みずほ銀行カードローンは、日曜日・土曜日でも最短即日融資・キャッシングができる?できない?

みずほ銀行カードローンは、日曜日・土曜日でも最短即日融資・キャッシングができる?できない?

みずほ銀行カードローン・コンフォートプランは、土曜日・日曜日のキャッシングはできません。みずほ銀行カードローンの最短即日審査は「平日の日中のみ」となっていて、土曜日・日曜日・祝日・夜間の最短即日審査はできないようになっています。

ということで、みずほ銀行で「土曜日・日曜日・祝日にお金を借りる」というのは無理なのですが、では「他にどの銀行カードローン・消費者金融で借りればいいのか」という「土曜日・日曜日・祝日の融資全般」についてまとめていきます。

土曜日・日曜日の借り入れみずほ銀行以外の銀行カードローンは?

みずほ銀行カードローンで土曜日・日曜日の借り入れができないなら、他に土曜日・日曜日・祝日の融資を受けやすい銀行カードローンはどこなのか―。これは一覧にすると下の通りです。

  • 三菱UFJ銀行カードローン
  • 新生銀行カードローン(レイク)
  • 三井住友銀行カードローン

これらの銀行カードローンが土曜日・日曜日のキャッシングをしやすい理由は下の通りです。

  • それぞれの口座なしでOK
  • 土曜日・日曜日・祝日でも夜間まで最短即日審査している
  • ↑(三菱UFJ銀行は17時~18時まで)
  • ↑(三井住友銀行・新生銀行カードローン レイクは21時まで)
  • 審査時間も「最短30分」というスピード

以下、さらに詳しくまとめていきます。

それぞれの口座なしで土曜日・日曜日の借り入れができる

これは銀行カードローンの土曜日・日曜日のキャッシングにおいて、特に重要な部分ですが、これらの3つの銀行カードローンはその銀行の口座なしでも、土曜日・日曜日の借り入れができるという条件になっています。

銀行カードローンは、普段(平日)のキャッシングから「その銀行の口座が必要」という条件のことが多いのですが、特に土曜日・日曜日・祝日はそうなるんですね。たとえば、例を出すと下の通りです。

こういう条件の銀行カードローンを一覧にすると下の通りです。

  • オリックス銀行カードローン
  • 楽天銀行スーパーローン(カードローン)

などがあります。それ以外の銀行カードローンは、平日でも土曜日・日曜日・祝日でも口座が必要という条件です。

このように、普段だったら口座なしでOKな銀行カードローンすらも、土曜日・日曜日の借り入れでは口座必須になるという点で、「土曜日・日曜日の融資を申し込みやすいかどうかは、口座が必要かどうかで決まる」と言えます。

  • 三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」
  • 三井住友銀行カードローン
  • 新生銀行カードローン レイク

この3つの銀行カードローンは、その条件をしっかりと満たしている…ということです。

土曜日・日曜日・祝日でも夜間まで当日中に審査している

また、上に書いた通りこれら3つの銀行カードローンは土曜日・日曜日・祝日でも17時~21時という夜間まで、当日中に審査してくれるというメリットがあります。つまり、休日の夜間にお金が必要となった場面でも、問題なく即日借入することができる…というわけですね。

もう一度、それぞれの土曜日・日曜日・祝日の最短即日審査の締切時間をまとめると、下のようになります。

  • 三菱UFJ銀行…17時~18時
  • 三井住友銀行…21時
  • 新生銀行カードローン レイク…21時

このように、なっています。三菱UFJ銀行は―。

  • 日曜日・祝日…17時まで
  • 土曜日…18時まで

ちなみに、平日は20時までです。

このように、土曜日・日曜日の審査の締切時間に関しては、三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、三井住友銀行・新生銀行カードローン レイクより少々短く、不利になっています。しかし、では三菱UFJ銀行カードローンが借りにくいのかというとそうではなく、下のような点で「バンクイックの方が有利」ということも言えるんですね。

土曜日・日曜日・祝日の最短即日借入では、在籍確認が重要(みずほ銀行以外の銀行カードローン)

みずほ銀行カードローンでは土曜日・日曜日のキャッシングはできませんが、土曜日・日曜日・祝日に即日借入する時は、消費者金融でも銀行カードローンでも勤務先への在籍確認をどうクリアするか?という点が、重要な問題となります。理由は言うまでもなく―。

  • 土曜日・日曜日・祝日は会社が閉まっていることが多い
  • 本当に在籍していても、電話が通じなくて在籍確認できない

このようなことがしばしばあるからです。特に官公庁など土曜日・日曜日・祝日は一斉に休みになるという仕事場では、こういう問題が起きやすいですね。

(問題といっても、あくまで土曜日・日曜日・祝日にキャッシングする人にとってのみの問題であり、官公庁が悪いわけではないのですが…)

ということで、このように「土曜日・日曜日・祝日に休みになる職場」に勤務している人の場合、会社への在籍確認をどうするか、という問題が生じます。これについては、下のような対策があります。

SMBCモビット・プロミスなら「代替手段」をとれる

みずほ銀行のような銀行カードローンではなく、大手の消費者金融になりますが、プロミス・SMBCモビットで借りる場合「在籍確認の代替手段」をとることができます。必ず認められるわけではありませんが、SMBCモビット・プロミスが「それでOK」と判断してくれた場合、これで職場への電話連絡なしでキャッシングすることも可能となります。

SMBCモビット・プロミスでそのように「在籍確認の代替手段」が適用される条件は、下の通りです。

  • クレジットスコアが一定以上で、在籍確認しなくても信用できる、SMBCモビット・プロミスが思うこと
  • 職場への電話連絡なしにするためのやむを得ない事情がある、とプロミス・SMBCモビットに判断された人

要は下の通りです。

  • 信用できる
  • やむを得ない事情がある

こうした2つの要素ですね。この2つの条件を満たしている人だったら、「在籍確認の代替手段」の適用が認められます。そして、その代替手段とはどのようなものなのか。

会社の保険証などの「書類の提出」をする

SMBCモビット・プロミスの在籍確認の代替手段は、簡単に言うと書類の提出です。提出書類は―。

  • 勤務先の保険証
  • 勤務先の給与明細

といった書類が基本です。人によって、あるいは時期によって提出書類が変わるということもありえますが、基本的にはこのような書類を提出すると思ってください。

SMBCモビットはさらに提出書類が多い

上に書いた2種類の書類は、プロミス・SMBCモビットのどちらの代替措置でも必要になる(ことが多い)書類です。SMBCモビットの場合はもっと多くの種類の書類が必要になることがあり―。

  • 収入確認資料
  • 指定の身分確認資料(運転免許証・パスポート)
  • 指定の銀行口座(三菱UFJ銀行・三井住友銀行のどっちか)

などの条件が必要になる、という場合もあります(あくまでケースバイケースです)。

収入確認資料については源泉徴収票・確定申告書・納税証明書などの書類を提出すればOK。サラリーマンや会社員・OL・公務員の方なら「源泉徴収票」を出すのが一番ラクでしょう。

アコムは在籍確認に失敗しても借りられる

もう一つ「代替措置」ではないのですが、アコムで借りるというのも1つの手です。アコムの勤務先への在籍確認についてまとめると、下のようになります。

  • 職場への在籍確認自体は「必ずする」
  • しかし「確認が取れなくても」大丈夫
  • 信用度が高い人であれば「10万円」までは最短即日融資できる

このような風。

  • 後日あらためて、在籍確認をする
  • その時「確認が取れたら」、本来の融資枠に増額する

このようになるわけです。

  • とりあえず「急ぎでお金が必要」なピンチはしのげるし、その後増額してもらえるので、後々もっと高額が必要になった時でも、借りられる

このようになるわけです。

SMBCモビット・プロミスのような書類の提出が必要ない

このようなアコムの勤務先への在籍確認のシステムのメリットは、言うまでもなく、プロミス・SMBCモビットのように書類の提出をする必要がないということでしょう。もちろん、これはSMBCモビット・プロミスのシステムが悪いとか面倒と言っているわけではなく、あくまで「書類を用意したくない人」にとっては、アコムの方が楽ちん…ということですね。

実際、アコムだったら「何もしなくていい」のです、申込者は。

  • アコムが普通に勤務先への在籍確認をする
  • 確認が取れなかったら、アコムの判断で10万円に設定する
  • それで普通に融資する

こういうだけですから。この間、申込者本人がやることは、特に何もないんですね。「代替措置」などの条件を満たす必要もないということです。

10万円以上借りたい人は、SMBCモビット・プロミスで

ただ、言うまでもなくアコムのこの在籍確認のシステムの場合「10万円までしかキャッシングできないという点がデメリット。もちろん、ほとんどの人の借り入れは「10万円あれば十分」なはずなので、特に問題ないとは思いますが…。

それでも、中にはどうしても30万円即日借入したいという人もいるでしょう。そうした方の場合、少々面倒くさくても、SMBCモビット・プロミスの在籍確認の代替手段の条件を満たしたして、こちらでキャッシングすることをおすすめします。

電話自体かけてほしくない人も、プロミス・SMBCモビットで

もう一つ、借入枠以外の面でもSMBCモビット・プロミスで申し込むメリットとして「在籍確認の電話自体を回避できる」という点があります。

  • アコムだと、在籍確認の電話が必ずかかる
  • 職場の人が「絶対に出ない」状態だったらいいが、「誰かが出て、職場バレする」というリスクがある
  • ↑(その職場や、申込者の立場などによる)
  • その場ではバレなくても「着信履歴」を見た職場の同僚が、「かけ直し」をすることで、バレる場合もある

このようなデメリットが、アコムの在籍確認にはあるわけです。それも考えると「そもそも電話自体してほしくない」という人は、アコムではなく、SMBCモビット・プロミスで申し込んで「在籍確認の代替措置」を適用してもらった方がいい…というわけですね。

みずほ銀行カードローンはなぜ、土曜日・日曜日の借り入れができないのか?

ここまで「みずほ銀行カードローンの代わりに、土曜日・日曜日の借り入れができる銀行カードローン」について書いてきましたが、そもそもみずほ銀行花dね土曜日・日曜日のキャッシングに対応していないのか。この理由をまとめると、下のようになります。

  • みずほ銀行は、銀行カードローンの中でもかなりの低金利である
  • 低金利ということは、「利益も小さい」わけだから、「コストを削減」する必要がある
  • だから、土曜日・日曜日・祝日の最短即日審査はしない

これが、まず1つ目の理由です。あくまで推測ですが。そして2つ目の理由は下の通りです。

  • 低金利だと「信用できる人」にしか融資できない
  • 「信用できる人」は、土曜日・日曜日・祝日・夜間などにお金が必要にはならない
  • その人の申し込みを、最初から排除した方がいい

「排除」というと少々冷たいかも知れませんが、その分「低金利」というメリットを提供しているわけですから、要は一長一短ということですね。

低金利だと、信用度が高い人にしか融資できない

これはキャッシングの世界では当たり前のことですが、みずほ銀行カードローンのように、低金利な金融機関の場合、信用度が高い人にしかお金を貸せないという特徴があります。この理由は「融資=投資である」ということを知れば、よくわかります。つまり、株式投資などの投資と同じ、ということですね。

  • 株式投資では、「ハイリスク・ハイリターン」を狙うか、「ローリスク・ローリターン」を狙うか、のどっちかである

こうしたものは、多くの人が知っているでしょう。そして、下のように言えます。

  • キャッシングにおいる
  • 銀行にとっての「リターン」は「金利」である
  • つまり「低金利」とは「ローリターン」である
  • 「ローリターン」なら「ローリスク」でなければいけない
  • ローリスクな人というのは、「信用できる人」である
  • だから、低金利な銀行では「信用度が高い人」しか借りられない

数学の証明問題のようですが、こうした論理によって低金利な銀行カードローンは、クレジットスコアが高い人しかキャッシングできないという風になるわけですね。なので、みずほ銀行カードローンでお金を借りる時にも、一定のクレジットスコアが必要になる…ということです。

土曜日・日曜日・祝日・夜間にお金が必要になる人は、信用度が低い

「突然会いたいなんて、こんな夜更けに何があったの」という歌詞が、岡本真夜さんの名曲「Tomorrow」にあります。このフレーズではありませんが、キャッシング業者や銀行からしたら―。

  • 土曜日・日曜日・祝日・夜間にお金が必要になる人というのは、「こんな日時に何があったの?」と、心配になる人

…なんですね。これは別にキャッシングの世界が独特というわけではなく、一般生活の常識で考えても、何となくわかるでしょう。

そして、先に書いた通り、他の銀行カードローンより低金利なみずほ銀行は信用度が低い人にはもともと、融資できないから、最初から申し込みを受け付けない方が、お互いにとっていいのです。そして、「土曜日・日曜日・祝日・夜間にキャッシングが必要になる人」というのは、全体的な傾向として「クレジットスコアが低い」ので、こうした申し込みを、最初から受け付けない…という態勢をしいているわけですね。

横浜銀行カードローンも同じルール

実は、このシステムはみずほ銀行カードローンと同じく低金利で人気な横浜銀行カードローンも採用しています。横浜銀行も土曜日・日曜日・祝日・夜間の最短即日審査はしないというスタイルなんですね。

「横浜銀行は地方銀行だから、土曜日・日曜日・祝日・夜間でも最短即日審査するだけのシステムが整備できないのでは?」と思う人もいるかも知れません。この指摘はもっともですが、横浜銀行は、形式こそ地方銀行でも、実際には「大手銀行と同レベルの実力」があります。なので、体力的に土曜日・日曜日の審査ができない…というわけではないんですね。

実際、横浜銀行カードローンの最高融資枠の1000万円というのは、大手の銀行カードローンすらしのぐレベルです(みずほ銀行も同じく「最高借入限度額1000万円」ですが、この2つの銀行が、大手の銀行カードローンの中では一番借入枠が大きいんですね。

というように「低金利な分、土曜日・日曜日のキャッシングに対応していない」というのは、みずほ銀行カードローンだけではないのです。横浜銀行カードローンも、同様のルールで運営されているわけですね。

まとめ「みずほ銀行カードローンの土曜日・日曜日のキャッシング」

以上、みずほ銀行カードローン・コンフォートプランの土曜日・日曜日・祝日の最短即日融資についてまとめてきました。(まとめたといっても、土曜日・日曜日・祝日はできない、ということなのですが)最後に要点を整理すると、下のようになります。

  • みずほ銀行カードローンは土曜日・日曜日・祝日の融資はできないので、土曜日・日曜日・祝日に「銀行カードローンで借りたい」という場合―。
  • 三菱UFJ銀行・三井住友銀行・新生銀行カードローン レイクがいい
  • 最短即日審査の受付時間が長いのは、三井住友銀行・新生銀行カードローン レイク
  • 低金利なのは三井住友銀行カードローン
  • 審査に通りやすいのは新生銀行カードローン レイク

その他、SMBCモビット・プロミスの代替措置なども合わせて、土曜日・日曜日・祝日に最短即日キャッシングしたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP