バンクイックの審査では、勤務先への在籍確認が必須?回避はできる?

バンクイックの審査では、勤務先への在籍確認が必須?回避はできる?

三菱東京UFJ銀行・バンクイックの審査でも、勤務先・職場への在籍確認は必須です。これについてポイントをまとめると、下のようになります。

  • プロミス・SMBCモビットのような「代替措置」はない
  • アコムのように「失敗しても借りられる」ことはない
  • その他「回避する方法はない」

これが、基本の前提です。

クレジットスコアが高く在籍確認できないやむを得ない事情がある人なら、バンクイックの判断によって、勤務先への電話連絡なしで借りられることもある。

これが、詳細な説明です。以下、詳しくまとめていきます。

三菱東京UFJ銀行・バンクイックに「在籍確認の代替措置」はない

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」だけではなく、どの銀行カードローン・消費者金融でもそれが普通ですが、バンクイックには、SMBCモビット・プロミスで採用されているような「在籍確認の代替措置」はありません。なので、自分から働きかけて、在籍確認を回避する…ということはできないのですね。

しかし、これはあくまで「自分から」仕掛けることはできないというだけであり、「三菱東京UFJ銀行カードローンの判断によって、在籍確認が省略される」ということは、しばしばあります。

三菱東京UFJ銀行・バンクイックで、在籍確認が省略されるかも知れないケース

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の審査で、在籍確認が省略されるのはどんな場合か―。ポイントをまとめると、下のようになります。

  • 在籍確認の必要がないくらい、クレジットスコア(信用度)が高い
  • その日、在籍確認をできないというやむを得ない事情がある

このような2つです。それぞれ詳しく説明します。

クレジットスコア(信用度)が高いとは?

これはキャッシングの知識がある人なら常識として知っているでしょうが、要は、年収・勤続年数・職業・借入状況などの諸条件が、良い内容である…ということです。

  • 高年収である
  • 勤続年数が長い
  • 安定した職業についている
  • 他社借入金額・件数が少ない
  • ブラックリスト入りしてない

このようなものです。人によっては「全部、当たり前の内容じゃない?」と思うかも知れませんが、その通りです。実はキャッシング審査というのは「普通の、堅実な生活をしている人なら、割と簡単に通る」というものであり、審査通過できなくて困っているのは、多重債務者の方など、何かしら問題がある人(昔の私もですが)だけなのです。

ちなみに「昔の」と書きましたが、私はクレジットカードの強制解約で、まだ後数年ブラックリスト入りしたままなので、こういう人は「クレジットスコアが低い」という扱いになります。(ブラックリスト入りなので、低いというレベルではないですが)

このような一部の人を除けば、三菱東京UFJ銀行・バンクイックでも他の銀行カードローン・消費者金融でも、職場への電話連絡なしでも融資できるくらいの信用度は獲得できます(絶対ではありませんが)。あとは「在籍確認の回避する、やむを得ない事情がある」かどうかです。

職場への電話連絡なしにするやむを得ない事情とは?

どういうケースだと「やむを得ない事情」と判断されて、勤務先への電話連絡なしになるのか―。これは一例として書くと、例えば下のようなケースです。

  • 銀行員である
  • 警察官などの「堅い立場」の公務員である
  • 個人信用情報機関の職員である
  • 労働金庫・信用金庫などにつとめている

このような職業に由来する理由がまず一つ。

  • 職場でのポジション的に、電話がかかって来るはずがない
  • ↑(飲食店のアルバイトなど)
  • 外部からの仕事と無関係な電話は、取り次がないルールになっている

このような「職場でのルール・立場」に関する理由が2つ目。

  • 土曜日・日曜日・祝日は勤務先が休みである
  • 土曜日・日曜日・祝日でも開いているが、夜間は閉まっている

このような、審査している日時に関する理由が3つめ。こうした3つの理由によって、「確かにその職場に在籍しているけど、在籍確認はできない」ということがあるわけですね。

なので、このような場合は、三菱東京UFJ銀行・バンクイックにしても、その他の大手の銀行カードローン・消費者金融にしても、業者・銀行の側の判断で、在籍確認を省略してくれるということがしばしばあります。なので、自分がこういうケースに該当して、それで在籍確認の回避をしたいという場合には、「バンクイック側で、その事情を組んでくれる可能性もある」と考えて下さい。

あくまで信用度が高い人だけである

ただ、ここまで書いてきた内容は、あくまで在籍確認をする必要がまったくないというくらい、信用度(クレジットスコア)が高い人のみの措置です。三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」から見て、少しでも不安要素が残る人であれば、本人が返済不能になって困らないためにも、しっかり会社への在籍確認をするので、この点はよく意識しておいて下さい。

もちろん、このルールというか基準は、バンクイック以外の大手の銀行カードローンや、プロミス・アイフルなどの大手の消費者金融でも同じです。きっちり返済できる人だけに融資するというのは、決して貸し渋りではなく、その申込者を破産状態にしないためにも重要なことですから、こうした審査の厳しさは、むしろ良いことと考えて下さい。

なぜ、在籍確認を省略していいのか?

ここまでの内容を読んで、下のように思う方もいるでしょう。

  • 在籍確認というのは、絶対にやらないといけないものでは?
  • それを省略するというのは、審査が甘いのではないか?

このように感じた人もいるかも知れません。その気持ちはもっともですが、バンクイックに限らず「在籍確認を省略する」というのは、別に審査が甘い・緩い、という事にはならないのですね。その理由をまとめていきます。

在籍確認は法律的な義務ではない

実はキャッシング審査の在籍確認というのは、法的な義務にはなっていないのです。なので、別に省略したかったら、省略してもいいんですね。

貸金業法・銀行法・割賦販売法などの、キャッシングに関する法律では、その人の返済能力を、しっかり調査しろという内容だけ、制定されています。これはキャッシングの専門用語で「返済能力の調査義務」というものですが、とにかく、義務付けられているのは返済能力を、確実に調べるということだけなんですね。

そのために、勤務先への在籍確認というのは有効なので、消費者金融でも銀行カードローンでも採用しているわけです。逆に言えば「勤務先への在籍確認をしなくても、返済能力があると確信できるような人であれば、別にしなくていい」ということなんですね。

なので、三菱東京UFJ銀行・バンクイックはじめ、多くの銀行カードローン・消費者金融が「信用できる人の申し込みだったら、在籍確認を省略する」というのは、正しい判断なのです

省略した方が、全体の利益になる

実は、こういう「在籍確認しなくても、信用できる人」に対しては、在籍確認を省略した方が、その銀行カードローン・消費者金融の利用者全体の利益になるという事実があるんですね。どういうことかというと、下の通りです。

  • 在籍確認をするにも、当然スタッフを使う
  • 電話回線も、余分に必要になる
  • つまり、ダブルで審査コストが増える

そして、銀行カードローンも企業である以上、このコストはどこかで補う必要があるので―。

  • その分、金利を引き上げることになる
  • あるいは、提携ATMでの返済で利用手数料がかかるケースが増える
  • あるいは、その他のサービスが削減される

このようになるわけです。いずれにしても、全体の利用者にとって、不利益なことですよね。

なので、必要ない人にまで在籍確認を回避するというのは、実は「ムダに丁寧な審査」なのです。こういう「余計な所に力を入れている仕事」というのは、しばしばビジネスの世界でも見られるものですが、こういう「意味のない仕事」はカットした方がいいんですね。

「信用度が高い人に対する在籍確認」というのは、まさにそれなのです。なので、こうした人に対して在籍確認を省略するというのは、下のように言えるからです。

  • ビジネス的にも
  • 人道的(全ての人へのサービス)にも

どちらの視点から見ても、正しい選択肢なのです。こういう「しっかりとした」理由があって、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」も、その他の銀行カードローン・消費者金融でも、省略すべき時には省略するというルールで、在籍確認をしている…というわけですね。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の在籍確認は、勤務先にバレる?

三菱東京UFJ銀行・バンクイックで審査申込みする時だけでなく、勤務先への在籍確認を受けるときに全ての人が心配するのは、「会社への在籍確認によって、職場にキャッシングがバレるのではないか」ということでしょう。しかし、この不安については、まったく問題ないので安心して下さい。

なぜまったく問題ないといえるのか。これは下のような理由によります。

  • 「三菱東京UFJ銀行」や「バンクイック」とは名乗らない
  • 個人名で「ただの私用電話」のようにかける
  • かけ直し対策も、万全に施されている
  • オペレーターさんはみんな、在籍確認のプロである
  • だから、徹底的に自然な演技をしてくれる
  • ある程度までは、内容のリクエストもできる
  • 職場バレしたら、バンクイックにとっても悪い口コミ・評判が立つ
  • また「第三者に借金の事実を知らせてはいけない」という条文もある

一気呵成に書いてみましたが、以下、それぞれ詳しく説明します。

三菱東京UFJ銀行などの名前は名乗らない

これはキャッシングの在籍確認の基本中の基本ですが、「バンクイック」「三菱東京UFJ銀行」「カードローン」などの単語は一切出さないので、これらの名前によってキャッシングがバレる…ということはありません。

では、どのように名乗るのかというと、上に書いた通り―。

  • オペレーターさんの個人名で、普通の私用電話のように、かけてくる

このようなやり方です。「三井ですが、一ノ瀬さんお見えですか?」といような語り口ですね。そして、ここで気づいた人もいるでしょう。たとえばオペレーターさんが若い女性だと、あらぬ噂がたつなどのケースです。

もちろん、こうした申込者の事情は三菱東京UFJ銀行・バンクイックの側もしっかり配慮しているので、この点は「在籍確認の内容をリクエスト」することができます。

在籍確認の内容は、どこまでリクエストできる?

まず、在籍確認を担当するオペレーターさんの「性別」については、バンクイックも含め、多くの消費者金融・銀行カードローンで、指定できます。これは、特に既婚者の場合「浮気・不倫」を疑われるので、当然ですね。

なので、中小業者などの例外を除けば、基本的に大手の銀行カードローン・消費者金融であれば、どこでも「在籍確認する担当者の性別」くらいは指定できると考えて下さい。

性別以外では、何を指定できるのか?

担当者の性別以外で指定(リクエスト)できるものは、在籍確認の電話をかける日時が、一番要望が通りやすいものです。たとえば、例を出すと下の通りです。

  • 「この日時だったら、自分が職場にいるから、この時間に頼みます」
  • 「自分がいない時の方が都合がいいので、この日時で頼みます」

こうしたものです。「自分がいない日時」を指定するのは、「何か怪しい」と思われるので、いない方がいい理由がしっかりしていない限り、このリクエストは通らないかも知れません。しかし「自分がいる日時」を指定するのはごく自然なので、これはリクエストが通る可能性が高いです。

在籍確認でリクエストできない内容は?

逆に「リクエストできない内容」というのは、たとえば下のようなものです。

  • 他の銀行名を名乗る
  • 「取引先の会社名」を名乗る
  • 「特定の氏名」を名乗る

このようなものです。どのリクエストが通らない理由も虚偽申告であるということ。これらのリクエストをのんだら三菱東京UFJ銀行が、虚偽を働いたということになるので、それはできないんですね。

逆に、ギリギリ要望が通るかも知れない内容を書くと下の通りです。

  • 「例のプロジェクトの件で…」など、「その職場の人が聞いたらわかる」が、「どうとでも解釈できる」ものにする

このような方法があります。これは嘘ではないのか?と思うかも知れませんが―。

  • 「例のプロジェクト」というのが、職場の人は「ああ、A社の件だな」と思っても、実は「一ノ瀬さんに、30万円を最短即日融資するプロジェクト」

このような「トリック」が成り立つからです。これは、確かに「勘違いさせる」ようなことは言っていますが、嘘はついていません。

嘘をついていない以上、これは「勝手に間違えた側の問題」なので、法的に見ても、倫理的に見ても、まったく問題ないわけですね。

少し余談になりますが、、これとまったく同じ答弁が、有名な、アメリカの「クリントン大統領の不倫疑惑」でもありました。以下、簡単に説明します。

クリントンも「嘘」はつかなかった

クリントン大統領は、「ホワイトハウスで、秘書の女性と性的関係を持った」という容疑で、糾弾されました。そして、当然のごとく大統領は、「私は、彼女との『性的関係』は一切持っていません」と、テレビで堂々と宣言しました。

これは「性的関係」という単語の辞書での定義をうまく活用した言い逃れだったんですね。ポイントをまとめると、下のようになります。

  • アメリカの辞書では「性的関係」というのは、「性器の結合まで行く性行為」を持つ関係である
  • クリントン大統領は、その女性と「オーラルセックス」しかしなかった
  • だから、辞書通りの「性的関係」は持っていない

このようなものです。なので、大統領は確かに「嘘は付かなかった」のです。

この答弁は非常に巧みで、ハーバード白熱教室として人気になった『これからの正義の話をしよう』でも、マイケル・サンデル教授がテーマに取り上げています。

このように、若干論理学的な話になりましたが、こういう紛らわしいけど、嘘ではないというのは、法的にはまったくOKなのです。ということで、バンクイックの在籍確認のリクエストでも、こういう内容だったら受け入れてもらえる…という可能性があるわけですね。

会社バレしたら、バンクイックにとっても不利益

これは言うまでもないことですが、在籍確認によって職場バレするというのは、三菱東京UFJ銀行・バンクイックなどの銀行カードローン・消費者金融側にとっても、不利なことです。というのはそれによって、その業者・銀行の口コミ・評判が悪くなるからですね。

確かにビジネスなので、本心の部分では「利用者がキャッシングがバレて困っても、別に大したことない」と考えている社員さんも、中には一人くらいいるかも知れません。(そういう人はどんな会社でもお店でもいるというのは、人間の世界の鉄則でしょう。もちろん、そうでない人の方が多いのも事実です)

そして、仮にそのように「内心はどうでもいい」と思っていたとしても、

  • バンクイックの在籍確認によって職場バレする人が増えて、彼らがバンクイックに対して不満を持つようになり、その悪い評判・口コミが、ネット上に溢れるようになったら、最終的に、困るのはバンクイックである

特に現代はスマートフォンの普及・ネットの進化によって、あっという間に口コミ・評判が広まるようになっています。なので、このような「人の噂にとは立てられぬ」という状態では、どの銀行カードローン・消費者金融も評判に対して、かなりの神経をつかうのです。

こうした理由からも、バンクイックだけではなくどの銀行カードローンでも消費者金融でも、借り入れが職場にバレるような在籍確認はしないと言えるんですね。

「第三者に借金の事実を知らせてはいけない」というルール

さらに、法的にも「割賦販売法・貸金業法・銀行法」などに第三者に借金の事実を知らせてはいけないという条文があります。要するに「周囲に借金がバレるようなことをするな」というものです。(もちろん、業者・銀行の側に対する命令です。利用者にこんな指示を出しても意味が無いですからね。だったら笑えますが。笑)

そして、「在籍確認で会社バレする」というのは、直接的ではないものの、このルールに違反しているわけです。確かに数回程度の低い割合だったら「たまたま、その職場にするどい人がいた」などの理由で、金融監督庁からも多めに見られるかも知れません。

しかし、どうも、この銀行カードローンでは度々こういう訴えが来ているようだと監督庁が感じたら、行政指導を受けるリスクがあります。なので、そのように「何度も職場バレする」ような在籍確認だけは、少なくともできないんですね。

なので、どこかで「在籍確認による会社バレ」があるたびに―。

  • その銀行カードローンでは、在籍確認回避の方法に改善がなされ、その繰り返しで、どんどん職場バレしにくくなっていく

このようなことなのです。そして、三菱東京UFJ銀行・バンクイックのような「最大手」の銀行カードローンになると、当然こうした「フィードバック」の回数も多くなります。なので改善がますます進むわけなんですね。

そういう点で、三菱東京UFJ銀行・バンクイックは、ありとあらゆる借入先の中でも「在籍確認が一番うまく、職場にバレないように自然にしてくれる」と期待していいでしょう。

(オペレーターさんでも社員さんでも、エリートが揃っていますからね)

三菱東京UFJ銀行・バンクイックの電話連絡で、うまい言い訳は?

三菱東京UFJ銀行・バンクイック以外でも、キャッシング審査を受ける時には「在籍確認の言い訳」を、ある程度考えておく必要があります。

在籍確認の言い訳で特によく使われるものは、例えば下のような内容です。

  • クレジットカードの審査を受けてるので、その在籍確認
  • 損害保険・生命保険の更新時期が来たので、その電話確認
  • 銀行で自動車ローンを組むので、その審査の在籍確認

このようなものです。このうちどれがいいかといったら、断然、クレジットカードの審査です。理由は下の通りです。

  • 確かに、クレジットカードの審査でも在籍確認がある
  • クレジットカードなら、誰でも何度か発行している
  • なので、実際に勤務先への在籍確認を受けた職場の同僚も多い
  • だから「ああ、なるほど」と納得してもらえる

こうした理由です。何しろ「日本人の成人は、一人あたり3.5枚程度のクレジットカードを持っている」というくらいで、クレジットカードの審査は、想像以上に多くの人が体験しているんですね。なので、その在籍確認と言っても、信用してくれる勤務先の同僚が多い…ということです。

生命保険・損害保険などは、知識がない人相手だったらOK

保険の確認でも、確かに職場への電話連絡をすることはあるようです(保険会社にもよるし、保険のプランにもよるので、一概には言えませんが…)。

ただ、この言い訳は相手が、保険のことを全然知らない、新入社員・アルバイトなどの方でなければ、やめておいた方がいいでしょう。

自分よりも保険に詳しい年上の上司などにこの言い訳をすると、あれこれ突っ込まれる可能性があります。そして、なんとかうまく取り繕ったとしても、その時の態度が挙動不審だと、辻褄はあっていても「ははん、こいつはキャッシングしているな」と気づかれてしまうこともあります。

ということで、こうした「保険の職場への電話連絡」というのは、少々難易度が高いので、個人的には控えておいた方がいいと思います。

「銀行の自動車ローン」もやめておいた方がいい

よく使われる「銀行の自動車ローンの審査」というのも、個人的にはやめた方がいいと思います。理由は下の通りです。

  • その勤務先の同僚が、実は「クルマ好き」という可能性もある
  • その場合、どんな新車を買おうとしているのかなど、根堀り葉掘り詳しく聞いてくる可能性がある
  • この時、上手く答えられないと怪しまれる

「いや、うちの職場は、みんな車なんて興味ないから大丈夫」という人もいるかも知れません。しかし、下のようにも言えます。

  • 「コミュニケーション」のために、あえて興味があるふりをすることもある
  • 実は、最近車の魅力に目覚めた可能性もある
  • 車でも、職場の雰囲気のためでもなく、単純にあなた自身に興味がある

などの理由で、詳しく聞いてくる可能性もあります。最後の理由については、相手が魅力的な異性だったら嬉しいかも知れませんが、何はともあれ、こういう在籍確認の言い訳は、バレやすいのでやめておいた方がいいということです。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の在籍確認・まとめ

以上、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の審査での勤務先への在籍確認について―。

  • 省略されるケース・条件
  • 職場バレしない理由
  • リクエストできる内容
  • うまい言い訳

などについて、総合的にまとめてきました。これから三菱東京UFJ銀行・バンクイックでお金を借りようとしている方面、他の銀行カードローン・消費者金融でキャッシングしようとしている方面、参考にしていただけたら幸いです。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP