アイフルは最短即日融資&審査が可能!今すぐキャッシングをするにはどうすれば?

アイフルは最短即日融資&審査が可能!今すぐキャッシングをするにはどうすれば?

アイフルは最短即日融資・最短即日審査も、もちろん可能です。アイフルの最短即日キャッシングについてポイントをまとめると、下のようになります。

  • 最短即日審査は毎日21時までしている
  • ↑(店舗によって一部異なることもある)
  • 土曜日・日曜日・祝日でも同じ時間で最短即日審査している
  • 銀行振込で借りたい場合は、14時までに審査完了が必要
  • それ以降なら、契約ルームでカード発行をし、そのローンカードを使って、提携ATMから現金で直接借りる

以下、詳しくまとめていきます。

アイフルの最短即日融資の審査は、毎日21時までが基本

pixta_9745300_XL

アイフルの最短即日キャッシングの審査は、毎日21時まで…、つまり夜9時までしています。これはこの時間までに申し込めば即日借入ができるとは限らず、「この時間で、アイフルの事務所が閉まる」という風に考えておいてください(そうでない場合もありますが)

つまり「21時までに審査結果の連絡がこなかったら、翌日になる」という可能性が高いということですね。他の消費者金融でも(SMBCモビット・ノーローンでも)そうですが、基本的に消費者金融の最短即日審査はこういう時間設定になっています。

アコム・プロミスだったらこれが「22時まで」と1時間長くなりますが、何はともあれこれらの時間まで最短即日審査の連絡をもらえる…というのがアイフルなどの大手の消費者金融のメリットです。

なお、アイフルにはこのような最短即日融資に関するメリット以外でも、初回30日間無利息で借り入れができるなど、さまざまな利点があります。アイフルのメリットについて、詳しくは下の記事をご覧ください。

土曜日・日曜日・祝日でも夜9時まで最短即日審査している

そして、アイフルのこの「21時まで最短即日審査」というシステムは、土曜日・日曜日・祝日でも成立しています。平日だけでなく、休日でもこのように長時間最短即日審査をしている…ということですね。

なので、休日の夜間などに「急ぎでお金が必要」となった時でも、問題なく借りられるというわけです。もちろん、本当に問題なく審査に通るかどうかは、その人次第ですが、とりあえず時間設定としては問題なく余裕を持って借りられる…ということですね。

さすがに24時間審査しているわけではないので、「申込み時間の範囲内」という制限はありますが、その時間内で申し込めば、アイフルの最短即日借入や最短即日審査は非常にしやすくなっています。

なお、アイフルと同様に平日でも土曜日・日曜日でも夜9時まで最短即日審査をしてくれるというのが、SMBCモビットです。(時期や店舗によって、時間が異なることもありますが)

すでにアイフルで借りているなどの事情で、もうアイフルの最短即日融資を受けられないという方は、SMBCモビットを検討してみるのもいいでしょう。

アイフルの最短即日融資を、銀行振込で受けたい場合

最短即日キャッシングといっても、大体2通りの借り方があります。

  • 銀行振込で借りる(口座の数字が動くだけ)
  • 現金で直接借りる(提携ATMなどから借りる)

そして、前者の「即日振り込み」を希望する場合は、アイフルでは、平日の14時までに審査完了しているという必要があります。

  • 14時に審査完了
  • アイフルが振込手続き
  • 15時まで(銀行が閉まる時間まで)に、振り込まれる

ちなみに、この「即日振り込みの締切時間」については、アイフルは少々「他の消費者金融より早い」という条件になっています。これについて、他の消費者金融と締切時間を一覧・比較してみましょう。

即日振り込みの締切時間・一覧

大手の消費者金融の即日振り込みの締切時間を一覧にすると、下のようになっています。

  • アイフル…14時
  • アコム…14時30分
  • プロミス…14時50分
  • SMBCモビット…14時50分
  • ノーローン…12時30分

見ての通りノーローンの「12時30分」よりはだいぶ余裕があるものの、アイフルの締切時間はやや早め…ということがわかるでしょう。

(ちなみに、アコムも振り込み先が「ゆうちょ銀行」の時は、アイフルと同じ14時になります

なぜアイフルは締切時間が早いのか?

なぜ、アイフルはこのように当日振り込みの締切時間が早めに設定されているのか。これは「銀行系でない」というのが理由です。同じ大手の消費者金融でも、「銀行系」「独立系」の2種類があるんですね。

大手の5つの消費者金融のうち、独立系はアイフルだけというのが現状です。それぞれどの銀行のグループに所属しているのかというと、下の通りです。

  • プロミス…三井住友銀行
  • SMBCモビット…三井住友銀行
  • アコム…三菱東京UFJ銀行
  • ノーローン…新生銀行

このように、完全独立路線を維持しているのは、アイフルだけなんですね。

上記のように、SMBCモビットは三井住友銀行の系統なので、普段から三井住友銀行を使っている方は、借入・返済でも便利になります。SMBCモビットの審査基準や在籍確認の電話については、下の記事を参考にしてみて下さい。

銀行と提携していないので、即日振り込みでは不利

個人的には、こうして独立路線を貫いているアイフルが非常に好きなのですが、物理的に、銀行と提携していないということは、当然、銀行振込では不利となります。これは普通ですね。銀行振込を受け付けるのは銀行なのですから。

なので、この点がアイフルの最短即日キャッシングのデメリットといえばデメリットです。ただ、これについては、下のようにも言えます。

  • 別に「即日振り込み」にこだわらなければいい
  • 「銀行振込がややしづらい」というだけ
  • 最短即日キャッシング自体は問題なくできる
  • アイフルの契約ルーム(自動契約機)はたくさんある
  • 別に銀行振込に頼らなくても即日借入はシステム的には問題ない

そのため、一応このように「デメリット・短所」も解説しましたが、それほど大きなデメリット・短所ではない…と考えて下さい。

なお、アイフルのメリット・デメリットについては、下の記事で詳しくまとめています。アイフルでの最短即日融資を検討している方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

銀行振込で借入不可な時は、アイフルカードを発行して最短即日融資

これはアイフル以外の消費者金融・銀行カードローンでも共通する借り方ですが、平日の15時以降(アイフルは14時以降)や土曜日・日曜日・祝日・休日など銀行が閉まっている日時」では、自動契約機・無人契約機でカード発行をし、そのローンカードによって提携ATMから借りるという借り方になっています。

なぜローンカードの発行が必要なのか、というと、単純に「提携ATMを操作する」ためです。提携ATMというのは、コンビニでも銀行でも「操作するために、まずカードを挿入する」という風になっていますからね。

普通の預貯金だったら、銀行のキャッシュカードですし、消費者金融・銀行カードローンのキャッシングを利用する時は「ローンカード」を挿入する…ということです。なので、逆に言えばローンカードさえあれば、コンビニで借りられる以上、もういつでも自由に借り入れができるというわけです。

(限度枠の範囲内ですけどね)

なので、土曜日・日曜日・祝日・夜間など「銀行が営業していない」日時になったら、アイフルでもどこでも「ローンカードの発行をする」というわけです。

なお、アイフルの土曜日・日曜日・祝日・休日のキャッシングについては、下の記事で詳しく書いています。こちらも参考になさってみて下さい。

どこでローンカードの発行ができるのか?

アイフルの場合は「契約ルーム」と呼ばれるボックスが各所にあるので、その中でカード発行をします。無人契約でんわBOX「てまいらず」という名前がついていますが、要は街中の随所で見られる「アイフル」の看板の建物です。あれが契約ルームと思ってOKです。

(中には「アイフルの専用ATMだけ」という建物もあるかも知れませんが、詳しくはアイフルの公式サイトで、最寄りの契約ルームをチェックしていってください)

契約ルームで、どうやってカード発行をするか?

pixta_11124374_XL

これは、すでに審査完了しているなら簡単です。

  • カード発行をするマシンがあるの
  • 氏名・生年月日・住所などの基本的な個人情報を答える
  • あとはカードが出てくるのを待つだけ

「そんな簡単でいいのか」と思われるかも知れませんが、審査は、当然別でしているので、これでいいのです。審査は審査でしっかりしていますからね。

あくまで「すでに審査完了した人が、カード発行をする時」はこれだけでいいということです。まだ審査完了していない人が契約ルーム(無人契約機)にいった場合は、「ここで審査から」する必要があります。

アイフルの契約ルームでの審査は、どうやる?

アイフルの契約ルームは、他の消費者金融の自動契約機・無人契約機とは少々違っていて「全部、書類の手書き」となっています。箇条書きすると、下の通りです。

  • アコムの「むじんくん」のような「マシン」はない」
  • デスクと電話があって、電話でオペレーターさんと通話する
  • 設置されている申込用紙に、審査情報を記入していく
  • 記入したら、スキャナがあるのでそこから送信する
  • 身分確認資料も同様に、スキャナでスキャンして送信する

このようになっています。なので、契約ルームで最短即日審査をする時は、審査情報を手書きする手間があるという点は理解しておいて下さい。

自動契約機の審査は、基本的に手書きである

実は、これはアイフルだけではありません。自動契約機・無人契約機やローン契約機で審査する時は、基本的に、審査情報の大部分は手書きするという風になっています。

むじんくんのようなマシンがある場合、「年収・勤続年数」というような「数字だけ」で回答できるようなものは、タッチパネルをプッシュしていくだけで回答できます。この作業はなかなか楽しいし、楽なものです。

しかし、たとえば、下のような「長い情報」になると、どうしても手書きする必要があります。

  • 勤務先住所
  • 自宅住所
  • 勤務先の会社名

そのため、これらの情報については、どの消費者金融のローン契約機・自動契約機で申し込んだ場合でも「手書きが必要になることがある」と考えて下さい。(絶対に必要とは限りません)

ネット申込みの方が断然楽

pixta_13841667_XL

そして、こうして「申込用紙に手書きして申し込む」という作業を考えるとネット審査で申し込む方が、圧倒的に楽といえます。たとえば「勤務先住所」などは「覚えていない」という人も結構いると思います。

しかし、そうした場合でも、たとえばパソコンやスマートフォンでネット申込みしているのであれば、すぐにその場で、公式サイトにアクセスして、公式サイトからコピペしてくるという方法で記入できます。

(公式サイトというのは、もちろん、自分の勤務先の公式サイトです。ない人もいるかも知れませんが)

というように審査情報に回答するという点でも、パソコン・スマホでネット審査から申し込んだ方が、断然楽なんですね。なので、特殊なケースを除けば、アイフルでも他の消費者金融でも、ローン契約機で申し込むより、ネット審査から申し込むべきといえます。

ネット審査と無人契約機の組み合わせ技もある?

pixta_13987845_XL

キャッシングの情報サイトでよく書かれているのが、両方の申込方法の組み合わせ技です。

  • 最初にネット申込みをする
  • 審査情報はここで送信しておく
  • それから契約ルームに行って、残りの審査をする

なぜわざわざこんなことをするのかというと、下のような理由からです。

  • 自動契約機・無人契約機だと、優先的に審査される
  • つまり、審査時間が短くなる
  • しかし、審査項目の記入は、ここまで書いた通り「ネット申込み」の方が早いし楽
  • だから、審査情報の送信だけ、先にネット審査でしておく
  • 残りの手続きだけ、契約ルームでする

これだとそれぞれのいいとこ取りができるというわけですね。

この方法で、本当に審査が早くなるのか?

実は、キャッシングの知識がある人の間でも見方が分かれています。個人的には「この方法は、よほど自動契約機が近くにある人でなければ、審査時間の短縮にはならない」と考えています。

というのは、ローン契約機まで出かけている間に、ネット申込みの審査結果が出て、それが携帯電話に連絡されてくることが多いからです。

もうネット申込みをした時点で、アイフルは審査を開始しているわけですから、(もちろん、これは良いことですが)自動契約機・無人契約機に向かっている間に、審査完了する…ということはしばしばあるわけです。

アイフルの審査時間は最短30分である

pixta_16530015_XL

そして、アイフルの審査の所要時間は最短30分なので、たとえば「アイフルの無人契約機・自動契約機まで、片道30分」という時には途中で審査完了するという可能性が非常に高くなります。

では「20分」だったらどうかというと、これにしても、下のように言えます。

  • 無人契約機・自動契約機の中に入る
  • かばんをおいたり、電話の使い方を見たりする
  • この時点で軽く5分は経つので、ほとんど差はない

じゃあ「片道15分」の距離だったらどうかというと、これがようやく「ギリギリ」かなと思います。確実にメリットが生まれる時間というと、やはり「片道10分」でしょう。これだったら、「申込者が契約ルームで待っているから、優先的に審査する」(可能性がある)ということのメリットが発揮される…という可能性があります。

しかし、これにしても所詮5分か10分程度早くなるだけなので、個人的には、あまり意味がないと思っています。そこまでドタバタするくらいなら、下のようにした方がいいでしょう。

  • ネット申込みだけする
  • 自宅で部屋の掃除でもしている
  • 30分、審査結果を大人しく待つ

要は「その時間で何かをしていれば」いいわけですね。


もちろん、急ぎでお金が必要な場面で「少しでも早くお金を借りたい!」という気持ちはわかります。しかし、これは下のように言えます。

  • 所詮ほんの少ししか変わらない
  • しかも、車で行くならガソリン代などもムダになる
  • 何より、気力と体力を使う
  • 部屋の掃除やもろもろの雑用など、やるべき仕事はいろいろあるはず
  • だったら、そっちを片付けた方がいい

これが、一番冷静かつ合理的な考え方ではないでしょうか。

キャッシングの情報サイトの内容は、偏っている

基本的に、この「組み合わせ技」を紹介しているのはキャッシングの情報サイトです。

  • これらのサイトは「キャッシング」のことだけ考えている
  • つまり「その申込者の、総合的な生活」はあまり意識していない
  • 総合的な生活を考えると、ほんの少し審査通過の時間を早めるよりも、他にやるべきことが山程ある

こういう結論になるはずです。なので、この組み合わせ技は、基本的にはやる必要がないと考えて下さい。アイフルのように審査スピードが早い消費者金融で申し込むのであれば「果報は寝て待つ」のが一番なのです。

アイフルの最短即日審査、時間は最短30分

pixta_19097467_XL

先で少し触れましたが、アイフルのキャッシング審査の所要時間は「最短30分」となっています。これはSMBCモビット・アコム・プロミスなどの他の大手の消費者金融も同じ時間設定となっています。

そして、これより審査スピードが早いのはノーローンの最短20分ですが、ノーローンはその分審査通過率が低いというデメリット・短所があります。

  • ただ「早い」だけではメリットは小さい
  • 実際に「審査に通る」ことも考えなくてはいけない
  • その点では、ノーローンよりアイフルの方がいい

と言えるでしょう。もちろん、アイフルだけでなく要は「最短30分で審査できる、他の消費者金融の方がいい」ということです。

ノーローンを否定しているわけではない

勘違いしないでいただきたいですが、これはもちろん、ノーローンを否定しているわけではありません。あくまで審査に通るかどうかギリギリの当落線上にいるという人のためのアドバイスです。

ノーローンだろうと、他の消費者金融だろうと、いわゆる普通の生活をしている人であれば、キャッシング審査は基本的に通過できるので、審査通過率がどうとか、あまりこだわる必要がない…というわけです。

キャッシング審査は、普通の人だったら大体通る

これはアイフルでもノーローンでも、その他の消費者金融でもすべて言えることですが、キャッシング審査は、普通の生活をしている人だったら、基本的に通るといえます。普通の生活の定義は、下の通りです。

  • 仕事をしている
  • ↑(パート・アルバイトでもOK)
  • 現時点で多重債務でない
  • 借り入れしていても1件程度

もちろん、「クレジットカード」はOKです。クレジットカード以外の消費者金融や銀行カードローンで、1件程度しか借りていない…ということですね。普通の人はそうでしょう。

そして、大体の人は仕事もしているはずなので、一般的な生活をしている人だったら、ノーローンのように多少審査が厳しい借入先でも、審査に通るというのが普通なのです。

審査通過率を下げているのは、多重債務者の人たち

私も昔多重債務者で、クレジットカードの強制解約にもなった人間なので、これは別にそうした方々を否定しているわけではありません。そして、その前提で書くと、下のように言えます。

  • 大手の消費者金融の審査通過率は「42%」程度である
  • しかし、これは「誰が受けても42%」ということではない
  • この審査通過率は、多重債務者の方々などが、平均値をかなり下げている
  • 普通の人が申し込んだら、もっと高い確率で審査に通る

つまり、わかりやすく言うと落ちて当たり前の人たちが、だいぶ申し込んでいるということですね。私もノーローンや新生銀行カードローン レイクなどの審査に落ちてきましたが、要は下のようなことです。

  • 多重債務者だったり、ブラックリストだったりすると、申し込んだそばからことごとく審査落ちする
  • そういう方々が大量にいる
  • そのため、審査通過率の平均値が大きく下がっている

実際、多くの人はキャッシングがなくても問題なく生活しているわけですからね(お金がない時も、クレジットカードを使うことが多いです)。

なので、キャッシングに申し込んでくる人は、「もともと属性が厳しい人が多い」ということで、本来それほど厳しい審査でなくても、審査通過率が低くなり、審査が厳しいように見える…ということなのです。

『ナニワ金融道』の灰原のセリフ

『ナニワ金融道』の主人公の灰原が、市役所に住民票を取得に行く時、窓口の方とこういう雑談をしています。

「私どもとしては、公務員の皆様のような方に借りていただきたいんですけどね。借りてほしい人は借りてくれなくて、借りてほしくない人が、多く借りに来るわけです。」

と、多重債務者だった経験がある私としては、少々耳が痛いのですが、確かにキャッシングという商売はこういう部分があります。「基本的に属性の低い人が申し込んでくることがほとんど」なので、審査通過率が低くなるのは必然なのです。

ということで、審査通過率だけを見ると、ノーローンでもアイフルでも、その他の消費者金融でも「何やら厳しそう」と思うかも知れませんが、実際には、数字から受ける印象ほどは、審査は厳しくないと考えて下さい。

最短30分での審査は、銀行カードローンでもできるが…

アイフルに話を戻すと、アイフルは「最短30分」という短時間で最短即日審査ができるようになっています。そして、他の消費者金融もそうなのですが、キャッシングの知識がある人なら消費者金融だけでなく、銀行カードローンでもこの時間設定で最短即日審査できる所があるというのを知っているでしょう。

  • 三井住友銀行カードローン
  • 新生銀行カードローン レイク

こうした2つの銀行カードローンなどが、それに該当します。(あと、ややマイナーですがしずぎんカードローン・セレカも最短30分で審査可能です)

というように「銀行カードローンでも最短30分」というのを見ると、「何だ、スピードが売りの消費者金融なのに、それほど特別早いわけじゃないんだな」と思う人もいるかも知れません。しかし、これは違います。

アイフルは本当に30分で終わることが銀行カードローンよりは多い

そもそも「最短30分」というのは、文字通り「最短」なんですね。常に30分で審査完了しますとは、誰も言っていないわけです。

  • 銀行カードローンの「最短30分」は、実際には「30分で終わらない」ことが多い
  • これに対して、アイフルなどの大手の消費者金融は、「本当に30分で審査完了する」という割合が銀行カードローンよりは高い

こういう違いがあるわけですね。「安定の最短30分」ではありませんが、要は「コンスタントに30分で審査完了する」という割合が、アイフルなどの消費者金融の方が、銀行カードローンよりも高くなっているのです。

(もちろん、アイフルでもその他の消費者金融でも、審査は厳正です)

クレジットスコアが低い人は、特に消費者金融が有利

pixta_20023372_XL

そして、こうした「実際の審査の所要時間」の差が何によって生まれるかというと、「その人の総合的な信用度(クレジットスコア)」です。

  • クレジットスコアが高い人は、銀行カードローンでも消費者金融でも最短30分で終わる可能性が上がる
  • 一方、クレジットスコアが低い人は、アイフルなどの消費者金融で借りた方が良い(銀行カードローンよりは早く借りられる可能性が高い)

こういうことですね。基本的に消費者金融というのは「信用度が低い人でも申し込みやすい」ということが売りのサービスなので、こういう場面で特にメリットが発揮される…ということです。

なので、自分の年収や職業、これまでのクレジットヒストリーなどを客観的に見てキャッシング審査では少々厳しい展開になりそうだなと思った人は、銀行カードローンの「最短30分」という文字につられず、アイフルなどで借りた方がいいでしょう。(急ぎでお金が必要な場合は)

アイフルの最短即日融資、審査で必要な書類は?

アイフルで最短即日キャッシングするためには、どんな書類が必要なのか。これは基本的には「本人確認資料」だけです。そして、本人証明書類の中でも、下のようなルールになっています。

  • 基本は運転免許証か、運転経歴証明書
  • なければそれ以外の身分確認資料でもOK

運転経歴証明書というのは、高齢になって運転の危険になった方が、免許を返上した後に発行されるものです。つまり「もう運転はできないけど、過去にこうして運転免許証を持っていました」という証明になるわけですね。

(なので、要は「高齢者の運転免許証」と考えてOKです)

運転免許証以外では、どんな本人確認資料がOKか

pixta_20881772_XL

アイフルの公式サイトに書かれているものだと、運転免許証以外の身分証明書は、下のようなものもOKです。(審査にもよりますが)

  • 各種健康保険証
  • 住民基本台帳カード
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住証明書
  • 公的証明書類
  • 個人番号カード

わかりやすく書くと、ほとんどの人は、下の身分証明書を提出すればOKです。

  • 運転免許証
  • 各種健康保険証
  • パスポート

大抵の人は、これらのどれかを持っているはずなので、それを提出すればOK。そして、「戸籍系」では、下の2通りです。

  • 住民基本台帳カード
  • 個人番号カード

このどちらもOK。(住民基本台帳カードについては、もう期限が切れているかも知れませんが)

そして、在日朝鮮人・在日韓国人などに分類される方々であれば、下の身分確認資料もOKです。

  • 特別永住証明書
  • 在留カード

こうした書類を提出する…ということですね(在日朝鮮人などの方々が特別永住証明書で、仕事などで日本に来ている外国人の方々だと、在留カード…という区別が多いようです。この辺は、ご本人たちが一番よくご存知でしょうが)

そして、最後の「公的証明書」ですが代表的なのは「年金手帳」「宅建主任免状」「船員手帳」…などです。こうしたマイナーな書類でも、一応本人確認資料として、アイフルでは成立するようになっています。

あえてマイナーな書類を提出する必要はない

当然ですが、こうしたマイナーな本人確認資料を提出する必要はありません。また、メリットもありません。基本的に「メジャーなものから順に提出していく」という風にしてください。理由は下の通りです。

  • 印鑑証明書などのマイナーな本人証明書類を出したとする
  • すると、「何でこの書類なんだろう?」と、疑問に思われる
  • 運転免許証・パスポートなどを「出せない事情」があると疑われる可能性がある

「疑い過ぎだろ」と思う人もいるかもしれませんが、金融業というのは、このくらい相手を疑ってかかるのが基本中の基本なのです。実際、銀行カードローンはともかく、消費者金融で働いてきた方のほとんどは「利用者の中には、かなり悪質な人も多くいる」と証言しています。

この「悪質」というのは「お金がなくて払えない」などの「可哀想な」ケースではなく、下のようなケースです。

  • 反社会勢力
  • いやがらせ目的の同業者
  • その他、明らかにモラルのない利用者

「お金がない」ことを「悪質」と言っているわけではなく「精神的に悪質」ということですね。たとえば、下のような手口もあります。

  • ニセの身分確認資料を提出する
  • 消費者金融で借りられるだけ借りる
  • そのままドロンする(逃げる)

こういう「確信犯」もかなりいるのです。実際、特に闇金業者などは「融資して利息で稼ぐ」ということだけではなく、こうして正規の消費者金融・銀行カードローンを騙して稼ぐ…という「副業」もしています。

(ヤミ金によっては、むしろこちらが本業だったりもします)


このようにキャッシングの申込者のすべてが善良なわけではないので、アイフルに限らず、どの消費者金融・銀行カードローンでも基本的に「何か怪しい部分はないか?」と目を光らせて審査をしているわけです。

なので、一般的な本人確認資料(運転免許証・パスポート・保険証など)がある場合は、それらを普通に提出するのが一番…ということなんですね。当サイト・美人キャッシングでは繰り返し書いていますが、あらためて下のように言えます。

  • キャッシングでは個性など一切必要ない
  • ただ「普通」に「無難」であればいい
  • 一番一般的な行動を、ひたすらするのがいい

そのため、あえて変わった本人確認資料を出す必要はまったくありません。

身分確認資料の住所と現住所が違う場合は?

こういう場合はどうする?アイフル?と思う人もいるでしょう(有名なCMのフレーズです)。そして、こうした本人確認資料の記載住所と今住んでいる現住所が違うという場合はどうするのかというと、下のような書類を追加で出します。(というルールのことが多いです)

  • 公共料金の領収書
  • 住民票の写し
  • 印鑑証明書

このような3つの書類のどれかを提出する…という風になっています。そして、公共料金の領収書では「電気、水道、ガス、NHK、NTT)などの領収書が認められています。

よくあるもので「携帯電話の料金の領収書」は、ダメです。これは住所など基本的に関係ないものなので、あくまで上に書いたような「公共料金」のみになります。

(auやソフトバンクなどの携帯キャリアは「私企業」なので「公共料金」ではないですしね)

*ここまでは提出書類について書いてきましたが、アイフルの審査で「勤務先への在籍確認の電話が気になる」という方も多いでしょう。アイフルの在籍確認の電話については、下の記事で詳しく解説しています。

アイフルの最短即日融資では収入証明書が必要?

pixta_2567639_XL

アイフルの最短即日キャッシングの審査では、収入確認資料は不要です。ただ、下のように言えます。

  • アイフルで50万円以上借りる場合
  • 他社借入も含めて「100万円」を超える場合
  • 自営業・個人事業主の場合

こうした3通りのケースであれば、所得確認資料が必要となります。そして、その時はどんな収入証明書を出すのかというと、アイフルの公式サイトで書かれているものでは、下のようになります。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 確定申告書
  • 所得証明書
  • 給与明細書

こういう五種類になっています。「所得証明書」というのは「収入確認資料」という意味としばしば混同されていますが、そういう名前の書類があるんですね。

以下、所得証明書も含めて、これらの収入確認資料の内容や意味、発行される時期なども解説していきます(必要な方のみ、参考にしていただけたら幸いです)

所得証明書とは?

特に自営業・個人事業主やフリーランス・会社経営者・法人代表者などの方々は、知っておいた方がいいかも知れないので、ここで解説しておきます。所得証明書がどんな書類か箇条書きしていくと、下の通りです。

  • 前年の1月1日から12月31日までに、いくらの所得があったかを証明する書類

たとえば源泉徴収票だとあくまで「いくらの税金を源泉徴収されたかという書類なので、「単純に、所得だけを証明するわけではない」ということですね。

もちろん、源泉徴収された金額から、所得・年収を計算することはできるし、書かれてもいるのですが、要は「所得証明書の方がわかりやすい」ということです。

所得証明書と源泉徴収票の違い

さらに両者の違いを説明していくと、下の通りです。

  • 源泉徴収票は「その会社」からもらった所得しかわからない
  • たとえばフリーランスや個人事業主・自営業で「多数の会社から源泉徴収票をもらっている」という場合
  • この場合は、それを「合算した所得確認資料」が必要になる

自分で計算する分にはバラバラでもいいですがアイフルなどの消費者金融・銀行カードローンに提出するには、1つにまとまっている必要がありますからね。

なので、「複数の取引先から源泉徴収票をもらっている」というようなフリーランス・個人事業主・自営業の方々などは、特に所得証明書の方がいいわけです。

なお、所得証明書は「昨年の1月1日時点で住んでいた市区町村」が発行するようになっているので、その市区町村の役場に問い合わせて、発行してもらう必要があります。


これが、所得証明書の内容です。「収入確認資料」とは、こういう点で違うわけですね。そして、これもややマイナーな書類なので、フリーランス・個人事業主・自営業の方々などを除けば、特にこれにこだわる必要はありません。また自営業・個人事業主などの方々でも、基本的には「確定申告書」を出しておけばいいでしょう。

なので、一応解説はしたものの、「所得証明書がたまたま手元にある時」くらいに提出すればOK…と考えてください(あえて、わざわざ取得などをする必要はない、ということです)

住民税決定通知書とは?

これは文字通りの内容で、あなたの今年の「住民税」が、「この金額」に決定しましたという通知書です。そして、どういうものかポイントをまとめると、下の通りです。

  • 大体2月~5月に送られて来る
  • 6月以降、その金額の住民税が、毎月引き落とされる

そして、サラリーマンなら、1月に会社が「今年の山田くんには、これだけの給料を払いました」と役所に報告しています。そのため、割と早く、住民税決定通知書が送られて来るんですね。

というのが、サラリーマン・公務員などの給与所得者の場合。そして、会社経営者・法人代表者や個人事業主・自営業などの独立系の職業の方々の場合、事情が変わります。

  • 自分が確定申告した後、役所が計算する
  • そのため、いつ発行されるかは「自分がいつ確定申告したか」による

つまり、2月中旬からすぐ確定申告した人は、早めに送られてくるし、「3月中旬になって、ギリギリで確定申告した人」の場合は、遅めになる…ということです。

何にせよ、アイフルの審査で収入確認資料が必要になった場合でも、下のように考えて下さい。

  • 住民税決定通知書が手元にあるなら出せばいい
  • 住民税決定通知書が現時点でないという人であれば、あえて住民税決定通知書にこだわる必要もない

基本的にどんな提出書類でも、「手元にあって、それが一番簡単なら、それを提出する」くらいにとらえておくのがベストです。

サラリーマンなら、源泉徴収票を出せばOK

その他の年収確認資料については、特に解説しなくても大丈夫でしょう。

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 給与明細書

という、3種類の年収確認資料は、いわば「三種の神器」のようなものですからね。確定申告書は会社員・OL・公務員の方々だとあまりなじみがないかも知れませんが、源泉徴収票・給与明細だったら、よくわかるでしょう。特に給与明細については、毎月これを楽しみに生きている…という人もいるでしょうからね(笑)。

なので、もしアイフルのキャッシングの審査で、こうした年収確認資料が必要になった時でも、会社員・OL・公務員の方々は「源泉徴収票を出すか、給与明細書を提出するか」と思っておけばOKです。

給与明細書を出す場合は、直近2ヶ月分

アイフルの公式サイトでは、給与明細書を提出する場合は直近2ヶ月分を出すとなっています。これはアイフルだけでなく、どの消費者金融・銀行カードローンで給与明細書が必要になるケースでも、やはり同じとなっています。

なぜ「直近2ヶ月分」なのかというと、下のような理由です。

  • 直近2ヶ月分の給与明細書があるなら、最低でも3ヶ月は勤務しているということ
  • つまり、勤続月数・勤続年数をはかる目安にもなる

当たり前すぎるくらい当たり前ですが、どんな職場であっても最低3ヶ月程度は勤続月数がないと、本当に仕事をしているとはいえないというのは、基本的な考え方ですからね。そういう意味でも、給与明細書を提出する場合は「直近2ヶ月分は最低でも必要」ということになるのです。アイフルでもどこでも。

転職した会社員・OL・公務員の場合は、所得証明書がいい?

例外的なケースとして、年度の途中で転職したという会社員・OL・公務員の方々の場合は、源泉徴収票より所得証明書を提出した方がいい…ということもあります。理由は下の通りです。

  • 転職した場合、源泉徴収票を2ヶ所からもらうことになる
  • だから、それを合算した所得証明書の方がいい

もちろん、これもすでに住民税決定通知書などが発行されている時期で「税金」として、合算額が計算できる書類がすでにあるなら、そちらでOKです(所得証明書にこだわる必要はありません)。

というように「転職した会社員・OL・公務員」の場合は、源泉徴収票だけではダメ…ということもあります。しかし、基本的には源泉徴収票がベストと思って下さい。(アイフルの公式サイトでも、収入確認資料の一覧のトップで、源泉徴収票が出ています。)

給与明細書を提出する時の注意点

アイフルの公式サイトでは、給与明細書を出す場合の注意点も書かれているので、それをガイドしましょう。

  • 地方税・住民税などが記載されている場合、直近2ヶ月分でなくても「1ヶ月分」でもOK(となることもある)
  • 勤務先の会社の社印・社判が必要になることがある

社印や社判が必要になるケースというのは、下の通りです。

  • 発行年月や勤務先の名称などが明記されていない場合
  • 手書きの部分がある場合

このような2通りになっています。しかし、現代の給与明細書は、ほとんどこの条件には該当しないので、よほど小規模で古いシステムの町工場などで働いている…というのでなければ、この点はまず大丈夫と思っていいでしょう。

(町工場にしても、有限会社や株式会社として法人化している勤務先であれば、まず大丈夫です)

ということで、一応アイフルの公式サイトには「給与明細書の注意事項」も書かれてはいるものの「特に気にする必要はない」(普通は大丈夫)と思ってください。

その他、アイフルで有効な所得確認資料

pixta_3064696_XL

ここまで書いてきた以外でも、アイフルの最短即日審査で有効となる年収確認資料はたくさんあります。それらも参考として一覧していきましょう。

  • 納税通知書
  • 収支内訳
  • 青色申告決算書
  • 支払調書
  • 年金通知書
  • 年金証書

これらも一部、マイナーな書類があるので、それぞれの内容を簡単に説明していきます。

青色申告決算書とは?

青色申告決算書は、確定申告書とよく似たものです。確定申告書との違いは、下の通りです。

  • 青色申告決算書は、各経費がすべて記載されている
  • つまり、広告宣伝費・通信費などが記入されている
  • 確定申告書は、最終的な収支しか書かれていない

確定申告書は、文字通り「確定」した分だけ書いているわけですね。

そして、青色申告決算書はその中の「細かい部分」を記入しているということです。確定申告をした自営業・個人事業主・フリーランスの方々は大部分が「青色申告を選んでいる」はずなので、確定申告書があれば、青色申告決算書もあるはずです。

(確定申告書と違って控えが返送されないことが多いので、イータックスでなく、郵送で確定申告した人は、控えが手元にないかも知れませんが…。実は、私も今年は青色申告決算書の控えがありません。笑)

青色申告決算書の収入確認資料として有利な点は経営状態までよく分かるということ。この業種、この規模で、広告宣伝費にこれだけお金を使っているのはおかしいとか、逆に「これだけで抑えているのはすごい」とか、いろいろなことが読み取れるわけですね。

もちろん、「変わったパターンの経営」というのもあるわけですが、何はともあれこのようにただの収支だけでなく、どういう事業・経営をしているかがわかるという点でも、青色申告決算書は、個人的には「確定申告書よりすぐれた年収確認資料」と思っています。

(アイフルでどう評価されるかはわかりませんが。というより、収入確認資料の区別による審査結果への影響は、ほとんどないとは思いますが…。)

収支内訳とは?

収支内訳は、「白色申告の時の」青色申告書と同じです。

  • 確定申告書と同時に提出するもの
  • 各経費の内訳が書かれているもの

わかりやすく「白色申告決算書」と呼んでくれればいいのに…と、個人的には思っているのですが…。

それはさておき、フリーランス・個人事業主・自営業の方々でも白色申告ではなく青色申告をしているという人であれば、収支内訳は全く関係ありません。もちろん、会社員・OL・公務員の方々もほぼ関係ありません(副業で何か事業をしていれば、別ですが。公務員の方はもちろん、副業はやってはいけないですけどね)

ということで、白色申告をしている自営業者・個人事業主の方々だけ、関係あると思ってください。

支払調書とは?

支払調書は、源泉徴収票によく似たものです。個人事業主・自営業の方が、どこかから報酬をもらった時、その報酬を「払った会社など」が、「山田さんに、いくら払いました」「そして、いくらの所得税を、前もって天引きしておきました」…と報告する内容です。「自分で納税するから、天引きしないでくれ」という人も多いでしょうけどね(笑)。

そして、源泉徴収票と支払調書は何が違うのかというと、下の通りです。

  • 「もらう側」はほぼ違いがない
  • ただ、「発行する側」は違いがある
  • 「発行が義務になる条件」が違う

そのため、それぞれの義務に合わせて、企業側が支払調書を発行したり、あるいは源泉徴収票を発行したりする…ということです。

ちなみに、私が出版の世界でイラストレーターとして活動していた頃は、下のようになっていました。

  • 自著の印税…支払調書が届く
  • 人の本に提供したイラストのギャラ…源泉徴収票が届く

支払調書の発行条件を見ると「作家や画家への原稿料」が年間5万円を超える場合…とあるので、おそらくこれに該当したからでしょう。


このように、一応の違いはあるものの、下のように言えます。

  • もらう側にとっては源泉徴収票との違いはない
  • 大体支払調書をもらうような人は、複数の源泉徴収票・支払調書をもらっている
  • アイフルなどの審査では、それを「一括」にした収入確認資料が必要
  • つまり、確定申告書や所得証明書の方がいい

なので支払調書1つで、高額の所得を証明できるというような特殊なケースでなければ、特に支払調書を提出するケースも、必要もないでしょう。

年金通知書とは?

年金通知書はいくつか種類があるのですが、下のようになっています。(他にもありますが、主なものはこれらです)

  • 年金振込通知書
  • 年金支払通知書
  • 年金額改定通知書

それぞれの通知の内容を簡単に書くと、下の通りです。

  • 振り込み
  • 支払い
  • 改定

意味をそれぞれ解説すると、下の通りです。

  • 年金振込通知書…今年「毎月いくら振り込みます」という予告
  • 年金支払通知書…これまで「いくら支払ってきました」という報告
  • 年金額改定通知書…物価の変動などで「年金の支給額が変わった」時の連絡

そして、どれでもその人がどれだけの年金をもらっているかがわかるので、これも収入確認資料として使えるわけですね。

アイフルでは、年金以外の収入が必要

pixta_5598505_XL

ただ、これはアイフルだけでなくどの大手の消費者金融でも同じなのですが、年金受給者(年金生活者)の方々は、年金以外の収入がないとキャッシングできないというルールになっています。

つまり、年金だけで生活している年金生活者(年金受給者)の方々はダメで、何らかのアルバイト・パートをしている…という必要があるわけですね。

なので、そのアルバイト・パートの方の源泉徴収票なども、一緒に提出するということです。これと年金の支給額を合算して、それをその人の「年収」と判断して、審査をするわけですね。

(ちなみに、アルバイト・パートの収入の方が、メインになっている必要があるようです)

年金証書とは?

年金証書は、年金通知書よりももっと「わかりやすい」ものです。簡単に言うとこの人は、年金を受け取る資格がありますという書類で、それに小さく「支給額」もセットで書かれているんですね。この部分を見れば、その人の年金の金額がわかるので、これも所得確認資料になる…ということです。

そして、年金証書というのは「すでに年金をもらえる年齢」の人でないと発行されません。正確に言うと、下の通りです。

  • すでに年金の対象年齢となった人に発行するもの
  • 「年金をもらいたいです」と申告したら、発行される

実は年金というのは対象年齢になっても、自分で申告しないと、いつまでももらえないんですね。自動的にもらえるようにはなっていないのです。

徴収する方は自動的にされるのに、もらう方は「自分で手続きが必要」なわけですね(笑)。なので、こういう手続きの類をめんどう臭がるお年寄りの場合「1年くらい、年金をもらっていない」ということは、意外とあるのではないかと思います。(あるいは、数ヶ月程度忘れていた…ということもあるでしょう)

それも積もり積もると、日本全国ではかなりの金額になっていると思います。こういう手続きの類をわざと複雑にするのが、お役所の手口なんですね(笑)。

(手続きの類を面倒くさがると、こういう風に自分が損することになります)


余談ですが、先ほどの「年金通知書」の方でも「年金額改定通知書」というものが登場しました。物価などが変動して、年金の金額が変わった時の通知というものですが、何やら嫌な予感がしますね(笑)。多分、私達(私はいま31才ですが)が高齢者になる時には、年金なんてもう、雀の涙程度しかもらえないでしょう。(私も全く期待していません)

アイフルの最短即日キャッシングの審査通過率は?

pixta_6009625_XL

最短即日キャッシングをする時、審査の受付時間と並んで重要になるのが、審査通過率でしょう。他の部分でも書きましたが、たとえスピード審査ができても、審査落ちしてしまっては何の意味もないですからね。借りられてなんぼ…ということです。

そして、それでアイフルの審査通過率に注目してみると、これはアコムについで、大体大手の消費者金融で二番目という審査通過率の高さになっています。

審査通過率というのは大体の目安でしかないのですが、あくまで目安という前提で、一覧にしていきます。

  • アコム…45%
  • アイフル…43%
  • プロミス…42%
  • SMBCモビット…42%
  • ノーローン…30%

繰り返しますが、あくまで目安という意識で、見てください。

この審査通過率は、どこから来たのか?

どんなデータでも、それを見た時「そのデータがどこから来たのか?」ということを、疑いつつ見る必要があります。で上の審査通過率がどこの情報かをまとめると、下の通りです。

  • プロミス・アコム・アイフルについては、公式サイトで書かれている
  • マンスリーレポート・月次データという資料で、そこに「新規の貸付率」というような数字がある
  • *呼び方は、消費者金融によって違う
  • そして、これが審査通過率のことなので、そのまま審査通過率として判断していい

そして、ここ数年のプロミス・アコム・アイフルの審査通過率を見ると、大体このようになっている…ということなんですね。

ノーローン・SMBCモビットの審査通過率は不明

その他の2つの消費者金融であるSMBCモビット・ノーローンについては、詳細な審査通過率が不明となっています。アイフル・アコム・プロミスのような「月次データ」に相当するものがないのです。

(もしかしたら、どこかをくまなく探せばあるのかもしれませんが、少なくとも私が複数の信用できるキャッシングの情報サイトを当たった限りでは、やはりどこも「SMBCモビット・ノーローンの詳しい審査通過率は不明」となっていました。)

ただ、大体の目安として、下のように考えることもできます。

  • SMBCモビットはプロミスと同じく、SMBCコンシューマーファイナンスのブランドである
  • (いわゆる三井住友銀行系)
  • ということで、審査通過率も大体同じと考えられる

そのため、上に書いたプロミスの審査通過率も「あくまで目安」なのですが、SMBCモビットとプロミスの審査通過率は、大体近いと思われるということですね。(あくまで推測ですが)

なので、上のように、とりあえず「42%程度(目安)」としています。

*もしアイフルだけでなくSMBCモビットでの最短即日キャッシングにも興味がある方が見えたら、下の記事でSMBCモビットの金利(実質年率)について書いています。こちらも参考になさってみて下さい。

ノーローンの審査通過率は?

もう一つのノーローンの審査通過率についてですが、これはネット上の口コミ・評判を参考にしています。ネット上の評判・体験談を見てわかることは、下の通りです。

  • ノーローンの審査通過率は、かなり低め
  • 銀行カードローンと消費者金融の中間くらい

「中間」というのもかなり大雑把な表現ではありますが、とりあえず、わかりやすく言うと、口コミ・評判の平均のイメージはそのようになっています。

そして、銀行カードローンは審査が厳しい所だと「審査通過率20%」程度のところもあるので、消費者金融の平均的な審査通過率である「40%」との中間をとって、「30%」ということです。

繰り返しますが、審査通過率は時期によって同じ消費者金融でも変動しますし、あくまで参考の数字なのでこの点はよく意識してください。

(また、先に書いた通り「多重債務者の方々などが、かなり平均値を下げている」という実情もあるので、まともな生活をしている方であれば、審査通過率の数字よりは割と申し込みやすい、と考えて大丈夫です。)

アイフルで最短即日融資を受けるメリットは?

pixta_6703632_XL

他の大手の消費者金融ではなく、アイフルでの最短即日審査・最短即日キャッシングを希望するメリットは何か。これは箇条書きすると、下の通りです。

  • アイフルを以前に利用している
  • その時返済の延滞・滞納などがかった
  • こうした人は、その良好な借入実績によって審査に通りやすくなる

これに該当する方であれば、他の消費者金融ではなくアイフルを選ぶメリットが特にあります。

もちろん、これはアイフルだけでなくどの消費者金融でも同じで、以前に借入実績があると有利というのは、キャッシング審査の世界では常に共通して言えることになっています。

一度解約すると、もう再契約できないと言われるが…

キャッシングの経験がある方はわかるかも知れませんが、全額返済して解約を希望すると、オペレーターさんから「再契約はできなくなりますが、よろしいですか?」ということを聞かれます。なので以前に借入実績があると、審査に通りやすくなるどころか、むしろ審査落ちするのでは?と思われるかも知れません。しかし、これについては「おそらく大丈夫」といえます。

  • 解約してほしくないから、そう言っているだけ
  • そもそも「返済の遅延なく完済してくれた」という人は、もっとも融資したい相手

そのため、それだけの「優良顧客」を、そう簡単に断るわけがないんですね。こう書くと「自社の利益ばかり考えている」と思うかも知れませんが、そうではありません。「本人の方から」借りたいと言ってきているわけですからね。

なので、ここではまさに「ウィン・ウィンの関係」が成り立っているわけです。

  • キャッシング業者としても融資したい
  • 信用度が高い本人も借りたがっている

このように、まさに「相思相愛」状態なんですね。基本的にビジネスの世界では、こういう時は話が成立するのが当たり前です。誰から見ても、この話が壊れてプラスになることなどなく、逆に成立したら、すべての人に(借り手も貸し手も)よくなるわけですから。

なので、確かに解約時こそそう言われるものの「実際には、一度解約した人が再契約することも、おそらく可能」でありむしろ審査に通りやすくなることの方が多いと考えていいでしょう。

(基本的に、どんな業界のどんな内容でも、あまり企業側のアナウンスをまともに受け取らない=いい意味で、ということが大事です)

その他の、アイフルの最短即日融資のメリット・長所は?

その他、他の消費者金融と比較してのアイフルの最短即日キャッシングのメリットは、自宅の近くにアイフルの契約ルームがある場合、申し込みやすいという点があります。箇条書きしていくと、下の通りです。

  • 土曜日・日曜日・祝日・夜間などは、どの消費者金融でも自動契約機や契約ルームに行く必要がある
  • その時、自宅から遠いと借りにくい
  • 借りにくいだけでなく、即日借入が間に合わないこともある

これらしかし、自宅近くにアイフルの契約ルームがあれば、下のようになります。

  • ギリギリで審査申込みしても、審査完了した後すぐに、契約ルームでカード発行することができる
  • なので、ギリギリでも最短即日融資に間に合う

もちろん、「ギリギリで行動しないのがベスト」というのは確かですが、人間である以上、ギリギリになってしまうことはしばしばあるでしょう。そういう時でも、アイフルの無人契約機・自動契約機(契約ルーム)が近くにある人だったら、借りられなくなる心配がない…ということですね。

アイフルの契約ルームの場所は、どこで調べればいい?

アイフルの契約ルーム(無人契約でんわBOX「てまいらず」)の場所は、アイフルの公式サイトを見れば、全国各地の場所の一覧が書かれています。有人店舗の情報も合わせて書かれているので、来店申し込みでキャッシングしたいという方でも、同様に店舗の場所や営業時間を調べるといいでしょう。

アイフルの契約ルーム(ローン契約機)は、基本的には「毎日21時まで」営業しています。しかし、下のような注意点はあります。

  • 店舗によっては違う
  • その日時によっては違う
  • メンテナンスしていることもある

そのため、念のために、契約ルームに行く前に、その時間でも営業しているかどうか、確認していくようにしてください。

(もちろん、これはアイフルだけでなくプロミス・アコム・SMBCモビットなど、どの消費者金融の無人契約機・自動契約機を利用する時も同じですが)

何があるかわからないので、基本的に早めに行動する

これはキャッシング審査に限った話ではありませんが、人間が何か行動をする時は、必ずトラブル・アクシデントがつきものです。思っていなかったような不測の事態は、必ず起きるものです。

たとえば契約ルームや自動契約機で申し込む場合、下のようなことが考えられます。

  • 先客がいた
  • しかも、その先客の審査が長引いた

こうしたことがあってギリギリで行ったら、そのまま時間がなくなってしまったということもあり得ます。めったにないことではありますが、もしこういうケースに直面したら「30分くらいの余裕」を持って行ったとしても、アイフルでもどこでも、最短即日キャッシングはできなくなります(大抵の場合)。

また、これもあくまで万が一のケースですが、下のようなケースも想定できます。

  • 自動車で契約ルームに向かおうとした
  • 道路が混んでいて、間に合わなかった
  • 自転車で行ったら、途中で転倒したり、パンクしたりした

このように、トラブルはいくらでも想定できます。(ちなみに、自転車がパンクというのは、私も昔よくありました。急ぎの時に限ってパンクする気がします。笑)

ということで、日常生活のすべてにおいて言えることですが、アイフルのキャッシングの審査に申し込む時も、基本的に何が起きるかわかりません。アイフル側には一切問題なくても、自分の方や、あるいは通行人、電車、道路事情などに問題があって、このように最短即日審査に間に合わなくなる…ということは、往々にしてあるわけですね。

なので、どんな仕事でも、どんなタスクを消化する時でも言えることですが、常に不測の事態を想定して、かなりのバッファ(余裕)を持って行動するようにしてください。

そのくらいの余裕を持って申し込むようにすると、アイフルでも当日キャッシングはかなりしやすくなるでしょう。

(ちなみに、当然ですがこれは「時間的」な話であって、審査通過率自体は変わりません。早く申し込んでも。この点は重々承知してください)

職業・属性別のアイフルの最短即日審査&融資

アイフルの最短即日融資・最短即日審査(あくまで最短の場合)を、職業・属性別に見てみましょう。まず一覧にすると、下の通りです。

  • 収入のない既婚者の女性…不可
  • 学生(アルバイト収入あり)…可能
  • 自営業・個人事業主…可能(収入証明書が必要)
  • アルバイト・パート・フリーター…可能

一言で言うと自分の安定収入さえあれば、基本的にどの職業・属性でも大体OKということですね。(大体とつけたのは、たとえば反社会勢力だったり、その他、何かしら問題がある職業・属性の場合は、NGになるからです)

以下、上のそれぞれの職業・属性でのアイフルの最短即日キャッシングについて、詳しくまとめていきます。

収入のない既婚者の女性ではキャッシングできない

これは最短即日キャッシングだろうと、翌日の借り入れだろうと同じなのですが、収入のない既婚者の女性ではアイフルで借り入れできない…というルールになっています。

これはアイフルに限った話ではなく、、プロミス・アコム・SMBCモビット・ノーローンなど、大手の消費者金融はみな共通して同じルールになっているので、この点は理解して下さい。

といっても、収入のない既婚者の女性はキャッシングできないということではありません。アイフルではできませんが大手の銀行カードローンだったら、家庭に入っている女性(自分の収入があることが条件)でもお金を借りることができるようになっています。

それも、夫・旦那の同意書などはなしでいいので、夫バレ・旦那バレすることなくキャッシングできます。(あとでページに余裕があれば、それについても書いていきます。)

学生はアルバイト収入があれば借り入れできる

これもやはりアイフルだけでなく、どの大手の消費者金融でも同じシステムとなっていますが、学生は下の条件を満たしていれば、大体キャッシングできるようになっています。

  • 年齢…20才以上である(18才・19才はだめ)
  • 収入…アルバイト収入(安定収入)がある

こういうものです。アルバイト収入はもちろん「一日だけアルバイトして稼いだ」というような「突発的」な収入ではなく「安定・継続している収入」というのが条件です。

アイフルでは月収がいくらあればいいのか?

そして、このようにアイフルで学生が最短即日キャッシングを希望する時、月収は最低いくらあればいいのか。これは、正確にはわかりません。

  • ギリギリのギリギリで、5万円以上
  • ただし、これは「その他の条件が激しく良かった場合」
  • 実際は「最低でも8万円」はほしい
  • できれば「月収10万円」はあった方がいい

これはある程度、計算によっても出せる(あくまで目安)のですが、以下、その計算についても書いておきます。

月収8万円あると、可能性が開ける理由

これは、アイフルなどのキャッシングブランドを管理している「貸金業法」という法律の「貸金業法第13条の2第2項の規定」というルールから計算によってはじき出すことができます。まず「貸金業法第13条の2第2項の規定」とは何かから書くと、下のようになります。

  • 年収の3分の1まで借りられる、というルールである
  • 月収8万円あれば、年収は96万円である
  • その3分の1までキャッシングできる(理論上は)
  • 96万円の3分の1なので「32万円」である
  • なので「あくまで理論上は」32万円までキャッシングできる

そして、アイフルがどういう審査基準になっているかは不明ですが、下のような想像はできます。

  • 学生ということで、かなり厳し目に見積もったとする、それでも32万円の3分の1の「10万円」くらいは借りられるのではないか

こういう計算ができるわけですね。もちろん、あくまで推測です。しかし「年収の3分の1の、さらに3分の1」なので、決して突飛な数字ではないでしょう。

なので、とりあえず、借入状況やこれまでのクレジットヒストリーなど「その他の面」で特に問題ない学生の方であれば月収8万円あれば、アイフルで最短即日キャッシングできる可能性は、比較的高まると考えてください。

(もちろん、その日中にお金を借りるためには、ここまで書いてきた申込み時間の中で申し込む…というのも当然必須です)

月収の基準は、パート・アルバイト・フリーターも同じ

pixta_5500776_XL

アイフルではアルバイト・パート・フリーターの方々でも最短即日キャッシングは可能(時間と条件がよければ)となっていますが、これらの非正規雇用の方々でも、月収の基準は、学生の時と大体同じとなっています。

  • 5万円…ギリギリのギリギリ
  • 8万円…割と審査に通る
  • 10万円…かなり審査に通る

そもそもキャッシングの世界では、基本的に学生は「アルバイト」という扱いになるわけですね。「自分で安定収入を得ているかどうか」というのが、何よりも重要な世界ですから、「学生」という肩書はどうでもいいのです。

  • どのくらいの収入を得ているか
  • 雇用形態は何か

こうした「経済的」な側面だけを見ると、学生は単純に「アルバイト」となるわけですね。

これはある意味「学生」の真実の姿である

少しアイフルの最短即日融資から話がそれますが、この学生は「ただのアルバイト」として扱われるというのは、一面では学生という身分の真の姿を抜き出しているといえます。

就職活動をするとわかりますが、企業で求められている人物像と、学校のカリキュラムで教える内容は「相当ずれている」ものです。

カーネギーは「資産家になる条件」の1つとして高等教育を受けていないことというものを上げました。あと2つくらいありましたが、これが特に印象に残っています。

実際、私も今独立して、待遇のいいありがたいお仕事をいただいていますが、このお仕事をこなすのに必要な力は、あくまで、この仕事をこなす力なのです。

  • すべてに共通するような、「普遍的」な力ではない
  • まして学校の教科書の中に書いてあるようなことでもない

上のように痛感しています。マラソンの高橋尚子などを育てた小出監督がマラソンの力は、マラソンをすることでしかつかないと言われていますが、まさにその通りで、私のお仕事の場合「この仕事に必要な力は、ひたすらこの仕事をすることでしか身につかない」のです。もう「読書すら要らない。むしろ時間を奪って障害になる」というくらいです。そのくらい「仕事というのは、何かに特化する」ものなんですね。


仕事論やお金の稼ぎ方の話になりましたが、要するに学生が大学や高校で教わっていることは、文科省が究極目標としている「生きる力の育成」に、本当につながっているのか?ということです。この点、キャッシング審査の世界で「学生=ただのアルバイト」として見ているという現実は「ある意味、示唆的」と感じるわけです。

(本来、学生という立場はそのくらいハイリスクなのではないか?ということですね。最近の奨学金の返済の問題を見ていても実感するのですが)

非正規雇用でも問題なく借りられる

pixta_7578622_XL

またアイフルの最短即日融資の審査基準に戻ると、先に書いた通り、アルバイト・パート・フリーターなどの非正規雇用の方々でも、職業・属性としては全く問題ありません。

もちろん、どのくらいからアルバイトとかフリーターと呼ぶか…という定義の問題もあります。たとえば月に数回、臨時の日払いのアルバイトをするだけという人だったら、アルバイトやフリーターというよりは、ただのニートですからね。

なので、あくまで最低でも月収5万円(ギリギリのギリギリですが)、できれば月収8万円~10万円くらいは稼いでいる…というのが、必須の条件だと思ってください。

たまにもっと少ない収入でもアイフルなどの審査に通ったという口コミ・評判が見られるかもしれませんが、これは下のように言えます。

  • それが本当かどうかわからない
  • また、その他条件が良すぎる人だった可能性もある

こうした理由から、そのような体験談・口コミについては「参考程度」にするのがいいでしょう(もちろん、そのように審査に通る可能性もゼロではありません)

アルバイト・フリーターでは、特に勤続年数が重要

特にパート・アルバイト・フリーターの方々の場合、収入も大事ですが「勤続年数の長さ」というのが重視されます。アイフルもそのようなルールでやっているかはわかりませんが、多くの消費者金融・銀行カードローンがそうしたルールで審査しているので、アイフルもそれと重なる部分はあるかと思います。

そして、なぜパート・アルバイト・フリーターだと勤続年数が重要になるのかというと、消費者金融・銀行カードローンの側にとって、一番のリスクとなるのは、申込者が「仕事をやめてしまう」ことである…、ということです。

そして、アルバイト・パート・フリーターの方々の場合、仕事をやめるか(あるいはやめさせられるか)の可能性を判断する基準となるのが「勤続年数」なのです。

勤続年数が長ければ、めったに仕事をやめない

基本的に勤続年数が長いパート・アルバイト・フリーターの人ほど、仕事をやめにくいという統計があります。理由はカンタンで、下の通りです。

  • そういう人は真面目である
  • 1つのことを続けるのが性格的に得意なことが多い
  • なのでそのまま、そのアルバイト・パートを続けることが多い

こういうのが1つ目の理由。そして2つ目は、下の通りです。

  • どういう理由で続けたにしても、長く続けた仕事をやめると面倒である
  • 新しいアルバイト・パートを探すことも、探した後、そこに適応することも、面倒に感じる
  • ↑(感じるだけではなく実際に面倒である)
  • なので、勤続年数が長い人にとっては、むしろ「続ける方が楽」である

これは人間が何かを継続する上でのヒントがあるともいえます。つまり「慣性の法則」のようなものです。

  • 人間は何かを「続ければ続けるほど」続けることが「苦痛でなくなる」
  • むしろ「やめることの方が苦痛になる」

少し豆知識になりますが、これを実証する例として、戦争が終わってもずっと無人島に数十年隠れ住んでいた、小野田少尉の例があります。

小野田少尉は「傾いたベッド」でないと寝れなかった

日本に戻ってきた後、当然ですが小野田少尉は「普通の生活」に戻りました。しかし、その後も彼は斜めに傾けたベッドで、体育座りをしないと眠れなかったそうです。ずっと崖の洞穴の中で、そういう風に眠ってきたので、その眠り方以外を、忘れてしまったんですね。

眠りというのは、本来「動物の本能に直結するもの」であり、「一番ラクな眠り方」を、どの動物でもするものです(私は、犬・猫・鶏などいろいろ育てていたのでわかります)。

そういう「生き物としてもっとも変わるはずのない部分」すら「数十年訓練すると、変わってしまう・変えることができる」わけですね。

このように、人間にとって「習慣の力」というのは、ものすごく偉大なのです。これがいい意味でも悪い意味でも偉大に働くからこそ、下のようなことも起こるのです。

  • 借金癖がついた人は、恐ろしいほど多重債務を膨らませてしまう
  • ギャンブルにはまった人は、信じられないほどハマる
  • 逆にお金を稼ぐ人は、やはり超人的な仕事量をこなし、さらに稼ぐ

人間は自分が思っているより良い方でも悪い方でも、かなりすごい生き物なんですね。人間がというより「日々の継続によって作り変えられる、ニューロンの柔軟性が」すごいということです。「改造されてしまったニューロン」は、もはや「人間を、まったく別の生き物」にしてしまうのです。

なので、願わくば「良い方」でそうなりたいものですね。何かを成し遂げたい人は、そうして「習慣の力によって怪物になる」ことを目指すといいでしょう。習慣は、人を怪物にするのです。


このように、「習慣の力」の話になりましたが、こうしてみても勤続年数が長いパート・アルバイト・フリーターの人は、仕事をやめにくいということが言えるわけですね。(これは臨床心理学の多数の実験でもわかっています)

なので、アルバイト・パート・フリーターの方々がアイフルなどのキャッシング審査を受ける時も「勤続年数が長いことは、場合によっては収入よりも重要になる」…ということなのです。

勤続年数が長い人は、収入も増えやすい

また、これはどちらかというと会社員・OL・公務員の方ですが、勤続年数が長いと、今後の昇給が見込めるという点でも有利になります。これは「やめない」という仕事の継続だけでなく「収入」にも着目したメリットですね。

もちろん、今の日本では「勤続しているだけで収入がどんどん上がっていく」という時代ではなくなっています。なので、以前ほどはこの「勤続年数が長い人は、月給が上がりやすい」というメリットはなくなっているかも知れません。

しかし、「勤続年数が長い人・短い人」を単純比較したら、間違いなく「勤続年数が長い人」の方が、今後の収入も増えていくことが多いでしょう。

あくまで会社員・OL・公務員の話である

もちろん、これはあくまで「会社員・OL・公務員」として生きている方の話です。私もそうですが、自営業・個人事業主や会社経営者・法人代表者の場合、勤続年数はまったく関係ありません。

もちろん、事業の継続年数が長いほど、経営者としての実力・信頼がある…というのはそうですが、事業の世界では「独立一年目で、いきなり年収1000万円」とか、「年収数千万円」というのも、当たり前にあるからです。

かと思えば六本木ヒルズのような高級賃貸は、数年ですべての住人が入れ替わるという現実もあります。もちろん、全員が「出世」して出て行くわけではないので「わずか数年で家賃を払えないほど没落する人が多い」ということです。

(詳しく調べていませんが、月100万円単位の部屋が普通のようですね。それは少し没落するだけで、もう払えなくなるでしょう)

参考までに書くと、安定したお金持ちは、大体家賃を月収の20分の1程度に抑えるそうです。つまり月100万円の家賃だったら「月収2000万円」稼いでいないといけない…ということです。「年収」ではなく「月収」です。こうしたデータも合わせて見ると「数年で全員入れ替わる」というのは、おそらく事実だろうと思われます。

(ちなみに、これを書いていたのは、『お金持ちの教科書』の加谷珪一氏なので、信用できる情報です)


このように、またお金の話になりましたが、このように自営業・個人事業主や法人経営者・会社代表者の世界では、良くも悪くも「継続年数」と年収が一致しないので、あくまでこの「勤続年数が長いほど、収入が増えやすい」というのは、会社員・OL・公務員の世界だけ、と考えてください。

(ちなみに、言うまでもなくパート・アルバイト・フリーターも増えません。増えても「時給50円アップ」とか、そのくらいですから。生涯フリーターとして働くことは、いろいろな人生があることは百も承知でいうと、やはり苦しいと思います)

個人事業主・自営業でもアイフルは借入可能

そして、自営業・個人事業主やフリーランスの話が登場しましたが、これら独立系の職業の方々であっても、アイフルで最短即日キャッシングすることは可能となっています。ポイントをまとめると、下の通りです。

  • 収入確認資料を提出すればOK
  • 普通の人だったら「50万円」の借り入れか、他社も含めた借入総額が「100万円」になるまでは不要
  • しかし、独立系の職業の方々の場合は、常に所得確認資料が必要になる

そして、その時どんな収入確認資料を提出すればいいのか…ということは先に書いた通りです。

(これでもかというほど、いろんな年収確認資料の解説をさせていただきました)

そして、いろんな収入確認資料がありますが、基本的にはフリーランスや個人事業主・自営業の方々は確定申告書を提出しておけばOKと考えてください。審査する側も見慣れているので、手早く審査できますし、微妙ではありますが、審査時間もやや短縮される可能性があります。

契約社員・派遣社員でもキャッシングできる

ついでに補足として書いておくと、アイフルでは正社員の方だけではなく「契約社員・派遣社員・嘱託社員」といった「非正規の社員」の方々であっても「職業・属性的には」問題なく即日借入も可能…となっています。

(もちろん、最短即日融資をするには申し込む時間が重要になるのは、繰り返し書いている通りです。このくらい繰り返し書かないと、「借りられなかった!」という苦情を言われる方が見えるので…)

そもそもキャッシングというのは、パート・アルバイト・フリーターでもできるくらいだから、契約社員とか派遣社員という職業・属性が不利になる…ということはまったくないわけですね。

正確に言うと「限度枠・融資枠」などの点では、当然正社員よりも多少不利になりますが、下のように言えます。

  • あくまで多少借入限度額が小さくなるだけ
  • 借入審査自体は、年収や他社借入状況などに問題がなければ、基本的に通る(ことが多い)

そのため、派遣社員や契約社員として働いている方がアイフルでキャッシング審査を申し込む時も(時間さえ間に合っていれば)問題なく最短即日キャッシングできると思って下さい。

アイフルの最短即日キャッシング、審査時間を早める方法は?

pixta_20382397_XL

アイフルの審査の所要時間は、もともと「最短30分」と非常にスピーディーになっていて、これだけでも十分スピード審査が可能となっています。ただ、さらに審査を早くしたいという方であれば、たとえば下のような方法が参考になるかも知れません。

(これで絶対に審査スピードが上がるというわけではありませんが、何かしらのプラスにはなるかと思います。たとえば、多少審査通過率が上がるなど)

  • 融資希望金額を小さくする
  • 他社借入件数が複数あって少額だったら、先に返済計画支援のための融資などで返済計画を再編しておく
  • 不要なクレジットカードを解約しておく
  • 貯金をおろしたり、不要品を売却したりして、現時点の借り入れを少しでも返済しておく

すぐできる方法(借入希望金額を小さくする)もあれば、やや時間がかかるものもありますが、以下、これらについても説明していきましょう。

借入希望金額を小さめに申告する

これは絶対ではありませんが、消費者金融・銀行カードローンの審査の体験談・口コミを見ていると、年収に対して、融資希望金額が小さいほど審査に通りやすくなるし、審査スピードも早くなるという傾向が見られます。

これは一般的な感覚で考えてもわかるでしょう。たとえば友達があなたに借金を申し込んで来た時、「500万円貸してくんない?」という時と、「ごめん、ちょっと1万円貸してほしんだ」という時では、断然「後者の方がすぐ渡す」でしょう。逆に前者については「断る」か、融資するにしても「相当な時間をかける」はずです。いろいろ根堀り葉掘り聞くでしょう。

500万円はちょっと大げさでしたが、たとえばこれが5万円とか7万円という金額でも、やはり「暫く考える」はずです。(あるいは、本音を言うと貸したくないはずです)

ということで「融資希望金額が小さいほど借りられるスピードが上がる」というのは、消費者金融・銀行カードローンの審査だけではなく、日常生活でも普通のことなんですね。なので、それがキャッシング業者などの審査でも応用されているだけ…と考えてください。

融資希望金額が小さければ、必ず審査時間が短縮される…というわけではありません。しかし、その可能性はあるし、実際に、そういう口コミ・評判もあるということです。一つのやり方として、参考にしてみて下さい。

複数ローンがあって、少額なら先に返済計画を再編しておく

当然ですが多額の多重債務だったら、返済計画の再編をしてからアイフルで申し込んでも、ムダです。そういう人の場合、ほぼ100%審査落ちします(そもそも、何のために返済計画の再編をしたのかよくわからないので)。

なので、そのような「多額の多重債務」は例外ですが、「少額の複数ローン」であったら、「それを先に返済計画を再編しておく」ということで、アイフルの最短即日審査に通る可能性も、比較的高くなります。

どのくらいで「少額の多重債務」となるのか?

これはその人の年収や職業の安定性にもよりますが、たとえば下のような状況だったとしましょう。

  • プロミス…5万円
  • アコム…3万円
  • SMBCモビット…2万円

こういう状態だったら、返済計画支援のための融資で返済計画の再編するだけで、だいぶ審査に通りやすくなるといえるでしょう。バラバラで借りていると「多重債務者」ですが、これはまとめると「ただの10万円」ですからね。(ただのというのもなんですが…)

そして、このくらいの少額の「多重債務」であれば、消費者金融でも銀行カードローンでも、返済計画の再編の審査はかなり通りやすくなります。なので、返済計画の再編も普通の高額の多重債務者の方々と比較すると、かなりやりやすいでしょう。

そして、そうして返済計画の再編をして、たとえば「プロミス…10万円」というように、すっきりさせてからなら、アイフルの審査も通りやすくなるし、審査結果が出るまでの時間も(少なくとも返済計画を再編する前よりは)上がるだろうと言えます。

ただ、何のために借りるのかという理由が重要

ただ、言うまでもないですがこういう疑問も残ります。せっかく返済計画の再編をしたのに、何で新しく、追加でキャッシングするのか?…ということです。基本的に、普通の生活をしている人だと、「いくら審査に通りやすくなる」にしても、こういう借り方はしません。必要がないからです。

では、こういう借り方をする人は、どういう理由でしているのかというと、大抵は「それぞれの多重債務の返済」のためなんですね。返済するお金がないから、それをキャッシングしようとしている…ということです。「借金で借金を返済する」という、一番よくないパターンですね。

なので、アイフルで仮にこのようなやり方で審査通過率を高めようとしても(あるいは審査スピードをあげようとしても)、「逆に疑われる」という可能性もあります。

もちろん、「借入総額が現実に10万円しかない以上、大丈夫」という見方もできますが、何にせよ「そもそも、自分本人が何のために借りるのか」ということは考えておいた方がいいでしょう。

(私が多重債務者だった経験からいっても、人間が借金をしてまで買うものは、事業でもなければ、特に意味のない、必要のないものです。住宅ローンなど、少々例外的なものはありますが)

不要なクレジットカードは解約する

これは割とすぐできる方法で、しかも効果があります。ポイントをまとめると、下の通りです。

  • クレジットカードの審査に通ったことは、CIC(シーアイシー)などの個人信用情報を見ればわかる
  • つまり、その人のクレジットカードの保有枚数は、おそらくアイフルなどの消費者金融も把握している
  • (そこまで審査するかはわかりませんが)

言うまでもありませんがクレジットカードの保有枚数が多い人の方が、新たな借金をしやすいわけです。なので、こうした方は危険視されるわけですね。

「それだけ多くのクレジットカードの審査に通った」という実績として評価することも確かにできます。たとえばそれがアメックスのプラチナとかブラックだったら、問答無用で「良い評価」となるでしょう。

(もっとも、そのような人がアイフルでキャッシングを申し込むことはまずないのですが)

なので、確かに「ステータスの高いクレジットカード」であれば、そのように「プラス評価」となることもあるのですが、実際にはそのようなことはないので、「クレジットカードの保有枚数は、少ないほど審査に通りやすくなる」と考えて下さい。

貯金や不要品の売却などで、今の借り入れを減らす

これも非常に重要です。もちろん、新たにキャッシングすること自体、どうかという意見もあるかもしれませんが、それはさておき。

現時点で他社借入がある場合は、アイフルでもどこでも「その借入総額が小さいほど」審査に通りやすくなるわけです。なので、下のようにいえます。

  • できるだけ事前に返済しておく
  • 借入総額を小さくした上で申し込む

こうしたやり方は、それなりに効果的なんですね。もちろん、ここでもせっかく返済したのに、何でわざわざまた借りるのかという点は疑問視されますし、実際私も書いていて疑問です(笑)。

あり得るとしたら「アイフルで借入先の変更をしたい」ということでしょう。これだったら健全な理由なので、OKとなります。なので、そういう理由でこのような借り方をするなら、アイフルの審査でも(それなりに)有利となるし、自分の中でも、それをやる意味がある…ということで、良いかと思います。何にしても、借入残高を減らす・少しでも返済する…というのはいいことですからね。

アイフルの最短即日キャッシング&審査・まとめ

pixta_11709561_XL

以上アイフルの最短即日キャッシング・最短即日審査(最短の場合)についてまとめてきました。最後に要点を整理すると、下のようになります。

  • アイフルの最短即日審査は、21時までしている
  • ギリギリの場合、その1~2時間前までに申し込めば、間に合う
  • どうしてもその日中にお金を借りたい場合は、もっと早く申し込む
  • 即日振り込みで借りたい場合は、14時までに振込手続きが完了すれば大体OK
  • それに審査完了が間に合うよう、午前中には申し込む
  • 必要書類は、基本的に「身分確認資料」だけでOK

その他、所得確認資料が必要になった時などは、それぞれの部分で詳しく解説してきたので、それらの該当部分を読んでいただけたらと思います。

sy

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP