消費者金融系キャッシングと銀行系カードローンって金利や審査は違うの?

消費者金融系キャッシングと銀行系カードローンって金利や審査は違うの?

急な物入りで手軽にお金が借りられるところがないかと探している方もおられるのではないでしょうか。そうした場合に役立つのが消費者金融やカードローンですが、それらのことがよくわからず申し込みに悩む方も多いようですね。

テレビのCMやニュースでそれらの情報をよく聞くようになりましたが、実際どんな金融会社や金融商品か分からないため利用に不安を感じることもあるでしょう。

そこで消費者金融やカードローンがどういう商品やサービスなのか、どのような特徴、利点やリスクがあるのか、といった内容を説明していくことにしましょう。

消費者金融は信用を担保にした個人向の融資サービスです

消費者金融とは消費者個人を対象として信用を担保にお金を貸付けるサービスといえるでしょう。

銀行などの金融機関では担保や保証人をとって融資をする金融サービスが中心ですが、消費者金融の場合は無担保・無保証人で融資をする形態をとることが多いのが特徴といえるかもしれませんね。

無担保・無保証人で融資を行うため審査を実施するのが基本ですが、融資額も比較的少額であるため消費者金融の審査は従来の銀行融資の審査よりも簡素で審査時間も短く融資の実施までの時間も短いです。

つまり、消費者は従来の銀行融資よりも消費者金融のほうが手軽にお金を借りられるというメリットがあります。しかし、その反面、消費者金融の融資金利が銀行融資よりも高いため利息が多くなりやすいというデメリットもあるのです。

消費者金融の意味は上記のように融資サービスの一つということになりますが、そのサービスを提供する事業者そのものをさす場合もあります。

消費者金融の事業者としては、銀行や信用金庫などの金融機関、信販会社(クレジットカード会社)や消費者金融会社などがありますが、消費者の認識としては消費者金融会社がイメージされているかもしれませんね。

例えば、テレビCMでお馴染みのアイフルやプロミスなどが代表的な消費者金融会社といえるでしょう。

なお、クレジットカードでは、カードでキャッシングする場合は消費者金融のサービスと同じであり、割賦販売のサービスと明確に区別されその場合貸金業法が適用されることになります。

カードローンは消費者金融事業者が扱う金融商品の一つです

それではカードローンの内容をみていきましょう。最近では銀行がテレビCMでカードローンの宣伝をよく行っているため、カードローンは多くの消費者に認知されるようになってきたのではないでしょうか。

カードローンとは銀行、信販会社や消費者金融会社などが提供しているカードを利用して行う主に個人向けの融資商品といえるでしょう。カードを使って提携ATMやCDからお金を引き出したり返済したりするのが特徴ですね。

つまり、カードローンは消費者金融の一形態であり、三菱東京UFJ銀行などの金融機関やプロミスなどの大手消費者金融会社によって取り扱われています。

最初は大手消費者金融から商品化が始まり、現在では都市銀行だけでなく地方銀行や信用金庫などの地方の金融機関のほとんどが品揃えするまでに至っているのです。

しかし、中小の消費者金融会社では提携ATMやCDの用意が必要となることからカードローンの品揃えはごく少数に限られているといってよいでしょう。

したがって、カードを使って提携ATMなどから手軽にキャッシングしたい方は金融機関や大手消費者金融会社などのカードローンを選ぶ必要がありますね。

カードローンの特徴としは、下表にあるように無担保・無保証人で借りられることが多い、使途の自由度が大きい、借入・返済が繰り返し自由に行える、といった点が挙げられるでしょう。

つまり、従来の担保や保証人をとるような銀行融資と違って、手軽に申し込みやすい便利なローンといえるのではないでしょうか。

特徴 内容
無担保・無保証人 カードローンの場合、ほとんどが無担保・無保証人で利用できるようになっている
使途が自由 住宅ローンやカーローンなどは目的以外に借りたお金を使用できないが、カードローンの場合は使途が自由になっていることが多い
繰り返しの借入・返済が可能 契約した利用限度額の範囲内なら自由に借入が繰り返しできる

消費者金融のカードローンを利用するメリット

銀行や消費者金融会社が運営するカードローンの特徴がみてきましたが、それらを含めてカードローンを利用するメリットをここで紹介しておきましょう。

カードローンのメリットとしては、極論すればお手軽に使える点ということになります。その手軽さには、担保や保証人を設定する手間がかからない、繰り返して利用できる点がありますね。

それら以外では利用できるまでの時間がとても短い点が挙げられます。従来の銀行融資の場合は申し込んでから融資を受けるまで週単位の時間がかかることも珍しくありません。

しかし、カードローンの場合最短即日融資も可能なケースが少なくないですね。融資額の大きさが違うこともありますが、カードローンの審査が最短30分というようなハイスピードで実査されるので融資までの時間が短くなっているのです。

つまり、急いでお金を借りたい時にはカードローンは最適な融資商品といえるのではないでしょうか。

また、カードでの引き出し・返済がコンビニの提携ATMなどで利用できることも多く、外出中に急にお金が不足した時などに役に立ちますね。カードローンには従来の融資商品にない利便性の高さが備わっているといるでしょう。

カードローン事業者 審査時間 利用可能な提携ATM等の数
SMBCモビット 最短約30分 100,000台以上
プロミス 最短約30分 90,000台以上

消費者金融のカードローンを利用するデメリット

お手軽に利用できるカードローンですが、その反面利用する上での欠点やリスクもあるので注意が必要ですね。

カードローンのデメリットとして、融資額の低さと融資金利の高さが挙げられるかもしれません。

カードローンの融資額は一般的に10万円から1000万円までに設定されており、大手消費者金融会社や銀行などの金融機関では500万円までの設定が多いのではないでしょうか。

この金額でも少ないとはいえませが、担保を取る銀行融資などでは何千万円、何億円という融資額になることもあり、それらと比べるとカードローンの場合は少ないかもしれませんね。

カードローンの融資金利については、融資額に応じて設定されることになりますが、大手事業者でも4%台から18%までが多くなっています。住宅ローンやカーローンなどと比べるとかなり高めといえるでしょう。

以上のことからカードローンは融資額で見劣りし利息の負担が重くなるローンとして映るかもしれません。

しかし、100万円を超える借入でも短期間に返済すれば利息もそれほど多くなることもないので、計画的に利用できれば便利なローンといえるのではないでしょうか。

カードローン事業者 融資額 融資金利
SMBCモビット 最大500万円 4.8%~18.0%
プロミス 最大500万円 4.5%~17.8%
三菱東京UFJ銀行 最大500万円 1.8%~14.6%
楽天銀行 最大500万円 4.9%~14.5%

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP