成約残しとは?自己破産・債務整理の「喪明け」の後も、審査に通らない

成約残しとは?自己破産・債務整理の「喪明け」の後も、審査に通らない

通常は、自己破産すると最長10年間の間、新規の借入審査に通らなくなります。逆に言えば「どんなに長くても、10年我慢したら、新たな借入審査に通るようになる…ということです。

しかし、10年我慢してもブラックリスト入り状態が続く…ということがあるんですね。この原因はいくつかありますが、その1つが借りていた業者による「成約残し」というもの。

自己破産されたことに対する「一種の報復」なのですが、ここではこの「成約残し」について詳しく説明します。

成約残しとは?

簡単に言うと―。

  • 自己破産した時点で「その業者からは、もう借りていない」ことになる
  • だから、その業者は「Aさんの借り入れは、終わりました」
  • そして、「Aさんは自己破産しました」という記録をしなければいけない

これが本来のルールです。しかし、下のようにも言えます。

  • わざと、この記録を残さない
  • 「自己破産」も「Aさんの借り入れ終了」の記録も残さない
  • つまり「Aさんはまだ借りている」ことになる

これが「成約残し」。そして、これの何がヤバいのかというと、Aさんは自己破産したので、もう「返済をしていない」わけです。

  • もう、Aさんはずっと返済をしていない(する必要がない)
  • しかし、記録上は「Aさんはまだ、借り入れしている」ことになっている
  • つまり、Aさんは自己破産した日からずっと、延滞しているということになる
  • 超悪質な延滞なので、当然ブラックリスト入りする

たとえば「自己破産した日から10年経っていた」としたらAさんは「10年間ずっと遅延・延滞していた」ということになるわけですね。これはもう「ブラックリスト中のブラックリスト」と言ってもいいくらいの、悪質な記録になってしまうでしょう。

これが「成約残し」の恐ろしさです。

なぜ成約残しをするのか?

キャッシング業者はなぜ、このような「成約残し」をするのか。理由は「ただの腹いせ」です。これをやってもキャッシング業者にとって利益は一切ありません。

  • 自己破産をされたことで、利息はもちろん、元金まで「なくされて」しまった
  • 法的にこれが認められているのは、腹立たしい
  • だから、せめて成約残しで復讐したい

気持ちはわからないでもありませんし、このことに罪悪感を感じる破産者の方も多いので、自己破産は、日本で今ひとつポピュラーになっていないのです。

そして、そういう「自己破産の仕返し」としてカードローン業者はこれをやるのですが、これは業者・銀行にとっても、百害あって一利なしという行動です。理由を説明します。

成約残しは、本来業者・銀行にとってもプラスがない

業者・銀行(といっても、銀行は成約残しなどしませんが)にとって、成約残しは本来デメリットしかありません。理由は下の通りです。

  • これは当然「間違い」なので、破産者は訂正を申告することができる
  • それを受理した個人信用情報機関は「この業者、大丈夫かな?」と、やや信頼がゆらぐ
  • それが何度も続くと、個人信用情報の加盟業者から、外される

実は、個人信用情報機関は加盟する業者を選ぶことができるんですね。その理由も説明します。

なぜ、個人信用情報機関から業者が外されるのか

理由は簡単で―。

  • 個人信用情報は、借入・返済の履歴という極めてプライベートな情報
  • これを「いいかげんな業者」にまで閲覧させるわけにはいかない
  • だから、加盟する業者は徹底的に選ぶ

サラ金・街金のような業者にまで個人信用情報を見せるようでは「ただの名簿屋」ですからね。なので「疑わしい業者は、加盟させない」というルールになっているのです。

だから、いくら報復のためとはいっても、成約残しを何度も繰り返している業者は個人信用情報という、キャッシング審査でもっとも役立つ審査情報を入手できなくなるという、大きな痛手を負うわけです。だから、デメリットしかないわけですね。

成約残しをされた場合の対応策

成約残しをされた時の対応策・対処法は簡単で個人信用情報機関に「訂正申請」をするだけです。つまり「間違っているから、確認して修正してくれ」とリクエストするわけですね。

こちらは「自己破産」という完全に法的な手続きをしたのだから、証拠は当然残っています。とりあえず、破産の時に提出した、あるいはもらった書類を、一通り個人信用情報機関に送るようにしましょう(細かいことは指示されますが)。

そして、その書類を見ながら個人信用情報機関がキャッシング業者に確認し、業者がミス(わざとですが)を認めたら、成約残しはめでたく解除されるということです。

晴れてブラックリストの「喪明け」を迎える

こうして、自己破産した後の「新規の借入審査に通らない期間」が無事に終わるわけですが、これをキャッシング用語で喪明けといいます。喪中の期間が終わって、年賀状などを出せるようになる…というのと似ているからですね。

成約残しを食らっている限り、この喪明けが来ても借入審査に通らないのですが、これで問題なく、クレジットカードなど新たな借り入れの審査を受けられるようになります。

ただ、当然ですが「あくまで喪明けが来ただけ」であって、絶対に審査に通ると決まっているわけではありません。というのは、特に自己破産のような「最重度のブラックリスト」に入っていた人は、その後の審査も、やはりその影響が続くのです。

自己破産の喪明けは「スーパーホワイト」になる

スーパーホワイトは、一種のブラックリストです。つまり一切、借入履歴がないという状態です。

一見、この5年~10年、何も借金をしなかった偉い人…のように見えます。しかし、よく考えたらおかしいですよね。学生ならともかく、社会人になってクレジットカードの一枚も利用していないというのは、明らかにおかしいのです。

昔だったらいざしらず、今は普通の買い物でもAmazonなどのネットショッピングでした方が便利な時代です(本など特に)。そして、これらネットでの買い物には、言うまでもなくクレジットカードの方が便利です。

…という時代にいい大人がクレジットカードを持っていないというのはブラックリスト入りしていて持てなかった可能性が高いと判断されるわけですね。ということで「スーパーホワイト」は、ブラックリスト同様に審査に通りにくくなる、ということなのです。

スーパーホワイトでも、審査に通る業者・銀行もある

もちろん、業者・銀行によって審査の方針は違っているのでスーパーホワイトでも、問題なく審査に通すという消費者金融や銀行カードローン・クレジット会社もあります。なので、「スーパーホワイトが必ず審査落ちの原因になる」とは限りません。

そもそも「十年間、特に何も問題を起こさず生きてきた」ということは、それだけで「最低限度の信用度はある」ということ。キャッシング枠の中で最低金利である10万円くらいは、借りられるのが普通でしょう。

クレジットヒストリーを改善する方法

キャッシング業者や銀行カードローンが、スーパーホワイトをどこまで評価するかわからないから「こちらから迎え撃ちに行く」という手もあります。つまり、自らクレジットヒストリーを改善しに行くわけです。どうやるかというと、下の通りです。

  • 「ハウスカード」を発行する
  • それをどんどん使い、遅れずに返済する

これだけです。この説明のために、まず「ハウスカードとは何か」から説明します。

ハウスカードとは?

ハウスカードとは、特定の会社の商品・サービスにしか使えないクレジットカードです。たとえば、「エポスカードなら、マルイの買い物でしか使えない」ということです。

マルイの中ではクレジットカードと同様、普通に買い物ができます(その分のお金を持っていなくても、「借金」として買い物することができるわけです)。

でもマルイでしか使えない、ということで破産のリスクはまずありません。なので、普通のクレジットカードと違い、「かなりゆるい審査で発行できる」ということです。

マルイなどの、ハウスカードを発行する側からしたら、「破産のリスクが少ない」というのもありますが、自社で買い物してくれて、自社の売上が伸びるという点でも利益があります。「多少返済の遅延が出たりしても、その売上で回収できる」ということで、審査を甘くしてくれるわけです。

ということでハウスカードは「喪中」…つまり「まだブラックリストの制限が効いている人」でも借入審査に通ることができるわけですね。なので、まずはハウスカードを持つことから始める…というわけです。

どんどん買い物して、遅れずに返済する

そして、無事にハウスカードの審査に通ったら、あとはひたすら買い物して、その借り入れを遅れずに返済していくというだけです。要はこの返済をするだけの収入があればいい…ということです。

収入があればあるほど、このクレヒス修行(クレジットスコアの向上)は楽になります。「買える金額」も多くなるし、返済もすぐにできますからね。

なので、誰でもできる方法ではありません。正確に言うと「誰でも同じレベルで出来る」方法ではありません。ある程度―。

  • 稼ぐ力
  • 節約する力

に左右されます。ただ、これはどの道身につけておいた方がいい能力なので、「ハウスカードのため」でもなく「クレジットヒストリーの改善のため」でもなく、自分の今後の人生のためという理由で、これらの能力を意識するようにしてください。

返済を続けて、どのくらいでクレジットスコアが上がる?

そして、こういう返済生活を続けて、どのくらいの期間でクレジットスコアが上がり「喪明け」と同じ状態になるのか―。これはまったくわからないというのが正解です。理由は下の通りです。

  • その人が、どれだけ買い物したかによる
  • その人の年収による
  • 勤続年数による
  • 勤務先による
  • 起こしたトラブルの大きさによる

これらはあくまで一部でブラックリスト解除の期間を左右する要素・条件というのは、それこそ無限にあるわけです。

最後の「起こした返済事故の大きさ」にしても、同じ自己破産でも―。

  • どのくらいの金額で破産したのか
  • どのくらい延滞・滞納してから破産したのか

…などの諸条件によって異なります。なので、適当な結論ではなく「本当に、喪明けに必要な期間はまったくわからない」というのが正解なのです。

アメックスなら、自己破産から2年でも審査に通る

ただ、1つ参考になる具体例をあげるとアメリカン・エキスプレスのクレジット審査なら、自己破産してから2年後でも審査に通ったという体験談・口コミがあります。随所で紹介されているようですが、これはかなり信用できる体験談です。

アメックスのクレジットカードというと「審査が厳しい」というイメージがあるかも知れません。たしかに厳しいのですが、日本のクレジット審査とは、少々厳しさのタイプが違うわけですね。

  • 日本…「過去」にこだわる
  • アメリカ…「現在」にこだわる

これは起業家や会社員の評価でも同じなのですが、アメリカは失敗したからこそむしろ評価されるという部分があるのです。「この人間は、失敗から学んだはずだから、もう一度任せてみよう」という評価をするわけですね。

そして、自己破産にしても「この人は、お金がなくて破産する苦しみをよく知ったので、今後はしっかり資金繰りをしてくれるだろう」と期待されるわけですね。

現在の年収・職業・支払い状況が良ければOK

ただ、アメリカン・エキスプレスも当然上のような「失敗したから」という理由だけで審査に通すわけではありません。むしろ現在の属性に関しては、日本以上に厳しく審査するというのが、アメリカ流のクレジット審査なんですね。

そして、具体的に「現在の何」を見るのかというと、一覧にすると下の通りです。

  • 年収
  • 勤続年数
  • 勤務先
  • 各種の支払い状況

などです。特に重要なのが、最後の「支払い状況」です。

クレジット審査の「支払い状況」とは何か?

これは、現在のクレジットカード・ハウスカードなどの借り入れで、どれだけ借りて、どのように返済しているかというもの。簡単に言うと「ガンガン使って、ガンガン返済している」人が高評価になるわけです。

日本のキャッシング業者やクレジット会社の審査では、こういう「アグレッシブさ」はあまり評価されません。「今は元気かもしれないけど、この人昔失敗してるからね」という「過去」にこだわるわけです。

(書いてていやですね。笑)

これに対して、アメリカ式の借入審査では―。

  • 確かにこの人は過去に失敗した
  • しかし、今は稼いでるし、遅れずに返済している
  • 過去などどうでもいい。この人に貸せば、我が社の利益にもなる
  • また、経済全体の利益にもなる

このようなことを考えて、アメックスなどのクレジット会社は、ブラックリスト入りしている最中の人でも、審査に通すわけです。あくまで個人的な意見ですが、私は断然アメリカ式の審査の方が、経済全体にとってもプラスになると思っています。

アメリカの審査は、なぜこのスタイルになったのか

実は、アメリカのクレジット審査がこのような評価スタイルになったのは、理由があります。それは人種差別です。

人種差別のある国では「属性・経歴」などで評価すると基準があいまいになるので、審査する人間の人種差別によって、結果がかたよることがあるわけですね。住所1つでも「ああ、黒人居住区か」と判断して、審査で落とすということができるわけです。

なので、アメリカでは基本的に「支払情報」だけを見るようにしたのです。その申し込み者が何人だろうと、肌の色が何色だろうと、お金があるなら通すということです。

「何だ、今度は金で差別するんじゃないか」と思うでしょう。確かにその通りです。しかし、よく考えてみてください。

お金の差別の方が、人種差別よりはるかにマシ

お金で人が差別されるのも、確かにどうかと思います。しかし、お金は、努力して稼げば、なんとかなるものです。これに対して「人種・民族」というものは、どうしようもありません。

なので、日本と違って「人種差別が当たり前の国」では、むしろお金は、人間を平等にしたというのが定説になっているんですね。完全に平等にしたわけではないですが、「前よりはマシにした」というのは確かです。

実際、ユダヤ人を差別する人はいまでも欧米にいますが、そのユダヤ人が金融を中心に、世界の経済を牛耳っているというのは、知っての通りです。これもお金の力で、彼らが差別を乗り越えた歴史なのです。

…という背景もあって、アメリカの借入審査では「過去の履歴」などはあまり問われる「現在の支払い状況」が、最も重視されるようになったわけです。

「アメックスならブラックリストでも審査に通る」などというと、ただの審査が甘いクレジットカードを探す人のためのノウハウのようですが、この一事の裏には、こういう歴史があるわけですね。

ということで、成約残しをされてもされなくても、「ブラックリストでもクレジットカードを持ちたい」という人は、日本のクレジットカードで申し込むよりも、アメックスの審査に申し込むことをおすすめします。

(実は私も数年前にクレジットカードの強制解約になってブラックリスト入り中なので、アメックスで今年あたり挑戦するつもりです)

まとめ「キャッシングの成約残しとは?」

以上、クレジットヒストリーの改善の方法や、アメックスで審査に通る理由なども含め、キャッシングの成約残しの関連知識をまとめてきました。最後に要点を整理すると、下のようになります。

  • 成約残しとは、自己破産や解約の記録をしないこと
  • つまり「ずっと借り入れし、延滞している」状態になる
  • 当然「重度のブラックリスト」になる
  • だから、自己破産の喪明けを迎えても、借入審査に通らない
  • しかし、これは個人信用情報機関に「訂正申請」をできる
  • 修正してもらえば、問題なく借入審査に通るようになる
  • ただ、その場合も「スーパーホワイト」になるので、業者・銀行によっては審査に通らないこともある

過去に自己破産や債務整理をされた方など、参考にしていただけたら幸いです。

参考:債務整理弁護士相談広場 | 無料相談!借金問題・返済に強い弁護士

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP