今すぐ1万円借りたい!即日キャッシングで借りられる?審査の条件は?

今すぐ1万円借りたい!即日キャッシングで借りられる?審査の条件は?

今すぐに1万円借りたい―。というような少額の即日融資を希望する場合も、もちろん可能です。このポイントをまとめると、

  • 融資枠という「いくらまで借りられるか」という限度額は、
  • 「1万円から」という少額はできない
  • 最低でも「10万円から」というルールになっている
  • その融資枠の中で、いくら借りるかは自由
  • なので「10万円」の融資枠をもらい、その中で1万円借りればいい

…ということです。以下、詳しくまとめていきます。

限度枠が10万円でも、別に10万円借りる必要はない

上に書いた通り、キャッシングでは消費者金融でも銀行カードローンでも「最低10万円」という限度枠がつきます。しかし、限度額が10万円だからといって、別に10万円借りなければいけない

というわけではありません。先に書いた通り、この10万円という枠内で、借りたい金額だけ借りればいいのです。

初めてキャッシングする人はこの「最低○○万円」という限度額のルールがわからず、最低30万円借りないといけないらしいなどと怯んでしまうことがありますが、そんなことは当然ないので安心してください。

(ちなみに、ヤミ金などの違法業者はこういう「押し貸し」をしてくるので、彼らの場合は注意してください。というより、そもそもヤミ金などからお金を借りないようにして下さい)

即日キャッシングはどの業者・銀行でもできる

初めてお金を借りる方にとって即日キャッシングというのは特別なことと感じられるかも知れません。しかし、実際には特別でも何でもなく、今のキャッシング業界では当日審査・即日融資が当たり前―、となっているのです。

なので、その日中にお金を借りるということ自体は、まったく問題なく簡単にできるのです。システム的には簡単で、その日中に借りられるかどうかは、その人の審査結果次第ということですね。つまり、

  • 即日融資自体は当たり前
  • その「審査」に通るかどうかはその人次第

…ということです。なので「誰でも当日キャッシングできる」というわけではないのですが、「審査に通りさえすれば、即日融資自体は簡単にできるシステムが整っている」ということです。

当日借入は消費者金融の方がやりやすい

銀行カードローンでも消費者金融でも、どちらでも当日キャッシングは問題なくできるのですが、より借りやすいのは消費者金融の方となっています。この辺は一般常識とまではいいませんが何となく世間的な感覚で、わかる人も多いかも知れません。

要は審査が簡単で、借りやすい業者ほど金利が高くなるということですね。逆に言えば「金利が高いということは、借りやすい」ということでもあるのです。

消費者金融と銀行カードローンの金利差は、30万円未満の少額借入の場合はそれほど大きくはありません。なので、個人でお金を借りる側としては、それほど金利差を気にする必要はないのですが、業者・銀行の側からしたら、少しの金利差が大きな売上の差になるわけなので、「少しの金利差でも、審査の通りやすさには大きな違いが出る」ということですね。

なので、銀行カードローンより金利が高い消費者金融は、自ずと当日キャッシングの審査も通りやすくなる、ということです。なので「1万円を今日中に借りたい」という場合でも、確実にその日中に借りたいという場合、銀行カードローンでなく消費者金融で申し込むことをおすすめします。

即日キャッシングは何時までに申し込めばいいのか

1万円でもその他の金額でも、即日キャッシングをしたい時には何時までに申し込めばいいのか。これは、消費者金融の場合は20時から21時が、ギリギリのタイムリミットとなっています。

というのは「当日審査の締切時間」が、それぞれの消費者金融で下のようになっているからです。

  • プロミス・アコム…22時まで
  • アイフル・モビット・ノーローン…21時まで

で、これは「締切時間」なのでこの時間より、最低1時間前には申し込みが必要と考えると、それぞれ

  • アコム・プロミス…21時までに申し込む
  • モビット・アイフル・ノーローン…20時までに申し込む

…という計算になるわけです。そして、これはあくまでギリギリの時間なので、確実に当日キャッシングを成功させるためにはさらにもう1時間前に申し込むというのが一番確実でしょう。

即日キャッシングの審査に限らず、人生のありとあらゆる場面で、やはり「早め早めの行動が重要」ということです。

銀行カードローンは午前中に申し込むのが基本

消費者金融に対して、銀行カードローンで即日借入を希望する場合は、午前中に申し込むのが基本となっています。銀行によっては三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・新生銀行などのように消費者金融並みに長時間、当日審査しているという所もあります。しかし、ほとんどの銀行カードローンは審査に最短で数時間、長ければ5時間程度かかる…ということもあるので、確実にその日中にお金を借りたいというのであれば、銀行カードローンでの即日融資の申し込みは、午前中にするよう意識してください。

ちなみに、

  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • 新生銀行

…の3つの銀行については消費者金融並みに即日キャッシングの審査受付時間が長いと書きましたが、ここではこれら3つの銀行の即日審査の受付時間についてまとめていきます。

消費者金融並みに即日審査の時間が長い銀行

まず、先に書いた3つの銀行カードローンの即日審査の受付時間を一覧にすると、下のようになります。

  • 三井住友銀行…21時まで
  • 新生銀行・レイク…21時まで
  • 三菱東京UFJ銀行…20時まで

…という風です。三菱東京UFJ銀行は土曜日は18時まで、日曜日・祝日は17時までとなっています。というように、

  • 三菱東京UFJ銀行の受付時間が少々短く、
  • 三井住友銀行・新生銀行(レイク)は完全に消費者金融並み

…ということです。消費者金融でも「プロミス・アコムの22時まで」と比較すると、1時間短いわけですが、ノーローン・アイフル・モビットの「21時まで」には匹敵しています。

これらの銀行も、早めに申し込んだ方がいい

以上、三井住友銀行などは消費者金融並みに長い受付時間となっていますが、消費者金融のように1時間前にギリギリで申し込むというのはやめた方がいいでしょう。理由は、

  • 「受付時間」は同じでも、
  • 「実際の審査にかかる時間」は違う
  • これらの銀行カードローンも「最短30分」となっているけど、
  • 実際には最短30分で終わらないこともある
  • ↑(消費者金融ほど最短30分で終わる確率は高くない

…ということです。銀行カードローンである以上、消費者金融より当然審査が厳しいので、審査の所要時間もどうしても長くなる、ということですね。なので、これらの銀行カードローンで申し込む場合は、消費者金融の時よりも少し早めに申し込んだ方がいいと言えるでしょう。

1万円借りるだけなら、銀行カードローンは不必要

そもそも、1万円だけ借りたいというような「超少額のキャッシング」であれば、銀行カードローンでわざわざ申し込む必要もありません。理由は、

  • 1万円を1ヶ月借りた場合の、
  • 消費者金融と銀行カードローンの利息差は、わずか「30円」である
  • しかも「1万円ならすぐ返済できる」ので、
  • 実際の利息差は「30円よりさらに小さくなる」可能性もある

…ということです。1万円程度の超少額の借り入れであれば、誰でも1ヶ月あればかなりの確率で返済できるので、利息の差は大抵「30円」で済むのです。

仮に返済が2ヶ月まで伸びたとしても「60円」です。つまり、消費者金融で借りようと銀行カードローンで借りようと、どちらの利息もほとんど変わらないということなんですね。だから、わざわざ審査が厳しくて、しかも審査の所要時間が長い銀行カードローンで申し込むよりも、

  • 審査結果がすぐに出て、
  • しかも審査に通りやすい

…という条件の消費者金融で借りた方がいい…ということです。

1万円だったら、家族などから借りるのもあり

「家族から借りられないから、キャッシングしようとしている」という反論は百も承知で書きますが、やはり1万円程度の超小口の借り入れであれば、やはり家族や友人など、身近な人から借りるというのが一番です。

「借りられない」といっても、大抵は「本当に借りられない」のではなく精神的に恥ずかしくて、借りられないということでしょう。もしその恥ずかしささえ克服できるのであれば、やはり一番いいのは身近な人から借りることです。

これが3万円とか5万円、あるいは10万円などという金額になったら、やはり身近な人には頼みにくいと思うので、これはキャッシングするしかないでしょう。しかし「1万円」であればギリギリ親兄弟・友達に借りるのも可能な金額といえます。なので、消費者金融・銀行カードローン・クレジットカードなどのキャッシングを利用するのも悪くはない選択肢ですが、まずは最初に親兄弟・友達などに頼むことも、考えてみて下さい。

家庭内の不要品を売れば、1万円くらいは作れる

その人の家の状況にもよりますが、家庭内の不要品を全部売却すれば、大抵は1万円程度の少額は作れるものです。「どれも必要なものだから売れない」と思われるかも知れませんが、私の経験からいうと、お金が足りなくなるような人は、大抵不要なものを大量に抱えているものです。なので「これは何が何でも必要なものか」と自分に問いかけてみるといいかも知れません。

そうしたら案外「結構捨てられる」ということことに気づくでしょう。「無駄な買い物をしてしまった」という罪悪感もあるかも知れませんが、不要なものを断捨離した気持ちよさも残るはずです。また、このような罪悪感は、その後不要な買い物をしなくなるためにも、いい薬になります。

もちろん、中にはすでに不要品も全部売却したし、それでもお金がないという人もいるでしょう。そのような場合はもちろん仕方ないので、キャッシングを利用して、早めに問題を解決するべきでしょう。

まとめ「1万円を今すぐに借りたい場合」

以上、「1万円を今すぐにキャッシングしたい」という場合の審査や申し込みについて、消費者金融・銀行カードローンの比較などを交えつつ、解説してきました。再度ポイントをまとめると、

  • 銀行カードローンでも消費者金融でも、借入枠は「10万円」から
  • 「1万円」という借入枠はないが、この10万円の範囲内で自由に借りられる
  • そして、即日融資自体は今のキャッシングなら余裕でできる
  • 審査に通るかどうか、申し込み時間は間に合う時間かどうかが重要
  • 1万円なら消費者金融・銀行カードローンの利息差はほぼない
  • だから、どちらで借りてもかまわない
  • 審査に通りやすく、融資スピードも早い消費者金融の方がいい
  • 1万円という超少額だったら、家族などから借りるのもあり

ということです。急ぎで1万円借りたいという人は、参考にしていただけたら幸いです。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP