静岡銀行カードローン「セレカ」の審査は、会社への在籍確認の電話が必須?

静岡銀行カードローン「セレカ」の審査は、会社への在籍確認の電話が必須?

静岡銀行カードローン「セレカ」のキャッシング審査でも、やはり勤務先への在籍確認の電話は必須となっています。職場への在籍確認の電話が必須でない銀行カードローン・消費者金融というのはないので、これは基本中の基本と思ってください。

で、多くの人が気になるだろうポイントをまとめていくと、

  • 勤務先への在籍確認の電話によって、
  • 職場の人々にキャッシングがバレるということは、
  • しずぎんカードローン・セレカでも他の借入先でも、基本的にない

という点が1つ。つまり職場バレのリスクは心配しなくていいということです。それから、

  • 在籍確認の電話で審査されることは特にない
  • 本人確認のために、氏名・生年月日・住所くらいは聞かれることがある
  • しかし、それ以上の突っ込んだ審査・質問などは、ない

…となります。以下、静岡銀行カードローン「セレカ」の勤務先への在籍確認について、詳しく説明していきます。

しずぎんカードローン・セレカの審査は在籍確認が必須

しずぎんカードローン・セレカ「は」というよりは「も」というべきですが―。冒頭に書いた通り、他の大手の消費者金融・銀行カードローンと同様に、しずぎんカードローン・セレカの審査でも会社への在籍確認の電話は必須…というルールになっています。

で、これもやはり最初に書いた通り、

  • 会社への在籍確認の電話をかけられても、
  • それでキャッシングが職場バレすることはほぼないし、
  • 複雑な質問・審査をされる…ということもない

ということです。これもやはり、しずぎんカードローン・セレカに限った話ではなく、どの消費者金融・銀行カードローンでキャッシング申込をする場合でも同じ…となっています。

なぜ職場バレしないのか?

本当に、勤務先への在籍確認の電話をかけられても、職場バレしないのか?…ということが疑問な人もいるでしょう。この職場バレしない理由は、箇条書きすると下のようになります。

  • 会社バレは、消費者金融・銀行カードローンの側にもデメリットである
  • 貸金業法で「第三者に借金の事実を知らせてはいけない」という規則がある

という二点が指摘できます。つまりそれぞれ、

  • 経営的な理由
  • 法的な理由

となります。以下、詳しくまとめていきます。

職場バレすると、悪い口コミ・評判が流れる

これは誰でもすぐ想像がつくと思いますが、会社への在籍確認の電話によって職場バレすると、

  • その利用者がしずぎんカードローン・セレカに対して恨みを持ち、
  • 「静岡銀行のせいで会社バレした」という内容を、
  • ネット上の掲示板などで書き込み、
  • 悪い口コミ・評判を広める

…というリスクがあります。特に最近は「2ちゃんまとめ」などのバイラル?メディアもあり、こういう「悪いうわさ」はすぐに広まるようになっています。

そして、人間は、

  • 自分の経験談も脚色するし、
  • 人から聞いた話も脚色する

ということで、

  • 書き込んだ本人
  • さらに、その書き込みを見た人たち

によって実際よりもどんどん、ひどい内容に変わっていくということなんですね。(すべての伝説の類は、このようなものかも知れませんが)

なので、勤務先への在籍確認の電話で職場バレするということは、

  • 申し込み者本人にとってもデメリットだが、
  • しずぎんカードローン・セレカなどの銀行カードローン・消費者金融の側にとっても、
  • かなりリスクがあり、避けたいことである

…というわけです。これは誰でも、常識で考えればわかるでしょう。昔だったらいざしらず、今のように気になるお店や商品・サービスがあったら「すぐにスマートフォンで検索できる」時代になっては、こういう口コミ・評判の力が、よくも悪くも大きくなっているということなのです。

なので、経営的な視点から見た時、「職場への在籍確認の電話で、会社バレしないようにする」ということは、銀行カードローン・消費者金融の側にとっても大事なことなんですね。

第三者に借金の事実を知らせてはいけない、という法律

ここまで書いたのは「ビジネス的」な理由であり、根拠でした。そして、もう一つは「法的な理由」です。貸金業法・銀行法・割賦販売法などの、キャッシングやクレジットカードを管理する法律には、第三者に借金の事実を知らせてはいけないという内容の条文・規定が書き込まれているんですね。要は、

  • 職場バレとか、
  • 家族バレとかを、
  • しないように融資しろ

ということです。消費者金融・銀行カードローンの側で、そういう配慮をしろ…ということですね。

当然ですが、貸金業法・銀行法で決まっている以上、こうしたルールは徹底して守らなければいけません。あり得ないことではありますが、たとえば、「ここの銀行カードローンで、明らかに変な勤務先への在籍確認をされて、職場バレしました」という苦情が消費者庁に相次いだら、その筋は最悪、行政処分を受ける…と言う可能性もあるのです(まずあり得ないことですが)。

ということで、先に書いたビジネス的な理由だけではなく、こうした「法律を守る」という視点からも、やはり静岡銀行カードローン「セレカ」にしても、その他の銀行カードローン・消費者金融にしても「在籍確認の電話によって職場の人々にキャッシングがバレるようなことをしない」というのを徹底しているんですね。

「静岡銀行」の名前は名乗るのか?

これは、正直わかりません。ただ、他の大手の銀行カードローンでは「銀行名を名乗る」という所が、割合的には多いように見られます(たとえば、その人の職場などに配慮して、名乗らないこともあるようですが)。

とりあえず、基本的には「静岡銀行」と名乗ると思っておいた方がいいかも知れません。ただ、名乗るにしても、

  • 銀行なので、別にそれほど変に思われない
  • むしろ、消費者金融の在籍確認のように、
  • 「個人名でかかる」方が、「謎の電話」と思われ、
  • 人によっては逆に職場バレしやすいこともある

という点を指摘できます。これは別に消費者金融の在籍確認を否定しているわけではありませんが、「静岡銀行」とはっきり名乗っている方が「とりあえず、変な電話ではなさそうだ」という印象を持ってもらえるでしょう。(個人名だと、「あれは何だ?」と気になる職場の同僚もいるかも知れませんからね)

カードローン審査ということは、当然いわない

そして、これは当たり前ですが、

  • 「静岡銀行」という銀行名を名乗ることがあっても、
  • 「セレカ」という商品名や、
  • 「キャッシングの審査です」という用件は言わない

…というのは鉄則なので、この点は安心して下さい。つまり「静岡銀行」ということが仮に職場の同僚にわかっても「何の用事なのか」はわからないということです。

在籍確認のうまい言い訳を考えよう

こうして銀行名を名乗るかもしれない…ということがわかったら、それに合わせて「うまい在籍確認の言い訳」を考える必要があります。もし静岡銀行などの銀行名を名乗られるのではなく、消費者金融の在籍確認のように「個人名でかかる」というものであれば、クレジットカードの審査で、その在籍確認というのが、一番いい言い訳だと、個人的には思います。

ただ、静岡銀行と仮に名乗られたとしたら「銀行のクレジットカード」というのも少々違和感がありますし、エリアによっては「何で静岡銀行?」と思われるかも知れませんし、少々「クレジットカード」という説明は、難しいかも知れません。

なので、消費者金融での借入審査だったら一番有効である「クレジットカードの審査」というのも、静岡銀行カードローン「セレカ」の在籍確認の時には、言い訳としては使わない方がいいかも知れません。

では、どんな言い訳・説明・釈明をすべきか?

クレジットカードの審査という「通常の切り札」が使えないのであれば、どんな在籍確認の言い訳をするべきか―。これは悩む所ですが、静岡銀行カードローン「セレカ」の場合は「口座開設の電話確認」というのもいいかも知れません。というのは、

  • 静岡銀行は地方銀行である
  • 地方銀行は「そのエリアの人しか、口座開設できない」
  • …というのを、みんな知っている

ということ。そして、「静岡県や、東海エリアでない」という場合、

  • まず「静岡銀行の口座なんて、開設できるの?」と誰もが思う
  • で、「インターネット支店」っていうのだと、開設できるんです、と説明
  • そして「ただ、一応勤務先への在籍確認の電話が、必要らしいです」と説明

…という説明もありかも知れません。ただ、これでうまくいくかは、

  • その職場の雰囲気
  • 在籍確認の言い訳をする相手

にもよるでしょう。つまり、こういうことに疎い人ばかりが集まっている職場…たとえば高齢者の方々が多い、町工場などだったら、余裕でOKでしょう。逆に、頭の回転が早い、若い社員さんなどが集まっている…と言う職場だったら、少々厳しいかも知れません。

県外の人でも、静岡銀行の口座を開設する意味はある

ただ、上の在籍確認の言い訳(説明)は、うまくアレンジして、その人やその勤務先に合った内容にすれば、使えそうです。というのは、

  • 静岡県や愛知県などの東海地方に住んでいない人でも、
  • 静岡銀行の口座の開設をするメリットはある
  • だから、口座開設自体は、別に変ではない

からです。どんなメリット?と思われるかも知れませんが、

  • 静岡の企業は、静岡銀行をメインバンクにしていることが多い
  • なので、そういう会社と個人的な取引があると、
  • 静岡銀行の口座を持っていると、やり取りがスムーズ

ということです。ちなみに、私はとある海外に住んでいた時に、静岡県のWEB制作の会社さんからお仕事をいただいたのですが、そこでは静岡銀行のインターネット支店の口座を開設するというのが、お仕事を受ける条件になっていました。(…と書くと、WEBライターの方で経験者だったら、どこの企業さんかわかってしまうかも知れませんが)

会社員・OL・公務員の方々だと、副業でライティングをするということはあまりないかも知れません。しかし、このように「静岡県の企業との取引で、静岡銀行の口座があった方がいい」というケースはままあるわけですね。

なので、それをうまく在籍確認の言い訳に繋げられたら、自然に職場バレを防げるはずです(というより、普通にしていても職場バレはしませんが、より自然に振る舞えるはずです)。

どのような説明がベストかは、最終的には、

  • 申込者本人が、どういう人か(仕事内容など)
  • その職場がどういう環境か
  • エリアはどこか

…という諸条件によって決定されます。なので、最終的にはやはり「ご自身や勤務先にあった在籍確認の言い訳」を考えていただくのがベストでしょう。

静岡県だったら、まったく違和感なし

もしこれが幸運にも「静岡県に住んでいる人」あるいは「静岡県の会社で勤務している人」だったら、これはまったく問題なしです。特に複雑な在籍確認の言い訳など考えなくても、怪しまれません。

たとえば「いや~、今度静岡銀行で自動車ローンを借りようかなと思ってて…。その仮審査だよ」というような説明が、気軽にできるわけです。静岡県の人だったら、マイカーローンを静岡銀行で申し込むというのも当たり前でしょう。なので、誰でも「あ、そうなんだ」と気軽にスルーしてくれるはずです。

で、マイカーローンの在籍確認という言い訳を使う時のデメリット・注意点として、どんな自動車を買おうとしているのか、突っ込まれるということがありますが、

  • 適当に、気になっている車名をあげる
  • そして「ただ、今は仮審査だから」と、
  • 本格的な申し込みをしているわけではない
  • …と言う説明をする

…ということで、深く突っ込まれることも回避できるでしょう。なんなら「審査落ちした」と後日説明すれば、特に自動車についてあれこれ職場の同僚に聞かれることもありません。

(審査落ちと、カードローンでのキャッシングがバレるのと、どっちが恥ずかしいかは天秤にかけて考えてください)

その他の在籍確認の言い訳の候補

ここまで書いた通り、静岡銀行カードローン「セレカ」が「静岡銀行」という名前を名乗るかどうかはわからないのですが、もし名乗るなら、少々在籍確認の言い訳は難しいな…という印象があります。(名乗られた時点で、だいぶ選択肢が狭まりますからね。その点、名乗らない消費者金融は非常に楽です。この点もよく考えられていますね)

で、参考までにその他の在籍確認の言い訳として、たまに使われるものをあげていくと、

  • 生命保険会社からの確認電話
  • ↑(生命保険以外でも、損害保険でも、自動車保険でも、なんでもあり)
  • 子供を保育園に入れようとしているので、本当に働いているかどうかの審査
  • ↑(これは特に主婦の女性が働きに出ている時に有効)

…というようなものがあります。ただ、この「生命保険会社」にしても、やはりもし静岡銀行の銀行名を名乗られたら使えないということで、「銀行名を名乗るかどうか」が焦点になります(これ1つで、在籍確認の言い訳の難易度が、まったく違うわけですね)

保育園にしてももちろん、銀行名を名乗られたらNGです。ということで、やはり普通の人が銀行を利用する時に申し込むことが多い、

  • 教育ローン
  • 住宅ローン
  • 自動車ローン
  • リフォームローン
  • ブライダルローン

…というような「真面目な借り入れの審査」という説明をするのがベストかも知れません。

消費者金融の在籍確認と比較すると?

消費者金融の在籍確認の電話についても、上で何度か登場したので、更に詳しく解説しましょう。静岡銀行カードローン「セレカ」と比較すると、

  • しずぎんカードローン・セレカは「銀行名」を名乗る可能性がある
  • 消費者金融の在籍確認では、絶対に名乗らない

というのが、最大の違いといえます。つまり、「モビットと申しますが、林田さんお見えですか?」というような在籍確認のやり方はしない…ということですね。

「森田と申しますが、林田さんお見えですか?」というように個人名で普通の用事を装うというのが、消費者金融の勤務先への在籍確認の電話のかけかたです。

私用電話として、取り次いでもらえないこともある?

このように、消費者金融の方が「業者名・ブランド名・会社名」を必ず名乗らない…ということで、職場バレ対策としては、安心できます。ただ、そうして「会社名などを名乗らない」というのが裏目に出て、

  • ただの私用電話だと思われて、
  • 電話を本人まで取り次いでもらえない

ということもごくごくまれですが、あります。なので、もし外部からの私用電話は取り次がないというルールになっている職場があったら、

  • 「クレジットカードの審査の確認電話がかかって来る」という旨を上司に告げ、
  • 事前に許可をもらった上で、その電話を取り次いでもらう

…という方法もあるわけです。なので、もしそうしたルール(私用電話の取次はしないというルール)の職場があったら、それは事前に上のように説明することで、ほぼクリアできる…と考えていいでしょう。

取次されなくても、在籍確認はとれる

実は、上のように書いたものの、職場の人が取り次いでくれなかったとしても、勤務先への在籍確認はしっかり取れるケースがあります。たとえば下のようなやり取りです。

  • 消費者金融「山田と申しますが、そちらで働かれている田村さんはお見えでしょうか」
  • 勤務先の同僚「おりますが、どちら様でしょうか」
  • 消費者金融「個人的に田村さんにお伝えしたいことがございまして…」
  • 勤務先の同僚「あいにくですが、私用電話はお取り次ぎできないことになっております」
  • 消費者金融「さようでございますか。大変失礼いたしました」

…というようなやり取りです。これを見てもわかると思いますが、勤務先の同僚が「おりますが」と言った時点で、もう在籍確認は取れている

ということなんですね。つまり、

  • 勤務先への在籍確認の電話は、
  • 必ずしも「申し込み者本人」が出る必要もなく、
  • また、取り次いでもらう必要もなく、
  • 要は「本当に在籍している」ことさえわかれば、
  • その経過は問わない

ということなのです。「経過は問わない」と書くと「在籍確認さえ取れれば、どんな聞き方をしてもいい」というような捉え方をされてしまうかもしれませんが、もちろん、そうではありません。先に上げた例のような感じです。このように「やり取りから、在籍が推測できれば」それでOK…ということなんですね。

在籍確認は、本人がその場にいないといけない?

消費者金融との比較から戻って、静岡銀行カードローン「セレカ」でも、他の借入先の在籍確認でも、すべてで共通する点を書いていきましょう。

まず、在籍確認でよくある疑問として「本人がその場にいて、電話に出ないといけないのか?」という点があるでしょう。これは、

  • 本人が電話をとる必要もないし、
  • 職場の同僚に代わってもらって出る必要もない

といえます。つまり、

  • 誰が在籍確認の電話をとってもいいし、
  • 本人が完全に不在で、職場の同僚が出るだけで終わってもOK

ということです。以下、詳しく解説します。

申し込み者本人が不在の時はどうなる?

例えば申込者本人が不在だった時はどうなるのか。これは下のようなやり取りになります(あくまでイメージですが)。

  • 審査担当「本田と申しますが、松下さんはお見えでしょうか」
  • 会社の同僚「松下は今、熱海会議に出ています」
  • 審査担当「そうですか。では、携帯電話の方にかけさせていただきます」

という風です。熱海会議というのは、松下幸之助の有名なエピソードの場所ですね。それはさておき…。

このように、申込者本人がその日勤務先にいなかったとしても、こうして「在籍していることがわかる」という回答を、職場の同僚がしてくれればいいわけです。で、もう少し複雑なものとしては、「今日休んでおります」という回答があります。この場合、

  • その日だけ休みなのか
  • 休職中や休暇中なのか

ということが判断できないので、銀行カードローン・消費者金融の側は「明日なら見えますでしょうか?」というように、さりげなく確認します。こうすれば、「はい、明日は出勤です」という回答を得られれば「確かに在籍している」とわかるわけです。逆に、「いや、今は長期休暇をとっているので、しばらく出勤しません」ということであれば、融資は見送り…となることが多いです。

(休暇中や休職中だと、キャッシングできないという銀行カードローン・消費者金融が多いからです)


…ということで、たまに聞き方が複雑になるケースも含めて、勤務先への在籍確認の電話というのは、静岡銀行カードローン「セレカ」でもどこでも「本人がその場にいなくても大丈夫」という風になっています。なので自分が出勤していない時でも「職場の同僚が在籍確認の電話に出ることが平気」なら、問題なく審査申込みできる…といえます。

しずぎんカードローン・セレカでは、在籍確認の回避はできない?

ここまでの内容を読んで、「いや、どれだけうまく聞き出してくれたとしても、そもそも私あてに電話がくることなんて、本来ないから」という人もいるでしょう。特に飲食店などで働いているアルバイト・パート・フリーターの方々などは、確かにそうなると思います。

(こうした非正規雇用の方々に、本人あての電話がかかって来る…ということは基本的にないですからね)

なので、どれだけ職場バレしないようにしてくれても、電話がかかって来た時点で不自然というケースは、確かにあるでしょう。そのような立場・ポジションの人はどうすればいいいのか―。

結論を書くと、静岡銀行カードローン「セレカ」では「在籍確認の回避は一切できない」し「いわゆる在籍確認の代替措置もない」ということで、この点は受け入れるしかありません。もしどうしてもこれらの理由によって職場への在籍確認の電話をかけてほしくない…という人がいたら、その場合は別の借入先で申し込む必要があります。

どこで申し込めば在籍確認の回避をできるのか?

特定のブランド名や業者名をあげることはできませんが、消費者金融の中では、いくつか「在籍確認の回避をできる」という口コミ・評判が、広く広まっている所もあります。事実かどうかはわかりませんが、そうした消費者金融で申し込んで、その在籍確認の代替措置などの条件を満たせば、それで「完全に電話連絡なし」にすることもできるでしょう。

なので、静岡銀行カードローン「セレカ」で勤務先への在籍確認をされる…というのがどうしても嫌だという人がいたら、そのような口コミ・評判で人気の消費者金融をあたって、そちらで借り入れする…というのもおすすめです。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP