楽天銀行スーパーローン(カードローン)は、日曜日・土曜日でも最短即日融資・審査ができる!

楽天銀行スーパーローン(カードローン)は、日曜日・土曜日でも最短即日融資・審査ができる!

楽天銀行スーパーローン(カードローン)は、土曜日・日曜日・祝日の最短即日キャッシングも可能です。土曜日・日曜日・祝日の融資に関しては、大手の銀行カードローンの中では「中くらい」にやりやすい…と言えるでしょう。

「中くらい」の根拠を一覧にすると下の通りです。

  • 土曜日・日曜日・祝日の最短即日借入はできる
  • ↑(できない銀行カードローンもあるので、それらより良い)
  • ただ、楽天銀行の口座が必要になる
  • ↑(銀行口座なしでOKの所もあるので、それらより厳しい)

以下、詳しくまとめていきます。

楽天銀行スーパーローン(カードローン)は最短即日融資OK!審査は?

土曜日・日曜日・祝日は口座が必要になる

楽天銀行スーパーローン(カードローン)で土曜日・日曜日のキャッシングをするためには、楽天銀行の口座が必要になります。平日のキャッシングだったら、楽天銀行の口座なしでOKなのですが、土曜日・日曜日・祝日の場合は必要になる…ということですね。

  • 平日…なしでOK
  • 土曜日・日曜日・祝日…必要

こういう条件で最短即日融資している銀行カードローンは、他にオリックス銀行カードローンがあります(大手の銀行カードローンの中では)。

*オリックス銀行カードローンは、カード発行後、最短即日融資可能

この条件は、申し込みやすいか借りにくいか、半々といったところ。そもそも横浜銀行・みずほ銀行などは、土曜日・日曜日・祝日の融資自体対応していないので、それらと比較すると、楽天銀行スーパーローン(カードローン)は「土曜日・日曜日・祝日でも最短即日キャッシングの方法がある」というだけで、まず申し込みやすいといえるのです。

バンクイックなどは口座なしでOK

ただ、上には上がいるというか土曜日・日曜日・祝日でも口座なしで最短即日借入OKという銀行カードローンが、いくつかあります。たとえば、例を出すと下の通りです。

  • 三菱東京UFJ銀行・バンクイック
  • 新生銀行カードローン レイク
  • 三井住友銀行カードローン

このような3つです。これらはいずれも、それぞれの銀行口座を持っていない人でも、平日でも土曜日・日曜日・祝日でも最短即日融資OKという設定になているんですね。なので、特に土曜日・日曜日のキャッシングに関しては、一番やりやすいのはこの3つの銀行カードローンだといえます。

楽天銀行スーパーローン(カードローン)・オリックス銀行のように「土曜日・日曜日・祝日は口座が必要」という条件の銀行カードローンは「二番目に申し込みやすいグループ」ということができますね。

土曜日・日曜日・祝日は何時までに申し込めばいいのか?

楽天銀行スーパーローン(カードローン)で土曜日・日曜日のキャッシングする時は、何時までに申し込みをすれば、最短即日借入できるのか―。これは特に時間は決まっていませんが、大体、平日と同じ14時程度までと考えていいでしょう。

ただ、14時や15時だと少々ギリギリな時間なので、これは平日でも同じですが「確実にその日中に借りたい」ということであれば、念のために午前中に申し込む…というのが基本です。

午前中に申し込んだら絶対に土曜日・日曜日のキャッシングできる…というわけではありませんが、確率はかなり高くなるでしょう。

なぜ、午前中に申し込むと最短即日借入しやすいのか

楽天銀行スーパーローン(カードローン)でも他の銀行カードローンでも、なぜ土曜日・日曜日・祝日に申し込むと、最短即日キャッシングがしやすくなるのか。この理由を箇条書きすると下のようになります。

  • 午前中に申し込むということは、一番遅くて「11時59分」である
  • つまり、仮に「正午」とする
  • そこから審査に「5時間」かかっても、多くの会社の終業時間である「17時」までには間に合う
  • おそらく終業時間までは「最短即日審査」をしているので、これだと「最短当日中に審査完了」しやすい

基本的にキャッシング審査の内幕というのは、明かされていません。ヤミ金や情報屋などが悪用する恐れがあるので。

なので、上のように「少々曖昧な物言い」になるのですが、それでも大体このような計算から、「午前中に審査申込みしたら、その日中に借りられることが多い」と言えるわけですね。

実際、楽天銀行スーパーローン(カードローン)でもその他の銀行カードローンでも、審査に通った人たちの体験談や口コミを見ると午前中に申し込んだら間に合ったというものが多いです。なので、土曜日・日曜日・祝日の最短即日キャッシングをする場合でも、楽天銀行スーパーローン(カードローン)ではとりあえず「午前中に申し込む」というのを、基本と考えてください。

土曜日・日曜日・祝日は、平日より審査が遅くなる?

土曜日・日曜日・祝日は最短即日審査をするスタッフさんが少ないので、平日よりも審査の所要時間が長くなるのでは―。と思う人もいるかも知れません。これは、確かにそういう可能性もゼロではありません。

しかし、逆に言えば土曜日・日曜日・祝日は、あまり申し込む人もいないということもいえます。というのは、下のように言えるからです。

  • 企業にとって大事なのは「儲ける」ことである
  • 「土曜日・日曜日・祝日に申し込む人」がたくさんいるなら、それは儲けのチャンスなのだから、「人員を増強」するに決まっている
  • だから、土曜日・日曜日・祝日に申し込む人がたくさんいても、それで審査が遅くなることはないし、逆に申し込む人が少ないなら、スタッフさんが少なくても問題ない

経済の英語「エコノミー」は、「生態系=エコシステム」が語源ですが、こうして自然界のバランスのように「常に自動的に、最適な状態になる」わけですね。

これを株式投資などの投資の世界では「市場は効率的である」と表現します。こうした経済学的なメカニズムがあるので、土曜日・日曜日・祝日は人員が少なくて、審査が遅くなるということは、心配しなくていいのです。(楽天銀行スーパーローン(カードローン)でもどこでも)

楽天銀行スーパーローン(カードローン)の審査の所要時間は?

では、平日でも土曜日・日曜日・祝日でも、楽天銀行スーパーローン(カードローン)の最短即日審査にかかる時間はどのくらいなのか。これは大体2時間か3時間と考えてください。(あくまで大体の目安です)

たとえば、三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行などのように「最短30分」ということは、まずないでしょう。あったら宣伝しているはずですからね。

同様に、ソニー銀行カードローンのように「最短60分」ということもないといえます。これもやはり、それだけスピード審査できるなら、公式サイトで明記しているだろうからです。

なので、1時間よりは遅いということで、2時間~3時間程度と推測できるわけです。人によっては4時間かかるかも知れません。

審査の所要時間は何によって決まるのか?

こうした審査の所要時間はどんな要素によって決まるのか。これはざっと箇条書きすると下のようになります。

  • 申込者のクレジットスコア
  • 借入希望金額
  • その時の審査の混雑状況
  • 消費者金融・銀行カードローンの経営状況

こういった条件になります。特に重要なのは―。

  • 本人のクレジットスコア(信用度)
  • 融資希望金額

…の2つだと思ってください。

クレジットスコアが高ければ、審査完了は早い

当然と言えば当然ですが、クレジットスコアが高い人であれば審査完了はそれだけ早くなります。これは楽天銀行スーパーローン(カードローン)でも、他の借入先で申し込んだ場合でも同じです。

クレジットスコアというと、何やら専門用語のようですが、別に難しいものではありません。要は「信用度」のことです。

  • 年収が高い
  • 勤続年数が長い
  • 安定した仕事をしている
  • 返済事故を起こしていない
  • 過去に借りて、完済した実績がある

このような諸条件を総合して「その人が、どのくらい経済的に信用できるか」ということを点数化(スコアリング)しているわけですね。そうして算出された点数がクレジットスコアです。

そして、これが高ければ高いほど、消費者金融・銀行カードローンにとっては「ぜひとも融資したい相手」(延滞・滞納なく返済して、我が社に利息をもたらしてくれる相手)となるので、すぐに融資してくれるわけですね。

例えば、誰でも「秋元康が、借金を申し込んできた」のなら、大抵すぐにお金を貸すでしょう。もちろん、その金額にもよりますが「50万円」などの金額だったら「秋元康なら一瞬で返せる金額」なので、問題なく融資するはずです。

(もちろん、逆に彼ほどの人が「何で今、お金を持っていないのか?」という点は、問い詰める必要がありますが)

借入希望金額によっても審査時間が変わる

上で「50万円程度なら」と書いたように、申込者の信用度が同じでも、金額によって審査スピードが変わるというのも、やはり当然です。

たとえば、小室哲哉氏が逮捕され、保釈される時に、六億円という保釈金を積んだのは、エイベックスの松浦会長でした。その時のことを松浦氏はインタビューで「6億っていっても、僕だって右から左へ動かせる金額じゃないですからね」と語られています。

お金の知識が多少ある人ならわかるでしょうが、松浦氏レベルの富裕層でも、「現金で6億円持っている」わけではないのです。

  • 不動産
  • 株券
  • 外貨
  • その他、有価証券

などの形で「資産」として保有しているので「いきなり現金で6億円用意する」というのは、松浦氏のレベルでも、かなり大変なのです。

なので、下のようになります。

  • 小室哲哉という信用度&エイベックスに対する功績
  • 松浦氏の巨額の資産

があっても、「6億円」が動くには時間がかかったわけです。これと比較するとかなりスケールは小さくなりますが、楽天銀行スーパーローン(カードローン)などの銀行でキャッシングする時も、金額によって、当然審査時間が変わるということなんですね。

なので、どうしても急ぎでお金が必要という時には「できるだけ、融資希望金額を小さくする」ということも、注意した方がいいでしょう。自分本人のクレジットスコアは、最短当日中になって変えることはできません。

しかし、借入希望金額だけは「最短即日変更する・調整する」ことができるので、できるだけ少額融資の希望にすることで「審査時間を短縮する」ということも可能なのです。

もちろん、それだけで絶対に早くなるというわけではありません。しかし、少なくとも―。

  • 「高額キャッシング」の希望の時よりは、「小口借入」の希望の方が、審査が早い

こういうのは間違いないでしょう。「少しでも早く審査完了する可能性」を高める方法として「小口借入を希望する」ということも、意識してみてください。

(楽天銀行スーパーローン(カードローン)でなくても、また、土曜日・日曜日の借り入れでなくても)

年収に対して、どのくらいだったら審査が早くなるか?

「借入希望金額が少ない方がいい」と言っても、具体的に年収に体当して、どのくらいの割合だったら、審査に通りやすくなるのか―。これは年収の10分の1だったら、かなりの確率で審査に通る…と思ってください。

これも絶対というわけではありませんが、多くの消費者金融・銀行カードローンで配偶者貸付で、信用度が未知数の人に対しては、年収の10分の1を融資するというルールになっています。

  • 年収300万円の人…30万円
  • 年収200万円の人…20万円
  • 年収100万円の人…10万円

このような風ですね。こうして金額を一覧にしていると、どの年収でも問題なく返済できるだろう金額、というのがわかるでしょう。

なので「年収の10分の1」だったら、大抵大丈夫なんですね。ちなみに、貸金業法には「総量規制」というルールがありますが、これは年収の3分の1まで融資していいというルールになっています。つまり、金融庁が「年収の3分の1までだったら、破産しない」と、公式に認めている、ということです。

なので、それよりさらに3分の1以上小さい「年収の10分の1」というレベルであれば、それで貸し倒れになることなど、まずないわけですね。こうした計算から「融資希望金額を、年収の10分の1にしたら審査に通りやすい」と言えるわけです。

(審査に通りやすいだけではなく、当然審査時間も短くなる可能性が高いです)

土曜日・日曜日・祝日の最短即日審査は、在籍確認に注意

知っている人も多いかも知れませんが、楽天銀行スーパーローン(カードローン)でもどこでも、土曜日・日曜日・祝日に最短即日借入する時には、勤務先への在籍確認をどうするかという問題があります。

もちろん、土曜日・日曜日・祝日でも普通に営業している、という職場であったら、何も問題ありません。しかし土曜日・日曜日・祝日は会社が閉まっているという人の場合、勤務先への在籍確認がとれないわけですから、これは土曜日・日曜日のキャッシングに大きな障害になるわけですね。

そして、楽天銀行スーパーローン(カードローン)は「職場への在籍確認が必須」となっているので、基本的には「土曜日・日曜日・祝日に勤務先が閉まっている」という人は、審査通過できないということになります。

しかし、明らかにクレジットスコアが高い人が、こうした理由だけで借り入れできないというのは、企業としての経営姿勢を考えた時も、あまり良いものではないでしょう。信用できる人に対しては、しっかりサービスをした方がいいはずです。

ということで、このような場合は、楽天銀行スーパーローン(カードローン)などの銀行カードローン側も「配慮」をするわけですね。これについて説明します。

在籍確認は省略される場合もある

上のようなケース(信用できる人で、やむを得ない事情で確認できない)という場合では、在籍確認を省略して融資するということも、キャッシングではしばしばあります。

「いや、在籍確認は法的な義務ではないのか?」と思う人もいるかも知れませんが、実は在籍確認は法的には義務でもなんでもないんですね。つまり、それぞれの消費者金融・銀行カードローンが「自主的に」やっているだけなのです。

法的な義務があるのは「返済能力の調査」だけ。つまり「その人に、本当に返済能力があるのかどうか、しっかり調べろ」ということですね。(一時期、武富士などの消費者金融がこれを調べずに、過剰な融資を連発したからです)

ということで「返済能力の調査義務」はあるのですが、逆に言えば
返済能力さえしっかりわかっているのであれば、別に在籍確認はしなくてもいい、ということなんですね。

もちろん、在籍確認をした方がより確実に返済能力を確かめることができるということで、どの消費者金融・銀行カードローンも在籍確認をするのですが、もし―。

  • 在籍確認しなくても、信用できる
  • 在籍確認できない事情がある

こういうことであれば在籍確認を省略して融資するということは、何も問題ないわけです。

楽天銀行では、どのくらい省略されるか?

これはまったくわかりません。一応「職場への電話連絡なしで審査に通った」という口コミ・体験談もちらほら見られますが、それらがどこまで本当かはわかりません。

ただ「在籍確認を省略して融資する」ということ自体は、どの銀行カードローン・消費者金融でもあるので、これは楽天銀行スーパーローン(カードローン)でも「ゼロではない」ことは確かです。

(これは利用者に対するサービスとして、必要なことですからね。ここまで書いてきた通り)

ということで、自分は、職場への電話連絡なしでもキャッシング審査に通るだけの信用度があるという自信がある人であれば、勤務先への電話連絡なしで借りられることは、楽天銀行スーパーローン(カードローン)でも多い…と考えて下さい。

在籍確認をできないケースとは?

信用度と並んでもう一つ重要になる「在籍確認をできない、やむを得ない事情」というのは、どのようなものがあるか。まず、ここまで書いてきた通り、土曜日・日曜日・祝日・夜間で、職場が閉まっているというのが一番多いケースです。

その他のケースとしては、下の通りです。

  • 万が一にでも、職場にバレたらヤバイ仕事である
  • 私用電話を取り次いでくれない職場である

このような2つが、主なものといえます。前者については、在籍確認は、職場バレすると言っているわけではなく「万が一」のことですね。

あくまで万が一ですが、それでもその万が一の事態(職場バレ)が起きてしまったら、クビや減給になってしまうような人の場合、どの消費者金融・銀行カードローンでも在籍確認には慎重になる…ということです。

これは当然ですね。在籍確認の電話によってその人が仕事をやめることになったり、あるいは出世の道が断たれたりしたら、それで人生が変わってしまうわけですから。

なので、そのような職業についている人の場合、特に在籍確認が省略されることが多いのです。

どんな職業だと、職場にバレてはいけないのか?

これは想像がつくかも知れませんが―。

  • 銀行
  • 信用金庫
  • 労働金庫

こういった金融機関で働くサラリーマン・OLの方は、当然職場にキャッシングがバレてはいけません。理由は、それだけお金に困っている人だと、金融機関のお金に手を付ける可能性があるからです。

実際、たまに銀行員や会社員などの「着服」の事件がニュースで報道されます。この時の彼らの「動機」を見ると、大抵は「生活費がなくなって」とか「ギャンブルにお金を使ってしまって」…というものになっています。

  • 人は、お金に困れば会社のお金に手を付ける
  • 金融機関の場合、「会社のお金」は「人から預かったお金」である
  • 万が一にも、着服されてはいけない
  • だから、お金に困っている人を置いてはいけない

そのため、銀行や信用金庫などの金融機関に勤務している人の場合、特にキャッシングしていることが、勤務先にバレてはいけないのです。

その申込者が、どういう職業についているかは、申し込み時に当然わかるわけですから、こうした仕事だった場合、在籍確認を回避する消費者金融・銀行カードローンの側も―。

  • この人は、絶対に職場バレしてはいけない
  • 信用できる人だし、在籍確認は遠慮しておこう

このようになるわけですね(常にそうなるとは限りませんが、そうなることがしばしばある)…というわけです。

外部からの私用電話を取り次がない職場

当然ですが、職場の電話は本来「個人の用事」で使うものではありません。そして、キャッシング審査の在籍確認というのは、バリバリ「個人の用事」です。

クレジット会社やキャッシング業者からしたら「重大なこと」ですが、それぞれの職場にとってはただの私用電話であって、それが仕事中にかかって来るというのは、問題があるということもあるんですね。

なので、そうした「外部からの私用電話」というのは、一切取り次いでくれない…という勤務先もたまにあります。なので、もし職場がそういうルールでやっているとしたら、そのことを業者・銀行に告げれば「ごくまれに、何らかの配慮をしてもらえる」ということもあります。

(あくまで業者・銀行によりますし、その人に信用度にもよる…ということは、くれぐれも注意してください)

土曜日・日曜日のキャッシングは、消費者金融がやりやすい

土曜日・日曜日・祝日に最短即日キャッシングしたい時は、楽天銀行スーパーローン(カードローン)のような銀行カードローンもいいのですが、それ以上にアコム・モビットなどの大手の消費者金融の方が申し込みやすくなっています。

大手の消費者金融の方が土曜日・日曜日の借り入れをしやすい理由を箇条書きすると下のようになります。

  • 指定の銀行口座が必要ない
  • 土曜日・日曜日・祝日でも21時~22時まで最短即日審査している
  • 審査の所要時間が短い
  • 審査通過率が高い

このような点にあります。つまり、簡単にキーワードだけ書くと下の通りです。

  • 口座
  • 受付時間
  • 審査スピード
  • 審査通過率

この4つの目んで、銀行カードローンより消費者金融の方が、土曜日・日曜日・祝日の融資がしやすくなっているのです。以下、kろえら消費者金融での土曜日・日曜日の借り入れのメリットについて、詳しくまとめていきます。

指定の銀行口座が必要ない

消費者金融は、土曜日・日曜日・祝日でも平日でも、特定の銀行口座を持っている必要がありません。理由は下の通りです。

  • 自行の預金を増やす…という発想がない(銀行ではないので)
  • 「ローンカードの発行」によって、提携ATMで借りられる

このような2つになります。それぞれ説明すると、まず1つ目は―。

  • 銀行は自分の所の預貯金を増やしたい
  • なので、できるだけ口座開設させたい
  • なので、「口座を持っている人だけ」という条件にする

これはわかる人が多いでしょう。そして、2つ目の理由ですが―。

  • 別に「自行に預貯金してくれなくてもいい」と思っている銀行カードローンもある
  • しかし、この場合も「融資する」ためには、通常は「振り込み」をしないといけない
  • そのためには、自行も他行も「営業中」でないといけない
  • しかし、土曜日・日曜日・祝日は、銀行はどこも営業していない
  • なので「振り込みで融資」するとしたら「自行」しかない

自行だったら、土曜日・日曜日・祝日でもリアルタイムで振り込みできるということですね。

なので、自行の預貯金を増やすという目的以外にも、単純に「土曜日・日曜日・祝日の最短即日振込みは、自行でないとできない」という理由もあるのです。だから、楽天銀行スーパーローン(カードローン)なども土曜日・日曜日・祝日は口座が必要となるわけですね。

ローンカードを発行すれば、振り込みは必要ない

しかし、これが「ローンカードの発行」によって変わります。というのは、ローンカードがあれば、コンビニの提携ATMを操作して、そこから現金で直接借りることができるからです。つまり「銀行振込で借りる」必要がないんですね。

そして、大手の消費者金融はみんな「自動契約機」を持っているので、そこでカード発行をして、「銀行振込は一切関係なく」借りることができます。

なので、大手の消費者金融は銀行カードローンと違って「大手なら全部、土曜日・日曜日の借り入れができる」ようになっているんですね。銀行カードローンだと、この「自動契約機・無人契約機」を持っている所が少ないので―。

  • 土曜日・日曜日・祝日は最短即日借入できないか、できても(楽天銀行のように)口座が必須

こういう条件になるのです。ということで、ローンカードの発行によって「提携ATMから借り入れ」ができる大手の消費者金融は、「特定の銀行口座がなくても、土曜日・日曜日・祝日でも最短即日借入可能」となっているのです。

まとめ「楽天銀行スーパーローン(カードローン)の土曜日・日曜日・祝日の融資」

以上、楽天銀行スーパーローン(カードローン)の土曜日・日曜日・祝日のキャッシングについてまとめてきました。ラストに再度要点を整理すると、下のようになります。

  • 楽天銀行スーパーローン(カードローン)は土曜日・日曜日・祝日の融資もしている
  • ただし、土曜日・日曜日・祝日は「楽天銀行の口座」が必要
  • 平日の最短即日融資だったら「口座はなし」でOK
  • 土曜日・日曜日・祝日の融資の時間は、大体14時が申し込みのギリギリ
  • できれば午前中に申し込んだ方がいい
  • 土曜日・日曜日・祝日は在籍確認ができないことがあるので注意
  • ↑(職場が土曜日・日曜日・祝日に開いていない場合)

休日にお金が必要になった時、楽天銀行スーパーローン(カードローン)に興味がある人もない人も、ぜひ参考にしてみてください。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP