横浜銀行カードローンは最短即日キャッシング・審査が可能!専業主婦でも借り入れできる!

横浜銀行カードローンは最短即日キャッシング・審査が可能!専業主婦でも借り入れできる!

横浜銀行カードローンは、最短即日審査・最短即日融資も可能となっています。これは別に横浜銀行カードローンだけではなく、どの銀行カードローン・消費者金融でも同じなのですが、特に重要なポイントをまとめると、下のようになります。

  • 平日の15時までに審査完了しないといけない
  • そのため、平日の午前中に申し込む…というのが基本
  • 土曜日・日曜日・祝日の最短即日借入はできない
  • 神奈川県・東京都・群馬県に在住・在勤していないとダメ

何やら制限が多いような書き方になってしまいましたが―。

  • 大手の銀行カードローンの中でも特に低金利
  • 最高借入限度額1000万円は、大手銀行でも最大

こういう特徴があります。

  • 自分の収入がない専業主婦が特に申し込みやすい銀行カードローン
  • 対象エリアに住んでいる人なら、隠れた優良企業などに勤めている場合、審査で有利になる

などのメリットがあります。以下、横浜銀行カードローンの最短即日融資・最短即日審査についてまとめていきます。

横浜銀行カードローンは、平日の15時までに、振込手続きする必要がある

横浜銀行カードローンで最短即日キャッシングをするには、大体平日の15時(午後3時)までに審査完了して、振込手続きをする…という必要があります。理由は下の通りです。

  • ローン契約機がないので、カード発行はできない
  • つまり「提携ATMから借りる」ことはできない
  • ということは、「銀行振込によって」借りることになる
  • なので「銀行が営業している時間」でないといけない

銀行が営業している時間というのは、知っての通り「平日の15時まで」なので、これが横浜銀行カードローンの最短即日融資のタイムリミットとなる…ということです。

ローン契約機がないというのは、どういうことか?

まずローン契約機とは何かというと、簡単に書くと「無人ブース」です。証明写真などを撮るようなマシン…と思っていただくといいでしょう。

このローン契約機・自動契約機に入って、テレビ電話を通じて、オペレーターさんと会話をし、その場で審査をし、最短即日融資する―。こうしたものが、大手の銀行カードローン・消費者金融の一部で可能となっているスタイルです(横浜銀行カードローンはできません)。

そして、この自動契約機がある銀行カードローン・消費者金融の場合―。

  • 最短即日審査だけではなく、「ローンカード」をこのマシンで発行することもできる
  • ローンカードがあれば、コンビニの提携ATM・提携銀行の提携ATMで、いつでも自由に借入・返済できる

そのため―。

  • 「無人契約機がある」ということは、「銀行振込に頼らなくても」最短即日借入できる
  • つまり「銀行の営業時間が関係ない」

そして、逆に言うと―。

  • 自動契約機を持っていない銀行カードローン・消費者金融は、「銀行の営業時間」でないと最短即日審査と最短即日借入ができないので、自然と「平日の15時まで」になる

そのため、横浜銀行カードローンだけが特別にこの時間設定になっているのではなく、ローン契約機・自動契約機がない消費者金融・銀行カードローンだったら、どこでも同じ締切時間になるわけですね。

横浜銀行の口座がなくても、横浜銀行カードローンは最短即日借入可能

横浜銀行カードローンの最短即日キャッシングのメリットの1つは、横浜銀行の口座がなくても、最短即日キャッシングできるということ。かなり多くの銀行カードローンが「その銀行口座がないと最短即日借入できない」という条件になっているので、この「口座の有無」については、横浜銀行カードローンは申し込みやすい条件になっている…ということができます。

ただ、このように「横浜銀行の口座を持っていない」という人が最短即日借入する場合―。

  • まず、横浜銀行の支店で口座開設をして、それからキャッシング審査に申し込む

こういう手順を踏む必要があります。なので、この「最短当日口座開設をする時間」が余分にかかるということです。基本的には1時間も見ておけば大体の場合大丈夫ですが、一応、もっと時間がかかった時のことも考え、数時間早めに申し込むようにしましょう。

最短当日口座開設するなら、朝イチで

具体的に何時までに申し込むべきなのかというと、やはり午前9時~10時などの「朝イチ」で、横浜銀行の店舗にいくようにした方がいいでしょう。このくらいの「朝イチ」で行ってようやく、確実に最短即日キャッシングができるようになります。(これでも絶対ではありませんが)

それより遅くても「支店が空いている場合」は間に合うかも知れませんが、やはり最短即日融資を希望する場合はギリギリで行動すべきではないので、(横浜銀行カードローンに限った話ではありませんが)できるだけ余裕を持って申し込むようにして下さい。

最短当日口座開設して借りる時の注意点

このように、「最短当日口座開設」からの「最短即日キャッシング」という場合、横浜銀行カードローンに限らず注意する点があります。それは―。

  • キャッシュカードは、最短当日中には発行されない
  • つまり、横浜銀行カードローンから融資を受ける
  • そのお金が「自分の新しい横浜銀行の口座」に振り込まれても、それを引き落とすことが、提携ATMではできない

このようになるわけです。

  • 「横浜銀行の口座」はある(さっき開設した)
  • 「横浜銀行カードローンからの、振り込み」もされた
  • 振り込まれたお金は「新しい口座」にある
  • しかし、それを「提携ATMからは下ろせない」

「キャッシュカードがない」からですね。

これは横浜銀行カードローンだけでなく、どの銀行でも口座開設した時も同じですが、

  • 「口座開設」はすぐ出来るし、入金もできるけど、「キャッシュカード」は後日の郵送になるので、「提携ATMでの引き落とし」は、それまでできない

のです。つまり、カードローンからの融資があろうがなかろうが、新規で開設した口座は、キャッシュカードが到着するまで使えないということなんですね。

で、どうやって引き出すのか?

当然ですが、このまま引き出せないのであれば、横浜銀行カードローンが最短即日融資をしている意味がありません。ということで、引き出す方法はあります。結論は、窓口で引き出すということ。やったことがない人が多いでしょうが―。

  • 「いくら引き出したいです」という紙を書いる
  • 順番待ちをして窓口に並び、それを提出して、引き出してもらう

つまり「提携ATMだったら一瞬で終わる作業」を、わざわざ「窓口に並んで」やるわけです。正直、かなり面倒な作業です。

もちろん、「口座なしでも最短即日キャッシングできる」というだけでも、かなりありがたい条件なので、これは別に「横浜銀行カードローンは不便」と言っているわけではありません。(当然ですが)

ただ、そこまで面倒なことをして、横浜銀行カードローンにこだわる必要があるのか?ということですね。横浜銀行の口座を持っていなかった人なら、今後も別になくても困らないだろうし、そこまでして、わざわざ口座開設をして、さらに並んでそのお金を受け取る…ということが、本当に必要かどうか、ということですね。

あくまで「横浜銀行の口座を持っている」人のためのカードローン

この辺の結論は人によって違うでしょうが、私の結論は―。

  • 横浜銀行カードローンは基本的に、申し込みの時点ですでに「横浜銀行の口座」を持っている人向け
  • それ以外の口座を持っている人は、そっちの銀行カードローンで申し込んだ方がいい

確かに横浜銀行カードローンには―。

  • 1000万円までキャッシングできる
  • 下限金利が1.9%と、非常に安い
  • 無収入の専業主婦の審査がカンタン(提出書類が少ない)

などのメリットはあります。しかしそれでも、
口座がない人が、わざわざ最短当日口座開設までする必要はない
と、少なくとも私は思います。(人によって意見が違うでしょうが)

ということで、ここから先は上に書いた横浜銀行カードローンのメリットについて書いていきますが、これを読んで「多少最短当日口座開設する苦労などがあっても、横浜銀行でお金を借りるメリットはある」と思った人は、ぜひ申し込んでみて下さい。

最高借入限度額が1000万円と、大きい

ここまで何度か書いてきましたが、横浜銀行カードローンの最高融資枠は「1000万円」と、かなりの高額になっています。これだけ借りられる銀行カードローンは、主要な銀行カードローンの中では、他にはみずほ銀行カードローンかジャパンネット銀行カードローンしかありません。

そして、審査の通りやすさや評判・口コミなどで考えると、やはり、横浜銀行・みずほ銀行のどちらかがいいでしょう。(ジャパンネット銀行も決して悪くはないのですが)

そして、そのように最高借入枠が大きいと何がいいのかというと、下の通りです。

  • 高額の借金の一本化をする時でも、問題なし
  • 不動産関連などで、巨額の費用が必要になった時でも、借りられる

などのメリットがあります。ただ、基本的にはやはり、それだけの高額キャッシングが必要になることはないし、大抵の場合は普通にお金を借りるよりも、債務整理をした方がいい段階に入っているので、この「1000万円まで借りられる」というのは、個人的にはそれほど大きなメリットではない…と思っています。

(ただ、人によっては「そういう銀行カードローンを待っていた!」ということもあるかも知れません。ビジネスの世界でも「誰が買うんだ?これ」というような商品が、一部の人々に爆発的に売れたりしますからね。

ということで、もしこの「最高借入枠1000万円」という融資金額の大きさに魅力を感じた人がいたら、そうした方は、あえて―。

  • 横浜銀行の口座を持っていなくても、最短当日口座開設し、ギリギリでも審査申込みする、というメリットがある

と言えるでしょう。次に他の横浜銀行カードローンのメリットについても書いていきます。

下限金利が1.9%と、大手の銀行カードローンの中で一番安い

横浜銀行カードローンの下限金利(安い方の金利)は、大手の銀行カードローンの中でもっとも安い「1.9%」という数字になっています。この下限金利がどれくらい安いのかは、大手の銀行カードローンの下限金利をすべて一覧にしてみるとわかります。

  • 東京スター銀行…4.5%(実質年率)
  • 横浜銀行カードローン 1.9%
    ジャパンネット銀行「ネットキャッシング」 2.5%(実質年率)
    じぶん銀行カードローン「じぶんローン」 2.4%(実質年率)
    ソニー銀行カードローン 2.5%(実質年率)
    オリックス銀行カードローン 1.7%(実質年率)
    みずほ銀行カードローン 3.5%(実質年率)
    楽天銀行スーパーローン(カードローン) 1.9%(実質年率)
    三井住友銀行カードローン 4.0%(実質年率)
    三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」 1.8%(実質年率)
    静岡銀行カードローン「セレカ」 4.0%(実質年率)
    新生銀行カードローン レイク 4.5%(実質年率)
    イオン銀行カードローンBIG 3.8%(実質年率)
    ソニー銀行カードローン 2.5%(実質年率)

    つまり、横浜銀行カードローン以外の下限金利は、すべて「2%台以上」なんですね。横浜銀行カードローンが、大手の銀行カードローンの中で唯一「1%台」の下限金利になっているのです。

    また、1%台というだけではなく―。

    • 2%台も、4つの銀行カードローンしかない
    • 大部分は「4%台である」

    このようになっています。こうして比較すると横浜銀行カードローンの下限金利が、圧倒的に安いことは、実感していただけるでしょう。

    で、下限金利が低いと何がいいのか?

    そして、このように下限金利が安いと、どのようなメリットがあるのか。これは、下の通りです。

    • 高額キャッシングの時、低金利になる
    • 大体の目安としては、「400万円以上」の借り入れで、影響する

    この「400万円以上」というのはあくまで目安で―。

    • 三菱東京UFJ銀行などは、最高借入枠が「500万円」である
    • なので、「300万円」あたりから、下限金利にかなり近づく
    • だから、下限金利が影響する借入金額の境目は、その銀行カードローンの「最高借入枠」の半分程度

    と思うのがいい、というわけです。そして、この論理からいくと、横浜銀行カードローンの場合は500万円以上借りる時、特に下限金利が影響してくる…ということなんですね。必ずしも「500万円借りないと影響しない」というわけではないのですが、大体の目安としてはそうなる…ということです。

    つまり、ほとんどの人には関係ない?

    読んでいて気づいた方もいるかも知れませんが、500万円という高額キャッシングは基本的にほとんどの人ができません。できない理由は下の通りです。

    • 人間が問題なく返済できる金額は、「年収の3分の1まで」と言われている
    • これは金融庁によって決められた、貸金業法の「総量規制」というルールにも書かれている

    そのため、この総量規制から計算すると―。

    • 500万円を返済するには、年収1500万円が必要である
    • それだけ稼いでいる人は、基本的にキャッシングしない
    • だから、ほとんどの人に「横浜銀行の下限金利」は関係ない

    こういうこともできます。(こともできるというか、実際物理的にはそうなります)

    なので、下のようになります。

    • 確かに横浜銀行カードローンの下限金利は、非常に低金利
    • しかし、ほとんどの人の借り入れにはこれは関係ない

    なのでわざわざ「横浜銀行の口座を持っていない人が、最短当日口座開設してまで借りる」というメリットは、ここでもあまり感じられない…ということですね。

    (もちろん、500万円~1000万円という大金をキャッシングできるような人であれば、このメリットは大きいでしょうが。大部分の人にとっては、あまり関係ないだろう、ということです)

    無名の優良企業に勤務している場合、審査で有利になる

    これは少々特殊なケースですし、あくまで想像ですが―。

    • 関東だけで知られている、隠れた優良企業に勤務している場合―。
    • 横浜銀行のような地方銀行はそれを知っているので、都市銀行の審査より、それが高く評価される可能性がある

    (繰り返しますが、あくまで想像です)

    実際、一番有名な町工場としては「岡野工業」がありますが、ここは規模でいえば「従業員4名」だけ(私が本を読んだ当時)の、小さな会社です。しかし、「痛くない注射針」を始め、世界レベルの発明を多くしているんですね。岡野工業ほどすごい中小企業でなくても、そういう「地元の地方銀行だったら知っている」ような優良企業は、たくさんあるでしょう(主に町工場系ですが)。そうした中小企業で働いているという人の場合―。

    • 全国規模の銀行カードローンでは評価されなくても、横浜銀行カードローンでは評価される

    こういうこともあり得ます(あくまで可能性ですが)。ということで、横浜銀行の対象エリアに住んでいて、そうした「隠れた名企業」で働いているという方の場合、これも横浜銀行カードローンでお金を借りるメリットと言えるでしょう。

    結論…横浜銀行の口座を持っている人が借りるべき

    このように「横浜銀行の口座を持っていない人が、あえて横浜銀行カードローンでお金を借りるメリット」を考えてきました。しかし、見ての通りどれも特殊なケースです。もう一度一覧にすると下の通りです。

    • 最高借入枠1000万円…そこまで必要ない
    • 下限金利が安い…数百万円も借りない
    • 隠れた名企業…ごく一部の人だけ(また、これも推測)

    こういうことで、「あえて横浜銀行カードローンにこだわる理由はない」んですね。客観的に見て。

    ただ、これは「横浜銀行の口座がない人が」あえて申し込むメリットはないというだけであって、「横浜銀行の口座を持っている人」であれば―。

    • 全体的に低金利な銀行カードローンだし、口座の利用実績もあって、審査に通りやすくなるし、その後の返済も、いつもの用事のついでにできる
    • よって、早期返済がどんどん進むので、利子総額も小さくなりやすい

    このように、多くのメリットがあります。なので、すでに横浜銀行の口座を持っている人であればおすすめということは変わりません。この点は勘違いしないようにしてください。

    (特にこだわる理由がないと書いたのは、あくまで「横浜銀行の口座を持っていない」人の場合です)

    横浜銀行カードローンの最短即日審査の所要時間は?

    横浜銀行カードローンの最短即日審査の所要時間はどのくらいなのか。これはわかりません。ただ、大体数時間と考えていいでしょう。

    • 「最短即日」ということはわかっている
    • 「平日の15時まで」に申し込む必要がある
    • 最短当日中に審査回答がもらえるとしたら、17時まで
    • 17時までに審査回答がこなかったら、回答は翌営業日以降

    このように考えてください。そして、肝心の審査の所要時間について「わからない」と書くといい加減なようですが、実は大手の銀行カードローンは大体「わからない」のです。とりあえず「大体2時間~5時間程度」とはいえますが、人によってかなり審査の所要時間が変動するので、この辺は「とりあえず午前中に申し込む」と考えておいて下さい。

    なぜ午前中に申し込むと最短即日借入できるのか?

    申し込みが午前中だと、なぜ最短即日キャッシングに間に合うのか。これは、下の通りです。

    • 午前中ということは、一番遅く正午である
    • そこから審査時間が「3時間」かかったとして、15時には審査完了する

    そして、15時まではどの銀行でも「平日なら」通常通り業務をしていますから、最短即日審査もできるだろう、ということです。そして―。

    • 普通の会社の営業終了時間は「17時」なので、「受け付けは15時まで」でも、「最短即日審査自体は、17時まで」やっている銀行カードローンが多い
    • (と想像できる)
    • 実際、口コミ・評判を見ても「17時までは、審査結果の連絡が来る」ことが多い

    つまり、正午まで(午前中)に申し込んでおけば―。

    • 「15時」という「締切時間」には間に合うし、そこからさらに「最短即日審査をしている時間」の、17時までも余裕がある
    • 申し込み(正午)から「合計5時間」あるので、大体審査通過できるだろう

    一般的な感覚で考えて最短即日キャッシング可能と書かれていたら「審査の所要時間は、大体5時間程度あれば大丈夫だろう」と思いますよね。なので、そこから(あくまで想像ではありますが)推測した数値です。

    (ただの推測ではなく、実際にありとあらゆる銀行カードローンの審査に通った人の体験談・評判を見ていると「午前中なら間に合う」ことが、かなり多いとわかります。もちろん、借りられるかどうかは審査に通ったら、という話ですが)

    最短30分で最短即日審査できる銀行カードローンもある

    上のように書いたものの、これは横浜銀行カードローンも含めて「平均的な審査スピードの銀行カードローン」であり―。

    • 三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」
    • 三井住友銀行カードローン
    • 新生銀行

    などのように「最短30分で最短即日キャッシングできる」という銀行カードローンも、一部存在します。

    これについてポイントをまとめると、下のようになります。

    • 「最短30分」というのは「純粋な審査時間」であり、実際の融資までの手続きも含めると、大体、最短で1時間程度となる

    このような点は、まず意識しておいて下さい。ただ、これは三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・新生銀行カードローン レイクが「看板に偽りあり」ということではなく、どの銀行カードローン・消費者金融でも、大体プラス30分はかかるということですね。

    なので、たとえばソニー銀行カードローンの場合は「最短60分」と審査時間が明記されていますが、これは「融資までの手続きや説明なども加えると、90分になる」と考えておいた方がいいでしょう。

    どんなことでも、時間は長めに見積もる

    ここで書いたことは、別に銀行カードローン・消費者金融の審査時間に限った話ではなく、どんな業界の、どんな商品でも言えることなんですね。基本的に企業の見積もりは「それより、何かしら時間がかかる」「料金が高くなる」と考えておいた方がいいのです。

    別にキャッシングの世界が特別なわけではありません。不動産の物件の情報でも、お見合いの写真写りでも、ありとあらゆるものは―。

    • 実態より美化されているのが当然、とみんな思っているので、その分を差し引きされてもいいように、どの企業・人も「他と同様に美化して」情報を伝えるしかない

    これは、もう20才以上の大人の方であれば、いやというほど自覚しているでしょう。(アルバイトをする時でも、求人広告の内容より、実態の方が不利だったはずです)

    …なので、念のために書いておきますが別に「キャッシングの世界が誇大広告をしている」というような話ではありません。どの業界やどの商品でも共通して見られるように実際より数字を多めに見積もった方がいいケースがある、ということです。

    (場合によっては、実際の融資まで最短30分・最短60分で終わる…ということもあります。審査の混み具合や、その人のクレジットスコアにもよるでしょうが)

    横浜銀行カードローンの審査は厳しい・甘い?

    横浜銀行カードローンの審査は、厳しいか甘いか―。これは大手の銀行カードローンの平均レベルと考えて下さい。つまり、特に甘くもゆるくもないし、逆に厳しくもない…ということです。

    これは別に横浜銀行カードローンに限った話ではなく―。

    • 大手の銀行カードローンの審査通過率は大体同じで、新生銀行カードローン レイクなど「高金利な銀行」が、少々審査に通りやすくなっている

    こういうくらいの違いなのです。なので、ここでは、新生銀行カードローン レイクの審査通過率について、横浜銀行カードローンと比較しつつ書いていきましょう。

    新生銀行カードローン レイクの審査通過率は高い

    あくまで「大手の銀行カードローンの中では」ということですが、新生銀行カードローン レイクの審査通過率は、かなり高くなっています。

    • 他の銀行カードローン…大体20%~30%
    • 新生銀行カードローン レイク…大体30%~35%

    このように新生銀行カードローン レイクの審査通過率が高い理由はいくつかありますが、金利が大手の消費者金融に近いレベルであるということが大きいでしょう。

    • 金利が高いということは、多少貸し倒れが起きても、利息を多めにとっている分、その損失をカバーできる

    逆に横浜銀行カードローンなどのように「低金利」な借入先の場合―。

    • あまり利益を出せないので、「貸し倒れが出た時」のフォローがしにくい
    • だから「貸し倒れを、できるだけ出したくない」j
    • だから、審査が厳しくなる

    そのため、どうしても「金利」と「審査通過率」は反比例するんですね。そして、そうして反比例する中で―。

    • 新生銀行カードローン レイクは消費者金融並に高金利
    • だから、審査通過率も高くなる

    このようになるわけです。

    金利と審査通過率が反比例する、もう一つの理由

    実質年率(金利)と審査通過率が反比例することについては、もう一つの原因があります。それは―。

    • 誰でも低金利な借入先で借りたい
    • なので、低金利な銀行カードローンには、申し込みが殺到する
    • 銀行カードローンが1ヶ月に融資できる金額は、決まっている
    • (他にも企業などにも融資するので)
    • なので、低金利で申し込みが多い銀行カードローンは、早々に「今月の目標」を達成してしまうので、特に月の後半は、借りられる人数が少なくなる

    そして、もしその銀行カードローンが「前半で目標を達成しないように、審査に通す人数を調整」していたとしましょう。それだと―。

    • 確かに、月の前半と後半での審査通過率の違いはない
    • しかし、「調整」をしているということは、つまり、「審査が厳しくなっている」ということである(選んでるんだから)

    そのため、他の銀行カードローンより低金利だったら、それだけ審査も厳しいと考えるべきなんですね。絶対にそうなるとは限らないのですが、そうなる傾向は、かなりあります。

    で、横浜銀行カードローンの場合はどうか

    そして、横浜銀行カードローンはそうして「金利」から考えた時、審査通過率がどうなるかというと、下の通りです。

    • 下限金利は一番安いけど、これは「最高借入枠1000万円」というのを考えれば、当たり前
    • 上限金利は、銀行カードローンの平均レベル
    • ということは、全体的に見て「平均的な金利」
    • なので、審査通過率も標準レベル

    と想像できるわけです。これも別に公式にアナウンスされているわけではありませんので、あくまで想像(というか推計)ですが、参考にはなるかと思います。

    (そもそも、「うちの審査は厳しいです」とか「甘いです」などとアナウンスする銀行カードローンはありませんからね。こうして金利などから推測するしかないのです)

    銀行カードローンの審査通過率のデータは、わからないのか?

    これは、あまりわかりません。少なくとも、外部から「誰でもアクセスできる」ような場所では、公表されていないようです(この記事を書いた後で、どこかで公開されているかも知れませんが)。

    たとえばアコム・プロミス・アイフルなどの大手の消費者金融は―。

    • マンスリーレポート
    • 月次データ

    と呼ばれるような、毎月の決算報告書の中で「新規貸付率」=「審査通過率」と呼べる数字を発表しています。「貸付率」というのは、消費者金融の側から見た言葉であり、これは借り手の側からしたら、そのまま「審査通過率」となります。

    なので、プロミス・アコム・アイフルだったらこうして月次レポートを見れば、審査通過率を把握できるわけですね。しかし、大手の銀行カードローンでこうした審査通過率のわかるマンスリーレポートなどを公表しているところは基本的にないので(横浜銀行カードローンも含む)、正確な審査通過率はわからない…ということです。

    横浜銀行カードローンは土曜日・日曜日のキャッシングはできる?

    ここまで書いてきた横浜銀行カードローンの最短即日キャッシングは「平日」のものです。土曜日・日曜日・祝日の最短即日借入はできないので、この点は注意してください。(ここまでも少し書いてきましたが)

    土曜日・日曜日・祝日の最短即日借入ができないという条件の銀行カードローンは、横浜銀行カードローン以外では、みずほ銀行カードローンが代表的です。他の銀行カードローンは大体、土曜日・日曜日・祝日でも最短即日キャッシングができます。なので、休日にお金が必要…というシチュエーションになったら、横浜銀行カードローンより他の銀行カードローン(もしくは消費者金融)の方が、役立つでしょう。

    土曜日・日曜日・祝日は「口座が必要」という銀行カードローンも

    基本的に土曜日・日曜日・祝日の最短即日キャッシングは、どの銀行カードローンでも条件が厳しくなるものです。たとえば、例を出すと下の通りです。

    • オリックス銀行カードローン
    • 楽天銀行スーパーローン(カードローン)
    • ソニー銀行カードローン

    の3つの銀行カードローンは、下のようになっています。

    *オリックス銀行カードローンは、カード発行後、最短即日融資可能
    • 平日の最短即日キャッシング…口座なしで可能
    • 土曜日・日曜日・祝日の最短即日融資…口座が必要

    口座というのはもちろん、このソニー銀行・楽天銀行・オリックス銀行など、それぞれの銀行口座です。どこの銀行口座でもいいなら、誰だって銀行口座くらい持っていますからね。

    というように「口座指定」の条件も含めて、土曜日・日曜日・祝日の最短即日借り入れはどの銀行カードローンでも通常より厳しくなっています。その延長として、横浜銀行カードローンでも土曜日・日曜日の借り入れができないようなもの…と考えてください。

    (全然違う銀行カードローンで、「延長線上」というのも、少し変かも知れませんが、…)

    土曜日・日曜日・祝日でも口座なしでOKの銀行カードローンは?

    これは、またしても同じ3つの銀行カードローンが登場するのですが、下のように言えます。

    • 三井住友銀行カードローン
    • 三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」
    • 新生銀行カードローン レイク

    これは先に書いた通り自動契約機・無人契約機があるというのが理由です。「無人契約機・自動契約機があれば、ローンカードの発行ができるので、銀行振込を途中に挟まなくても、最短即日借入ができる」…ということでしたね。

    ということで、この3つの銀行カードローンでお金を借りる場合―。

    • 持っている口座がどこのものであろうと、そもそも「銀行口座」など一切関係なく、自動契約機で発行したローンカードで、提携ATMでそのまま現金で借りる

    こういうことができるのです。

    大手の消費者金融は全部自動契約機がある

    上のように書くと「自動契約機がある銀行カードローンは便利だな」と思うでしょうが、これはその通りです。そして大手の消費者金融はどこでも、自動契約機・無人契約機があるのが当たり前となっています。なので、最短即日借入(特に土曜日・日曜日・祝日・夜間)ででは、銀行カードローンよりも消費者金融の方が断然有利、となっているわけですね。

    最短即日キャッシングで消費者金融の方が有利な理由は他にもたくさんあるのですが、このようにローン契約機があるかないかというのも大きな違いと言えるでしょう。

    横浜銀行カードローンの最短即日キャッシング・まとめ

    以上横浜銀行カードローンの最短即日融資・最短即日審査について―。

    • 何時までに申し込めばいいか
    • 口座なしでも借りられるのか
    • 無収入の専業主婦でもOKなのか
    • 他の銀行カードローンの最短即日融資と比較してどうか

    こうしたポイントを、ありとあらゆる観点からまとめてきました。最後に要点を整理すると、下のようになります。

    • 横浜銀行カードローンは最短即日キャッシングも可能である
    • 横浜銀行の口座がなくても最短即日借入できる
    • ただ、最短当日口座開設をしてから申し込む必要がある
    • 最短当日口座開設する場合、朝イチで支店に行く
    • 土曜日・日曜日・祝日の最短即日キャッシングはできない
    • 審査の所要時間は大体数時間(正確には不明)
    • 平日の午前中に申し込んでおけば、大体間に合う

    特に普段から横浜銀行を利用しているという人の場合、審査通過率も高くなりますし、総合的に俯瞰した時も低金利な銀行カードローンと言えるので、多くの人におすすめしたいと思います。

    今すぐ借りたい!キャッシングランキング

    今日中に借りたい!カードローン

    内緒で借りたい!カードローン

    専業主婦でも借りたい!

    おまとめローン(乗り換え)

    TOP