即日融資でお金を借りるなら、何時までに申し込むのが必要か?

即日融資でお金を借りるなら、何時までに申し込むのが必要か?

即日融資でお金を借りるなら、何時までに申し込むのが必要か―。これは、

  • 大手の消費者金融…19時から20時程度
  • 銀行カードローン…午前中~19時程度

…となっています。見ての通り、銀行カードローンの受付時間はかなり幅がありますが、この理由を説明します。

銀行カードローンの最短即日審査の締切時間は、バラつきがある

上に書いた通り、銀行カードローンの締切時間は、午前中~19時くらいと、かなり幅があります。正確にはこれはこの時間に申し込むと大体間に合うという時間で、「完全に締め切る時間」で書くと、「15時~21時」となっています。そして、この「締め切る時間」までに審査完了する申し込み時間が「午前中~19時程度」ということです。

何でこの計算になるのかというと、「銀行カードローンの審査は早くて2時間はかかることが多い」からですね。なので、締切時間から逆算すると、「午前中~19時には申し込んだ方がいい」となるのです。

で、バラつきについてですが、大体「3つのグループ」に別れ、

  • 午前中…横浜銀行・東京スター銀行など地方銀行
  • 14時まで…みずほ銀行・楽天銀行・イオン銀行・オリックス銀行など大手
  • 20時~21時まで…三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・新生銀行レイク

…という風になっています。ポイントをまとめると、

  • 「地方銀行」は審査時間が長くなるので、午前中には申し込んだ方がいい
  • 「大手銀行」も、遅くとも14時には申し込みが必要
  • 三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・新生銀行は特例

…という風です。ここではまず、特例の三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・新生銀行の審査受付時間についてまとめていきます。

審査受付時間が長い3つの銀行カードローン

一番長い時間で即日審査を受け付けてくれるのは、上の3つの銀行カードローンですが、それぞれの即日審査の締切時間を一覧にすると下の通りです。

  • 三菱東京UFJ銀行…20時(土日・祝日は17時~18時)
  • 三井住友銀行…21時
  • 新生銀行レイク…21時

…という風になっています。三菱東京UFJ銀行のみ少々短いですが、それでも「時間以外での借りやすさ」を考えると、三菱東京UFJ銀行・バンクイックはかなり有利です。

専業主婦・学生でも三菱東京UFJ銀行なら借入可能

上の3つの銀行カードローンのうち、三井住友銀行・新生銀行レイクについては、借入不可な職業・属性というものがあります。それぞれ書くと、

  • 三井住友銀行…学生・無収入の専業主婦
  • 新生銀行レイク…無収入の専業主婦

…という風です。これに対して、三菱東京UFJ銀行は、学生でも専業主婦でも借りられるという点で「受付時間は短いものの、借りられる職業・属性の人が多いという点では、三井住友銀行・新生銀行(レイク)よりも有利なんですね。

…というように、この記事でのテーマは「何時までに申し込めば即日キャッシングできるか」というものですが、時間だけでなく自分の職業・属性だったら、一番借りやすいのはどの消費者金融・銀行カードローンかということも考えて借りるようにしてください。

消費者金融は21時か22時が、最短即日融資の審査の締切時間

一方の大手の消費者金融ですが、こちらは多くの銀行カードローンより締切時間が長く、

  • モビット・ノーローン・アイフル…21時まで
  • アコム・プロミス…22時まで

…という風になっています。そしてさらに、大手の消費者金融は審査の所要時間も短いということで「この時間までに申し込めば大丈夫」というラインも、銀行カードローンよりゆるくなっています。

大手の消費者金融の審査時間は「最短30分」で、融資の手続きまですべて含めると、大体1時間となっています(最短の場合)。なので、ギリギリの申し込み時間でいうと、

  • アイフル・ノーローン・モビット…20時まで
  • プロミス・アコム…21時まで

…というのが、大体の目安になります。ただ、これはあくまで「ギリギリの時間」なので、「確実にその日中に借りたい」という人の場合、このようなギリギリの申し込みはおすすめしません。

なので、余裕を持って2時間前に申し込む方がいいでしょう。その時間で書くと冒頭に書いた通り、「19時~20時」に申し込むべき…ということになるのです。

銀行振込で借りたい場合、締切時間が早くなる

上に書いたのは、あくまで「ATM借り入れ」の場合です。つまりATMから現金で直接借りるというという方法です。この場合は、先に書いたように「夜間でも即日借入OK」というルールになっているんですね。

で、もしこのような「ATMから借りる」という方法ではなく「銀行振込によって借りたい」という場合、大手の消費者金融でも締切時間はもっと短くなります。

というのは、銀行振込で借りるには、銀行の営業時間内でなくてはならないからです。知っての通り、銀行は「15時まで」しか営業していないので、それより前に振込手続きができるよう、大体14時には審査完了していないといけないということなんですね。

で、先に書いた通り「確実に間に合う」ためには「2時間前」には申し込む必要があるので、ここから計算すると午前中には申し込みが必要となります。

なので、もし「即日振込みによって借りたい」という人がいたら、この申し込み時間には注意してください。

銀行振込で借りるメリットは何か

そもそも銀行振込で借りるメリットとは何か。これはよほど特殊なケースでなければ、特にないと考えてください。というのは、

  • その日中に、何らかの「引き落としがある」という場合でも、
  • ATMで現金で直接借りて、そのまま入金すればいい

からです。強いて言うなら、銀行振込で借りると、ATMまで出かける手間・時間が省けるというのはメリットです。ただ、これについても「コンビニATMでもいいんだから、出かける手間も、それほどではない」ということで、大きなメリットというほどではありません。

さらに強いて言うなら雨など、天気が悪い時、体調が悪くて、コンビニATMまで行くのも大変な時などは、銀行振込で借りるのは大きなメリットがあるでしょう。

逆に言えば、このような特殊なケースでなければ、銀行振込で借りることにこだわる理由はないと考えてください。

できるだけ早く、最短即日融資の審査を完了させる方法はある?

消費者金融でも銀行カードローンでも、できるだけ早く審査完了させる方法はあるのか―。これは、

  • 融資希望金額を少額で出す
  • 申込方法はネット申込みにする

…というのが主な方法です。借入希望金額については、融資金額が小さいほど消費者金融・銀行カードローン側のリスクが小さいということで、あちらの審査もトントン拍子に進み、早く審査完了する…ということが多いです。もちろん、借入希望金額だけではなく、「その人の年収・職業など、総合的な条件によって決まる」というのが基本ですが、これらの条件が同じだったとしたら、やはり融資希望金額が小さい方が審査に通りやすい…ということです。

融資スピードは、ネット申込みが一番早い

最近は、消費者金融・銀行カードローンともに「ネット申込み」が、申込方法の主流になっています。利用者にとっても、

  • いつでもどこでも申し込める
  • 人と顔を合わせずに済む(自動契約機のカメラで見られるのも含め)
  • 書類を手書きする手間・時間がかからない

…などのメリットがあって、ほとんどの人がネット申込みを使うようになっているということに加えて、消費者金融・銀行カードローン側にとっても「ネット申込みをしてくれた方が楽」なので、どの消費者金融・銀行カードローンでもネット審査のシステムの整備に力を入れている…というわけです。

そうしてすべての消費者金融・銀行カードローンがネット審査に力を入れるようになると、ますます利便性が上がり、審査スピードも早くなっていく…ということですね。

自動契約機で組み合わせると、一番早い?

ネット審査と自動契約機での申し込みを組み合わせると、一番早く審査完了する…という説もあります。これはある程度本当で、ポイントをまとめると、

  • 「審査情報の送信」だけは、ネット申込みでする
  • その後の本審査を、自動契約機でやる

…というやり方です。なぜこのやり方だと審査時間が一番短くなるのかというと、

  • 自動契約機での申し込みは、他の申込方法よりも優先的に審査される
  • ↑(その場で申し込み者が待っているわけなので)
  • しかし、自動契約機では「審査情報をすべて手書き」しなければいけない
  • もしくは、「タッチパネルで入力」しなければならない

…ということで、全部の審査を自動契約機でやると、審査情報の送信が大変というわけです。で、この問題を解決するための方法が「審査情報の送信だけ、ネット申込みでする」というやり方です。こうすれば、

  • 審査情報の記入・送信で時間を食うことはない
  • そして、自動契約機に行くので優先的に審査してもらえる

…ということで、「理論的には、審査時間が一番短くなる」…ということなんですね。

自宅から近い距離に無人契約機がある場合のみ有効

ただ、この方法は確かに理論的には一番早いのですが、使える条件があり、自宅から大体10分程度の位置に、無人契約機があるということ。そうでなければ、それ以上遠いのであれば「おとなしく、自宅で待っていた方が早い」ということになります。

ということで、都市部に住んでいる人など、適用できる人は少々限られますが、もしこの条件に合致する人であれば、審査時間を短縮するために、ぜひこの方法も試してみてください。

(もっとも、雨の日など外に出かけたくないケースでは、いくら審査時間が早くなるにしても、この方法は面倒かも知れませんが…)

最短即日審査の必要書類の用意で、意外と時間がかかることも

会社員・OL・公務員やフリーター・アルバイト・パートなど「自分の収入がある」人の場合、必要書類の用意で時間がかかる…ということはありません。運転免許証・パスポートなどの、一方的な身分確認資料だけでいいので、特に書類を用意する手間などはないからです。

強いて言うなら「よほど部屋が散らかっていて、本人確認資料を探すのすら大変」…となったら話は別ですが、そこまで汚部屋に住んでいる人はいないでしょうし、この点は特に問題ないでしょう。

借入審査の提出書類で時間を食うことがあるとしたら、専業主婦のキャッシングが一番多いです。ここでは、無収入の専業主婦がお金を借りる時に用意する必要書類について、説明します。

婚姻関係の証明書(住民票など)は必ず必要

収入がない専業主婦のキャッシング審査では、夫・旦那の同意書はあってもなくてもいいのですが、「婚姻関係の証明書」だけは必須となっています。たとえば、

  • 住民票
  • 戸籍抄本
  • 戸籍謄本

…といった書類ですが、これらだけは役所にもらいに行くなどして、必ず用意しなくてはなりません。なので、これらの書類を用意する時間というのも、即日借入では当然計算する必要があります。

即日キャッシングの審査で「当日中に借りられなかった」という人は、しばしばこういう審査時間と関係ない…、つまり「本人の作業の問題」という部分で引っかかっていることがあります。これらは、消費者金融・銀行カードローン側の審査時間に左右されず「自分の準備さえ早ければ審査を早くできる」という部分なので、ぜひ早め早めの行動を意識してください。

まとめ「最短即日融資でお金を借りるなら、何時までに申し込む?」

以上、即日融資でお金を借りたいなら、何時までに申し込めばいいか―、という内容をまとめてきました。最後に再度、ポイントをまとめると、

  • 消費者金融なら21時から22時まで即日審査している
  • 申し込みは19時から20時頃までにする
  • 銀行カードローンは午前中に申し込むのが基本
  • 新生銀行レイクなどは、消費者金融と同様21時までOK
  • ↑(申し込み自体は、19時頃までにする)
  • 消費者金融でも、銀行振込で借りる場合は午前中が基本

…という風です。参考になれば幸いです。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP