キャッシング在籍確認は必須?電話連絡はなしでも借りられる?

キャッシング在籍確認は必須?電話連絡はなしでも借りられる?

キャッシング・カードローンに申し込むと審査の過程で勤務先に電話がかけられローンの利用が同僚に知られるのではと心配している方も多いのではないでしょうか。

ローン事業者の多くは上記のような電話連絡による在籍確認をしているのでケースによっては同僚にローンへの申し込みや利用がばれることもあるかもしれませんね。

ここではそんな在籍確認を心配している方のためにその内容、在籍確認のないローン、電話連絡のないローン、電話連絡を回避する方法などを説明しましょう。

在籍確認の内容と申込者に与える影響とは何か?

消費者がキャッシングローンに申し込むと審査を受けることになりますが、その過程で在籍確認とよばれる勤務先についての確認作業が行われます。

在籍確認とは
申込者が申告した勤務先に本当に働いているのかを確認する作業のことで、一般的にはローン事業者の担当者が申込者の勤務先へ電話して確認する行為なのです。

プロミスやアイフルなどの大手消費者金融や銀行などの金融機関でも担当者が個人名で申込者の職場に電話をかけます。

本人に電話が繋がった場合、本人であることが確認できるまで担当者はローン事業者であることを話すことは通常ありません。話す内容もローンへの申し込みに対する謝意と手続の簡単な説明がごく短時間でされるだけです。

そのためローン事業者から申込者に電話があっても職場の同僚がローンの存在に気付く可能性は決して高いとはいえないでしょう。

また、本人が外出や席をはずしていて電話にでられなくても本人がその企業で働いていることが確認できれば在籍確認は終了することになります。

例えば、「○○はあいにく外出しており、・・・」というような回答が職場の同僚の方から得られれば、それで申込者がその企業に存在することが判明するので、それで在籍確認が完了するというわけです。

そのため申込者が電話にでられなくてもローン事業者から再度電話がかけ直されることはなく、申込者が席外しの間に在籍確認が終了していたということも実際には多いようですね。

ただし、上記のような在籍確認の電話連絡をしているローンは多いですが、中小のローンの中にはそこまでプライバシーに配慮できていないローンもあるかもしれないので申し込む前に確認しておいたほうがよいでしょう。

キャッシングの在籍確認の種類とそれがないキャッシングローンはある?

在籍確認でローンの利用が勤務先にばれはしないかと不安に思う方にとっては、在籍確認そのものがないローンのほうが望ましいですよね。しかし、そのようなキャッシングローンはあるのでしょうか。

在籍確認の方法は2種類

在籍確認の方法は、先ほど説明した電話連絡による方法と給料明細書のなどの資料の提出といった方法の2種類があります。実際に採用されている方法は前者のほうが圧倒的に多く後者のほうは非常に少ないと考えてよいでしょう。

そして、極一部のフリーローンなどを除き在籍確認そのものを実施しないキャッシングローンはほとんどないといってよいでしょう。つまり、圧倒的多数のローンで電話か資料の提出による在籍確認が行われているというわけです。

申込者がどの企業で働いているかは申告情報だけでは判断できないため、申込者本人が申告した企業にいるかを電話で確かめるか、報酬を得ているという資料や保険証などの資料で確認するしかないわけです。

ただし、電話連絡による在籍確認でローンの利用が発覚することを心配される方にとっては、電話を利用しない資料の提出等による方法なら安心できるのではないでしょうか。

在籍確認 ~タイプ別一覧~

在籍確認の方法 タイプA タイプB タイプC
電話連絡 × ×
資料の提出等 × ×
電話連絡なし × × (ごく少数)

電話連絡による在籍確認のないキャッシングローン

在籍確認を不安に思う方でも電話連絡のない方法なら安心できるかもしれませんね。しかし、本当に電話をかけないで在籍確認を行うキャッシングローンはあるのでしょうか。

そのようなローンは極めて少数派ですが、大手消費者金融ではSMBCモビットが代表的といえるでしょう。そのSMBCモビットでは「WEB完結」で申し込むと、電話による在籍確認が行われずに済むのです。

WEB完結の申し込みとは、申込手続から審査、契約までをWEB上で済ませる申込方法で来店不要な上、勤務先への電話による電話連絡なしで契約できる便利でプライバシー保護の高い方法といえるでしょう。

本人確認、収入の確認や在籍確認を下表に示した資料の写しを提出することで済ませられるので、自宅や職場などへの電話連絡がなくなり周囲の人にローンの利用が知られる心配がほとんどなくなりますね。

ただし、審査の確認のためにどうしても連絡を取りたい場合などでは職場であっても電話がかけられることもあり得るので、そうした場合には携帯電話へかけるようにローンへ事前に相談しておくとよいでしょう。

SMBCモビットのような電話連絡なしの在籍確認を行うローンはかなり少ないですが、他の大手消費者金融でも例外的に対応してくれることもあるので相談するとよいかもしれませんね。

在籍確認 ~収入証明・本人確認・勤務先確認~

確認資料 資料の内容
本人確認 運転免許証、パスポートのいずれかの写し
収入証明 源泉徴収票、税額通知書、所得証明書、確定申告書、給与明細書のいずれかの写し
勤務先確認 健康保険証、給与明細書の2つの写し

例外的に電話連絡なしで在籍確認を行うキャッシングローン

電話連絡なしの在籍確認を行うSMBCモビットからお金を借りられればよいですが、審査に通るとは限りませんよね。

そのため他に同様の在籍確認ができるところがないか気になりますが、例外的に電話連絡の代わりに他の方法で在籍確認するキャッシングローンがあるようです。

例えば、プロミスやアイフルなどでSMBCモビットと同様の方法で在籍確認が行われていることがネット上の情報などで確認できます。

プロミスでも原則としては担当者が申込者の職場へ電話をかけて在籍確認を行うのですが、申込者の勤め先で個人的な電話が取りつがれないような場合には電話以外の方法で在籍確認が行われることもあるようですね。

最近の企業の中には私用電話、個人への勧誘の電話などを取り次がないところも増えており、電話による在籍確認ができないケースも増加しているといわれています。

そうした状況を踏まえてプロミスなどではそうした例外的な対応を取ることもあるようですね。金融機関のローンなどでは難しいでしょうが、大手消費者金融は接客サービスを向上させようとしているので、期待できるかもしれませんね。

そのような例外的な在籍確認を望む場合は、電話による在籍確認ができない、困るという理由をはっきりとローン事業者に伝えておくことが重要です。単に嫌だからというだけでは対応してもらえないこともあるので準備しておきましょう。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP