クレジットカードと比較して、カードローンはどんなメリットがあるか?

クレジットカードと比較して、カードローンはどんなメリットがあるか?

クレジットカードと比較した時、カードローンにはどんなメリットがあるか。ポイントをまとめると、下のようになります。

  • 即日借入しやすい(クレジットカードはできないのが普通)
  • 審査に通りやすい(クレジットカードの方が審査が厳しい)

これが、特に大きなメリットです。逆にデメリットも書くと、<

  • カードローンは「現金の借り入れ」だけ
  • 店頭やネットでの「ショッピング」はできない
  • 消費者金融の場合、借入種別の評価がクレカよりやや悪い

以下、詳しく解説します。

クレジットカードよりカードローンの方が、最短即日融資をしやすい

消費者金融も銀行ローンも最短即日融資が当たり前

現代のキャッシングは、消費者金融でも銀行のカードローンでも「最短即日融資が当たり前」となっています。

  • 消費者金融…土曜日・日曜日・祝日でも夜9時まで借入可能
  • 銀行カードローン…銀行によっては土日でも夜9時まで

ちなみにこれは「夜9時まで最短即日審査している」ということです。「すでに審査に通っている人が、この時間まで提携ATMを使える」とか、そういう意味ではありません(それならクレジットカードでも当然できますからね)。

あくまで「ゼロから審査申込みして、この時間でも当日中にお金を借りられる」ということです。それも「土曜日・日曜日・祝日でも」です。

カードローンの場合、このくらいの「当日キャッシングが当たり前」になっているんですね。

クレジットカードの即日発行は少ない

これに対して、クレジットカードは「即日発行」されるものが少ないです。できるクレジットカードを一覧にすると下の通りです。

  • マルイ・エポスカード
  • セゾンカード
  • アコム・ACマスターカード

…などとなっています。これら一部のクレジットカードを除けばほとんどのクレジットカードは、発行まで7日~10日はかかるようになっています。

早いものでも、三井住友カード・ライフカードなどの「最短3営業日」です。MUFGカードで「翌営業日」というのもありますが、これらのようなクレジットカードは、例外と考えてください。

即日発行のクレジットカードでおすすめなのは?

即日発行できても、キャッシングできるとは限らない

さらにクレジットカードの欠点として「当日発行はできても、キャッシング枠がもらえるとは限らない」というポイントがあります。クレジットカードには―。

  • ショッピング機能
  • キャッシング機能

の2通りがありますが、ショッピング枠はつくけど、キャッシング枠はつかないということがしばしばあるんですね(あるいは、ついても少額か)。

この理由は下の通りです。

  • 現金を融資すると、投資・ギャンブルなどで破産する確率がある
  • ショッピングで使ってもらい、加盟店の売上を伸ばす必要がある

つまり「リスク」と「加盟店の利益」を考えて、ショッピング枠を重視する…ということですね。

だから、仮にクレジットカードを当日中に発行できたとしても、それでお金を借りられるとは限らないという欠点があるのです。この点でも、ただ単純に「お金を借りる」ことだけ考えたら、カードローンの方が有利、ということがいえます。

クレジットカードの方が、キャッシングローンより有利な点は?

クレカはショッピングにも使える

当然ですが、クレジットカードはショッピング・買い物にも使えます。カードローンは「ただ現金を借りる」だけなので、店頭での買い物には利用できません。

もちろん、それは百も承知(というかどうでもよくて)みんなカードローンの方に申し込むのですが、あえてクレジットカードの方が有利な点をあげると、そうなるでしょう。

これが意味することはお金に困っていない人は、クレジットカードだけでいいということです。普段はそれで買い物できて―。

  • 持ち歩く現金も少なくて済む
  • ポイント・マイルもたまっていく
  • クレジットカードによっては、ステータスも顕示できる

このようなメリットがありますからね。カードローンはあくまで「お金がない人のためのもの」なのです。お金が貯まったら、できるだけ早く卒業した方がいいのは、言うまでもありません。

クレジットカードはポイント・マイルが貯まる

さらにクレジットカードの有利な点は、使えば使うほどポイント・マイルがたまっていく…ということ。

  • 毎日の買い物(食費含む)
  • 公共料金の支払い
  • その他すべての支払い

これらを全部クレジットカードに集中させると、年間のマイルだけで、海外旅行にタダで行けるレベルなのです。

特に「還元率が高い」クレジットカードでこれをやると、相当得します。このように「ただお金を借りて終わりではない」というのが、クレジットカードとカードローンの、特に大きな違いかも知れません。

借入種別の評価が、クレジットカードの方が高い

借入種別というのは「どんな種類の借り入れをしているか」ということです。評価が高い順に―。

  • 奨学金
  • 住宅ローン
  • 教育ローン
  • 自動車ローン
  • 銀行カードローン
  • クレジットカード
  • 消費者金融(大手)
  • 消費者金融(中小)

このようになっています。クレジットカードと銀行カードローンの、どっちの評価が高いかは、クレカの種類によるのですが、何はともあれ、このようなヒエラルキーがある、ということです。

「その人がどんな種類の借金をしているか」ということは、キャッシング審査の時に「個人信用情報」を見ればわかります。

  • 同じ借金総額
  • 同じ借入件数

であったとしても、借入種別が良好な方が、審査に通りやすいということですね。(これは一般の感覚でも、何となくわかるでしょう)

ということで、消費者金融のカードローンと比較すると、クレジットカードの方が借入種別としても良好です。この点もクレジットカードが有利な点です。

詳しくは→クレジットカードおすすめ比較隊 | ランキング・還元率でクレカ調査!

まとめ「クレジットカードと比較して、カードローンの長所は?」

以上、最後にカードローンの長所をクレジットカードと比較してまとめると、下のようになります。

  • 当日キャッシングしやすい
  • 審査も通過しやすい

そして短所・デメリットもまとめると、下のようになります。

  • クレカは買い物もできる
  • クレカの方が、借入種別が良好
  • クレカは、ポイント・マイルが貯まる

とりあえず急ぎでお金が必要な人は、カードローンを利用した方がいいということは間違いないでしょう。参考になれば幸いです。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP