものです。最後の「所得証明書」は年収証明書と同じ意味でも使われますが、これはそういう書類の種類でもあります。

たとえば源泉徴収票など「そのAさんの収入に関して、その年度に報告された分を、すべて役所側でまとめてくれた」ものなんですね。

例えばフリーランスの人など、あちこちから源泉徴収票をもらっているという人の場合、このように役所側でそれらの報告をまとめてくれている、というのは非常に便利です。

もっとも、フリーランスの人も本当に事業をまじめにやっていたら確定申告は絶対しているので、確定申告書を出すのが一番簡単で早いのですが。


以上、みずほ銀行カードローンのキャッシングについて、金利・融資枠・在籍確認・審査基準など、ありとあらゆる条件からまとめました。最後にポイントをまとめると、

  • 銀行カードローンの中で、特に実質年率が低く、金利が安い
  • おまとめローンの審査にも積極的
  • 限度額が最大1000万円と、最も大きい
  • フリーター・アルバイトや学生でも借入可能
  • 専業主婦が夫・旦那に内緒で借りやすい

…というようなメリット・特徴があります。メガバンクということで信頼性も抜群なので、キャッシングを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

専業主婦OK!みずほ銀行申込窓口

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP