ノーローンは最短即日キャッシング&当日審査も可能!審査スピードの早さがメリット!

ノーローンは最短即日キャッシング&当日審査も可能!審査スピードの早さがメリット!

ノーローンは即日審査・当日融資ももちろん可能です。もちろんと書いたのは、

  • 大手の消費者金融・銀行カードローンでは、
  • ノーローンでもどこでも、最短即日融資できるのが当たり前である
  • 特にノーローンは、審査時間が「最短20分」と一番早い
  • だから「即日審査できる」なんてレベルではない(さらに上)

ということです。以下、ノーローンの最短即日キャッシングについて、詳しくまとめていきます。

ノーローンは「最短20分」で即日審査できる

まず、ノーローンの最短即日審査で、一番大きいポイントといえるのが「最短20分」で即日審査できる…ということ。他のプロミス・アコム・アイフルなどの大手の消費者金融がみんな最短30分なので、それよりもさらに10分早い…ということですね。

もちろん、「10分くらい、そんな大した違いではない」という人もいるでしょう。時間に余裕がある方だとそう思うと思いますが、しかし、ギリギリでお金が必要…ということもあるわけですね。そうした方にとっては、この最短審査時間の10分の違いは大きいわけです。

特に会社員・OL・公務員の方だとあまりわからないかも知れませんが、例えば会社経営者・法人代表者の方々などで会社の手形の不渡りを出してしまいそうという時は、本当に1分1秒を争いますからね。

不渡りは一定回数出すと「銀行取引停止」となり、それはほぼそのまま、倒産に直結します。なので「会社をつぶさないため」に、何が何でもその日中にお金を借りないといけない…という場面があるのです。(中小企業の法人経営者・会社代表者だと)

…という特殊な例も含めると、この最短審査時間の10分の差…というのは、かなり大きいわけですね。そういう点で、「最短20分」で即日審査できるノーローンのスピードは、高く評価されていいといえます。

ただし、その分審査が厳しい

ただ…その代わりと言ってはなんですが、ノーローンの審査基準は他の大手の消費者金融よりも厳し目になっています。無収入の専業主婦では借入不可などの職業・属性については同じなのですが、

  • 他の消費者金融の審査通過率が、大体40%なのに対し、
  • ノーローンは30%程度…と、審査通過率が低い

という状況になっています。ノーローンの審査通過率は正確に公表されているわけではないので、あくまで口コミ・評判からはじき出した大体の目安ですが、とにかく「ノーローンが一番審査が厳しい」ということは、推測できます。

なので、スピーディーに審査完了したものの、結果は審査落ちだった…ということもあり得るわけですね。なので「あまり自分のクレジットスコアに自信がない」という人の場合、審査スピードの早さよりも「借りやすさ」を重視して、他の消費者金融で申し込む方がいいかもしれません。

どの消費者金融だと、ノーローンより借りやすい?

あくまで審査を受けた方々の口コミ・評判からの推測ですが、アイフルは特に審査に通りやすい…という印象があります。これは別に審査が甘いとか審査がゆるいという意味ではありません、当然ですが。

つまり「その人の、融資に値する部分」をうまく見つけてくれるということですね。実は消費者金融の審査というのは、

  • 誰でもできるものではなく、
  • その人の仕事などを判断して、
  • 「普通だったら融資できない」と思う場面でも、
  • 融資して、しかも問題なく返済してもらえる

という実力が必要なのです。で、アイフルはその実力があるということですが、「そんな、融資の実力など、存在するのか?」と思う人もいるでしょう。実はこれが存在するんですね。

融資・審査の実力とは何か?

これはいろいろあるのですが、一番わかりやすいのは「回収の実力」です。つまり、

  • 返済の延滞・滞納をさせない
  • あるいは、少しされても「すぐに返済してもらう」というノウハウがある

ということですね。ノウハウというと何やらマニュアル化された冷たい印象がありますが、ここでいうノウハウというのは、マニュアルのことではなく、その督促担当のスタッフさん、一人ひとりが、長年の経験から培った対人スキルのことです。

督促は、人間力の勝負である

これは『督促OL』というベストセラーシリーズを読むとよくわかるのですが、督促というのは、

  • 人間力や頭脳の勝負であり、
  • 誰でもできるものではないし、
  • ましてヤクザのように脅せばいい…というものとは正反対

なんですね。人間力が必要というのは、たとえば、

  • 相手の性格に応じて、言葉遣いや督促の仕方を変える
  • 喧嘩を売ってくる相手(もちろん、これは利用差が悪い)に対しても、
  • 一切言葉遣いや口調は荒立てず、しかし「この人には勝てない」と思わせる、
  • 毅然とした言葉づかいや間のとり方が必要

…というのはほんの一例で、

  • 逆に全然返済してくれない人でも、
  • こちらから思いやりの態度を見せることで、
  • 態度がやわらかくなって、自主的に返済してくれることがあるので、
  • むしろ「優しくする」方がいいこともある

…というと計算高いように感じられるかも知れませんが、

  • もちろん、そういう演技は相手に伝わる
  • だから、演技でなく「本心から」相手を思いやらないといけない
  • それは、誰でもできることではない
  • ある意味、人間力という才能であり、
  • 「人間とは何か」とか「仕事とは何か」という哲学が、
  • その人の中で静かに燃えていなければならない

ということです。当たり前ですが、どんな仕事でも、極めて一流になるのは大変なことであり、誰でもできることではないんですね。督促というのも、小手先のノウハウというより「本気でその仕事に向かう」という、覚悟とか人間性が必要なわけです。

(少なくとも、『督促OL』を読んだ限りでは、細かいノウハウは人によって変わるので、最終的には「この仕事に、どれだけ本気で打ち込めるか」ということのように感じます)

アイフルは、そういう優秀なスタッフさんが集まっている

もちろん、一人一人のスタッフさんにお会いしたことはありませんが、アイフルのような東証1部上場企業の消費者金融は、督促担当のスタッフさんも含め、そうした優秀な社員さんが集まっている…といえます。そして、そうして「督促・回収がハイレベルにできる」態勢になっていると、

  • 普通だったら融資できないような、
  • クレジットスコアが低い人に対しても、融資できる
  • だから、審査が甘いわけではなく、
  • 利用者本人が問題なく返済できるような見込みを立てた上で、融資できる

ということなのです。もちろん、アイフルだけでなくノーローンでも他の消費者金融でもそうなのですが、アイフルは特にこうした「回収力」があるので、比較的審査に通りやすいということですね。

(審査に通りやすいというとすぐに「審査がゆるい」という意味だと勘違いする方がいますが、そうではなく「回収力」などの実力があるからだ…という説明をしてきたわけです)

…と、ノーローンの最短即日融資の記事でアイフルについて書きましたが、要は、

  • ノーローンは審査スピードが一番早い
  • しかし、その分審査通過率もやや低い
  • だから、審査に通るかどうか自信がない人は、
  • アイフルなど他の消費者金融で申し込むのもあり

ということです。もちろん、一般的な信用度がある人であれば、ノーローンの審査も問題なく通るので、この点は一般的な生活をしている人であれば、特に心配する必要はありません。

ノーローンの最短即日審査は、何時までに申し込む?

で、ノーローンで最短即日審査をしてもらうには、何時までに審査申込みをすればいいのか―。これは一覧にすると、

  • 銀行振込で借りたい場合は、平日の午前中くらい
  • 銀行振込でなくてもいい場合は、大体19時~20時まで

という風です。さらに詳しく書いていくと、

  • 銀行振込で即日キャッシングをするには、
  • 12時30分までに振込手続きをしなければいけない
  • ↑(ノーローンの場合)
  • ということは、12時過ぎには審査完了していないといけない
  • ↑(それから振込手続きに入るので)

ということです。なので、午前中…では、やはりギリギリですね。できれば「午前10時」くらいまでには、審査申込みをするべきでしょう。つまり、ノーローンで即日振り込みを希望する場合は、朝イチで申し込むということです。理想は朝九時で、遅くても11時…という風ですね。

銀行振込以外の即日融資は、21時まで審査をしている

で、銀行振込を経由しない、「ATMから現金で直接借りる」方法の即日キャッシングだったら、ノーローンは「毎日21時まで」最短即日審査をしています。

で、これは「21時までに申し込めばいい」というわけではなく、「21時の時点で審査完了している」必要があるので、その「数時間前」には審査申込みしないといけない…ということですね。

なので、たとえば2時間前に申し込むとすると、19時までに審査申込み…というのがボーダーラインになります。また、2時間前だと間に合わないこともあるので、理想としては18時までに申し込む…となるでしょう。

ギリギリのギリギリとしては、1時間前の「20時」に申し込む…というスケジュールでもいいかも知れませんが、正直これはおすすめできません。基本的に、これだとノーローンでも他の消費者金融でも、即日借入は間に合わない…と思った方がいいでしょう。

最短20分や最短30分というのは、あくまで「審査時間」である

ノーローンの審査の所要時間の「最短20分」というのを見て、20分で審査完了するんだから、数時間も前に申し込む必要はない…と思う人もいるかも知れません。確かに数字だけ見るとそう見えますが、

  • これはあくまで「審査時間」であって、
  • 実際の融資には、その後の説明や契約、手続きなどの時間がかかる
  • これらを全部含むと、大手の消費者金融の場合、大体最短1時間である
  • だから、ノーローンも大体そのくらいの時間がかかる

ということです。審査時間が他の消費者金融より「10分」短い分、「最短50分」くらいにはなるかもしれませんが、それでも「ほぼ1時間」というのは変わりありません。

なので、いくら「最短20分」で審査できるノーローンであっても、やはり、

  • ギリギリのギリギリで、1時間前
  • できれば2時間か3時間前

という余裕を持ったスケジュールで、即日審査を申し込んだ方がいい…ということですね。これはノーローンに限らず、どの消費者金融・銀行カードローンで審査申込みするときも共通のルールなので、即日キャッシングを希望する方は、よく意識しておいて下さい。

審査の所要時間は、その人によって変わる

また、これもやはりノーローンだけでなくどの銀行カードローン・消費者金融やクレジットカード会社で審査申込みをしても言えることですが、

  • 審査時間は常に固定されているものではなく、
  • 特に「その人の信用度(クレジットスコア)」に応じて変わるものなので、
  • 自分で信用度が低いという自覚がある方は、
  • 特に早めに審査申込みをした方がいい

ということがいえます。「人によって変わる」というのは当たり前のことで、たとえば自分が誰かから借金を申し込まれた…というシチュエーションを想像するとわかるでしょう。

信用できる人だったら、すぐに貸すはず

たとえば友達でも親戚でもいいのですが、借り入れを申し込んできたその人が、信用できる人だったら、割とすぐに貸すと思います。「ったく、しょうがねえなあ」と悪態をつきながらか「ああ、いいよいいよ」といいながらかはわかりませんが、割とすぐに貸すでしょう。

しかし、信用できない友達や、あるいは個人的にあまり好きでない人だったら、お金を貸すにしてもかなりの時間をかけるはずです。また、根堀り葉掘りいろいろ聞くでしょう。

  • 何に使うんだ?とか、
  • 何でお金が必要になったんだ?とか
  • どうやって返済する予定なんだ?とか
  • 今、何の仕事をしてるんだ?とか、
  • 月々、いくら返済してくれるんだ?とか

…そういうことですね。とにかくありとあらゆることを確認した上で、ようやく信用できると思ったらお金を貸す…というのが基本的なやり方だと思います。(あるいは、そもそも貸さないこともあるでしょうが)

というように、「信用度(クレジットスコア)によって、融資にかける時間を変える」というのは、別にクレジットカード会社や消費者金融・銀行カードローンだけではなく、一般の方々でも日常生活(といっても、借金を申し込まれるという特殊な場面ですが)の中でやっていることなんですね。それがキャッシングの場合は「ビジネス」として成立している、というだけの違いです。なので、クレジットスコア(信用度)によって審査の所要時間が変動する・変化する…というのは、ある意味常識なのです。

融資希望金額の大きさによっても変動する

また、これもやはり「友達や家族などが借り入れを申し込んできた」というシチュエーションを想像していただくとよくわかりますが、

  • 借入希望金額が高額か少額かでも、
  • 融資までにかかる時間は変わる

というのがわかるでしょう。たとえば信用できる友達であっても、

  • 「10万円貸して」と言われたら、即答はできないし、
  • 逆に「500円貸して」だったら、すぐに渡す

というような違いです。これはやはりノーローンなどの大手の消費者金融でも同じなんですね。要は「その人に融資するリスクがどのくらいかを見極める」というのがキャッシング審査ですから。少額融資だったら「それだけリスクが最初から少ない」ということで、特に迷わず、スピーディーに融資ができる…ということですね。

どのくらいの金額だったら、すぐに融資してもらえるのか?

これは当然、特に決まっていません。ただ、職業・属性別に借りやすい金額の基準を書くと、

  • 学生で初めてキャッシングするなら、10万円以上は無理
  • パート・アルバイト・フリーターでもやはり同じ
  • ただ、アルバイト・パート・フリーターの場合は、
  • フルタイムでシフトに入っているなら「30万円」も行ける
  • 50万円は、勤続年数が長い人でないと、初回からは厳しい

というのが、学生やアルバイト・パート・フリーターの場合の基準です。そして、

  • 会社員・OL・公務員だったら、
  • 新卒だと大体30万円からスタート
  • 数年勤務している人だと、いきなり50万円もあり得る
  • 逆に、初めてキャッシングで50万円以上は、あまりない

ということです。年収から計算すると、100万円程度融資できる人であっても、それだけの高額を、初めてキャッシングでいきなり必要とするということ自体が、少々危険ですからね。普通は、最初のキャッシングではかなりビクビクしながら借りるので、融資希望金額は少額になるのが普通なのです。

(また希望金額だけでなく、そもそも本当に必要な金額も少額であるのが普通です。派手な買い物など、借金の味を覚えるまでは、普通はしないですからね)

…というようなもろもろの理由から、ノーローンでも即日借入できる金額は、大体上の目安のようになっています。あくまで目安ではありますが、自分の職業・属性だと、大体いくらくらいまで当日キャッシングできるか、この金額を参考にしてみて下さい。

自動契約機との組み合わせ技で、審査時間が早くなる?

これはノーローンに限った話ではなく、大手の消費者金融全般で言われている「審査時間を短縮する方法」ですが、

  • まず、ネット申込みをする
  • これで審査情報を全部送信しておく
  • それから自動契約機にいって、残りの審査をする

という、いわゆる「組み合わせ技」があります。これによってなぜ審査スピードが上がるのかというと、

  • 無人契約機・自動契約機での審査は、
  • 自宅でネット申込みをしている人よりも優先される
  • しかし、審査情報は膨大なので、
  • これを全部自動契約機・無人契約機の中で手書きするのは、大変である
  • ↑(ローン契約機には申込用紙があって、それに手書きしてスキャンして送信する)

ということ。なので、この「面倒な審査情報の送信」だけを先にネット申込みでして、それから残りの審査だけを「優先的に」ローン契約機の中でしてもらおう…ということなのです。それぞれのいいとこ取りをするということなんですね。

ローン契約機が近くになければ、意味は無い

ただ、勘がいい人は気づいたでしょうが、このやり方は「ローン契約機が近くにある」ということが前提なのです。自宅の近くか、ネット申込みをした時にいた場所(例えばスターバックスなどのカフェ)の近く…ということですね(カフェでノーローンなどの審査に申し込む人が、どのくらいいるかはわかりませんが…)。

で、何でこうした「近くに無人契約機・自動契約機がある」という条件が必要なのか。これは、

  • 遠くにあるなら、ネット申込みをした後に、
  • そこに行くまでの時間で、すでに審査完了してしまう
  • 審査通過できたならそれでいいが、
  • 審査落ちしたなら、完全に無駄足になる

ということです。審査通過しても、無駄足になるんじゃない?と思う人もいるかも知れません。確かに「即日振り込みで借りる」時はそうです。この辺も説明しましょう。

平日の日中以外なら、どの道自動契約機に行く

キャッシングの借入方法は、大別して2通りでです。

  • ATM借入
  • 銀行振込

という2通りですね。そして、先に書いた通り、ノーローンで「銀行振込」によって借りるには、平日の12時30分までに振込手続きができる必要があります。つまり、正午くらいには審査完了していないといけない…ということなのです。

つまり、ごく限られた日時でないと、ノーローンで即日振り込みによってキャッシングする…ということはできないんですね。なので、大体の場合は、

  • 審査通過後に「ローンカードの発行」をして、
  • そのローンカードを使って「ATMで現金で直接借りる」

…というやり方になります。なので、この「ローンカードの発行」のために、どの道、自動契約機に出向く必要があるということなんですね。

なので、「即日振り込みで借りる」という時を除外すれば、

  • もし「無事に審査通過」した場合は、
  • ローン契約機に出向く途中で審査完了の連絡が来ても、
  • 無駄足になることはない、ということです。
  • (どの道、カード発行のために行くわけですからね)

しかし、もし審査落ちしたなら、ローンカードの発行の必要もないので(というかできないので)、ノーローンの自動契約機・無人契約機に行くこともない。なので、無駄足になる…ということです。

片道10分くらいの距離にあれば、有効な方法

この点、もしノーローンの自動契約機・無人契約機が自宅付近にあるなら「途中で審査完了する」ということはあまりないので、こうしたデメリットがなくなります。で、その「近く」の目安としては片道10分くらいと言えるでしょう。(徒歩か自転車か、などは問いません)

で、ノーローンの自動契約機・無人契約機というのは、基本的に「新生銀行カードローン・レイクと共通」のローン契約機担っています。この辺はノーローンの公式サイトを見ればわかりますが、

  • 基本的に全国各地どこでもあるので、
  • 最寄りの主要駅の近くであれば、そこにローン契約機がある

と思ってください。もちろん、実際にあるかどうか、あるいは営業時間が何時までか調べてから行っていただく方がいいですが、一応の目安としては「最寄りの主要駅の近く」と思っていただくと簡単でわかりやすいです。

実際には、この方法はあまり使えない

ここまで説明した「組み合わせ技」は、キャッシングの情報サイトではほぼどこでも書かれているもの。ただ、個人的には「この方法は、一部の例外を除いてほとんど使えない」と思っています。というのは、

  • 片道10分の距離に無人契約機・自動契約機があることは少ない
  • そもそも、この「10分」というのもギリギリである
  • (5分だったら、かなりの確率で早くなるが、10分だと、大人しく自宅で待っていても、それほどの違いはない)

という時間的な問題がまず1つ。そして、

  • ローン契約機に先客がいる可能性がある
  • その場合、逆に遅くなる
  • ↑(すぐに引き戻すにしても、無駄足になる)

ということ。そしてさらに、

  • 仮に片道五分だったとしても、
  • 人間が出かける準備をするには、最低でも5分はかかる
  • 女性の場合、10分以上はざらにかかる

と考えると、「出かける」という時点でアウトである…という考え方。特に「メイクを完璧にしないと外に出られない」という女性の場合は、この方法は使えないし、面倒になるだけだと思った方がいいでしょう。

逆に言えば、「自宅でネット審査に申し込んで、待っているだけでキャッシングできる」わけですから、その便利なシステムを存分に活用する方が、賢い…という見方もできます。

自宅で待ちながら、いろいろやればいい

どうしても1分1秒を争ってキャッシングしたい…という「大至急」の用事の方なら別ですが、基本的には「そこまで急いでいない」ということが多いでしょう。そうした方の場合、

  • 自宅からネット申込みをして、
  • ノーローンからの審査結果を待っている間に、
  • 部屋の掃除をしたり、たまっている仕事をしたりと、
  • いろんな用事をこなせばいい

という考え方もできます。無人契約機・自動契約機との組み合わせ技で、5分や10分の審査時間を短縮するよりも、むしろこちらの方が、生活の充実によほど貢献するでしょう。

その後の返済を考えても「生活を整える」ことの方が重要

特にお金が必要な時は、人間は目先のこと考えられなくなるものですが、基本的には、

  • ノーローンでもどこでも、
  • お金を借りて終わりではなく、
  • 借りた後、返済していく必要がある

わけです。本当に当たり前のことですが。

で、その返済を延滞・滞納せずに、また体を壊したりストレスをためたりすることなく、安定して継続するためには、どうしても生活を整える(心を整える)ということが重要になるわけです。

長谷部誠選手の活躍を見ていてもわかりますが、

  • 人間は持って生まれた能力などより、
  • 安定して、常に静かに集中できる生活習慣を持った方が、
  • 長期的に、コンスタントにいい働きをできる

ということがいえます。なので、焦って数分のためにこういう「慌ただしい組み合わせ技」をするよりも、むしろ、

  • 立ち止まって、今後の返済計画を考え、
  • また収支のバランスをどう改善していくか考える

ということの方が、よほど重要でしょう。キャッシングの情報サイトは「借りる」ということだけに特化して情報発信をするので、こういう視点になって「組み合わせ技」を推奨したりするのでしょうが―。

繰り返しますが、大事なことは、

  • 借りた後の返済であり、
  • 「もう借りなくていいようにする」収支のバランスの改善であり、
  • そもそも、自分は何のために生きているのか
  • 何のために稼ぎ、お金を使っているのか

ということを考える…ということなんですね。「そういう哲学的な話題は、自分には関係ない」と思う人がいたとしたら、それは間違いだと思った方がいいでしょう。こういう哲学がないから、

  • 回りに流されて次々浪費してしまったり、
  • あるいは、もっと高収入を得られる仕事があるのに、それを逃したり…

という風に人生全般をトータルで見た時に、大損をしている…ということなのです。

このような「大局的な所から手をつけていく」というのは、最近流行りの「エッセンシャル思考」とも通じるものです。「イシューからはじめよ」という本もベストセラーになりましたが、要は、

  • 自動契約機などにやみくもに走るのではなく、
  • 何かをする前に、まず「考えてから動く」という習慣をつけると、
  • キャッシングの返済だけでなく、あるいは借入審査だけでなく、
  • 人生全般で、仕事もプライベートもうまくいくようになる

と言えるでしょう。キーワードは「一度立ち止まって、考える」ということです。そして、動き始めたら「風林火山」のように、一気に行くということです。立ち止まって考える時と、豪快に実行するときのメリハリをしっかりつける…ということですね。


…と、少し人生論の話になりましたが、こうした理由から「もっとやるべきことがある」ので、個人的には、無人契約機・自動契約機との組み合わせ技は、あまり意味が無いと考えるわけです。自宅の目の前にノーローンのローン契約機がある…というような人であれば、いいと思いますが。

ノーローンは無収入の専業主婦でも即日借入できる?

ノーローンは自分の収入がない専業主婦では即日キャッシングできません。即日だろうと翌日、翌々日だろうと、キャッシング自体ができません。

これは知っている人も多いでしょうが、ノーローンだけでなく、大手の消費者金融では基本的に収入がない専業主婦は借り入れができないのです。これは法律的にそうなっているのではなく、法律的には融資できるのですが、もろもろの事情によって、大手の消費者金融は自主的に、無収入の専業主婦には融資しないようにしているんですね。この理由を説明します。

なぜ、大手の消費者金融は無収入の専業主婦の借り入れが不可なのか?

まず、ポイントを箇条書きしていくと、

  • 無収入の専業主婦でも「配偶者貸付」というシステムを使えば、
  • 消費者金融でキャッシングすることはできる
  • しかし、この配偶者貸付は、
  • 夫・旦那の同意書が必須、という条件なので、
  • ほとんどの無収入の専業主婦は、申し込んでこない

ということです。言うまでもなく夫・旦那に内緒でキャッシングしたいからですね。夫バレ・旦那バレするくらいなら、キャッシング自体しなくていい…ということです。

で、そうやって「配偶者貸付を採用しても、無収入の専業主婦の申し込みは増えないことが予想される」…という状態の時に、これをやる価値があるのか…ということなんですね。

審査コストがかかるので、やるわけにはいかない

結論を書くと、こうして配偶者の同意書などの提出書類を増やすことは、それを審査する手間がかかり、それは消費者金融・銀行カードローン側にとって「審査コスト」となるので、それに見合った利益や売上のアップが期待できないと、やる意味がないわけです。当たり前ですが、これを無視して何でもサービスしてしまったら、

  • 最終的にその企業(ここでは消費者金融)がつぶれてしまい、
  • 全ての人がそのサービスを利用できなくなり、
  • 結果的に、顧客サービスにならない

ということになります。つまり、典型的な「木を見て森を見ず」になってしまうわけですね。全体最適をするのではなく、部分最適にこだわってしまうということです。

そういう事態は避けなければいけない。なので、配偶者貸付によって審査コストを増大させるなら、それに見合った専業主婦からの申し込みの増加がなければいけない…ということ。

しかし、現時点には「夫・旦那の同意書が必須」という時点で、彼女たちは申し込んでこないので、「これはやるわけにはいかない」ということなのです。法律的にできるからといって、ビジネス的にできるとは限らない、ということですね。

(どんなビジネスでも、これは当たり前のことです。高級フレンチを1000円で提供することは「法律的にはOKだが、誰もやらない」というのと同じです)


…という理由で、ノーローンでも他の大手の消費者金融でも、無収入の専業主婦に対しては融資をしていません。なので、即日キャッシングだろうと、通常スピードの借り入れだろうと、収入がない専業主婦の方々がノーローンでお金を借りることはできない…というわけです。

学生だったら最短当日キャッシングできる

一方、学生であれば、ノーローンでの最短即日融資は可能となっています。条件は簡単で、

  • 年齢が20才以上である(未成年・10代だったらNG)
  • 自分のアルバイト収入がある

という風です。ごくごく基本的な条件ですね。そもそもアルバイトをしていない学生がノーローンなどの消費者金融でお金を借りようと思うことはないでしょうし、そう思った時点で相当金銭感覚がおかしくなっているので、これは借りられない方が本人のためでしょう。

ということで、ノーローンの学生キャッシングについては「ごく当たり前」の条件しか設定されていません(未成年・10代は不可というのも、世間の常識からして当然でしょう)。

なので、学生がお金を借りる分には、ノーローンの最短即日融資の審査基準は、それほど厳しいものではないといえます。(審査通過率は、他の消費者金融よりもやや低いようですが)

未成年・10代は、学生でも社会人でも借入不可

学生の10代・未成年の話が出たので、ついでに書いておくと、ノーローンでもどこでも、

  • 未成年・10代や20才未満も若者は、
  • 学生はもちろん、社会人であっても、
  • 大手の消費者金融・銀行カードローンでのキャッシングはできない

というルールになっています。つまり、中卒・高卒で働いて、すでに会社員・OL・公務員という肩書を得ているという場合でも、未成年・10代という年齢制限によって、キャッシングはできない…ということです。

「働いていればいいんじゃないか?」と思う人もいるでしょう。「むしろ、20才以上でも、アルバイトしかしていない大学生よりは、就職している18才・19才の方が、信用できるのではないか?」という指摘ですね。これは確かにもっともです。

なので、大手の消費者金融・銀行カードローンでは融資していませんが、代わりにろうきんカードローンだったら、こうした働いている18才・19才の方が、キャッシングできるようになっています。この情報が必要な方もいると思うので、ここで合わせて説明しておきましょう。

ろうきんカードローンなら、18才・19才でも借入可能

ろうきんカードローンというのは、名前で分かる人もいると思いますが、労働金庫が提供するカードローンです。で、このろうきんカードローンの融資条件は、

  • 年齢…18才以上
  • 勤続年数…1年以上
  • 年収…150万円以上

という風になっています。つまり、主に3つの条件ですね。これらの条件を満たすだけで、未成年・10代でもキャッシングできる…というのがろうきんカードローンの特徴です。「だけ」と書いても、結構厳しいですけどね。

特に厳しいのは「勤続年数1年以上」という条件でしょう。これは満たそうと思ってすぐに満たせるものではないですからね。年収150万円というのも同じですが。

…ということで、少々審査は厳しいものの、未成年・10代でも会社員・OL・公務員として働いている方であれば、ノーローンなどの消費者金融・銀行カードローンではなく、ろうきんカードローンでお金を借りるという選択肢もあります。なので、未成年・10代だからといってキャッシングを諦める必要はありません。あくまで「働いている」という条件ですが、こうして借り入れをする方法はあるのです。

パート・アルバイト・フリーターでも労働金庫で借りられる?

で、このろうきんカードローンは会社員・OL・公務員でないとダメなのか。アルバイト・パート・フリーターでも借りることはできるのか―、という点が気になる方も多いでしょう。これは、

  • 理論的には可能である
  • ただ、これだけの金額を稼げるかが難しい
  • また、同じ150万円の年収でも、
  • 会社員・OL・公務員よりはやや審査が厳しくなる

ということが指摘できます。つまり、

  • パート・アルバイト・フリーターの場合は、
  • 大体年収170万円くらいはあった方がいい

ということです。そこまでなくても大丈夫かも知れませんが、たとえば勤続年数が短い時など、このくらいの収入がないと、おそらく信用されないでしょう。

ということで、

  • アルバイト・パート・フリーターだから稼ぐのが大変なのに、
  • さらに会社員・OL・公務員よりも高い年収が必要とされる(ことがある)

という点で、ろうきんカードローンでアルバイト・パート・フリーターの方々がキャッシングするのは、やや厳しいと考えてください(理論的にはできます)。

18才以上OKのクレジットカードという手もある

もう一つ、ノーローンではキャッシングできない18才・19才の方々が、お金を借りる方法があります。それは、

  • 未成年でも発行できるクレジットカードを作る
  • それにキャッシング枠がついていたら、
  • そのキャッシング機能を使って借り入れする

というもの。さらに箇条書きしていくと、

  • こうしたクレジットカードでも、
  • キャッシング枠が5万円~10万円程度つくことがある
  • 少額では有るが、一応キャッシングができる

ということです。ただ、当たり前と言えば、当たり前ですが、誰にでもキャッシング枠がついてくるとは限らないので、あくまである程度信用された人だけ…となります。

どんなクレジットカードだったらいいのか?

で、その「未成年・10代でも発行できるクレジットカード」というのは、具体的にはどんなクレジットカードなのか。これは、特に人気のものを一覧にしていくと、

  • 三井住友VISAデビュープラスカード
  • 楽天クレジットカード
  • リクルートカード
  • 学生専用ライフカード

という風になっています。これら以外でもまだできるものはありますが、

  • 特に有名で、
  • キャッシング枠がつきやすい

という条件だと、この4種類のクレジットカードになります。学生専用ライフカードなどは、未成年・10代というだけでなく「学生」という条件もプラスされますが、何はともあれ、それぞれのクレジットカードの条件に合致する人であれば、これらを発行することによってノーローンなどの消費者金融・銀行カードローンでは借り入れできなくても、キャッシングをできるようになる…ということなのです。

少額なので、むしろ日払いのアルバイトの方がいい

ただ、先に書いた通りこれらのクレジットカードでキャッシングをできたとしても、限度枠は「5万円~10万円」と、極めて少額になっています。特に5万円というのは、社会人で一定の年収に達した人から見ると「小銭」に近いです。

もちろん、学生にとっては大金でしょうが、それでも、

  • このくらいのお金だったら、
  • たとえば日払いのアルバイトを10日間やれば稼げる
  • そうやって「自力で5万円くらい簡単に稼げる」という実績を積んだ方がいい

…と個人的には思います。あくまで私個人の意見ですが。

キャッシングに頼るより、若いうちに稼いだ方がいい

これは言うまでもなくわかるでしょうが、若いうちにしてきたことというのは、その人の生涯にわたって、習慣になりやすいです。もう18才・19才を過ぎた時点で「大体固まっている」とう見方もあるでしょうが、それでも「30代・40代などの人と比べると、人格をまだ変えやすい」というのは確かです。そして、

  • そういう「人格が変わりやすい」時期に、
  • 借金の味を覚えてしまうのと、
  • 「日払いのアルバイト」で、お金をもぎとってくる体験をするのと、
  • 両者を比較したら、明らかに後者の方がいい

ということです。これは言うまでもなくわかるでしょう。

もちろん、「借金して事業を起こす」などの例外はあります。ただ、その場合、例えばホリエモンが学生時代に起業した時は、当時付き合っていた女性の父親から出資してもらった(と聞いています)ように、

  • 周りに期待してくれる人がいるはずであり、
  • そうした人がいないということは、
  • 自分の起業にはまだリスクがあるということだから、
  • 借金に頼らず、自力でやっていくことを考えた方がいい

ということです。これは「起業をするな」と言っているのではありません。むしろ起業はした方がいいのです。ただ、

  • 自分の実力を過大評価しない方がいい
  • 誰も出資してくれないなら、それが今の自分の「客観的な実力」なのだから、
  • 借金というリスクは背負わずにできる起業を考えた方がいい

ということです。ちなみに、現代の起業は一人で、ほぼノーコストでできるようになっていて、アメリカではこれを「Go it alone」といいます。ビジネス書のベストセラーでも『起業はGo it alone』というものがありますが、このように、もう起業するにしても、借金は必要ない時代になったわけです。なので、学生がキャッシングする必要も、ほぼ薄れてきた…と言っていいでしょう。(学生だけでなく、未成年・10代の若者全般で)

ノーローンはアルバイト・パートでも即日借入可能?

ノーローンは、パート・アルバイト・フリーターの方々でももちろん、最短即日融資が可能です。(これまでも、少し書いているので、もうわかっているかも知れませんが)。

アルバイト・パート・フリーターの方々でも最短で当日キャッシングできるというのは、別にノーローンに限った話ではありません。キャッシングの知識がない人は、

  • 即日融資とか当日審査というのは難しいものだと思っているし、
  • パート・アルバイト・フリーターという非正規雇用では、
  • お金を借りるのはかなり難しい…

と思っているようです。しかし、実際にはそんなことはないんですね。

  • 現代のキャッシングでは、
  • 消費者金融でも銀行カードローンでも、最短即日融資が当たり前だし、
  • フリーター・アルバイト・パートでも借入可能なのも、当然

という風になっているのです。もともとパート・アルバイト・フリーターでも借入可能というのは、かなり昔からそうだったのですが、特に近年の日本では、その傾向が顕著になってきた…といえます。

なぜアルバイト・パート・フリーターでも借りやすくなったのか?

なぜ、最近の日本のキャッシング業界では、フリーター・アルバイト・パートでもキャッシングをしやすくなったのか―。これは、

  • 日本全国が非正規雇用化している
  • 以前と比べ、精神的にも「非正規雇用」に対する抵抗が薄れた
  • 審査システムが進化し、より精密にリスクを判定できるようになった

ということです。それぞれ説明していきましょう。

日本人全体が、非正規雇用化している

知っての通り、今は正社員になるのが非常に難しい時代です。正社員どころか、人によっては契約者になるのも難しい…というくらいです。40代や50代でもアルバイト・パート・フリーターとして生活している…という男性もたくさんいるんですね。

(正直、こうした方々の生活は非常に大変だな…と思います。やはり、若いうちにある程度「報酬をいただけるような仕事」に専念し、経済力をつけておくことは必須だと考えます。仕事だったら何でもいい、というわけではないのです、多分)

で、何はともあれ、そのように「日本人全体が、以前よりもパート・アルバイト・フリーターに偏っている」ということで、もうアルバイト・パート・フリーターというだけで排除していると、キャッシング業者や銀行カードローンも、融資する相手がいなくなるというわけですね。

当然ですが、融資をしないことには、ノーローンなどの消費者金融もビジネスが成り立ちません。なので、あくまでクレジットスコアが高く、信用できる人に限られますが、アルバイト・パート・フリーターでもどんどん積極的に融資するようになった…ということです(積極的にというのは、昔と比較してということです。まだフリーターという職業が世間に認知差れていなかった時代と比較して…ということですね)

審査システムが進化し、リスク判定がしやすくなった

これはあまり知られていませんが、もう一つの「パート・アルバイト・フリーターでも借りやすくなった理由」です。なぜ審査システムが進化すると借りやすくなるのかというと、

  • その人のレベルが明確にわかる
  • なので、「アルバイト・パート・フリーター」という職業・属性に惑わされず、
  • 年収や勤続年数・勤務先や借入状況などを総合的に判断し、
  • 「融資に値する人」であれば、しっかり融資してもらえる

ということです。もちろん、正確に返済能力がわかるということは、「ダメな人は会社員・OL・公務員でも落ちる」ということです。要は「実力主義」に近い審査になったわけですね。「肩書で決まる」部分が薄れて、「その人の、本当の返済能力」で審査されるようになった…ということです。

もちろん、その「本当の返済能力」というのも、全体的に見ればアルバイト・パート・フリーターの方々よりも、会社員・OL・公務員の方々の方が高い…ということはあります。(特に公務員は最強ですね)

なので、「全体的には変わらない」という人もいるかも知れませんし、それも一理ありますが、以前だったら、返済能力があるのに落ちていたというようなアルバイト・パート・フリーターの方々でも、キャッシングできるようになったわけです(ノーローンでもどこでも)。

そういう点では、より平等かつフェアな社会になった…ということもできるでしょう。(インターネットの進化によって、キャッシングの世界だけではなく、芸能界などどこでもこういう状態になりつつあるので。ヒカキンさんの活躍を見ても(「ヒカキン嫌い」という人はいるでしょうが)、かつての芸能人の特権が、どんどん奪われている、個人に還元されている…ということを痛切に感じます。

何はともあれ、このように、キャッシング審査のシステムでもインターネットでも社会は、進化すればするほど、一人一人の本当の実力がはっきり評価される…という風になっているのです。なので、ノーローンでもどこでも、審査システムが全体的に進化した…ということも、パート・アルバイト・フリーターがキャッシングをしやすくなったことの背景にあるんですね。

(逆に会社員・OL・公務員の肩書だけでやってきた人は、むしろ以前より審査で不利になったかも知れませんが)


何はともあれ、このような審査システムの進化もあって、ノーローンでもその他の消費者金融・銀行カードローンでも、アルバイト・パート・フリーターの方々が以前よりキャッシングしやすくなっているのです。なので、もし昔の「サラリーマン金融」(サラ金)の頃のイメージで「フリーター・アルバイト・パートでは借りられない」という常識を持っている方がいたら「今はもう、時代が変わっている」と思って下さい。

昔のオリックス銀行カードローンは、アルバイト不可だった?


一部のネット上の口コミ・評判によると、昔のオリックス銀行カードローンはパート・アルバイト・フリーターでは借りられなかった…。という説もあります(本当かどうかはわかりませんが)

ある方がオリックス銀行カードローンの審査に落ちた体験談で、「アルバイトということもあり…」という内容のことを告げられたそうです(審査落ちの理由は普通、聞かない限り特に教えてもらえないのですが、もしこの口コミ・体験談が本当なら、ご本人が尋ねたのでしょう)。

と、そういう口コミもあるわけですが、こうした事例もあって、「パート・アルバイト・フリーターではお金を借りるのは難しい」というイメージができあがっているのでしょう。しかし、繰り返し書きますが、ノーローンでもどこでも、今の平成日本では、もう非正規雇用でもキャッシングができるのは当たり前となっているので、この点はくれぐれも安心して下さい。

個人事業主・自営業や会社経営者・法人代表者でも即日借入可能?

ノーローンは、法人経営者・会社代表者や自営業・個人事業主・フリーランス…といった独立系の肩書でも、即日借入することはできるのか―。これは可能となっています。ポイントをまとめると、

  • 所得確認資料を提出すればOK
  • 確定申告書・納税通知書などである
  • それ以外の申込み時間などについては、
  • 会社員・OL・公務員など普通の人たちと同じ
  • ただ、個人事業主・自営業は審査が厳し目になるので、
  • 審査の所要時間が少し長くなる可能性がある
  • だから、やや早めに申し込んだ方がいい

…という風になります。以下、収入確認資料について、少し補足していきましょう。

ノーローンで認められる所得確認資料

自営業・個人事業主の方々がノーローンの最短即日審査で提出する収入確認資料―。これは他の消費者金融・銀行カードローンで提出するものと変わりありません。ざっと一覧にしていくと、

  • 確定申告書
  • 納税通知書
  • 課税証明書
  • 所得証明書
  • 源泉徴収票
  • 年金証書
  • 支払調書
  • 青色申告決算書
  • 収支内訳
  • 住民税決定通知書

…などなど、実に多様な種類があります。基本的には、

  • 個人事業主・自営業なら、確定申告書
  • サラリーマン・公務員なら、源泉徴収票か給与明細書

を提出する、というのが普通です。個人事業主・自営業・フリーランスの方々の場合、納税通知書・課税証明書を提出したい…という方もいるかもしれませんし、もちろん、それでもいいのですが、

  • たとえば2月、3月などの確定申告のタイミングだと、
  • 「最新の収入確認資料」というのは、確定申告書になり、
  • 課税証明書・納税通知書などは5月あたりまで発行されないので、
  • その場合は確定申告書の控えを出した方がいい

と言えるでしょう。なお、ここで書いてきた所得確認資料については、会社員・OL・公務員やパート・アルバイト・フリーターの方々でも、必要になった時はこれらを出せばいいということで、参考にしていただけたら幸いです。

ノーローンの即日融資・最短当日審査、まとめ

以上、ノーローンのキャッシング審査での、最短即日融資・当日審査についてまとめてきました。最後に要点を整理すると、

  • 平日でも土日・祝日でも、
  • 大体21時頃まで最短即日審査をしている
  • その2~3時間前くらいまでに申し込めば、当日審査(最短)しやすい

というのが、申込み時間についてのポイントで、

  • 審査の所要時間は、最短20分となっている
  • これは大手の消費者金融の中で一番早い
  • ノーローン以外の消費者金融は最短30分である

という点で、審査時間の短さがメリット。ただ、

  • スピード審査はできるものの、
  • その分「審査通過率が低い」という口コミ・評判もあるので、
  • 自分のクレジットスコアに自信がない人は、
  • ノーローンよりアイフルなどの他の消費者金融の方がいいかも知れない

…という風に、審査の通りやすさも考慮する必要があります。その他、職業・属性に関しては、

  • パート・アルバイト・フリーターは問題なし
  • 自分の収入がない専業主婦は融資不可
  • 学生はアルバイト収入があれば借入可能
  • 学生でも社会人でも、20才未満は融資不可
  • 69才以上の高齢者はキャッシングできない
  • 年金生活者(年金受給者)は、年金以外の収入があればOK

…という風になっています。最後少々駆け込みで追加した内容もありますが、何はともあれ、このように審査スピードでは、大手の消費者金融の中でナンバーワンとなっているので、急ぎでお金が必要な場合でも、ぜひチェックしてみてください。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP