イオン銀行カードローンBIGは土曜日・日曜日でも最短即日キャッシング可能!

イオン銀行カードローンBIGは土曜日・日曜日でも最短即日キャッシング可能!

イオン銀行カードローンBIGは、土曜日・日曜日・祝日の最短即日借入にも対応しています。ただ、下のように言えます。

  • イオン銀行の口座を持っている必要がある
  • 土曜日・日曜日・祝日に即日口座開設することはできない
  • ↑(というか、平日でもできない)
  • なので、もともとイオン銀行の口座を持っていないといけない

「いけない」と書くとネガティブですが、要はイオン銀行の口座を保有している人であれば、土曜日・日曜日・祝日でも最短即日キャッシング可能ということですね。

ちなみに、イオン銀行カードローンBIGは「平日の最短即日キャッシング」でも、口座を持っているというのが条件なので、土曜日・日曜日・祝日だけ審査が厳しくなるわけではありません。これを念頭においた上で、以下の内容を読んでいただけたらと思います。

イオン銀行の口座は、何日程度で開設できる?

まず「口座が必要」ということなので、では「何日くらいの日数で口座を開設できるのか?」ということが気になるでしょう。一部の例外はありますが、基本的にイオン銀行の口座の開設には1週間程度の日数がかかります。開設の手続き自体は即日できるのですが、キャッシュカードが自宅に郵送されてくるまでに、大体七日程度はかかるからです。

この「キャッシュカードを自宅に郵送する」というのは、どの銀行で口座開設するときも同じです。これによって「その人が、本当にそこの住所に住んでいるのか」という住所確認もしていますから、基本的に「自宅への郵送でないと、キャッシュカードの発行はできない」という風になっているんですね。

私は先日地方銀行である「北海道銀行」で口座開設をしましたが(札幌在住なので)、やはりこれも「口座開設は即日できる」→「しかし、キャッシュカードが手元に届くのは、郵送なので1週間後」…という風になっています。

なお、税金の引き落とし口座に設定するなどの手続きは、即日、その場でできます。私の場合このために北海道銀行の口座を開設したので、そのまま窓口で引き落としの設定をお願いしてきました。

このように、少々北海道銀行の話が長くなりましたが、このようにイオン銀行の口座開設にかかる期間は、基本的に1週間程度と考えてください。

口座なしでも土曜日・日曜日のキャッシングできる銀行カードローンは?

このように「イオン銀行では、口座なしでは即日借入できない」となると、口座を持っていない人だと「じゃあ、どの銀行カードローンだったら、口座なしでも土曜日・日曜日・祝日の融資できるのか?」という疑問が生じるでしょう。

これについては、ざっとポイントを先に書くと下の通りです。

  • 三菱UFJ銀行・三井住友銀行・新生銀行カードローン レイクなら、土曜日・日曜日・祝日でも平日でも口座なしでOK
  • 審査通過率も考えると、新生銀行カードローン レイクが一番

以下、これらの銀行カードローンの土曜日・日曜日の借り入れについて解説していきましょう。

新生銀行カードローン レイクの土曜日・日曜日・祝日の融資

大手の銀行カードローンの中で一番審査に通りやすいのは、新生銀行カードローン レイクと言われています。理由は下の通りです。

  • 金利がアイフルと同じで、消費者金融に近いレベルである
  • つまり、多少の債務整理などが起きても、その分の「回収できなかった」コスト(利息分)を回収できる
  • だから、審査通過率を高めにしてもかまわない

基本的に銀行カードローンもビジネスとしてやっているので、要は審査の難易度というのは銀行カードローンの側が、万が一債務整理などが起きた時も、それを回収できるかということになるんですね。

なので、アイフルなどの消費者金融と同じ実質年率(金利)である新生銀行カードローン レイクは、比較的審査に通りやすくなるわけです。それでも十分、利益を出せるということなんですね。

(利益を出すというと、嫌悪感を覚える人もいるかも知れませんが、すべての企業が利益を求めて行動してきたから、現代はこれだけ便利かつ快適になっているのです。インターネットのおかげで、芸能人などの特権も奪われて、人間が平等になっているくらいです。なので、利益を求めるのは良いことなのです)

という経済の話はさておき、このように審査通過率を高くしても、新生銀行カードローン レイクの金利設定なら大丈夫ということで、大手の銀行カードローンの中で一番審査通過率が高い…と言われているわけです。

(本当に高いかどうかは、実は大手の銀行カードローンは審査通過率をあまり公表していないので、わかりません。ただ、ネット上の口コミ・評判や体験談などを見ると、新生銀行カードローン レイクの審査通過率が、やはり大手の銀行カードローンの中ではナンバーワンレベルといえます)

新生銀行カードローン レイクは土曜日・日曜日・祝日でも21時まで最短即日審査

新生銀行カードローン レイクは、土曜日・日曜日・祝日の最短即日審査でも「21時まで」(夜9時まで)という長時間で受け付けています。なので「休日の夜間ギリギリで申し込んでもOK」ということなんですね。

夜間の最短即日審査自体、できないと思っていた人にとっては、これはかなりの朗報でしょう。銀行の業務はどこも15時で終わってしまうため「カードローンの審査も、夜間はできないのではないか」と思っている人が多いでしょうが、実は新生銀行カードローン レイクなどの一部の銀行カードローンは、できるんですね。

夜間でも最短即日審査できる銀行カードローン

夜間でも当日中に審査できる銀行カードローンは、これもまた「口座なしでOK」な銀行カードローンとかぶるのですが、下のように言えます。

  • 三菱UFJ銀行・バンクイック
  • 三井住友銀行カードローン
  • 新生銀行カードローン(レイク)

三菱UFJ銀行・バンクイックについては曜日によって時間が違っていて―。

  • 平日は20時まで
  • 土曜日は18時まで

このように、夜間まで最短即日審査できます。日曜日・祝日になると「17時まで」という時間になり、夜間というよりは夕方…となるかも知れません。

なので、三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」だけは、少々審査時間が短いですが、三井住友銀行・新生銀行カードローン レイクについては、土曜日・日曜日・祝日でも平日でも21時まで…という長時間、最短即日審査を受け付ける態勢になっています。

なので、最短即日審査・当日キャッシングが可能な時間帯の長さ、受け入れる度量としては、新生銀行・三井住友銀行が大手の銀行カードローンの中でナンバーワン…と考えていいでしょう。

三井住友銀行カードローンの土曜日・日曜日の審査について

三井住友銀行カードローンの話題もでてきたので、新生銀行カードローン レイクの次は三井住友銀行について語りましょう。土曜日・日曜日の審査のできる時間については、先に書いた通り「夜9時まで」です。

では、新生銀行カードローン レイクとは何が違うのかというと、下の通りです。

  • 審査通過率…三井住友銀行の方が厳しい
  • 借入可能な職業・属性…三井住友銀行は、学生が不可
  • ローンカードの発行の可能な時間…三井住友銀行は21時まで

ローンカードの発行のできる時間は、新生銀行カードローン レイクなら「22時~24時まで」ということで、新生銀行カードローン レイクの方が余裕を持ってローンカードの発行ができるようになっています。

また、特に大きな違いは審査通過率で、これは、下の通りです。

  • 三井住友銀行カードローンの審査通過率は、公表されていない
  • しかし、実質年率(金利)を比較すれば、その金利差で、大体の難易度の差は想像できる

といえます。そして、新生銀行カードローン レイクと三井住友銀行カードローンの実質年率(金利)を並べて比較すると、下のようになります。

三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%(実質年率)
新生銀行カードローン レイク 4.5%~18.0%(実質年率)

下限金利・上限金利ともに三井住友銀行カードローンの方が断然低金利ですが、特に上限金利が
全然違う
ということがわかるでしょう。

審査通過率は「上限金利」で決まる

基本的に、キャッシングの審査通過率は上限金利が高いか低いかで決まる…と思ってください。理由を列挙すると下のようになります。

  • 上限金利というのは「100万円未満」の借り入れで適用される金利
  • ほとんどの人のキャッシングは「100万円以下」である
  • つまり、適用されるのは、ほぼ全部「上限金利」である
  • ということは、そこが高金利か低金利かは、上限金利で決まる
  • 高金利の方が審査に通りやすくなるし、逆もまたしかり
  • ということで、上限金利を見れば審査通過率がわかる

もちろん、絶対に「上限金利が高ければ審査通過率も高い」とは限らないのですが、「大体そのようになる」と考えてください。

(消費者金融も審査通過率が高いですが、これらの借入先はやはり上限金利が高いので)

三井住友銀行銀行と新生銀行の上限金利を比較する

そして、上のような前提に立った上で、新生銀行カードローン レイクと三井住友銀行カードローンの上限金利を比較すると、下のようになります。

新生銀行カードローン レイク 18.0%(実質年率)
三井住友銀行カードローン 14.5%(実質年率)

このように3.5%の金利差となっています。そして、これが実際に支払う利子総額でどのくらい違うのかというと、下の通りです。

  • 10万円キャッシングした場合―。
  • 1ヶ月の利息が、三井住友銀行…大体1200円
  • 新生銀行カードローン レイク…大体1500円

つまり「10万円につき300円」の利息差となるわけですね。なので、借入金額が増えるごとに、利息差は下のようになっていきます。

  • 20万円…600円
  • 30万円…900円
  • 40万円…1200円
  • 50万円…1500円

50万円以上からもほぼ同様に増えていきますが、50万円以上キャッシングすることは、たとえ銀行カードローンであってもあまりおすすめできないので、ここまでで抑えておいた方がいいでしょう。

(ちなみに、私は最大で150万円近くまでキャッシングしたので、一応返済できることは知っていますが、それでも相当大損することは覚悟しておいてください。私の場合、利息だけでこれまで累計30万円程度は払ってきたはずです)

このように、三井住友銀行カードローンと新生銀行カードローン レイクを比較してきましたが、まとめると、下のようになります。

  • どちらも土曜日・日曜日の審査は21時までやっている
  • 審査通過率は、金利から推定して新生銀行の方が高い
  • 「ローンカードの発行」の時間も、新生銀行の方が長い

ちなみに、ローンカードの発行の時間についての説明がなかったので、これについても書いておきましょう。

ローンカードの発行時間が長いと、どうなるのか?

ローンカードの発行のできる時間が長い…、というのは、土曜日・日曜日のキャッシングをする上でどんなメリットがあるのか。これは箇条書きすると下のようになります。

  • そもそも、土曜日・日曜日・祝日は基本的に、銀行振り込みによって借りることができない
  • ↑(銀行が閉まっているので)

こういうのがスタートです。そして、下のように言えます。

  • ローンカードを発行する
  • そして、コンビニの提携ATMなどから、現金で直接借りる…という方法

こうなるわけですね。普通の銀行の預貯金でも同じですが、何らかのカードがあれば、提携ATMは操作できるということですね。というより「カードなしで提携ATMを操作することはできない」のです。

なので、キャッシングで土曜日・日曜日の借り入れをする時にも、「カード」が必要。そして、銀行の預貯金だと「キャッシュカード」なのですが、キャッシングの場合は「ローンカード」というものを発行するのです。

(みずほ銀行などは、銀行のキャッシュカードとの「兼用型」というのも発行していますけどね)

ということで、この「ローンカード」さえ発行すれば―。

  • 銀行が土曜日・日曜日・祝日で閉まっていようと、コンビニの提携ATMなどで自由に借り入れできるので、土曜日・日曜日・祝日でも夜間でも最短即日借入できる

となるのです。ということは、そのローンカードを発行できる時間が、長ければ長いほど土曜日・日曜日のキャッシングがしやすくなる…ということなんですね。

新生銀行カードローン レイクは24時まで発行可能

そして、この点で新生銀行カードローン レイクの「ローンカードの発行のできる時間」の長さは、圧倒的です。銀行カードローンの中でナンバーワンなのはもちろん、大手の消費者金融と比較しても、圧倒的に長い…という風になっています。ポイントをまとめると、下のようになります。

  • 新生銀行カードローン レイク…22時から24時まで
  • 大手の消費者金融…21時~22時まで
  • 三井住友銀行…21時まで
  • 三菱UFJ銀行…17時~20時まで

このようになっています。このように、新生銀行カードローン レイクの「ローンカードの発行受付時間」は、大手の消費者金融と比較しても「2時間も長い」ということなんですね。

夜間ギリギリで申し込む時に、特に有利

そして、このように24時というギリギリの時間までローンカードを発行できるというのは、下のように言えるからです。

  • 21時ギリギリで審査完了しても、そこからレイクの自動契約機でローンカードの発行をするまでに、3時間も余裕がある

つまり、ギリギリで審査完了して、それから新生銀行カードローン レイクのローン契約機に向かっても、問題なく間に合う…ということなんですね。

これがたとえば三井住友銀行カードローンの場合、下のようになります。

  • 21時という、最短即日審査の締切時間ギリギリで審査通過する
  • それから自動契約機に向かっても、もう無人契約機が閉まってしまっている
  • 審査通過はしたけど、最短即日キャッシングはできない

このようになってしまいます。

無人契約機で審査結果を待つ場合…

上の内容を読んで「じゃあ、ローン申込機で、審査結果が出るのを待ってればいいじゃん」と思った人もいるでしょう。確かにこれだったら「ギリギリで審査通過したら、そのまますぐにカード発行できる」という状態になります。

ただ、この方法にもデメリットがあって、下のようになります。

  • 万が一「審査落ち」したとしたら、ローン申込機まで足を運んだ労力と時間がムダになる

こういうことなのです。もちろん、自宅の近所に「三井住友銀行の店舗・ローン契約機がある」という人だったら、それでもいいでしょう。大した手間・時間ではないですからね。

しかし、自宅から遠い場所にしか三井住友銀行の自動契約機や店舗がない…という人の場合、こうして「審査落ちした時のロス」が、かなり大きくなります。

特に多重債務を抱えている人などは、こうした意識が薄いのですが「時は金なり」という言葉通り時間はお金と、等価交換できるものです。もちろん、労力も同じです。なので、こうした労力・時間のムダになるリスクがあることは、できるだけしない方がいいでしょう。

もちろん、それをするしかない場面ではするべきですが、ここで語っている「銀行カードローンでの土曜日・日曜日の借り入れ」の場合は「新生銀行カードローン レイクで申し込む」という選択肢があるのです。

新生銀行カードローン レイクだったら21時の締切時間までに審査完了するのを待ち、審査結果が出てから、通っていたらレイクのローン契約機に行けばいいという風になります。このように「ゆったり」行動できるんですね。21時に審査完了してから、レイクの自動契約機が閉まる「24時」まで、実に3時間あります。片道3時間あれば、どんな田舎や僻地からでも、レイクのローン申込機にたどりつくでしょう。

このように「ギリギリの夜間で審査申込みしても、問題なく余裕を持って借りられる」という点で、土曜日・日曜日のキャッシングでも、三井住友銀行より新生銀行カードローン レイクの方が有利…ということです。

イオン銀行カードローンBIGの土曜日・日曜日のキャッシングのメリットは?

少々、三井住友銀行や三菱UFJ銀行・バンクイックなどの話が長くなったので、イオン銀行カードローンBIGに話を戻しましょう。

  • すでに「イオン銀行の口座」を持っている
  • よって、イオン銀行カードローンで土曜日・日曜日・祝日の融資できる

この状態でイオン銀行カードローンBIGを選ぶメリットは、箇条書きすると下のようになります。

  • イオン銀行の口座の利用実績によって、審査に通りやすくなる
  • 大手の銀行カードローンの中でも、イオン銀行は特に低金利

以下、これらのイオン銀行カードローンBIGで、土曜日・日曜日の借り入れするメリットについて敵ましょう。

口座の利用実績によって、審査に通りやすくなる

これはイオン銀行カードローンBIGだけでなく、どの大手の銀行カードローンで申し込む時にも言えることです。特に―。

  • 口座の利用期間が長い
  • 給与振込先に指定している
  • お金の出し入れの回数が多い
  • 不審な動きがない(普通の人なら大丈夫)
  • 預金の残高が多い

こうした条件を満たしていればいるほど、銀行カードローンの審査も通りやすくなります。それぞれの条件が有利に働く理由を書いていくと、下のようになります。

  • 口座の利用期間が長い…詐欺は基本的に短期間で働かれるので
  • 給与振込先に指定…そこから引き落としで返済してもらうので、返済資金を押さえやすい
  • お金の入出金の回数が多い…架空の人間ではない
  • 不審な動きがない…反社会勢力ではない(これはほとんどの人は何も問題なし)
  • 預金残高が多い…その預貯金によって返済できる

こうした理由によって、これらの条件を満たしている人ほど、銀行カードローンの審査はパスしやすくなる…ということなんですね。

つまり、これらの内容をまとめるとメインバンクにしている銀行では、キャッシング審査も通りやすくなるということなのです。なので、「イオン銀行を、日頃からメインバンクにしている」という人が入れば、大手の銀行カードローンの中でも特にイオン銀行カードローンBIGで申し込むメリットがあるでしょう。

大手の銀行カードローンの中で、特に低金利

また、イオン銀行カードローンBIGは大手の銀行カードローンの中でも特に金利が安い…というメリットがあります。

多くの人に適用される金利は、先に書いた通り「上限金利」です。なので、「上限金利だけ」で、大手の銀行カードローンの金利を比較してみましょう。

イオン銀行カードローンBIG 13.8%(実質年率)
ソニー銀行カードローン 13.8%(実質年率)
みずほ銀行カードローン 14.0%(実質年率)
楽天銀行スーパーローン(カードローン) 14.5%(実質年率)
三井住友銀行カードローン 14.5%(実質年率)
静岡銀行カードローン「セレカ」 14.5%(実質年率)
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 14.6%(実質年率)
東京スター銀行カードローン 14.6%(実質年率)
横浜銀行カードローン 14.6%(実質年率)
じぶん銀行カードローン「じぶんローン」 17.5%(実質年率)
オリックス銀行カードローン 17.8%(実質年率)
新生銀行カードローン レイク 18.0%(実質年率)
ジャパンネット銀行「ネットキャッシング」 18.0%(実質年率)

他にもマイナーな銀行カードローンは地方銀行と中心にたくさんありますが、主だった銀行カードローンの中ではこのようになります。

そして、これを見てもイオン銀行カードローンBIGの上限金利は、ソニー銀行と並んで、大手の銀行カードローンの中で一番安いというのがわかるでしょう。下限金利だとソニー銀行カードローンに負けるのですが、それでも―。

  • 下限金利というのは、「最高融資枠」付近まで借りた時の適用金利
  • ソニー銀行・イオン銀行の最高借入枠は「800万円」
  • そこまで借りる人はほとんどいない
  • だから、下限金利の比較は関係ない

こういうことで、別に「イオン銀行カードローンBIGが金利で負けている」ということもないんですね。なので上限金利で互角である以上、イオン銀行・ソニー銀行の金利は、ほぼ互角と考えていいのです。

ということで、イオン銀行カードローンBIGの金利は、ソニー銀行と並んで「大手の銀行カードローンの中でナンバーワン」となるのです。

そのような「低金利な借入先」であるわけですから、「できるだけ低利息でキャッシングしたい」と思っている人にとっては、土曜日・日曜日・祝日の銀行カードローンでの最短即日キャッシングの中でも、一番おすすめの選択肢…ということですね。

ソニー銀行も、口座がないと即日借入できない

ちなみに、こうしてソニー銀行カードローンと金利比較をすると、下のような反論というか指摘もあるかも知れません。

  • イオン銀行は「口座が必要」という条件である
  • だったら、ソニー銀行も同じ条件か、それを書かないといけないのでは?

これについても、問題ありません。(問題ないというのも変ですが)ソニー銀行カードローンも、イオン銀行カードローンBIGと同じく「口座がないと最短即日融資できない」という条件になっています。なので、条件面ではどちらも互角ということです。

そして、あとは金利だけの比較になり「下限金利では負けるものの」「上限金利だったらまったく同じ」ということで、「イオン銀行カードローンBIGは、ソニー銀行カードローンとタイ記録で、一番金利が安い銀行カードローン」となるわけです。

年末年始・ゴールデンウィークなども最短即日キャッシング可能

大手の消費者金融では、ゴールデンウィーク・お盆・年末年始(正月・大晦日)・クリスマス…といった特別な休日や祝日でも、すべて即日借入できるようになっています。

たとえば年末年始については下の通りです。

  • プロミス・SMBCモビットなら、元旦(1月1日)以外、一切休まない
  • 大晦日のみ、4時間ほど時短になるが、後は1月2日も含め完全に通常営業

つまりキャッシングできないのは、1月1日だけと考えて下さい(ちなみに、最短即日審査ができないという意味であって、すでに審査に通っているなら、コンビニの提携ATMなどを使って、お金を借りることができます。もちろん、限度額に余裕があればですが)

ゴールデンウィークやお盆は、余裕で可能

そして、年末年始すらこのように「元旦しか休まない」というレベルなので、お盆・クリスマス・ゴールデンウィークなどは「余裕で最短即日キャッシングできる」ということですね。なので、こうした特別な休日に当日キャッシングが必要になった時でも、大手の消費者金融だったら安心です。

ちなみに、これらの連休は「時短になる」こともありません。SMBCモビット・プロミスだけではなく、アイフル・ノーローン・アコムなどの他の消費者金融でも同じです。ワタミの「365日、24時間、死ぬまで働け」ではありませんが、そのくらいの勢いで、大手の消費者金融は最短即日審査を毎日しているんですね。

(もちろん、交代制なのでブラック企業ではありません)

土曜日・日曜日・祝日の消費者金融のキャッシングも、ローンカードを発行する

先ほど、銀行カードローンでの土曜日・日曜日の借り入れについて「ローンカードの発行」をする…ということについて書きました。これは大手の消費者金融で土曜日・日曜日のキャッシングする場合も同じです。「銀行が閉まっている」以上、ローンカードを使って「提携ATM経由で借りる」しかないですからね。

そして、消費者金融のローンカードはどこで発行するのか。これも新生銀行カードローン レイクなどと同じく「自動契約機・無人契約機」です。

  • アコム…むじんくん
  • アイフル…無人契約でんわBOX「てまいらず」

こうした名前がついています。後のプロミス・SMBCモビット・ノーローンは「自動契約機・ローン申込機」というような普通の名前です。(昔のプロミスは「いらっしゃいまし~ん」というユニークな名前がついていましたが、三井住友銀行グループに入る時に、銀行系らしい「シンプルな名前」になったようです)

というような自動契約機・無人契約機を、どの消費者金融も持っているわけですが、土曜日・日曜日のキャッシングの場合、下のようになります。

  • 審査通過したら、これらのローン契約機でカード発行をし、それでそのまま、そこにある提携ATMから借りるか、コンビニの提携ATM・提携銀行のATMから借りる

何にしても提携ATMから現金で直接借りるということです。

一部の提携銀行では、銀行振込によっても土曜日・日曜日の借り入れ可能

ただ、一部消費者金融と提携している銀行もあり、それらだったら土曜日・日曜日・祝日でも即日振込みによってキャッシングする…ということが可能です。たとえば、アコムは楽天銀行と提携しているので、楽天銀行の口座であれば「土曜日・日曜日・祝日でも24時間、リアルタイムで即日振込みできる…という風になっています。

なので、何らかの事情で「銀行振込によって借りたい」という人がいたら、楽天銀行の口座を持っている方はアコムで借りる…というように消費者金融を選ぶといいでしょう。

銀行振込によって借りるメリット・意味は?

上のように書いたものの、基本的に銀行振込で借りるということにこだわるメリット・意味というのは、あまりないと考えます。あるとしたら―。

  • その日に何らかの引き落としがあって、それに間に合わないといけない

こういうことですがそもそも、土曜日・日曜日・祝日は引き落としもできないので、これは翌営業日(月曜日)でいいわけです。たとえば、例を出すと下の通りです。

  • 引き落とす相手も「楽天銀行」である
  • なので、土曜日・日曜日・祝日でも引き落としができる

こうしたケースがあるかも知れませんが、これも例外中の例外でしょう。(そもそも、引き落とし日を設定して引き落とす場合、楽天銀行のようなネット専業銀行でも、土曜日・日曜日・祝日にはできないはずです。設定できるのはクレジット会社や携帯会社など、ごく一部だけなので、私は確認したことがありませんが)。

なので、よほど特殊なケースでなければ「銀行振込で借りなければいけない」という理由はないと考えてください。

現金で直接借りて、提携ATMから入金すればいい

また、どうしても土曜日・日曜日・祝日のうちにその銀行口座に入金しなければならない―、というケースが仮にあったとしましょう。しかし、その場合でも―。

  • コンビニの提携ATMから、現金で直接借りる
  • それで提携銀行のATMから、自分の口座に入金する

こういう方法で、問題なく「その日中に入金する」ことはできるのです。ちなみに、わかりやすくするために「コンビニの提携ATM」と書きましたが、別に「提携銀行のATM」で借りてもOKです。

  • たとえば「三菱UFJ銀行」の提携ATMに行って、「ローンカード」を使って、まずキャッシングする
  • そうした借り入れたお金で、今度は「キャッシュカード」を使って、いつもの自分の口座に入金する

こういう方法で「その日中に、自分の口座にお金を預ける」ことはできるのです。少々原始的な方法ではありますが、これなら即日振込を使わなくても、入金できるわけですね。このように多角的に考えると、やはり「振り込みによるキャッシングにこだわる必要はない」…という結論になるでしょう。

提携ATMまで出かけるのが面倒な時には、メリット

ただ、頭の回転が早い人は気づいたかも知れませんが、このようなやり方だと下のように言えます。

  • ローン契約機でカード発行する
  • 提携ATMで現金で直接借りる

こうした手間・時間がかかります。一方即日振込によって借りるなら、これらの作業がなくていいわけです。そう考えると「出かける手間・時間が惜しい」という時には、確かに即日振込によってキャッシングする…というのは便利かつ有効な手段だといえます。

そうした理由で「振り込みで当日キャッシングしたい」という方がいたら、その希望は正しいでしょう。というような場面では、たとえば「アコムと楽天銀行」の提携など「提携銀行がある消費者金融」でキャッシングすることも、おすすめです。

土曜日・日曜日のキャッシングが一番しやすい消費者金融は?

そして、学生が土曜日・日曜日の借り入れするのであれば、大手の消費者金融がいい…ということを書いてきました。しかし、大手の消費者金融の中で一番いいのはどこなのか。

これは在籍確認の回避をできる、という点でSMBCモビット・プロミスがおすすめといえます。つまり「在籍確認の代替措置」があるので「職場への電話連絡ができなくてもいい」ということなのですが、なぜこれが学生の土曜日・日曜日のキャッシングで便利になるのか、説明します。

(実は、学生だけでなく、社会人・会社員・OL・公務員の方々が土曜日・日曜日のキャッシングする時でも、このメリットは共通なのですが)

土曜日・日曜日・祝日は「在籍確認」が障害になる

土曜日・日曜日・祝日に勤務先が閉まっている人なら、これはすぐに想像がついたでしょう。在籍確認というのは「職場が開いている日時」でないとできないので―。

  • 土曜日・日曜日・祝日に勤務先が休み
  • 在籍確認をできない
  • キャッシングできない

こういう三段論法になってしまうわけです。なので、下のようになります。

  • 土曜日・日曜日・祝日に最短即日キャッシングをしたいのであれば、銀行カードローンだろうと、消費者金融だろうと、土曜日・日曜日・祝日が勤務先が休みの人は、在籍確認の回避ができるかどうか、が鍵になる

その点で、在籍確認の代替手段が用意されているSMBCモビット・プロミスは、土曜日・日曜日のキャッシングで一番おすすめの消費者金融…ということになるのです。

なので、以下SMBCモビット・プロミスの「在籍確認の代替措置」について、その内容や条件を紹介していきます。

プロミス・SMBCモビットの在籍確認の代替措置の適用条件

プロミス・SMBCモビットで在籍確認の代替手段が適用される条件としては、大体2通りあります。

  • 信用度(クレジットスコア)が高いこと
  • 在籍確認を回避するための事情がある

こういう二点です。「事情がある」というのは、たとえばここまでにも書いている―。

  • 「土曜日・日曜日・祝日は勤務先が休み」とか、「外部からの私用電話」を受け付けてくれないとか、「万が一にでも職場バレしたら危険な職業」

こうした条件です。「勤務先が閉まっている」ということについては、言うまでもないでしょう。また「外部からの電話を受け付けない」というのも、想像できると思います。

ということで、ここでは「会社バレしたらまずい職業」について、書いていきます。

キャッシングが職場バレしたら危険な職業

これはまず「金融機関」です。箇条書きすると下のようになります。

  • 銀行
  • 信用金庫
  • 信用組合
  • 労働金庫

こうしたいわゆる「銀行系」の、まともな金融機関ですね。こういう所で働いている人の場合、それが「会社員・OL」という立場であっても、パート・アルバイト・フリーターという立場であっても、キャッシングしていることが職場バレしたら、クビになるリスクがあります。

理由はカンタンで、「大量の現金を扱う職業」だからです。目の前に多額の現金がある以上―。

  • お金に困っている人は、着服する恐れがある
  • キャッシングしているということは、お金に困っているのは間違いない
  • だから、クビにするか事情を聞いた方がいい

このようになるわけです。実際、たまに新聞でも借金に困った銀行員などが、銀行のお金を着服する…という事件が報道されています(たまにといっても1年に1回あるかないかですが。こういう事件は記憶に残るので、割と多く起きているかのような印象がありますね)。

というように「着服される」リスクがあるので、銀行や信用金庫などの金融機関の場合、特に「職員がキャッシングしていないかどうか」ということは、目を光らせているのです。なので、万が一にでも職場バレしたらまずい…ということなんですね。

個人信用情報機関の職員もまずい

続いて職場バレしたらまずいのは「個人信用情報機関」で勤務している職員の方々です。個人信用情報機関というのは、下のように言えるからです。

  • CIC(シーアイシー)
  • KSC(全国銀行個人信用情報センター)
  • JICC(日本信用情報機構)

こういう3通りですね。これらの個人信用情報機関で働いている…という人の場合も、やはり会社員・OL・アルバイト・パート・フリーター問わずに「キャッシングが職場バレしたらまずい」という状態になっています。

理由は個人信用情報機関の内部情報は、ヤミ金などの違法業者に高く売れるということ。個人信用情報というのは、下のように言えるからです。

  • 誰が、どこから、いつ、いくら借りた
  • 過去にどんな返済事故を起こした

こういうことが、すべて記録されているものです。また、いわゆる「ブラックリスト」というのも、この個人信用情報のことです。

ヤミ金にとって、ブラックリストの人々は上客

当然ですが、ヤミ金でお金を借りたい人などいません。にも関わらず彼らがヤミ金からキャッシングするのは他にお金を借りる先がないからです。そして「他にお金を借りる所がない」という人は「ブラックリストに載っている」人が多いわけですね。

ということで、ヤミ金にとって一番有効な営業戦略は―。

  • 「ブラックリスト」を入手し、そこに名前がある人に対して、片っ端から電話をしていく

こういうことなのです。電話でなくてDM(ダイレクトメール)でもいいですが、とにかくブラックリストの人々に対して、アプローチするということですね。

なので、闇金業者・悪徳業者にとって、「ブラックリストを管理している個人信用情報機関の人間」というのは「もっとも取り込みたい」「味方にしたい」人々なのです。

なので、そうした場所で職員がキャッシングしているというのは、下のように言えるからです。

  • 今後返済で行き詰まると、ヤミ金からお金を借りる可能性がある
  • その時、返済するお金の代わりに、個人信用情報機関の情報を売るリスクがある

と警戒されるわけです。もちろん、そのようなことをする人はほとんどいないわけですが1件でもそういう事件が起きたら、個人信用情報機関の信用が地に落ちるわけですね。なので、そのようなことが起きないためにも、「消費者金融や銀行カードローンなどからキャッシングをする職員は、事情をたずねる」というのが、個人信用情報機関の基本となっているようです(あくまで噂であり、内情を知っているわけではありませんが)。

こうしたことから、個人信用情報機関に勤務している方の場合も、やはりキャッシングが勤務先にバレるのはリスクが高く、プロミス・SMBCモビットなどの「代替措置OK」の借入先でも「代替手段でいく」ということが、認められやすくなっています。

(あくまで認められやすいというだけであり「絶対にOK」というわけではありませんが)


このように、これらの職業についている方の場合も「在籍確認をするやむを得ない事情がある」として、「在籍確認の代替措置でOK」という決定が下りやすいです。そして、そのように「在籍確認の代替手段でOK」となった時、SMBCモビット・プロミスではそれぞれ、どのような方法をとればいいのでしょうか。それを説明していきます。

SMBCモビットの在籍確認の代替措置

まず、SMBCモビットの在籍確認の代替措置の方から説明しましょう。簡単に書くと、下のような書類を提出します。実はすべてかどうかはわかりません。その人の信用度(クレジットスコア)に応じて、提出書類が変わる…ということもあるようです。

  • 収入確認資料…確定申告書・納税通知書・源泉徴収票など
  • 本人確認資料…パスポート・運転免許証のいずれか
  • 在籍確認資料…職場の保険証・給与明細書
  • 指定の銀行口座…三菱UFJ銀行・三井住友銀行のいずれか

この中でほぼ確実に必要とされる…と言われているのが、「在籍確認資料」と「指定の銀行口座」です。そして、その他の―。

  • 所得確認資料
  • 身分確認資料

については、この条件は満たさなくてもいい…ということもあります。もっとも、下のようにも言えます。

  • 身分証明書は、運転免許証・パスポートかはおいておき、何かしらの本人確認資料を、必ず提出する(在籍確認の回避をする時でも、しない時でも)

こういうことは指摘できます。また、「所得確認資料」についてですが、これはSMBCモビットのキャッシングの場合は本来、「借入金額が50万円」までは、提出しなくていい…というルールになっています(SMBCモビット以外の消費者金融でも、全部同じルールです)。

なので、もし所得証明書が必要になったら「通常よりやや提出書類が多くなる」わけですが、それ以外の点については「身分証明書は、どの道提出する」など、あまり通常のSMBCモビットのキャッシング審査と変わらない…と考えてもいいでしょう。

なぜ「運転免許証・パスポート」になるのか?

ちなみに、仮に身分確認資料の指定もあったとして、なぜその身分証明書の指定が「パスポート・運転免許証」のどちらか…となるのか。この理由を説明します。

簡単に箇条書きすると下のようになります。

  • キャッシング審査の身分確認資料で、一番信用度が高いのは、運転免許証・パスポート・保険証の3種類である
  • これが「三種の神器」と呼ばれている(美人キャッシングでは)

こういうのが前提です。(勝手に三種の神器という造語をしていますが)

  • この「三種の神器」のうち、「保険証」については「職場の保険証」を出している
  • ということは、あと必要になる身分確認資料は、運転免許証・パスポートのどちらかである

もちろん、他の消費者金融や銀行カードローンでは―。

  • 印鑑証明書
  • 住基カード
  • 個人番号カード
  • 在留カード

こういった身分確認資料も認められるのですが、ここでは「在籍確認の代替措置」という少々特殊なことをするので特に信用度が高い身分確認資料しかだめとなるわけですね。

運転免許証の信用度はなぜ高いのか?

では、なぜ身分証明書の中で、運転免許証の信用度が高いのか。これは箇条書きすると下のようになります。

  • 顔写真がついているので、本人かどうかわかりやすい
  • しょっちゅう持ち歩くので、紛失などをした時に気づく
  • つまり、誰かがその運転免許証を拾ったり盗んだりして、「成りすまし」でキャッシングに申し込むことができない

ちなみに、「顔写真」がついているという点では、パスポートや住基カード(顔写真つき)も同じなのですが、下のように言えます。

  • どちらも、運転免許証ほどは携帯しない
  • だから、落とされたパスポートなどを拾った誰かが、成りすましで申し込んでいる可能性もある

このようになるわけです。もちろん、可能性は低いですが、そうしたリスクが少しでもある以上、運転免許証よりは安全性が下がる…というわけなんですね。

キャッシングという業務・サービスは、銀行カードローンでも消費者金融でも基本的にリスク回避が命です。製造業やネットサービスのように「革新的なアイディア」とか「イノベーション」が必要なのではなく、「いかにしてリスクを回避するか」ということが大事なのです。

(もちろん、アコムの「むじんくん」や、プロミスの「自動与信システム」のように、世界的な革命とも言えるイノベーションも、たまに起きているのですが…)

ということで、リスク回避を徹底する銀行カードローンや消費者金融にとっては、「なりすましの危険性がある身分証明書」は嫌なわけです。なので、それが一番低い「運転免許証」が、一番信用される…ということなんですね。


ということで、SMBCモビットで在籍確認の代替措置をとる場合は、先に書いたような書類の全部、あるいは一部を提出するわけです。また「三菱UFJ銀行・三井住友銀行のどちらかの口座が必要」という点もわすれないようにしてください。

(これらの銀行口座を持っていない人は、プロミスの代替手段を適用することになります)

プロミスの代替措置の条件・内容は?

プロミスの在籍確認の代替措置は、SMBCモビットの条件と比較して、かなりシンプルです。箇条書きすると下のようになります。

  • 職場の保険証
  • 職場の給与明細

の2種類を提出するだけで、あとはプロミスから自分の携帯への確認電話などが来た時に、口頭で希望を伝えるだけでいい…と言われています。(あくまで口コミ・評判による情報なので状況・条件によって異なるということは、理解しておいて下さい)

そして、これもSMBCモビットと同様ですが、本当に在籍確認の回避をできるかどうかは、その人の状況・条件次第です。基本的にはプロミスでも「在籍確認が必須」となっているので、必ずしもリクエストに答えられるかどうかはわからない…という点に注意してください。

こう書くと「じゃあ、他のキャッシング業者で」となるかも知れませんが、在籍確認の代替措置があるのは大手の消費者金融でもSMBCモビット・プロミスだけなので、他の選択肢は基本的にないと考えてください。

(と、少々脅すようなことを書いてしまいましたが、一般的な生活をしている方であれば、在籍確認の代替措置は適用できることが多いので、これは安心してください)


このように、土曜日・日曜日・祝日に在籍確認の代替措置なしで即日借入したいという場合には、イオン銀行カードローンBIGで申し込むのもいいですが(たまに在籍確認が省略される)、それよりもSMBCモビット・プロミスなどの方が確実でしょう。

もちろん、実際に職場への電話連絡なしで融資してもらえるかどうかは、最終的にはその人の総合的なクレジットスコア(信用度)によります。なので、確実に大丈夫というわけではありませんが、とりあえず「こういう選択肢もある」ということは、知っておいて損はないでしょう。

まとめ「イオン銀行カードローンBIGの土曜日・日曜日の借入」

以上、イオン銀行カードローンBIGの土曜日・日曜日のキャッシングの審査の参考になる情報を、プロミス・SMBCモビットの在籍確認の代替手段なども含めて、総合的に語ってきました。最後に要点を整理すると、下のようになります。

  • イオン銀行でも土曜日・日曜日の最短即日審査・融資はできる
  • ただし、平日と同様「イオン銀行の口座が必要」という条件
  • なので、イオン銀行の口座を持っていない人は、銀行カードローンだったら、三菱UFJ銀行・新生銀行など
  • 銀行でなくてもいいなら、大手の消費者金融がおすすめ
  • 夫・旦那の同意書なしでOKだし、50万円まで借入可能

休日でもお金が必要…となった時には、イオン銀行カードローンBIGで借りる場合も、そうでない場合も、ぜひ参考にしてみてください。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP