楽天銀行スーパーローンの審査は、勤務先・会社への在籍確認が必須?

楽天銀行スーパーローンの審査は、勤務先・会社への在籍確認が必須?

楽天銀行スーパーローンのキャッシング審査では、在籍確認が必須となっています。これはどの銀行カードローン・消費者金融でも同じですが、特に重要なポイントをまとめると、

  • 基本的には必須だが、
  • クレジットスコアが高い(と楽天銀行が判断した人)で、
  • 在籍確認をできない事情がある場合などは、
  • まれに在籍確認が省略されることもある

…となります。これもやはり、楽天銀行スーパーローン以外の銀行カードローン・消費者金融でも見られる現象ですが、以下、詳しく解説していきます。

楽天銀行スーパーローンは即日融資OK!審査は?

まれに在籍確認が省略されることがある

先に書いた通り、楽天銀行スーパーローンでもそれ以外の銀行カードローン・消費者金融でも、勤務先への在籍確認は、省略されることがあるというのは、キャッシング審査の世界では常識となっています。理由は、

  • そもそも、在籍確認は法的な義務ではない
  • 「返済能力をしっかり調査する」という義務はあるが、
  • その方法が「勤務先への在籍確認」でなければいけない…
  • …という法律はない
  • だから「他の方法」で返済能力がしっかり調査できていれば、
  • 職場への在籍確認はしてもしなくてもいい

…ということです。意外かも知れませんが実は、職場への電話連絡というのは、法的な義務でもなんでもなかったんですね。

「他の方法での返済能力の調査」とは?

これは基本的に「審査情報」です。つまり、誰でも申し込みの段階で送信する、

  • 借入状況
  • 年収
  • 勤続年数
  • 職業
  • 自宅情報

…といった情報ですね。個人信用情報などもありますが、これらを総合的に判断して、この人は信用できると楽天銀行スーパーローンが判断したら、在籍確認はしてもしなくてもいい…ということです。

なので、別に「職場への電話連絡なしになる」といっても、

  • 審査が甘い
  • 審査がゆるい
  • 手を抜いている

…というようなことではないんですね。

もちろん、在籍確認できる時はする

上のように書いたものの、もちろん、在籍確認をした方が、より確かに返済能力を調査できるというのは事実です。なので、楽天銀行スーパーローンでもその他の銀行カードローン・消費者金融でも、基本的に会社への在籍確認はします。

なので、「省略される」(回避できる)というのは、あくまで在籍確認できない事情があるという場合に限られるんですね。具体的にはどういうケースなのか、一覧にしていきます。

在籍確認をできない事情・ケースとは?

これらは楽天銀行スーパーローン以外の借入先でも共通するものですが、以下のケースや事情の場合、勤務先への在籍確認ができない(と判断される)ことがあります。

  • 土日・祝日・夜間で、勤務先が営業していない
  • 銀行員など「万が一にも、職場バレしてはいけない仕事」
  • 社外からの私用電話を、取り次がない職場

…というようなものです。その他いろいろありますが、その人の職業や勤務先での立場などを見て、業者・銀行の側が判断する…という風になっています。

また「土日・祝日・夜間」などの「日時」に関しては、

  • とりあえず、在籍確認の電話をかけてみる
  • 通じなかった(誰も電話に出なかった)

…という段階で、「職場への電話連絡なしでOKにするかどうか」を検討する…ということも多いです(この辺のルールは、業者・銀行によってそれぞれ違います)。

というように「在籍確認をできないケース」というのもいろいろありますが、要はこれらに該当し、かつ先に書いた「信用度が高い」という条件を満たせば職場への電話連絡なしでキャッシングするということも可能…というわけです。

(楽天銀行スーパーローンでも、他の借入先でも)

楽天銀行は「在籍確認の代替措置」はある?

楽天銀行スーパーローンの審査では「在籍確認の代替措置」はありません。つまり「この方法をとれば、職場への電話連絡なしで借りられる」とはっきり決まっている方法はない…ということですね。

では、どの消費者金融・銀行カードローンで申し込めば在籍確認の代替措置があるのかというと、これはプロミス・モビットが一番有名です。以下、モビット・プロミスでキャッシングする場合の「在籍確認の代替措置」について書いていきます。

(金利面では楽天銀行スーパーローンの方がおすすめですが、どうしても在籍確認の回避をしなければいけない事情がある方のための情報として)

モビット・プロミスで代替手段をとる条件

モビット・プロミスでは在籍確認の代替手段が用意されていますが、「誰でも適用される」というわけではありません。あくまで、プロミス・モビットが、この人だったら代替手段でOKと認めた人だけです。

で、どういう人が認められるのかというと、特に明確な基準があるわけではありません。しかし、主に2つの条件で決まっていて、

  • クレジットスコアが高く、
  • 職場への電話連絡なしにすべき理由がある

…という二点になります。つまり、楽天銀行スーパーローンなどで、在籍確認が省略される時の条件と同じです。

で、そうした条件をくんで、モビット・プロミスが「代替措置でOK」と判断したら、いよいよ代替措置のための「書類の提出」をするわけですね。人によっては「書類の提出以外」の方法になることもありますが、基本的には書類の提出だと思って下さい。

どんな書類を提出するのか?

で、そのように書類の提出の段階に進んだら、どのような種類の書類を提出するのか。これは大体、

  • 会社の保険証(社会保険証・組合保険証など)
  • 会社の給与明細書(毎月もらうもの)

…となっています。モビット・プロミスのどちらも、これは基本的に共通と言われています(人によっては、内容が変わることもあります)。

そして、モビットの方はさらに状況・条件に応じて書類が増えるようで、

  • 収入証明書
  • 身分確認資料(パスポート・運転免許証のどちらか)
  • 指定の銀行口座(三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行のいずれか)

…という風になっています。モビットの代替手段で必要な書類については、体験談・口コミを見ても内容が分かれていて、人によって必要な書類が変わる…という可能性も考えられます。

ということで、上のものは「あくまで目安」と考えてください。何にせよ、こうした書類の提出をすることによって、モビット・プロミスでは「職場への電話連絡自体をなしにできる」…ということです。

(もちろん、希望に添えない場合もある…ということは意識してください。あくまですべて、モビット・プロミスの判断によります)

モビットに提出する収入証明書について

上では「収入証明書」と簡単に書きましたが、具体的にどのような書類を提出するのか。これは下のようなものです。

  • 確定申告書
  • 納税通知書
  • 源泉徴収票
  • 所得証明書
  • 住民税決定通知書
  • 課税証明書

…などなど。これらの所得確認資料は、モビットの在籍確認の代替措置の時だけではなく、キャッシング審査で収入確認資料が必要になる時は、共通して認められるものです。

基本的には「自営業・個人事業主の人は、確定申告書を提出」「サラリーマン・OLの人は、源泉徴収票を提出」となっています。決まっているわけではありませんが、それが一番簡単でしょう。

個人事業主・自営業なら、確定申告書が一番

年収証明書を手する時、個人事業主・自営業・会社経営者・法人代表者の方であれば「確定申告書を提出するのが一番」となっています。つまり、「一番信用度が高い」ということです。理由は、

  • 確定申告書では、
  • その個人事業主の「収支」だけではなく、
  • 「何にどれだけ経費を配分しているか」もわかる

…ということ。つまり健全な経営をしているかまで、チェックできるわけですね。「キャッシング審査でそこまで見るのか?」と思われるかも知れませんが、当落線上ギリギリの方であれば、そこまで審査されます。

なので「余裕で審査に通る」というレベルの年収・借入希望金額の方であれば、特に意識する必要はないのですが、審査に通るかどうかギリギリという人の場合は、収入確認資料で何を提出するか迷ったら、とりあえず確定申告書を出す…と考えておいて下さい。

本人確認資料は、なぜ「運転免許証・パスポート」か

引き続きモビットの在籍確認の代替措置の話になりますが、

  • 「本人確認資料」が、
  • なぜ「パスポート・運転免許証」なのか

という疑問を感じた人もいるでしょう。この理由は下の通りです。

  • そもそも、キャッシング審査で特に信用される身分証は、
  • 運転免許証・パスポート・保険証のどれかである
  • 保険証は「在籍の確認」として、「職場の保険証」を出している
  • 残るのはパスポート・運転免許証だけである
  • だから、このどちらかになる

ということ。簡単ですね。また、もしこの「職場の保険証をすでに出している」という条件がなかったとしても、身分確認資料の中では、運転免許証・パスポートの信用度が一番高いです(特に運転免許証)。理由は、

  • 顔写真がある
  • 審査する側も、見慣れている

という二点。そして、さらに「運転免許証の信用度が高い理由」を説明します。

なぜ運転免許証の信用度が一番高いのか?

これはモビットの在籍確認の代替手段に限った話ではなく、キャッシング審査全般で、運転免許証の信用度が、一番高いという風になっています(本人証明書類の中では)。その理由は、

  • 顔写真がついている
  • 一番よく持ち歩く身分証明書なので、
  • 盗難・紛失の被害があった時、気づきやすい
  • つまり、今その運転免許証を提出している人が、
  • 実は盗んだ運転免許証で「なりすましている」可能性が低い

ということです。これがもし「パスポート」だったら、

  • 盗難・紛失の時も、気づかないことが多い
  • なので、その申し込み者は「盗んだパスポート」で、
  • その持ち主になりますましている可能性がある

…と言えるわけですね。「疑い過ぎ」かも知れませんが、基本的にキャッシングなどの貸金業は、性悪説の立場に立って、ものを考えるものです。なので、こうした警戒心が常に必要なんですね。

こうして総合的に考えると、身分確認資料の中で、一番信用できるのは、運転免許証ということになるわけです。なので、モビットの在籍確認の代替手段に限った話ではなく、キャッシング審査全般で、「本人確認資料で何を提出するか」迷ったら、とりあえず運転免許証を提出する…という風に考えておいて下さい。

楽天銀行の在籍確認の、職場バレのリスクは?

勤務先への在籍確認を受けるにあたって、心配になるのは「会社の人にキャッシングがバレるのではないか?」ということでしょう。これは、楽天銀行スーパーローンでもどこでも、まったく心配ないので、安心して大丈夫といえます。

なぜ、勤務先への在籍確認によって職場バレすることがないのか。その理由は下のようになっています。

  • 楽天銀行などの銀行名は出さない
  • アコム・アイフルなどの消費者金融の名前も、もちろん出さない
  • 「カードローン」という単語も出さない
  • 普通の個人名で「普通の用事」のようにかける

ということです。なので、電話に出た職場の同僚がよほど勘のいい人でなければ(あるいはキャッシング経験者でなければ)基本的に気づくことはない…ということですね。

自分宛ての電話が、普段かかって来ない人の場合

ただ、在籍確認の電話を受けるのが怪しまれる…というケースも当然あります。たとえば、飲食店やコンビニで働くアルバイト・パートの方に「その人宛ての電話がかかって来る」というのは、基本的に不自然でしょう。

会社員・OL・公務員で、特に営業の方などはよく外部からの電話がかかって来ますが、こうした「パート・アルバイト・フリーター」の方に関しては、外部からの電話がかかって来ることは、基本的にめったにないですからね。

なので、人によっては、そして職場によっては外部からの電話がかかって来ただけで、職場バレの原因になるということも当然あるでしょう。そのような場合は、

  • 先に書いた「モビット・プロミスの代替措置」で、
  • 「職場への電話連絡自体をなしにする」

というのが一番かしこいやり方なわけですね。「在籍確認の電話があった時点で、職場バレのリスクが高まる」わけですから。もちろん、モビット・プロミスでも「絶対に回避できる」というわけではないのですが、それでも「だいぶ会社バレのリスクを減らす」ことはできるでしょう。

アコムだったら、在籍確認に失敗しても借りられる?

あくまで口コミ・体験談による情報ですが、アコムだったら、在籍確認に失敗しても、借入枠10万円までという条件で審査に通るという説があります(あくまで説です)。

詳しくまとめると、

  • 在籍確認の電話自体は、必ずかける(回避の方法はない)
  • しかし、「誰も電話に出ない」などのケースで「失敗」した時も、
  • ひとまず「融資枠10万円」などの条件で即日融資し、
  • 後日「あらためて在籍確認」をする
  • それで確認が取れたら借入枠を増やす(その人の収入に応じて)

というスタイルです。このアコムのやり方(あくまで口コミ・評判によるもの)だったら、

  • プロミス・モビットのように「書類の提出」の必要がない
  • 10万円でOKな人だったら、これで十分
  • 「急ぎでお金が必要な用事」は満たせる上に、
  • 後日在籍確認が取れれば「大きい金額」も借りられるようになる

…となっています。ただ、これだとパート・アルバイト・フリーターの方など、職場への電話連絡自体なしにしたいという方のニーズは満たせません。なので、

  • 確認電話はかかって来てもいい
  • ただ、土日・祝日・夜間で勤務先が休みなど、
  • どうしても確認が取れない事情がある
  • そして「10万円借りられれば、とりあえずOK

という人限定で、おすすめできるやり方…と言えるでしょう。

アイフル・ノーローンの在籍確認は?

ここまで大手の消費者金融のうち、モビット・プロミス・アコムの在籍確認について語ってきました。

  • モビット・プロミス…代替手段がある
  • アコム…在籍確認に失敗しても借りられる

…という風ですね。では、大手の5つの消費者金融のうち、残りの二つであるアイフル・ノーローンについてはどうか。これは、どちらも、状況・条件に応じて在籍確認が省略される場合があるというのが現状です。

つまり、「楽天銀行スーパーローンなどと同じ」ということですね。モビット・プロミスのように「特別な代替措置」は用意していないし、回避の方法もないのですが、「場合によっては在籍確認が省略される」ということです。なので、自分のクレジットスコアや、在籍確認をできない事情などに自信がある人は、アイフル・ノーローンでもいいでしょう。

(事情に自信がある…というのも変ですが)

無収入の専業主婦の場合、在籍確認はどうなる?

キャッシング審査の在籍確認で、気になるのは、

  • 収入がない専業主婦がキャッシングする時は、
  • 夫・旦那の職場に在籍確認をするのか?

ということでしょう。これは「夫・旦那の職場に電話連絡することはない」ので安心して下さい。なぜ夫・旦那の職場に電話しないのかというと、

  • 貸金業法・銀行法・割賦販売法には、
  • 「第三者に借金の事実を知らせてはいけない」というルールがある
  • この「第三者」には、夫・旦那も含む
  • 夫・旦那の職場に在籍確認したら、当然夫バレ・旦那バレする
  • だから、上のルールを守るために、在籍確認はしない

…という理由からです。家族というのは、法律の世界では「第三者」扱いになるわけですね。また、夫・旦那の職場に在籍確認しないのは、もう一つの理由もあります。

女性が専業主婦であること自体が「信用」になる

少し意外かも知れませんが、その女性が「無収入の専業主婦である」ということ自体が、キャッシング審査ではある程度信用の証になるのです。理由は、

  • 無収入なのに、問題なく生活できている
  • ということは、その女性の生活を支える「誰か」がいる
  • 本人が「専業主婦」と言っているので、99%夫・旦那だろう

と推測できるわけですね。そして、

  • 専業主婦の女性を一人養っている家庭なら、
  • 一般的に考えて「30万円~50万円」程度なら、
  • 融資しても問題なく完済できるだろう

…と考えられるわけです。なので、無収入の専業主婦の借入枠は、夫・旦那の収入に関係なくみんな均等に30万円か50万円になるということが多いんですね。

(ちなみに、楽天銀行スーパーローンでは最大50万円です。人によって多少変わる可能性もありますが)

夫・旦那の収入もチェックしなくてOK

上と同様の理由で「夫・旦那の所得確認資料も、提出しなくてOK」となっています。

  • 在籍確認…夫・旦那が働いているに決まっているので、OK
  • 所得確認資料…夫・旦那に、一定の収入があるに決まっているからOK

…ということですね。なので、楽天銀行スーパーローンの借り入れに限らず、自分の収入がない専業主婦のキャッシング審査では、

  • 夫・旦那の収入証明書も提出しなくていいし、
  • 夫・旦那の職場への在籍確認もしなくていい

というシステムになっているわけです。基本的に、無収入の専業主婦の方々が想像するよりも、遥かに借りやすくなっているわけですね。

個人事業主・自営業の在籍確認はどうなるのか?

会社員・OL・公務員の方々と違い、自営業・個人事業主の人の場合、楽天銀行スーパーローンの在籍確認はどうなるのか。これはポイントをまとめると、

  • 普通にその事務所に在籍確認が来る
  • 自宅兼事務所だったら、自宅に電話が来る
  • 電話に出るのは申し込み者本人でも、家族でもOK
  • もちろん、従業員でもOK
  • 会社員・OL・公務員の在籍確認と、特に違いはない

…という風です。特に「事務所が自宅だったら?」というのが気になる所でしょうが、これは普通に自宅に在籍確認が来るだけでOKなんですね。

自営業・個人事業主・フリーランスの方ならよく知っているでしょうが「自宅を事務所にする」というのは、独立系の職業では当たり前のことです。そして、そうした方々からのキャッシング審査の申し込みは多いので、これは楽天銀行スーパーローンなどの銀行カードローン・消費者金融の側としても、全然問題ありません。

重要なのは「しっかり稼いでいるか」どうか

それより、むしろ重要なのはその人が、事業でしっかり稼いでいるかなんですね。つまり「収入証明書の内容」の方が重要…ということです。

これは個人事業主・自営業や会社経営者・法人代表者の方だったら、事業をする中で、そして生活する中で実感していることでしょう。こうした独立系の職業を選んだら「結果がすべて」なのです。

  • 「稼いでいれば」文句は言われないし、
  • 「稼げていなかったら」頭を下げつつける(銀行などに)

…というのが当たり前の世界なんですね。なので、キャッシング審査でも「事務所の住所がどうこう」より稼げているかが何よりも重要なのです。

なので、自宅を事務所にしている個人事業主・自営業だからといって、楽天銀行スーパーローンなどの在籍確認が何か変わる…ということはないわけですね。この点は、特に複雑なことはないので、安心して下さい。

(それより、再三繰り返しますが、大事なのは「稼げているか」です)

実際に返済するために「収入」が必要

この「稼げているか」というのは、審査に通るだけでなくそもそも、借り入れした後で、返済していくために必要なことです。当たり前ですが、収入をしっかり得ていないと、返済自体ができなくなりますからね。

これは個人事業主・自営業の方々に限った話ではなく、そして楽天銀行スーパーローンの審査に限った話ではなく、「キャッシング審査やクレジットカードの審査全般」で言えることです。こうした年収などの条件を満たすのは、

  • 「審査に通るため」ではなく、
  • 「借りた後で、返済していくため」に必要

なんですね。当たり前と言えば当たり前ですが。

なので、「キャッシング審査に通ること」を考えるのも、もちろん大事なのですが、それだけでなく「その後の返済」も考えて、こうした年収などの条件をクリアしていく…という発想で考えてください。

まとめ「楽天銀行スーパーローンの在籍確認」

以上、楽天銀行スーパーローンの審査の勤務先への在籍確認について、モビット・プロミスの代替措置やアコムの在籍確認など、関連する知識も一緒にまとめてきました。最後に要点を整理すると、

  • 楽天銀行スーパーローンも在籍確認が必須
  • しかし「在籍確認が省略される場合」がある
  • 信用度が高く「やむを得ない事情」がある場合…というのが基本
  • 在籍確認は法的な義務ではないので、
  • こうして省略されることがしばしばある
  • プロミス・モビットなら「在籍確認の代替手段」もあるので、
  • 人によってはこちらもあり

…ということです。キャッシングしたいけど、会社バレが怖いというような方に、参考にしていただけたら幸いです。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP