イオン銀行カードローンBIGは在籍確認が必須?勤務先への電話連絡なしでOKという口コミも?

イオン銀行カードローンBIGは在籍確認が必須?勤務先への電話連絡なしでOKという口コミも?

イオン銀行カードローンBIGの審査でも、勤務先への在籍確認の電話は必須となっています。これはイオン銀行カードローンBIGだけではなく、どの銀行カードローンでも消費者金融でも同じルールなので、今さら書かなくても、キャッシングの知識がある人ならわかっているかも知れません。

ただ、あまり知られていないかも知れないことを書くと、

  • その人の状況・条件によっては、
  • 「在籍確認が省略される」こともある

ということ。つまり明確に「在籍確認の代替措置」などが用意されているわけではないのですが「職場への電話連絡なしで借りる」ということも、できなくはないんですね。

「自分でコントロールすることができない」という点では、ある意味「できない」のですが、イオン銀行の判断によるものでもいいなら、「職場への電話連絡なしで借りることはできる」といえます。

以下、イオン銀行カードローンBIGのキャッシング審査の在籍確認について、詳しくまとめていきましょう。

イオン銀行の在籍確認は、何を聞かれるのか?

どの銀行カードローン・消費者金融の在籍確認でも、まず気になるのはこれでしょう。これについては、

  • 何も聞かれることはない
  • 特に審査されることもない
  • ただ「確認が取れたので、ご融資します」という「連絡」があるだけ

となります。文字通りの「職場への電話連絡」なんですね。

で、何で「何も審査・質問されない」のか。この理由は在籍確認をする時点で、すでに審査に通っているという点にあります。なぜ、在籍確認の時点で審査が終わっていると言えるのか、その理由を説明します。

在籍確認までして、審査落ちというわけにはいkないあ

まず、銀行カードローンでも消費者金融でも勤務先への在籍確認までしたのに、審査通過不可となったというのは、2つの意味で「よくない」といえます。

  • 利用者にとって、ショックが大きい
  • 業者・銀行にとっても、ムダなコストになる

ということです。当然ですが、利用者・申込者からしたら、勤務先への在籍確認の電話という、職場バレのリスクがあることまでされたのに、それで融資されなかったというのは、正直痛いことでしょう。

人によってはそれでその銀行カードローンや消費者金融を逆恨みして、悪い口コミ・評判を流す…という恐れもあります。それが審査の事実と同じ内容であるならまだいいのですが、「人間の記憶は脚色される」ものなので、あることないこと、いろいろ書かれる可能性があります。

これは一種の「風評被害」と言ってもいいものですが、キャッシングのような貸金業は、特に人の恨みを買いやすいので、(お金を借りようとする人の精神状態自体が、大体荒んでいるので)こうした悪い評判・口コミを流されやすいわけですね。

なので、まず利用者に配慮して在籍確認までした以上、融資しなければならないと考えるわけです。これが1つ目の理由です。

在籍確認にも審査コストがかかっている

これはビジネスの世界では当然の考え方ですが、人間が何かの活動をする時には「常にコストがかかっている」と考えます。

たとえば「勤務先への在籍確認」であれば、それをするために、スタッフさんが一定時間、それに拘束されるわけです。一人あたりの束縛時間は短くても、これが大手の銀行カードローン・消費者金融だと毎日大量の申込者の在籍確認をするわけですから、トータルすると、かなりの時間になるんですね。

で、その在籍確認のスタッフさんの「拘束時間×時給」が、「在籍確認のコスト」として発生しているわけです。で、企業である以上、こうしてコストが発生する以上「それなりの売上が期待できる」という条件でなくてはなりません。

銀行カードローンにとっての「売上」というのは、要するに「利息」です。そして、利息をとるには「融資」をする必要があります。つまり、

  • 「この人なら融資できる」という見込みがなければ、
  • コストをかけてまで在籍確認はできない(したくない)

ということなんですね。そして、この人なら融資できる=すでに審査通過しているということなのです。で、あとは「在籍確認さえとれたら、それでOK」という段階になって、ようやく「コストをかけてまで」在籍確認をする意味が生まれる…ということなのです。

というように「企業の論理」で考えれば勤務先への在籍確認まで行った時点で、その人はすでに審査通過しているというのは、当たり前すぎるくらい当たり前なんですね。北斗の拳の「お前はもう死んでいる」ではありませんが、在籍確認まで到達した時点で、「お前はもう、審査に通っている」ということなのです。

(もちろん、確認が取れなかったらどうなるかわかりませんが…)

個人名で「ごく普通の用事」のようにかかって来る

で、質問されることが何もないというと、一体どういう風に感覚るのか―、と思う人もいるでしょう。これは、

  • 名乗る名前は「担当者の個人名」で、
  • 「イオン銀行」とか、「カードローンBIG」などの、
  • 銀行名、商品名は名乗らない
  • 用事は「普通の用事」のようにかかって来る

という風です。具体的な言葉でいうと「岡田と申しますが、掛布さんお見えですか?」という風ですね。

特に会社員・OL・公務員の方々で、営業マンの方などは、こうした電話は日常的にかかって来るでしょう。なので、まったく職場の人に怪しまれることはありません。

なので日頃から、そうした自分あての電話がよく職場にかかって来る…という人の場合、イオン銀行カードローンBIGの在籍確認でも、キャッシングが職場にバレるということは気にしなくて大丈夫です。

普段電話がかかって来ない人は、やや要注意

これはイオン銀行カードローンBIGだけではなく、どの銀行カードローン・消費者金融の在籍確認でも同じなのですが、

  • たとえば飲食店やコンビニなどで働く、
  • アルバイト・パート・フリーターの方々など、
  • 日頃「自分あての電話が、職場にかかって来ない」という人の場合、
  • 何らかの言い訳を考えておかないと、
  • 説明の態度が怪しいために、会社バレする

ということがあります。つまり、

  • 勤務先への在籍確認の電話自体によってバレるというより、
  • その時の本人の態度によって、バレる

ということなんですね。逆に言えば「堂々としていれば、職場バレすることはない」ということなのですが、では、どうすれば堂々としていられるのでしょうか。

在籍確認を堂々と受ける方法

勤務先への在籍確認の電話を堂々と受けるには、特に重要な点が2つあります。

  • ①…「クレジットカードの審査の在籍確認」と説明する
  • ②…「日本人の3分の1が借金をしている」という事実を知る

ということです。1つ目は、言い訳自体も効果的ですが、事前に準備しておくことで、当日?の在籍確認を堂々と受けることができるという「準備してきたことによる落ち着き」が、まず第一の理由です。(実は、カンニングが効果的なのも、この理由が意外と大きいと言われます。準備したことによって、結構覚えているとか、当日緊張しない…ということですね)

で、2つ目ですが、これは同じように「借金なんて大したことない、堂々としていればいいや」と心の中で唱えている場合も、

  • それにデータとしての裏づけがある、のと
  • 裏づけがなく、自分で言い聞かせているだけ

というのでは、決定的な違いがある…ということなのです。これは人間の一挙手一動足に言えることで、その人が心の中で思っていること、念じていることは、大体「ささいな言動」に現れるものなのです。

なので、「敵を欺くには、まず味方から」ではありませんが、人に「この人は、別に怪しくない」と思ってもらうには、まず自分で「自分は、自分のやっていることは、怪しくない」という確信を持つ必要があるんですね。

この確信がない限り、キャッシングでもクレジットカードでも、なんの借入審査の在籍確認でも、大体職場の人に「なんか変だな」と思われるものです。人間のコミュニケーションの9割以上が「ノンバーバル」(非言語)で決まっていると言われますが、その「非言語」のコミュニケーション…つまり「態度」によって職場バレする…ということがあるわけですね。

これはあくまで「もし職場バレするとしたら」ということであり、在籍確認をしたら、常にそうした態度によって会社バレするといっているわけではありません。この点は勘違いしないようにしてください(大丈夫かも知れませんが、念のため)

なぜ「クレジットカードの在籍確認」が一番いいのか

で、在籍確認の言い訳として「クレジットカードの審査の在籍確認」というのが一番効果的…と上に書きました。なぜ、他の言い訳ではなく、この言い訳(クレジットカードの審査)がベストなのか。この理由は、

  • 本当に、クレジットカードの審査でも在籍確認がある
  • クレジットカードだったら、みんな審査を受けたことがある
  • だから、在籍確認も体験している
  • なので「ああ、あれか」と思われ、怪しまれない

ということです。「いや、俺のクレジットカードの審査は、勤務先への在籍確認なんてなかったぞ?」と思う人もいるかも知れません。もちろん、クレジットカードの中には「職場への電話連絡なしで審査に通る」というものもあります。

なので「絶対に、クレジットカードを持っている人が全員職場への在籍確認を体験している」…というわけではないのですが、それでもかなりの確率で、在籍確認も受けたことがある(少なくとも七割程度の確率で)と考えてください。

(クレジットカードだって、消費者金融や銀行カードローンと同様、利用者が破産するリスクがあるサービスですから、やはり発行するカード会社の側としても、在籍確認はしないと不安なのです)。

現実に近い嘘の方が、バレにくい

在籍確認の言い訳というのは、要するに「嘘」です。で、人間の嘘というのは事実に近いほどバレにくいということがよく知られています。それはそうですよね。ほぼ事実であれば「通常通り」話すだけなわけですから。

で「クレジットカードの審査」というのは嘘ですが、それでも「それに近いもの(キャッシング)の審査」である…という点では「それほど大きな嘘」とも言えません。

消費者金融や銀行カードローンでも「ローンカード」は発行されるので、極端な話、それをクレジットカードと勘違いしていたという言い訳もありなのです。つまり「カードローンとクレジットカードを混同していた」ということですね。

事実、クレジットカードとカードローンの違いがわかっていない…という方は、クレジットカードの利用者の大人でも、意外と多くいます。

  • カードローン…現金での借り入れ専用
  • クレジットカード…買い物も、現金での借り入れもできる

という違いがあるわけですが、両方とも「カード」という言葉が共通しているし、「お金がない時でも買い物できる・現金を引き出せる」ということで、似たようなものを感じてしまう人が多いんですね。(クレジットカードしか使ったことのない人は)

何はともあれ、このように「クレジットカードとキャッシング」はよく似ているので、在籍確認の言い訳としては「クレジットカードの審査」というのが、一番無難で、バレにくくておすすめ…というわけです。

「イオン銀行カードローン 在籍確認」での検索結果

以下「イオン銀行カードローン 在籍確認」とGoogleで検索して、ヒットした記事に書かれている内容を、要約しつつコメントさせていただきます。当記事の情報が正しいかどうかの、補足と考えていただければと思います。

(ちなみに、Google検索の結果は人によって違うようなので、他の方が検索すると、別の順位になるかも知れません)

1位…「ゼニ侍」

1位にヒットしたのは「ゼニ侍」というサイトさんです。

イオン銀行カードローンBIGの在籍確認について、書かれていることをまとめると、

  • 信用できるサイトでも「常に職場への電話連絡なしでOK」と書かれている
  • 「イオン銀行は在籍確認が必須」と書くサイトもあるが、
  • 少なくとも「他の銀行」よりは、職場への電話連絡なしで借りやすそう

という指摘がされています。記事中で登場する「ダイヤモンド社による、イオン銀行カードローンBIGの紹介記事」というのは、当記事でも後ほど登場します。

その他、イオン銀行カードローンBIGの在籍確認の内容についても触れています。もっとも、これは「イオン銀行カードローンBIGだけが特別」なものではなく、在籍確認全体で共通して言える内容ですが、以下箇条書きします。

  • 「イオン銀行」「カードローンBIG」という名前は出さない
  • 本人が電話に出たら、氏名・生年月日・住所などを聞かれる

というものです。後者については、確かに昔の銀行カードローンのキャッシング審査では聞かれていたようですが、現代では聞かれないことも増えてきた…ということを、指摘しておきたいと思います。

また、上のような内容が聞かれることについて、こう書かれています。

  • 職場にかかって来た電話で、
  • 「氏名・生年月日・住所」などを答えるのは怪しい
  • これは職場バレの原因になる
  • だから、これが不安な人は、
  • 「自分が勤務先にいない日時」に在籍確認してもらうよう、指定するといい

ということです。こうすると自分が電話に出た時と違って、何か質問されることはないので、上のようなことを聞かれて職場の人にキャッシングがバレる…というリスクがない、ということですね。

これについては、先に書いた通り今のキャッシング審査では、氏名・生年月日・住所を聞かれることは、かなり減ったという点は、繰り返し指摘しておきたいと思います。ただ、

  • でも、確かに聞かれる可能性はある
  • その時に備えて、こうして「自分が職場にいない日時」を指定する

という方法は有効だといえます。

仕事を休める人は、在籍確認の日だけ休む

こうして「日時を指定する」時の具体的な対応策として、「仕事の休みをとれる人は、在籍確認の当日、休みをとる」ということを推奨しています。それだったら、下のようなやり取りだけで済むからですね。

  • イオン銀行「毛利と申しますが、大内さんはお見えでしょうか」
  • 職場の同僚「大内は今日、有給をとっております」
  • イオン銀行「そうでしたか。ありがとうございます」

というように「職場バレするような要素が一切なく、普通に終わる」からですね。実はイオン銀行カードローンBIGに限らず在籍確認の電話というのは本人が電話に出ない方が、あっさり終わって、職場バレしにくいということもあるのです(あくまで職場の雰囲気や、その人本人の職場での信用度にもよりますが)。

何はともあれ、「当日、仕事を休んで在籍確認を受ける」という時は、このような流れになるわけですね。で、ゼニ侍さんでは「たまっている仕事を自宅で片付ける」ということを推奨されています。

確かに、ビル・ゲイツがどんなに忙しくても、1年に1度は「考える週」をとっているというように、たまにこうして仕事を休んで「脳内や、たまった仕事を整理する」という時間をとるのもいいでしょう。そう考えると、この「仕事を休んで在籍確認を受ける」という方法は、一石二鳥ですね(休めればですが)。

2位…「はじめてキャッシング」

2位にヒットしたのは「はじめてキャッシング」というサイトさんです。

書かれている内容を箇条書きすると、

  • イオン銀行カードローンBIGの在籍確認は必須である
  • 土日・祝日など、勤務先が休みの時は、確認と融資が遅れることがある
  • 無収入の専業主婦なら仕事がないので、在籍確認はない
  • 夫の職場に在籍確認されることもないようだ

…ということです。そして、当記事でも書いてきた通り状況・条件によっては、在籍確認が回避されるケースもあるということに触れています。その状況・条件の代表的なものとしては、

  • イオン銀行の口座がある
  • 職場が安定している(大手企業など)
  • 融資希望金額が少額である
  • 他社借入件数が少ない(金額も)
  • 高年収である

ということ。要は全体的に信用できる人であればOKということですね。当記事でも書いてきた通り「クレジットスコアが高ければいい」…ということです。

「イオン銀行の口座」については、疑問が残る

一つだけ疑問に思ったのは「イオン銀行の口座を保有している」という条件があげられていること。これは、

  • イオン銀行カードローンBIG自体が、
  • もともと、イオン銀行の口座を持っていないと借り入れできない
  • なので、あまり関係ない

という疑問です(あくまで当サイト・美人キャッシングの見方ですが)。

ただ、確かに在籍確認を回避するにしても、しないにしても、口座が必須なのは間違いないという意味では、確かに「イオン銀行の口座を保有している」という条件は必要です。

3位…「キャッシング広場」

3位は「キャッシング広場」というサイトさんです。ここは「在籍確認や電話連絡がない」ということが、明記されています。おそらく、上のゼニ侍さんで書かれている「信用できるサイトでも~」という記述は、こうしたもののことでしょう。

在籍確認だけについて書かれているわけではなく、金利・審査・即日融資についてなど、イオン銀行カードローンBIG全般について、詳しくガイドされています。

4位…「マネーシュタイン」

4番目は「マネーシュタイン」というサイトさんです。ここに書かれている内容を箇条書きすると、

  • イオン銀行でも、在籍確認は必須
  • ネットで書かれているような「電話連絡なしで借りられる」ということは、なかなかない

ということです。ここでもやはりネット上の口コミ・評判では、イオン銀行カードローンBIGは「職場への電話連絡なし」ということが多いという点について触れている…と思われます(そうとっていいのかどうか、微妙な表現ですが)。

何はともあれ、多くのサイトで「職場への電話連絡なしで借りられた」という体験談が見られるのは、確かなようです。

5位…「Zaiオンライン」(ダイヤモンド社)

5番目は、天下のダイヤモンド社が運営する「Zaiオンライン」です。在籍確認以外でも、イオン銀行カードローンBIG全体について詳しく紹介されていますが、在籍確認についての記述をまとめると、

  • 「基本的」には必須
  • しかし、担当者の個人名でかかって来るので、
  • 会社バレすることはない

という内容です。気になるのは「基本的」という部分でしょう。つまり、「人によっては、在籍確認が省略されることもある」ということを、暗に匂わせている…という感じがします。

こうしたキャッシング審査の在籍確認のような「微妙な話題」については、ダイヤモンド社などのしっかりした法人・組織ほど、「あまり明言はできない」ものです。「責任のある発言」を求められますからね。

なので「基本的」という表現になっているのでしょうが、逆に言えば「人によって在籍確認が省略されることは、イオン銀行カードローンBIGでもおそらくある」と考えていい…ということでしょう。

まとめ「イオン銀行カードローン 在籍確認」の調査結果

こうして上位5サイトの内容を読んで、イオン銀行カードローンBIGの在籍確認について出た結論をまとめると、

  • 勤務先への在籍確認は「基本的」に必須である
  • ただ、ネット上では「なしでも借りられた」という評判・口コミが見られる
  • 氏名・生年月日・住所などは、聞かれることもある(かも知れない)

というものです。そして、

  • 在籍確認を回避できるかどうかは不明でも、
  • 「なしでOK」という評判が一切ない銀行カードローンよりは、
  • 「なしで借りられる」確率が高い…と思われる

ということができるでしょう。もし「なしでキャッシングできる」にしても、相当クレジットスコアが高い人に限られるでしょうが…。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP