横浜銀行カードローンの在籍確認 ~電話連絡なしでもお金を借りる方法はある?~

横浜銀行カードローンの在籍確認 ~電話連絡なしでもお金を借りる方法はある?~

横浜銀行カードローンの審査でも、在籍確認は必須です。大手の銀行カードローン・消費者金融で勤務先への在籍確認をしていないというところは基本的にないので、これは当然と思ってください。重要なポイントをまとめると、下のようになります。

  • 在籍確認の電話でキャッシングがバレることは、基本的にない
  • 横浜銀行カードローンの場合は「横浜銀行」と名乗ることが多いが、横浜銀行の対象エリアに在住・在勤している方なら、横浜銀行から電話がかかって来ても、特に違和感はない

そのため、多くの人が在籍確認の電話に関して気にする職場バレ・会社バレについては、まったく心配ないということですね。

そして、さらに続けて書くと下の通りです。

  • 希望すれば「横浜銀行」という名前を伏せてもらうことも可能かも
  • ↑(一応、事情の説明は必要と思われる)
  • その場合は、在籍確認の担当者の個人名を名乗る
  • 在籍確認の日時を指定することも、状況・条件によっては可能
  • 内容のリクエストは、ある程度まで応えてもらえる

以下、詳しくまとめていきます。

横浜銀行カードローンの在籍確認の電話による職場バレは、基本的にない

pixta_20109388_XL

これは横浜銀行カードローンだけでなく、どの銀行カードローン・消費者金融でも共通して言えることですが、職場への在籍確認の電話によって、会社・職場の人々にキャッシングがバレる…ということはほぼありません。

ほぼというと不安に思うかも知れませんが、「世の中に絶対はない」という意味の「ほぼ」であって、実際には「99%バレない」と思ってください。理由は下の通りです。

  • 消費者金融は、バレないように徹底している
  • 銀行カードローンは、堂々と銀行名を名乗ることが多いが、別に銀行から電話がかかって来ても、何とでも説明できる

実際、銀行はカードローンやキャッシング以外でも、保険や住宅ローンなど、いろんなサービスを扱っているわけですからね。それらの手続きや確認・審査などによって、銀行から職場に電話がかかって来る…ということは、多くの人が経験しているわけです。

なので、銀行カードローンから電話がかかって来ても、全然怪しまれることはないわけですね。消費者金融からかかって来たら怪しまれますが、こちらはこちらで「しっかりバレないような対策をしている」ということで、安心していいのです。

(この職場バレの対策は、具体的には「かけ直し対策」などがありますが、これは詳しく後述します)

横浜銀行カードローンは「銀行名」を名乗る

これも横浜銀行カードローンだけではなく、大手の銀行カードローンは大体共通しているのですが、電話口では「銀行名をそのまま名乗る」というスタイルになっています。

たとえば、「横浜銀行ですが、佐々木さんお見えですか?」というような感じですね。これがもし消費者金融の場合「兵藤ですが、権藤さんお見えですか?」というように「担当者の個人名」でかかって来る…ということです。

どちらがいいかと言ったらケースバイケースでしょうが、とりあえず上に書いた通り「銀行からの電話だったら、それほど怪しまれることはない」ので、これが原因で職場バレする…などという心配はしなくても大丈夫でしょう。

特にこれは、横浜銀行のような地方銀行の強みなのですが、これも上に書いた通り―。

  • 横浜銀行カードローンでキャッシング審査を申し込んでいるということは、その人は、横浜銀行の営業エリアに住んでいる(か通勤している)
  • そういう地域の人だったら、保険や住宅ローンなどで、横浜銀行のお世話になっているという人が多い
  • だから、確認電話の類が職場に来ても、違和感は特にない

これは三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行などのメガバンクにはない、地方銀行の強みと言えるでしょう。なので、基本的に横浜銀行カードローンの在籍確認でも「銀行名を名乗る」ということが、マイナスになることはないわけです。

(つまり、在籍確認の電話を「何が何でも自分がとらなければいけない」と身構える必要はないわけですね)

その場に本人がいなくてもOK?

pixta_15857536_XL

横浜銀行カードローンに限らず、在籍確認の電話というのは、その場に本人がいなくてもいいのか―。これはイエスです。つまり本人がその場にいなくても、勤務先への在籍確認の電話は成立するというルールになっています。理由は、下のようなやり取りで「確かに在籍している」ということがわかるからです。

  • 横浜銀行「横井と申しますが縦縞さん、お見えですか?」
  • 勤務先の同僚「縦縞は、今休んでおります」
  • 横浜銀行「そうでございますか。ご休憩中でしょうか」
  • 勤務先の同僚「はい、そうです」

ここで「ご休憩中でしょうか?」と聞いたのは―。

  • 「休んでいる」という表現では、休職中なのかも知れない
  • その場合、収入なども下がる可能性があるし、このまま退職するかもしれないので、審査では要注意となる

そのため、念のために休職中でないかどうか、確認した…ということですね。

何はともあれ、このように「申し込み者本人がその場にいなくても、在籍しているかどうか確認することはできる」…ということで、「在籍確認は本人が、その場にいてもいなくてもいい」…というルールになっているのです。なので、この点については安心してください。

(つまり、当日自分が休みだろうと出勤だろうと、関係ないということです。)

最初から自分が電話に出てもいい?

逆に「職場の同僚に電話を取り次いでもらうのではなく、最初から自分が確認電話に出てもいいのか?」と思う人もいるかも知れません。これももちろん、OKです。これでダメと考える人がいる理由は下の通りです。

  • 自分が出て「はい、斎藤です」というだけでは、適当に「自宅の電話番号」などを教えて、それを「勤務先」ということにしているのかも知れない

つまり、ただの自宅の電話なのに「はい、ファイナンスサービス株式会社です」などと言って、電話に出る…という方法ですね。しかし、これはできないので、大丈夫です。

  • 本当にその勤務先が存在するのかどうか、消費者金融・銀行カードローンはまず確認する
  • そして、その勤務先・会社の番号であるのを確かめた上で、かける

こういうのが基本です。

  • ネットや電話帳で調べても出てこないような電話番号の場合―。
  • 規模的にも、対外的にも信用できない会社である
  • よって、在籍確認するまでもなく、融資に値しない

このようになるわけです。

電話番号がヒットしない会社では、審査に通らない

pixta_16476902_XL

これは当たり前ですが、理由も説明しましょう。

  • まともにビジネスをしているなら、外部からの連絡は、必ず取り次がなくてはいけない
  • それでないと、新規の受注もできないし、商品を買ってくれたお客さんのサポートもできない

当たり前ですね。そして、こういう反論もあるでしょう。

「いや、少数のお得意さんから大口のお仕事をいただいているので、外部に対して連絡先を公開する必要はないんだ」と。これは確かに一理あります。実は私もそういうビジネスをさせていただいているし、かなりありがたい報酬をいただいているので、その主張はよくわかります。しかし、下のようにも言えます。

  • それで十分稼げるくらいの実力と関係を築けているなら、カードローンで借金などする必要がない
  • キャッシングしようとしている時点で、「少数の取引先」だけでやっていける実力がない、という証明である
  • だったら、今後の新しい仕事を獲得するために、外部に対して連絡先を公開していなければいけない

要は「普通の企業のように、やるべき」ということですね。

「一切新規の受注をしなくても、ビジネスが成り立つ」というのは、ある意味理想的な環境です。これと逆なのが、たとえば与沢翼さんなどがやっている「マルチビジネス」ですからね。新規の顧客(情報弱者)を次々開拓して、枯らしていくわけです。

ずっと特定のお得意さんとだけ取引しているというのは、その逆で「お互いウィンウィンの関係を築けている」ということですから、確かに理想的なのです。ただ―。

  • どんなジャンルでも、個人でも法人でも、「理想的なスタイル」を貫くには実力がいる
  • キャッシングしようとしている時点で、実力がない
  • だから「こういう経営である」という主張は通じない

少々厳しいことを書いているようですが、事業を始めた以上、厳しいのは当たり前なのです。「経営者はみんな孤独」というのはもう当たり前のように言われていることですし、独立した人であればみんな必ず知っているでしょうが、独立してサバンナで生きると決めた以上、「戦って勝たなければいけない」ということです。尾崎豊ではありませんが、「僕が僕であるために、勝ち続けなきゃならない」のです。

このように、少々個人事業主・自営業や会社経営者・法人代表者の方に向けた話になりましたが、要するにこういうことで―。

  • 横浜銀行でもどこでも、その勤務先の電話番号が正しいものかどうか、事前に確認している
  • だから、本人が最初から電話に出ても、まったく問題ない

こういうことなのです。これを説明するために、少々ビジネスの話になりましたが、納得していただけるかと思います。

横浜銀行カードローンの在籍確認では、何を聞かれる?

pixta_18176659_XL

横浜銀行カードローンの在籍確認の電話では、どのようなことを聞かれるのか。これは箇条書きすると下のようになります。

  • 何も聞かれない
  • 聞かれたとして「氏名・生年月日・住所」程度
  • ただ、これも聞かれないことが多い
  • 「確認が取れたので、ご融資します」という「連絡」のみ
  • ↑(のことが多い)

このようになっています。以下「何も聞かれない」理由をまとめます。

在籍確認を回避する時点で、もう審査通過したようなもの

このことはキャッシングの知識がある人だったら、ほとんど知っているでしょう。実は在籍確認の電話がかかって来る時点で、もうその人はほとんど審査通過しているのです。理由は下の通りです。

  • 在籍確認をするには、銀行カードローンの側でもコストをかける必要がある
  • (人員を動かすこと自体が、すでにコストである)
  • コストをかけた以上「売上」が期待できないといけない
  • 消費者金融・銀行カードローンの売上は、要するに「融資」である
  • つまり「融資できる人」にしか、コストをかけて在籍確認をする価値はない
  • だから、ほぼ審査通過した人だけに在籍確認する

つまり後は、在籍確認さえ無事にとれたら、それで融資決定という状態になって初めて、在籍確認の電話をかける…ということなんですね。ビジネスの論理を考えれば、それは当たり前すぎるくらい当たり前なのです。

氏名・生年月日・住所を聞かれる?

pixta_18421096_XL

キャッシングの在籍確認に関する口コミ・評判や体験談を読んでいると、氏名・生年月日・住所などの個人情報を聞かれることがある…という情報が書かれています。確かにこれもあるかも知れません。(横浜銀行カードローンでも、一部そうした情報を聞いたことがあります。真偽の程は確かではありませんが)

ただ、この「氏名・生年月日・住所を尋ねる」というのは、最近のキャッシング審査・クレジットカードの審査ではほとんどなくなったと思ってください。理由は下の通りです。

  • 勤務先にかかって来た電話で、このようなことを応えていたら、職場の同僚から見て「怪しい」と思われる
  • そうなると「キャッシングがバレる」原因になる
  • それは、利用者の満足度を下げることにもなるし、その銀行カードローン・消費者金融に関して、「あそこは職場バレする」という悪い口コミ・評判が流れる原因にもなる

このようになるわけです。

  • 利用者にとってもリスクがあるし、銀行カードローン・消費者金融の側にとってもマイナスになる

職場バレのリスクを高めて喜ぶ銀行カードローン・消費者金融など、どこにもないのです。

(『もしドラ』でいうなら「フォアボールを出したくて出すピッチャーはいないんだ!」みたいな感じですね。偶然職場バレすることはあっても、職場バレさせたくてした…というような銀行カードローン・消費者金融は、絶対に存在しないのです。させても意味がないですから)

ただ、銀行の場合は聞かれることもある

上のように書いたものの、「絶対に聞かれない」というわけではありません。まとめると、下のようになります。

  • 消費者金融は聞かれないことが多い
  • 銀行カードローンだと、聞かれることもある

こういうのは、下のように言えるからです。

  • 消費者金融は社名やブランド名を名乗ると職場バレするので、「番号非通知」で、個人名で在籍確認の電話をかける
  • それで氏名・生年月日などを答えていると、かなり怪しい
  • というわけで、こうした質問はしない

これに対して―。

  • 銀行カードローンは「銀行名」を名乗る
  • それで氏名・生年月日などを応えても、それを聞いた勤務先の同僚は「ああ、保険とか住宅ローンとかかな」と思うだけ
  • なので、あまり職場バレにはつながらない

要は「銀行カードローンの場合は、それほど怪しくない」ということですね。こうして氏名・生年月日・住所などを電話口で回答していても。

なので、怪しくない=職場バレの心配がそれほどない…ということで、銀行カードローンの審査の場合は、聞くこともあります。そして、特に横浜銀行カードローンの場合は「横浜銀行」とはっきり名乗ることが多いので、このような質問も、あるかも知れないと思って下さい。

その人のクレジットスコアによっても変わる

クレジットスコアというのは、簡単に言うと「信用度」のことです。クレジットスコアが高い人ほど、こういう質問や審査は省略され、逆に信用度が低い人ほど、こういう審査や質問が多くなる…というのがキャッシングやクレジットカードの特徴です。

これは当たり前ですね。日常生活でたとえば友達が借金を申し込んできた時なども、下のように言えます。

  • 信用できる友達…何も聞かない
  • 信用できない友達…いろいろ質問する

となるはずです。というより「信用できない友達」というのは、もはや友達なのか?という疑問が残るのですが…。それはさておき。

こうした日常生活に照らし合わせてもわかる通り―。

  • キャッシング審査の内容というのは、全員共通で固定されているわけではなく、在籍確認でも何でも、最終的には「その人次第」となる

要は「貸し倒れがおきなければいい」「利用者のニーズを満たせばいい」わけですから、それ以外に固定されたルールなど、基本的にないので
す。

もちろん、貸金業法・銀行法・割賦販売法などの法律は順守する必要がありますけどね。そうした法律の類さえ守っていれば、あとの銀行カードローン・消費者金融の中で自主的に定める在籍確認などのルールについては「固定する必要はない」ということなのです。

(むしろ、その申込者ごとに確認するべき内容は違うのが当たり前ですから、申込者によって違うというのは、当然のことなんですね)

横浜銀行カードローンでは「在籍確認の代替措置」はある?

pixta_20328082_XL

横浜銀行カードローンに在籍確認の代替措置はありません。基本的に在籍確認の代替措置があるのはプロミス・モビットだけで、他の銀行カードローン・消費者金融ではありません。これについてポイントをまとめると、下のようになります。

  • モビット・プロミスでも、必ず在籍確認の代替措置が適用できるわけではない
  • あくまで状況・条件を満たした人だけ
  • また、アコムだったら「在籍確認の代替手段」ではないが、確認が取れなくても10万円までOKということもある
  • その他の銀行カードローン・消費者金融の場合―。
  • 信用度が高い人なら在籍確認を省略する…ということはある

そして、横浜銀行カードローンの場合はどうか。

信用度が高い人なら、なしになることも

これはどの銀行カードローン・消費者金融でも共通していることですが―。

  • 在籍確認するまでもないくらい信用度が高い人の場合―。
  • 在籍確認をできない事情がわかっている人なら、在籍確認を省略してそのまま融資する…こともある

「こともある」と書くと曖昧に思われるかも知れませんが、先に書いた通りキャッシング審査は最終的には、その人によって内容を変えるのが当たり前であって、これは「いい加減」ではないのです。「良い加減」ということですね。

(ブルース・リーのジークンドーでもそうですが、最終的には「ただ勝てばいい」とか「臨機応変」「変幻自在」というのが、一番正しい「理論」なのです)

…ということで「こともある」という表現になるのですが、これは決して取材不足でこう書いている、というわけではない…ということを、ソクラテスのように弁明しておきます。

そして、それはさておき、「信用度が高い」というのはどういうことか。一応その条件も書いておきます。(大体わかるとは思いますが)

信用度が高いとは、どういうことか?

簡単に言うと下のような条件を満たせば満たすほど良い…となります。

  • 職業が安定している
  • 年収が多い、月収が高い
  • 歩合給ではなく固定給である
  • 契約社員や派遣社員ではなく、正社員である
  • パート・アルバイト・フリーターではなく、会社員である
  • 中小企業ではなく、大企業で働いている
  • 私企業のサラリーマン・OLではなく、公務員である
  • 中小企業だが、有名な町工場のように「実力のある」中小企業である
  • 個人事業主・自営業のような事業所得者ではなく、サラリーマン・OLなどの給与所得者である
  • 自宅が賃貸ではなく持ち家である
  • 自宅の形式が、アパート・マンションではなく、一軒家である
  • 自宅が家族名義ではなく自分名義である
  • 居住年数が長い
  • 同居家族の人数が多い
  • 勤務先の勤続年数が長い
  • 事業をしている場合、その継続年数が長い
  • 勤務先や自分の事業の「業種が堅実である」(芸術系などは厳しい)
  • 他社借入件数が少ない
  • 他社借入総額が少ない
  • クレジットカードの保有枚数が少ないか、ゼロ
  • これまで返済トラブルを起こしていない
  • たくさん借りてたくさん返済している(実際に返済できる人であることがわかる)

かなり大量に列挙してきましたが、これらはまだ「ほんの一例」です。他にも多くの点を審査していて、それらのポイントが高ければ高いほど「クレジットスコアが高い」ということになるわけですね。

(ここであげたような項目がすべて「点数化=スコアリング」されて、それが「クレジットスコア」という点数になる…ということです。)

在籍確認の回避するやむを得ない事情とは?

そして、職場への電話連絡なしで借りるためには、もう一つ「在籍確認を回避するやむを得ない事情」というものが必要になります。

  • ただ信用度が高いだけではダメで、職場への電話連絡なしにすべき理由がある

こういうことが重要なんですね。そうでなかったら、やはりできるだけ在籍確認はした方がいいからです。お互いのためにも。

そして、どういうケースが「やむを得ない事情」に相当するのか。それを説明していきます。

土曜日・日曜日・祝日・夜間で職場が閉まっている

まず、代表的なものはこれです。当然ですが、土曜日・日曜日・祝日・夜間などの日時で勤務先が営業していない場合、誰も電話に出ないわけですから、当然勤務先への在籍確認はできません。誰かが電話に出てくれてなんぼですからね。

そして、その会社のホームページなどを見れば「今日は定休日」ということはわかります。また、時間帯によっても、もう営業終了時間」ということはわかります。なので、このような事情については、申し込み者本人が説明しなくても、銀行カードローン・消費者金融の側で事情を推測してくれる(というかわかる)わけですね。なので、この場合―。

  • 土曜日・日曜日・祝日・夜間だから電話が通じなかったけど、この人は信用できる人だし、融資希望金額も小さいから、職場への電話連絡なしで融資してもいいかな

ちなみに、「借入希望金額が小さい」ということが出てきましたが、これは在籍確認の有無だけではなく、キャッシング審査自体に通るかどうかでも重要になる点なので、ぜひ意識してください。

(言うまでもなく、借入希望金額が小さいほど、融資する銀行カードローン・消費者金融の側にとってリスクがないということなので、キャッシング審査は通りやすくなります)

万が一にでも、職場バレしてはいけない職業である

他にも代表的なケース(職場への電話連絡なしでOKになるケース)としては、下の通りです。

  • 銀行などの金融機関に勤務している
  • キャッシングしていることが万が一にでも、会社バレしてはいけない

こういう場合があります。金融機関というのは一例ですが、たとえばなぜ金融機関だと職場バレしてはいけないのか書きます。

  • 金融機関は、大量の現金を扱う
  • それを着服しようと思えば、できてしまう
  • そして、そういう事件を起こす人間は、大体お金に困っている
  • ↑(困っていないのに、そこまでのリスク=犯罪をおかす人はいない)
  • そして、キャッシングをしているという時点で、ある程度お金に困っているのは確実
  • だから、そういう人は警戒される

これは当たり前すぎるくらい当たり前のことですよね。自分が銀行の頭取だったら、当然こういうルールを設定するでしょう。なので、下のようになります。

  • 銀行
  • 信用金庫
  • 信用組合
  • 労働金庫

こうした金融機関で働いている人の場合、万が一にでも職場にキャッシングがバレてはいけない…ということなのです。そして、それは銀行カードローン・消費者金融自体も金融機関で、よく事情がわかっているので、しっかり配慮してくれます。こうした理由から、これらの職業で働いている方の場合、在籍確認が省略される割合が高いわけです。

(それでも絶対ではありませんが)

外部からの私用電話を、取り次がないルールである

勤務先への在籍確認の電話というのは、言うまでもなく完全なる私用電話です。そう言う個人的な電話が外部からかかって来ても「それは取り次がない」というルールにしている勤務先は、かなりあるでしょう。

ということで、「うちの職場はそういうルールなんです」ということを銀行カードローン・消費者金融に告げれば、それも配慮して、職場への電話連絡なしにしてくれる…ということもあります。ただこれについては下の通りです。

  • 本当にそういうルールなのかは、外部からはわからない
  • だから、完全に信用してもらえるわけではない
  • なので、あくまで「クレジットスコアが高い人」に限られる

つまり、「銀行で働いている」などの理由とは違い、より高いクレジットスコア(信用度)が必要になる(可能性がある)ということですね。

どのくらいのクレジットスコアが必要になるかは、借りようとしている借入先によるのですが、とりあえずどこでも「この理由の場合は、やや厳しくなる」と考えてください(本人の自己申告を信じるしかない内容ですからね)。


…ということで、こうした「在籍確認の回避をすべき事情」があって、しかもクレジットスコア(信用度)が高い…という人であれば、勤務先への電話連絡なしでお金を借りる…ということもできるのです。これはどの銀行カードローン・消費者金融でも同じで、横浜銀行カードローンでもたまにこういうケースはあります。なので、下のようになります。

  • 自分は総合的なクレジットスコアが高い
  • そして、在籍確認の回避をしたい理由もハッキリしている

こういう人の場合は、横浜銀行カードローンでキャッシング審査に申し込む時も、在籍確認については安心していいでしょう。

横浜銀行カードローンの在籍確認で職場バレしないために、注意すべきこと

pixta_20534365_L

これも横浜銀行カードローンだけでなく、どのクレジット会社や銀行カードローン・消費者金融でお金を借りる場合でも同じなのですが、下のように言えます。

  • 在籍確認の電話を受けても、職場バレしないようにするには、どうすればいいか

を書いていきましょう。最初にポイントをまとめると、下のようになります。

  • とにかく堂々としていること
  • 在籍確認の言い訳を用意しておくこと

の二点になります。以下、詳しくまとめていきます。

堂々としていれば、職場バレはしない

基本的に、勤務先への在籍確認の電話によってキャッシングが職場バレしたという人は、大体「挙動不審」だったのです。これは多くのキャッシングやカードローンの事例を観察している私から言わせていただくと「ほぼ間違いない」と断言できることです。

これは詐欺でも同じで、詐欺師でレベルの高い人(レベルが高いというのもどうかと思いますが)は、基本的に「堂々としている」のです。

  • 自分が悪いことをしているという意識すらないくらい、ものすごく自然に振舞っている

実際、ちょっとジャンルが違いますが、先日「千日回峰行」という荒行をしたお坊さんの本を読みました。そのお坊さんはあまりに無心で歩いていた時のエピソードとして「マムシを踏んづけてしまった」話をしていたのですが、普通、マムシは警戒心が強いので、そういう見通しのいい場所で人間に踏みつけられるようなことはないそうです。

しかし、その時のそのお坊さんは「あまりに無心」だったので、一切の緊張感がなく、それでマムシも「人の気配に気づかなかった」のでは、という話です。

このように、何でこんな話をしたのかというと、実は「気配」というのはただの迷信ではなく、間違いなく物理的に存在するんですね。たとえば、例を出すと下の通りです。

  • 森の中で、一本の樹に毒ガスをかけると、瞬時に他の木がすべて、防御態勢をとる
  • (毒ガスに抵抗するような物質を、体の中で出し始める)

こういうことがわかっています。(毒ガスか、切り倒すかは忘れてしまいましたが、何にせよ、そういう防御態勢をすぐにとる、ということです)

そして、この「伝達」を木がどうやっているのかというと、下の通りです。

  • 「会話」は当然していないし、その他何か「目に見える物質」のやり取りもしていない

となると、何かしら「目に見えない空気」のようなもので、情報を伝達していったということなんですね。なので「気配」とか「空気」「オーラ」というものは、人間がまだ解明できていないだけで、確実にあるわけです。

そして、その時のお坊さんはその「気配」(人間だったら、絶対に持っているもの)を完全になくしていたので、マムシも気づかなかった…ということですね。(多分マムシたちは、視覚情報よりも気配によって、人間などが近づいていることを察するのでしょう)

このように、「気配」の話が多めになりましたが、このように「その人が身にまとっている空気」というのは、想像以上に多くの情報を、回りに伝えるものです。情報というのは、下のように言えるからです。

  • その人の精神状態
  • 経済的な生活状況

などですね。「目は口ほどにものを言う」ということわざもありますが、それと同じです。目だけでなく、人間は「空気」でも、ありとあらゆることを語っているのです。

というわけで、在籍確認によってキャッシングが勤務先にバレないようにするためにも「堂々とした、自然な空気」を身にまとうことが必要なんですね。そして、その空気を身にまとうためには、具体的にどうすればいいのか。

借金は日本人の3分の1がしている、という事実を知る

まず、日本人の3分の1が借金をしている…ということを知りましょう。この「借金」というのは、銀行カードローン・消費者金融などの「キャッシング」だけではなく―。

  • クレジットカード
  • 住宅ローン
  • 奨学金

なども含みますが、呼び名は変わっても(まともになっても)これらもすべて借金であることは変わりありません。返済が必要なわけですから。

特に住宅ローンはかなり真面目な借り入れなようですが、支払う利子総額では、消費者金融・銀行カードローンなどより断然多くなるということは、知っておいた方がいいでしょう。いや、住宅ローンを組む人なら当然数字としては知っているはずなのですが「それを意識する」ことは少ないと思います。

(日本人の中で、住宅ローンを組んでマイホームを建てるというのは、「健全な生活」とか「勝ち組」のように思われているからですね。もちろん、確かに良い生活なのですが、「借金である」という意識だけは、忘れずに持っておくべきでしょう。ちなみに、私の姉夫婦も住宅ローンを組んで家を買いました)

…という住宅ローンの話はさておき、このような「真面目な借り入れ」まで含めれば、日本人の3分の1が借金を抱えているのです。そして、その返済のために働いているわけですね。また、同様に「勤務先への在籍確認の電話」も受けているのです。

こう考えると「自分だけじゃない」「自分は別に、変なことをしているわけじゃない」と思って安心できるのではないでしょうか。そうして安心すると―。

  • 体に余計な緊張が走らない
  • 血流もよくなり筋肉がほぐれる
  • 体の調子がよくなるので、自然とストレスも減る
  • ますます緊張しなくなる

こういうことで、自然に振舞いやすくなり、上に書いた「挙動不審にならない」という、職場バレを防ぐために必須の行動がとれるわけです。ごく自然に。

「知識は力なり」といったのは、(私の学校時代の記憶が間違っていなければ)フランシス・ベーコンだったと思いますが、このように「知ることによって、自分の精神を安定させる」こともできるわけですね。

「知識」自体には、今の時代意味がないのですが「知ることによって、自分の精神のバックボーンができる」という点では大きな価値があるのです。

在籍確認の言い訳を考えておく

もう一つの具体的な対応策としては在籍確認の言い訳を考えておくということがあります。事前に考えてシミュレーションをしておくことで、いざ職場の人に「さっきの電話、何だったの?」と聞かれても、「ああ、クレジットカードの審査だよ」などと、ごく自然にサラッと言えるのです。

こうした在籍確認の言い訳は―。

  • 「ただ考えておく」だけではなく、「できれば一度、声に出しておく」といいでしょう
  • (一度でなくても何度かやった方がいいですが)

もちろん、そこまでしなくても堂々と言える…という自信がある場合はいいですが、そうでない人は練習しておくと効果的です。

私がこれを実感したエピソードとして、作家の中村うさぎさんが書かれていた、「あるホストの話」があります。箇条書きしていくと、下の通りです。

  • そのホストは、お客さんの女性によく嘘をつく(ホストなので)
  • そして、時々それがバレて詰問される
  • そういう時、しゃべればしゃべるほどぼろが出るので、「黙らせる」ために、キスをする

キスしておけば「口が塞がってしゃべれない」し、「愛している」という証明?になるので、それで女性は「黙る」ということですね。

そして、このホストの男性はこれが完全に「習慣」になっていたのですが、本人はそれを自覚していなかったのです。(意識してやっている…と思っていたんですね)

そして、ある時男友達と喧嘩して、思わず「黙れ」と言って、その友達にキスしようとしてしまった…ということですね。これは友達もですが、ホストの男性本人もびっくりしたそうです。

つまり、そのホストの脳は「黙れ→キス」という行動パターンを、完全に覚えていたんですね。そういう神経回路が、構築されていたのです。だから、女性がどんなに駄々をこねた時でも「ごく自然に」キスをすることができた…というわけです。

と、ホストの話が長くなりましたが、このように「男友達にも、とっさにキスしようとしてしまうくらい」「そして、キスという日本人があまりしない行為でも、とっさに出てしまうくらい」、普段の練習というのは「その行動を、ごくごく自然にする」ということなのです。

もちろん、在籍確認の電話を受けるというのが「日常の行動」になる必要もないし、そんなこともないのですが、要は少し事前に練習するだけでも、かなり演技が自然になるということなんですね。こうした練習をした経験があると、たとえば、例を出すと下の通りです。

  • デート
  • プレゼンテーション
  • その他の交渉事

など、すべてで今までよりうまくいくようになります。そういう「練習」をすることに対して緊張しなくなりますからね。普通の人は「練習する」だけでも緊張してしまうのです。

ということで、キャッシング審査の在籍確認のためだけでなく、「自分の生活全般で役立つ」と思って、そうした練習をしてから在籍確認の電話を受ける…というのもいいでしょう(自分が自然な演技をする自信がない人は)。

横浜銀行カードローンの在籍確認のかけ直しで、名乗る名称

在籍確認のかけ直しというのは、下のように言えるからです。

  • 職場に誰もいない時に、在籍確認の電話がかかって来る
  • 当然、電話に着信履歴が残る
  • それを見て、職場の同僚がかけ直しをする

そして、その時にたとえば、例を出すと下の通りです。

  • 「はい、アコムです」とか、「はい、プロミスです」

などと言って電話に出られると、利用者としては困るわけです。確実に職場バレしますからね。ということで、この職場の同僚がかけ直しした時に、どのような名称を、銀行カードローン・消費者金融が名乗るのかというのは、かなり重要なんですね。なので、それぞれの消費者金融・銀行カードローンでどのような名称を名乗っているのかを、一覧にしていきましょう。

消費者金融のかけ直し時に名乗る名称・一覧

まず、大手の消費者金融がかけ直し時に名乗るのは、下のような名前です。

  • アコム…ACサービスセンター
  • アイフル…AIセンター
  • プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)…SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)
  • モビット…モビット
  • ノーローン…かけ直しできない
  • オリックス・クレジット…オリックスクレジット

つまり整理すると、下のようになります。

  • 別名を名乗る…アコム・アイフル
  • そのまま…プロミス・モビット・オリックスクレジット
  • かけ直せない…ノーローン

プロミスについては「事務センター」を名乗るという口コミ・評判・情報もあるのですが、どちらが正解かはわかりません。

また、「プロミス」と名乗るという情報もたまに書かれていますが、基本的には「SMBCコンシューマーファイナンス」を名乗ることの方が多いようです(私がプロミスで借り入れしていた時期、2013年も、やはり電話口では大体「SMBCコンシューマーファイナンス」だったと記憶します。なので、最初かけ間違いかと思ったくらいです)

ということで、プロミスについては少々正しい情報がわからないのですが、とりあえず消費者金融の「かけ直し時」の名称は、上のようになると思って下さい。

どの消費者金融も、番号通知はしない

基本的に、アコム・アイフル・プロミス・モビットのどの消費者金融でも、「番号通知はしない」というのが基本のようです。つまり「非通知でかかる」ということですね。

なので、下のようになります。

  • 勤務先の誰も電話に出なかった時でも、番号の着信履歴が残ることはないので、かけ直ししようにもできない
  • なので、かけ直しによって勤務先バレすることは、基本的にない

と考えていいでしょう。ここで気になるのは番号非通知の電話を、受け取らない職場だったら、どうするのか?ということです。

ビジネスの現場だったら、大体の電話はとる

たとえばこれが―。

  • 個人の自宅
  • 個人の携帯電話

だったら、確かに「非通知の電話は出ない」ということが多いでしょう。あるいはそもそもつながらないように設定しておく…ということが多いはずです。

しかし、お店とか会社の電話ではそういうことは基本的にないんですね。まず―。

  • 非通知の電話自体、そんなにかかってこない
  • 個人と違い、法人や商店はビジネスライクなので、セールスをかけてもあっさり切られるだけ

そのため、個人の固定電話や携帯電話と違って「法人や商店の電話は、非通知の迷惑電話に煩わされることがない…というわけです。なので「非通知の電話を遮断する」という必要もないわけですね。

なので、大体非通知の在籍確認の電話でも、通じるかという点では問題なく通じます。ただ、次に問題になるのはそれを職場の人が問題なく取り次いでくれるかということでしょう。

職場のルール・雰囲気によっては、怪しまれることも

非通知の電話がかかって来て「林と申しますが、森さんお見えですか」ということだけ言ったら「職場によっては、怪しまれる」ということも多いでしょう。つまり、そういう電話がめったにかかってこない職場ですね。

あるいは、その勤務先のルールによって非通知で、しかも私用電話と思われる電話は取り次がないとなっていることもあるかも知れません。こういうルールの勤務先は多少あると思いますが、その場合は対策を事前に打っておく必要があります。そして、どんな対策を打つのか。

「クレジットカードの在籍確認の電話がかかって来る」と伝えておく

たとえば下のように、職場の同僚に伝えておくといいでしょう。

  • 「今、実はクレジットカードの審査を受けてるんです」
  • 「それで、私がちゃんと勤務先に勤めているか、確認の電話が来るので…」
  • 「番号非通知とかで来るかも知れませんが、いいですか?」

これだったら、大体の職場は「ああ、いいよ。森さんの名前は、向こうが言うんだよね?じゃあ、普通に取り次げるから」となるはずです。

クレジットカードだったら誰でも数枚は持っていますし、そのクレジットカードの審査で、こうして勤務先への在籍確認の電話を受けたことがある…という人も多いですからね。なので、問題なく納得してくれるでしょう。

(もちろん、その人が日頃勤務先であまり信用されないような行動ばかりしていたら、話は別ですが…。これはキャッシングとか在籍確認の問題ではなく、その人の日頃の生活態度・勤務態度の問題かも知れません)

何はともあれ「番号非通知の電話は怪しまれるかも」という心配に関しては、こういう対策をとっておけば、OKということです。

銀行カードローンはどのように名乗るのか?

横浜銀行カードローンの在籍確認についての記事なので、銀行カードローンとの比較が気になる…という方も多いでしょう。銀行カードローンについても書いていくと―。

  • バンクイック…三菱東京UFJ銀行
  • 楽天銀行スーパーローン(カードローン)…楽天銀行
  • イオン銀行…イオンクレジットサービス、イオン銀行ローンセンター
  • みずほ銀行…不明
  • 東京スター銀行…不明
  • じぶん銀行カードローン…じぶん銀行
  • 三井住友銀行カードローン…三井住友銀行カードローンプラザ
  • オリックス銀行カードローン…オリックス銀行カードデスク
  • 新生銀行カードローン レイク…話し中でつながらないように設定

このようになっています。

  • 銀行名そのまま
  • 銀行カードローン名に「プラザ」などがつく
  • かけ直せない
  • 不明

の4通りです。「銀行名そのまま」の銀行カードローンは、下のようになっています。

  • 三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」
  • 楽天銀行スーパーローン(カードローン)
  • じぶん銀行カードローン「じぶんローン」

ですね。そして、「プラザ」「カードデスク」などがつくのは―。

  • オリックス銀行…「カードデスク」
  • 三井住友銀行…「プラザ」
  • イオン銀行…「クレジットサービス」「ローンセンター」

この中で、一番職場にキャッシングがバレやすいのは、イオン銀行カードローンBIGでしょう。

  • イオンクレジットサービス
  • イオン銀行ローンセンター

こういうどちらにしても、名前を聞いただけで、「ああ、カードローンとかキャッシングの関係だな」とわかりますからね。ただ「イオンクレジットサービス」だったら「クレジットカードかも知れない」ということで、これはキャッシングがバレることにはつながらないと言えます。これだけで「ああ、お金を借りてるんだな」と思う人がいたら、おそらく相当なキャッシング経験者でしょう(笑)。

新生銀行カードローン レイクのかけ直し対策が一番

こうしたかけ直し対策では、大手の銀行カードローンの中では「新生銀行カードローン レイク」が最も優れているといえます。理由は下の通りです。

  • そもそも、かけ直しできない
  • しかも、「発信専用」ではなく、あくまで「話し中」なので、自然である

ノーローンの「発信専用」も確かに優れたシステムなのですが、これだと、普通につながらない場合と違って、違和感を持たれるという可能性もあります。発信専用の電話番号にかけたことがないので、どうなるのかわからないのですが、たとえば「この電話番号は、発信専用のダイヤルです。申し訳ありませんが、おつなぎできません」というようなアナウンスが流れるかも知れません。

もしこのようなアナウンスが流れたら「今日、なんか変な電話が来たんだけど」と職場で話題になってしまうかも知れません。そうなった時、その申込者の態度が挙動不審だと、「あ、森さんがらみだな」などと思われる可能性もあります。

そして、それでただちにキャッシングが勤務先にバレる…ということではないのですが、それでも、「森さんは、我々職場の同僚に何かを隠している」ということで「仕事態度自体に、疑問を持たれる」と思われる危険性もあります。

仕事のポジションなどによっては、これはむしろ「借金が職場にバレる」よりもマズいかもしれません。昇進などに大きく響くわけですからね。

これが「発信専用」の電話番号で在籍確認されることのデメリットですが、その点新生銀行カードローン レイクだったら「いつでも話し中になる」という、もっとも自然なやり方なので、このかけ直し対策が、大手の銀行カードローンの中ではベストと言えるでしょう。

(「このかけ直し対策がすごい!大賞」に選びたいくらいです。笑)

横浜銀行カードローンは、どう名乗るのか?

横浜銀行カードローンの場合は、基本的に「横浜銀行」とそのまま名乗るようです。在籍確認の電話自体は「横浜銀行」という名前は基本的に出さないようですが、かけ直しされた時には、普通に「横浜銀行」として、電話口に出るようです。

ただ、この点については下の通りです。

  • 横浜銀行カードローンで申し込むということは、神奈川県・東京都・群馬県など、横浜銀行の対象エリアである
  • そこの人に対して、横浜銀行から電話がかかって来るというのは、それほど不自然なことではない

こういうことで、横浜銀行カードローンのキャッシング審査の場合は、在籍確認のかけ直しをされたとしても、それほど大きな問題はない…と考えて下さい。

まとめ「横浜銀行カードローンの在籍確認」

以上、横浜銀行カードローンの審査の勤務先への在籍確認や、関連する知識(職場バレしない方法など)について書いてきました。最後にポイントをまとめると、下のようになります。

  • 横浜銀行カードローンの審査でも、在籍確認は必要
  • 回避する方法、なしにするやり方はない
  • しかし、クレジットスコア(信用度)が高い人で、在籍確認の回避すべき事情がある人なら、職場への電話連絡なしでキャッシングできることもある
  • 電話口では「横浜銀行」と名乗ることが多い
  • 「カードローン」ということは言わない
  • 銀行だったら、職場の人も怪しむことはない
  • なので、堂々としていれば、まず職場バレはない

横浜銀行カードローン以外でも共通する部分がかなりあったので、他の銀行カードローン・消費者金融で申し込む人でも、参考にしていただけたら幸いです。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP