オリックス銀行カードローンの審査は、会社への在籍確認が必須?なしにする方法はある?

オリックス銀行カードローンの審査は、会社への在籍確認が必須?なしにする方法はある?

オリックス銀行カードローンの審査でも、勤務先・職場・借入先・アルバイト先への在籍確認の電話は必須となっています。これは、少しでもキャッシングの知識がある人だったら知っているでしょうが、

  • オリックス銀行カードローンに限らず、
  • どの銀行カードローン・消費者金融でも共通のルール

なので、特別なことは何もありません。そして、

  • 基本的には必須だが、
  • 明らかに必要ないくらい少額融資だったり、
  • クレジットスコアが明らかに高い人だったら、
  • 在籍確認が省略されることもある

というシステムになっています。これもやはり、オリックス銀行カードローンだけではなく、大手の銀行カードローン・消費者金融だったら、どこでも共通のシステムになっています。

以下、オリックス銀行カードローンのキャッシング審査の在籍確認について、ポイントをまとめていきます。

クレジットスコアが高ければ、省略されることも

これはどの銀行カードローン・消費者金融でも同じルールなので、すでに知っている人もいるかも知れません。クレジットスコアというのは要するに「信用度」のことですが、

  • 借入希望金額に対して、
  • 年収・職業などの審査条件が優れている人

の場合は、職場への電話連絡なしでキャッシングできる…ということが、しばしばあるわけですね。オリックス銀行カードローンでも、それ以外の借入先でも。

で、このように書くと、

  • なぜ勤務先への在籍確認の電話を省略していいのか?
  • それは「審査がゆるい」のではないか?

と、思う人もいるかも知れません。しかし、これはそういうことではなく、

  • 勤務先への在籍確認の電話は、
  • 銀行法・貸金業法のどちらでも、義務にはなっていない
  • 義務になっているのは「返済能力の調査」だけ
  • つまり、返済能力が高い=信用度が高い人なら、
  • 在籍確認はしてもしなくても、どちらでも可能

…という風になっているのです。一部のキャッシングの情報サイトで勤務先への在籍確認の電話は法的な義務という風に書かれていますが、それは間違いなんですね。

ということで、別に信用できる人であれば、職場への電話連絡はしなくてもいいのです。なので、オリックス銀行カードローンの審査でも、「たまに省略される」ことがあるわけですね。

(あくまで、ものすごく信用度(クレジットスコア)が高い人だけです)

融資希望金額が小さい時も、省略される

この「職場への電話連絡なしになるかどうか」というのは、

  • 申込者の信用度(クレジットスコア)だけではなく、
  • 借入希望金額の大小によっても決まる

という風になっています。つまり、

  • 信用度は普通でも、
  • 10万円など少額融資希望であれば、
  • 職場への電話連絡なしになることが多い

ということですね。これは当然クレジットスコアは普通でも、融資枠が小さければ、貸し倒れのリスクも小さくなるからです。要は「返済能力がものすごく高い」人でなくても「貸し倒れさえしなければいい」ということなので、融資希望金額も重要な要素になるわけですね。

在籍確認の電話で、会社バレすることはない

オリックス銀行カードローンの審査でも、それ以外の借入先で審査申込みする時も、多くの申込者の方々が恐れていることは、勤務先への在籍確認の電話によって、職場の同僚に借り入れがバレるのでは?ということでしょう。

しかし、これはどのキャッシングの情報サイトでも書かれていることですが「在籍確認による会社バレ」については、まったく心配する必要がありません。理由は、

  • 職場バレすると、利用者だけではなく、
  • 銀行カードローン・消費者金融の側にとっても痛い
  • 利用者の満足度が下がるし、
  • 悪い口コミ・評判を流される可能性もある

ということですね。実際、脳科学的にも人間は、ネガティブな記憶ほど増幅されていくということがわかっているので、「オリックス銀行カードローンのせいで職場バレした」ということがあると、この人の中で、オリックス銀行カードローンのイメージはどんどん悪くなり、脚色されながら、悪い口コミ・体験談を流されてしまう…ということです。

なので、そういう事態を招かないためにも「在籍確認の電話によって職場の人にキャッシングがバレる」というのは、実はオリックス銀行カードローンなどの業者・銀行の側の方が、もっとも避けたい事態なんですね。

ということで、基本的に「在籍確認の電話をかけられたことによって、職場の同僚にキャッシングがバレる」ということは、めったにありません。たまにそういう口コミ・評判もありますが、一部はライバルの銀行カードローン・消費者金融に対する「ネガティブキャンペーン」ということもあるので、あまり気にしないようにして下さい。

具体的に、どうバレないようにしているのか?

で、銀行カードローン・消費者金融としても「職場バレに持ち込みたくない」という理由は上の通りですが、具体的に職場バレが起きないように、どのような対応策をとっているのか。これはたとえば、

  • 「オリックス銀行」などの銀行名を名乗らない
  • 「カードローン」という単語も口にしない
  • もちろん、「審査」とか「在籍確認」とも言わない
  • 「担当者の個人名」で「普通の用事」のようにかける

ということです。もちろん、普通の用事の電話がかかって来ること自体がおかしいという人の場合、これだけでも会社バレのリスクは上がるかも知れません。

特に会社員・OL・公務員という属性で働いている方でなく「パート・アルバイト・フリーター」などの非正規雇用の方々の場合、職場に自分あての電話がかかって来ることはめったにないので、これだけでも職場バレの原因にならない…とは言い切れません(あまりなりませんが)。

ということで、その申し込み者の職業・属性や社内でのポジションによっては「絶対にばれない」というわけではありませんが、「かなりの確率でバレない」ということは、間違いなく言えます。

かけ直し対策もしっかりしている

オリックス銀行カードローンの場合は、どういうかけ直し対策をしているかわかりませんが、在籍確認には「かけ直し対策」というものもあります。何の「かけ直し」かというと、

  • 在籍確認の電話をかける
  • しかし、職場の人が誰も出なかった
  • 着信履歴だけが残る
  • 職場の人が後でそれを見て、かけ直す

ということです。で、この時に「はい、オリックス銀行カードローンです」という風に、オリックス銀行カードローンのスタッフさんが電話に出てしまったら、「何でオリックス?うちの会社、オリックスとなんか取引あったっけ?」となるわけですね。で、「誰かオリックス銀行カードローンで借金してんじゃね?」という風に疑われてしまうわけです。

もちろん、これだけでは「誰宛て」にかかってきたかはわかりませんが、後日か後ほど、あらためて在籍確認の電話がかかってきた場合「山中さんお見えでしょうか」などと言われたら、わかってしまうわけですね。

ということで、大手の銀行カードローン・消費者金融は大体、在籍確認をするときに「かけ直し対策」をしているわけですが、特に消費者金融は熱心にしています。ここでは、消費者金融がしているかけ直し対策の一例を紹介しましょう。

消費者金融でとられているかけ直し対策

消費者金融が実践しているかけ直し対策は、例えば下のようになります。

  • 「在籍確認専用」の携帯電話からかける
  • もし誰も出なかったら、その携帯電話は電源を切っておく
  • 「発信専用」の電話番号からかける
  • 「かかってきたら、いつも話し中になる電話」からかける
  • 普通の社名の会社(在籍確認などのオペレーション専門の会社)からかける

…という風です。以下、それぞれ詳しく説明します。

「在籍確認専用」の携帯電話からかける

これは特にシンプルでわかりやすい方法です。これだったら、

  • 携帯電話なので、電源を切ってしまえば、もうつながらない
  • 同じく携帯電話なので、番号から会社を探られることもない
  • 審査する部署でも、管理がしやすい

…ということで、一番かけ直し対策がしやすいといえます。「発信専用の電話番号からかける」という方法も良いことは良いのですが、

  • 「何度かけても話し中になる」というのは、逆に怪しまれることもある
  • そうした電話番号を取得するのは、コストもかかる

…というデメリットもあるので、基本的には「在籍確認専用の携帯電話からかける」という方法が、かけ直し対策としては一番シンプルで、普及しているようです。

ただ、最終的には、これはどの銀行カードローン・消費者金融でも極秘事項なので、明確なことはわかっていません。

なぜ、審査に関する情報は極秘事項なのか

これは「キャッシングの悪用」を防ぐためです。たとえば、

  • 闇金業者が、自分の所の債務者に対して、
  • 消費者金融・銀行カードローンから借りまくって破産しろ、
  • という命令をすることがある

…ということですね。ヤミ金から借りる時点で、もう普通の銀行カードローン・消費者金融では借りられないんじゃないの?と思われるかも知れませんが、確かに基本はそうです。

しかし、例外的に「ヤミ金と知らず、最初からヤミ金で借りに来た」という人が、結構いるんですね。これは「紹介屋」という、「一見まともなキャッシング業者」を通じて、紹介されるわけです。

で、そういう「ヤミ金などの悪徳業者に操られて借りに来る」人もたまにいるわけです。そうなると、ヤミ金は当然どうすればそれぞれの消費者金融・銀行カードローンで審査に通るか、情報がほしいと思うわけです。なので、こうした審査システムや在籍確認のルールなどの詳しい情報は、外部に漏らすわけにはいかないんですね。

外部に漏らしていても「ガセ」のこともある

たまにこうした、それぞれの消費者金融・銀行カードローンの審査システムなどの情報が、ネット上などで流れていることがあります。中には「かなりまとも」に見えるものもありますが、これは消費者金融・銀行カードローンがあえて流した「ガセネタ」ということも考えられます。

理由は簡単で、そうしたガセネタを流しておくと、ヤミ金がそれに引っかかり、「債務者に借りさせて、破産させる」という方法が使いにくくなるからです。つまり「審査に通るテクニック」と思って使ったものが、全然通じずに、彼らがダメージを受けるということですね。

(ムダな時間を使うというのは、ヤミ金にとっても当然ダメージです。ダメージ=摘発とか、ブラックリストとは限りません)

で、そういう経験が重なると、ヤミ金も「こういう情報を集めてもムダ」と思うようになるでしょう。そうなったら、ますます審査システムに関する情報を、守りやすくなるわけです。

なので、オリックス銀行カードローンに関しても、その他の銀行カードローン・消費者金融の審査に関しても、細かい審査の情報が「わかっていることもある」のですが、あまり盲信しないようにしてください。

そもそも、そんな情報は普通は必要ない

上のように書くと、何やら銀行カードローン・消費者金融が「極秘主義」でやっているように見えますが、そうではなく普通の人だったら、そんな細かい審査に関する情報など、必要ないのです。

  • 普通に申し込んで、
  • 普通に審査に通る

…というだけなんですね。ブラックリストに入っている人(私ですが)や、キャッシングを悪用しようとしている反社会勢力・ヤミ金の方々などが、こうした情報を詳細にほしがる…ということです。

なので、オリックス銀行カードローンでもどの借入先でも、一般の方々が、あまり細かい在籍確認のルールなど、仕入れる必要はないということですね。

これは「友達付き合い」のノウハウやテクニックでも言えることですがそういうものを調べ始めた時点で、いろいろ間違っていると思ってください。

(友達付き合いではなく「人脈作り」と割り切るんだったら、確かにテクニックやノウハウもあるんでしょうけどね)

オリックス銀行では在籍確認の代替措置はある?

オリックス銀行カードローンの審査では、在籍確認の代替措置はありません。「代わりの方法によって、職場への電話連絡なしにする」という手段ですね。これがあるのは、大手の消費者金融・銀行カードローンの中でも、プロミス・モビットだけとなっています。

なので、何が何でも「職場への電話連絡なしで借りたい」という人は、オリックス銀行カードローンではなく、モビット・プロミスでも申し込むといいでしょう。以下、プロミス・モビットではどういう条件で在籍確認の代替手段を適用しているのか、それをまとめていきます。

在籍確認の代替措置でOKになる条件

まず、「在籍確認の代替措置でいいですよ」とモビット・プロミスに言ってもらう(言ってもらうというのはたとえですが)ために、2つの条件が必要です。ハッキリ2つと決まっているわけではありませんが、大体2つの条件です。

  • ①…クレジットスコア(信用度)が高い
  • ②…なぜ代替措置をとりたいのか、理由が明白である

ということです。つまり、

  • ①信用度
  • ②事情

ということですね。

  • 信用度が高くても「事情がない人」はダメだし、
  • 「事情があっても」、信用度が低い人はダメ

ということですね。大体後者でNGになる人が多いですが。

で、晴れて「代替手段でOKですよ」とプロミス・モビットによって認められたら、そこから「書類の提出」などの、具体的な対応に入ります。以下、その必要書類などを書いてきます。

プロミスの代替措置で必要な書類

あくまで状況・条件によって変わることもありますし、書類の提出をしたとしても「絶対に回避できる」というわけではない…という前提で読んでください。

で、プロミスの在籍確認の代替措置で必要になる書類は、

  • 会社の保険証(社会保険証・組合保険証)
  • 勤務先の給与明細

という2通りになっています。つまり、

  • 保険証
  • 給与明細

という2つを提出すればいい…ということですね。

社会保険証・組合保険証とは?

保険証の種類は、大別して、

  • 社会保険証
  • 組合保険証
  • 国民健康保険証

…となっています。で、それぞれどのような人に発行されるかというと、簡単に書くと、

  • 社会保険証…会社員・OL
  • 組合保険証…公務員・教員
  • 国民健康保険証…その他全員

…となっています。そのた後期高齢者・前期高齢者など、いろいろ違う種類はあるのですが、働いていて、キャッシングできるような人が提出する保険証としては、この3種類のどれか…と考えて下さい。

なぜ「組合保険証・社会保険証」なのか?

こういう法的な手続きの類に強い人はすぐにわかったでしょうが、組合保険証・社会保険証でないといけない理由は、

  • 国民健康保険証は、
  • 「保険料さえ払えば、誰でも発行できる」ので、
  • 「どこかの職場」に所属している証拠にはならない
  • ↑(無職でも、保険料さえ払えばいい)

ということです。そもそも、ここでは在籍確認の代わりをしようとしているわけですから「どこかの会社に所属していないと、発行されない保険証」でないといけない…ということなんですね。

別に「国民健康保険証」の価値が低いわけではない

つまり、これはあくまで「在籍確認の代替措置には使えない」というだけであって、「国民健康保険証は、社会保険証・組合保険証よりも価値が低い」というわけではないのです。

(当たり前と言えば当たり前ですが、念のために書いておきます)

そもそも「誰でも保険料を払えば保険に入れる」というのは非常に素晴らしいシステムであり、実現していない国は、かなりあります(先進国でも、アメリカが最近ようやく「国民皆保険」が実現しつつある…というような状態です。オバマケアというやつですね)

ということで、国民健康保険というのは、非常によいシステムなのです。ただ、プロミスの在籍確認の代替措置の提出書類としては、使えないというだけの話です。

(普通のキャッシング審査の身分確認資料としては使えます)

給与明細書は、なぜ提出するのか?

もう一つの書類である「給与明細書」はなぜ必要になるのか―。これは「補足」としての価値です。つまり、

  • 勤務先の保険証ほど「強力な在籍の証拠」にはならない
  • しかし、偽造するのはそれなりに大変だし、
  • 会社名や住所なども書かれているし、会社印も押されている

…ということで、給与明細書も提出するルールにすれば、さらに在籍確認の代わりになりやすくなるということです。あくまで「補強」としての手段ですね。

逆に言えば「給与明細書だけではダメ」ということです。それがどれだけ本物であっても、ですね。

モビットの代替措置の内容は?

ここまでは「プロミスの代替手段の条件」について書いてきました。ここからはもう一方の消費者金融である「モビット」の代替措置について書いてきます。

モビットの代替措置でも、

  • 会社の保険証
  • 会社の給与明細

の2つの書類を提出する…というのは同じ。そして、モビットの場合はさらに条件が多く、まず、

  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三井住友銀行

という、どちらかの口座を持っている必要があります。で、さらに人によっては下のような条件が追加されることもあるようです。

モビットで追加で必要になる提出書類

あくまで「状況・条件による」「人による」という前提で読んでいただきたいですが、モビットの在籍確認の代替措置では、下のような書類が必要になることもあります。

  • 年収証明書…確定申告書・源泉徴収票・納税証明書など
  • 身分確認資料…運転免許証・パスポートのどちらか

…という風です。「身分証明書を提出する」というのは、在籍確認の代替手段をとってもとらなくても同じですが、その種類が「パスポート・運転免許証に指定される」というのが斬新…というわけですね。(斬新というのも妙ですが、イメージ的には)

*なお、これは一部の口コミ・体験談による情報であり、すべての人の在籍確認の代替措置で、運転免許証・パスポートが要求されるかはわかりません。

なぜ「パスポート・運転免許証」なのか?

で、本人確認資料の種類を指定するにしても、

  • なぜパスポート・運転免許証なんですか?
  • 個人番号カードではいけないんですか?

と、事業仕分けの時の蓮舫さんのようなことを思った人もいるでしょう。運転免許証・パスポートが良い理由は、

  • キャッシング審査の身分確認資料で代表的なのが、
  • パスポート・運転免許証・保険証、の3種類である
  • で、保険証はすでに「勤務先の保険証」として出している
  • ということは、残りは「運転免許証・パスポート」しかない
  • だから、このどちらかになる

というだけです。で、なんで「運転免許証・パスポート・保険証」の3種類がいいのかも説明します。

3種類の身分確認資料が有利な理由

これら3種類の身分証明書が有利な理由は、それぞれ書くと、

  • 運転免許証…一番よく使うので、紛失・盗難の恐れがない
  • 保険証…運転免許証の次によく使うので、同様
  • パスポート…よく使いはしないが、顔写真があるし偽造が難しい

ということです。さらに詳しく書いていきます。

一番信用度が高いのは、運転免許証

知っている人も多いでしょうが、こうした身分証明書が必要になるケースでは、キャッシング審査でもそれ以外でも「運転免許証」が一番信用されます。理由は、

  • よく持ち歩くので、なくした時に気づきやすい
  • なので、誰かが盗んで「なりすましで審査申込みしている」
  • …というリスクが少ない

という「なりすましがしにくい」というのが1つ目の理由。で、2つ目が顔写真があるということ。これはパスポートもありますが、パスポートは「なくした時の気づきやすさ」で運転免許証に負けるので、この点で運転免許証がベストになるわけです。

運転免許証には「紛失の回数」も書かれている

さらに運転免許証の番号を見ると、末尾に「0~2」の数字があります(人によっては3以上もありますが)。これは「再発行の回数」であり「2」と書かれている人は「2回紛失した」ということなんですね(私の運転免許証もこれです)。

で、これはオリックス銀行カードローンのキャッシング審査でも、それ以外の借入審査(クレジットカードなどすべて含む)でも不利になります。それだけ頻繁に運転免許証をなくすような人(私)は、信用しにくい…ということです。

(実際、自分が融資する側だったらそうですよね。ローンカードを落として悪用されるかも知れないわけですから)

で、この運転免許証の「再発行の回数が多い」というのは、たとえば「賃貸マンションの入居審査」などでも不利になるようです。どのくらい不利になるかは、その人の年収や、そのマンションのグレードなど諸条件によりますが、何はともあれ「見られる時は見られる」ということですね。

…というように、運転免許証は一番「その人の信用度に関する情報を、確かに得やすい」(なりすましなどを恐れず)ということで、モビットの代替措置でも、あるいはオリックス銀行カードローンの審査でも、一番信用される…ということなのです。


…というように、プロミス・モビットの在籍確認の代替手段についてその条件ややり方・方法をまとめてきましたが、オリックス銀行カードローンの在籍確認をどうしても受けたくないという人の場合、オリックス銀行カードローンにこだわるより、こうして借入先を変えて、代替措置をとる…という方法もあります。

ただ、オリックス銀行カードローンの方が「銀行カードローン」である以上、

  • 借入種別の評価も高いし、
  • 高額借入の時低金利になるし、
  • 期間限定のキャンペーンの無利息期間が、プロミスより長い
  • モビットは無利息期間もない

という点で、メリットも多くあります。これらのメリットと、モビット・プロミスの「在籍確認の代替措置」を天秤にかけた上で、どちらを選択するか考えて下さい。

オリックス銀行の在籍確認では、何を聞かれる?

勤務先への在籍確認の電話がかかって来ると、何を聞かれるのか―。これはオリックス銀行カードローンで借りる時だけではなく、どの消費者金融・銀行カードローンでキャッシング審査に申し込む時も、気になる点でしょう。

箇条書きで列挙していくと、

  • 聞かれることは何もない
  • 「確認が取れたので、ご融資します」という連絡だけ
  • しかし、稀に信用度が疑われた場合など、
  • 「氏名・生年月日・住所」などを聞かれることもある

という風です。

氏名・生年月日・住所を聞かれるケース

これは、昔のキャッシング審査やクレジットカードの審査では、たまにあったようです。ただ、現代ではほとんど見られなくなっている…という口コミ・評判です(すべての在籍確認を自分で受けたわけではないので、確証はありませんが)。

なぜ「氏名・生年月日・住所」の質問・確認がなくなったのか。この理由は、

  • 職場にかかって来た電話で、
  • 氏名・生年月日・住所を教えるのはおかしい
  • 会社バレの原因にもなるし、
  • 「仕事をサボっている」と思われることもある

ということ。つまり、

  • 会社バレ
  • さぼりを疑われる

という二点のリスクがあるので、こうした質問はしないようになった…ということですね。

どういう時、これらの質問をされるのか?

では、現代のオリックス銀行カードローンなどの在籍確認でも、どういうケースだと、これら氏名・生年月日などの質問をされることがあるのか。これは何らかの事情で「この申込者は怪しい」と思われた時です。つまり、

  • 年収が低い、とか
  • 職業が不安定、

ということではなく反社会勢力とつながっているのでは?という疑いをかけられた時…などですね。「危険人物」と思われた時に、このような確認をされる(ことが多い)というわけです。

もちろん、別に「普通にそういうルールにしている」という銀行カードローン・消費者金融もあるでしょう。なので、必ずしも「氏名・生年月日・住所を聞かれたからといって、危険人物扱いされた」というわけではありません。

ということで、もし聞かれたことがあっても、それはそれで「そういうルールだったのだ」と思っていただければOKです。(自分が反社会勢力とつるんだような記憶がなければ)

在籍確認される時点で、ほぼ審査に通っている

これはキャッシング審査の世界では、ほぼ常識と言えることですが、勤務先への在籍確認の電話をかけられる時点で、その人はほぼキャッシング審査に通っていると言えます。つまり、在籍確認というのは「何かを新たに審査する」というより「最後の仕上げ」にすぎないわけですね。

何で、在籍確認を「最後の仕上げ」にするのか。理由は、

  • 在籍確認の電話までかけて、「やっぱり審査落ち」では、
  • 申込者ががっかりするし、
  • その銀行カードローン・消費者金融に対する印象が悪くなる
  • よって、悪い評判・口コミを流されることもある

というのが1つ目の理由。2つ目の理由は、

  • 審査する消費者金融・銀行カードローンの側も、
  • 在籍確認はそれなりにコストもかかるので、
  • 在籍確認までした以上「融資できる人」にしたい

…ということです。融資するというと「業者・銀行がしてあげる」というイメージを持っている人もいるかも知れませんが、

  • そもそも、どんな企業も「売上」を上げないといけない
  • 銀行カードローン・消費者金融の売上は「融資」である
  • だから「融資金額=売上」である

ということなんですね。なので「在籍確認という手間をかける」以上は、彼らは売上を伸ばしたい=融資したいのです。なので、「後は、在籍確認さえとれたら、融資してOK」という段階になってから、ようやく勤務先への在籍確認をする…ということです。

(よく考えると、当たり前のことですよね)

在籍確認の電話は、本人が出なくてもいい?

オリックス銀行カードローンでも、その他の業者・銀行でお金を借りる時でも、在籍確認の電話に本人が出なければいけない…ということはありません。要は誰が出ようと、その申し込み者が在籍していることが、わかりさえすればいい…ということなのです。

なので、たとえば職場の同僚が電話に出たケースでは、下のようなやり取りがかわされます。

勤務先の同僚が電話に出た時のやり取り(例)

  • オリックス銀行「カストロと申しますが、ゲバラさんはお見えですか?」
  • カストロ「ゲバラは、キューバに革命に行っています」
  • オリックス銀行「ご出張でしょうか?」
  • カストロ「はい、そうです」

…という風です。内容は特に突っ込まないでください。

で、ここでカストロが「ご出張か?」と聞いているのはキューバに転職したのかも知れないからです。それならそれで、

  • そっちの職場に在籍確認しないといけないし、
  • 勤務先の情報も違う、ということになる

わけです。(というより、勤務先情報が違った時点でアウトですが)

なので、このような「さりげないやり取り」から、「その申し込み者が、その会社に在籍しているかどうか」を聞き出すわけですね。直接的な質問をしなくても、こういう「遠回りした」方法で聞き出すことが、いくらでもできるのです。

(在籍確認をするスタッフさんは、かなりの経験を積んだプロなので)

ということで、職場の同僚が在籍確認の電話に出た時のやり取りは、一例としてはこのようなものになります。あくまで一例ですが、参考にしていただけたら幸いです。

自分が電話に出た時のやり取り(例)

今度は、「申し込んだ本人」が電話に出た場合の問答を想定してみましょう。

  • オリックス銀行「カストロさんは、お見えでしょうか」
  • カストロ「私が、フィデル・カストロだ」
  • オリックス銀行「そうでしたか。この度はありがとうございます」
  • カストロ「礼には及ばない」
  • オリックス銀行「これで在籍の確認が取れましたので、ご融資させていただきます」
  • カストロ「頼んだぞ」

…という風です。申込者が、お金を借りるくせに態度がでかいですが、内容としてはこのようなものです。要は、「確認が取れたので、これでご融資します」ということを、一言t伝えられる…というだけなんですね。

(文字通りの「職場への電話連絡」です)

なので、在籍確認まで行ったら、本当にその勤務先で働いているなら、特に不安視することは何もないので、気楽に構えていてOKです。果報は寝て待てのような感じですね。

まとめ「オリックス銀行カードローンの在籍確認」

以上、オリックス銀行カードローンの在籍確認について、職場バレのリスクの有無や、プロミス・モビットの在籍確認の代替手段の内容・やり方、電話のやり取りの例…といったことを、多方面からまとめてきました。最後に要点を整理すると、

  • オリックス銀行カードローンは勤務先への在籍確認が必須
  • 回避する方法はなく、代替措置もない
  • しかし、信用度が高い人なら、省略されることもある
  • 在籍確認は「法的な義務」ではないので、これはOK
  • むしろ審査スピードが上がるなど、利用者のためになる
  • 在籍確認の電話をどうしても回避したいなら、
  • モビット・プロミスで在籍確認の代替手段をとることが可能
  • その時は、職場の保険証・給与明細書などを提出する

…ということです。これからオリックス銀行カードローンで申し込む人や、キャッシング審査の在籍確認自体が気になっている人に、参考にしていただけたら幸いです。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP