急ぎでお金が必要…という時は消費者金融で借りるのがおすすめ!

急ぎでお金が必要…という時は消費者金融で借りるのがおすすめ!

「今すぐお金が必要」という場面では、大手の消費者金融で借りることをおすすめします。キャッシングの世界では、急ぎでお金を借りる時は消費者金融…というのがセオリーなのです。

なぜ急ぎでお金が必要な時には消費者金融がいいのか。ここではその理由をまとめていきます。

消費者金融は銀行カードローンより、即日借入しやすい

大手の消費者金融はすべて、銀行カードローンと比較して即日キャッシングがしやすくなっています。即日借入しやすいポイントをまとめると、

  • 当日審査の受付日時が長い
  • 土日・祝日でも即日借り入れできる
  • 審査の所要時間が最短30分と、審査が早い
  • 時間の問題だけでなく、審査通過率も高い
  • 指定の銀行口座を持っている必要もない

…というポイントです。以下、詳しくまとめていきます。

大手の消費者金融は当日審査の受け付けが長い

プロミス・モビット・アイフルなどの大手の消費者金融は、当日審査の受付時間が長いというのが、銀行カードローンと比較した時の最大のメリットの一つです。具体的にどのように受付時間が長いのかというと、

  • 毎日21時まで即日審査している
  • 土日・祝日でも21時まで即日審査

…という風です。特にプロミス・アコムについては「毎日22時まで」ということで、他の消費者金融であるモビット・アイフル・ノーローンの「21時まで」という時間設定より1時間長くなっています。

「たかが1時間」と思われるかも知れませんが、急ぎでお金を借りたいという場面では、この1時間の差はかなり大きいと言えます。

というように、当日中に審査してくれる時間が長い…という点で、急ぎでお金が必要な場面では、大手の消費者金融を利用すべき…ということです。

最短30分でスピード審査ができる

大手の消費者金融はモビットでもアイフルでもどこでも審査の所要時間は最短30分というシステムになっています。一応、銀行カードローンの中でも、

  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • 新生銀行レイク

…という3つの銀行カードローンは、大手の消費者金融と同じく「最短30分」で審査できるようになっています。このように最短時間については一応「大手の消費者金融と同じ」となっているのですが、実際に最短30分で終わる割合を考えると、銀行カードローンはやはり「消費者金融ほどは多くない」…ということなんですね。

実際「最短はあくまで最短」であり、本当の審査時間は、その人の信用度によって、あるいは借入希望金額によって千変万化する…というのがキャッシング審査の実情なのです。

審査通過率が高いので、実際に借りられる

また、大手の消費者金融は銀行カードローンと比べると審査に通る確率…、つまり「審査通過率」も断然高くなっています。そもそも、当日キャッシングというのは実際に借りられるということが一番大事なんですね。

どれだけ審査時間が短かったとしても、肝心の審査に落ちてしまうようでは、意味がない…ということです。その点、大手の消費者金融は「実際に審査に通る」ので、この点でも、急ぎでお金が必要な時重宝すると言えます。

ちなみに、大手の消費者金融と銀行カードローンの審査通過率がどれだけ違うかというと、大体の数値としては、

  • 消費者金融…40%台
  • 銀行カードローン…20%~30%台

…というようになっています。大体消費者金融の方が1.5倍から2倍審査に通りやすいということですが、これを見ても急ぎでお金を借りたい時には、大手の消費者金融で借りた方がいい…と言えるでしょう。

指定の銀行口座なしでも借りられる

さらに、銀行カードローンとの決定的な違いとして、お金を借りるための指定の銀行口座がないという点も挙げられます。銀行カードローンのキャッシング審査では、特にこの「指定の銀行口座がない」という理由で審査落ちする…というパターンが多いんですね。

その点消費者金融は「業者によっては銀行口座すらなくても借入可能」ということもあるくらい、銀行口座に関する縛りがないので、この点でも断然即日借入しやすい…ということなんですね。

銀行カードローンならレイクが即日借入しやすい

もしどうしても「銀行カードローンで借りたい」という人がいたら、そうした方は新生銀行レイクが一番審査に通りやすくなっています。ポイントをまとめると、

  • 新生銀行レイクはもともと「ほのぼのレイク」という消費者金融だった
  • 急に審査基準や金利を変えると顧客が混乱するので、
  • ほのぼのレイクだった頃の基準が、一部残っている

…ということで、新生銀行レイクは、銀行カードローンの中では一番、消費者金融に近い審査通過率という状況になっているんですね。なので、もし「審査に通りやすい銀行カードローン」を探している人がいたら、新生銀行レイクが一番おすすめ…ということです。

新生銀行レイクの金利は消費者金融に近いが…

当然ですが、審査に通りやすいということはやはりそれなりに金利が高いということです。大手の消費者金融と比較すると、

  • 新生銀行レイク…年率18%
  • アコム・アイフル・ノーローン・モビット…年率18%
  • プロミス…年率17.8%

…という風です。プロミスのみほんの少し低金利ですが、残りのモビット・アイフル・アコム・ノーローンと、新生銀行レイクは「同じ金利」…というのがよくわかるでしょう。

ということで、新生銀行カードローンは、審査に通りやすい反面、金利も高い…というデメリット・短所もあります。この点は意識した上で、新生銀行レイクを選ぶようにして下さい。

レイクは無利息期間が充実している

金利が高いというマイナス面も書きましたが、新生銀行レイクは無利息期間が充実しているという、他の消費者金融・銀行カードローンにはないメリットもあります。新生銀行レイクには、

  • 初回30日間無利息
  • 5万円まで180日間無利息

…という2種類の無利息期間があり、特に「5万円まで180日間無利息」は、新生銀行レイク独自のサービスとなっています。この2種類の無利子期間があるので、特に「5万円以下という少額をキャッシングしたい」という人には、新生銀行レイクで借りるのはかなりおすすめと言えるでしょう。

大手の消費者金融でもノーローンは借りにくい

大手の消費者金融の中でも、やや中堅に近いポジションである「ノーローン」は、少々借りにくいブランドとなっています。ポイントをまとめると、

  • 審査時間は最短20分と、非常に早い
  • しかし、肝心の審査通過率が低い
  • 大手の消費者金融の審査通過率の平均は「40%」程度だが、
  • ノーローンは「30%」程度である

…ということです。つまり他の消費者金融よりも10%程度、審査通過率が低い…ということですね。なので、審査自体は確かに早く終わるのですが、実際にノーローンで借りられるかというと、審査落ちしてしまうことも多い…というわけです。

ノーローンでキャッシングをするメリットは?

では、そのように審査が厳しいノーローンで借りるメリットは何か―。これはポイントをまとめると、

  • 「何度でも1週間無利息」という無利息サービスがある
  • 審査に通る自信がある人にとっては、デメリットはない
  • 最速で審査してくれるので、一番早く借りられる

…ということです。この「何度でも1週間無利息」という無利子期間ですが、これはノーローン以外の消費者金融・銀行カードローンにはありません。

他の消費者金融・銀行カードローンの無利息期間はすべて「初回のみ」という条件。なので、一度使ったらもう使えないというものですが、ノーローンの場合、お金が足りなくなるたびに何度でも使えるというのが利点なんですね。

なので(あまり好ましい状態ではありませんが)、たとえば「毎月月末になると必ずお金が足りなくなる」…というような人には、ノーローンの何度でも1週間無利息は非常におすすめといえます。

もちろん、毎月資金繰りに苦しむという、根本的な原因を解決することが一番重要なわけですが…。

審査スピードだけでなく、審査通過率でも判断する

ノーローンは典型的な例ですが、即日借入をしたい時、特に急ぎでお金が必要な時には、ここまでも書いてきた通り審査スピードだけではなく、審査通過率も見るということが非常に重要なんですね。

実は「審査が厳しい業者・銀行ほど、審査が早い」という一面もあります。簡単に言うと「足切りの基準が厳しい」ということです。センター試験などを想像するとわかりますが、

  • 「足切り」は、一定以下の条件の人を、
  • 無条件に「バサバサ切る」ことができる
  • それで残った人だけを審査するので、
  • 審査にかかる手間・時間が圧倒的に少なくなる

…ということです。つまり「審査が厳しい」場合にも2通りあり、

  • 「じっくり審査する」から時間がかかる
  • 「バサバサ足切する」から、時間がかからない

…という風に分かれるわけですね。いわば「二極化」のようなものです。

で、言うまでもなくノーローンはこの「後者」に属しているので、審査時間は確かに短いが、その分審査に通りにくいという面もあるわけです。

ただ、これも上に書いた通り「審査に通る自信がある人の場合問題ない」ので、他社借入状況などに特に問題ない人は、安心して申し込みしてください。

少額のキャッシングの場合、金利は関係ない

「急ぎでお金が必要」という時は、基本的に「高額」を借りることはないでしょう。大抵が3万円・5万円・10万円のような少額のはずです。

で、こうした少額のキャッシングをする場合、金利は別に意識する必要がないんですね。当然ですが、

  • 少額だと、月々の利息も小さくなる
  • 少額だから短期間で完済できるので、利息を払う期間も短い

…ということです。つまり、

  • 金額
  • 期間

…の両面で、少額借り入れの場合は、利息の影響が小さいということなのです。

消費者金融と銀行カードローンの利息を比較すると?

実際に、消費者金融と銀行カードローンで、それぞれどれだけの利息が発生するのか、シミュレーションをしてみましょう。たとえば「5万円」を「1ヶ月」借りた場合、それぞれの利息は下のようになります。

  • 消費者金融…750円
  • 銀行カードローン…600円

…という風です。驚くかも知れませんが、両者の差は、わずか150円なのです。5万円ということで、多くの「急ぎでお金が必要な用事」は満たせるレベルの金額ですが、それでもこの程度の利息差しかないわけですね。

ちなみに、これが「10万円」の借入金額になっても、

  • 消費者金融…1500円
  • 銀行カードローン…1200円

…ということで、「300円」の利息差しか発生しない…というわけです。大抵の人の用事は、10万円もあれば解決するはずですがそれだけ借りても、月300円の利息差しかない、ということです。

こうして見ると、低金利だから銀行カードローンで借りる…という発想は「少額キャッシングの時には、全然必要ない」ということがわかるでしょう。急ぎでお金が必要の時には、「金利など、完全無視していい」ということです。

いくら以上の金額から、金利が影響するのか?

これは大体「50万円以上」といえます。これでまた1ヶ月の利息を比較すると、

  • 消費者金融…7500円
  • 銀行カードローン…6000円

…ということで、「1500円」の利息差が生まれています。50万円借りても1500円の利息差しかないと、逆に驚く人もいるかも知れませんが、このあたりから、徐々に金利差の影響が出てきます。

月1500円の利息差ということは、これが1年続くと、単純計算で、

  • 10ヶ月…1万5000円
  • 2ヶ月…3000円
  • 12ヶ月…1万8000円

…ということで「トータルで1万8000円の利息差」ということになりますからね。ここまで来たら「多少利息差がある」と言えるでしょう。

逆に言えば「50万円」という高額で、「1年」借りたとしてもこれだけの利息差ということで、むしろ小さいと感じる人もいるかも知れませんが…。

何はともあれ、こうした利息計算から「50万円以上の高額借り入れの場合、消費者金融・銀行カードローンの金利差が影響する」と考えていいでしょう。なので、大手の消費者金融も「50万円以上の借り入れの場合のみ、収入証明書が必要」という条件にしているわけです。これが一種のボーダーラインなわけですね。

キャッシング審査の時間を短縮する方法はある?

急ぎでお金が必要な時は、当然「できるだけ早く審査完了したい」わけです。そういう時、審査時間を短縮する方法はあるのか―。これは、一つの方法としては、

  • 審査情報の送信のみ「ネット申込み」でする
  • その後の「本審査」を、自動契約機でする

…という「組み合わせ」の技があります。以下、この「ネット申込み&自動契約機」の組み合わせ技について、解説していきます。

自動契約機での審査は、他より優先される

まず、この方法が有効な理由として自動契約機で審査申込みすると、優先的に審査されるという前提があります。自宅で待っている人と違って「自動契約機の中で待っている」わけですから、優先しないといけない…というのは当然ですね。

で、そのように早く審査してもらえる自動契約機ですが、難点もあります。それは膨大な審査情報を、手書きかタッチパネルで入力しないといけない…ということ。キャッシング審査の情報というのは、パソコンやスマートフォンで入力する分にはそれほど大変ではないのですが、「全部手書き・タッチパネル」という条件になると、これはかなり大変なんですね。

なので、優先的に審査してもらえるにしても、これらの審査情報を記入する時間

で、かなりのマイナスが発生する…ということです。そこで「ネット申込みとの組み合わせ」という技が生まれるわけですね。

審査情報だけ、先にネット申込みで送信しておく

要は「審査情報の記入が面倒」ということですからこれだけ先にネット申込みで送信してしまえばいいのです。そして、その後で無人契約機に行って、残りの審査の続きをすればいい…ということですね。

ただ、この方法にも難点はあります。それは消費者金融の無人契約機が自宅の近くになければいけないということ。大体の目安としては「片道15分」くらいの距離にはないと行けないでしょう。

別にこの距離になくてもいいのですが、これ以上遠くなると最初から、自宅でネット審査の結果を待っていた方がいいということになります。この辺の審査の所要時間はどうなるかケースバイケースですが、それでも「15分の差を埋められる」ほどこの組み合わせ技が有効とは思えません。

もちろん、これは「組み合わせ」が悪いということではなく、要はそれだけ、今のキャッシング審査のネット審査が早いということなんですね。なので、よほど急ぎでお金が必要な人でなければ、そこまで急ぐ必要もないはずなので、この技を使う必要も、特にないでしょう。

希望金額をできるだけ少額にする

もう一つ、審査時間を短縮する具体的な方法としては借入希望金額を、できるだけ小さくするというものもあります。当然ですが、少額融資の方が消費者金融・銀行カードローン側にとってリスクが小さいので「早く決定できる」ということですね。

日常の決断を考えてもわかりますが、「リスクがないほど、人間は早く決断できる」わけです。それは消費者金融・銀行カードローンなどの審査結果でも同じで、借入希望金額が小さい=リスクが小さいほど、審査時間は早くなる…ということなんですね。

なので、急ぎでお金が必要な時は「絶対必要な金額」だけで希望を出すようにし、あえて欲張らないようにしましょう。どうしても今すぐに必要な金額というのは、それほどないはずです。

最低限必要な金額だけに抑えておけば、

  • 審査通過率も高くなり
  • 審査時間も短くなり
  • その後の返済もしやすくなる

…ということで、すべてにおいてメリットがあります。このできるだけ少額で借りるというのは、キャッシングの基本なので、よく意識しておいて下さい。

そもそも、本当にお金が必要なのか考えることも大事

そもそも、これはお金を借りる場合に限った話ではありませんが、多くの人が「緊急」だと思っている場面は、実は全然緊急ではないということがあります。つまり「世の中のほとんどの仕事は、特に意味がない」ということです。

もちろん、意味があることもしっかりありますし、「他人にとっては意味がなくても、自分にとっては意味がある」ということもあります。要は、どちらにしても、その見極めができているかということですね。

この考え方を、最近ビジネスマンの間で流行っている「エッセンシャル思考」では「世の中のほとんどのものは、徹底して無価値である」と表現しています。これは別に「人間の仕事や人生を否定している」ということではなく、もっと「本当に大事なものだけ」を大事にしていいということです。

これは何も真新しい発想ではなく、「断捨離」もそうですし、禅の思想もそうです。基本的に昔から人間は「少数のものを、より良くした方がいい」ということに、気づいていたわけです。

お金の使い方は「人生の使い方」である

で、なぜそのような人生論の話をしているかというと、要はお金の使い方は、その人の人生がそのまま現れるからなんですね。そして、その「使い方」に「借金」という必要が生じてしまった時点で「どこかに無理があった」ということなのです。

もちろん、事業などのために「戦略的に融資を受ける」という人もいるでしょう。これはもちろん良いことです。銀行などから借りるのはもちろん、たとえばケンタッキーの創業者であるカーネル・サンダースも、一時期「目玉が飛び出るような」高利貸しから、事業資金を借りていたという時期があります。

なので、そういう「良い借金」だったらいいのですが、そうでなく、ただ消費・浪費などの結果で起きた「悪い借金」だったら、自分の生活を、根本的に見直す必要が生じている…ということなんですね。

この「根本的に見直す」というのは、

  • 今の仕事でいいのか
  • 今の「友達」は本当に友達なのか
  • このまま大学に通っていていいのか
  • 今の恋人と付き合っていていいのか

…というようなところまで切り込む、ということです。このくらい切り込まないと収支を抜本的に改善するということはできません。それ以外の「節約」の類は、すべて「小手先」に過ぎないのです。

  • 大幅に収入を増やす(独立するなど)
  • 大幅に支出をカットする(お金がかかる人間関係を清算するなど)

…をしないといけない、ということですね。もちろん、これは大変なことです。なので、借金にはまる人というのは、これらの問題の解決をズルズルと先延ばしにしてしまい、そのままキャッシング地獄に陥っていく…ということなんですね。

「頭ではわかっている、でもできない」と多くの人がいうことを、実際にやれるかどうか。案外人生の大部分はこれだけのことで、違いが生まれているのです(起業でも何でも)。

まとめ「急ぎでお金が必要な時は、消費者金融で借りる」

以上、人生論的な話も含めて急ぎでお金が必要な時は、消費者金融で借りるべきという話をしてきました。最後に要点を整理すると、

  • 少額キャッシングの時は、利息はほとんど発生しない
  • 消費者金融・銀行カードローンの利息差もほとんどない
  • なので、審査・融資のスピードだけを重視する
  • だから、銀行より断然消費者金融の方がいい
  • 大手の消費者金融なら最短30分で審査できる
  • 土日・祝日でも21時まで即日審査している
  • 審査通過率も高いので、早いだけでなく実際に借りられる

…ということです。何らかの事情で、今すぐお金が必要という時にはぜひ参考にしてみてください。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP